安い!早い!200万円以下人気の軽(コンパクト)スポーツカー2017

「スポーツカー=高価」

というイメージを持っている方もいまだ多いことでしょう。

私も以前までスポーツカーと言えばフェラーリやランボルギーニ、さらには国産メーカーでも500万円以上の高い車しかないと思っていました。

し・か・し、

『時代は変わった♪』

軽自動車のスポーツカータイプであれば200万以下で買えます!

普通車のスポーツカータイプでも300万以下で買えるのです!

“どのような軽スポーツカータイプがあるのか?”

さっそく見ていきましょう!

  1. ホンダ S660
  2. ダイハツ コペン
  3. おまけ(マツダロードスター、TOYOTA86、スバルBRZ)

の順です。

1.ホンダ S660 1,980,000円~

軽 スポーツカー 軽スポーツカー
  • エンジン 3気筒 660cc DOHC 12バルブ ターボ
  • 駆動方式 MR(後席付近にエンジンを搭載し、後輪を駆動する)
  • 燃費 6MT:21.2km/L、CVT (パドルシフト):24.2km/L
  • ハンドリング支援システム 適切な角度でカーブを曲がれるサポート機能

ホンダ S660の魅力といえば個性的な外見

“見た目がかっこいい!”

その他の高級スポーツカーと比べても劣らないほど、「COOL!」と直感的に感じた人も多いことでしょう。

軽のスポーツカー=耐久性がなく不安定なハンドリングのクルマと不安に思う人も少なくないでしょう。しかし、近年の軽自動車は衝突安全基準を余裕でクリアするための十分な補強がなされているのです。コーナリング時の安定した姿勢と安心感も文句なしです!

「スポーツカーだからといっても、足がむやみに固められているわけではなく、ボディそのものの剛性でガッチリ受け止めて、足はむしろよく動かしておいて、コーナリング時にはよく粘ってくれる設定である。スポーツ走行だけではなく、普段の通勤で走らせてもその気になれそうなのがいい。」

ホンダ S660の最高出力は軽自動車の自主規制値

  • 馬力:64ps
  • 回転:6000rpm

に抑えられています。

専門家が言っているように、ホンダ S660は小柄ながらボディの受け止めが優秀なため、エンジンが特定の回転域のみ一気にハイパワーになるような不安定な設定(いわゆるピーキー)はなされていません。

6速のMT仕様で、ハンドルのボタンを押すとスポーツモードに切り替わります。実はこの6速MTは、ホンダ S660のために新設計されたものです。専門家によると、

「1‐5速のギアのレシオを近づけて、64psに限られるエンジン出力ではあるが、トルクを目一杯引き出せる設定である。6速目は、高速走行での燃費を引き出すための低燃費レシオだ。カチカチッと剛性感の高いシフトフィールで、ストロークも短く、スポーティな走行を楽しむのに適している。」

軽 スポーツカー 2016

ホンダ S660はスポーツカーにも関わらず、意外と乗り心地が良く、気軽に天井を開けたりと、普段使いにも良さそうです。荷物を収納する場所がフロントの幌(天井部分の布製のカバー)を入れる程度のスペースしかないのが難点ですが…。そのため荷物いっぱいで遠出する車ではなく、少量の荷物で近場で済むようなところにしか行かない人向けの車でもあります。デートや見せびらかすにはピッタリです!

ホンダ公式ホームページ:ホンダ S660

★追記★

ホンダ S660用に「無限 MUGEN」が30種類ものカスタムパーツを発売しています。さらに、かっこ良くなりますね!

軽スポーツカー 新車

またModulo(モデューロ)からもカスタムパーツが販売されています!

2.ダイハツ コペン 1,852,000円~

軽スポーツカー 安い軽スポーツカー 2016
  • エンジン 3気筒 660cc DOHC 12バルブ ターボ
  • 駆動方式 FF(車前方にエンジンがあり、前のタイヤが動く)
  • 燃費 5MT:22.2km/L、7CVT (パドルシフト):25.2km/L

ダイハツ コペンも外見が個性的で、

「可愛い!おしゃれ!」

という印象の強い軽スポーツカーです。

現在安い軽スポーツカーで人気なのはこちらの「ダイハツコンペ VS ホンダ S660」となっています。

ここでは二つの違いを比べてみます。

両車とも、

  • 660cc
  • 3気筒ターボエンジン
  • 64馬力

と同じで、高性能の軽自動車です。

ただ皆さんが気になるレベルで両車は異なる点があります。

①天井を開ける際の手間

ホンダ S660の天井は布製ルーフになっており、くるくると手動で巻き取って車前方のボンネットの中に収納するスタイルです。一方コペンは、”電動”で楽々開け閉めできます。

②収納スペース

ホンダ S660は後ろにエンジンが積まれているため、後部に収納スペースがありません。フロント部分は布製ルーフを外した際に収納できる程の空間しかないので、たかが知れています。コペンは天井を開けると後部の収納スペースに収まりますが、ホンダS660より収納スペースはあります。とは言え、スーパーに行って大量に買いだしするには両車とも厳しいです。

③乗り心地

ホンダ S660の座席は硬め、天井は低いです。そのため乗り降りが少し窮屈に感じるかもしれません。コンペの全高はホンダ S660より10cm高い1280mmです。全長×全幅は両車とも軽自動車のほぼ限界値の3395mm×1195mmで同じ。

④スポーツカーらしさ

峠をスピード出して、滑らかにカーブを曲がれる(曲がりやすい)のはホンダ S660。さすがエンジンのホンダと言われることだけあって、ホンダ S660の方が最大トルクと、ピーク時の最大回転数(パワー)が若干優位です。決してコペンが劣っているわけではありませんが、ファーストカーとしてスポーティーさを求めるならホンダ S660の方が優秀な印象です。日常使いでお洒落を求めるならコペンですね。またコペンは樹脂製のボディパネルが交換「いわゆる着せ替え」が可能なので、外見に飽きることはなさそうです♪

ダイハツ公式ホームページ:コペン

コペンは4種類のカスタムタイプの変更が自由自在にできます!

★追記★

ダイハツは新型コペンのクーペモデルを発表しました!さらにレトロ感と高級感が増した新しい軽スポーツカーですね♪発売は未定です。

軽スポーツカー 2016 ランキング

3.おまけ 3車

300万円以下に予算を設定すると、コンパクト・普通車のスポーツカーも購入可能です!

①マツダ ロードスター 2,494,800円~

スポーツカー 安い 

2016年世界カーオブザイヤーと日本カーオブザイヤー2015-2016を受賞した性能もデザインも素晴らしい車です。

さらに300万を少しオーバーしますが、2017年話題のロードスターRFも購入可能です!

マツダ公式ホームページ:ロードスター

②TOYOTA86 2,987,673円~

トヨタ公式ホームページ:TOYOTA86

③スバル BRZ 2,408,400円~

軽スポーツカー 安い 2016

スバル公式ホームページ:BRZ

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2017年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2017年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック