朝食にパンとご飯どっちが良い?元気が出る!体調が良くなるのは

皆さんは朝ごはん食べていますか?

“食べてください!”

朝ごはんを食べた方が頭の働きが良くなり、体温が上がります。そうなることで、より活発に行動することができます。

なぜなら朝食によって脳の栄養であるブドウ糖が吸収され、脳が活性化するからです。

もう一つ朝食を取ることにメリットがあります。それは体内時計をリセットする効果です。

体内時計は、現代科学の最先端分野の一つです。その研究結果によると、

体には時計遺伝というものがあり、その数は全身の60兆個もあります。それらの時計遺伝は全身細胞ひとつひとつに組み込まれています。体内時計には、脳にある主時計と、全身にある末梢時計とありますが、朝ごはんを食べると胃が動き出し、末梢時計がリセットされ1日のスタートがすっきりと切れるようになります。

体内時計というのは、単に目覚めが良いand時差ボケなどだけに関わっているわけではありません。人間の体温・血圧・循環器・免疫・新陳代謝などには1日のリズムがあり、このリズムが体内時計に沿って動いているのです。

ちなみに、薬の反応や副作用も時間によって異なっていることが分かっています。そのため現在は「時間医療」とって体内時計のリズムに合わせ薬と投入することで、抗がん剤では吐き気や抜け毛などの副作用を劇的に減らすことにも成功しています。それほどまでに、人間の体のリズムは体内時計から大きな影響を受けているのです。

漢方薬剤師は以下のように述べていました。

自然に備わったリズムである体内時計に基づいて食事や睡眠をとると、1日をスムーズに過ごすことができます。

朝食が良いのは、体を目覚めさせ、脳にブドウ糖を与えて活発にしてくれるから。そして何より、朝ごはんの時間が、血液の原料を消化吸収し、血をつくる胃腸の力を120%引き出す時間帯だからです。

「皆さんは朝ごはんに何を食べていますか?」

  • パン
  • ご飯
  • シリアル
  • ヨーグルト

・・・などの選択肢があるかと思います。

2014年にJA全中が行った調査によると、全体の

  • 49.8%がパン
  • 38.7%がご飯
  • 4.4%がヨーグルト

という結果になったそうです。しかし驚いたことに20代のみに絞って見てみると、

  • 50.6%がご飯
  • 34.5%がパン

とご飯派が増える傾向にあります。

お米を食べた方が元気になる

ejfgk

「気」

元気、病気、やる気、活気、気持ちなど気のつく言葉が多くある日本語を使っている日本人には親しみやすい概念ですね。

気とは、

“生命活動を維持していくのに必要なエネルギー”

のことを指します。

この気は胃腸で作られます。人は食べ物からしかエネルギーを取ることができません。胃腸が弱ると元気そのものが失われます。また「気」という漢字は略字で、旧字体では「氣」と書きます。旧字体を見てみると本来の氣が持つ意味が分かってきます。漢字を分解すると「气」と「米」に分かれます。气はわき上がる湯気、上昇気流を表します。米はごはんの米を表します。氣は米を炊いた時に气が出ている様子をそのまま漢字にしたものです。また米は四方八方にエネルギーを発散している様子を表しているとも言われています。このように「氣」という漢字は、米から湯気が出ているというよりも、米からエネルギーが発散しているように見えてきませんか?まさに、米は「氣」の源なのです。

婦人科の医師が、体調が悪いと相談に来た患者の体質をチェックすると「気虚」で、その人の食生活を確認すると、あまりお米を食べていない人が多いらしいのです。朝はパンで、昼は麺で、夜は太るから食事は抜いていますというパターンが多い。まさに米からのエネルギー(气)が足りていない状態なのです。

すべての食事を米にする必要はありません。ただ、消化の働きと「気」が作られる時間を考えると、やはり朝食はご飯を食べるべきです。実際に気虚の人が朝食を「ご飯」に変えるだけで、体質が良くなってしまうので、不思議です。

血を作るもとである元気のためには、小麦のパンよりも、お米のご飯の方が良いのです。

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2017年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2017年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック