【旅行の洋服選びにおすすめの服】着まわしレディースファッション秋

2018秋冬トレンドアイテム

女性の場合、旅行に持って行く洋服選びだけでも一苦労です。せっかくの旅行と言う事で、オシャレも満喫したいし、とは言っても、機能性も重視しなければいけない。また、天候も気にしないといけないと言う事で気にする点が多くなります。

そこで今回は、そんな旅行の洋服選びに困っている人にお勧めのファッションをご紹介したいと思います。

旅行にお勧めのファッション選びは、何もオシャレに重点を置いたものだけではありません。

旅行ならではの悩みも解消する事ができるようになっている為、荷物を最小限に抑える事も可能です。これなら、大きな荷物を持たずに身軽に旅行に出発する事も可能になります。

旅行におすすめのファッション選び

では、実際、どのように洋服選びを行えば良いのでしょうか。

まずは、ボトムスとトップスの割合です。

毎日、ボトムス、トップス共に着替え用としてしまうとどうしても荷物が増えてしまいます。そこで、この両者の割合を変えて洋服選びを行います。ボトムスは、ベーシックなものを選び、どんな洋服にでも合うものを選びます。そうする事で、ボトムスの数を減らす事が可能になります。

スカーフ

一方、トップスにおいては、枚数を削る事は難しいかと思います。それでも、枚数を減らしたいという場合は、スカーフを1枚持って行ってみてはいかがでしょうか。

そのスカーフを巻く事で同じトップスでも雰囲気を変えてファッションを楽しむ事が可能です。

首元や手首などのアクセサリーとして、

sdt dfhdfhd

ヘアアクセサリーとしても、

wsfdh

バッグのアクセントとしても、

hersdh

地味なコーデを華やかにしてくれるのがスカーフ

黒やグレー、紺色など、オフィス着として使い勝手の良い服は色が地味になりがちです。モノトーンの洋服に慣れてしまうと、コーディネートがワンパターン化しやすく、仕事のないオフの日もモノトーンの組み合わせになってしまう事はありませんか?

しかし、そんな時にいきなり色物を取り入れるのはとても勇気のいることです。

また、どんな色が自分に合うのか、そして使いやすいのか、選ぶのにも悩んでしまいます。

モノトーンのコーディネートはシンプルで真面目な印象を与えますが、パッと華やぐような印象は与えてくれません。ちょうど季節は春です。出会いの場が増えるこの時期に、モノトーンを脱出して、第一印象美人を目指しませんか?

モノトーンコーデを脱出する第一段階にオススメしたいのが、スカーフです。

①小物なのでまずは求めやすい価格であることが嬉しいです。

顔まわりを華やかに印象付けてくれるので、色々な色や柄にチャレンジすることて、自分に似合う色や柄をじっくり試すことができます。

②次に嬉しいポイントは、防寒対策できること。

春は季節の変わり目です。朝は暖かかったのに夕方はひんやりすることも多々あります。そんな時は、スカーフを一巻きしているだけで首回りが温かくなるので、健康にも良いでしょう。

③さらにスカーフは巻き方をアレンジできるのがオシャレです。

その日の気温やコーディネートの雰囲気、ヘアスタイルなどに合わせて、色々な巻き方を楽しむことによって、ファッションの幅が広がります。同じスカーフでも、巻き方を変えれば印象がぐっと変化するので、毎日のコーディネートに使っても飽きません。

④最後に、スカーフには着やせ効果もあります。

スカーフを首にかけて膝上くらいまで真っ直ぐたらせば、コーディネートに見事な縦長ラインができます。冬から春にかけて、薄着になるにつれ、体のラインが気になりますが、目の錯覚を使ってうまくカバーできたら素敵ですね。

また、首回りにくしゅくしゅっと巻き、モノトーンのコーディネートのワンポイントアクセントにすると、自然と目線が上の方に行くので、ウエストやヒップラインなどは特にカバーしなくても目がいかないので気になりにくいという効果もあります。ヒラヒラしたスカーフの女性的な印象が強調されて、とても素敵なファッションになります。

私はこの季節に必ず使うスカーフがあります。白黒にピンクや黄色、ベージュ、グレーなど色々な配色のスカーフです。たくさんの色が入っているので大抵のモノトーンコーデには合います。スカーフを巻くだけで一気に春らしい印象になるので気分も上がります。

人の第一印象はファッションや身だしなみで決まると言われています。真面目で誠実な印象も良いですが、笑顔の似合う明るい印象を目指して、ストールコーデにチャレンジしてみませんか?

色物に慣れてきて、自分の好みや似合う色がわかってきたら、トップスやパンツ、バッグや靴など様々なポイントにカラーを取り入れて、ますます魅力的なファッションを目指すこともできます。春色ストールで、身も心もフレッシュに、オシャレで暖かく、スタイルアップした自分で新年度を迎えてみてはいかがでしょうか。

シャツ

また、シャツを1枚持って行く事もお勧めします。シャツが1枚あるだけで、腰に巻きコーディネートに変化を加えるほか、肌寒い時には、さっと羽織って防寒着として利用する事も可能です。

今年の夏は白シャツに注目!

定番のアイテムでありながら、上品でハズさないのが白シャツ。顔周りが明るく見えて爽やかな雰囲気の白シャツは、今季もワードローブに加えたいアイテムです。コンサバ感もきちんと添えられるため、20代や30代のオフィスワーカーさんにおすすめですよ。

飽きのこないファッションアイテムとして人気の白シャツ。

綿や麻・レーヨンなどの涼しい素材の白シャツを選ぶことで、夏らしいオシャレに花を添えてくれます。顔まわりに一番近い場所に、白いシャツを合わせることで女優ライトのように素肌が明るく見えるメリットも!

くすみや疲れ肌をファンデーションのように快適にカバーしてくれるため、毎日のオシャレに自信がもてるようになります。

半袖や七分・長袖など色々なデザインが揃っていることも白シャツの良さ。首元にくるりと巻くだけで、秋の寒さや涼しすぎるエアコンの風から素肌を守ることもできます。

襟ぐりを巻いてみたり、ウエスト部分をボトムスにインすることで、オシャレなこなれ感もより高まります。シンプルであるからこそ、自分らしい着こなしやアレンジ術が楽しめることも定番の白シャツならではの良さです。

白シャツ

白シャツはどんな服装でも合いやすいおすすめのアイテムです。合わせるボトムによってガラッと雰囲気が変わります。たとえば、黒・紺・ベージュなどシンプルなパンツやスカートと合わせれば、オフィスでもきれいな着こなしが。ふんわりしたスカートとあわせればかわいらしい印象に。

白シャツは裾をパンツやスカートに入れるのか、入れないのかによっても印象がかわります。裾をパンツなどに入れないときには、だらしなくならないように気をつけましょう。ボリュームのあるトップスの場合、シャツを入れておくとすっきりした印象になります。

今年らしい白シャツのコーディネートは?

白シャツ×クロップドパンツ

足首が華奢に見えるクロップドパンツは、オフィススタイルにもおすすめ。全身白だとやり過ぎ感があるため、ネイビーやブラック・カーキなどのカラーを合わせます。白シャツのウエストはパンツ内にしっかりインすることで、だらしなさはオフ。できる女性を演出できる、ステキなコーディネートの完成です。

白シャツ×おじさま風ジャケット

会議などがあるオフィシャルな日は、かっちりしたジャケットを合わせて英国紳士風の着こなしを。白シャツの襟は少したてて見せることで、大人の女性らしいモダンさを演出できます。きちんとしたジャケットは、エアコンの風が強すぎるときにも便利。1枚持っておくと重宝します。

白シャツ×ベルト

オーバーサイズの白シャツは、あえてワンピース風の着こなしへランクアップ。白シャツのウエストに大き目のベルトを組み合わせることで、いつもと違ったオシャレ感を味わえます。
仕事帰りに料理教室やヨガ教室に寄りたくなる、心浮き立つコーデです。

白シャツ&華やかストール

オーソドックスな白シャツは、ときには華やかな色のストールと合わせてロマンティックに。ピンクやブルーなどキレイな色のストールを首元に合わせることで、目先の新しいオシャレ感があらわせます。ジメジメとしやすい夏の季節は、麻やシルク・綿などの通気性の良い素材を選ぶのがおすすめです。

白シャツ&ふんわりスカート

裾がきゅっと広がったスカートは女っぷりを上げてくれるアイテム。ピンクやグリーンなどパキッとした色を組み合わせることで、ファッション雑誌から飛び出したような明るい雰囲気に見えます。シルバーやクリア色のサンダルを組み合わせると、周囲の方が振り返るステキなスタイリングになりますよ。

アレンジを楽しむ気持ちが大切!

何色にも染まりやすい白シャツは、どんなコーディネートとも合わせやすい特徴があります。オレンジやグリーンなどの鮮やかな色もうまくまとめてくれるため、ボトムスのカラーは少し華やかな色を組み合わせても失敗のない着こなしに!

少し冒険したコーディネートを楽しむ気持ちも大切ですよ。

エレガントに魅せてくれるのが定番アイテムの白シャツ。体温調節もしっかりしてくれ、ハードな紫外線からお肌を守ってくれるため1枚ワードローブに添えておくと便利です。顔周りを明るくみせてくれるため、美肌アイテムとしても重宝しますよ。

あなたらしい着こなしを楽しんで、晴れやかな明日へステップアップしてくださいね。

ワンピース

その他、何があるかわからないと言う場合は、ワンピースを1枚持って行くと安心です。ワンピースなら、ちょっとかしこまったお店にも着ていく事ができ助かります。

余分な凹凸を目立たせないIラインシルエットのニットワンピースです。ピンタックと袖のラインがおしゃれで美しいポイントです。

ウール混・ミラノリブ配色ラインワンピース

チノ風のやわらかなコットン生地を使ったワンピースです。今年流行りのビッグシルエットと抜け感をプラスするスキッパーネックのデザインです。適度な厚みで美しいシルエットをキープすると共に、ストレッチもあるので着心地抜群です。付属のベルトでウエストマークを付けることもできます。

高密度ツイル・スキッパーワンピース

ピンタック、フリル、はしごレースと女性らしい装飾をあしらったワンピースです。胸元の比翼仕立てが、可愛らしすぎるのを抑え、全体をすっきりと引き締めます。生地はシルクタッチの薄手ですが、裏地付きなので透ける心配はありません。

シルキークロス・ピンタックワンピース

凹凸のあるピンタック編みのニットと、体のラインが見えにくい総針編みのピンストライプ柄をほどこしたスカートのセットアップです。ウエストは総ゴムなのでは着心地楽々です。

ニットスカート・セットアップ

シャリ感ミラノリブのニットセットアップです。きちんと感がありお肉を拾わないミラノリブを使用し、シャリ感のある肌触りとハリのあるスマートシルエットを叶えました。トップスはハイネックと5分袖デザインで、裾にはスリットが入っています。ボトムスは今年流行りのくるぶし丈のニットワイドパンツ で、美しい脚のラインになるように太すぎず細すぎない絶妙なシルエットに仕上げました。ウエストは総ゴムなので履き心地も楽々です。

強撚ニット・ワイドパンツセットアップ

スマートに見せるハイネックニットと体のラインを拾わないセットセットアップです。ハイネックニットはネックと裾部分にボタンをあしらい、さりげない裏地の配色がおしゃれポイントです。またワイドパンツは、ウエストが総ゴムのため履き心地楽々です。チクチクしない素材感も嬉しいポイントです。

ミラノリブ・ハイネックセットアップ

美しいシルエットが自慢のワンピースです。わずかに立ち上がるネックラインが美しく、サイドのダーツとハイウエストの切り替えで、体ををほっそり見せます。細身ですが縦横にストレッチする軽量素材のため、着心地は楽々です。

二重織Wストレッチ・フレアワンピース

縦長効果のあるリブ編みデザインのワンピースです。リブ編みは凹凸感があるので立体的なこなれ感がある一着です。またアウターを着ても、袖がもたつかない袖感もこだわりポイントです。付属の紐でウエストマークを付けることもできます。

リブニットワンピース

上品オーラ漂い、360度美しいシルエットが叶うニットワンピースです。スカート部分はプリーツ加工になっており、動く度に揺れるフレア感が美しいです。ウエストはゴム仕様なので着心地楽ちんです。

ニットプリーツワンピース

※そしてこれら全般に言える事が、シワになりにくい素材を選ぶと言う事です。

どれだけ注意して荷造りをしてもシワになって着る事ができないと言う事もあります。そうならない為にも、出来るだけシワになりにくい素材を選ぶ事も大切なのです。

旅行の際は、洗剤を持参する事もポイント!

長期滞在の旅行になる場合だけではなく、短期間の旅行でも衣類用洗剤を持参すると安心です。もし、改めて同じ洋服を着たいと思った時も、さっと洗う事ができます。

また、汚れてしまった場合も、衣類用洗剤があれば、洗面所で洗い落とす事もでき安心です。

旅行用の小さな衣類用洗剤も販売されている為、是非、持参する事をお勧めします。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

いかがでしたか。

旅行にお勧めのファッションと言うものは、やはり、着回しができて機能性の良い洋服になります。

その上で、写真を撮る機会も多いと言う事からファッションが気になる場合は、スカーフなどオシャレさを演出させることをお勧めします。そうする事で荷物も最小限に収める事ができ、旅行慣れした人のように旅行を楽しむ事ができると思います。

是非、この方法を試してみてくださいね。きっと、楽しい楽しい旅行になる事と思います。

関連記事:

飛行機に持ち込める化粧品!旅行先におすすめ化粧水スキンケア2019

2017.06.13

弾丸で週末に行く短期海外旅行!初めて一人でも楽しいおすすめの国は?

2016.11.15

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック

・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック