【効果があると口コミ評価が高い!】おすすめまつ毛美容液ランキング2017

まつ毛美容液でまつ毛を育てよう!

日ごろのメイクの中でも、特にアイメイクに力を入れている方は多くいらっしゃることと思います。

「目は口ほどにものを言う」と言われるほど、目の印象というものは大切です。しかし、目ヂカラを重視するあまり、知らず知らずのうちに濃いメイクになってしまうという落とし穴があります。

アイメイクといえば、マスカラやまつ毛エクステ、まつ毛パーマなどがあります。また、マスカラを塗る際にはビューラーも使用することと思います。これらはどれもまつ毛に多大なダメージを与えてしまうのです。メイクを落としたらまつ毛がない…このような状態では大好きな人の前ですっぴんになることもできませんよね。

そこで役に立ってくれるのが、「まつげ毛容液」です。

今回は、まつ毛美容液の種類・効果・おすすめのアイテムについてご紹介したいと思います。

まつ毛美容液の種類

まつ毛美容液は、長く美しいまつ毛へと導く化粧品です。

「綺麗なまつ毛を手に入れたい!」

そんな望みをサポートしてくれます。まつ毛美容液をすでに使かっている方もいるかと思いますが、正しく使えていますか?使い方に気をつければ、まつげ美容液の働きを存分に活かすことができます。

まつげ美容液はすでに生えているまつげに働きかけるものです。アイメイクや紫外線など、まつげは日々ダメージを受けています。ダメージによって、まつげが抜けやすくなることがあります。まつげ美容液には、これらのダメージから守る働きがあります。

またまつ毛美容液は保湿作用もあります。まつげを保湿することで、ツヤやかになることが期待できます。

その他にもオタネニンジンエキスのようなまつげのハリやコシを高める成分も配合されています。

まつ毛美容液には3つのタイプがあります。

①1つめは、チップタイプです。

チップを手に持ち、目頭から目尻に向かって、まつげとまつげの間を埋めるように塗ります。次にマスカラを塗るようにまつげに塗ります。下まつげも同様に塗りましょう。

②2つめは、マスカラタイプです。

マスカラタイプはマスカラを塗るときと同じように塗ります。コツは根元からブラシを入れることです。根元から先端まで1本1本を塗るようなイメージで使用しましょう。下まつげも塗ってください。

③3つめは、筆タイプです。

筆タイプはアイライナーを塗るときのように、目頭から目尻に向かってスーッと線を引くように塗ります。まつげとまつげの間を埋めるように塗ってみてください。目のキワにスーッと塗ることがポイントです。下まぶたも同じように塗ってください。

目元はデリケートなので、必ずパッチテストをしてから使用をしてください。腕の内側など目立たない部位に塗り、1日様子を見てください。使用をして赤みやヒリヒリなど異常が出た場合はすぐに洗い流して、使用は中止しましょう。

使用の際にまつ毛美容液が目に入らないように注意をしてください。付けすぎると液が垂れて目に入ってしまうので、チップやブラシを軽く容器の口でしごいてから使用をすることがポイントです。一度にたっぷり浸けて一気に塗るのではなく、何度かに分けて塗るとうまくできます。目のキワを塗るときも目に入りやすいので気をつけてください。

まつげ美容液以外の化粧品もそうですが、メーカーが推奨する使い方を守ってください。使用前には使い方をよく読みましょう。

まつげ美容液には、まつげの保湿、保護、ツヤアップなどの働きがあります。使用をすることで長く美しいまつげに近づくことが期待できます。まつげ美容液の効果を十分に得るには使い方にポイントがあります。使い方を見直して上手に使ってみましょう。

まつ毛美容液の効果

まつ毛美容液は、まつ毛を丈夫にし、成長を促進させてくれる効果があります。

具体的には、まつ毛の

  1. 太さ
  2. 長さ
  3. ツヤ感

がアップします。

また、マスカラやビューラー、まつ毛エクステやまつ毛パーマなどのダメージからまつ毛を保護してくれる効果もあります。

まつ毛がよく抜けたり、切れたり、生えなくなってしまった箇所がある方にはぜひ使用をおすすめしたいアイテムです。

まつ毛美容液の塗り方

今、たくさんのメーカーからまつ毛美容液が販売されています。

まつ毛美容液を使うタイミングは、洗顔後の何もつけていないときです。朝晩の2回使う製品が多いようですが、使用回数は製品によって違うので確認をしてください。

まつ毛美容液には色々なタイプがありますが、多くは刷毛やチップ、ブラシやスパチュラなどが内蔵されているので、適量をとって優しくまつ毛に塗りましょう。その際に、まつ毛全体に行き渡るように塗ることが大切です。塗りにくいですが、きちんと毛根まで有効成分が行き渡るように根元にも忘れずに塗りましょうね。

まつ毛美容液を塗る際の注意点!

まつ毛美容液は、まつ毛の成長を促してくれる、とてもありがたいアイテムですが、ゴシゴシとまつ毛やまぶたに擦りつけるのは止めましょう。まつ毛を守るどころか、かえって傷めてしまいますし、まぶたの皮膚はとても薄いので摩擦にとても弱いです。優しく塗りましょう。

また、たっぷりと付けすぎて目に入るのも良くありません。適量を塗るようにし、たくさん付けたいときは1回塗った後、まつ毛美容液が乾いてから、再度重ね塗りをするようにして下さいね。

そうはいっても、目元に塗るものなので、どうしても手元が狂ったりして目に入ってしまう場合もあります。当たり前ではありますが、まつ毛美容液は劣化していない状態のものを使用して下さい。

まつ毛美容液が、購入時より濁っていたり、粘度が増している場合は、雑菌が混入してしまっている場合があります。目だけでなく、まつ毛やまぶたのトラブルの原因となりますので、そうなってしまったら残念ですが処分して下さい。

最後に、日ごろからまつ毛美容液が劣化しないように清潔に保ち、早目に使い切るようにしましょうね。

以上、まつ毛美容液の効果と使い方についてご紹介しました。

このように、まつ毛美容液は、まつ毛の成長を促し、抜けにくくしてくれ、さらに、マスカラやまつ毛エクステなどからダメージを受けないよう、まつ毛を保護してくれます。濃いメイクにも負けないまつ毛を育てることは大切ですし、そもそも、そのような濃いメイクに頼らなくても自分のまつ毛で目ヂカラを発揮できたら一番良いですよね。

まつ毛美容液で自分のまつ毛を強化し、是非周りの人に羨ましがられるような長いまつ毛を手に入れましょう!

続いて、今年口コミ評価の高いおすすめのまつ毛美容液を紹介します。

口コミ評価の高いおすすめ美容液ランキング2017

第3位 ドルチェラッシュのまつ毛美容液

ドルチェラッシュのまつ毛美容液は、4週間でまつ毛のハリ・ツヤを与え、健康的な状態をキープします。

まつげの状態を良くし、まつ毛のハリやツヤを上げるという概念の元、作られているため、まつ毛や地肌に優しい成分のみで作らています。

ドルチェラッシュは、「まつ毛にデザートを与える」感覚でお使いいただく、まつ毛専用美容液です。エクステやまつ毛パーマで傷んだまつ毛にサッと一塗り。日中のダメージからまつ毛を守り、ハリとボリュームのある、美しい「素」まつ毛に導きます。無香料・無着色・オイルフリーですので安心してご使用いただけます。

またドルチェラッシュのまつ毛美容液は、今回紹介するまつ毛美容液の中で、一番価格が安いです。

口コミ

Twitter上の口コミ↓

健康的なまつ毛状態をキープし、まつ毛のハリ・ツヤを上げたい人はドルチェラッシュのまつ毛美容液がおすすめです。

 

第2位 ビューティーラッシュのまつ毛美容液

全世界で200万本以上発売した世界的ブランド「ビューティラッシュ」のまつ毛美容液です。

以下の美容成分を使用しており、”生き生きと伸びる!”と効果を実感しやすいです。

口コミ

Twitter上の口コミ↓

復刻版と低刺激版があります。復刻版は敏感肌の人は荒れやすいですが、効果が実感できるという声が多いです。

 

第1位 スカルプDのプレミアムまつ毛美容液

発毛のシャンプーなどで有名になっているアンファーからまつ毛美容液が出ています。

まつ毛は毎日のメイク時にアイラッシュカーラーでカールをつけたり、マスカラを塗ったり、つけまつ毛をつけたりしてかなり疲れているものです。アンファーのスカルプDのまつ毛美容液はそんな大切なまつ毛をケアする美容液で、まつ毛をイキイキとさせる働きがあります。

ナノ化されたカプセルにまつ毛美容液を入れて、奥まで届けることができるようになっています。健やかなまつ毛を作る手助けになるのです。髪の毛のケアーができるアンファーが出しているので、安心して使うことができますし、まつ毛が元気になるのでとても気に入って使っています。

まつ毛美容液の中で一番売れている物は「スカルプDのまつ毛美容液」です。CMや店頭でもよく見かけ、すでに試したことのある方も多いのではないでしょうか?

ここでは紹介するのは、通常のまつ毛美容液ではなく、プレミアムまつ毛美容液です。

“通常のスカルプDまつ毛美容液の効果に満足していない!”

“もっとまつ毛に優しく、効果のあるものがほしい!”

と感じている方に是非試してほしい、まつ毛美容液です。

スカルプDのプレミアムまつ毛美容液は何が良いのでしょうか?以下、その特徴と口コミを紹介していきます。

①通常のスカルプDまつ毛美容液より美容成分「2倍」!

加齢により劣ったまつ毛のハリ・コシを再生するプレミアム版。

②1日1回のケアでOK!

毎晩、洗顔→スキンケアの後に、たっぷりと塗ります。根本からしっかり塗りましょう。

③目元のアイジングケアにもなります!

目の際のシワやたるみを改善する目元ケア成分も配合。さらに敏感肌やアレルギー体質の方でも安心して使えるように、オーガニック&ピュアフリー設計で目元に優しく作られています。

④通常版とプレミアム版の違い

通常版とプレミアム版の価格、美容成分、使用回数をまとめた表です↓

使い方

朝晩の2回、スキンケアの最後に使うだけで良いです。

洗顔後、化粧水や乳液、美容液などを塗った後で、最後のお手入れにまつ毛の生え際にカールチップでたっぷり塗りましょう。

目元に使うものですから、ピュアフリー処方で、パラペンフリーで、オイルフリー、アルコールフリー、ノンシリコン、界面活性剤フリー、合成着色料フリー、合成香料フリーになっていて、安心して目元に使うことができます。

毎日使うことが大切で、毎日の朝晩のお肌のお手入れの時に最後に使うと効果が発揮できます。目に入らないように気をつけながら、まつ毛の生え際に白いチップで美容液を塗っていくと良いです。

口コミ

Twitter上の口コミ↓

私の口コミ↓

まつ毛が育ってくるので、スカルプDボーテのピュアフリーアイラッシュセはまつ毛をより育てて、長いまつ毛にすることができます。

まつ毛がしっかりしてきて、育ってくるので、まつ毛が長くなることが期待できます。安心の日本製ですし、毎日使っているとまつ毛が長くなってきます。日頃からビューラーでまつ毛をカールさせたりしている人にはぴったりの製品で、まつ毛がビューラーで切れたりすることがなくなります。

髪の毛の育毛を考えたシャンプーを売っているアンファーならではの技術でまつ毛をケアすることができます。簡単に使うことができるので、日頃のスキンケアーと一緒に使うと効果を感じることができます。

私はまつ毛が短いことがコンプレックスだったのですが、このスカルプDのまつ毛美容液を使うようになってから、まつ毛が育ってきたようで、まつ毛の存在を感じることができるようになりました。

効果を感じるまでには時間が必要ですが、毎日塗っていると効果を感じることができるのです。まつ毛がしっかりしてくると、マスカラを塗るだけで、まるでつけまつ毛をつけたようなボリューム感を得ることができて、顔がはっきりとします。

まつげエクステをしている人も、まつ毛パーマをしている人にも使うことができて、健やかなまつ毛のためにとってもいいものです。

健やかなまつ毛を手に入れるためには、スカルプDのまつ毛美容液を塗るといいです。

1日1回で驚きの効果を実感できます!

 


補足①:美容専門家から聞いた「まつ育」について

自分のまつ毛に自信がある人は、なかなかいないのではないでしょうか。髪と同じようにまつ毛も劣化するもので、加齢によって数が減少していくのです。

女優やモデルのまつ毛がフサフサなのは、メイク映えするようにマツエクをしたり、付けまつ毛をしているからなのですね。

マツエクをするにはそれなりに費用がかかるし、付けまつげは自まつ毛に負担を与えてしまいます。マスカラの重ね塗りもそうですが、アイライナーを引くことで、まつ毛の生え際を刺激して抜けやすくなるのも事実です。

なので、人工的な美容法に頼らず、自まつ毛をしっかり育てる習慣のことを、まつ育と呼んでいるのです。

セルフケアでまつ毛はボリュームアップします。

まつ育の基本スタンスは、出来るだけ費用を抑え、セルフケアのみで自まつ毛を育てることです。

使うアイテムはまつ毛美容液くらいで、あとは食習慣(補足②で説明します)を変えたり、メイクを薄くするなどの方法が王道です。

ケアを怠らずに行えば、少なくて抜けやすくても、新しいまつ毛が生えてきます。まつ毛に対して高い美意識をもてば、今よりも生えやすくなるのです。髪や肌のお手入れと一緒に、まつ毛を意識してケアすることで、フサフサにボリュームアップできる可能性大です。

まつ育に使う唯一のアイテムは、まつげ専用美容液です。育毛成分が配合されており、抜けやすくなったまつ毛の保護ができます。

現在、効果的で人気がある定番まつ毛美容液は「スカルプDのボーテピュアフリーアイラッシュ」ですね。

 

この商品は多くの女性から良い口コミが寄せられています。毎日塗っていると自まつ毛が伸びてきた、という声も多数ありますので、美容液は効果的なのですね。

他にも、まつ毛が伸びると話題になっている「ルミガン」というものがあります。

こちらは点眼薬で医薬品扱いですから、美容クリニックなどで入手できます。ランキングで紹介したものは数百円~数千円ですが、ルミガンは2万円程度と高価なものなので、購入する時は美容スタッフとよく相談してください。

自まつ毛に自信がないと、付けまつ毛やエクステをするなど、時間や費用がかかるものです。

これらの方法は、毎日メイクするたびに手間がかかり、エクステも取れないように気を遣わなくてはいけないので大変です。

ですから、余計なストレスを抱えないように、自まつ毛をしっかり育成して自信がもてるように頑張りましょう。

補足②:美しいまつ毛を作る食事

長いまつ毛は女性の憧れではないでしょうか。綺麗なまつ毛を作るために、様々なまつ毛美容液が販売されていたり、マツエクを行っている方もいますよね。しかし、マツエクで目を傷めてしまったり、まつ毛が抜ける原因になることもあります。丈夫で健やかなまつ毛を保つためには、毎日の食事が大切です。では、どのような食事が健やかなまつげを作るのでしょうか?

まつ毛に必要な栄養素

まつ毛だけを濃くしたり、伸ばす栄養素というものは存在しません。まつ毛は体毛なので、育毛に効果的な栄養素を摂取することで、健やかなまつ毛を作ることに繋がるのです。

育毛に必要な栄養素は、①シチスン、②大豆イソフラボン、③亜鉛、④Lシステイン、⑤タンパク質、⑥ビオチンなどです。これらを意識して摂取し、長く美しいまつ毛を目指しましょう。

では、具体的にどのような食品が美しいまつ毛のために必要な栄養素なのでしょうか?

①シスチンという成分はまつ毛を育成するために必要になります。身近な食べ物だと、「卵、納豆、緑黄色野菜、牛乳」などですね。

②髪と同じように女性ホルモンの影響も受けますから、定番の大豆イソフラボン成分を摂取すると効果的です。こちらも「豆腐や味噌」などに多く含まれているので、食事メニューに取り入れてください。

③亜鉛はタンパク質を合成するために必要な栄養素です。亜鉛が不足をすると抜け毛が増えます。亜鉛が多い食品は、「牡蠣、納豆、パルメザンチーズ、カシューナッツ、ごま」などです。普段の食事で不足をしやすいので、意識をして摂取しましょう。

④インLシステインは体毛の主成分を作るために重要な成分です。肌代謝を促進する働きもあります。Lシステインが多い食品は、「レバー、小麦胚芽、大豆」などです。

⑤まつ毛はタンパク質で構成されています。タンパク質が不足をすると、まつげの材料不足で抜けやすくなる心配があります。良質なタンパク質を含んでいる食品は、「肉類、魚類、卵、乳製品、大豆製品」などです。ダイエット中の方はタンパク質が不足している傾向があるので、毎食しっかりとタンパク質が多い食品を食べましょう。

⑥ビオチンはアミノ酸の代謝を助ける栄養素です。不足をするとタンパク質を主な成分とするまつげの生成に影響が出る可能性があります。ビオチンが多い食品は、「ヨーグルト、大豆、レバー、卵黄」などです。

これらの栄養素を摂取することで、長く美しいまつげに近づくことが期待できます。しかし、こればかり食べていると栄養素のバランスを崩してしまいます。栄養バランスが崩れれば、体調不良や肌荒れを招く心配があります。同じものばかりに偏らないようにして、食事はバランスよく食べましょう。

またサプリメントでも摂取できますが、サプリメントの場合は過剰摂取にならないように気をつけてください。1日の摂取量を守ってサプリメントを飲みましょう。

体は食べたものでできていて、まつげも毎日食べる食事の栄養素をもとに作られています。そのため、長く美しまつげをつくるためには、食事からしっかりと栄養素を摂取することが大切です。

特に、亜鉛、Lシステイン、タンパク質、ビオチンなどがまつげの成長にかかわっています。これらを意識して摂取をしてみてください。ただし、食事が同じものばかりにならないように気をつけましょう。

補足③:美しいまつ毛を作るクレンジング方法

目元は印象に大きな影響を与えます。少しでも好印象を与えるために、目元のメイクに力を入れている方もいるのではないでしょうか。特にまつ毛は顔の印象を大きく変える要因になります。

しかし、アイメイクはまつ毛に大きな負担をかけてスカスカなまつげの原因となります。それだけでなく、残ったメイクがダメージを与えることもあります。そのため、きちんとメイクを落とすことが、まつげのダメージを少なくするために大切になります。では、どのようにメイクを落としたらいいのでしょうか。

まず、やってはいけないこと!

アイメイクも顔のクレンジング剤で一緒に落としていませんか。一種類のメイク落としでアイメイクも他の顔の部位も落とそうとしても、アイメイクは落ちにくいため汚れが残ってしまいます。残った汚れは肌にダメージを与えて、くすみやシミの原因になります。

適量を使用しない場合もアイメイクをしっかり落とすことはできません。そして、メイク落としの使用量が少ないと、洗顔時に摩擦が生まれて肌に負担をかけてしまいます。摩擦が肌に負担をかけるからとしっかり洗わず汚れが残ってしまうのも、肌にとってよくありません。

ゴシゴシこする洗い方も避けましょう。落ちにくいとこすりたくなりますが、こすって洗うと摩擦で肌を傷つけてしまします。

こういったことをやめるだけでも肌の負担が減り、スカスカまつげ防止になります。

またメイク落としを軽く済ませるために、マスカラをたくさん使わないことです。アイシャドウやアイライナーを多用すると、落とす時にまつ毛も抜けやすくなりますから控えましょう。ビューラーで何度もまつ毛を引っ張ると、大きな負担がかかるので良くないですね。

では、正しいアイメイクのクレンジング方法とは?

では、具体的にどのようにクレンジングをしたらいいのでしょうか。アイメイクはポイントメイク専用のリムーバーを使用して落としてください。コットンに適量のポイントメイク専用のリムーバーをつけて、メイクの上に軽く押し当てます。1分ほどコットンを置いていると、自然をメイクが浮き上がります。浮いたメイクを軽く拭きとってください。

そして、顔全体をクレンジング剤で洗います。クレンジング剤の使用量が少ないと摩擦が大きくなって肌の負担になるので、製品に記載されている適量を守って使用してください。

クレンジングをするときには、肌をこすらないようにしましょう。指の腹を使って優しくマッサージをするように洗います。

<<口コミが1,000件も!楽天で一番人気のアイメイクポイントリムーバー>>

 

アイメイクはポイントメイク専用のリムーバーを使用して落としましょう。疲れて帰宅したときは面倒になってしまうかもしれませんが、メイクが残っていると肌の刺激になり、スカスカなまつげの原因となったり、シミやくすみを招いてしまいます。一手間かけるだけなので、ポイントメイク専用のリムーバーを使ってみましょう。

そして、メイクを落とすときはこすらないようにすることが重要です。こすると肌を傷つけるので、優しく洗いように心がけてください。

目元は印象を大きく変えるので、アイメイクに力を入れている方もいると思います。アイメイクはそのままにしていると肌に負担をかけて、スカスカまつげの原因となります。メイクをしたらきちんと落として、目元の皮膚やまつげへの負担を減らしましょう。

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2017年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2017年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック