【肌を補正する人気のコントロールカラー下地(色付き化粧下地)】プチプラおすすめランキング2019

美容におすすめ♪

肌の赤みやシミ・クマ・そばかすなどによる肌のくすみ、血色の悪さなど、女性にとってお肌の悩みは尽きないですよね。

メイクのカラー化粧下地はそんな悩みを解決できるアイテムとして利用されています。赤みにはグリーン、くすみにはイエロー、血色不良にはピンク、など、カラー化粧下地を使うことで、今まで使ったことがないという方も、なんとなく肌色が変わりそうなイメージができるのではないでしょうか。

カラー化粧下地は、肌の悩みに合ったものを使うことで、ガラリと顔の印象をよくすることができます。しかし、使い方を誤ればまったくの逆効果。まずは、種類と選び方について説明していきます。

選び方

カラー化粧下地は、イエロー・ピンク・グリーン・オレンジ・ブルー・パープルの6色が基本です。

  • くすみを消し健康的に見せたいならイエロー
  • 血色をよくみせたいならピンク
  • ニキビ跡や赤みを消したいならグリーン
  • 茶色のくすみが目立つ方はオレンジ
  • 透明感をアップしたいならブルーやパープル

など色と用途が決まっています。

また、季節によっても、選ぶカラー化粧下地を変えたいもの。特に冬場は、乾燥や血色不良で顔色がよくない方も多いはず。そんなときは、ピンクのカラー化粧下地を使って、明るく柔らかな印象にしましょう。それだけで全体の印象がかなり違ってくるはずです。

お肌の状態は日々変化するものであり、カラー化粧下地の選び方にワンパターンの正解はありません。ご自身の好みやなりたい印象によっても違ってくるはず。まずは一度、肌としっかり向き合って、どんなお肌になりたいかをしっかりイメージした上で使用する色を選んでみましょう。

使い方

続いて、カラー化粧下地の正しい使い方をみていきましょう。カラー化粧下地を塗るタイミングは、ファンデーションの直前。まず、手の甲でしっかりと伸ばし、指でなじませながら、気になる部分や顔全体に伸ばしていきます。

そして、最後にスポンジを使ってなじませると、余分な下地もとれファンデーションが崩れにくくなります。

ポイントは「薄付き」にすること。

どんなに気になる部位があっても、塗りすぎてはいけません。隠すどころか余計に目立ってしまった、などということになります。

カラー化粧下地を塗る前に、もっと気をつけておきたいのが洗顔です。寝ている間にたまった皮脂をしっかり洗い流し、清潔な状態で化粧水や保湿液で保湿を行ってから、カラー化粧下地を塗るようにしましょう。このひと手間が、その日のメイクのノリや崩れ、持ち時間にも大きく関わってくるのでとても大切です。

最後に、カラー化粧下地とは、肌のコンプレックスをうまくごまかしてくれる便利なアイテムです。しかし、色の選び方や使い方を間違えるとまったくの水の泡。選ぶのが難しい、という方は、デパートの化粧品専門店などに行くと専門家が選んでくれるので安心です。詳しい友達に聞くのもいいでしょう。そして、あなたのお肌にぴったりの色選びと使用方法で、お肌の悩み解消に近づけていってくださいね。

コントロールカラーの人気でおすすめのプチプラブランドランキング

第11位 カリプソのマジックベース

化粧崩れ、皮脂、くすみ肌、紫外線など、大人の肌の悩みはさまざま。いろいろな大人の悩みをカバーしてくれるコスメがあったら、メイクが簡単になりますよね。

おすすめは「カリプソのマジックベース」です。シミ・小ジワ・くすみ・ほうれい線などさまざまな悩みをカバーし、化粧崩れを防ぎます。

きれいのポイント

板状のカラーコントロールパウダーが光を乱反射させて毛穴をカバー。くすみを飛ばして明るい肌に導きます。肌に広げると美容保湿成分NKGケフィアが浸透をしてエイジングケアも。肌に潤いを与えることでハリが生まれます。

凹凸補正パウダーが毛穴や凹凸に入り込んで、滑らかな肌に整えます。

このようにきれいに整えてくれても、皮脂が多く分泌されてしまうとメイクと肌の密着力が低下をするので、化粧崩れを起こしてしまいます。お昼ごろには化粧崩れしてしまう方もいるのではないでしょうか。

カリプソ マジックベースはオイルキャッチパウダーを配合。余分な皮脂だけを吸着して皮脂による化粧崩れを防ぎます。また、べたつき防止成分配合で肌表面はさらさらな肌に。皮脂を吸着したりさらさらになる成分を配合しているコスメは、肌が乾燥しやすい傾向があるのですが、マジックベースは保湿成分を配合しているので乾燥から守ります。

SPF30で紫外線対策にも。選べる2色展開。暗い肌色用のサーモンベージュと明るい肌色用のピンクベージュが用意されています。

使い方

適量を手に取りだし、顔の内側から外側に向かってムラなく広げます。小鼻の周りや口元など崩れやすい部位は、軽く押さえてフィットをさせます。毛穴やほうれい線は、スポンジにつけて素早く広げることがコツです。シミや小ジワは叩き込むようになじませることがコツです。

この後に、ファンデーションを使用し、コンシーラーやフェイスパウダーはお好みで使用してください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 塗るだけで小顔効果が期待できるこちらを購入しました。肌にハリを与えてキュッと引き締めてくれます。目元に塗れば目元がパッチリに。美容液ベースで、手に取るとぷるぷるなテクスチャーです。肌にするするっと伸びます。肌がぷるっとハリのある仕上がりになりました。
  • フェイスラインを引き締めて引き締まった顔に見せてくれる化粧下地です。ジェル状のテクスチャーでなじみがよいです。化粧のノリがよくなります。皮脂を吸着してくれて、化粧崩れを防いでくれます。
  • BBクリームがなくなりとりあえずのつなぎで購入をしたのですが意外とよいです。したいとして塗りやすいサラッとした使い心地で、ファンデーションを重ねるとハリがでる気がします。化粧崩れを防ぐので下地として使うには十分です。乾燥を防いでくれて肌との相性がよかったです。

カリプソのマジックベースは、シミ、くすみ、毛穴などいろいろな大人の肌の悩みをカバーしてくれる化粧下地です。1つのコスメでいろいろとカバーしてくれると、メイクが楽になって助かりますね。また、保湿成分配合で潤いを与えてくれて、それでいながらさらさらになって化粧崩れを防いでくれます。

さまざまな肌悩みを抱えている方におすすめです。

第10位 カバーファクトリーのカラーコントロールベース

黄ぐすみにはブルー、青クマにはピンク、赤みにはグリーンの下地を使うと上手に隠せます。気になる悩みを隠すには下地のカラー選びが重要なのです。

3色から悩みにあわせて選べるカラーコントロール&化粧下地が「カバーファクトリーのカラーコントロールベース」です。色ムラ、毛穴、凹凸をカバーして肌を滑らかに整えます。

特徴

黄ぐすみや赤みなどの肌の悩みをカバーするには補色を使うことがポイントです。補色とは、二つの色を一定の割合で混ぜたときに、光の場合は白色になるとき、二つの色は補色であるといいます。

黄色の補色は青系、赤の補色は緑になります。そのため、黄ぐすみにはブルー、青クマにはピンク、赤みにはグリーンの下地を使うことで目立ちにくくなります。

カラーコントロールベースは、ブルー、ピンク、グリーンの3色展開です。肌の悩みにあわせてカラーを選べます。

手に取り出したときはブルーやピンクなどそのままの色なのですが、肌になじませるとカラーカプセルが弾けて色ムラを整えます。

毛穴や凹凸をカバーする働きも。肌を滑らかに整えてファンデーションのノリをよくさせます。

肌トラブルを防ぐには紫外線対策も重要になります。カラーコントロールベースはSPF33・PA+++で紫外線をブロック。ブルーライトカット成分配合で、PCやスマホなどから発生されるブルーライトからも肌を守ります。PC作業やスマホの操作時間が長い方はしっかりブルーライト対策をしておきたいですね。

使い方

黄ぐすみを隠したい・透明感を出したいときにはブルー、青クマを隠したい・血色感を出したいときにはピンク、赤みをカバーしたいときにはグリーンがおすすめです。

適量を指先に取り出し、カバーしたい部分になじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 肌になじませると肌色に変化をしてなじみます。がっつりグリーンとかブルーでないところが気に入っています。透明感を出したくてパープル系の下地を使ったのに白浮きする人におすすめです。下地とカラーコントロールを兼ねているのでメイクが時短になって楽なところもよいです。
  • ファンデーションが好きでないけれど毛穴やシミを隠したいので購入をしました。少量でもスーッと伸びて、毛穴やシミを隠し、肌色が明るくなります。グリーンとピンクを使っていますが、肌に伸ばすとグリーンやピンクがだんだんと肌になじんできます。ファンデーションを使わなくても印象がだいぶ変わるので重宝しています。
  • ピンクを目の下のクマに、ブルーをまぶたにつけています。緩めのテクスチャーで伸ばしやすいです。肌はワントーン明るくなり、ファンデーションをつけるとちょうどよい色味になります。ピンクとブルーを混ぜてラベンダー色にして使ったり、ちょっとしたお出掛けのときにはこれだけでメイクすることもあります。

黄ぐすみ、青クマ、赤みなどの悩みは、それぞれに適したカラーの下地を使うことが上手に隠すポイントです。

カバーファクトリーのカラーコントロールベースは、ブルー、ピンク、グリーンの3色展開で肌の悩みにあわせてカラーを選べます。色ムラを整え、毛穴や凹凸の目立たない滑らかな肌に整えるカラーコントロール&化粧下地です。

<<Amazon>>

第9位 肌色をコントロールして美しい肌に導くコントロールUV

色ムラ・くすみ・小ジワ・毛穴など、大人の肌は悩みがたくさん。そんな大人の肌をサポートする補正下地「メイコー化粧品 MCコレクション コントロールUV」です。肌を均一に整えて美しい状態に導きます。

3つのポイント

①バウンスライトパウダー配合

バウンスライトパウダーとは、クッションのように柔らかく肌にするするとなじむパウダーのことです。柔らかいため伸びがよく肌に均一に広がって、凹凸、小ジワ、毛穴などを自然にカバーします。

光をあらゆる方向に拡散させて、くすみやシワも目立ちにくくさせます。肌の内側から輝くようなツヤを演出します。

また、汗や皮脂による崩れを防ぎます。

②スキンケアのような潤い感

保湿成分のヒアルロン酸Na、スクワラン、マカデミア種子油を配合しています。肌に潤いを与えて、メイクをしている間の乾燥から守ります。また、保湿成分配合なので滑らかな使い心地です。スキンケアをしているかのようです。

③紫外線カット

SPF45・PA+++で日中の紫外線をしっかりとカット。シミの原因のUVBとシワやたるみの原因となるUVAから肌を守ります。紫外線吸収剤は使用していません。

カラーは全3種類です。

  • くすみ・赤み・茶グマをカバーするイエロー
  • 肌が青白く見える方におすすめのラベンダーピンク
  • 肌をワントーン明るく見せるホワイトパール

が用意されています。

使い方

スキンケアで肌を整えてから使用をします。紫外線カットをするので日焼け止めは塗らなくてもよいです。

1プッシュを手の甲に取り出し、顔の中心から外側に向かって均一に広げます。鼻や口の周りなど崩れやすい部位は軽く押さえてなじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • くすみが気になるのでイエローを購入しました。カバー力が高く肌を均一に整えてくれます。プッシュ式なので使いやすく、べたつきは気になりません。クリームファンデーションを重ねてもきれいな仕上がりです。UVカットしてくれるので安心できます。
  • 疲れると血色がない肌に見えてしまうので、ラベンダーピンクを購入しました。とても上品な色合いでピンクを主張しすぎることがありません。プッシュ式で使いやすいです。これを塗ってからルースパウダーを塗るだけでも、手抜き感はなくいい感じになります。また、スルスルと伸びがよく摩擦が少ないところもよいです。高SPFによるキシミは感じません。
  • 伸びがよいクリームで、保湿をしっかりとしてくれます。ラベンダーピンクはほんのりとしたピンク色で肌色を補正してくれます。これを使っておくとファンデーションのノリがよくなります。SPF45・PA+++で紫外線対策はバッチリなのに紫外線吸収剤を使用していないところも魅力的です。

紫外線対策をしっかりとしたくても、SPFやPAの値が高いと使用感が悪くて日焼け止めを塗るのも嫌になってしまいませんか。でも、MCコレクション コントロールUVならSPF45・PA+++なのに紫外線吸収剤不使用でキシミ感がなく、滑らかに伸びる使い心地です。

くすみ・小ジワ・毛穴などをカバーする働きも。しっかり紫外線対策しながら肌悩みもカバーできて、しかも潤う補正下地です。

<<Amazon>>

第8位 ピディットのモイストコントロールベース

ラベンダー

スキンケア化粧品でしっかりと保湿ケアをしたのに、メイクをして時間が経つと肌が乾燥することがありませんか。乾燥肌カサカサして不快なだけでなく、化粧崩れの原因になります。

スキンケアしたてのような潤いが続く化粧下地が「ピディット モイストコントロールベース」です。乾燥知らずに肌を目指しませんか。

4つのポイント

①大人の肌悩みをひと塗りでカバー

肌が乾燥しがちだと、肌はくすんだ印象になります。ピンクカラーの化粧下地やコンシーラーは、血色がよい肌に見せてくれます。しかし、厚塗り感が出たり、肌の赤みはカバーすることができません。

ブルーを使うと透明感がでて、くすみもカバーができます。しかし、塗りすぎると血色が悪い肌色になります。

ピンクとブルーのいいところを両立させたカラーがラベンダーです。モイストコントロールベースは、ラベンダーカラーの化粧下地です。薄塗りなのに大人な肌悩みをカバーします。

②スキンケアクリームから作った化粧下地

モイストコントロールベースはスキンケアクリームから作った化粧下地です。

うるおいラッピング成分が肌を潤いの膜で覆って、みずみずしさをキープさせます。保湿成分がキメの整ったような滑らかな肌に導き、さらさらベール成分を配合しているので、潤うのにさらさらな肌が持続をします。

③メイクしながらスキンケア

カニナバラ果実油、カミツレ花エキス、ユキノシタエキス、ハトムギ種子エキスを配合しています。これらの美容成分が肌に潤いを与えるので、メイクしながらスキンケアも。

④肌に優しい

メイクはほぼ毎日するものだから、肌への優しさを考えています。

SPF23・PA+++で日中の紫外線から肌を守ります。エタノール、タール系色素は不使用、パッチテスト済みです。

使い方

スキンケア後に化粧品がよく乾いてから使用をします。

使用目安量はパール1粒分です。手のひらに取りだしたら、両頬、額、鼻、あごの5か所に置いて、指の腹を使って顔全体に広げます。最後に両手で覆ってなじませます。日焼け止め効果を高めるためには、こまめな塗り直しをしてください。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • この化粧下地を使うようになってから、肌がきれいになったといわれるようになりました。毛穴をカバーしてくれて、しかも肌が乾燥しません。クリームのようなテクスチャーで、肌に潤いを与えてくれている感じがします。パッケージがかわいくておしゃれです。
  • 白浮きしないかなと思ったのですが、伸ばすと肌になじんで透明感がでます。少量でも広範囲に広がり、不自然にならずにワントーン明るい肌に仕上げます。クリームのような使い心地だけれど重くはなく、肌の乾燥を防いでくれます。チューブからだすと、ふわっとよい香りがします。長時間つけていても肌の疲れを感じません。

長時間メイクをしていると肌が乾燥してきませんか。しっかり保湿ケアをしても、時間が経つほどカサカサが気になってきますよね。

乾燥が気になる方や大人の肌トラブルが気になる方におすすめが、ピディット モイストコントロールベースです。

ラベンダーカラーの化粧下地が、ひと塗りで大人の肌悩みをカバーします。スキンケアクリームから作っているので、肌の乾燥を防いでもくれます。1日中潤いと透明感のある肌に仕上げる化粧下地です。

<<pdcのAmazon公式ショップ>>

ミントカラー

ニキビやニキビ跡の赤みが気になる、肌が乾燥するけれどテカリも気になる、メイク崩れが気になる、こんな悩みがありませんか。

テカリを抑えて赤みをカバーし、透明感のある肌を作ってくれる化粧下地が「ピディットのオイルコントロールベース」です。

テカテカ肌にも赤みで悩む肌にもさよならしませんか。

4つのポイント

①赤みをひと塗りでカバー

ニキビやニキビ跡を化粧下地やコンシーラーでカバーするのは難しくありませんか。

イエローは赤みをカバーしてくれるのですが、厚ぼったくなってしまいます。ブルーなら透明感が生まれるのですが、使い過ぎると血色が悪い不健康な印象になります。

イエローとブルーのいいとこどりをした色がミントです。ミントカラーのオイルコントロールベースなら、ひと塗りで赤みをカバーできます。

②テカリを抑える

オイルキャッチパウダーが皮脂を吸着してテカリを抑えます。ハマメリス葉エキスが凹凸を引き締めて毛穴はキュッと引き締まった状態に。シルキースムーコーティングパウダーが、さらさらと潤い肌を両立させ、凹凸を埋めて滑らかな肌に導きます。さらさらな肌が長時間持続します。

③美容成分配合

オイルコントロールベースは美容成分配合でメイクしながらスキンケアも。カニナバラ果実油、ユキノシタエキス、カミツレ花エキス、ハトムギ種子エキスが、メイクをしながら健やかな肌へと導きます。

④肌に優しい使い心地

肌にダメージを与えるものが紫外線です。無防備に浴び続けていると、シミ、シワ、くすみなどの原因になります。

オイルコントロールベースはSPF30・PA+++で日中の紫外線から肌を守ります。紫外線吸収剤、鉱物油、タール系色素、パラベンは不使用です。

使い方

スキンケアの後に使用をします。スキンケア化粧品がよく乾いてから使用をした方が、メイク崩れをしにくくなります。

パール1粒を手に取り、両頬、額、鼻、あごの5か所において、指の腹を使って広げます。最後に手のひら全体で顔を覆ってなじませます。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 肌のくすみや黄色味が気になっていたのですが、ミントカラーで透明感がでます。塗った直後は塗りすぎたかなという感じなのですが、時間が経つと肌になじみます。毛穴の凹凸をカバーしてくれて、マット肌になります。厚塗り感はありません。テカテカならずに過ごせるので、夏のベースアイテムとして使えそうです。
  • 伸びがよくて厚塗り感ゼロです。少量でもカバーできます。赤みをカバーするミントカラーです。「色が白くなった」と友達にいわれたので、透明感がアップしているのだと思います。赤みが気にならなくなったのでうれしいです。パッケージがかわいくてポーチに入れて持ち歩いています。

ニキビやニキビ跡の赤みをカバーするのは、テクニックが必要だったり色選びが難しくて、大変ですよね。赤みが気になる方におすすめが、ピディット オイルコントロールベースです。

オイルコントロールベースはイエローとブルーのいいところを両立させたミントカラーの化粧下地です。赤みをカバーして透明感のある肌に仕上げます。透明感がありテカリが気にならない滑らか肌を目指しませんか。

<<Amazon>>

第7位 ツヤ肌に仕上がるMACのストロボクリーム

憧れの内側からほのかに発光するような上品なツヤ肌…。なかなかコレ!というものには出会えないものです。

しかしそこはやっぱりデパートコスメの出番です。使えるデパートコスメのツヤ肌下地をコスメフリークが実際にあれこれ試してよかったものです。

どうしても納得いくツヤ肌が出来ないと嘆いている人は是非おすすめ下地を使ってみてください。

テクニックいらずでキレイなツヤ肌が作れますよ。

「MACのストロボクリーム」

自分の肌がこんなにきれいだったかと思うほどキレイなツヤ肌が完成します。

開けた瞬間すごくパールが入っているけど大丈夫!?と思ってしまいますが、肌に塗ると不思議、ギラつかずに自然に発光してくれます。

さらにこの上から薄く手持ちのルースパウダーやファンデーションを重ねると上品な仕上がりになります。乾燥もしにくいのでエアコンの効いた室内でもおすすめです。

最近は公式ネットショップと一部の大手百貨店だけでリトルマックという千円台のミニサイズを発売しているのでぜひ試してみてください。

=ツヤ肌メイク下地を塗る時の注意点=

つけすぎるとギラギラして不自然に仕上がるので少量を少しづつ塗りましょう。

また、蛍光灯の下や暗いところでつけるとつけすぎてしまうので太陽の光が当たる場で使うとより自然に仕上がります。上から乗せるパウダーは薄く、たくさん塗ってしまうとせっかくのツヤ肌が隠れてしまいますのでカバー力を求める場所はコンシーラーでピンポイントに隠しましょう。

ツヤ肌下地を全体に使うのではなくハイライト的な使い方をするのもおすすめです。

自然に顔の彫りを深く見せてくれます。

以上、様々失敗を重ねて使い心地のいいツヤ肌下地にたどり着きました。

お肌の色も日によって違いますから贅沢に下地をその日の状態に合わせて選ぶのもおすすめです。いつも頑張っている自分へのご褒美としてデパートコスメの化粧下地を買って毎日のお化粧を楽しくしちゃいましょう。

<<Amazon>>

第6位 無印良品のコントロールカラー

最近、眠りが浅く、目の下のクマが目立ってきました。鏡に映る自分がなんとなく若い頃よりも顔色も良くないような気がします。透明感ある印象にしたいけれど、どうしたらいいのかと困っていました。

そんな時に、無印良品から発売されているコントロールカラーがかなり使えるというインターネットでの口コミを発見しました。

そして早速、無印良品へ出向き、先日購入してみました。購入してみたアイテムはコントロールカラーのブルーです。

実は初めてコントロールカラーを購入するので、何色を購入すればいいのかわかりませんでした。発売されているカラーはピンク、イエロー、ブルーの他にパールとパープルがあります。

2018年にそれまでのデザインからリニューアル!見た目にもすっきりしていて素敵です。それぞれのカラーで使い道が違うので、自分に合うカラーを選びましょう。

ピンク

まず、ピンク。

こちらは青クマや顔色の悪さをカバーしてくれます。肌馴染みがとても良いので、自然で柔らかな血色感を演出してくれます。

イエロー

イエローは、肌のくすみやシミ・ソバカスだけでなく、色ムラを抑えてくれる効果があります。明るく健康的な肌質を作りたいときに使用するのがおすすめです。

ブルー

私が購入したブルーは黄くすみや茶グマなどをカバーしてくれるアイテムです。全体的に使用するよりも、気になる部分へピンポイントに使用すると良いようです。透明感を作りたいなら、ブルーが良いという口コミも発見しました。

パール

パールはくすみ感のある肌をワントーン明るく仕上げてくれる効果があります。腕やデコルテに使用すれば、ツヤ肌に見せてくれます。健康的な肌感を演出することができます。

パープル

パープルは黄味を抑えつつ、血色感を残してくれるカラーです。ブルーとも同じような効果があるのですが、パープルは健康的で透明感のある肌を作ってくれます。

事前に調べた時はパールやパープルが良いかな?と思っていました。しかし、店頭で実際に試した時に、ブルーの方が自分の肌に合っているような感じがありました。

ただ、全体的に使用すると白くなりすぎるという口コミも見つけたため、少し不安に思いながら購入しました。

実際に購入して使用してみたところ、やはりブルーを購入してよかったと感じました。私は目の下の茶色いクマや顔全体のくすみが気になっていました。ブルーのコントロールカラーを気になる箇所にピンポイントで使用し、その上からいつも使用しているリキッドファンデーションを乗せます。するとかなり透明感のある肌感になりました!

クマやくすみがかなり抑えられたので、かなり驚きました。

なんで今まで使用していなかったのかと後悔するくらいです。¥いつも隠すようにファンデーションを塗っていたので、厚塗り感がありました。しかし、使用してみると厚塗り感は全くなく、自然な仕上がりになりました。

無印良品のコントロールカラーは、UV効果もあるので、紫外線が気になる際も安心して外出することができます。液状なので、ムラにならず、白浮きしないということも気に入りました。

もし私と同じように肌のくすみ感に悩んでいる方がいるのでしたら、無印良品のコントロールカラーを試してみる価値はあると思います。

価格も1000円以下で購入することができるため、コストパフォーマンスもとても良いのでお勧めです!

<<Amazon>>

第5位 くすみ肌もニキビ肌もエチュードハウスのプライマーでトーンアップ

ニキビ・くすみ・クマなど隠すのが難しいですよね。くすんでいたりクマができていると顔の印象は暗くなってしまい、悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

ニキビ・くすみ・クマに悩む方におすすめの化粧下地が「エチュードハウス フィックス&フィックス トーンアッププライマー」です。厚塗り感なくトーンアップして、自然な透明感のある肌に仕上げます。

4つのポイント

①1日中くすみのない肌に

午後に鏡を見たら顔がくすんでいた、こんな経験がありませんか。くすんだ顔を鏡で見るとどっと疲れてきてしまいますよね。でも、フィックス&フィックス トーンアッププライマーなら1日中くすまない肌に。明るい肌色が持続します。

②ヨレにくい

みずみずしいテクスチャーのクリームで少量でもよく伸びます。厚塗り感がないピュアな透明感のある肌に仕上がります。ヨレにくいので、つけたてのような美しさが続きます。

③ひきたつ美肌に

厚塗り感なく肌色を補正して、トーンアップ効果で透明感のある肌に導きます。次に使うベースメイクのノリを高めて、より美しい仕上がりに。素肌っぽいメイクにも、立体感のあるメイクにも仕上げることができて、美肌がひきたちます。

④健やかな肌に

うるおいヴェールが肌を包み込んで肌を優しく守ります。SPF33・PA++で日中の紫外線をカット。チリやホコリからも肌を守り、肌を健やかな状態に保ちます。

カラーバリエーションは3色です。血色感をプラスするローズ、赤みを抑えるミント、黄ぐすみ肌を透明感のある肌に仕上げるラベンダーの3色が用意されています。

使い方

スキンケアで肌を整えてから使用をします。適量を手に取りだし、顔の中心から外側に向かって伸ばします。気になる部分は少量を薄く重ねつけするとカバー力が高まります。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • ラベンダーの下地を使うのは始めてなので迷ったのですが、これを購入してよかったです。きちんと肌色が補正されて顔色が明るくなることはもちろん、心配していた化粧崩れはひどくありませんでした。この下地を使うと肌が潤います。気に入ったのでリピートする予定です。
  • 肌をきれいに見せたいときにローズのこの下地を使っています。赤みを減らす手助けをしてくれて、コンシーラーも使うとよりきれいに仕上がります。くすみの気になる肌にはローズが透明感が出てよいと思います。乾燥肌なのですが、粉をふくことなく過ごせます。のっぺりした顔ですが立体感を出してくれました。
  • はじめての韓国コスメです。今まで使っていた他の化粧下地は乾燥が気になったので、こちらを試してみました。正直期待はしていなかったのですが使ってみて驚きました。保湿力があるし、化粧のノリがよくなります。仕上がりがきれいで感動しました。

ニキビにはグリーン系、くすみにはピンク系など、肌の悩みにピッタリな下地の色があります。

フィックス&フィックストーンアッププライマーは、ローズ、ミント、ラベンダーの3色展開で、ニキビ、くすみ、クマなどの悩み肌を明るい透明感のある肌に導く化粧下地です。肌の悩みにあわせてカラーを選んできれいな肌を演出してみませんか。

<<Amazon>>

第4位 黄ぐすみ肌を透明肌にキャンディドールのラベンダー色の下地

肌がくすんでいると、どんより疲れた印象を与えてしまいます。でも、メイクで黄ぐすみを飛ばすのって難しくありませんか。厚塗りになってしまったり、白浮きしたり、そんな経験を持つ方もいるのではないでしょうか。

黄ぐすみには「キャンディドールのブライトピュアベース<ラベンダー>」がおすすめです。ちゅるんとした透明肌に仕上げます。

透明肌を作る秘密

色ムラやくすみを飛ばすには、肌の色と反対の化粧下地を使うことがポイントです。黄ぐすみが気になるときには、パープルを使うと透明肌に近づきます。

ブライトピュアベースは、透明感を与えるブルーと血色感を与えるピンクのいいところどりをしたパープルの下地です。黄ぐすみを飛ばして透け肌に仕上げます。

また、くすみを防ぐためには紫外線対策も重要です。紫外線を無防備に浴び続けていると、メラニンの生成が促されて肌が黒ずんできてしまいます。

ブライトピュアベースは、SPF50+・PA+++です。紫外線の影響を防ぐことで透明肌を守ります。

また、毎日使って欲しいから肌への優しさも考えられていて、ヤシ油、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸などの美容成分を配合しています。

毎日使って透明肌を目指してみませんか。

使い方

化粧水などで肌を整えてから使用をします。適量を手に取りだし、両頬、額、鼻、あごにのせて、顔の中心から外側に向かって伸ばします。小鼻や目の周りなど崩れやすい部分は、指やスポンジに残った下地を伸ばします。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 透明感が欲しくてラベンダー色の下地を購入しました。本当にちょっとの量でも肌に透明感を与えてくれます。肌がパッと明るくなる感じです。白浮したり乾燥することはありません。リピート決定です。
  • 何本リピートしたかわからないほど愛用をしています。全く重くない、崩れない、乾燥しない、紫外線対策、満足しています。乾燥肌なのですが冬でも大丈夫でした。少量でもよく伸びて肌にフィットをします。そして、くすみやクマなど気になるところを消してくれて透明肌に仕上がります。すっぴんでも肌に透明感が生まれた気がするので肌に優しいのだと思います。手放せなくなりました。
  • ラベンダー色の下地は初めて購入をしました。以前から赤みや黄ぐすみが気になっていたのですが、これを使うとその気になっていたところが目立たなくなります。顔が白くなることはなく、肌色をコントロールしてくれます。ファンデーションの色が合わないことも悩みだったのですが、このおかげでファンデーションも肌の色になじむようになりました。少量でよく伸びるのでコスパはよいです。

黄ぐすみを飛ばすにはパープルの下地を使うのがおすすめです。キャンディドールのブライトピュアベースのラベンダーなら、透明感を与えて明るい肌に導いてくれます。ただ透明感のある肌に仕上げるだけでなく、SPF50+・PA+++で紫外線から肌を守ってくれたり、美容成分配合で保湿までしてくれます。

メイクは仕上がりだけでなく、使用感も大切ですよね。黄ぐすみを飛ばすだけでなく、毎日使える肌への優しさや使用感にもこだわった化粧下地です。これまでパープルの下地を使ったことがない方には特におすすめです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

第3位 dプログラムの薬用スキンケアベースCC

肌荒れをしているときにメイクはしない方がよいと思っていませんか。メイクをして余計に肌が荒れそうだったり、メイクによる肌への刺激が心配ですよね。

肌荒れをしているときに頼れるコスメが「dプログラムの薬用スキンケアベースCC」です。

敏感肌特有の色悩みやニキビをカバーしながら、肌をケアするCCベースです。

特徴

肌荒れをしているときには、肌への刺激を避けるためにメイクをしない方がよいこともあります。でも、肌荒れしている肌を人には見られたくないので、メイクをしたいときもありますよね。また、肌荒れをしている肌は外部刺激に敏感になっているので、外部の刺激から守るためにメイクをした方がよいこともあります。

肌荒れをしているからメイクは控えたい、でも気になるところはカバーしたい、そんなときに頼れるコスメが薬用スキンケアベースCCです。

薬用スキンケアベースCCは、ナチュラルベージュ・ブルーグリーン・ベビーピンクの3色展開です。

これらの色は肌悩みと補色の関係になっています。

  • 青っぽさが気になる色素沈着やクマにおすすめは、ナチュラルベージュです。青の補色は黄色やオレンジで、補色の関係で自然にカバーをします。
  • 赤みにはブルーグリーンがおすすめです。赤の補色は青です。
  • 血色がない肌にはベビーピンクがおすすめです。青の補色の赤が血色のある肌を演出します。

また、肌荒れをしている肌のことを考えた薬用スキンケア処方です。肌荒れを予防するトラネキサム酸とニキビを予防するグリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。

パラベン、アルコール、鉱物油、香料は無添加な低刺激設計です。敏感肌の方の協力によるパッチテスト済みです。SPF20・PA+++、紫外線吸収剤は不使用で肌を紫外線から守ります。
荒れた肌にもフィットをして化粧のノリをアップさせます。

使い方

化粧水や乳液などで肌を整えた後に使用をします。

適量を手に取りだし、顔の中心から外側に向かって優しく広げます。特にデリケートな部位は力を入れないように気をつけてください。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 赤みとニキビが気になるのでブルーグリーンを購入。肌荒れをしているときにメイクをして荒れが悪化しないか心配で、このような商品の登場を待っていました。テクスチャーはゆるすぎず、肌にピタッと密着をしてくれます。毛穴や凹凸をカバーして、厚塗り感のない自然な仕上がりです。ニキビが悪化することなく使えています。
  • 赤紫のクマを消すためにブルーグリーンを購入しました。赤みをしっかりと隠してくれて、全体的に透明感がでる気がします。保湿力はあり乾燥しにくいです。ヒリヒリ感はなく過ごせました。敏感肌でも問題なく使えて、粉っぽくならないところが気に入っています。

肌荒れているときにメイクをすると肌荒れが悪化しそうだけれど、メイクが必要なときもあります。そんなときに頼れるのが、dプログラムの薬用スキンケアベースCCです。

肌荒れやニキビを予防する成分を配合、補色の関係で気になる部分を自然にカバー、荒れている肌にも密着をするCCベースです。肌荒れをしているときには使いたくなるようなコスメです。

<<Amazon>>

第2位 3つの機能を備えたセザンヌの化粧下地

化粧下地には次に使用するメイクをフィットさせる働きがあります。きれいにメイクをするためにはフィットさせることが重要なので、化粧下地の選び方がメイクの仕上がりを左右します。

きれいに仕上がることはもちろん、スキンケア効果まであったらうれしいと思いませんか。スキンケア効果、肌色補正、毛穴の凹凸補正の3つの機能を備えた化粧下地が「セザンヌUVウルトラフィットベース」です。

乾燥肌、毛穴が気になる方、くすみが気になる方におすすめです。

高機能の特徴

メイクをしていると肌が乾燥することがありませんか。乾燥してしまうとカサカサして不快なだけでなく、メイクのフィット感が落ちて化粧崩れをしやすくもなります。

UVウルトラフィットベースには、7種類の潤い成分ヒアルロン酸・マロニエエキス・ブドウ葉エキス・ハマメリス葉エキス・セイヨウキズタ葉/茎エキス・セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス・アルニカ花エキス配合が配合されています。メイクをしている間、肌の潤いを守ります。

悩みにあわせて3色を展開しています。

  1. 毛穴が気になる方にはライトベージュがおすすめです。毛穴ソフトフォーカスパウダーが毛穴をカバー、ブライトスキンンパウダーがツヤ感を与えます。
  2. くすみが気になる方にはライトブルーがおすすめです。透明感を引き立たせてくれます。
  3. 血色が気になる方にはライトピーチがおすすめです。血色がよく、ツヤのある肌へと仕上げます。

滑らかで軽い使い心地なので、つけているときにストレスを感じにくいです。SPF36・PA++ で日中に紫外線から肌を守ります。鉱物油・香料・紫外線吸収剤は不使用です。

使い方

適量を手にとり顔全体にムラなく広げます。指で薄く伸ばしてください。メイクをする前に保湿ケアをしておくと、よりきれいな仕上がりになります。スキンケア用品がよく乾いてからメイクをしましょう。化粧下地のあとにはファンデーションを使います。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 今まで化粧崩れしやすかったので、崩れにくいことに感動しています。テクスチャーは柔らかく伸びがよく、肌にフィットしてしっとりとします。次に使うファンデーションのノリがよく、肌が明るくなります。
  • 伸びがよくて潤います。口元の乾燥が特にひどいのですが、1日中乾燥が気になりませんでした。そしてテカリにくいです。ツヤがでるのですがテカリとは違います。軽い付け心地で乳液をつけているようです。
  • 圧迫感がなく付け心地がよいです。透明感やツヤを出してくれて、もともと肌がきれいな人のように見せてくれます。メイクを落とした後の肌の調子がよいので、肌への負担が少ないのだと思います。プチプラなのもうれしいです。

乾燥肌、くすみ、毛穴などが気になる方におすすめの化粧下地が、セザンヌのUVウルトラフィットベースです。

潤い成分配合なので、つけているときの肌の乾燥を防ぎ、自然なツヤ感を出してくれます。肌の悩みにあわせて3色を展開していて、くすみ、毛穴、血色など気になる悩みをカバーします。紫外線吸収剤不使用でSPF36・PA++で日中の紫外線から肌を守ります。気になる肌の悩みはカバーしてツヤを出し、自然な仕上がりにしてくれる化粧下地です。

<<セザンヌのAmazon公式ショップ>>

第1位 イプサのコントロールベイス

内側から発光するようなナチュラルなツヤ肌、誰もが憧れますよね。

男性ウケもよく女性からもお肌綺麗ね、と言われること間違いなしのメイク術をテーマにお話ししていきましょう。

10代から20代の前半にかけてはどんなベースメイクでも肌のハリが助けてくれるので自力でツヤ肌になってしまうものです。しかし同じ方法のまま、20代後半から30代に入るとくすんだように見えたり、メイクが古くさかったりしてしまいます。

アラサー世代はマットな肌よりも断然ナチュラルなのにツヤ肌が若返りの秘訣です。作り込んだ肌に見えると老け込みがちですし、夕方の崩れもひどくなる一方です。作り込んでもナチュラルなツヤ肌ならば5歳は若く見えます。

時代に合ったベースメイクで透明感のある女性を目指しましょう。

1番大切なのは、「下地選び」です。

おすすめは【イプサコントロールベイス】です。

光を補ってくれて肌色を補整してくれる優秀な下地です。伸びがかなりいいので少量で済みますからコストパフォーマンスにも優れています。

イプサは3色展開なのでカウンターで色診断をしてくれますしサンプルもくれますので悩みに合った色味を選んでください。

使い方

さて、使い方です。

つけすぎると真っ白になりますので少量づつ手にとって顔の中心から外側に伸ばしていきます。注意したいのがあまり頬の外側には広げすぎないことです。白さが際立つので顔が大きく見えてしまいます。

頬骨は高い位置に明るさを出したいのでスポンジまたは手で叩き込んでいきましょう。

あとは手持ちのファンデーションとお粉を軽く塗るだけで完了です。ファンデーションは薄く重ねるのがポイントで、あまり塗り込むとせっかくの下地が隠れすぎてしまいます。
時間が経つと崩れやすくなるのもそのせいです。

ファンデーションは何でもいいですが、おすすめのファンデーションは【ルナソルスキンモデリングパウダーグロウ】で、崩れにくく自然な印象に仕上がります。

お粉は【エクセルクリアルーセントパウダー】がプチプラなのにきめ細やかで崩れにくく優秀です。

下地を使った印象ですが、イプサの下地は少し乾燥するので保湿をしっかりしてください。

脂で崩れやすいタイプの人にはイプサがおすすめです。そしてあまりカバー力はないですがテクニック無しで肌が均等な色味になりとても自然にツヤが出ます。

乾燥肌の人やカバー力を求める人にはポール&ジョーがおすすめです。

かなり発光するタイプなのでドバッと付けずに様子を見ながら付けていってください。年齢を重ねるほどついつい厚塗りで隠そうとしてしまうものです。しかし隠せば隠すほど、逆に老け顔に見えてしまうという悪循環に陥ります。

コンシーラーなどで適度に隠しつつ、下地とファンデーションは最小限に…。これで、テクニックいらずでナチュラルで透明感のある大人のツヤ肌が出来上がります。

お化粧も崩れにくくなりますし夕方のくすみも随分と軽減されます。なにより男性ウケもよく女性からも綺麗だねと言われる肌になれるので是非お試しください。

イプサの下地は夕方の茶ぐすみもあまりないので、仕事で忙しい時にも化粧直しが最小限で済みますよ。ナチュラルなのにツヤ肌な大人の女性を演出してみてくださいね。

口コミ

<<Amazon>>

関連記事:

透明感があり白く美肌・美白・ツヤ肌に!30代40代におすすめ化粧下地2019

2018.08.11

【ニキビ肌におすすめ化粧下地】2019年人気のプチプラブランド

2018.02.04

【肌荒れしてるときのメイク方法】おすすめメイク落としと化粧下地

2018.01.29

メイクがテカる女性へ!テカらないテカり防止ベースメイク(化粧下地とファンデ)方法

2018.01.24

【毛穴が隠れるカバー力!】人気でおすすめプチプラ化粧下地ランキング2018

2017.09.12

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック

・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック