【5月の紫外線情報】5月は1年で一番紫外線が多い月は嘘!?

5月に入ると紫外線が多くなるというのは、皆さんもご存知かと思います。しかし「5月は一年で一番紫外線が多い」という話も同時に聞くことがあります。

『本当なのか!?』

たしかにゴールデンウィークで外で遊んだ後、肌が焼けているという経験が自分自身でもありますが、やっぱり夏の方が紫外線が多いでしょ、と思ってしまいます。

そこで気象庁のデータを参考にし、この疑惑「五月の一年で紫外線が一番多い説」を検証してみました。

紫外線とオゾン層

気象庁のQAでこの質問と回答が書いてありました。

  • 質問1 紫外線量が1年で最も多い月は何月ですか?
  • 質問2 紫外線は5月が最も多いと聞いたのですが?

気象庁の回答は、

●回答1

その年の天候に大きく影響されますが、一般的に夏に紫外線量が多くなります。国内では、7~8月に紫外線量が年間で最も多くなります。

●回答2

紫外線の季節変化について「紫外線は5月に最も多い」「5月の紫外線は真夏とほぼ同じ」と言われることがありますが、これはオゾン層での吸収がほとんどないUV-A領域の紫外線のことと考えられます(特に6~7月に梅雨時期となる地域に当てはまります)。一方、気象庁で観測しているUV-B領域の紫外線および紅斑紫外線は、そのほとんどがオゾン層で吸収されます。上空のオゾン量は、日本付近では春に多く、夏から秋にかけて少なくなる季節変化をしています(ただし、南西諸島付近では冬季に最も少なくなります)。このオゾン層の季節変化によって、UV-A領域とUV-B領域の紫外線の季節変化は異なっているのです。

ということでした。以下、分かりやすく説明していきます。

紫外線にはUV-A・UV-B・UV-Cなどの波長によって区別されています。

tretj

紫外線の波長が短いほど人に対する影響が強いとされています。

上の画像にあるようにUV-Cは200~290mm、UV-Bは波長280~320nm、UV-Aは320~400nmとなっていて、UV-Cが最も人体に悪影響を与えます。

しかし、紫外線の波長は長いほど皮膚の奥深くまで到達します。なぜでしょう?ここでオゾン層の問題が出てきます。UV-Aはオゾン層にほとんど吸収されず、そのまま素通りして地球上にやってきます。一年中安定的に地球上に降り注いでいるのです。

日焼けの原因はUV-A20%、UV-B80%とされています。ちなみに日焼けサロンのマシンはUV-Bの波長の紫外線を体に照射しています。そのため、赤くならず綺麗な褐色の肌を得ることができるのです。

簡単にまとめると、

  • UV-Aは皮膚の奥まで届き、しみ・シワ・たるみの原因となります。
  • UV-Bは紫外線に占める割合は少ないですが、皮膚への悪影響が大きいです。日焼け・シミの原因となります。
56khjkl

気象庁の月ごとの紫外線量のデータを見てみると、つくばでの紫外線量の観測結果は、5月より7、8月の方が多いことが観測されています。

herfjk

紫外線量全体で見てみると5月は最高ではありませんが、UV-Bだけを見ると結構多いです

UV-Bは全紫外線量の5%くらいと少ないですが、オゾン層で吸収されないで地上に到達して、人の皮膚に入り込むとDNAを傷つけてしまいます。そのためオゾンの濃度が減少すると、人体への悪影響が大きくなるので、その時期に注意を促している国もあります。しかし日本の場合は、1年を通してオゾン層は安定していますので、UV-Bが地上に到達する量は、紫外線量全体が多くなる夏に増えてきます。

気象庁が回答2で紫外線量は5月じゃなくて、7-8月の方が多いと回答していたことは、UV-Bにおいても正解でしたね。

4efdhjj

5月より7-8月の方が多いですね。

気象庁の回答2「UV-Aのことと思われます」とは?

ある方の紫外線に関する記事によると、

気象庁の「UV-Aのことと思われます」という回答は、日焼けを起こして皮膚が赤くなる紫外線を「紅斑紫外線」(波長は290nm~400nm)と呼んで、AもBもまとめてデータを収集していたことが理由です。ということは「UV-Aのことと思われます」つまり「UV-A単独は気象庁では測定してないんだよね」ということでした。

5月から増えだした、紅斑紫外線(UV-A~UV-B)は6月に減り、7−8月に増加のピークを迎えます。6月は日本では梅雨に入りますので、当然日光が地上に届く量が現象しますので、この紅斑紫外線も減少します。

まとめ

「5月が一番紫外線量が多い」という噂は嘘でした。

「5月って思っている以上に紫外線が多いんだよ!だから日焼け対策はしないと!」が正解ですね。

しかし5月以降、紫外線量は一気に増えてきますので、日焼け止めは必須アイテムです。

<<紫外線対策でやってはいけないこと 3つ>>

1.去年の日焼け止めを使う

一度開けた日焼け止めの使用期限は『1年』とされています。

日焼け止めは様々な強い成分を混ぜて作られているため、長期間過ぎるとその成分が分離し、使えなくなってしまうのです。

1年以内のものでも

  1. 分離していないか
  2. 変色してないか
  3. 変な臭いがしないか

をチェックしましょう!

2.夏の保湿クリームはNG

外出前に保湿クリームを塗ると日焼けするという話を聞いたことありますか?

これは

保湿クリームに入っている「油分」が肌の透明感を上げる機能を持っている影響で日焼けしやすい状態にさせてしまうからなのです。

*で・す・が!UVカットなどが書かれた保湿クリームは大丈夫です!

3.日傘の内側が白

日傘を選ぶ際、色に気を付けなければなりません!単に可愛いからと日傘の内側が白のものを選ぶと逆に日焼け効果をもたらしてしまいます。なぜなら白色は光を反射させるからです。

まず、効果を考えると裏と表が違う色のほうがよいです。表は白やシルバーだと光を反射します(反射剤の役割)裏地は黒がよいとされています(吸収剤の役割)一色の傘であれば、黒い日傘のほうが効果的でしょう。反射剤の役割は、どうしても繊維の隙間などでムラが出てしまうためです。

<<<紫外線商品を買う時に知っておきたい豆知識>>

34fdghj

日焼け止め商品に必ず記載されているSPFとPA。どういう意味なのでしょうか?

■SPF
SPFは、紫外線防御指数とも呼ばれており、日焼けや肌に炎症を起こしてしまう紫外線UV-Bを防ぐ効果があります。
■PA
PAは、肌老化の原因である紫外線UV-Aを防ぐ効果があります。

34fdghj

上の写真でSPFの隣の数字は持続時間の表記でSPF1=25分の持続時間があります。またPAの+++は効果の強さを表しています。

・SPF40×25分=1000分 SPF25×25分=625分
※肌の色で違いがあります。(色白20分・普通25分・色黒30分)

・PAの表示は、+(効果がある)、++(かなり効果がある)、+++(非常に効果がある)の3段階表示です。

状況に合ったものを選ぶのが大切です!!

  • 散歩・買い物・通勤通学は「SPF10前後/PA+程度」。
  • 屋外でのスポーツやレジャーには「SPF10~30/PA++以上」。
  • マリンスポーツや炎天下でのスポーツやレジャー「SPF30~50+/PA++から+++」。
  • 長時間の太陽光をあびる「SPF50+/PA++++」。

<<私が一番おすすめしたい!2016年人気のCCクリーム>>

ミネラルCCクリーム

<<私が一番おすすめしたい!2016年人気の美容液>>

美白化粧品ホワイティシモ

<<その他 楽天とAmazonからチェック♪>>

楽天の人気日焼け止めアイテムを見てみる

Amazonの人気日焼け止めアイテムを見てみる

⇒関連記事:海やプールでも完全対策!顔と体におすすめプチプラ日焼け止めランキング2017

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2017年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2017年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック