紫外線によるメラミン生成を抑える!シミに効く美白化粧品人気ランキング

紫外線がもっとも強くなる季節が夏です。この季節に紫外線を無防備に浴びると、秋になってからシミとして表れる可能性があります。

シミを残さないためには日焼け止めや日傘などで紫外線対策をすることが大切ですが、美白化粧品の使用もおすすめです。さまざまな美白化粧品が販売されていますが、シミを作らないためには選び方にポイントがあります。では、美白化粧品はどのように選んだらいいのでしょうか。

美白化粧品には、厚生労働省が認めている美白成分が配合されています。美白成分は大きく2つに分けることができます。

  1. 1つめはメラニンの生成を抑制する働き、メラニンを還元する働きの2つの作用を持つもの。
  2. もう一つはメラニンの生成を抑制するものです。

シミの予防にはメラニンの生成を抑制する成分を配合した化粧品を使用するとよいでしょう。

紫外線を浴びるとメラノサイトというメラニン色素を作る細胞が活性化をします。そして、チロシナーゼなどの酵素の働きでメラニン色素が生成されます。

メラニンの生成を抑制する美白成分は、チロシナーゼの働きを抑制したり、メラニン生成の指令を出す物質に働きかけるなどして、メラニンの生成を抑制します。
美白化粧品を使用することで、夏に浴びた紫外線の影響で秋にシミとして表れることの予防になります。

美白化粧品の選び方

メラニンの生成を抑制する成分には、カモミラET、コウジ酸、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、プラセンタ、アルブチン、ルシノール、リノール酸などがあります。これらの成分は厚生労働省に美白成分として認可されています。医薬部外品なら一定量配合されています。

美白成分が配合されていることだけでなく、肌に刺激を与える成分を配合していないことも確認をしましょう。肌に刺激を与える成分によってダメージを受けると、肌が炎症を起こしてメラニンの生成が促進をします。また、紫外線から肌を守るバリア機能も弱ってしまい、紫外線の影響を受けやすくなります。アルコール、パラベン、糊料、着色料、界面活性剤、鉱物油などを含んでいない化粧品を選んでください。

注意ポイントとしては、美白化粧品を使っていても、使い方によって変化を実感できないことがあります。

美白成分を肌に浸透させるために、つい力が入っていませんか。力を入れると摩擦が生じて肌の負担になり、メラニンの生成が促されてしまいます。化粧品を使用するときには、こすらないように気をつけましょう。

美白化粧品には、化粧水、美容液、乳液、クリームなどいろいろあるので、使いやすいものを選んでください。ラインでそろえるのではなく、化粧水は保湿系、乳液は美白系といった使用方法でも構いません。

夏に浴びた紫外線の影響で秋になってからシミが急激に増える心配があります。それを防ぐ手助けをしてくれるものが美白化粧品です。美白化粧品にもいろいろとあるので、目的に合ったものを選んでください。

以下、私がおすすめするメラニンの生成を抑制する成分「ビタミンC誘導体」「プラセンタ成分」が入った美白化粧品を紹介します。

ビタミンC誘導体

現在、ビタミンC誘導体は多くの化粧品メーカーに大注目されています。今ではビタミンC誘導体が配合されている化粧品が増えてきました。

ビタミンC誘導体が配合されている化粧品としては、一番は化粧水が多く、その他は美容液、クリーム、パックなどが多いです。その場合は今まで使用していた化粧品などと同じように使用して頂ければ大丈夫です。

ビタミンC誘導体はとても浸透力に優れているので、特に化粧水でのお手入れがおすすめです。重ね付けをしたり、丁寧なパッティングを心がけて、肌の内側にたくさんビタミンC誘導体を与えてあげましょう。まれに粉末タイプのビタミンC誘導体が販売されていることもあります。これは手作り化粧品キットなどを取り扱っているブランドに多いのですが、私たちが自分で精製水や化粧水にビタミンC誘導体の粉末を混ぜて化粧水を作る必要があります。少し手間はかかりますが、「化粧品に余計な成分が配合されているのは嫌だ!」という方にはおすすめです。

予算や信頼できるメーカーかどうかを判断して、自分に合うビタミンC誘導体化粧品を見つけて下さいね。

ディセンシアのサエル

ディセンシアとはポーラ・オルビスグループから生まれた30代,40代の敏感肌の女性に向けた専門ブランドです。

敏感肌を救う「特許技術」。そして肌を健全な状態に整えるだけでなく、美白効果も実感できる「独自の成分」がすごく好評です。

以下の項目を1つでも満たしている人は、敏感肌の可能性が高いです。適切なスキンケアを行わなければ、シミ・くすみができやすく、それらが定着しやすい肌になってしまいます。

<<敏感肌の症状>>

  • 化粧品を付けると、肌がピリピリする。
  • 季節の変わり目になると、肌トラブルが起きやすい。
  • 肌に赤みやかゆみを感じる。
  • アトピーや花粉症を診断されたことがある。
  • 生理前や疲労時に肌が荒れやすい。
  • 肌が乾燥しがち。

<<敏感肌の人がシミやくすみができやすい理由>>

①バリア機能の低下。

敏感肌の人は、肌表面の角質が乱れ、すかすかな肌状態になります。そのため肌のバリア機能が低下し、紫外線・ハウスダスト・花粉・黄砂などの外部刺激から肌を守れなくなります。

②炎症を引き起こす。

さらに肌表面の角質が乱れ、すかすかな肌状態のため、肌内部の水分が蒸発しやすくなります。そして、すかすかな肌から入ってきた外部刺激が肌内部まで進行し、炎症が発生します。炎症は過度なメラニン生成を引き起こし、くすみの原因となるのです!

③シミも発生する。

過剰に生成されたメラニンはくすみを引き起こすだけでなく、黒化し不均等に固まることで、シミとなって現れます。

このように敏感肌の人は、肌の中で「負のサイクル」が繰り返され、通常のスキンケアではケアしきれないことが多いです。

<<ディセンシア サエルが敏感肌に効果がある5つの理由>>

①ディセンシアの特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」

ディセンシアの特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」が外部刺激や水分の蒸発を防ぎ、肌のバリア機能を強化します。同時に肌の内側にセラミドナノスフィアが浸透、潤いを閉じ込める保水機能を強化します。

②黒くなったメラニンを還元「ビタミンC誘導体」

過剰に生成されたメラニンを消し去る「ビタミンC誘導体」も配合しており、シミ・くすみのない白い肌に変化させます。

③メラニン自体の生成も抑えます。

エスクレシド、デイリリー、アルプチンの成分が、”メラニンを作らせない!黒くしない!”肌へ導きます。

④絶対乾燥させない!「ヒト型セラミド」

ヒト型セラミドは潤いが優れているだけでなく、セラミドの中でも最も浸透率が高い成分です。なんと通常のセラミドの3倍もの浸透力があります。

⑤肌内部の炎症も抑えます。

コウキ葉の高純度エキスが肌内部の炎症を抑え、健やかな肌状態に整えます。

口コミ

「特にクリームがすごく良い!」という声が多いです。またサエルはすぐに美白効果が出るわけではなく、2本目を使いだしてから効果を実感できたという声が多いです。肌トラブルも吹き出物もまったく無く、敏感肌の人でも安心して使える美白コスメです。

Twitter上の口コミ↓

公式ホームページからご注文で、トライアルセットをプレゼントと共にお得に購入できます!

10日間のトライアルセット(化粧水、美容液、美白クリーム)+今だけ美白CCクリームも付いて、「1,480円(送料無料・手数料無料)」でお試しできます。

30日間の返金保障制度もあり、必ず10日で効果を実感できる自信があるスキンケアです。

⇒ホームページ:decencia

プラセンタ

プラセンタには、シワの改善、保湿、ターンオーバーの促進など、さまざまな美容効果が期待できます。プラセンタとは胎盤のことで、ヒトプラセンタは医療機関でしか使用できないため、化粧品には豚や馬のプラセンタが配合されています。

注目されているのが馬プラセンタです。馬プラセンタを配合した美容液が登場しているのですが、どのような効果が期待できるのでしょうか。

馬プラセンタの効果

化粧品には豚や馬のプラセンタが使用されることが一般的です。どちらかというと、豚プラセンタが使用されることが多いです。

豚は大量飼育による感染症を防ぐために、抗生物質が投与されることが少なくありません。そして、プラセンタの製造工程で入念に殺菌処理が行われて、プラセンタの有効成分が失われる可能性もあります。

一方、馬は体温が高く感染症にかかりにくいため、抗生物質を投与されることが少ないです。そのため、殺菌処理の工程を少なくすることができ、プラセンタの有効成分が多く残っています。

豚と馬では出産回数や頭数にも違いがあります。豚は1年に何度も出産をし、1度に出産をする頭数は数十頭にもなります。馬は1年に1度、1頭しか出産をしません。そのため、豚よりも馬の胎盤の方が厚く、アミノ酸を豊富に含んでいます。

アミノ酸は肌代謝に必要な成分です。肌の代謝が活発になることで、シミの改善や保湿効果が期待できます。プラセンタには、メラニンの生成にかかわるチロシナーゼという酵素の働きを抑える作用があり、シミやそばかすの予防にもなります。

プラセンタPC

楽天で最も人気で口コミ数の多い馬プラセンタ100%の美容液(原液)です。

モンゴルの馬から抽出した馬プラセンタですが、製造や管理は国内で行っています。

モンゴルの馬って大丈夫?と思われた方!

モンゴルの馬は無農薬放牧で育てられています。そのため外敵、疫病、環境ストレスがほとんどなく、健康的で元気な馬が多いのが特徴です。

「現役そのままの濃厚馬プラセンタを格安で販売しています!」

容量は、20mlです。送料は290円です。

 

 

プラセンタファインエクストレム

北海道産の馬の馬プラセンタで、高純度の原液にこだわって作られた美容液です。

不純物が少ないため、素早く肌の奥まで浸透するのを実感できます。

洗顔後(化粧水前)に塗り込ませるように軽くマッサージしながら付けます。

<<プラセンタファインエクストレムの3つの特徴>>

肌の角層奥深くまで、素早く行き届き、ハリと潤いを与えます。

通常の数倍もの時間をかけて、水を抽出し、ろ過を繰り返し、不純物の極めて少ない調濃厚なプラセンタが完成しました。通常の酵素分解に比べ、臭いや刺激が少ないのも特徴です。

3つめは8つの無添加で、新鮮さにもこだわりました。さらに容器を真空パッケージで包んでおり、徹底された鮮度管理も好評です。

口コミ

公式ホームページからご注文で、半額+送料無料で購入できます!

現在キャンペーン中により、初めて購入する方のみ50%オフで購入することができます。

“乾燥肌で肌のハリが全然良くならない!”

と悩んでいる人に是非試してほしい、一番おすすめの馬プラセンタ美容液です!

⇒ホームぺージ:馬プラセンタ美容液【プラセンタファイン エクストレム】100%原液使用


シミやそばかすを無くすには、日々の生活の中で対策していくことが大切です!

年齢とともに気になり始めるのが、シミやそばかすです。10代や20代の頃はそこまで気にならなかったシミやそばかすも、30代以降から徐々に顔に出始め、これまでの紫外線の影響がシミやそばかすとなって現れます。

このシミやそばかすをなくす方法はないのでしょうか。答えは、シミやそばかすをなくすことは可能です。時間はかかるかもしれませんが、なくすことは可能です。そして、個人差はあります。完全にシミやそばかすがなくならない人でも、かなりのシミやそばかすを減らすことは可能です。

では、一体、どのような肌のケアをすれば、シミやそばかすがなくなるのでしょうか。

①紫外線対策はばっちりと!

当たり前のことですが、シミやそばかすをこれ以上増やさないために、紫外線対策はばっちりと行いましょう。

日焼け止めは、SPF50のものを使用し、さらに日傘、帽子、サングラスなどで紫外線をできる限り浴びないようにしましょう。春から夏にかけてが紫外線が強い時期です。つまり、この季節こそが、肌の老化の原因、紫外線を乗り越える時期です。春から夏にかけての時期を制すれば、肌年齢も変わります。外出時だけではなく、家のベランダで洗濯を干すときも気を付けましょう。

関連記事:海やプールでも完全対策!顔と体におすすめプチプラ日焼け止めランキング

②潤いのある肌になる

肌は通常28日周期で新しい肌へと生まれ変わります。しかし、不規則な生活や加齢とともに、この28日周期の肌サイクルは崩れ、30日、40日というように新しい肌へと生まれ変わるタイミングが遅れがちになります。

そうすると、新しい肌へと生まれ変われず、これまで蓄積してきたシミやそばかすが目立ち始めます。この肌サイクルを正常に戻し、綺麗で艶のある肌を手に入れるには保湿が重要になります。保湿がしっかりと行われていると、その分、肌が生まれ変われるので、シミやそばかすをなくす後押しをしてくれます。

③睡眠は重要

肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜10時~深夜2時は、肌の細胞が生まれ変わろうとする貴重な時間帯です。しっかりと睡眠をとり、新しい肌へと生まれ変わりましょう。睡眠によって、デトックス作業や皮膚の修復作業などが行われるので、綺麗な肌を保つには睡眠は重要です。

参考記事:【睡眠と美容の関係性】眠りの質で肌が改善!アルツハイマー予防にもなる

④栄養はまんべんなく

肌に良いミネラルとして、ビタミンがよく取り上げられますが、一番肌に良い食べ方は、様々な栄養をまんべんなくしっかりと取ることです。

ビタミンがいくら良いからといって、それだけ接種しても意味がありません。ビタミンなどのミネラルは、他の栄養素と複雑に絡み合いながら初めて効果を発揮するものです。これを摂取したから肌に良いというものではありません。他の栄養素の働きに助けられながら、肌に良い影響をもたらすのがビタミンなので、美肌を目指すなら、ビタミンだけではなくまんべんなく栄養を取るようにしましょう。

関連記事:日焼け紫外線対策の食べ物!私おすすめの効果のある食品と栄養成分

またカフェインと砂糖は控えた方が良いです。カフェインと砂糖は、肌の加齢の進行を早めます。肌の加齢が進行するということは、肌サイクルも遅くなり、肌が生まれ変わる時期が遅くなるということです。肌サイクルはシミやそばかすをなくすための重要な働きなので、それを邪魔するカフェインと砂糖の接種は控えましょう。

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2017年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2017年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック