【今年の夏は暑い】頭がくらくら、夏バテ・・・暑さ対策は必須です!

急に気温が高くなり、蒸し暑くなると、注意しなければならないことが2点あります。

それは、

  1. 熱中症
  2. 夏バテ

体は資本です。体調を崩すとその間失うものは多く・・・後悔しか残りません!必ず暑さ対策をしましょう!

まず熱中症と夏バテにある原因と症状を紹介します。

1.熱中症になる原因

fgjkfe

熱中症の原因は?

熱中症は、夏の暑いときに体温の調節機能が破たんするなどして、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れて発症します。死に至ることがありますが、適切な予防法を知っていれば、防ぐことができます。また、適切な応急処置により救命することもできます。

  • 脱水症状のある人
  • 高齢者
  • 肥満の人
  • 厚着をしている人
  • 運動不足の人
  • 暑さ慣れしていない人
  • 病気持ちの人
  • 体調が悪い人

は熱中症にかかりやすいとされています。

熱中症の症状は?

hfdjeg

2.夏バテになる原因と症状は?

fgkhg

夏バテの原因は?

夏バテは、特定の原因や症状のあるはっきりした病気ではありません。

日本の夏は、温度、湿度とも高いのが特徴です。人は体にたまってくる熱を捨てて体温を一定に保とうとしています。汗はそのときに重要な役割を持っています。一方、夏の暑い時期は、冷房のきいた室温と暑い屋外との移動により、人に備わっている体温調節機能にかなりの負担がかかります。そのために夏の暑さに対抗しようと必要以上のエネルギーを消費します。また、熱帯夜のために睡眠不足が加わり、エネルギー不足が一段とすすみます。

よって、体温調節機能と睡眠不足からくるエネルギー不足により、「夏バテ」の症状がでてくると考えられています。

bjugi

夏バテの症状は?

夏に起きる以下の症状を夏バテと呼びます。

  • 体調がすぐれない
  • 疲れがとれない
  • 朝からやる気が出ない
  • 食欲がない
  • 眠れず、イライラする
  • 熱っぽい
  • 立ちくらみやめまい、ふらつきがある
  • 下痢や便秘

などの症状があります。

熱中症や夏バテにならないための暑さ対策 2つ

①日常的に行う、暑さに負けない体作り

「まぁ大丈夫だろう!我慢できる!」などの考えはNGです。

1.「水分」をこまめに取る

hergj

そんなに喉が渇いてないと思っても、汗が出たのであれば、水分をこまめに取るようにしましょう。塩分や糖分を含むスポーツドリンクは水分の吸収が良く、塩分の補給にもつながるので、おすすめで。

2.「塩分」を程良く取る

thh,l

普段の食事を通して塩分を程良く取っておく必要があります。1日6gが適量と言われています。

kjtfgk

しかし汗を大量にかいた場合には、その時にドリンクなどで塩分補給をしましょう!しかし医師から塩分の制限をされている方は、夏前には必ず医師と相談しておきましょう。

3.十分な「睡眠時間」の確保

5grgfhj

睡眠時間を確保できても、眠りにつけないという方もいます。エアコンや扇風機を使い、快適な睡眠環境を整えることも夏バテや熱中症対策に必要です。またそれは寝ている間の熱中症を防ぐことにもつながります。

4.しっかりとした「体作り」

err5hj

バランスの良く食事を取り、暑さに負けない頑丈な体をつくりましょう。栄養管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりを目指すことが大切です。

専門家によると、

「バランスのとれた食事を1日3食取ることが大切です!特に、タンパク質やビタミン・ミネラル類をしっかり取るようにしましょう。」

おすすめの食物
① 疲労回復のために有機酸
酸味のある食品は、胃腸の働きや胃液の分泌を高めて食欲を増進させます。
酢酸、クエン酸、リンゴ酸など(梅干し、レモン、醸造酢など)は、乳酸などの疲労物質を分解し、疲労回復に役立ちます。

② エネルギー代謝を良くするビタミンB
ビタミンB1:豚肉・ウナギ・にら・ごま・えだまめ・玄米
ビタミンB2:ウナギ、レバー、魚、ブロッコリー、パセリ
ビタミンB6:レバー、赤身の魚、玄米
ビタミンB12:レバー・貝類(アサリ・カキ・シジミ)魚

③ 良質のたんぱく質
大豆食品、卵、肉、魚、牛乳など消化のよいタンパク質をとりましょう。

④ 野菜や果物
きゅうりには、利尿効果があり、体内の余分な水分や熱をとります。
スイカ、トマト、ゴーヤ、オクラ、レタスなどもよいでしょう。

⑤ 香辛料
香辛料は刺激的な辛味と香りで胃液の分泌を高めて食欲を増進させます。特に辛味成分のカプサイシンは自律神経を刺激するといわれていますがとりすぎはよくありません。
こしょう、唐辛子、マスタード、山椒、わさび、ジンジャーなど

②外出時に行う、暑さに負けない工夫

体を常温に近づける工夫をしましょう!

1.現在の気温と湿度を気にしておく

5hgfhk

現在自分がいる場所の気温や湿度を気にしておくことで、暑さに対する意識を向け、危険性を自覚しましょう。

2.快適な衣服を着用する

htj

麻素材や綿素材などの通気性のよい生地の洋服を選んだり、下着には吸水性が良く、速乾性にすぐれた素材を選びましょう。

3.日差しを避けよう

4gdfgj

体温が急上昇する最大の原因は直射日光をあびることです。そのため帽子を着用したり、日傘をかざし、直射日光をよけましょう。無い方は、日かげの道を歩いたり、日かげで活動したりするように心がけましょう。

4.冷却グッツを身に付けよう

gdfj

個人的にこれが一番おすすめの暑さ対策です♪

『冷却シートを脇下に貼り、ハッカ油を首に塗る』

冷却効果が最もある体の部位は、太い血管が通っている「首と脇」です。

冷却シートは首だと人目が気になるため、脇下が良いでしょう!1枚8時間の冷却効果があるため、外出前に貼っても十分に持ちますね。

ハッカ油はスースーして心地良くなります。それだけでなく虫除けの効果あります。敏感肌の方や塗りすぎはヒリヒリするため、ご注意を!

関連まとめ記事:【コスパ抜群!】ひんやり・虫よけ・いい香り…ハッカ油が万能すぎる

是非試してみてください♪

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2016年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2016年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック