【2018年流行りのコルセット秋冬ファッション】ウエストマークのレディースコーデ集

2018秋冬トレンドアイテム

この秋冬はコルセットベルトで痩せ見え&脚長効果を狙う

秋になると、涼しくなり服装は自然と厚着になるものです。すると、体のラインが隠れ、太って見えてしまうこともあるでしょう。だからといって薄着をするわけにもいきません。体のラインを綺麗に見せられ、且つ、温かい装いをしたいものです。

そんな人に、この秋にお勧めなのがコルセットベルトです。ウエストマークをつけるためのファッションアイテムで、体のラインを美しく見せ、そして脚長効果も狙うことが出来ます。

ウエストが細く脚が長く見える効果が

コルセットベルトを着用することでどのような効果があるのでしょうか。

まず、コルセットベルトをつけることで痩せ見え効果が期待出来ます。

例えば、体のラインが見えにくいゆったりとしたトップスを着ている場合、トップスの上からコルセットベルトをつけます。すると、簡単にウエストを絞ることが出来、上半身がスッキリして見えるようになります。そして、コルセットベルトには脚長に見せる効果もあります。

コルセットベルトは幅も広く、大き目なベルトなので、つけているだけで目線はコルセットベルトに行きます。目線が高い位置(ウエスト周り)に来ることで、その分脚が長く見え易くなるというわけです。寒くなるとゆったりとした服を着たり、重ね着したい、でも太って見えたくないという方にはもってこいのアイテムです。

パンツでもスカートでも合わせやすい

コルセットベルトはボトムスがパンツでもスカートでも、ワンピースでも合わせ易いものです。

まずはパンツルックの場合の合わせ方です。ゆったりめのブラウスにガウチョパンツといった体のラインが見えにくいファッションでも、ブラウスの上からウエストの一番細いところでコルセットベルトを締めると、ウエストがほっそりして見えます。

また、同じようにゆったりしたトップスとロングスカートといったファッションにも、同様の効果が得られます。他にも、ウエスト部分を絞らないタイプのシャツワンピや、トップスとボトムスが同系色のファッションにコルセットベルトを合わせることで、上半身と下半身の切り替えをつけて見た目をより美しくすることが出来ます。

コルセットベルトを選ぶポイントは、いかに簡単につけることが出来るかです。真ん中に編み込みのリボンがついているものが多いのですが、着る度にそのリボンを結ぶのが面倒という方もいるでしょう。

そのような人は、ベルトのサイドにチャックがついていてチャックを開け閉めするだけで着脱出来るタイプがお勧めです。また、背中の部分がゴム製になっているタイプも、伸縮性があって長時間つけていても苦しくなりにくく、お勧めです。コルセットベルトをつける時のポイントとしては、ベルトの一番上が胸の数センチ下になると、ウエストの細さや脚の長さを強調出来てお勧めです。

この秋から冬にかけて流行するコルセットベルトですが、ウエストマークをつけるだけでなく、体のラインや脚を綺麗に見せてくれる便利なアイテムです。特に、厚着のせいで太って見えてしまうことに悩んでいる方にお勧めです。

ひと昔前も太いベルトをワンピースなどのウエストの一番細い部分に巻いて体のラインを引き締めるのが流行っていましたね。

この秋冬は短めのトップス(inしなくていいもの)やシフォンブラウス(長さによってはinあり)に、ガウチョパンツやひざ下のふんわりスカートを合わせて、太くて存在感のあるサッシュベルトを巻くというスタイルが流行しています。

リアルレザーなのに5,000円以下とコスパすぎるサッシュベルトがおすすめです!本革の質感、雰囲気、高級感が好評です♪合わせやすいデザインも今人気の秘訣です。

ベルトがあることで上下の服を区切ってメリハリができ、全体をすっきり見せる効果もあります。

メリハリがないと、コーデ全体がふっくらとしてしまいます↓

着痩せコーデ

一方で、ウエスト部分を引き締めると、細く見え、さらには足長効果もあります↓

着痩せ 服装

お腹周りを隠そうと思い、ゆったりとしたトップスを着ると、かえって太く見えてしまいます。

今年の秋冬はサッシュベルトでメリハリを付けたスッキリコーデがおすすめです!

ワンピースの場合もウエストマークを付けるスタイルが流行っています!

ワンピースの場合でもコルセットやサッシュベルトでウエストマークを付けましょう。

しかしワンピースの場合は付属にベルトや紐が付いている場合が多いです。それを使いウエストマークを付けるのもOKです。

ゆる感・抜け感のあるシルエットで、付属のベルトでウエストマークを付けるだけでこなれた雰囲気になるニットワンピースです。高級感のある合成繊維を使用しており、肌触りの良い柔らかなタッチにこだわりました。天然素材特有の変色や縮みがなく、型崩れや毛玉も発生せず、取扱いやすい一着です。

羽織としてもワンピースとしても、2wayで着こなせるシャツワンピースです。深みのあるベースカラーに、甘さのない花柄が、大人向けのエレガントなおしゃれ感を作り出します。サラリとしてハリ感があり、しっかりとした上質ブラウス生地を使用しており、高級感のある一着です。ブラウンとネイビーの2色展開です。

程よく抜けて、程よくきちんと感もあるウール100%のニットワンピースです。生地の裏は起毛になっているので暖かいです。付属のベルトでメリハリを付けて、スタイルアップに着こなすのがおすすめです。

しなやかで、とろみ感のある生地が美しいワンピースです。長めの袖のカフス、中央と背面にあしらったタック、ラウンドカーブをかけた裾、かがんでも胸が見えないVネックラインなど、ディテールにとことんこだわりました!華やかさと上品さをかねそなえた一着です。

綿100%のワンピースです。生地には凹凸感がストライプ状に入っており、のっぺり見えず&縦長に見える効果があります。程よく丸みのあるシルエットですが、ウエストゴムと袖口の紐でメリハリと付けていることで、ふっくらし過ぎずバランスが取れた一着です。

シャツとスカートのセットアップです。シャツは少しオーバーなサイズ感で、スキッパーネックにより抜け感を演出。スカートはウエストまわりにタックを上手にほどこし、すっきりと見せ、裾に向けて広がるボリューミーなフレアがエレガントさを演出します。女性らしいシルエットがポイントです!

とろみのある落ち感で大人のこなれ感を作り出すワンピースです。広めに開いたスキッパーネックと、袖口と胸ポケットのゴールドボタンがアクセントになります。ウエストベルトでメリハリを付け、スッキリとバランス良く着こなせます。さらにウエストベルトの締める位置を変えると、違った雰囲気を作り出すこともできる一着です。

とろみ素材で流れるようなドレープ感が大人の女性を演出するワンピースです。ウエスト周りのギャザーをたっぷり付けて、可愛いフレアシルエットを作り出しました。大人の可愛さをプラスする一着です。

リブ使用のニットワンピースです。鎖骨が綺麗に見える広めのネックラインで女性らしさをプラス。タイト過ぎず、ゆる過ぎず、ちょうど良いシルエットです。ウエストの紐でウエストマークを付けてメリハリを付けて着こなしましょう。

胸元の刺繍が大人の華やかさをプラスするニットワンピースです。同素材のベルトでウエストマークを付けることで、メリハリが出てスタイルアップ効果も期待できます。

温もりを感じるケーブルニットのワンピースです。ショルダー周りにあしらったシックなビジューが大人の華やかさをプラスします。ベルト付きなのでウエストマークでメリハリを付けてスッキリと着こなしましょう。

上質なウール素材でできたギャザーワンピースです。ウエストはゴム製で絞ってあるので、窮屈感は無く楽チンな着心地です。

2018年秋冬のトレンドファッション「流行ファッションは?」

2018.01.04

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2018年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2018年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック