【子連れママにおすすめのバッグ】プチプラで人気の鞄ブランド2019

子育て中のお出かけは、オムツや哺乳瓶、子供のお着替えなどが必要でどうしても大荷物になりがち。せっかくのお出かけはオシャレして行きたいけれど、持てるバッグが限られるとコーディネートが難しくなりますよね。

そこでおすすめするのが、ミニバッグと大容量バッグの使い分け。

アクセサリー感覚でミニバッグをコーディネートの主役に、大きな荷物は合わせやすいシンプルなバッグに入れることで洋服とのバランスが取りやすく、さらに貴重品をスマートに持ち運ぶことができます。

ミニバッグにお財布やケータイを入れて身につけ、オムツや哺乳瓶などかさばるものは大きめバッグに入れておくとベビーカーに掛けたりパパにお願いすることができます。一人で全部の荷物を持たなくていいから楽ですよね。

それぞれのおすすめアイテムをピックアップしましたので参考にしてみて下さい。

ミニバッグ編

①トレンドど真ん中、サコッシュ

昨年から流行中のサコッシュは今一番旬のミニバッグ。

スポーティーなイメージがありますがガーリーなアイテムとも相性が良く、カラーや素材次第でカジュアルにもキレイ目にも使えます。

カジュアル派のママはシンプルなデザインのアディダス、ガーリーコーデに合わせたいママはカラーのロゴテープが可愛いミルクフェドがおすすめです。

モード系や辛口コーデに使うならブラック、綺麗めコーデならネイビーやレザー素材のものがしっくり馴染みます。

⇒公式ホームページ:adidas

⇒公式ホームページ:ミルクフェド

②華やかなチェーンバッグ

抱っこの機会が減ってきたママなら、華やかなチェーンバッグもおすすめ。キラキラ輝くチェーンが使われたバッグなら、ミニサイズでも充分に華やかな存在感があります。

FURLAのメトロポリスやステラマッカートニーのファラベラなど、ハイブランドからもミニバッグがリリースされていますが、ミニサイズなら手に取りやすいお値段だから自分へのご褒美にも。

プチプチブランドでも似たデザインがありますから探してみるのも良いでしょう。

⇒公式ホームページ:FURLA

⇒公式ホームページ:ステラマッカートニー

大容量バッグ編

①ママバッグの定番のロンシャン

ロンシャンのルプリアージュはママバッグの定番ですね。

軽くて丈夫なナイロン素材にレザーハンドルで上品さがプラスされた丁度いいカジュアル感。ネイビーが定番人気ですが、赤やピンクなどをファッションの差し色にしても可愛いですね。ブラックやベージュもコーデを選ばず使えます。シーズン毎に変わるカラーも豊富だから、色違いで揃えたり自分好みにカスタマイズする方も。

⇒公式ホームページ:ロンシャン

②種類豊富なキャンバストート

アパレルブランドだけでなく、インテリア雑貨のお店やムック本などあらゆる場所で売られているキャンバストート。形やプリントの種類が豊富だから、人とかぶらない自分だけのお気に入りを見つけられるかも。

軽くて汚れてもザブザブ洗える気軽さが嬉しいですよね。ママとしてはファスナー付きや肩にかけられるハンドルの長さなど機能性は重視したいところ。お気に入りデザインのバッグが見つかったらファスナーをDIYでつけることもできます。

<<楽天で人気のキャンバストートバッグ>>

 

荷物の多いママは可愛いバッグを持ちたい気持ちを我慢しがちですが、ぜひ見た目も使い勝手もいい大小のバッグを使い分けてオシャレを楽しんでください。

③ラフィア&ストローバッグ

2019年のトレンドのバッグはラフィア&ストローのバッグです。そして今年はちょっと個性的なバッグがトレンドになるようです。

毎年夏になると、ラフィア&ストローのバッグは多くの人が愛用しますし、持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、今年はいつもより主張のあるバッグが愛されるようなので、そこを意識して使うとトレンドを押さえたファッションを楽しめるはずです。

トレンドのバッグを持てば、さりげなくオシャレを楽しむことができます。ぜひトレンドを押さえてみましょう。

ラフィア&ストローのバッグは、毎年夏になるとショップなどにも置かれ、よく見かけるバッグとなります。そのため、どうしても毎年使っている感が否めません。しかし、今年のラフィア&ストローのバッグは個性的なものがトレンドです。ちょっといつもと一味違うものを持つだけで、トレンドに敏感な垢ぬけた女性へと変身できます。

また、誰でも無難に持っているものを持ってもオシャレ感は出ません。今年のトレンドは個性的なものなので、一層のこと少し個性的なものを選んでみてはいかがでしょう。

 

個性的なラフィア&ストローのバッグといっても、個性というところで主張が激しすぎて取り入れるのが難しいのではと心配する人もいるでしょう。しかし、個性といっても、少しいつもと違う形を選ぶだけでも良いのです。

例えば、一般的なラフィア&ストローのバッグというと、箱型のナチュラルテイストな小さめバッグをイメージしますが、これを大きめサイズに変更したり、色付きのものに変更したりしてもよいでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【セール価格】夏トートバッグ ワンショルダーナチュラルバッグ
価格:2690円(税込、送料無料) (2019/5/23時点)

楽天で購入

 

 

また、個性がある方が好きという人であれば、アジアンティストのものやフリルのついたもの、あるいは柄のついたものを選んでみるのも面白いでしょう。今年は主役級の個性あふれたラフィア&ストローのバッグがトレンドなので、自分の好みと合わせながら、この夏のバッグを選んでみましょう。

個性あふれたラフィア&ストローのバッグを持つにあたって気を付けるべきこともあります。それは、帽子とかぶるのを避けるということです。夏になると、帽子もまた、ラフィア&ストローのものが流通し始めます。ラフィア&ストローの帽子を愛用している人は、バッグと雰囲気がかぶることを避けましょう。雰囲気がかぶってしまうと垢抜けしない感じになって野暮ったくなってしまいます。

ラフィア&ストローの帽子を被る人は、帽子は普通のラフィア&ストローのものを着用し、バッグに少し個性を持たせるというのがベターでしょう。

毎年、夏になると、流行り出すラフィア&ストローですが、今年はバッグに目が行くような感じでコーディネートしてみましょう。毎年、使えるようにと無難なものを選んでは、トレンドを押さえたファッションにはなりません。

個性的なものが苦手な人は、色や形で少しだけ他の人と差をつけてみましょう。きっと素敵なコーディネートに仕上がるはずです。

最後に、自転車乗りにおすすめのバッグ選びのポイント!

これからおすすめするのは、普段車を運転せず、足と言えば自転車や原付だという女性向けのバッグです。

実は車を運転しない人にとってバッグ選びって結構悩みますよね。車なら大きなバッグでも難なく持ち運びできるのに、自転車通勤、原付通勤していたり、休日もそれでお店に行くとなると大きなバッグはそもそも自転車の籠や原付のシートの下に入らない!どうしても小ぶりのものになってしまいがちですが、もっと選択肢はあるのでしょうか。

自転車でも原付でも持ち運べて、かつ機能性があるバッグを手に入れられれば、より出かけやすくなりますし、今までサイズだけで選ぶ他なかったのがデザインから選べるようになり、おしゃれも楽しめます。

好きなバッグを買いたいがためだけに車を買うなんてことはできないので、ここはどんなバッグがあるかを知ることで解決していきましょう。より生活を豊かに、そしてファッションも楽しめるようになります。

私がおすすめしたいのは、鞄の取っ手が鞄の一部になっているものです。

 

例えば、取っ手だけ独立して金具で鞄部分に取り付けられているものだと、自転車の籠や原付のシート下に入れる時にそこだけ折り曲げなくてはなりませんよね。でもそうすると収納はできるものの取っ手だけひしゃげてカッコ悪い見た目のバッグになってしまいます。

だから、取っ手は手をかける部分が最低限あるものがベター。しかし、その取っ手で肩掛けしたかったのになという女性もいるでしょう。そんな時ように、ショルダーバッグにもなる長い肩紐付きの2wayバッグを購入してみましょう。この肩紐なら長いので、取っ手のように無理して折り曲げずに柔軟性が効くため収納しても変な跡がつかないのです。最近は小型でも容量が多いものがあり、マチが十分にあっても横の長さが長すぎないなら自転車でも原付でも収納できます。よって、奥行きがあるバッグなら小型でも機能性があってより便利と言えます。

私自身車を持っておらず、通勤にもプライベートのお出かけにも今までバッグ選びでかなり制限をされてきました。ただ、数々の失敗を経て今回収納性とデザイン性、機能性の3つのポイントを押さえたバッグを発見できました。奥行があるなら収納もでき、取っ手を変えることでひしゃげない見栄えの良いバッグが長持ちし、肩紐を使うことで両手をフリーにして買い物ができる、こんなバッグが今あります。

一つ良いものを見つけたらそのブランドを売っている会社で似たようなものを他にも売っている可能性が高いので、ネットでも調べてみてください。あまりに違うデザインや形には挑戦できないものの、それでも車のない生活に不便も妥協もしないバッグが見つかるでしょう。

車を持っていない人の知られざる気苦労は他にもありますが、バッグのことも意外と言わないと誰にも共感されませんよね。だからと言ってファッションを諦めることはしたくないというのは我儘なのでしょうか。私はそうは感じません。今のライフスタイルに合わせたおしゃれをすればよいわけで、諦めるにはまだ早いのです。今の世の中数知れない商品があるので探せば理想はあるはずなのです。

関連記事:

【バッグはどれにする?】レディース鞄の種類とブランド

夏に人気の女性の小物を知りたい!レディースのおしゃれアクセサリー,鞄,帽子

秋冬レディースファーバッグの人気ブランドとショルダー、クラッチの鞄コーデ

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック