【秋冬のレディースワイドパンツコーデ】20代30代女性の着こなし2019

秋も深まり、もうすぐ冬が近づいている今日このごろ。普段スカートコーデが多いOLさんや学生さんも日に日に増す寒さでパンツコーデがしたい!と考えている女性が多いのではないでしょうか?

そこで、この秋冬にパンツコ―デを取り入れたいと考えているOLさんや学生さんにおすすめな秋冬のパンツコーデをご紹介します。

パンツコーデを取り入れることによって得られる効果で、まず1つ目は見た目が知的で大人っぽく見える点です。

女の子っぽさがでるスカートコーデも素敵ですが、パンツコーデには見た目がハンサムで知的に見え、落ち着いた印象を周囲に与える効果があります。特に、普段はスカートコーデが多い女性ならたまにパンツコーデを取り入れるだけでだいぶ周囲の印象が変わる可能性が高いと思います。

2つ目の効果は、やはりスカートコーデよりも動きやすいく暖かい点です。スカートコーデの時はタイツをはいても真冬だと寒さを感じることが多いと思いますが、パンツコーデなら寒さ対策はばっちりだと思います。

ここで、さっそく具体的なパンツコーデを取り入れる方法をご紹介します。

パンツと言ってもいろいろな種類がありますが、ダントツでおすすめしたいのが「ワイドパンツ」です。

ワイドパンツ

数年前までは、ぴっちりした体のラインがはっきりわかるスキニーデニムを愛用している女性がほとんどでしたが、最近はワイドパンツを愛用している女性がかなり増えましたね。

ワイドパンツは、ゆったりしていて履きやすく体のラインもあまり気にしなくていい点が素晴らしいと思います。

また、ワイドパンツはデニム地のものからカッチリとしたビジネスシーンでも着用できるものまで豊富な種類があります。

センタープレスが入ったものにすればいっきに大人っぽくきれいめな印象にすることも可能なので、プライベートだけではなくビジネスシーンに着用することも可能です。

またワイドパンツの素晴らしい点は、はきやすいだけではなく下半身の着やせもかなり期待できる点です!

おすすめのコーデは、細身のニットのタートルネックとベルト付きワイドパンツの組み合わせです。おすすめポイントとしては、上半身は細身のニットをパンツにインしてすっきりした印象にします。

下半身は、ベルト付きワイドパンツでウエストをがちっと押さえてくれるのでとても細く見えます。ベルト付きのワイドパンツを選ぶことで下っ腹が気になる場合もカバーできちゃいますね。

私の周辺の女性たちも、スキニーやストレートジーンズからワイドパンツにチェンジしている人々が大勢います。中には、ワイドパンツの中に厚手のタイツやモモヒキをはいて防寒対策をしている強者もいます。あと、デニム地のワイドパンツの場合は足元をパンプスではなく、スニーカーにするとカジュアルに着こなすことも可能です。

いかがでしたでしょうか?

防寒対策のほか、見た目をキレイめからカジュアル系まで幅広くいけちゃうスーパーアイテム、ワイドパンツ。今までチャレンジしたことがないそこのあなた!寒さが増したこの季節にぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

また、すでにワイドパンツを普段のファッションに取り入れている方はさらにいろいろなコーデを試して楽しんでくださいね。

秋のワイドパンツ

厳しかった夏の暑さも終わり、これから少しずつ 寒くなってくる季節がやってきますね。

季節の変わり目に特に悩むのがファッション。

まだまだ暑い日もあれば、朝晩は冷え込んだりと・・・。着るものに悩む人も多いのではないでしょうか?

今回は今年の秋のトレンドを踏まえながら、手持ちの服も合わせたコーディネート候補をいくつか紹介していきたいと思います。

少ない服でも今風に着こなす工夫も織り交ぜて行きますね。

ワイドパンツ人気は継続!

昨年から続いているボリュームのあるボトムですが、今年の春頃から特に人気だったのが裾丈の長いワイドパンツです。

股上も長くすっぽりゆったりとお尻を包むデザインが特徴です。

トップスをウエストにインすることで、全体的なバランスがよく見えて、腰回りの体型に悩んでいる人も着こなしやすくて重宝しますよね。

裾丈は昨年流行ったガウチョパンツよりやや長め。くるぶし辺りまである丈が今年風です。

定番の色と冒険した色、2色あればOK!

少ないアイテムで着回す方法は、ボトムを一色のカラーに固定して、トップスを着回していく方法です。

今年の秋もウエストにトップスの裾を入れるのが定番の着こなしなので、ワードローブの中にあるアイテムを有効活用すると良いでしょう。

どのトップスでもコーディネートがしやすいのはやはりベージュ。色の薄いベージュからキャメル色に近いベージュまで、好みに合わせて一着持っているとバリエーション豊かに気回すことができます。

今ではファストファッションでも5000円以下でワイドパンツを購入することができます。

この秋注目カラーのボルドーなどをもう一色持っておくと、気分転換になるかもしれません。

ワイドパンツには袖にボリュームがあるタイプのトップスを!

華奢なシルエットのトップスよりも、肩や袖周りにボリュームがあるタイプのトップスの方が今年らしい着こなしです。

裾はウエストにしまうので、遠目から見たラインもウエストがくびれた「Xライン」になるようなイメージです。特に襟元がゆったりと開いていて、袖口にギャザーが寄った提灯型の袖が流行っています。子供らしい若々しさもあり、かつ上品でエレガントな印象も与えてくれます。

これから肌寒くなっていくにつれ、長袖のブラウスを合わせるのも良いでしょう。無地のベージュのワイドパンツと合わせるのであれば、ストライプやボタニカル柄の華やかなブラウスと合わせると、ぐっと印象が上がります。

ワイドパンツにおすすめの靴は?

最後にいつも迷うのが、どのような靴とファッションを合わせるか?という問題です。もちろんショートブーツやパンプスと合わせても素敵ですが、今年の秋はぜひスニーカーと合わせてみることをお勧めします。スニーカーは歩きやすく、デザインが気に入ったものがあれば何でも構いません。

ワイドパンツでエレガントな雰囲気にスニーカーを合わせることで、ちょっと崩して肩の力を抜いたファッションを楽しむことができます。

なんと言っても紅葉が素敵な季節。お気に入りのファッションと歩きやすい靴で、秋の散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。

今年の秋オススメのコーディネートを紹介してきました。

ワイドパンツを1枚用意して、まずは手持ちの服と合わせてみてください。

意外な組み合わせがしっくりときて、今年っぽく、かつ自分らしさを出したファッションを楽しむことができると思います。

その上でさらに「あったらいいな」と思うトップスを追加することで、無駄なお買い物をすることもありません。

今ある服を有効活用して、今年っぽいファッションをぜひ試してみてください!

ワイドパンツを購入する際の注意点 3つ

①トップスに明るい色が多ければダークカラー、暗い色が多ければライトカラーを選ぶとバランスが良くなります。選ぶのに自身のない方は手始めにジーンズを買うと、何にでも合うので失敗は少ないです。

②体型カバーを狙うなら、素材は固めでハリのある生地を選びましょう。テロンとした素材もいいですが、お尻の肉感を拾ってしまうことがあるためです。センタープレスがあると、さらに目くらまし効果がありますし、きちんと感も出せます。こういった条件で選ぶとお仕事のときも使えそうです。

③実際に買って履いてみてわかったことなのですが、もしお腹で履く足長効果ワイドパンツを選ぶなら、いつもより少し余裕のあるサイズをオススメします。

なぜなら、座った時に胃を締め付けるような感覚が少しあったからです。ベルトで調節するのではなくゴムのものだと楽なのですが、どこかへ食べに行く時には注意ですね。

試着する時に椅子があるなら、そこに座って確かめてみてください。また、サイズを大きくした時には丈にも注意です。私は春先にはショートブーツを履きたいのですが、今持っているワイドパンツの丈だとかなり微妙で、もう少し短いか長いかどちらかが良いなという感じです。サンダルなら丁度良いのですが・・・。

お腹周りと丈、この2つに注意すること!これまでワイドパンツを履いたことがない方でも楽しめるものが選べるはずです。1つあるだけで重宝しますよ!

ワイドパンツが似合わない理由と対処法

おしゃれの定番アイテムのワイドパンツ。スタイルをよく見せてくれたり、シンプルに着こなすことができるので履いてみたいと思っても、「なんだか私には似合わない」と感じたことがありませんか。

そこで、ここではワイドパンツが似合わない理由と対処法を紹介します。

ワイドパンツは脚をきれいに見せてくれることがうれしい魅力です。気になる太ももをカバーしてくれたり、ハイウエストなら脚を長く見せてくれます。カジュアルにも、大人っぽくも、きれいめにも着こなせるので、さまざまなシーンで活用できて、いろいろなコーディネートを楽しめます。

でも、似合わないと感じている女性がいることも現状です。似合わないのには理由があります。理由にあった対処法をして、ワイドパンツを上手に履きこなしてみましょう。

ワイドパンツが似合わない理由

・低身長

身長が高い人が履くと、すらっと脚を長く、体型をきれいに見せてくれるワイドパンツですが、身長が低い人が履くともっさりと見えてしまいます。思っていたようなきれいなシルエットにはならず、似合わないと感じてしまいます。

・骨格がしっかりとしている

骨格がしっかりとしている人は、ワイドパンツのようなゆったりしたシルエットで体型を隠そうとしますが、ゆったりしたシルエットが反って体型を大きく見せてしまいます。

・脚が短い

ワイドパンツはゆるっと広がったデザインが特徴です。脚が短いと裾をズルズルと引きずってしまい、だらしがない印象に見えてしまったり、服が体型にあっていないように見えてしまいます。

・バランスが悪い

ゆったりしてボリュームのあるワイドパンツは、上下のバランスを取ることがきれいに着こなすポイントです。着こなし方次第できれいに見えることもあれば、おしゃれ感がなくなってしまうこともあります。

対処法

・すっきり見えるシルエット

低身長が原因で似合っていないのなら、すっきりとしたシルエットのワイドパンツがおすすめです。ワイドパンツといっても太さはさまざまです。やや細めのものを選ぶと、すらっとしたシルエットが生まれます。

・Aラインシルエットを意識

骨格がしっかりとしている人は、全体のシルエットに気をつけてみましょう。ボリュームのあるボトムには、細身のトップスを組み合わせてAラインを作ります。トップスの細さを強調することで骨格がカバーされて、似合うようになります。

・ハイウエストを選ぶ

脚が短くて似合わない場合は、ハイウエストのワイドパンツがおすすめです。腰の位置を高く見せることで、脚全体がすらっと長くなったように見えます。

・全体のバランスを考える

コーディネートのバランスが悪くて似合っていない場合には、全体のバランスを整えてみましょう。ボトムもトップスもボリュームがあるともっさりした印象になるので、トップスや小物でメリハリをつけます。トップスにすっきりしたデザインのものを選んだり、ウエストをマークしたりしてみてください。

ワイドパンツが似合わないのには理由があります。しかし、似合わない理由を知って、それにあった対処法をすれば、きれいに履きこなせるように。上手に履きこなして、ワイドパンツコーデを楽しんでください。

関連記事:

【芸能人、モデルの服装】10月秋レディースファッションコーデとブランド2019

2019.10.01

【10月秋女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019

2019.09.30

【今売れてるもの、流行りの商品】2019年売れ筋人気ランキング

2019.09.28

10月秋おしゃれな服装!レディースファッションコーデスナップ集2019

2019.09.04

【20代後半女性の秋の服装】レディースファッションコーデとブランド2019

2019.02.01

2019秋人気の女性オフィスカジュアルレディースファッションコーデ

2019.01.01

グレンチェック柄のレディーススカート,ワンピース,ジャケット,コートのコーデ秋冬2019

2018.11.21

40代主婦やママの冬レディースコーデ!こんな服装が今年は流行りです。

2018.11.15

秋冬ボアブルゾンジャケットの着まわしレディースコーデと人気ブランド

2018.10.28

秋冬も履く!おしゃれで可愛いスポーツ系スニーカーのレディースコーデ2019

2018.10.23

20代30代冬のママのカジュアルファッションコーデのポイントを抑える

2018.10.13

流行りのソックスをおしゃれにコーデしたい!レディースブランドとコーディネート

2018.10.12

流行りで人気のレディースマウンテンパーカーのおすすめブランド5選

2018.09.19

チェック柄の秋服冬服を着よう!今年はグレンチェックやタターンチェックが流行り

2018.09.18

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック