アイメイクが落ちない人必見!落ちるアイメイク専用クレンジング

アイメイクは落ちにくいですよね。落ちにくいので肌に残ってしまったり、しっかりと落とすためにゴシゴシこすったり、こんなことをしていませんか?

間違ったクレンジングをしているとシミやくすみなどの肌トラブルの原因になります。目の周りが乾燥する、くすみが気になる、こんな肌の悩みを抱えているなら、クレンジングの方法を見直してみましょう。

クレンジングの肌への影響

目元は印象に大きな影響を与えます。少しでも好印象を与えるために、目元のメイクに力を入れている方もいるのではないでしょうか。特にまつ毛は顔の印象を大きく変える要因になります。

しかし、アイメイクはまつ毛に大きな負担をかけてスカスカなまつげの原因となります。それだけでなく、残ったメイクがダメージを与えることもあります。そのため、きちんとメイクを落とすことが、まつげのダメージを少なくするために大切になります。では、どのようにメイクを落としたらいいのでしょうか。

また目の周りの皮膚も薄くてデリケートです。アイシャドウやマスカラなどをいくつも使ったり、こするように使うと肌がダメージを受けます。そして、落とすときにもゴシゴシとこすれば肌の負担は増えて、シミやくすみなどを招きます。

しかし、きちんとメイクを落とさなくても肌の負担になります。残ったメイク汚れが肌の上で酸化をして、肌にダメージを与えるのです。

アイメイクはきちんと落とす必要があるのですが、力を入れてはいけません。ポイントは、優しく落とすことです。優しくクレンジングをすれば肌への負担が減り、目の周りの肌トラブルの改善が期待できます。

アイメイクも顔のクレンジング剤で一緒に落としていませんか?一種類のメイク落としでアイメイクも他の顔の部位も落とそうとしても、アイメイクは落ちにくいため汚れが残ってしまいます。残った汚れは肌にダメージを与えて、くすみやシミの原因になります。

適量を使用しない場合もアイメイクをしっかり落とすことはできません。そして、メイク落としの使用量が少ないと、洗顔時に摩擦が生まれて肌に負担をかけてしまいます。摩擦が肌に負担をかけるからとしっかり洗わず汚れが残ってしまうのも、肌にとってよくありません。

ゴシゴシこする洗い方も避けましょう。落ちにくいとこすりたくなりますが、こすって洗うと摩擦で肌を傷つけてしまします。

こういったことをやめるだけでも肌の負担が減り、スカスカまつげ防止になります。

またメイク落としを軽く済ませるために、マスカラをたくさん使わないことです。アイシャドウやアイライナーを多用すると、落とす時にまつ毛も抜けやすくなりますから控えましょう。ビューラーで何度もまつ毛を引っ張ると、大きな負担がかかるので良くないですね。

アイメイクの正しい落とし方

顔の他の部位と一緒にクレンジング剤で落とそうとしても、アイメイクは落ちにくいので汚れが残ってしまいます。アイメイクは専用のリムーバーを使用して落としましょう。

コットンにたっぷりとアイメイク専用のリムーバーをしみ込ませて、まぶたの上にそっと押し当てます。10秒ほど押し当てているとメイクが浮いてくるので、軽く拭き取ります。リムーバーが少ないとメイクが落ちにくいし、コットンが毛羽だって肌に刺激を与えることがあるので、製品に記載されている量を守って使用をしてください。一度で落ちないときは、もう一度同じようにやってみましょう。

マスカラは、コットンでまつげを挟んで、まつげの先に向かってコットンを滑らせて落とします。力を入れるとまつげが抜けてしまうので、優しく行ってください。

目尻など細かな部位は、コットンの角を使用すると落としやすいです。

最後に35℃程度のぬるま湯でよくすすぎをします。すすぐ際も肌をこすらないように気をつけてください。

アイメイクをしっかり落とすためには、アイメイク専用リムーバーの選び方も大切です!

たとえば、ウォータープルーフのメイクはウォータープルーフに対応したメイク落としでないと落とすことができません。シリコンやワックスを使用していて、それに対応したものでないと落とせないことがあります。メイク用品にどのようなものが使われているのか、専用リムーバーはどのようなものに対応しているのかを確認してください。

安心できるのは、使用しているアイメイクと同じメーカーのリムーバーを選ぶことです。同じメーカーのものなら、自社のメイクが落ちるように考えられています。

<<口コミが1,000件も!楽天で一番人気のアイメイクポイントリムーバー>>

 

 

アイメイクが残っていると肌の負担になり、しっかり落とそうとゴシゴシこすっても負担になります。肌の負担を減らすには、優しくクレンジングをすることがポイントです。紹介した方法で優しくメイクを落として、肌トラブルを防ぎましょう。

まとめ

アイメイクはポイントメイク専用のリムーバーを使用して落としてください。コットンに適量のポイントメイク専用のリムーバーをつけて、メイクの上に軽く押し当てます。1分ほどコットンを置いていると、自然をメイクが浮き上がります。浮いたメイクを軽く拭きとってください。

そして、顔全体をクレンジング剤で洗います。クレンジング剤の使用量が少ないと摩擦が大きくなって肌の負担になるので、製品に記載されている適量を守って使用してください。

クレンジングをするときには、肌をこすらないようにしましょう。指の腹を使って優しくマッサージをするように洗います。

<<口コミが1,000件も!楽天で一番人気のアイメイクポイントリムーバー>>

 

 

以上のように、アイメイクはポイントメイク専用のリムーバーを使用して落とすのがおすすめです。疲れて帰宅したときは面倒になってしまうかもしれませんが、メイクが残っていると肌の刺激になり、スカスカなまつげの原因となったり、シミやくすみを招いてしまいます。一手間かけるだけなので、ポイントメイク専用のリムーバーを使ってみましょう。

そして、メイクを落とすときはこすらないようにすることが重要です。こすると肌を傷つけるので、優しく洗いように心がけてください。

目元は印象を大きく変えるので、アイメイクに力を入れている方もいると思います。アイメイクはそのままにしていると肌に負担をかけて、スカスカまつげの原因となります。メイクをしたらきちんと落として、目元の皮膚やまつげへの負担を減らしましょう。

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2017年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2017年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック