【乾燥肌敏感肌の洗顔の選び方】無添加石鹸がおすすめ!人気ランキング

肌に残ったメイクや皮脂汚れは、肌に刺激を与えて肌トラブルの原因になります。そのため、毎日の洗顔で汚れを落とすことが肌トラブルを防ぐために大切です。しかし、誤った洗顔をしているため乾燥肌を招いている方が少なくありません。洗顔後に肌がつっぱりませんか。そんな方は、洗顔料を見直してみましょう。

「洗顔には肌に付着している汚れを落とす役割があります!」

女性なら毎日メイクをしている方は少なくないと思います。メイク用品にはさまざまな成分が使用されていて、これらが肌に残ると酸化をして肌にダメージを与えたり、毛穴をつまらせてしまいます。肌にダメージを与えるとその刺激でメラニンが生成されてくすみになったり、毛穴がつまればニキビができることがあります。

「メイクをしていない方でも洗顔が必要です!」

肌からは皮脂が分泌されていて、皮脂が長時間肌に残っていると酸化が進み、酸化した皮脂の影響で肌トラブルを招きます。

こういった肌トラブルを防ぐために、洗顔をする必要があるのです。しかし、すべての皮脂を取ってしまうと肌の水分が蒸発しやすくなり、肌の乾燥が進行することもあります。肌が乾燥をすると、ニキビやくすみといった肌トラブルの原因になります。

このように乾燥肌は洗顔料の選び方に気をつけてみましょう。

洗顔で大切なのは、正常なお肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の為に、汚れを優しくしっかり落として肌をリセットすることですが、必要な皮脂などは落とし過ぎず、余分なものを与えすぎて肌を過保護にしないバランスもとても大切なのです。

肌に合った洗顔料を使用することで、肌トラブルに悩まない肌に近づくことが期待できます。

乾燥肌の洗顔料の選び方

洗顔料には、「石けん成分のもの」と「合成界面活性剤配合」のものがあります。

●石けん成分のものは、油脂とアルカリを反応させて製造されています。石けんにも界面活性剤が含まれていますが天然のもので、水で洗い流して分解されるので、肌に洗浄成分が残ることがありません。そのため、肌に優しいといわれています。

●合成界面活性剤配合の洗顔料に使用されている界面活性剤は、近年肌への負担が少ないものが登場していますが、どのような成分がどれくらい配合されているのかを判断するのは難しいです。肌にはバリア機能があり外部刺激や肌の水分蒸発を防いでくれているのですが、合成界面活性剤はバリア機能を破壊します。その結果、肌トラブルが起こりやすい状態になります。

そのため、乾燥肌には石けんタイプの洗顔料がおすすめです。

注意点としては、石けんタイプの洗顔料は固形になっています。しかし、固形ならすべて安心できるとは限りません!

製品の中には、香料、着色料、合成界面活性剤などを配合して物も存在します。こういったもは肌に刺激を与えるので避けましょう。乾燥肌におすすめの石けんは純石けんです。原料には石けん素地としか記載されていないので、原料を確認して購入をしてください。

石けんで洗顔をしていても、誤った洗い方をしていると乾燥肌が進行をします。ゴシゴシこすって洗うと肌の負担になるので、こすらずに洗いましょう。

乾燥肌におすすめの洗顔料が石けんです。純石けんは石けん成分以外を含まないので、肌への刺激が少ないです。肌の負担を減らすことで、肌トラブルが起こりにくい状態に近づくことが期待できます。

敏感肌の方も無添加石鹸がおすすめ!

敏感肌の方で、市販のボディソープやスキンケア用品を使うと肌が荒れてしまうから使えないという方がいます。市販のボディソープやスキンケア用品には、色々な添加物が入っているので肌に刺激を与えるものが多いです。なので敏感肌の方は、市販のヘアケア用品やボディソープやスキンケア用品を買う時は、その商品の成分を見て添加物があまり入っていないものを買って使ったほうが良いです。

ボディソープは、無添加の固形石けんや液体石けん、エッセンシャルオイルの香りが付いているシンプルな成分の固形石けんや液体石けんを使うと良いです。無添加の固形石けんや液体石けんは、成分がシンプルで水と石けん素地だけで作られているので、敏感肌の方でも安心して使えます。

そしてエッセンシャルオイルの香りが付いているシンプルな成分の固形石けんや液体石けんも、水と石けん素地と天然の香料だけで作られている石けんなので、成分がシンプルですし香りもナチュラルなので安心して使えます。

敏感肌の方は、こういった石けんを使って髪の毛や体を洗うようにすると良いです。そうすれば肌がかぶれて炎症を起こすことも無いです。

第9位 無添加石鹸「マグポーリンソープ」

マグポーリンソープは、麦飯石、蜂花粉抽出液、ビタミンEを配合した、無添加な石けんです。合成界面活性剤、石油由来成分、合成香料などは一切使用をしていません。

泡が汚れを吸着して毛穴の汚れをすっきり、麦飯石や蜂花粉抽出物などのミネラルが肌の状態を整えます。

毛穴が気になる方や肌が弱い方におすすめです。

マグポーリンソープの特徴

マグポーリンソープの主成分である「麦飯石」とは、ミネラル豊富な鉱石の一種です。岩石の表面には白いまだら模様があり、「大麦の握り飯」を連想させるので麦飯石と呼ばれているそうです。

日本では岐阜県美濃白川でしか採掘されません。世界中でも内モンゴルと中国、美濃白川でしかとれない希少な鉱石です。マグポーリンソープには、美濃白川で採掘した麦飯石を使用しています。

また蜂花粉は、フラボノイド、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、コエンザイムQ10など、さまざまな成分を含む物質です。これらのミネラルが肌の状態を整えます。

化学合成の防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・色素・人工香料、合成界面活性剤は不使用です。

そして、豊かな泡ができることも特徴です。ふんわりした泡が肌を包み込んでくれます。泡パックにも最適です。泡パックをすることで、つるつるな肌を実感できることでしょう。

使い方

泡の量が少ないと、洗顔中に肌をこすって、肌の力を低下させてしまいます。泡立てネットを使ってよく泡立ててください。

泡ができたら、皮脂分泌が多い部位から洗います。Tゾーンから洗い、乾燥が気になる部位はサッと洗顔を済ませましょう。洗い終わったらすすぎをしっかりと行います。

泡パックをする場合は、1回目の洗顔で汚れを落とし、2回目に泡パックを行います。石けんをよく泡立てて、鼻以外の部位に泡をのせます。その状態で3分間パック。次第に泡が消えていきます。こすらずにぬるま湯や水ですすぎをしましょう。

洗い上がりはさっぱりなのですが、人によっては肌のツッパリを感じることがあります。その場合、長時間洗顔をしている可能性があります。汚れ落ちがよいので、サッと洗顔を済ませてください。

口コミ

汚れをしっかり落とすけれど、洗い上がりはしっとりとします。泡パックをすると毛穴がきれいになります。洗顔後は化粧水や乳液の浸透がよいです。

もっちり泡ができるのでパックがもできます。泡パックを1週間やっていたら、小鼻の周りの角栓が小さくなりました。全体的に肌が明るくなった気がします。

全身に使用をしています。なかなかなくならないのでコスパがいいです。

乾燥・敏感肌ですが、問題なく使用をしています。洗顔後はしっとりとします。

毛穴スッキリ、キメを整える、こんな変化が期待できる石けんが、マグポーリンソープです。汚れを落とし、麦飯石、蜂花粉、ビタミンEなどが肌の状態を整えます。もっちりとした泡ができるので、泡パックにも適しています。泡パックをすることで、毛穴の汚れがすっきりとすることが期待できます。

<<Amazon>>

第8位 豆腐屋さんが作った天然成分100%の「豆乳せっけん」

豆腐屋さんが作った天然成分100%の石けんが「豆乳せっけん自然生活」です。

豆腐屋さんがスキンケア化粧品を作るきっかけとなったのは、豆腐を作り続けるうちに肌がきれいになったという女性スタッフの声です。それもそのはず、豆腐や豆乳など大豆製品には、女性ホルモン様作用があるイソフラボンが含まれているからです。

この豆乳のすばらしさを伝えるために作られました。豆乳せっけん自然生活は、絹のような滑らかな泡が優しく包み込み、イキイキとした肌へと導きます。

豆乳せっけん自然生活のこだわり

豆乳せっけん自然生活は、使用する原料にこだわりがあります。

大豆は非遺伝子組み換えの国産です。北海道産とよまさりと佐賀県産フクユタカの2種類を使用しています。

この大豆と宮崎県椎葉村の湧き水を使用して豆乳を作ります。この豆乳から作られた豆乳発酵液(保湿成分)がイキイキとした肌作りをサポートします。

製法にもこだわり、昔ながらの釜炊き・枠練り製法を行っています。たった一つを作るのに2か月もの歳月がかかります。

大量生産できる機会練りは、9割が石けん素地を占めています。一方、枠練り石けんは石鹸素地を抑えることができ、その結果美容成分を3~4割配合することができます。そのため、洗うたびにつややかな肌に近づきます。

そして、肌に優しい無着色、無香料、無鉱物油、合成界面活性剤不使用、パッチテスト、アレルギーテスト済みです。

使い方

顔と手を水で濡らしておきます。

泡立てネットに石けんをこすりつけて、空気を含ませるように揉んで泡立てます。逆さにしても落ちないくらい弾力がある泡を作ってください。

先にTゾーンを洗い、その後に顔全体に広げます。

ぬるま湯や水ですすぎ残しがないように十分にすすぎをしましょう。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 夏は皮脂が多く、冬は粉を吹くような、季節によって肌の調子が変わるような状態でした。でも、今では一年中肌の状態が安定しています。これも豆乳せっけんのおかげだと思います。
  • 敏感肌用の石けんはぬるっとしたものが多く、個人的にぬるっとしたものが苦手です。豆乳せっけんは敏感肌にも優しいけれど、ぬるっとしません。でも、洗いがあがありはしっとりします。
  • 泡立てネットを使えば、ふわふわの泡ができます。ふんわり柔らかな泡だから、肌をこすらずに洗えます。泡切れもよくすすぎやすいです。すすいだ後には肌がさっぱり、でもしっとり感が残っています。

豆乳には女性のきれいをサポートするイソフラボンが含まれています。

この力を利用した石けんが、豆腐屋さんが作った豆乳せっけん自然生活です。国産の大豆とミネラル豊富な湧き水で作った豆乳を利用した豆乳発酵液を配合しています。

昔ながらの釜炊き・枠練り製法だから、機会練り製法よりも多くの美容成分を配合できます。だから、さっぱりするけれど洗い上がりはしっとり、イキイキとした肌に近づきます。洗うたびにきれいを実感することが期待できます。

<<楽天>>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【豆腐の盛田屋 公式】豆乳せっけん 自然生活
価格:1404円(税込、送料別) (2017/8/23時点)

 

<<Amazon>>

第7位 無添加石鹸「山澤清のローズマリーフェイスソープ」

山澤清のローズマリーフェイスソープは、無農薬・無化学肥料で栽培されたハーブを使用した、無添加の石けんです。合成界面活性剤、合成の防腐剤、香料、金属封鎖剤などは一切使用をしていません。

合成界面活性剤や防腐剤などは、肌に刺激を与える成分です。これらの影響で、洗顔をして肌のヒリヒリを感じたり、赤みが出る方は珍しくありません。無添加石けんは、肌が弱い方におすすめです。ローズマリーには毛穴をキュッと引き締める働きがあるため、毛穴が気になる方にもおすすめします。

特徴

山澤清のローズマリーフェイスソープは、化学薬品を一切使用していない石けんです。アルコールや水さえも不使用です。健康できれいな肌を作るためには、シンプルが一番という考えから作られています。

石けんを作るには水が必要なのですが、水の代わりにはへちま水を使用しています。へちま水は、「美人水」として江戸時代に人気だったといわれています。

使用しているハーブは、無農薬・無化学肥料です。

ローズマリー、ラベンダー、カミツレ、タンジー、セージの5種類のハーブを使用しています。

製造は1つ1つ丁寧な手作りです。石けんはじっくり30日間もかけて自然乾燥させます。

ローズマリーには収れん作用があり、毛穴がキュッと引き締まることが期待できます。合成界面活性剤と違い天然の界面活性剤は、自然の力で分解されて肌に残る心配がありません。さっぱりな洗い上がりですが、適度な潤いは残してくれます。

使い方

ローズマリーフェイスソープは固形石けんです。手のひらに石けんを取り、水を加えてよく泡立てます。泡立てネットを使うと簡単に泡立ちます。

ふんわりした泡ができたら、Tゾーンから洗います。小鼻の周りは皮脂分泌が多いので、指の腹を使って丁寧に洗ってください。頬や目元など乾燥しやすい部位は、泡をのせる程度にして素早く洗顔を終えます。

すすぎ残しがないように丁寧に洗い流します。熱いお湯は肌の潤いを奪ってしまうので、35度程度のぬるま湯ですすぎをしましょう。

口コミ

簡単にふわふわの泡ができました。泡が優しく包み込んでくれる感じです。洗顔後はスッキリします。

ニキビケア用の商品を使用すると肌がヒリヒリしました。でも、この石けんならヒリヒリしません。ニキビが少し落ち着いてきました。

顔だけでなく、体や髪を洗うのにも使っています。髪を洗うとさっぱりとします。全身に使うのはちょっともったいないけれど、きめ細かい泡ができて気に入っています。

自分で使ってよかったので、友達にプレゼントをしました。友達は喜んでくれました。

防腐剤や香料などは肌に負担をかける成分です。これらの成分で肌トラブルを起こすことは珍しくありません。

ローズマリーフェイスソープは、防腐剤などを一切使用していない無添加石けんです。無農薬・無化学肥料で栽培された5種類のハーブが、キメやハリを整え、キュっと引き締まった毛穴に導きます。

<<楽天>>

 

第6位 coyoriの自然派無添加「こく生石鹸」

洗顔後に肌がつっぱることがありませんか。肌がつっぱるようなら、必要以上に皮脂を落としてしまっている可能性があります。

皮脂には肌の潤いを守ったり、外部刺激から保護をする役割があります。美容オイルで油を補っても、洗顔で皮脂を落とし過ぎてしまうと、シワや乾燥肌の原因になります。

エイジングケアで大切なことは、汚れは落として皮脂は守ることです。そんな洗顔石鹸が、「コヨリ こく生石鹸」です。洗顔後に肌がつっぱる、乾燥肌が気になる、保湿ケアをしてもすぐに乾燥する、こんな方をサポートします。

保湿成分が溶け込んだ生クリームのような泡が特徴

生クリームのようなきめ細かな泡には、オリーブ果実エキスや黒糖など、保湿作用が高い成分が配合されています。さらに、きめ細かな泡は毛穴の汚れを落とします。汚れは落とすけれど、保湿成分の働きで洗い上がりはしっとりです。

乾燥肌や年齢を重ねた肌は、ターンオーバーが滞って古い角質が蓄積しています。たまった角質は、シミ、シワ、くすみの原因になります。

古い角質を柔軟にする成分がりんごです。古い角質を除去し、化粧水の浸透を高めます。他にも、保湿成分の白ビワ葉やコメヌカ油、肌荒れ防止に働きかける原木緑茶の葉など、全6種類の自然素材の美容成分が配合されています。

こく生石鹸のこだわりは、汚れは落として潤いは残すことです。それを実現するために、職人による釜炊き製法を採用しました。職人が洗浄成分と保湿成分の配合を見極めます。

こうして作られた石鹸には潤い成分がたっぷり、洗った後にも潤いを残します。

使い方

肌を傷つけないために、生クリームのようなきめ細かな泡をたっぷりと作ってください。泡立てネットを使うとたっぷりの泡を作りやすいです。

Tゾーン、頬やあご、目元や口元の順で洗います。皮脂分泌が多い部位を先に洗い、乾燥しやすい部位はさっと洗顔を済ませます。泡を転がすようにして、肌をこすらないように洗いましょう。

すすぎのお湯の温度が高いと、肌を傷つけたり皮脂が多量に落とされてしまうので、すすぎに使うお湯は30℃程度が目安です。髪の生え際やあごなども丁寧にすすぎをしてください。タオルで水気を拭き取るときにもこすらないようにします。

口コミ

その他には以下のような口コミがありました。

  • 泡立ちがよいです。滑らかできめ細かな泡を簡単に作れます。洗い上がりはしっとりしています。
  • いろいろな石けんを使ってきたけれど、肌が弱くてピリピリしました。でも、この石けんはピリピリしません。
  • 汚れを落としてスッキリするけれどつっぱりません。冬でもつっぱらずに使用できました。

洗顔で大切なことは、不要な汚れは落としても必要な潤いは守ることです。汚れは落として必要な皮脂を残すことに着目した石けんが、コヨリ こく生石鹸です。

生クリームのようなきめ細かな泡には、オリーブ果実エキス、黒糖、コメヌカ油などの保湿成分が配合されているので、洗い上がりはすっきり、なのに潤いは残っています。

洗顔後に肌がつっぱる方や乾燥が気になる方は、試してみてはどうでしょうか。

<<楽天>>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイント最大26倍】コヨリ こく生石鹸
価格:1749円(税込、送料別) (2017/9/14時点)

 

<<Amazon>>

第5位 美容オイルを閉じ込めたオーガニック石鹸「オイルリッチトリートメントソープ」

まるでオイルを閉じ込めたような洗顔石けんが、イキイキボタニクスの「モイスチャークイーンオイリッチトリートメントソープ」です。

洗顔後に肌がつっぱる、乾燥がひどい、慌てて化粧水をつける、こんなことがありません。美容オイルのようなモイスチャークイーンオイリッチトリートメントソープは、汚れを落としながらオイルが潤いを与えてくれます。超乾燥肌や洗顔後のつっぱりに悩む方におすすめです。

こだわりのオイル

モイスチャークイーンオイリッチトリートメントソープは美容オイルを閉じ込めた石けんです。使用しているオイルは、エキストラバージンオリーブオイル、アボカドオイル、ヒマワリ種子油、ラベンダー油、ベルガモット果皮油、マートル油です。

石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、フェノキシエタノール、シリコン、PEGは一切使用をしていません。

オイルは非常に酸化をしやすいデリケートなものです。オイルの品質を損なわないように、低温圧搾でオイルを抽出しています。

洗顔後に肌がつっぱるのは、肌に必要な皮脂を過剰に取ってしまうからです。高保湿なオイルを使用しているモイスチャークイーンオイリッチトリートメントソープは、汚れを落としながら肌に潤いを与えます。特にエキストラバージンオリーブオイルにはオレイン酸が豊富に含まれていて、しっとり感が抜群です。

そして、ラベンダー油やベルガモット種子油を加えているので爽やかな香りがします。

使い方

モイスチャークイーンオイリッチトリートメントソープは固形石けんタイプの洗顔料です。泡立ては不要です。オイルの濃厚な粘りでマッサージをするように洗うことで、血行がよくなります。

  1. まずはクレンジングでメイクを落としてください。
  2. 石けんを数秒間水にくぐらせます。
  3. 濡れた顔に直接石けんを滑らせて塗り込みます。目に入らないように気をつけらながら、指の肌を使って優しくマッサージをして洗いましょう。
  4. 最後にきれいにすすいで、タオルを顔に押し当てるようにして水気を拭き取ります。

洗顔と同じように泡立てずにボディウォッシュとしても使用できます。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • お風呂上りの化粧水をつける前でも、肌がしっとりとしています。そして、ラベンダーの香りが大好きです。癒しのひと時になります。
  • ラベンダーの香りが好きなので、この石けんの香りは気に入っています。普通の洗顔料と違う使い方で新鮮です。洗顔後には肌にしっとり感が残っています。
  • オイル美容が好きですが、石けんのオイルというのは初めてです。石けんを肌に塗りこんでマッサージをすると気持ちいいです。

美容オイルを閉じ込めた洗顔石けんが、モイスチャークイーンオイリッチトリートメントソープです。

低温圧搾で得たオイルを使用、フェノキシエタノール、おパラベン、シリコンなど不要なものは使用していません。オイルには保湿作用があるので、洗顔後にも肌に潤いが残ります。乾燥が気になる方におすすめです。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

第3位 無添加+スクワラン成分配合の石鹸

「無添加は分かるけど、スクワランって何?」

スクワランとは、動物や植物などから得られるスクワレンに水素添加をすることで得られる成分です。人間、サメ、オリーブオイル、紅花オイルなどにスクワレンが含まれています。

スクワランは無色透明です。保湿作用があり、乾燥肌に潤いを与えてくれます。人間の皮脂にも含まれる成分で安心できるので、肌が弱い乾燥肌の方にもおすすめです。

スクワランの働き

人間の体内では皮膚組織でスクワレンが作られています。皮膚組織で作られたスクワレンの一部が皮脂として分泌されます。皮脂は肌表面を覆い、雑菌の侵入を防ぐ役割をしています。

では、化粧品としてスクワランを使用するとどのような効果が期待できるのでしょうか。

スクワランには酸素を運ぶ役割があります。酸素が細胞の隅々に届くことで、肌代謝が活発になります。肌代謝が衰えると、古い角質が肌に蓄積をして、くすみやニキビの原因となります。肌トラブルが起こりやすい状態になるのです。肌代謝がよくなれば、これらの肌トラブル予防効果が期待できます。

スクワランは肌への浸透性が高く、肌に潤いを与えてくれます。他の化粧品と一緒に使用をすることで、成分がしっかり届くことが期待できます。

スクワランといえば、HABA(ハーバー)というメーカーのものが人気です!

肌にメイクや皮脂汚れが残っていると、毛穴をつまらせたり、汚れが酸化をしてダメージを与えます。そのため、洗顔をして汚れをきちんと落とすことが美肌を維持するために大切ですが、しっかり落とす洗顔料を使用すると、洗顔後に肌がつっぱることがありませんか。

肌の乾燥も肌トラブルの原因です。肌が乾燥してしまうとバリア機能が落ちて敏感になったり、キメが乱れてくすんでしまいます。きちんと落とすけれど、必要なものは残すことが洗顔のポイントです。

保湿成分をたっぷり配合、荒れた肌にも優しい洗顔石けんが、「ハーバー スクワフェイシャルソープ」です。保湿成分スクワランとローヤルゼリーを配合した、洗うほどに潤いに満足する洗顔石けんです。

「潤いを守るながら落とす!」

スクワフェイシャルソープには、保湿成分のスクワランとローヤルゼリーが配合されています。

スクワランとは、動物や植物から得られるスクワレンという物質に水素添加をして安定させた成分です。スクワレンは人の皮脂にも含まれています。スクワフェイシャルソープには、石けんの常識を覆すほどの配合量、なんと3%配合ものスクワランをしています。

ローヤルゼリーには、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど美肌をサポートする成分が含まれています。保湿作用もあります。

泡立ちはふんわり、きめ細かな泡ができることが特徴です。きめ細かな泡が毛穴の奥の汚れを浮かせ、すすぐと泡と一緒に汚れがオフ。潤いを与えながら汚れを落とします。乾燥肌におすすめです。

使い方

たっぷりの泡を作って洗顔をしましょう。泡立てネットを使用すると泡立てやすいです。泡立てネットに石けんをこすりつけ、少量の水を加えて空気を含ませるように泡立てます。泡を絞りとったら顔にのせて、泡を転がすように汚れを浮き上がらせます。すすぎ残しがないように丁寧にすすぎをします。

洗顔後には化粧水や乳液でケアをします。ハーバーのスクワランでケアをすることもおすすめです。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 石けんは肌がつっぱるイメージがありましたが、つっぱることなく洗いあがりは肌がしっとりとします。肌が柔らかい状態が維持されています。全身にも使っています。
  • 泡立てるのは手では難しかったので、泡立てネットを使っています。泡立ちがよく、泡がふわふわで気持ちがよいです。肌がつっぱらず、滑らかになります。
  • スクワランが配合されていてつっぱらないから安心して使えます。洗いあがりはさっぱりするけれどつっぱらず、肌が荒れることもありません。洗顔石けんを変えただけなのに、保湿効果を実感しました。

洗顔後の肌のつっぱりに悩む方におすすめの洗顔石けんが、ハーバーのスクワフェイシャルソープです。きめ細かな泡が汚れを浮かせ、すすぎをすると汚れが洗い流されます。スクワランは3%配合、ローヤルゼリーも配合しているので、洗顔後の肌には潤いが残っています。乾燥肌を優しく洗ってくれます。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

もっと聞いたことのあるメーカーだと「カウブランド」の石鹸にもスクワランオイルが入っています。

牛乳石鹸「カウブランド赤箱」には、お肌を保護する「ミルクバター」のほか、うるおいを保つ成分「スクワラン」が配合されています!

<<楽天 6個>>

 

<<Amazon 10個>>

第2位 母乳と同じ天然成分で作った無添加「VOCマイルドソープ」で透明肌に!

赤ちゃんのようなスベスベの肌に憧れたことがありませんか。しかし、年齢を重ねると肌トラブルが。毛穴の黒ずみ、ぶつぶつ、乾燥など悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

肌はターンオーバーを繰り返していて、ターンオーバーが整っていれば常に生まれたての肌のはずです。しかし、年齢を重ねるとともにターンオーバーが遅れがちに。すると、古い角質がたまって毛穴のトラブルやぶつぶつなどができてしまうのです。

さらに、20歳をピークに肌の水分量が減少をします。肌が乾燥すると毛穴の周りの皮膚が固くなったり、肌のバリア機能が落ちてしまい、肌内部に異物が侵入して敏感になったりすることもあります。

肌トラブルの予防に大切なことは洗顔です。洗顔が間違っていれば肌の力が低下をして、どんなに高価な化粧品を使用してもエステに通っても、その変化を実感するのは難しいかもしれません。

毎日行う洗顔だから、肌に優しいものを選ぶ必要があります。落とすことだけでなく守ることも追及した石けんが「VOCマイルドソープ」です。母乳と同じ天然成分で作られた石けんが、透明素肌へと導きます。

VOCとは

VOCとはヴァージンココナッツオイルのことです。添加物を使わずに常温でじっくりと抽出した希少なオイルです。一滴一滴にミネラルやビタミンが含まれています。

VOCの特徴はラウリン酸を47%も含んでいることです。ラウリン酸は母乳にも含まれる天然の成分で、他のオイルと比べても圧倒的な量です。

VOCに含まれるラウリン酸は皮脂と似た成分でもあります。毛穴の汚れは落としても、必要な潤いは残して洗ってくれます。

さらに、ヒアルロン酸も配合をしています。ヒアルロン酸は保湿力が高い成分で、洗顔後のつっぱりを防いでくれます。

そして、美容成分は約40%含有しています。一般的な石けんは、洗浄成分が99%で美容成分は1%ほどしか配合できません。VOCマイルドソープは、丁寧に枠練り製法をすることで、美容成分を最大40%配合することに成功しました。

VOCマイルドソープの使い方は、もこもこ濃密な泡ができることが特徴です。泡立てネットを使って、もこもこの泡を作ってください。3時間経っても濃密な泡が、毛穴の汚れを落としてくれます。

全身を洗うことにも使えます。

口コミ

その他の口コミには、

  • もちもちの泡が気持ちよいです。もっちりしている泡はすすぎにくそうでしたが、泡切れもよいです。洗顔後はつっぱりません。
  • 濃密な泡が汚れを吸着してくれている気がします。洗顔後は化粧水がぐんぐん浸透します。
  • 肌がピリピリしません。続けるほど調子がいいようです。リピしたいです。

等のような声がありました。

スキンケアのはじめに行うものが洗顔です。洗顔をきちんとしなければ、化粧品の浸透を妨げたり、残った汚れが原因で肌トラブルを引き起こすことがあります。
洗顔はきちんと汚れは落としても、潤いは残すことがポイントです。

VOCマイルドソープは、汚れは落としても潤いは守る石けんです。毛穴や乾燥に悩む方におすすめです。

公式ホームページからだと、泡立てネット付きで1,423円でお試しできます!

⇒公式ホームページ:口コミで人気爆発!発売から半年で販売個数30,000個突破の美肌洗顔石鹸


第1位 乾燥肌や敏感肌におすすめ無添加「ハーバルフレッシュソープ」

洗顔後はつっぱるから急いで化粧水をつける、優しい石けんを探している、毛穴の汚れやくすみが気になる、こんな方におすすめの石けんが、ルアンルアンの「ハーバルフレッシュソープ[ホワイト]オリジナル」です。

ハーバルフレッシュソープ=生石けんは、肌の力を活かす石けんです。肌が弱るような刺激を与えず、肌本来の力を弱めるような過保護なケアをやめる。よい石けんに巡り合えれば、普段のスキンケアはもっと楽になります。

天然由来成分にこだわったハーバルフレッシュソープは、毛穴の汚れを落として、乾燥肌やゆらぎ肌に潤いを与えます。

生石けんの4つの特徴

生石けんのハーバルフレッシュソープには4つの特徴があります。

①1つめは、美容成分を57%配合していることです。

ハーバルフレッシュソープは柔らかさがあるのですが、これは液体になる寸前まで美容成分を配合しているからです。一般的な固形石けんの70倍の高保湿です。

②2つめは、17種類のハーブです。

タイのランシット大学、東洋医学部長スラポート氏監修の配合でハーブを加えています。17種類のハーブが乾燥肌やゆらぎ肌に潤いを与えます。

③3つめは、2つのクレイと泡立ちです。

ハーバルフレッシュソープには、2種類の天然クレイ、ホワイトクレイとベントナイトを配合しています。ホワイトクレイの小さなすき間が汚れを吸着して、ベントナイトのマイナス電荷が汚れを磁石のように引き寄せて、毛穴よりも小さい0.1mmの泡が毛穴の汚れを落とします。

店頭で初めて泡に触れた方の9割以上が驚かれる、毛穴よりも小さい0.1mmのキメを持ちながら、生クリームのようにずっしり重い“もっちり泡”が、肌をやさしく包み込んでダメージを与えない弾力泡洗顔を実現します。

④4つめは、肌に優しい無添加です。

肌に刺激を与える成分を使用し続けていると、肌本来の力が弱くなってしまいます。ハーバルフレッシュソープは、合成界面活性剤、鉱物油、パラベン、合成着色剤、合成香料、シリコン、合成ポリマー、エタノールを使用していません。

そして、洗顔はただ汚れを落とすだけでなく、楽しいことも大切です。洗顔が楽しくなるように、ティーツリー油とライム油を加えています。フレッシュな香りが疲れを癒してくれることでしょう。

さらに洗浄成分には全て植物由来のものを使い、ph(ペーハー)値を敏感肌にも優しい9.5から10.5の弱アルカリ性に保っています。

使い方

ハーバルフレッシュソープはスティック状になっています。水で濡らした泡立てネットに洗顔料をこすりつけ、空気を含ませるように泡立てます。泡立てネットから泡を絞りとり、顔全体に乗せて優しく洗ってください。最後に十分にすすぎをします。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 簡単にモコモコの泡ができました。すごくもこもことした泡ができるので、初めて使ったときは鼻に泡が入って窒息しそうでした。たっぷりの泡が汚れをきれいに落としてくれます。
  • もっちりの泡が毛穴の汚れをすっきりとさせます。でも、洗顔後には潤いが残っています。

健やかな肌を保つためには、優しいケアが必要です。肌本来の力を呼び戻す、そんな考えから作られた石けんが、ハーバルフレッシュソープ[ホワイト]スティックです。無添加だから敏感肌に優しく、17種類のハーブが潤いを与えます。また、2種類のクレイを配合しているので、毛穴の汚れもすっきりとします。

⇒公式ホームページ:ハーバルフレッシュソープ

生せっけん

余談:きちんと保湿ケアをしているのに乾燥するのはなぜ?

毎日丁寧に保湿ケアをしているのに、すぐに肌が乾燥することがありませんか。日中は肌がガサガサ、かゆみが出るとい方もいるのではないでしょうか。特に冬場は乾燥をしやすいですよね。最近は、夏場でもクーラーを使って室内の空気が乾燥をするので、夏でも乾燥肌に悩んでいる方が少なくありません。

ちゃんとケアをしているのに肌が乾燥をするのには原因があります。原因を知って正しくケアをして、乾燥肌の改善を目指しましょう。

普段行っていることが乾燥肌を進行させている可能性があります。

★W洗顔をしていませんか。しっかり洗顔をすることは大切ですが、過剰に洗顔をすると肌の潤いが流されてしまいます。

★すすぐときのお湯の温度にも注意が必要です。熱いお湯ですすぎをすると肌がダメージを受けたり、肌の潤いを保持しているセラミドなどが流されてしまいます。

★パウダーファンデーションはナチュラルな仕上がりになる点がメリットです。しかし、使用量が多いと肌の油分を吸着して乾燥がひどくなります。

★エアコンや暖房を使用するときに、加湿器も使用していますか。加湿をしないと空気が乾燥をして、肌の潤いが奪われます。

★甘いものが好きな方も乾燥肌に注意が必要です。甘いものの食べすぎは体を冷やし、血行が悪くなることで肌代謝が低下をします。

これらに当てはまる方は、乾燥肌に注意が必要です。しかし、生活習慣やスキンケア方法を見直すことで、乾燥肌の改善が期待できます。

乾燥肌のスキンケア方法・生活習慣

メイクをしたらクレンジングできちんと落としましょう。しかし、洗い過ぎは乾燥肌の原因です。W洗顔不要のクレンジング剤で潤いを守って洗いましょう。すすぎには35℃程度のぬるま湯を使用してください。

洗顔後には化粧品でケアをします。乾燥肌は肌内部の水分が不足しているので、保湿系の化粧水で肌の奥に潤いを届けてあげます。その後にクリームや乳液の油分で潤いを閉じ込めます。

パウダーファンデーションを使用する場合は、使用量を控えめに。保湿成分配合のファンデーションなら、しっとりとした仕上がりになります。

エアコンや暖房を使用するときには、加湿器を使って空気の乾燥を防ぎましょう。

食事は3食バランスよく食べることが基本です。健康な皮膚や粘膜を作る働きがあるビタミンAや、ターンオーバーに必要なタンパク質などをしっかり摂ることがおすすめです。

化粧品で保湿をすることは大切ですが、化粧品が原因で乾燥が進行することがあります。化粧品には防腐剤などが配合されていて、肌にダメージを与えて乾燥が進行してしまうのです。しっかり保湿をしているのに乾燥するようなら、無添加の化粧品を試してみてください。

日常生活の中に乾燥肌の原因となるものがあふれています。普段何気なく行っていたこともあるのではないでしょうか。きちんとケアをしているのに乾燥するようなら、生活習慣やスキンケア方法を見直してみましょう。

人気NO.1のW洗顔不要のクレンジング

⇒参考記事:乾燥肌のクレンジングの選び方と一番おすすめのクレンジング剤

乾燥肌にピッタリの保湿系スキンケア

⇒参考記事:【乾燥肌や敏感肌に人気】おすすめのセラミド保湿クリームと化粧水

バランスの良い食事

⇒参考記事:【肌の免疫力を高め、バリア機能を回復】おすすめ食事,食べ物,栄養素

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2017年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2017年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック