【体型に自信がない女性必見!】着痩せコーデで痩せて見える

2018秋冬トレンドアイテム

体型に自信がない女性たちへ

30代を超えると体型が崩れてきてしまいます。若い頃はどんなファッションでも余裕で着こなしていたけど、最近そうもいかなくなったと悩んでいる女性も多いはず。そして自信がなくなり、どんな服装をすれば良いのかさえ分からなくなり、最終的には、ファッション自体に興味がなくなってしまう場合があります。

しかし、30代を超えてもまだまだ綺麗でいたいと思うのは全ての女性たちの気持ち!

そこで、ここでは体型に自信がない女性でも、スタイルよく、綺麗に見える方法をご紹介します。

スタイルがよく見えれば自信もつく!

女性 着痩せコーデ

もちろんダイエットして痩せれば悩みは解消しますが、ダイエットはそう簡単に出来るものではありません。

30代を超えると代謝が落ち、痩せにくい体へと衰退していきます。また、仕事や育児に忙しい時期で、ダイエットや運動に時間をとるのが難しいという女性もいますね。

そのため、ファッションテクニックで少しでもスタイルを良く見せる方法を知っておくべきなのです。

スタイルが良く見える服を着て「スタイルが良いね」と褒められれば自信もつきますし、”もっと頑張ろう”という気持ちにもなります。ちょっとした工夫でスタイルが良く見えるのであきらめないでください。

スタイルがよく見えるレディースファッションコーデの色(カラー)

女性は多くが自分の体型を気にしているはずですが、夏は身体の多くが露出する季節で、その体型の悩みがより顕著になると言えます。

そんな季節にスタイルをいかによく見せるか?というのは、多くの女性の最重要課題であり、誰もが考えたい部分になります。

夏のレディースファッションを考えるうえで、重要となるポイントについて知っておくと良いでしょう

スタイルがよく見えるアイテムを選び、適切なアイテムを選ぶと、視覚効果を生むので、自分のスタイルに関して他人に与える影響が変わります。

露出部分が多い季節で、そこが気になっている人も安心して夏のコーディネートを考えることができます。

夏のレディースファッションにおいてスタイルをよく見せるには、色のポイントをマスターしておきましょう。

基本的には寒色系と言われる色のものを選び、それを着ていくことが大切になります。

寒色系の洋服を着ると、身体を引き締めて見せる効果があるので、全体的にスタイルを良く感じさせられるのです。

具体的に言えば、青色の洋服はこの季節は特におすすめと言えるので知っておきましょう。夏は青は確実にマッチする色ですし、青の洋服が嫌いな人はかなり少ないはずなので、Tシャツやワンピースなどを選ぶときには特におすすめの色に該当します。

実はこういった色の洋服を着た人を見た場合には遠近感の錯覚が起き、それによって実際よりもその寒色系の洋服を着た人が遠くにいるような錯覚になるとされているのです。

遠くにいると感じれば、対象となる人がより小さく見えるので、スタイルも細く見えやすいという状況を生むことになります。

これは着用した人ではなく、その人を見たケースによる口コミですが、こういう証言があるならば効果が大きいと言えるのです。

自分にスタイルをよく見せたい、少しでも細く見えてほしいと思う人は多くいますが、そういった人が実際にそのように見せるためには適切なアイテム選びが特に大切なのです。

気になる部分に寒色系のアイテムを選んで、それをもとに全身のコーディネートを考えていくと、悩みを気にすることなく、夏のファッションを楽しめて外出もできると言えるはずです。

スタイルが良く見える方法とは?5つのポイント

ファッションでは誰しもが自分の体型がとても気になるはずです。

そして、多くの女性は少しでも自分の体型が細く、痩せて見えるような見た目でいたいと望んでいるでしょうし、そういったコーディネートをしたいと考えているのです。

そういった女性の願望を叶えられるようなファッションはどういったアイテムを使ったコーディネートで実現できるのでしょうか?

日ごろのファッションにおいて、少しでも細く、痩せて見えるような服装をしたいと考えている人にとって、知っておくべき情報を紹介していきます。

体型に自信がないという人が、自分が痩せて見えるようなコーディネートを実践していくことができれば、間違いなく自信がつきます。そして、自信がつけば人前に多く出たくなりますし、ファッションそれ自体が楽しくなってくるということもあるでしょう。

自分がさらに魅力的に見えるように、別のポイントからもファッションの研究などを自らやりたくなってくるということもありえます。

どんどん自分自身がいい意味でファッションにのめり込んでいくということがあるのです。

①足が太い、下半身をカバーしたいと悩んでいる女性

まず、足が太いと悩んでいる女性は、視線を上に集めることが重要です。

1.帽子やスカーフ、大きめのネックレス、フードがあるアウターやトップスにアクセントがあるもの等で視線が上に行くように工夫してみましょう。

2.そして、首、手首、足首は思い切って出す方がスリムに見えます。コンプレックスがあるとついつい隠してしまいがちですが、しっかりと出しましょう。今年流行りのボリュームあるスリーブのトップスや、裾に向かって細くなるテーパードパンツがおすすめです!

着痩せ コーデ

コーデ全体のシルエットが▽になるように意識するのも大切です。

ワイドパンツ とスカンツ!

ワンドパンツ

着やせとファッション言えば、ダボっとしたトップスやボトムで隠してしまう方がいらっしゃいますが、かえってぼてっとしていて野暮ったく感じてしまいます。

トップスは思い切って、ボトムにインしちゃいましょう。

着やせファッションの救世主はワイドパンツです。

ウエストのリボンベルトがあったり、タックが入ったものはお腹ポッコリのカバーに絶大な効果を発揮しますので、超おススメのファッションです。とにかく、ウエストマークは着やせファッションの基本です!

それを踏まえてトップスとボトムスの色を分けたファッションが、メリハリがついていいですよ。

またストライプやチェック柄など、視角が柄に注目するようなアイテムも上下でハッキリしていて、着痩せファッションに効果的です。

トップスをオフショルダーにするなど、デコルテの大きく開いたファッションも着痩せファッションの一つと言えます。トップスの胸元や袖などにフリルのついたファッションは、視角がフリルに注目されますので、着痩せファッションですし、二の腕カバーにもなります。

大きく開いたデコルテには、大ぶりなネックレスが視角を集めるので、着痩せファッションですよ。

スカンツ

「下半身が太めだから脚を出すファッションは無理」「脚を出さなくても涼しげに見えるファッションを楽しみたい!」そう思っている方は意外と多いのではないでしょうか?

脚を含む下半身は上半身に比べると太りやすく、むくみやすいという特徴があります。そのため悩んでいる方も少なくなく、ゆったりとしたジーンズなどで脚全体を覆うスタイルばかり選びがちです。

でもそんなスタイルは夏向きではなく、むしろ野暮ったく見えてしまうので、下半身太りが気になる方でもすっきりと見えるファッションアイテムをご紹介します!

脚を見せず、下半身太りを目立たせないファッションとしておすすめなのが「スカンツ」です。

スカンツはスカートとパンツを組み合わせたアイテムで、見た目は普通のスカートのようでいて、中ではパンツのように両足が分かれているので、スカートと比べてスカスカしづらく、しっかりと脚が覆われている安心感があるのが特徴です。また、少し足首が見えるくらいの丈のスカンツを選ぶと、気になる脚や下半身をカバーすることが出来ますし、全体的に足長効果が期待出来ます。ポリエステルやレーヨンといったふんわり素材のスカンツを選べば、風になびいて涼しげに見えるのでおすすめです。

実際に私自身も下半身全体が太いという悩みを持っていて、脚を覆うジーンズなどのパンツスタイルでいることが多くありました。しかしパンツスタイルは逆に太い下半身を強調しやすく、むしろロング丈のスカートなどの方が下半身をカバーしてくれるのだということがわかったのです。

でも、ロング丈とはいえスカートは抵抗がある・・・と思っていた時に試着したスカンツがとても着心地が良く、脚や下半身のカバーに加えてパンツスタイルの時のような安心感もあり、脚のラインが出やすいパンツの時とは違って、腰から足先までストンとまっすぐになったラインによって足長効果も実感出来ました。

風になびいて涼しげな見た目と同じように、履いていて通気性も良いスカンツは、下半身太りが気になりつつも夏のファッションを楽しみたいという方にぴったりのアイテムです。私のようにパンツスタイルで下半身を隠してばかりという方には特に、思い切ってスカンツを取り入れて、ぜひ自信を持って夏のファッションを楽しんで欲しいです!

スカンツのことを、スカーチョ・ワイドパンツ・ガチョウパンツと呼んでいるメーカーもあります。

今年流行りのレトロな雰囲気のチェック柄スカート風ワイドパンツです。独特な表情がおしゃれな紡毛ツイード風のポリエステル混素材を使用しており、チクチクしにくく、軽い素材感です。スカートの前面にアシンメトリーなタックを入れ、後ろにもタックを入れ、ラップ風デザインに仕上げました。

ツイード調・スカートライクパンツ

関連記事:【ストールとスカーフの巻き方、結び方】ピッタリです!

その他のアイテムも組み合わせる

また着痩せファッションの必須アイテムに、厚底サンダルがあります。

4センチ残後のあまり高すぎないもので、全体的に同じ高さですと歩きやすくて疲れないのでおススメですし、スタイル全体が縦にすっきりして見えますので、かなりの着やせファッションとなります。

髪の毛は暑いので、思い切ってアップにして、あえてお顔を出してすっきり見せましょう。

そんな時はあえて大きめなイヤリングなんかが視角を分散してくれますので、かなりいい仕事してくれます。

またウエストマークしているなら、ワイドパンツも救世主ですが、あえてキュロットスカートなどで足を出して、編み上げ厚底サンダルで決めてみても意外にすっきりと着痩せして見えますよ。

ワンピースも着痩せファッションには貢献してくれる一つですね。ズドーンとしたチュニックタイプではなくて、着痩せの基本はあくまでもウエストマークです。

柄入りでも無地でも、ウエストマークしたワンピースは、縦のラインを強調してくれなすし、全体的に一体感をもたらしてくれますので、本当に綺麗に見せてくれる着痩せファッションです。

厚族サンダルをプラスすれば、なお一層、縦のラインを強調してくれますので是非、お試しください。

そして真夏の必須アイテムのファッションアイテムと言えば、カゴバッグですよね。視角を注目させてくれるので、大きめな夏らしいカゴバッグがマストアイテムです。

髪型、イヤリング、ネックレス、カゴバッグ、厚底サンダルなど洋服の着やせファッションを助けてくれるアイテムが沢山ありますので、探してみるのも楽しいですよね。

ネックレスは夏っぽく、ビビットなカラーがデコルテを綺麗に演出してくれるファッションと言えます。

着痩せファッションの基本は何度も言いますが、「すっきりと!」です。ワイドパンツもリボンベルトがいい仕事をしてくれていて、大流行ですがデニムパンツから、とろみ素材のポリエステルや、チノパンツ系など、色々とありますので、着痩せファッションを探しに行きましょう。

②顔周りが太いと気になっている女性

トータルネックよりデコルテラインが見えるVネックやボートネックの方が、首周りや顔周りがスッキリと見えるのでオススメです。

ファッション性だけでなく、快適な着心地も追及したニットです。配色がおしゃれなポイントです!さらに伸縮性があるニットで動きやすく、動いても下着が気にならず、洗濯機で洗える機能性を兼ね備えています。

ビューティニット・Vネックセーター

ドレープ感のあるAラインシルエットで体型を気にすることなく、可愛い着こなしを叶えるブラウスです。首の後ろを少し立ち上げた、洗練されたシルエットで大人らしさもあります。紫外線を90%以上カットします。

UVスラブ・タック入りVネック

フロントのタイとシャープなVネックがおしゃれで上品な印象を与えるニットです。裾はリブでできているため、ボトムスにインしなくてもハイウエストでメリハリを付けることができます。また繊細なラメに入りで、女性らしい華やかさをもたらします。

ボウタイニット

くびれ美人になれる!胸元をクロスさせたカシュクールデザインが個性的なニットです。染色性や耐久性に優れた生地を使用しているので、自宅で洗濯できるのも嬉しいポイントです。

カシュクールニット

③腕が太いと悩んでいる女性

薄着をする季節になると二の腕が気になりませんか。半袖やノースリーブなど腕を出したファッションに挑戦したい、でも二の腕が気になって着られない、こんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

そんな方でも二の腕が細く見えるようなファッションをすることで、すっきりとしたシルエットになるおしゃれを楽しむことができます。

二の腕が気になるとダブダブでカバーするような服ばかりになってしまうと思います。周りはみんな薄着をしておしゃれを楽しんでいるのに、自分だけカバーするような服だと寂しいですよね。着たい服を着られないのも面白くないと思います。

かといってダイエットをするのも大変です。二の腕だけ細くならないと悩んでいる方は少なくありません。

けれども、着こなしに気をつけるだけで二の腕が気になっていた方も薄着に挑戦できます。すっきりとしたシルエットに見せることができれば、おしゃれを楽しむことができるし、自分に自信を持てるようになることでしょう。

今季はボリューム袖ののデザインが流行っていて、このようなデザインが二の腕を太く見えないようカバーしてくれます。

色について

本来よりも大きく見せてしまう色のことを「膨張色」といいます。この色を身につけると、より二の腕を太く見せてしまいます。膨張色は赤、オレンジ、黄色など暖色系で明るめの色です。逆に青や緑などの寒色系は実際よりも小さく見せてくれます。

カバーしたいからとダブダブした服を着ることは避けましょう。ダブダブしているものだと引き締まった印象にはならず、野暮ったくもなります。

半袖の形にもいろいろとあります。太く見せてしまうのは、ノースリーブ、ピッタリしている袖、タンクトップ、パフスリーブなどです。女性らしくかわいいパフスリーブですが、必要以上に二の腕を太く見せてしまいます。こういったものは避けましょう。

おすすめはドルマンスリーブやフリル袖です。ピッタリとした袖は腕を強調してしまいますが、ドルマンスリーブやフリル袖は上手に隠してくれます。

ファッションアイテムについて

暖色系でも暗い赤や暗いオレンジなど暗めの色だと膨張して見えることを抑えてくれます。

ドルマンスリーブは、袖部分が細く肩口にかけて広がっているものや裾部分がしまっているものがおすすめです。メリハリが生まれます↓

フリル袖はフリルの量に注意をしてください。フリルが少ないと腕を上手に隠すことができません。フリルが多くてもパフスリーブのように広がっているもの、肩だけにフリルがついているもの、盛り上がっているものは、肩をがっちりと見せてしまいます。肩から腕の半ばくらいまでをカバーしてくれるものを選びましょう↓

気になる部位から目線を反らせる方法もあります。髪にアクセサリーをつけたり、胸元に目立つアクセサリーをつけるなど目線を反らせることで、上手に隠すことができます。

二の腕が気になるとどうしてもダブダブしたカバーするような服を選んでしまいがちで、野暮ったく見えます。おしゃれをしたいけれど着られる服が少ないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

しかし、着こなしに気をつければ二の腕を気にせずにおしゃれを楽しむことができます。服の色や袖の形に気をつければ、二の腕が目立ちにくくなります。上手に着こなしておしゃれを楽しんでください。

袖のバルーンフォルムがトレンド感のあるブラウスです。肩にタックをほどこしスッキリしたラインになるように仕立てました。パンツと合わせればかっこ良く、スカートと合わせれば女性らしく着こなせる一着です。

パフスリーブ・シンプルブラウス

このように色や柄にも着痩せ効果があり、ピンクやオレンジ系のパステルカラーよりも黒やブルーなど暗い色の方が痩せて見えます。下半身が気になる人は黒のパンツやタイツを履くと良いでしょう。先ほどパステルカラーは膨張色と言いましたが、濃いめの色でジャケットとして羽織ると引き締まって見えます。

関連記事:【大人の黒パンツコーデ】レディースコーディネート

④ストライプ柄と暗い色

自分の体型に自信がない人が、少しでも痩せているように見えるためのコーディネートのポイントとしては、トップス選びが特に重要です!

トップスに関しては基本的には暗い色、そしてストライプ柄のものを選ぶと良いです。

暗い色のアイテムというのは、全体的にしまって見える色で人の体型をスリムに見せる効果があります。そして、ストライプ柄というのはどうしても縦への意識が強くなるので、人の体型が細く見えてくる効果があると言えます。

この2つを組み合わせると、上半身に関してはかなりスリムな印象を生むことができるのです。

下半身に関しても同じようなアイテムを使っていきたいところですが、ボトムスやスカートに関しても同じ暗い色では、全体的な印象が暗くなりすぎる、単調という懸念があります。したがって、下半身に関しては無地で、かつ上半身ほどの暗い色ではないものを選ぶと良いです。

明るい色ではなくても、上半身ほど暗くはないもの、例えば上半身が黒であれば、下半身はチャコールグレーなどがおすすめで、上半身と下半身で色に差をつけた方が良いです。

こういったコーディネートをした人の口コミとしては、上半身についてはチュニックを選ぶと良いという声があります。

チュニックというのは上半身におけるウエスト部分から太ももにかけて、女性が気になっている部位を隠してくれるというメリットがあります。

したがって、暗い色でストライプ柄のアイテムを着るのがベストですが、かつチュニックでそういったデザインのものがあれば、なお良いということになるのでしょう。

自分の体型が気になっている女性のファッションでのおすすめのコーディネートについて知っておけば、気になっている部分を隠してくれるということが期待できます。気になる部分が自分で気にならなくなれば、女性にとってはこれ以上ない喜びでしょうから、そういった部分を目指してほしいです。

レディースファッションのコーディネート次第で、痩せて見える服装をすることは可能なので、そういったときに使うべきアイテムの知識については知っておきましょう。

⑤メリハリが最も大事!

メリハリがないと、コーデ全体がふっくらとしてしまいます↓

着痩せコーデ

ウエスト部分を引き締めることで、細く見え、さらには足長効果もあります↓

着痩せ 服装

お腹周りを隠そうと思い、ゆったりとしたトップスを着ると、かえって太く見えてしまいます。そのためウエスト部分が引き締まったものを選ぶと良いです。とは言え、上の写真のように、トップスをインをしたり、ハイウエストでメリハリをつけるのは、体のラインが見えるから嫌だと感じる方もいるかと思います。

そのような女性には、洋服自体にメリハリのあるシルエットに仕立てられているものを選びましょう。例えば、立体的なデザインで体のワインを拾わず、タックによりウエスト部分を引き締めメリハリを付けているデザインのものがあります。またワンピースであれば、ウエストに紐が付いており、それを締めてメリハリを付けることもできます。

ハイウエストのスカートを選びときは背面がゴム製になっているものを選ぶのがポイントです!

大人のロマンティックが楽しめるワンピースです。ふんわりと軽く、ほんのり透けるシフォン素材が、女性らしさを感じさせる質感です。また花柄プリントも可愛く、質感とマッチし、大人可愛い着こなしにぴったりな一着です。

プリントシフォン・ロングワンピース

チノ風のやわらかなコットン生地を使ったワンピースです。今年流行りのビッグシルエットと抜け感をプラスするスキッパーネックのデザインです。適度な厚みで美しいシルエットをキープすると共に、ストレッチもあるので着心地抜群です。付属のベルトでウエストマークを付けることもできます。

高密度ツイル・スキッパーワンピース

ピンタック、フリル、はしごレースと女性らしい装飾をあしらったワンピースです。胸元の比翼仕立てが、可愛らしすぎるのを抑え、全体をすっきりと引き締めます。生地はシルクタッチの薄手ですが、裏地付きなので透ける心配はありません。

シルキークロス・ピンタックワンピース

凹凸のあるピンタック編みのニットと、体のラインが見えにくい総針編みのピンストライプ柄をほどこしたスカートのセットアップです。ウエストは総ゴムなのでは着心地楽々です。

ニットスカート・セットアップ

シャリ感ミラノリブのニットセットアップです。きちんと感がありお肉を拾わないミラノリブを使用し、シャリ感のある肌触りとハリのあるスマートシルエットを叶えました。トップスはハイネックと5分袖デザインで、裾にはスリットが入っています。ボトムスは今年流行りのくるぶし丈のニットワイドパンツ で、美しい脚のラインになるように太すぎず細すぎない絶妙なシルエットに仕上げました。ウエストは総ゴムなので履き心地も楽々です。

強撚ニット・ワイドパンツセットアップ

スマートに見せるハイネックニットと体のラインを拾わないセットセットアップです。ハイネックニットはネックと裾部分にボタンをあしらい、さりげない裏地の配色がおしゃれポイントです。またワイドパンツは、ウエストが総ゴムのため履き心地楽々です。チクチクしない素材感も嬉しいポイントです。

ミラノリブ・ハイネックセットアップ

美しいシルエットが自慢のワンピースです。わずかに立ち上がるネックラインが美しく、サイドのダーツとハイウエストの切り替えで、体ををほっそり見せます。細身ですが縦横にストレッチする軽量素材のため、着心地は楽々です。

二重織Wストレッチ・フレアワンピース

マイナス5キロ効果をもたらす着痩せワンピースです。ボディラインが目立たないミラノリブ、目を引くジャカード柄編みのベルト、スカートは総針編みで綺麗なフレアなど、ボディラインを綺麗に見せる生地や編み地が自慢の一着です。

スリムアップ・ニットワンピース

上品な女性らしさ漂うブラウス風ワンピースです。ドレープが美しいドライタッチ素材を使用しており、軽くて涼しい着心地を叶えます。またウエストはゴム使用で楽ちん、ベルトは裏側がグログランテープになっており高級感があります。シワになりにくく、洗濯後アイロン無しでも着用できます。

ドライタッチ・シャツワンピース

縦長効果のあるリブ編みデザインのワンピースです。リブ編みは凹凸感があるので立体的なこなれ感がある一着です。またアウターを着ても、袖がもたつかない袖感もこだわりポイントです。付属の紐でウエストマークを付けることもできます。

リブニットワンピース

上品オーラ漂い、360度美しいシルエットが叶うニットワンピースです。スカート部分はプリーツ加工になっており、動く度に揺れるフレア感が美しいです。ウエストはゴム仕様なので着心地楽ちんです。

ニットプリーツワンピース

ウエストにゴムを入れ、くびれたシルエットを作ったニットです。今年流行りのベルトを巻いてウエストマークを付けるのにピッタリ!その他にも前後に入ったVネックが女性らしさを引き立て、フロントの裾にはスリットが入っており単調にならないデザインにも注目です。

Vネックニット

秋に向けて長袖も登場です!ゆとりシルエットで抜け感ある着こなしができ、超長綿100%で肌触りと着心地抜群の一着です。

ダブルフロント・リラックスプルオーバー

凹凸のある幾何学柄のカットソーです。レトロな雰囲気で、凹凸による生地の表情が存在感があっておしゃれです。またちょぴりボリュームを持たせたパフスリーブにも注目で、女性らしくこれ1枚で絵になる一着です。

ふくれ編み・幾何柄プルオーバー

シンプルの中にこだわりを盛り込んだブラウスです。ヒップラインをさりげなくカバーするイレヘム仕様、フロントはギャザーとゴムでバルーン仕様、背中にはタイをほどこし可愛らしさをプラス、きちんと見えするスタンドカラーなど、さりげなく嬉しいポイントがたっぷりな一着です。

スタンドカラーバルーンヘムブラウス

裏起毛素材を使用し、暖かいのにスッキリと見える美脚パンツです。ピンタックと裾スリットをほどこし、股上を深くしてコンパクトなトップスとも合わせやすいシルエットに仕上げました。ウエストは総ゴムなのでは着心地楽々です。

裏起毛カルゼ・脚長ピンタック

上品な光沢感と伸縮性を両立した美脚パンツです。細身のシルエットですが、のびのびと歩けるように伸縮性が効いており、さらに透け防止機能も兼ね備えているので日常使いしやすい人気パンツです。軽い質感で、淡い色合いなのに透けないのは嬉しいポイントですね。

スポンジライト・クロップドパンツ

脚が長く見えるのに、履き心地がストレスフリーな美脚パンツです。上質感があり360度ストレッチする新素材を使用したことで、柔らかく締め付け感を軽減。裾に向かって細くなるテーパードシルエットで、お腹周りはゴム製+タックを使い、楽チンに美脚を叶えます。

プレミアストレッチ・テーパード

とにかく伸びる!美シルエットなのに長時間着用しても不快感ゼロのストレスフリーパンツです。また適度な厚みのある綿混素材を使い、体のラインを拾いにくいのも嬉しいポイントです!

ミラクルストレッチ・5ポケットパンツ

ツイード調デザインによりチェック柄が活きるAラインロングスカートです。さりげないディテールにもこだわっており、前後に入れた段違いの重ねスリット、裏側のグログランテープ、ウエストの飾りタブやひとつだけ違うボタン使いをほどこしています。チクチク感が少なく、軽さも自慢のポイントです。

ツイード調・Aラインスカート

透け感のあるチュール素材に花柄の刺繍をぜいたくにあしらったロングスカートです。シンプルななアイテムと合わせるだけで、今年トレンドのレトロ感ある着こなしに仕上がります。インナー付きなので下着が透ける心配はいりません。

チュールレース・フレアスカート

フロッキー加工をほどこしドットに立体感を持たせたスカートです。存在感があり、動く度に揺れる表情が可愛いスカートです。クラシカルで上品な雰囲気のある一着です。

ドットフロッキースカート

●注意点●

黒は確かに引き締める効果がありますが、だからといって全身黒でコーディネイトするのはオススメできません。全身黒にしてしまうと重たいイメージになってしまうので、気になる箇所に黒を取り入れる方がやせて見える効果が高いです。

もし全身痩せて見せたく、重ためのカラーで合わせたい場合は、紺色がおすすです!

30代ファッションコーデ アラサーファッションコーデ

大人の優雅なリラックススタイルを叶えるセットアップです。柔らかく滑らかなカットソー生地を使用しており、着心地楽々♪バルーン袖がふんわりと可愛く、適度な落ち感ととろみ感が絶妙なパンツが特徴的なセットアップです。

きれいめ大人コーデ着痩せ服装

着心地楽ちんなのに上品に見えるジャージーポンチ生地を使用したスカートのセットアップです。ポンチのしっかりした生地感でなよなよせず、夏用のため適度な厚みで着心地も良いです♪一見シンプルデザインに見えますが、丸みと立体感あるシルエットやの袖と綺麗なラインを描くスカートのフレアなど、ディテールにこだわりを詰めたセットです。

まとめ

このように、体型に自信がない人でもちょっとした工夫で痩せて見せることが出来ます。色だけでも痩せて見えたり、膨張して見えたりするので、意識的に取り入れる事をオススメします。また、痩せて見える色がどうしても好きな色ではない場合は部分的にその色が入っているだけのものを選んでも効果があるので工夫してみましょう。

30代をすぎて体型が気になりだした人や若くてもぽっちゃりしている人は是非試してみてください。そして、スタイル良く見られと良いです。

関連記事:

【自分に似合う色やメイクは?】どの季節の肌色かパーソナルカラーを知ることが大事!

夏の着痩せ術

太ってしまって大好きな洋服が着られなくなった!

私は一時期10㎏以上太ってしまい、次々と持っていた服が着られなくなりました。洋服が大好きでオシャレが趣味な私にとって凄くショックな出来事で、体型へのコンプレックスが大きくなっていきました。

私と同じように「脚が太くてワイドパンツしか履けない…。」「白を着たいけど膨張色は怖い。」と悩んでいる方は少なくありません。

今回は私が実践していた誰でも簡単に「スタイルアップ」できる夏の着痩せ術をご紹介します♡

太っていた頃はお腹や太い足を隠したくてオーバーサイズの服ばかり着ていました。

特に夏は最悪です。露出が増えて体型カバーが難しくなります。全体的にバランスが悪く、友達と写真を撮ったときは自分だけ体格が大きく見えて毎回憂鬱でした。ですが、色んな洋服を試していくうちにダイエットをしなくてもちょっとした工夫で痩せて見えることがわかったんです。

着痩せ術を身につければ体型コンプレックスはなくなり、着られる洋服の幅が広がります。

実践していた着痩せ術!

ウエストマーク

去年大流行したウエストマークは体型がコンプレックスの私にとって救世主でした。

ウエストマークのアイテムには種類がたくさんあり、太さが様々なベルトやウエストにゴムがついていて自然とくびれができるデザインのトップスなど色んなアイテムが今年も流行しています。

私が愛用していたのはウエストにゴムやリボンがついたデザインのトップスです。

ウエストマークのベルトも試しましたが、ウエストは細く見えるものの脚の太さが目立ってしまうので私には合いませんでした。

ウエストマークのトップスはくびれを簡単に作ってくれて、自然と裾がフレアのように広がるので脚が細く見えるんです。

一気にスタイルアップできるのでおすすめです☆

程よい抜け感がおしゃれ見えするブラウスです。ゆったりしたシルエットですが、ウエストゴムと付属のベルトでウエストマークを付けることでメリハリが効いて、スッキリ&スタイルアップに着こなせます。

Vネックカシュクールリボンぺプラムブラウス

今年はボタンを閉じてプルオーバー風に着こなすカーディガンが人気です。こちらのカーディガンはベルト付きでウエストマークを付けることができ、個性的にスタイルアップな着こなしができる一着です。

ベルト付きカーディガン

厚底サンダル

厚底サンダルは去年に引き続き今年も大流行していますが、カジュアルでありながら存在感があるのでシンプルなコーディネートになりがちな夏にピッタリのマストアイテムです!

厚底サンダルは脚長効果があり、太ももの太さが目立たなくなるんです。

ヒールは長時間履いていると疲れてしまいますが、厚底サンダルは足への負担が少なくて疲れにくいのでヒールが苦手な方でも取り入れることができますよ♪

厚底のサンダルも流行しているのでお試しください♪

黒のボトムス

%e9%bb%92%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%84%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

黒のボトムスは私のマストアイテムです。

太ももが太くてコンプレックスでスキニーデニムは避けていましたが、黒のスキニーデニムだけは脚が引き締まって見えるので愛用していました。

お尻の大きさも目立たず、オーバーサイズのトップスを着たいときに全体のバランスを取ってくれるので凄く助かりました。

夏に黒のボトムスは暑苦しく見えがちですが、トップスやアクセサリー、スニーカーに白を取り入れると爽やかに見せることができます。

洋服次第で痩せて見えることが分かってからは、オシャレが楽しくなって着られる洋服が増えていきました。

今まで隠していた部分を出せるようになったり、妥協することがなくなって体型へのコンプレックスもなくなっていきました。

いかがでしたか?今回は私が実践していた着痩せ術をご紹介しました。体型がコンプレックスで着たい洋服を諦めている方はぜひ参考にしてみてください☆

関連記事:

大人女性の脚を長く見せ、お腹をカバーするレディースファッションと服装春夏

2018.04.03

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2018年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2018年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック