根拠がある治し方!赤ニキビの治す方法と1週間で治った薬のみ紹介

「赤いニキビが頬にできてしまった・・・(T-T)」

皆さんは経験ありますか?私はあります、何度も。

赤ニキビってなかなか治らないですよね。

頬に赤ニキビができると、小さくても赤いので目立ってしまいますよね。そのため、

「気になって仕方がなく、とにかく恥ずかしい・・・」

ですよね。

まず、ニキビは主に3種類に分けられます。

rt46j
  1. 白ニキビ
  2. 黒ニキビ
  3. 赤ニキビ

です。

この3つの中で、一番厄介なのはどれだと思いますか?

正解は・・・

「赤ニキビ」なんです!

ニキビのパターンを比較しても、赤ニキビは最も治りづらいタイプです。

赤ニキビができる原因は白ニキビと同じで、ターン―オーバー(新しい肌に生まれ変わるサイクル)が乱れていることと、皮脂が過剰に分泌していることが関係していますが、一番の原因は、

「アクネ菌」

です。

アクネ菌が原因で赤ニキビに!?どうれば良いの?

reytk

白ニキビは、毛穴の中に汚れなどが詰まっているだけの状態ですが、赤ニキビはそれに加えアクネ菌も繁殖しており、それで炎症が起きて赤くなります。

この原因を知らないで、白ニキビと同じ治療をしても赤ニキビは治りません。

白ニキビと同じく、洗顔を丁寧にしたり、ニキビ薬を塗っただけでは治らないことが多いのです。

<<アクネ菌とは?>>

正式名称は「プロピオニバクテリウム・アクネス」と言います。

これ、決して悪い菌ではないんです!

これまでの私の話からアクネ菌が発生すると、ニキビができると思ってしまうかもしれませんが・・・

⇒「間違ってはないです!しかしアクネ菌は常在菌なんです」

すべての人の皮膚の中に住んでいる菌です。

細菌ではないので、常在菌のバランスが保たれていれば、ニキビは発生しません。

ただ、常在菌のバランスが崩れてアクネ菌が繁殖すると、ニキビが発生したり、どんどん悪化する原因になります。

アクネ菌は皮脂を栄養にしています。ニキビには毛穴の中の皮脂が詰まることにより発生しますよね。

その皮脂が増えることにより、アクネ菌の餌が増え、アクネ菌が繁殖してしまうというサイクルになっています。それによって、ニキビが増えたり&ニキビが悪化したりします。

つまりニキビを防ぐためには、アクネ菌を完全に「なくす」のではなく、「繁殖を抑制する」ことを注視するのが大切です。

皮膚科に行っても治らないこともあります!

赤ニキビが厄介とはいえ、その人の体質によっては簡単に治る人もいます。しかし長期間、自然に治らない人の方が圧倒的に多いです。

先ほど言ったように頬の赤ニキビは治りにくく、非常に目立つので、早く治そうと皮膚科に行く方も多いと思います。

確かに皮膚科はニキビの治療を行っていますが、必ずしも治るとは限りません・・・。皮膚科に行っても治らないケースもあります。

皮膚科では、基本的に薬で治療します。薬物療法ですね。

ビタミン剤などの飲み薬を使うこともありますが、多くは軟膏薬や液状の塗り薬を処方されることが多いです。

<<ビタミン剤の効果は?>>

ビタミン不足もニキビが発生する原因になります。そのため皮膚科から処方されるビタミン剤には、ビタミン不足を解決する効果があります。

ビタミン剤で効率良くビタミンB2・B6・Cを補い、体内からニキビ治療を行うことで、ニキビを治していきます。

しかし!!

薬ですから薬効があるわけですが、これも効かないことがあるんですね・・・。

なぜなら・・・

『すでに完全なニキビに肌になっているからです』

赤ニキビはたまたま、一時の要因によりできるものではなく、悪い習慣や体調を繰り返して、肌質からニキビができやすい状態になってしまっています。

そのような肌では、ちょっとやそっとではニキビは治りません。何度もニキビの発生を繰り返し、そのうち薬も効かなくなります。

ちなみに、皮膚科でよく処方されるには「デフェリンゲル」という塗り薬ですが、

副作用が起きる確率が80%ある。どういった副作用があるのかというと、

かゆみや乾燥、赤くなるといった症状の他に、皮膚がはげることもある。

赤ニキビを治すにはどうれば?

丁寧かつ頻繁に洗顔しても治らない。皮膚科の薬を使っても治らない、というか行く暇もないし、皮膚科に行きたくない。

その場合は、どうしたらいいの!?

先ほど言ったように、赤ニキビが治らない大きな原因は「アクネ菌が繁殖して、ニキビができやすい肌」になっているからです。

つまり、ニキビができやすい肌状態を改善することで、赤ニキビも治ります。ただ私の経験上、ただがむしゃらにニキビ肌を治そうと行動しても難しいです。そのため効率良く、根拠ある正しい方法でケアする必要があります!

ずはりニキビ肌のケアの方法は

  1. 「生活習慣の見直し」
  2. 「スキンケア」

です!「え・・・普通。」と思われそうですが・・・この2つが基本であり、大切です。

①生活習慣では、

4fklvk

②スキンケアでは、

ニキビケア専用の洗顔用品や化粧品がより一層ニキビの減り具合を実感することができます。

でも、

「どのニキビケア商品を選べば良いのか・・・?」

最低限、ニキビ対策の有効成分として効果的な「グリチルリチン酸」が配合されているかどうかを一つの目安にすると良いです。

私が実際使用してきたニキビケアと実際に治ったニキビケア商品

nikibi

私はこれまでニキビを治すために塗り薬や化粧品をたくさん試してきました。クレアラシルやペアアクネは有名ですね。

4jfhd

しかしそれらに含まれるイオウで肌は乾燥し、赤みはまったくおさまりません。

その時あるブログで「ルナメアAC」が劇的効くという口コミを見て、私も試したところ・・・

『完治した!!!』

dsj6js

富士フィルムから販売されている洗顔料、化粧水、ジェルクリームの3つがセットになったニキビケアです。初めてニキビケアをインターネットで注文しました。

富士フィルムが開発した「アクネシューター」という技術が、ナノ化した有効成分を毛穴の奥まで浸透させ、赤ニキビをやっつけるのだそうです。

<<洗顔料>>

d6jfhdgq2r

個人的に嫌いなザラザラ感がなく、少量でも泡立ちがすごく良いです。

<<化粧水>>

egk

刺激も香りもなく、つけてもヒリヒリすることがありません!

<<保湿ジェル>>

rfgk

ルナメアはさっぱり感が抜群です!保湿クリームもべたつきはなく、さらさらになりますが、ちゃんと保湿しています。

赤ニキビの効果は?

使い始めてから、2週間から効果が表れ、1ヵ月後には完治しました。私は生活習慣は改善していないので、完全にルナメアのおかげです!

<<おでこ>>

eehdwehjg

<<頬>>

dfkrewfhj

さらに嬉しい変化があって、ルナメアのニキビケアは保湿の効果もあるので、肌に潤いが生まれたような気がします。乾燥肌でカサカサになる私の場合、同時に乾燥ケアもすることができたので、お得でもありました♪

とにかく私はたくさん赤ニキビが出て、すごく悩みました(T-T)嫌でした。顔を上げるのが嫌でした。私と同じように苦しんでいる方に役立てば、嬉しいです。

ホームページ:ルナメアAC

口コミ

初回限定のトライアルキットはたったの「1,000円(送料無料)」で14回((1週間)試すことが可能です。私も実際に使っており、一番おすすめしたいニキビケア商品です。1週間で効果があらわれるのでビックリですよ!

まずは自分の肌に合うかどうか、トライアルセット1,000円で試してみて、綺麗な肌を取り戻す一歩を踏み出してみてください↓

⇒ホームページ:ルナメアAC

もしこれでも治らなかったら・・・

もし上記のニキビケアでも治らなかったら「美容皮膚科」に行ってみることをおすすめします。

美容皮膚科とは?美容整形や手術といった大掛かり・コストがかかる、なんてイメージをもたれるかもしれません。しかし美容に特化した、いわば、美容の専門家の皮膚科であれば、一般的な皮膚科とかわらず、診察をしてお薬が出ます。

「美容皮膚科と一般的な皮膚科はなにが違うのか?」

と疑問に思われる方もいることでしょう。あくまでもこの記事でふれるのは、どちらも「皮膚科」にかわりないということです。では何が違うか。それは先生の”知識と経験”です。

美容に強い皮膚科では、それと付随してシワとりやレーザー治療など、美容に関する治療もおこなっています。つまり、より多くの皮膚でも美容に特化した患者さんを見続けていて、先生自身もその道をずっと研究されている、ということ。同じ「ニキビ」という内容の診察でも、アドバイスや習慣への触りは一瞬同じに感じても、具体的にその皮膚科でできることや、出す薬、しかもこの肌には何があって何が必要かという判断までは異なってくるのです。

どうやって美容皮膚科を探すか?

まずご自身のかかりつけを決めましょう。

検索エンジンでもよし、口コミでもよし。まずは知るところから始めましょう。そのとき必ずみていただきたいのが、メニューや料金表、先生の経歴です。HPの構えだけで決め、とりあえず行ってみよう!ではもったいないです。

雰囲気ももちろん大切ですが、先ほど述べたように美容に特化メニューをおこなっているところが肌の悩みには最適です。美容の施術をおこなっていて、実績があるところであれば、きっとあなたの悩みを解決に導いてくれます。

そして営業時間、休診日も要チェックです。お仕事で忙しい私たちは時間に制限があって当然です。しかしながら皮膚科は結構休みが多く、時間も短いんです。個人のところだと学会などが多く、場所によっては土日がお休みなんてことも。ニキビは集中的に通った方がよい場合もあるため、通えないのであれば一旦キープにまわすことをおすすめします。

通うことのメリット、勧誘などの不安は?

皮膚科はどこでも良い、行きたいときにやっているところに行けばいい、なんて考えはやめましょう。

私の知り合いは、なかなか合う薬に巡り会えず、ニキビケアや皮膚科を転々としていました。転々としていたときに美容皮膚科に出会ったのです。

はじめは手術や治療にお金を注ぎ込まなきゃいけないのか?!と不安になりましたが、行ってみるとそこは一般的な皮膚科と法的にも保険的にもかわらないので、安心して悩みを打ち明けられたのです。そこで体験したことは、皮膚科は皮膚科でも、保険適用の簡易治療が受けられるというメリットが。一般的に美容クリニックなどのメニューにもある、「クリアタッチ」という施術があるのですが、皮膚科でおこなう場合保険適用が適用されるんです。

クリニックだと1万円程するこの治療が、皮膚科だと1,000円くらいで簡単に受けられてしまいます。そしてその治療をはじめておこなったとき、私は「これはかなり値段がいくのでは?」と不安になったのですが、先生に伝えるときちんと値段を出してきてくれました。下手にクリニックでやるより、とっても安全安心で美容の治療の初心者には本当に助かると思いました。

あなたもお肌の悩みは皮膚科へ!

悩みを抱えてさまざまなことを調べている方も多いと思います。ただネットの情報だけで判断してはもったいないです。まずは専門の先生をみつけ、相談すると意外とはやく解決につながり、より笑顔なあなたになれるかもしれませんよ♪

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2016年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2016年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック