【乾燥肌や敏感肌に人気】おすすめのセラミド保湿クリーム、化粧水、美容液

乾燥肌や敏感肌の女性におすすめしたいセラミド成分配合の保湿クリームと化粧水、そして使用方法を紹介します。

「乾燥肌と敏感肌は美白ケアの前に保湿ケアを!」

乾燥肌や敏感肌は、美白ケアをする前に保湿ケアをする必要があります。乾燥肌や敏感肌はメラニンが生成されやすい肌状態になっているので、それを改善するために保湿ケアが必要なのです。

肌が乾燥をする、美白ケアをしても変化を実感できない、こんな方はまずは保湿ケアをしてみましょう。

保湿が必要な理由

肌表面の角層には、紫外線、花粉、ホコリといった外部刺激から守ったり、肌内部の水分が蒸発することを防ぐ役割があります。これをバリア機能といいます。

バリア機能がしっかりと働いていれば、ちょっとの紫外線などの外部刺激で肌トラブルを起こすことがなく、肌内部の水分が保持されて潤いった肌がキープされます。

しかし、乾燥肌や敏感肌はバリア機能が低下をしているため、わずかな刺激にも敏感に反応をしてしまいます。外部の刺激によって炎症が引き起こされて、メラニンの生成が促進、ターンオーバーも滞っているため、メラニンが蓄積をしてシミやくすみになります。

常にメラニンが生成されやすい状態になっているので、美白ケアをしてもメラニンの生成に追いつくことができません。そのため、美白化粧品でケアをしても変化を実感しにくいのです。

「そのため、まずは保湿を大切にしましょう!」

保湿をすることでバリア機能が回復をして、ちょっとの外部刺激には負けない肌に近づきます。外部刺激に強くなればメラニンの過剰な生成が治まり、美白化粧品の働きを実感しやすくなります。

保湿方法

ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、NMFなどの保湿成分がありますが、乾燥肌や敏感肌におすすめの保湿成分は「セラミド」です。

肌の水分保持力を担う細胞間脂質の50%ほどを構成する成分がセラミドです。肌のバリア機能の回復を助ける作用もあります。

赤ちゃんの肌にはセラミドがたっぷりと含まれているので、肌には潤いがあってぷるんとしています。ところが、20代をピークに年齢とともにセラミドが減少をします。乾燥肌や敏感肌はセラミドが不足をしています。足りない成分は補ってあげましょう。

セラミドにはいくつか種類があります。疑似セラミド、動物セラミド、植物セラミド、ヒト型セラミドなどがありますが、おすすめはヒト型セラミドです。高い浸透力と低刺激性がある成分です。

セラミドは水に溶けにくい成分なので化粧水には配合しにくく、クリームや乳液など油分が多い化粧品に配合されています。化粧水に配合されている場合は、界面活性剤を多量に使用している可能性があります。界面活性剤は肌に刺激を与えるので、このような製品は避けましょう。

化粧品をつけるときにはこすらないように気をつけてください。こすると肌のバリア機能が低下をします。

乾燥肌や敏感肌は美白化粧品でケアをする前に保湿ケアをしましょう。保湿ケアをすることでバリア機能が回復をして、炎症を起こしにくい健やかな肌に近づきます。バリア機能が回復をすることで、美白化粧品での変化を実感しやすくなることでしょう。

セラミド化粧品の選び方

乾燥肌で悩んでいる女性は多く、カサつきが酷いからと保湿のために化粧水をたっぷりつけたり、洗顔料をしっとりタイプにしたり、蓋をするために油分をたっぷり使うなど対策はしているものの、乾燥肌が改善されずに困っているという場合が良くあります。

実はこれらの保湿方法は間違っており、反対に乾燥を悪化させてしまうこともあるのです。

そこで、「乾燥した肌を、本当に保湿して、正常な状態にするにはどうすれば良いか?」をご説明したいと思います。

肌がカサカサしているとほとんどの方が水分不足だと思い、とにかく多くの化粧水をつけることで補おうとします。しかし、いくら水分だけを肌に与えてもすぐに蒸発してしまい、かえって乾燥を早めることになってしまうのです。

そして化粧水の後の油分の大した保湿にはならず、酷い乾燥肌の悩みには余り効果がありません。

肌を本当に潤わせるには、肌に存在する保湿物質が十分あって働いている必要があります。

保湿物質は3種類ありますが、多くを占めるのがセラミドなのです。つまり、このセラミドを肌に含ませることで水分を保てるプルプルとした肌を作ることができます。

セラミドはもともと肌に存在する保湿物質ではありますが、年齢と共に確実に減少していきます。セラミドは新陳代謝の中で作られていくものなので代謝が下がる年齢は必然的にセラミドも少なくなるのです。

しかも、セラミドを食べたり飲んだりしても肌のセラミド量は変わりませんから、セラミド入り化粧水を使うことで効率よく補うことができます。

セラミドには沢山の種類が出回っていますが、あまりに安価なセラミド配合化粧水にはセラミドがほとんど含まれていませんので、少し高価かな?と感じるくらいのものを基準に選ぶと間違いありません。

セラミド入りの化粧水を毎日使うことで、肌の水分量を増やすことができます。

それは、肌にある水分をキャッチして挟み込み、キープするという働きがあるからです。水分を保つ力は非常に強いので、乾燥肌を何とか改善した場合はセラミド入りの化粧水を使うことが大切といえます。

私は以前まで、水分さえしっかり補えばいつか肌は潤うと思っていたので、肌が乾燥してきたな…と感じた時は化粧水をいつもより多めにつけたりしていました。化粧水をつけるとしっとりするので、この状態をキープするために乳液で蓋をしていたのですがしっとりした状態は長続きせず、結局乾燥で悩んでいました。

ところが、化粧水と美容液をセラミド入りのものに変えた時から潤っている時間が長くなり、極端に乾燥するということが無くなったのです。特に、セラミド入りの化粧水とセラミド入り美容液のダブル使いは非常に効果的でした!

いくら上質な水分を肌に含ませても、それを保持する力がなければ乾燥してしまいます。本当に肌を潤わせたい場合は、水分をしっかりつかんで離さないセラミドを肌に与える必要があるのです。セラミド入り化粧水や美容液は、水分の保持力を上げながら保湿もできるので乾燥肌に効果的といえます。

乾燥肌や敏感肌に人気!おすすめのセラミド保湿クリームと化粧水 3選

セラミドは、私たち人間の皮膚の表皮の角質層の中に存在しています。

角質層の中には、角質細胞間脂質と呼ばれるものが隙間なく埋めるように存在し、水分を抱え込むことで蒸発を防いでいるのです。この水分を抱え込む力こそが、先ほどご紹介したセラミドなのです。

セラミドは水分を蓄えて肌を保湿するとだけではなく、肌を外敵から守るバリア効果を高めてくれます。

乾燥した状態の肌にセラミドを補充してあげることで、肌自体が本来のようにセラミドに満ちた状態になり、肌に潤いが保たれるようになるのです。

セラミドを効果を一番実感できる方法

最近、特にセラミドの保湿力が注目され、色々なメーカーからセラミドが配合された化粧品が販売されるようになってきました。これから保湿のために化粧品を選ばれるのならば、是非セラミドが配合されている化粧品を選ぶようにして下さいね。そして、毎日のケアに取り入れるようにして下さい。

また、セラミドは体の内側からも取り入れることができます。

セラミドは、食品でいうと、こんにゃくやひじきやワカメなどに多く含まれています。しかし、肌への効果を実感するためには途方も無い量を食べなくてはいけません。

そこで、有効なのがサプリメントです。体の外からだけではなく、体内からも補充することで、より肌の保湿効果を高めることができるのです。ですが、サプリメントは長期間続けて効果を実感できます。すぐにでもお肌の変化を感じたい方は、化粧水やクリームがおすすめです。

セラミド化粧品を選ぶ際は、必ず「ヒト型セラミド」!

セラミドには、色々な種類があります。

  • ヒト型セラミド
  • 擬似セラミド
  • 植物セラミド
  • 天然セラミド

などです。

よりセラミドから保湿効果を得たいならば、必ず『ヒト型セラミド』と表記されているものを選ぶようにして下さいね。

上の図のようにヒト型セラミドは他のセラミドより保湿性能に優れており、それにより肌のバリア機能も格段に違ってきます。

また、セラミドの含有量や、分子の細かさなどでも身体への効果は変わってきます。もちろん、セラミドがたくさん含まれており、分子は細かいほど身体に吸収されやすいです。各メーカーからたくさんのセラミド化粧品やサプリメントが販売されているので、ぜひお気に入りの商品を見つけて下さいね。

このように、セラミドは体の外側からも内側からも取り入れることができ、身体の保湿に役立ってくれます。セラミドの効果は研究で実証されており、今、最も注目されている保湿成分のひとつです。乾燥は肌に様々なトラブルを引き起こすため、肌にとって一番良くありません。

是非、セラミドを身体の外側からも内側からからも取り入れ、しっとりとしたお肌を目指して下さいね。

続いて、効果をすぐに実感しやすい「ヒト型セラミド」の化粧品を2つ紹介します。

①ヒフミドのエッセンスローション

ヒフミド エッシェンスローションもおすすめです!この化粧品はしっかりと保湿、潤いを保ってくれるので弾力とハリのあるお肌へ導いてくれます。また、サエル ホワイトニングローション クリアも乾燥肌の人にオススメです。「肌に優しく美肌を実感したい」という敏感肌女性のために作られた薬用美白化粧水です。セラミドという乾燥を改善する成分が配合されているのでお肌を潤しながらさらにシミの原因であるメラニンの生成を抑えます。そして、アルコール、香料、紫外線吸収剤が無添加なので敏感肌の人も安心して使えます。

<<プチプラコスメの入っているセラミドとは違う!保湿力3倍!>>

ヒフミドのエッセンローションには「ヒト型セラミド」という人間の肌に存在しているセラミドと同じ構造をしたものしか使っていません。そのため、肌の潤いを長時間キープしてくれます。肌の水分を逃さず、長時間キャッチするのです!

口コミ

敏感肌、乾燥肌、オイリー肌の私が使ってみた感想を紹介します。27歳になった頃から、

  • 肌の回復力が弱くなってきて、ガサガサ肌に衰えてきたこと、
  • インナードライがむごくなってきたこと

が悩みで、ずっと自分に合うスキンケアはないか探していました。

ネット上で、ヒフミドのスキンケアが良いと紹介されていたので試してみることに。

これまでセラミド系の化粧品はキュレルや、その他ブランドのものをいくつか試してきましたが、肌が覆われて呼吸できないようなベタつき感が苦手で止めていました。吹き出物ができたこともありました。けれど口コミも良いし安いし、製薬会社のセラミドなら大丈夫かなと、ヒフミドのトライアルセットを使ってみたら・・・本当に良かった!

私は敏感肌なので、添加物やベタツキのある化粧品を使うと吹出物が出てしまうのですが、ヒフミドの化粧品は大丈夫でした。全く刺激がなくて、安心して使えています。

テクスチャーは少しとろみがあり、2回に分けてプレスしながら付けていく肌の内側にしっかり浸透し、しっかり潤います。

1度の使用量は3滴 (10円玉サイズ) で十分です。伸びが良く、少量で潤うところが経済的です♪夜つけると、翌朝のテカリが激減しており、その分インナードライが解消されていると実感しています。香りは無く、薬品のツンとする臭いも全く感じません。

肌の内側はローションが潤いを保ち、外側のクリームがハリのあるもっちりな肌にしてくれます。その後使い続けても、肌荒れのない綺麗な肌になり、セラミドによる保湿ケアの効果を感じています。

ニキビや不安定肌の女性におすすめしたいスキンケアです!

その他の口コミ

980円のトライアルセットのバッグが可愛い♪

以下の公式ホームページからネット注文すると、以下の5つの化粧品が可愛いバッグに入ってやってきます♪

【小林製薬】ヒフミドトライアルセット


②ライスパワーの保湿力に驚く「米肌」

「あの高級化粧品コーセー”米肌”を安くお試しできます!」

%e7%b1%b3%e8%82%8c%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

セラミドは年齢を重ねるとともに減少をします。そしてそれに伴いバリア機能も低下してしまいます。

肌のバリア機能には、紫外線や花粉などの外部刺激から肌内部を守ったり、肌の内側の水分蒸発を防ぐ働きがあります。バリア機能が整っていれば、外部刺激に強く潤いの保たれた肌になります。ところが、バリア機能が低下をすることで、外部刺激に敏感になったり、肌内部の水分が蒸発をして乾燥が進行をします。

だからこそ、自ら潤いを作り出す力が必要になります。

肌の水分の保持能力を高める目的で作られたのが米肌です。

毛穴が目立つ原因は、年齢による、

“潤い不足(乾燥)が原因です”

肌の潤い不足が進行する一番の原因は、歳を重ねるとともに”セラミド”が減少するためです。

*セラミドとは、各層の細胞と細胞とのあいだでスポンジのように水分を抱え込む「超保湿成分」です↓↓

セラミド

だ・か・ら・こ・そ、

“セラミド”をつくりだし、”水分保湿能”を改善する必要があるのです!

コーセーの米肌は名前のとおり、ライスパワーNo11を配合したスキンケアです。

ライスパワーNo11がセラミドを作り出し、肌のバリア機能を向上させることで、肌の水分保持能力を飛躍的に向上させることができるのです!

原料は私たちが食べている米100%。米を蒸した後、何日もかけて独自の方法でエキスを抽出。このエキスに酵母や乳酸菌などを加えて長期間発酵、熟成して有効成分ライスパワー®No.11が生まれます。発酵から熟成にかかる期間は約90日間。数十種類のアミノ酸や豊富なペプチド・糖類をバランスよく含有しており、同じものを人工的に合成してつくることはまず不可能です。ライスパワーエキスは、異なる機能のものが幾種類もありますが、『水分保持能の改善』が認可されたのはNo.11だけです。

このように「米肌」は自ら潤う力をサポートする化粧品です。セラミドを作り出すライスパワーNO11を配合しています。

米肌で潤いやハリのある肌を目指しませんか。

米肌の3つの秘密

米肌には3つの秘密があります。

①1つめは、自ら潤う力を作ることです。

ライスパワーNO11は、肌のセラミドを生産し、水分保持機能を高める成分です。他にも天然保湿因子を補うビフィズス菌発酵エキス、肌を包み込んで潤いをキープする大豆発酵エキスも配合しています。

②2つめは、肌内部や空気中の水分を取り込むことです。

美容成分の乳酸Naとグルコシルトレハロースは、肌内部や空気中の水分を取り込んで、保湿力をサポート、紫外線のダメージから肌を守ります。

③3つめは、低刺激なことです。

セラミドが不足してバリア機能が落ちている肌は、わずかな刺激にも敏感になっています。米肌は低刺激だから安心です。香料、着色料、石油系界面活性剤、鉱物油は不使用、弱酸性、アレルギーテスト済みです。

自ら潤い力を高めて、毛穴、乾燥、くすみ、ハリ不足に悩まない肌へと導きます。

使い方

石けん、ローション、エッセンス、クリームでケアをすることがおすすめです。石けんで洗浄、ローションで潤い補給、エッセンスで改善、クリームで潤いを蓄えましょう。

石けんは泡立てネットを使ってよく泡立てます。ふんわりした泡で肌を包み込むように洗ってください。ローションを手に取り、両手に広げて、手を顔に押し当ててなじませます。

エッセンスも同じように肌になじませてください。最後にクリームを使用して潤いを閉じ込めます。両頬、鼻、顎、額の5か所にクリームをのせて、指の腹を使って顔全体に広げます。

米肌のライスパワーって本当にすごいの?他社と比較してみました

ライスパワーの効力で肌の保湿力を向上させる人気のスキンケアが3つあります。

  1. 米肌(まいはだ)
  2. 肌極(はだきわ)
  3. ライスフォース

どれも安く試せるキャンペーンをやっていたので、試してみました。

まず、3つとも化粧水自体の質感は、最高です!テクスチャーは柔らかく、とろみがあります。お肌にのせると、伸びがいいです。

そして、気になるのは、伸ばした後の「浸透感」。

米肌とライスフォースは、すぐに馴染み、お肌への奥へずんずん浸透していき、浸透力が抜群です!本当に肌の奥まで潤いが届いているのを実感できます。

一方、肌極は伸ばした後、少しベタつきがあります。なのに肌の内側までは保湿されていない感じがしました。私の肌では浸透力がイマイチな印象でした。

化粧液だからこれで化粧水+乳液が完了!ってタイプなんだけど、これではかなり物足りないし、任せられないかな。

伸ばして数時間経っても、やはりしっとり感、ハリ感、弾力が不満足でした。個人的に、人工的な花の香りと、アルコール感が少し感じられ、敏感肌には向かないかなとも感じました。

コーセーの米肌は、私が想像していた「アルコール感が強く、また香りが強そう=普通肌の人向けスキンケア」とは全然違って、とても優しく肌にすーっと浸透していき、季節変わりで乾燥気味になりやすい時期でも、しっかり馴染み、潤いが持続します。しっとり感、ハリ感、弾力感もすぐに実感でき、コスパ的にも優れた逸品です!

ライスフォースは、付け心地が濃厚で濃密という印象。その後の肌の感じは「まぁまぁ合う」。良いけどそこまで…という感じでした。

<<結論>>

同じお米系スキンケアで「ライスパワーNo11」を主としたブランドでも、その配合量や他の成分、処方のこだわり(無香料・無着色)によって、その使用感や効果は全然違いました!お値段が手頃なのは、肌極。濃厚で濃密感があり「付けてる」と実感できるのはライスフォース!処方や効果、保湿感の高さを求めるなら、米肌が断然おすすめです!

その他の口コミ

<<@コスメの口コミ>>
<<Twitterの口コミ>>

他サイトの口コミやブログをチェックしたところ、

まず、”高い!”という声を発見。

通常米肌の化粧水は1本120mlで、

5000円。

「え!∑(゚□゚;)」

「私が使っているのとほぼ変わらない」

これ以下の価格の化粧水を使っている方は、この機会に少し高めの化粧水を使ってみることをおすすめします!良いですよ♪

次に、”やや重い”という声も発見。

A子「美容液に近い質感でなかなか肌に浸透しません。あとはどうしても重く感じてしまうのでちょっと苦手な化粧水でした。そこそこ高価だったので期待値からするとガッカリでした」

しかしB子さんみたいな方もいますね!

B子「やや重めかな、と思ったけど馴染んだ後は気になりません。むしろ肌がふっくらしてきて厚みが増すような感覚。しっかり肌に入ってるのがわかる化粧水です」

私「浸透しやすい人とそうではない人と別れるみたいです。そのため初めての方はトライアルセットで確かめてみた方が良いですね!」

とにかくトライアルセットは非常にお得なので、是非試してみてださい↓

%e7%b1%b3%e8%82%8c%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

『5点セットで14日間試せます!』

「化粧水だけじゃないんですね!石鹸、クリーム、パックも付いて、1,389円(税抜き)!?」

「化粧水は30mlと少ないですが、この価格なら良しです」

「送料無料もありがたい!」

⇒公式ホームぺージ:米肌で理想的な素肌を

③エトヴォスのモイスチャライジングセラム

セラミドは多くの化粧品に配合されている成分なので、一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

セラミドは、私たちのお肌でも作られている成分です。お肌の角質層の水分を逃さないように働いてくれる成分なので、保湿系の商品に配合されることも多い成分のひとつです。

ただ、生活習慣の乱れやストレス、加齢などによって、お肌で作られるセラミドの量は減ってしまいます。そうするとお肌は水分を保持することができなくなり、カサカサと乾燥や毛羽立ちなどが目立つようになってしまいます。

お肌の乾燥と言うと冬のイメージがありますが、紫外線やエアコンなどで年間を通して、お肌は乾燥しやすい環境にさらされています。カサつきが気になる、メイクのノリが悪い、グレーっぽく黒ずんだくすみが出やすい、などが当てはまる方はセラミド不足の乾燥が原因かもしれません。

自分の肌で十分なセラミドを作り出すことができていないのなら、足りない分を化粧品で補ってあげると乾燥肌が改善しやすくなります。

お肌の乾燥は、肌の老化や敏感肌の原因にもなるので、セラミドでお肌の潤いをキープすることでエイジングケアや刺激に負けない健康なお肌作りをサポートすることができます。

では、どんな化粧品を使えば良いのでしょうか?

化粧品に配合されているセラミドは、原料によっていくつかの種類に分けられます。

原料の違いによって各々にメリット・デメリットがあって、商品の効果や金額にも差が出てきます。

化粧品の原料としてのセラミドは大別すると4種類あります。

①1つ目は、天然セラミドです。

動物由来のセラミドで、馬が使われていることが多いです。肌に浸透しやすく保湿力にとても優れていますが、価格が高いのがデメリットです。

②2つ目は、ヒト型セラミドです。

バイオセラミドとも呼ばれ、人のお肌にあるセラミドに真似て酵母から作られたセラミドです。人のお肌にあるセラミドと、ほぼ同じ構造になっているので、肌に優しく天然セラミドに負けない保湿力があります。天然セラミドに比べると価格は安いものの、配合量が多くなれば価格も高くなります。

③3つ目は、植物性セラミドです。

米やトウモロコシ、こんにゃくなど植物由来のセラミドです。天然セラミドやヒト型セラミドと比べると浸透力や保湿力は劣りますが、肌に優しく商品価格が手頃なものが多いのがメリットです。

④4つ目は、合成セラミドです。

擬似セラミドとも呼ばれ、石油原料をセラミドの構造に似せて化学合成された成分です。

構造上は似ていますが、やはり本来のセラミドとは別物なので、天然セラミドやヒト型セラミドと比べると保湿力は劣ります。

大量生産ができるので商品価格が非常に安価なのがメリットです。

4つの中で1番オススメなのは、ヒト型セラミドです。効果を実感できて続けられる価格を考えると、ヒト型セラミドが一番コストパフォーマンスに優れていると思います。

ヒト型セラミドの成分表示は、「セラミド1」「セラミド6」などとなっています。

実は人の肌には11種類のセラミドがあり、それぞれ働きが違います。「セラミド」のあとに付いている数字が、どの種類のセラミドなのかを表しています。保湿目的で選ぶなら、この数字が1・2・3・6のどれか、もしくは全部が配合されたものがオススメです。

ヒト型セラミド配合の商品で人気なのが、ETVOSのモイスチャライジングセラムです。

ヒト型セラミド1・2・3・5・6の5種類がバランス良く高濃度で配合されていて、50mlで4000円(税抜)という価格はかなり良心的だと思います。

トロミのある乳白色で、乳液のような美容液でラベンダーの香りがします。伸びが良いので少量で顔全体に行きわたります。保湿力も凄いです。

私は、化粧水→モイスチャライジングセラム→クリームで使っていますが、朝のメイク前や夏場はクリームを塗らなくても乾燥や物足りなさを感じる事はありません。

配合されているセラミドの種類、含有量、コスパ、どれをとっても優秀な商品だと思います。

口コミ

口コミの評価が高いのも頷けます。

セラミドと言っても数多くの商品が販売されています。

まずは1つ取り入れてみたい方には、美容液かクリームがオススメです。セラミドの特性から高配合できるのが、美容液やクリームだからです。セラミドの効果や原料の特徴を知ることで、きっと自分に合ったセラミド商品を選ぶことができると思いますよ。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2017年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2017年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック