【敏感肌におすすめの化粧下地とファンデーション】2018年最新プチプラブランド

美容におすすめ♪

敏感肌の女性に刺激がなく優しい使い心地を叶える化粧下地をファンデーションを紹介します。

敏感肌の化粧下地の選び方

化粧下地、皆さんも使っていると思います。最近はBBクリームやCCクリームなど下地の役割も兼ねている便利なアイテムがありますが、ファンデーションを使っている場合は下地が必要ですよね。

化粧下地は、化粧水や乳液などスキンケアを行った後に使います。下地を使うことで、ファンデーションのもちを良くしたり、しっかりと密着させてくれるので、よりお肌をきれいに見せることができます。

下地選びでメイクのもちが変わると言っても良いでしょう。

この下地、自分に合ったものをきちんと選べていると本当に仕上がりが変わってきます。化粧下地の役割は色々あります。

下地を使うことで肌のキメが細かく見えますし、毛穴もしっかりカバーできます。また日中の肌ダメージからお肌を守ってくれる役割も果たしてくれます。そして、ファンデーションが直接お肌につかないので、メイク落としが楽になります。化粧下地を使うと良いことが沢山ありますね。

肌質に合わせて選ぼう!

肌質によって下地選びをする事はとても大切です。

肌が乾燥しやすい人、敏感な肌質の場合は、下地にしっかりと保湿成分が配合されているかどうか確認しておきましょう。保湿成分として有名な成分は、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどです。植物オイルなども配合されていると肌をしっかり守ってくれますのでおすすめです。

特にセラミドは、肌のバリア機能を強化させるのに大切な成分なので、セラミド入りであるかは重要です。

化粧下地は、日焼け止め効果も兼ねているタイプが多く発売されています。日焼け止めを塗って下地を塗って・・となると大変ですので下地で日焼け止め効果があれば助かりますね。

しかし注意したいのが、この下地で日焼け止め効果の高いものを選んでしまうと肌荒れしやすくなったり、洗顔料だけではできれいに落とせないという可能性があります。

夏場は日焼け止め効果の高いものを選びがちになりますが、肌が弱い人は特にこの数値に気を付けて選んでください。外に出る時間がほぼ無いのであれば高い数値の下地は必要ありません。

肌の油分が多い場合は、油分を配合していない下地を使うと良いです。

オイルフリーの下地ならニキビにもなりにくいですし、日中のテカリも防いでくれます。

毛穴を引き締める成分などが配合されているものを選ぶと良いでしょう。

部分的に乾燥が気になるという場合は、油分少なめのものを取り入れることで乾燥も防げます。

鼻の部分だけ別の下地を使って小鼻の黒ずみや油分を調整する方法もあります。

化粧下地を変えるだけで化粧のノリが変わってくるのが分かると思います。

「コントロールカラーもおすすめです!」

コントロールカラーは、肌のくすみを目立たなくさせたり、赤みをカバーしたりと肌の色ムラを調整するのに役立ってくれます。下地の中にはコントロールカラーの機能も果たしてくれるものがありますので、肌の色ムラが気になるという人はコントロールカラーも取り入れてみると良いでしょう。

コントロールカラーと下地を別々に塗る場合は、先に下地で肌を整えてからコントロールカラーを気になる部分に塗るようにして仕上げると綺麗に仕上がります。

敏感肌の方でも使用出来る化粧下地5選

敏感肌の方は、市販の一般的な化粧下地を買って使うと肌が荒れてしまって、いつも化粧下地を選ぶ時に迷ってしまうという方は多いと感じます。

化粧下地には様々な化学成分が含まれているので、そういった成分のせいで肌荒れしてしまうことがあります。でも現在は敏感肌の方でも使える低刺激性の化粧品ブランドの化粧下地も売っていて、そういった化粧下地ですと敏感肌の私でも肌が荒れずに使うことが出来ました。

そこで今回は、低刺激性の化粧品ブランドの化粧下地を5点紹介します。

1.ロート製薬のメイクアップベースUV

まず1点目に紹介するのは、ロート製薬のプロメディアルの「メイクアップベースUV」という化粧下地です。

このプロメディアルのメイクアップベースUVは、薄い肌色をしている滑らかなクリーム状の化粧下地で基礎化粧品で肌を整えた後に肌全体に付けると、肌の色がワントーン明るくなりくすみや赤みが目立たなくなります。

そしてこのプロメディアルのメイクアップベースUVを塗った後に、パウダーファンデーションを塗るとぴたっと肌に付きます。べとつくようなクリームではないのですが、保湿力が高くて肌に美容液を塗っているような感じのものなのでとても使い心地が良いです。

それから香料・防腐剤・紫外線吸収剤が含まれていなくて低刺激性のものなので、肌が敏感な方でも安心して使えます。敏感肌の私がこのプロメディアルのメイクアップベースUVを肌全体に塗っても、肌が赤くなったり痒くなったりせずに使えました。

パッケージのデザインもナチュラルで可愛らしい感じの商品です。

2.アルージェのUVプロテクトビューティーアップ

そして2点目に紹介するのは、全薬工業のアルージェの「アルージェUVプロテクトビューティーアップ」という化粧下地です。

このアルージェのアルージェUVプロテクトビューティーアップは、白色の滑らかなクリーム状の伸びが良い化粧下地で、基礎化粧品で肌を整えた後に肌全体に付けると、肌の色がワントーン明るくなりくすみや赤みも目立たなくなります。

そして肌の艶もアップして綺麗な肌になります。このアルージェのアルージェUVプロテクトビューティーアップを肌全体に塗った後に、軽く肌色が付いているフェイスパウダーを塗るだけで良いというくらい、補正力のある化粧下地です。

トレハロース誘導体や褐藻エキスやビオセラミドなどの保湿成分も含まれているので、保湿力も割と高くて肌を乾燥から守ることが出来ます。敏感肌の私がこのアルージェのアルージェUVプロテクトビューティーアップを肌全体に塗っても、肌が赤くなったり痒くなったりせずに使えました。

パッケージのデザインも鮮やかなブルーカラーで、爽やかな色合いになっていて素敵な商品です。

3.敏感肌とニキビ肌におすすめノブの化粧下地

敏感肌は化粧品で肌が荒れやすく、使える化粧品が見つからず困ってしまいますよね。ニキビ肌も化粧をしてニキビが悪化をしてしまうことがあり、化粧品の選び方には慎重になると思います。

敏感肌にもニキビ肌にもおすすめの化粧下地が「ノブ ベースコントロールスムースUV」です。肌トラブルをカバーする低刺激性の化粧品です。

優しさへのこだわり

化粧下地は肌に直接触れるものなので、肌に大きな影響を与えます。メイクの最初に使うものだからこそ、慎重に選びたいものです。

ノブ ベースコントロールスムースUVは、無香料、紫外線吸収剤不使用の低刺激性です。パッチテスト、アレルギーテスト、ノンコメドジェニックテストが実施されています。ノンコメドジェニックとは、ニキビができやすい成分は使用していないことです。メイクによるニキビの悪化を防ぐために、ニキビ肌はノンコメドジェニックの化粧品を選らぶことがおすすめです。

パフやスポンジも肌に直接触れるものなので、肌あたりが優しいものを使用しています。肌への摩擦を抑えれば肌の負担が軽減します。

優しいだけでなく肌トラブルをカバーする力もあります。2種類のパウダー、グロッシーパウダーとソフトフォーカスパウダーが、毛穴や小ジワなどの肌の凹凸を滑らかにしてカバー、ツヤのある肌へと導きます。毛穴、赤み、小ジワなどを目立たなくしてくれます。

さらに、保湿成分のヒアルロン酸、リピジュア、スクワランを配合しています。日中の乾燥から肌を守ります。

そして、敏感肌やニキビ肌を悪化させないためには、紫外線対策をすることも重要です。ノブ ベースコントロールスムースUVはSPF28、PA+++で紫外線から肌を守ります。

石けんで落とせるので、落とすときにも肌に優しいです。

使い方

スキンケアをして、スキンケア化粧品がよく乾いてから使用をします。使用目安量はパール粒大です。顔の数か所に化粧下地をおき、顔の中心から外側に向かって広げます。赤みが気になる部位は重ねづけをします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 敏感肌でいろいろな化粧下地を使ってきました。しかし、使用感が悪かったり、肌に刺激があったりなど、よいものを見つけられませんでした。この化粧下地は肌荒れせずに使えています。伸びがよくみずみずしく自然な仕上がりになります。
  • 毛穴を埋めてくれる感覚があり、きれいに肌トラブルをカバーしてくれます。この化粧下地を使っておくと、ファンデーションがピタッと密着をして、化粧の持ちがよくなります。ノブの製品は低刺激だし、石けんで落とせるので肌に優しいと思います。
  • べたつかず油浮きしません。でも、ほどよいツヤを出してくれます。肌荒れを起こしにくく、毎日気持ちよく使っています。

敏感肌やニキビ肌は、肌に合う化粧品を見つけるのが大変ですよね。低刺激処方の化粧下地が、ノブ ベースコントロールスムースUVです。肌に触れるものだからこそ、使用している粉体などにこだわりを持っています。肌に優しいだけでなく、くすみ、毛穴、赤み、小ジワなどをカバーしてくれます。さらに、保湿成分を配合しているので乾燥からも守ります。自然な仕上がりになる化粧下地です。

4.優しいケア処方の化粧下地「ブライトピュアベース」

化粧下地は直接肌に触れるものです。敏感肌は合わない化粧品が多く、化粧下地探しに苦労をしているのではないでしょうか。毎日使える肌への優しさを考えたケア処方をしている化粧下地が「キャンディドールのブライトピュアベース」です。透明感のある肌に仕上げてくれます。

肌へのこだわり

紫外線は肌にダメージを与える原因です。無防備に紫外線を浴び続けていると、肌の乾燥がして外部刺激から守っている肌のバリア機能が落ちてしまいます。また、敏感肌は肌のバリア機能が落ちているため、紫外線の影響を受けやすくなっています。だからこそ、紫外線対策はしっかりしておきたいものです。

ブライトピュアベースはSPF50+・PA+++で紫外線から肌を守ってくれます。

紫外線カット力が高いと白浮しそうですよね。しかし、ブライトピュアベースは透明感のある肌に仕上げてくれます。

秘密はピンクとブルーの2色を混ぜ合わせていることです。透明感を出すブルーと血色感を出すピンクを混ぜることで、透明感のある肌に仕上げます。肌にフィットするので、透明感は長時間続きます。

そして毎日使える優しさを考えて、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、ヤシ油を配合しています。美容成分が肌を優しくいたわってくれます。

カラーはラベンダー、ミントグリーンの2種類があります。ラベンダーは透明感のある肌に、ミントグリーンはニキビの赤みを隠したい方におすすめです。

使い方

スキンケア後に適量を肌に塗ります。頬や額など顔の広いから塗り始めます。顔の中心から外側に向かって広げます。伸びがよく肌に広げやすいです。

スキンケア化粧品でよく保湿をして乾いてからメイクをすると、化粧崩れや肌の乾燥を予防できます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 肌の赤みが気になっていたのですが、塗ると肌に透明感がでます。メイクをしてもニキビ跡の赤みが目立つことがありましたが、ミントグリーンを塗ると赤みが目立ちません。肌がヒリヒリすることもないです。紫外線対策をしっかりしないとと思っているのですが、SPF50+・PA+++なことがうれしいです。
  • 刺激がなく乾燥も気になりません。夏でも化粧崩れすることがありませんでした。ラベンダーは肌の色をワントーン明るくしてくれて、午後になっても肌がくすみません。そして、プチプラなのがうれしいです。ドラッグストアで購入できます。
  • 何本もリピートしています。肌が重たく感じないし、肌荒れをすることもありません。しかも、崩れないし日焼け止め効果も抜群です。紫外線から守ってくれるので、夏でも安心できます。プチプラなのでラベンダーとミントグリーンの2色を持っています。

敏感肌は化粧下地を選ぶのに苦労をしていると思います。化粧下地で肌がヒリヒリすることもあるのではないでしょうか。

肌に優しいケア処方の化粧下地が、ブライトピュアベースです。ヒアルロン酸、ローヤルゼリー、ヤシ油を配合して肌をケアします。敏感肌は紫外線の影響を受けやすくなっているので、紫外線対策をすることも重要です。ブライトピュアベースはSPF50+・PA+++で紫外線から肌を守ります。
伸びがよい化粧下地。透明感のある肌に近づけてくれます。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

5.アクセーヌのマイルドサンシールド

敏感肌はちょっとした刺激に反応してしまい、コスメ選びは大変ですよね。また、敏感だからこそ、ダメージとなる紫外線や乾燥からしっかりと守りたいものです。

紫外線や乾燥から敏感な肌を守りながら、うるおい美肌へと導く化粧下地が「アクセーヌ マイルドサンシールド」です。乾燥肌や敏感肌におすすめの積極的に保湿する化粧下地です。

敏感肌にうれしいポイント

紫外線は肌にダメージを与える原因です。肌には外部刺激から守るバリア機能が備わっているのですが、紫外線を無防備に浴びているとバリア機能が低下をします。その結果、肌の乾燥が進行したり敏感になってしまうことがあります。また、バリア機能が低下した状態で紫外線を浴びれば、紫外線の影響を強く受けることになります。

敏感肌はバリア機能が低下をしているので、きちんと紫外線から肌を守ることが美肌を保つために大切なのです。しかし、SPFが高いと肌への刺激が強くなることが気になります。

マイルドサンシールドは、1年中使えるSPF28・PA++です。SPFが低いように感じるかもしれませんが、値が高いほど肌の負担になります。また、どんなにSPFが高くても汗や皮脂で取れてしまえば紫外線をカットしてくれなくなります。SPFの値が低いものをこまめに塗り直した方が、高い紫外線カット力が期待できます。

紫外線吸収剤は使用していません。紫外線拡散剤が肌に直接触れないようにしているので、1年中快適に使用ができます。

さらに、ヒアルロン酸Naが潤いの膜を形成して肌の乾燥を防ぎ、セラミドが乾燥でカサついて粉を吹いた肌を滑らかな状態に整えます。潤いを与えることでファンデーションがフィットをして、化粧のノリや持ちをアップさせます。

使った方の87%が肌に優しい、77%が肌がしっとりする、72%が自然な仕上がりと回答をしています。さまざまな方から喜びの声をもらっています。

使い方

スキンケア後に使用をします。使用目安量は1~2プッシュです。顔全体にムラなく伸ばします。ウォータープルーフですが、通常のクレンジングで落とすことができます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ときどき他の化粧下地を使うことがあるけれど、やっぱりこれに戻ってきます。戻ってくる理由は、保湿をしてくれることと肌が疲れないことです。コクのあるクリームで乾燥から守ってくれます。そして、つけていても肌が疲れることなく、調子がよくなってきた気がします。
  • 透明感のある肌になります。閉塞感がなく軽い使い心地で、肌の疲れを感じません。クリームのように滑らかなテクスチャーです。容量は少ないのですが、使用量が1~2プッシュなので長持ちします。ポンプ式なので清潔感があります。成分は摂っても安心できるし、肌がきれいに見えるので、気に入っています。

敏感肌は紫外線から守るバリア機能が低下をしているので、紫外線のダメージから肌を守るためには日焼け止めを塗ることが大切です。しかし、SPFが高い日焼け止めは肌への負担が気になります。

マイルドサンシールドは敏感肌でも1年中使えるような化粧下地です。紫外線吸収剤不使用で紫外線から守りながら、潤いケアもしてくれます。滑らかな潤い美肌へと導く化粧下地です。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

今回紹介した5点の化粧下地は低刺激性なので敏感肌の方でも使えますし、保湿成分が含まれているので保湿力も高めで肌を乾燥から守ることが出来ますし、肌の色もワントーン明るくさせて肌を綺麗に見せることが出来るので良い商品です。

値段的には低価格のものではありませんが効果はしっかりとありますし、どちらも伸びの良いクリームの化粧下地なのでコストパフォーマンスは良いほうだと感じます。今回紹介した4点の化粧下地は、敏感肌の方で化粧下地を選ぶのに困っているという方におすすめです。

敏感肌の方でも使用出来るファンデーション2選

敏感肌の方は、市販のファンデーションを使うと肌が荒れてしまい、使い続けることが出来なくていつも化粧品を選ぶ時に困ってしまうという経験をされている方は多いと感じます。

市販のファンデーションには様々な化学成分が含まれているので、敏感肌の方には刺激が強いものが多かったりします。でも現在は敏感肌の方でも使える低刺激性の化粧品が販売されていて、実際に敏感肌の私も低刺激性の化粧品のファンデーションを使うと肌荒れせずに使うことが出来ました。

そこで続いては、敏感肌の方でも使える低刺激性の化粧品のファンデーションを紹介します。

1.ロート製薬のトリートメントファンデーションUV

今回私が紹介するファンデーションは、ロート製薬のプロメディアルという化粧品ブランドの「トリートメントファンデーションUV」というリキッドタイプのファンデーションです。

このプロメディアルのトリートメントファンデーションUVは、香料・防腐剤・紫外線吸収剤などが含まれていなくて、美容液のように保湿力の高めのリキッドファンデーションです。滑らかな塗り心地のリキッドファンデーションで、付属で付いてくるスポンジも柔らかくてしっとりしていて、リキッドファンデーションを付けて肌に滑らせて使うと肌に綺麗にリキッドファンデーションが付きます。

このプロメディアルのトリートメントファンデーションUVはヒアルロン酸ナトリウムという保水力の高い美容成分が含まれていて低刺激性なので、敏感肌の私が使っても肌が赤くなったり痒くなったりせずに普通に使うことが出来ました。

カラーは4種類あり、色白の方用のピンクオークル10とイエローベース系の方用のベージュオークル、ブルーベース系の方用のオークル10とオークル20があります。

SPF25PA+++のリキッドファンデーションなので、軽い紫外線予防の効果があります。

2.ロート製薬のトリートメントフェイスパウダー

それからもう1つ商品を紹介します。プロメディアルのトリートメントファンデーションUVを肌に塗った後に使用する、同じロート製薬のプロメディアルという化粧品ブランドの「トリートメントフェイスパウダー」をというフェイスパウダーです。

このプロメディアルのトリートメントフェイスパウダーは、本物のシルクのようにキメが細かくてふんわりとしたパウダーで、少しだけ色が付いています。肌全体にトリートメントファンデーションUVを塗った後に、肌全体にこのトリートメントフェイスパウダーを付属で付いているパフでポンポンと付けると、肌の色がワントーン明るくなり肌に薄いベールがかかったように綺麗に仕上がります。

トリートメントフェイスパウダーはの色味も良いですし、付属で付いているパフもとてもふわふわしていて気持ちが良いので使い心地が良いです。

敏感肌の私が使用しても肌が赤くなったり痒くなったりせずに普通に使うことが出来ました。パッケージのデザインもゴールドカラーで上品な感じで素敵です。

今回紹介したプロメディアルのトリートメントファンデーションUVとトリートメントフェイスパウダーは、低刺激性の化粧品で敏感肌の方でも安心して使うことが出来ますので、敏感肌でファンデーションやフェイスパウダー選びで悩んでいる方におすすめの商品です。

おすすめ関連記事:

【ニキビ肌におすすめ化粧下地】2018年人気のプチプラブランド

2018.02.04

【肌荒れしてるときのメイク方法】おすすめメイク落としと化粧下地

2018.01.29

美容成分配合で人気のリキッドとパウダーファンデーションランキング2018

2018.01.26

カバー力も人気!プチプラミネラルファンデーション2018最新ランキング

2018.01.25

メイクがテカる女性へ!テカらないテカり防止ベースメイク(化粧下地とファンデ)方法

2018.01.24

崩れない!と人気のプチプラファンデーションブランドランキング2018

2018.01.22

崩れない!化粧ノリが良くなる!おすすめの化粧下地の塗り方

2018.01.17

【乾燥肌に人気でおすすめのファンデーション】安いブランドランキング2018

2018.01.12

40代50代の毛穴シミを隠すと人気!おすすめファンデーションランキング2018

2017.09.22

20代30代におすすめ!プチプラパウダーファンデーションランキング2018

2017.09.21

【毛穴が隠れるカバー力!】人気でおすすめプチプラ化粧下地ランキング2018

2017.09.12

肌に優しいプチプラおすすめ!ミネラルファンデーションとビジョンファンデーション2018

2017.08.04

30代,40代の脂性肌(オイリー肌)に人気!おすすめ化粧下地ランキング2018

2017.06.19

30代,40代におすすめ!肌荒れしない人気のファンデーションランキング2018

2017.03.23

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2018年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2018年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック