【30代女性に人気!】秋のレディースファッションコーディネートとブランド2018

2018秋冬トレンドアイテム

ファッションの流行に沿って毎年服を買い足すのは難しいですね。しかも10代や20代前半の時は着たいものを着て、ミニ丈を履いていても若さでカバーできますが、20代後半あたりからどんな雑誌を参考にしていいか、何を着れば良いか悩みの種ですね。

ここで、この秋着てみたい・買っておきたいアイテム、この先年齢を重ねてもずっと着ていけそうなアイテムをご紹介したいと思います。

30代女性必見!秋のレディースファッションコーディネート10タイプ

今年はトレンドとされているテーマやジャンルの種類が豊富なんです!

特に個人的には「レトロ」なアイテムが今年は熱く、年々時代が戻っているように見えます。

今回はトレンドを取り入れたおすすめの秋コーディネートをご紹介します☆

トレンドを取り入れてマンネリとは無縁な30代のファッショニスタになりましょう。

毎年どうしても快適な服を選んでしまって、毎年同じパターンのコーディネートをしてしまいがちな人でも、トレンドアイテムを取り入れることでいつもと違った雰囲気にイメージチェンジすることができて、毎日服を選ぶ時間が楽しみになったりします。

1.サテン生地

おしゃれ大好き女子の皆さん今年の秋のキーワード、抑えていますか?

秋物は夏に比べて価格も高くなるため失敗はできませんよね!

トレンドを抑えて、秋のファッションのスタートダッシュに乗り遅れないようにしましょう。

ご紹介するトレンドをワンポイント入れるだけで、いつもの雰囲気を今年流に変えられます。

秋だけではなく冬にも使えることを意識しつつ選べば、ワードローブを増やしすぎることなく春まで使えること間違いなしです。

30代女性が取り入れやすい2018秋のファッションキーワードを厳選してご紹介します!

今年はサテン生地、中でも特にシルバーやレオパード柄のものがキテいます。難しそうですが、大人女子にも取り入れやすいアイテムです。

女子ウケのいいアイテムなのでお休みの日の女子会コーデネートにおすすめですよ。

例えば、サテン生地のシャツにAラインのブラックのスカートやロングのプリーツスカート、丈が長めのジャケットやカーディガンもしくはビッグシルエットのニットと重ね着で合わせて80年代90年代のレトロな雰囲気を出します。

派手になりすぎないように着こなすのがポイントです。ファー付きのカゴバッグなどに合わせるとバブル感が出ず今年風にまとまります。

2.ダブルジャケット

今年はイギリス風の仕立てのいいダブルジャケットを取り入れてみましょう。

テーラリング〈メンズスーツの仕立ての意味〉と呼ばれるメンズスーツのようなお尻のあたりまでくるビッグシルエットのものを選んでみてください。

袖を通さず肩掛けしたり、ネイビー生地にゴールドボタンやチェック柄のジャケットにチェーンバックの斜めがけをするなど、80年代風を意識してみましょう。

3.パープル、暗いグリーン、ピンク

この秋この3色は外せない旬のカラーです。

パープルは実はとても使いやすい色、モヘアのニットやカーディガン、ロングスカート、パンプスなどに取り入れると着まわしも出来てオフィスにも使える万能選手になります。

グレーやカーキ、デニムなどに合わせて秋から春先まで楽しめます。

グリーンは是非暗めの色を選んでください。

黒やパープルと組み合わせてシックでメンズライクな印象に仕上げるのがコツです。

ピンクは明るい色をチョイス、くすんだグレーやカーキと合わせると優しい中にも大人の雰囲気を出すことが出来ます。

4.ダウン素材バッグやマフラー

ダウンジャケットは毎年流行していますが今年はその素材を利用した小物を取り入れるのがおすすめです。

ダウン素材のリュック、巾着バッグ、マフラーなどがおすすめです。

まだダウンジャケットを着るには早い秋、小物で先取りして暖かな雰囲気を作り季節感を先取りしましょう。

ダウンは軽くて持ち運びやすいのでお出かけの時の重荷にならず適度なカジュアル感なので使い勝手のいいアイテムです。

この秋は柄、色共に個性的なファッションアイテムが流行します。一歩間違えると個性的すぎる傾向があるのですべてを流行のものにするのではなくワンポイントで取り入れる抜け感がおしゃれに見せる秘訣です。

最後に。今回は幅広い年齢層、柄物やカラーの初心者さんに取り入れやすいものに絞ってご紹介しました。

一見するとどれも取り入れにくそうなアイテムですが使い勝手がよく着まわしが効いて上品に見えるものばかりですから是非秋のワードローブに加えてみてくださいね。

5.サッシュベルト(ウエストマーク)

ウエストマークが去年に引き続き流行中です。ワンピースに合わせると、スタイルにメリハリがついてレトロなスタイルになります。

ウエストマークはワンピースの他にもビッグサイズのTシャツやブラウスと合わせることもできます。

ひと昔前も太いベルトをワンピースなどのウエストの一番細い部分に巻いて体のラインを引き締めるのが流行っていましたね。

脚長効果のある『サッシュベルト』が今年もトレンドアイテムになっています。

去年も人気でしたが今年のトレンドとしては、くすみがかったトレンドカラーのベイクドカラーがポイントです。特にベイクドベージュは大人っぽさを出しつつ、女性らしく上品にまとめてくれるのでデートスタイルにもおすすめです。

ふんわりとしたワンピ―ススタイルにボリュームベルトを合わせると脚長効果もありとっても素敵です。

ベルトがあることで上下の服を区切ってメリハリができ、全体をすっきり見せる効果もあります。

メリハリがないと、コーデ全体がふっくらとしてしまいます↓

着痩せコーデ

一方で、ウエスト部分を引き締めると、細く見え、さらには足長効果もあります↓

着痩せ 服装

お腹周りを隠そうと思い、ゆったりとしたトップスを着ると、かえって太く見えてしまいます。

今年の秋はサッシュベルトでメリハリを付けたスッキリコーデがおすすめです!

 ウエストマークのコーデ

大人のロマンティックが楽しめるワンピースです。ふんわりと軽く、ほんのり透けるシフォン素材が、女性らしさを感じさせる質感です。また花柄プリントも可愛く、質感とマッチし、大人可愛い着こなしにぴったりな一着です。

プリントシフォン・ロングワンピース

チノ風のやわらかなコットン生地を使ったワンピースです。今年流行りのビッグシルエットと抜け感をプラスするスキッパーネックのデザインです。適度な厚みで美しいシルエットをキープすると共に、ストレッチもあるので着心地抜群です。付属のベルトでウエストマークを付けることもできます。

高密度ツイル・スキッパーワンピース

シャリ感ミラノリブのニットセットアップです。きちんと感がありお肉を拾わないミラノリブを使用し、シャリ感のある肌触りとハリのあるスマートシルエットを叶えました。トップスはハイネックと5分袖デザインで、裾にはスリットが入っています。ボトムスは今年流行りのくるぶし丈のニットワイドパンツ で、美しい脚のラインになるように太すぎず細すぎない絶妙なシルエットに仕上げました。ウエストは総ゴムなので履き心地も楽々です。

強撚ニット・ワイドパンツセットアップ

マイナス5キロ効果をもたらす着痩せワンピースです。ボディラインが目立たないミラノリブ、目を引くジャカード柄編みのベルト、スカートは総針編みで綺麗なフレアなど、ボディラインを綺麗に見せる生地や編み地が自慢の一着です。

スリムアップ・ニットワンピース

上品な女性らしさ漂うブラウス風ワンピースです。ドレープが美しいドライタッチ素材を使用しており、軽くて涼しい着心地を叶えます。またウエストはゴム使用で楽ちん、ベルトは裏側がグログランテープになっており高級感があります。シワになりにくく、洗濯後アイロン無しでも着用できます。

ドライタッチ・シャツワンピース

縦長効果のあるリブ編みデザインのワンピースです。リブ編みは凹凸感があるので立体的なこなれ感がある一着です。またアウターを着ても、袖がもたつかない袖感もこだわりポイントです。付属の紐でウエストマークを付けることもできます。

リブニットワンピース

上品オーラ漂い、360度美しいシルエットが叶うニットワンピースです。スカート部分はプリーツ加工になっており、動く度に揺れるフレア感が美しいです。ウエストはゴム仕様なので着心地楽ちんです。

ニットプリーツワンピース

6.グリーンのシフォンスカート

これはあらゆる世代の女性に挑戦できる色です。

去年の秋もグリーンのスカートが売られている光景が見られましたが、今年の秋は爆発的に人気です。

グリーンは落ち着いた色なので、どんな人でも挑戦しやすいですし、上品な印象を与えてくれます。

今売っている形は、ひざ下のスカートやガウチョパンツタイプが多いかと思うので、ご自分に合ったタイプで、流行のグリーンを着こなしていきたいですね。

トップスは黒色のシフォンブラウスを合わせたり、寒くなってきたら黒のニットなどが良いでしょう。この秋、黒×グリーンで上品な着こなしを楽しみましょう。

レーヨン独特のとろみのある素材感と、微光沢感のあるヴィンテージが秋にピッタリのスカートです。広がり過ぎないフレアシルエットで、ニットと合わせてもカジュアルになり過ぎず上品に着こなせる一着です。

今季トレンドの光沢感のあるサテン生地を使用したロングスカートです。光の角度や強弱で表情が変化します。また綺麗な落ち感とドレープが魅力で、カラーも落ち着きがあるので、大人の女性にピッタリの一着です。

キレイな発色にこだわったロングスカートです。軽量感のある生地質ですが、麻のようにガサガサ感はありません。程よいハリ感と光沢感があり、シワになりづらく、ギャザーとタックを組み合わせた美しいシルエットとクリアな発色に注目の一着です。

100%コットン素材を使用し、軽くて柔らかい着心地を叶えるロングスカートです。ウエストのギャザーがふっくらとし過ぎないように計算されています。またウエストがゴムなのでストレスフリーな履き心地です。

7.ロング丈のカーデ・シャツ・ガウン

このタイプも一昨年あたりから流行っていますね。

個人的におすすめなのが、インナーに長袖トップス+ボトムスに細身のデニムをロールアップしたもの(秋が深まってきたら、黒デニムやブルーのデニムが良いでしょう)を合わせて、その上からロングカーデを羽織ったり、さらにカジュアル感を出したければチェックのロングシャツを羽織ったりすれば、秋のレジャーコーデにぴったりです。

靴はハイカットのスニーカーなどでもオシャレですし、少しヒールのあるパンプスなどを合わせても足首が引き締まってきれいですね。

シックで大人の女性を感じさせるロングコーディガンです。フロントにボタンがなく、今季流行りのベルトでウエストマークを付けるタイプとなっています。シワになりにくい生地や、サイズ感はゆったりしているのにスタイリッシュに見えるシルエットが嬉しいポイントです!

きちんと感があるのに気軽に羽織れるカーディガンです。ぱっと見、ノーカラージャケットのように見えますが、ポンチ素材の生地を使用しているので、軽くてラフに着ていただけます。袖は折り返しデザイン、裾にはスリットが入っています。ジャケットよりラフに、ニットカーディガンよりきちんと着こなせる一着です。

ロング丈のカーディガンです。袖の折り返しや前後で差のある丈感、ポケットなどおしゃれなディテールもポイントです!いつものコーデでさらっと羽織れるベーシックなデザインなので、着回し力もあります。

ふわふわが女性らしくて可愛いロングカーディガンです。程よいルーズなシルエットで、コーディネートを問わず、合わせやすい一着です。

モチモチして柔らかく弾力のある肌触りが特徴のコーディガンです。ストンと落ちるシルエットで細身絵&縦長効果があります。様々なトップスやボトムスと合わせやすい丈感とシンプルなデザインなので、非常に使い勝手の良い一着です。

マカロンピンクが可愛いカジュアルカーディガンです。袖口と裾のリブが長めになっており、ロング丈やドロップショルダーによる抜け感とのバランスを取りました。スタイリッシュな着こなしができます。

フロントの前立てと袖口がスカラップ刺繍デザインになったガウンです。デニムとTシャツのメリハリコーデに合わせるだけで、おしゃれなカジュアルスタイルが完成します!

コート風のロング丈のシャツです。全身すっきりと綺麗なシルエットで、羽織るだけでおしゃれでクールな印象がグンっと上がります。薄手のリネン素材を使用しているため、歩くたびに風になびく感じもおしゃれです。

21番リネン・ロングシャツ

8.オールホワイトコーデ

去年に引き続き、今年もオールホワイトのコーディネートが流行します。トレンドのオーバーサイズを取り入れると一気にモードな雰囲気になります。ただ、白は膨張色なので扱いにくいカラーでもあります。

なのでスタイルが崩れてしまったら、トレンドのウエストマークされたアイテムを取り入れてメリハリをつけましょう↓

オールホワイトコーデは海外では定番のコーディネートです。

トップスとアウター、靴を全部ホワイトに揃えると垢ぬけた爽やかなスタイルになります。

オールホワイトコーデのポイントは、スタイルを綺麗に見せられるようにバランスをとることです。

白は膨張色なので、白のスキニーパンツは足を太く見せてしまうんです。

定番のオールホワイトコーデはオシャレでスタイリッシュなスタイルで憧れますが、スタイルに自信がなくてチャレンジできない人は少なくないと思います。

白のパンツを履きたい…。でも自信がない…。

そんな時は腰巻きで脚の細さをカバーしましょう。腰巻きに使うシャツは基本なんでもありですが、カジュアルなネルシャツやデニムシャツは相性が良くて失敗がありません。

もう一つのコツとしては、ワンポイントカラーを取り入れましょう!

オールホワイトの中にワンポイントカラーのショルダーバッグやスニーカー、腰巻きを取り入れることで視線を散らして全体的にコーディネートがまとまりやすくなります!淡いカラーのボトムスの場合は、ヒールや厚底サンダルで縦長効果を出すと膨張せずにスタイルアップできます。

白を着こなせるのは大人ならではですから♪カッコよく着こなしてください。

9.花柄、ボタニカル柄

フラワー柄

フラワー柄と言っても様々ありますが、今年は小花柄を選ぶようにしましょう。特にブラックもしくはバーガンディーをベースに赤系の小花を散らしてあるパターンが各ブランドから出ています。

柄物は取り入れにくいという方はプチプラのザラがおすすめ。

可愛らしい中にも大人の印象の小花柄がたくさん揃いますよ。

首が詰まった甘めの形の可愛いブラウスにワイドパンツを合わせてマニッシュに着たり、ロングの花柄ワンピースにローヒールでマスタードイエローやくすんだ赤系のパンプスを合わせるなど大人っぽく着ることを意識しましょう。

ボタニカル柄

毎年秋がくるとレトロ感のある花柄やボタニカル柄のアイテムがたくさん出てきます。

花柄は分かるかとも思いますが、ボタニカル柄とは、葉や木などの植物の柄を言います。花柄と違ってクールな柄なのが特徴です。

ボタニカル柄をいつものコーディネートに一つ取り入れるだけで簡単に夏の雰囲気を出すことが出来ます。

ボタニカル柄は主張が強めなので、シンプルなコーディネートと合わせると柄が映えます。柄物を取り入れるのに抵抗がある方は、まず小物を合わせることから始めてみましょう。

10.レトロ

今年もレトロなスタイルが流行します。今年のレトロは全体的にバブルを感じさせるアイテムが多めです。特に肩から袖に向かってふんわりと膨らんだパフスリーブは、今年大人気なので持っていて間違いないマストアイテムです。

着こなしのポイント!

トレンドアイテムを取り入れすぎないように注意しましょう。

なんだか物足りないなあ。という時にトレンドアイテムを一つ取り入れるだけで充分存在感があります。

そして秋はオシャレも大切ですが、機能性も気にするように心がけましょう。まだまだ暑いので汗をかいても目立たない服(白いブラウスを避ける、黒めの服)を選んで、小物にトレンドを取り入れるなど、全体のバランスをとりましょう。

ドゥクラッセの今一番人気のダブルフロントTシャツ(5分袖)です。体に張り付かず、ゆとりのあるシルエットで快適な着心地を叶えつつ、ネックや肩のカッティングでおしゃれ感もプラス!さらに最高級コットン素材を使用しているので、品格のある印象も与えます。インナーが透けない2重仕立てです。

ダブルフロントT/ボート5分袖

Vネックタイプもあります。

ダブルフロントT/Vネック5分袖

7分袖タイプもあります。

ダブルフロントT/ボート7分袖

可愛い印象が強まるフレンチ袖のタイプも新登場です!

ダブルフロントT/ジュエルフレンチ袖

秋に向けて長袖も登場です!ゆとりシルエットで抜け感ある着こなしができ、超長綿100%で肌触りと着心地抜群の一着です。

ダブルフロント・リラックスプルオーバー

いかがでしたか?

ご紹介したコーディネートはほとんどが定番化しているので取り入れやすいアイテムばかりだと思います。今年は他にもたくさんのトレンドが出ているので、ぜひ自分の好みのファッションを探してみてください!

今回紹介したブランドは、2018年30代女性から人気急上昇中のオンラインブランドです!私も実際に使用しており、安いのに高品質なアイテムばかりです。しかし人気過ぎて、人気のアイテムはすぐに売り切れになることが多いです。

★ドゥクラッセ★

高品質でハイセンスな30代40代の大人の女性向けのファッションブランド「DoCLASSE」。”上質な洋服=高い”の常識を覆すをモットーにリーズナブルな価格で良い商品をお届けします。気に入らなかった場合、返品も受け付けているので安心です。

<<DoCLASSEの特徴>>

  • 30代、40代からの大人輝く上質な洋服をリーズナブルに販売をモットーにしている
  • 返品はいつでも何度でもOK!
  • Lineの友達追加、カタログ請求、メルマガ登録で送料無料

⇒公式ホームページ:DoCLASSE



関連記事:

【30代アラサー女性必見】秋トレンドレディースファッションコーデ2018

2018.09.03

【30代アラサー女性の秋デート服】服装は?レディースコーデ2018

2018.09.03

【9月秋女性の服装】大人レディースファッションコーデ2018

2018.08.31

大人30代40代女性に人気のレディースファッションブランド7選2018

2018.01.01

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2018年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2018年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック