【APPS(ビタミンC誘導体)のおすすめ化粧水2020】美肌効果がすごい!

APPS(ビタミンC誘導体)で美肌になろう!

みなさん、APPSというものをご存知ですか?PPAPではありませんよ!

APPSとは、「ビタミンC誘導体」のことで、別名アプレシエとも呼ばれています。私たちは肌に色々な悩みを抱えています。シミやソバカスやくすみ、しわやたるみ、毛穴の開きや黒ずみ、ニキビ、乾燥など、人によって悩みはそれぞれです。

これらの悩みを改善し、私たちの美肌作りに役立ってくれるのが、このAPPSなのです。

今回は、APPSの素晴らしい効果をご紹介したいと思います。

APPSの素晴らしい効果

皆さん、ビタミンCはご存じですよね。野菜や果物に含まれている健康や美容に役になってくれる、おなじみの栄養素です。

ビタミンCはお肌にも素晴らしい効果を発揮してくれるのですが、ただビタミンCを顔に塗りつけても効果はありません。なぜならビタミンCは熱や空気に触れるとすぐに酸化をしてしまうからです。そんなビタミンCの欠点をカバーし、成分が酸化しないように安定させ、浸透力を高めたものがビタミンC誘導体なののです。

ビタミンC誘導体にもいくつか種類があり、

  1. 肌の表面で働く水溶性ビタミンC誘導体
  2. 各層のおくまで働く油溶性ビタミンC誘導体
  3. そしてさらに、水溶性と油溶性のいいとこどりをし、細胞膜を潜り抜けてお肌の奥の奥まで浸透し働いてくれるAPPS(ビタミンC誘導体)

があります。

APPSはありとあらゆる肌トラブルを解決してくれます。シミやくすみ、シワやたるみ、毛穴の悩み、ニキビや乾燥・・・これら全てに効果を発揮してくれるのです。たかがビタミンCと高をくくっていてはいけません。APPSはとても素晴らしい効果を発揮してくれる成分なのです。

APPSの使い方、摂取方法

現在、APPSは多くの化粧品メーカーに大注目されています。今ではAPPSが配合されている化粧品が増えてきました。

APPSが配合されている化粧品としては、一番は化粧水が多く、その他は美容液、クリーム、パックなどが多いです。その場合は今まで使用していた化粧品などと同じように使用して頂ければ大丈夫です。

APPSはとても浸透力に優れているので、特に化粧水でのお手入れがおすすめです。重ね付けをしたり、丁寧なパッティングを心がけて、肌の内側にたくさんAPPSを与えてあげましょう。まれに粉末タイプのAPPSが販売されていることもあります。これは手作り化粧品キットなどを取り扱っているブランドに多いのですが、私たちが自分で精製水や化粧水にAPPSの粉末を混ぜて化粧水を作る必要があります。少し手間はかかりますが、「化粧品に余計な成分が配合されているのは嫌だ!」という方にはおすすめです。

予算や信頼できるメーカーかどうかを判断して、自分に合うAPPS化粧品を見つけて下さいね。

APPSを使う際のポイント

ビタミンC誘導体は、長い間紫外線や熱に晒されたり、空気に触れたりすると、徐々に成分が変質していきます。そのため、APPS化粧品を開封したら、なるべく早く使い切るようにしましょう。暗冷所で保存しておくことで劣化を遅らせることができるので、もし冷蔵庫などに入れることができるのであればおすすめします。

もし、化粧品の色が黄色く変化してしまっていれば、それは酸化してしまっているので、使用は控えましょう。特に、手作り化粧品を作られる方は注意が必要です。作った化粧品に安定剤や保存料が入っていない場合、APPSの劣化はとても速いです。使い切れる分をこまめに作ったり、冷蔵庫で保管するなど、できる限り気を付けましょうね。

また、APPSの効果を期待しすぎるあまり、あまりにも高濃度な化粧品を選んだり、作ったりしてしまいがちなのですが、人によっては刺激を感じてしまうこともあります。きちんと自分の肌に合っている化粧品を選びましょう。

格好悪い小鼻の赤みにも効果的なビタミンC誘導体

メイクをしてもなかなか隠し切れない小鼻の周りの赤みは大人になれなるほど格好悪いと感じるものです。

洗っても洗っても小鼻の周りは皮脂でぬるつくことがあり、ゴシゴシこすると肌が傷つくので逆効果になり、どのように対策すればよいか分からず困ってしまいます。

赤みを隠そうとしてコンシーラーなどを重ねて付けることでぱっと見は消えますが、メイクが毛穴の奥深くまで入り込んでしまい、結果的にじっくりと洗顔する必要があり、また小鼻を傷つけてしまうのです。

このにっくき小鼻の赤みを解消したい!といった方におススメできる美容アイテムです。

小鼻の赤みは自分の体質と思い込んでいる人がたまに居ますが、じつは脂漏性皮膚炎という比較的ポピュラーな湿疹のひとつです。

どれだけ乾燥肌の方でも小鼻の周りは他の皮膚に比べて皮脂の分泌が活発なので、知らない間に溜まった皮脂が酸化してしまい、それが肌への刺激となって炎症が起きてしまいます。一度炎症が起きると直ぐには治まらず、紫外線や雑菌に触れることでどんどん悪化してしまうので、小鼻が赤くなってしまうのです。

この赤みに効果的なのが、スキンケアとして使用するビタミンC誘導体とバランスのとれた食事です。

具体的なスキンケア方法ですが、市販で手に入るビタミンC誘導体の化粧水を普段のスキンケアに取り入れるだけです。

ビタミンCのサプリメントを飲んでいるから大丈夫!という声もありますが、ビタミンC誘導体は飲むよりも肌に直接つけるほうが効果が高いので、赤みをなんとかしたい場合は化粧水を直接気になる部分に付ける方が改善できます。誘導体のビタミンCは肌に対して吸収率が高いので、目に見えて効果を実感できるのです。

ビタミンC誘導体を肌に付けると、皮脂の酸化を防いでくれますので赤みの悪化を食い止めることができます。そして炎症をおさえる効果もあるので、今の状態が結構酷いという場合にも効果を発揮してくれるのです。

食事

肌の表面からのアプローチはビタミンC誘導体で良いのですが、小鼻の赤みは身体の中からも改善していく必要があります。ビタミンが豊富な野菜を摂り入れるのはもちろんですが、アルコールや刺激物は控えた方が良いでしょう。

普段何気なく食べている食事の中に脂肪酸が多く含まれていると脂漏性皮膚炎を招いてしまうので、マーガリンなどは極力控えて、良質な脂であるサンマやイワシなどの青魚の脂を食べるようにすると少しずつ改善されていきますよ。

私自身、仕事が忙しく食事のバランスがめちゃめちゃになってしまった頃から今まで気にもならなかった小鼻の赤みが酷くなりました。すぐに食生活を見直しましたがそれだけでは治まらず、ビタミンC誘導体の化粧水を毎日使うことで徐々に赤みが軽減されたのです。

赤みが強くなるので、気になっていた時は好きな半身浴やサウナは控えておきました。

気になる小鼻の赤みは酸化した皮脂が刺激になり、それに雑菌や紫外線が加わることで悪化してしまいます。

皮脂だからと洗顔にばかり囚われず、炎症だと受け止めてビタミンC誘導体の化粧水を使って酸化を防止しながら炎症を抑えていくことで自然と赤みが治まってきます。

食事バランスも頭に入れながらしっかりとスキンケアをすることで今以上に悪化せずに、少しずつきになる赤みが改善されていきますよ。

APPS(ビタミンC誘導体)のおすすめ化粧水

1.口コミで高評価続出!ビーグレンのニキビ跡ケア

大人ニキビはなかなか治らないですよね。若い時にできるニキビとできる場所が違っていて、繰り返し同じところにできたりします。厄介な大人ニキビを何とかしたい人におすすめなのが「ビーグレンのニキビケアセット」です。

大人ニキビのケアに役立つ成分を配合しているシリーズで、使うことでニキビの目立たないお肌にしてくれます。

どんな商品なのかご紹介しますね。

ビーグレンのニキビケアの特徴

洗顔料

ビーグレンのニキビケアセットの中でも人気なのが天然クレイを配合しているクレイウォッシュです。

天然のミネラル成分が沢山含まれているクレイ洗顔料は、毛穴の奥に詰まっている皮脂汚れやメイクの汚れも吸着して洗い流してくれます。過剰に分泌されてしまう皮脂も吸着してくれるのでテカリも抑えられます。

洗顔料に含まれている界面活性剤は肌荒れの原因となってしまう場合があるのですが、クレイウォッシュには界面活性剤は含まれていないので安心です。

カミツレやスクワラン、ヒアルロン酸などの保湿成分も配合されているので、お肌を乾燥させないで洗うことができる洗顔料です。さらに肌荒れを予防する成分も配合されていますので、ニキビの炎症を抑えるのにも役立ちます。

ビーグレンのクレイウォッシュの正しい使い方ですが、クレイウォッシュを使う際に泡立たないので使いにくいと感じる人も多いのです。しかし慣れればそんなことはありません。まずぬるま湯で顔を洗っておきます。それから500円玉大のクレイウォッシュを手に取り出して両手に広げます。

あとは丁寧に顔にのせて伸ばしていきます。頬、額、顎、鼻と分けてのせるのが良いでしょう。こすらないでなじませながら汚れを落とします。

軽くマッサージする感じで顔全体にクレイウォッシュを伸ばしたら洗い流します。それから化粧水や美容液、保湿ゲルでスキンケアを行います。

化粧水

続いて、ローションです。

ニキビに悩まされる女性も多いですが、ニキビ跡にも悩まされている女性もたくさんいますよね。ニキビなら治ることが多いのですが、ニキビ跡がなかなか消えなくて辛い思いをしている女性はいっぱいいると思います。

ニキビ跡は、コンシーラーやBBクリームなどメイクで隠そうとしてもなかなかカバーできません。カバーしようと思って厚化粧になり、逆効果な場合もあります。ニキビ跡はカバーするのではなくて、消えるように努力をしてみましょう。

ニキビ跡には様々なタイプがあります。炎症の赤みが残っているニキビ跡や、色素沈着タイプで茶色のシミになっているニキビ跡、凸凹のクレーター状になっているニキビ跡などです。自分がどのタイプのニキビ跡なのかを確認して、自分のニキビ跡に効果のある化粧品を使うと良いです。

ニキビ跡のケアでとても大切なのは保湿です。特に驚くようなことではありませんが、これをしっかりとできていない女性が意外と多いものです。そして洗顔も大切です。丁寧に洗顔をして、ニキビ跡に効果のある化粧品で保湿ケアをすることで少しでもニキビ跡を綺麗にしましょう。

ニキビ跡を悪化させないためには、絶対に肌に刺激を与えないことなんですよね、非常に大切なことです。刺激を与えると毛細血管がダメージを受け、ニキビ跡がさらに悪化してしまうのです。

洗顔は低刺激の洗顔料を使い、絶対にゴシゴシ洗いすぎないようにしましょう。一日に何度か洗顔をすることで、必要な角質まで落としてしまいバリア機能が低下してしまうんですよね。すると乾燥がひどくなりニキビ跡が改善するのが遅くなってしまうのです。だからニキビ跡に効果のある化粧品を使う時には、肌に刺激を与えないように洗顔をするようにしましょう。

私が一時期赤みを帯びたニキビ跡にかなり悩まされてきました。ニキビに効果のある化粧品を使っているとニキビができなくなったのですが、ニキビ跡は消えないんですよね。だからニキビ跡に効果のある化粧品を買って使うことにしたんです。

QuSomeローションという化粧水です。ニキビ跡に効果があると知り使ってみることにしました。

ニキビを繰り返してごわついていた肌がだんだんなめらかになってきて、健康的になっていました。QuSomeローションを使うようになったら、グイグイと美容液や乳液が吸い込まれるようになりしっとりした肌になるようになったんです。

ニキビ跡が薄くなってきたのは三ヶ月目です。かなり消えてびっくりです!

ニキビ跡はもう消えないと思っていたのですが、とても薄くなりメイクをした時にはまったくわからなくなりました。半年間使ったらほぼ消えました。気持ちが明るくなり、自分の肌が好きになれました。

ニキビ跡に悩む女性は絶対に諦めないでください。丁寧な洗顔、低刺激の洗顔料やニキビ跡に効果のある化粧品を使ってニキビ跡を消しましょう。ニキビにだけ効果のある化粧品ではなくて、ニキビ跡にも効果があるかどうかしっかりと調べてから購入すると良いです。

私がおすすめしたいのは、QuSomeローションです。

美容液

それからCセラムもおすすめです。

CセラムにはビタミンCが配合されています。ピュアなビタミンCが配合されているので、お肌にしっかりと栄養を届けてくれます。ビタミンCは、美白効果のイメージが高いですが、毛穴を引き締めたり過剰に分泌されてしまう皮脂を抑えたり、炎症の出ている部分を落ち着かせたり、様々な効果が期待できます。使うとじんわりを温かくなっていきます。継続して使うと透明感のある肌になる美容液です。

口コミ

ビーグレンのニキビケアセットを購入しました。思っていたよりも小さいサイズでしたが1週間お肌をケアしてみたらニキビの赤みがおさまったり、毛穴の汚れがすっきりと落とせたりとても良いです。クレイ洗顔料は特におすすめです。

小鼻の黒ずみやブツブツが気になっていたのですがクレイ洗顔料で洗ったことで黒ずみもブツブツも解消されました。

これだけしっかり汚れが落とせるとお肌が乾燥してしまわないかと不安になりますが、乾燥する事は一切ありませんでした。むしろ肌に潤いが戻った感じです。洗顔料だけでお肌の変化をすごく感じられました。洗った後はもっちりしていてすべすべです。

公式ホームページではお得なセットを割引価格で販売中です。

大人ニキビで悩まれているなら一度使ってみて欲しいシリーズです。ビーグレンのニキビケアセットは初回トライアルセットがありますので、初めての人はトライアルセットでライン使いしてみると良いでしょう。返金保証制度がありますので気軽に注文できるシリーズです。

ビーグレンのニキビケアセットは口コミでもとても人気があります。雑誌でも紹介されていますのでご存知の人もいるのではないでしょうか。

ニキビケアに適した成分を配合しているシリーズなのでぜひ使ってみてくださいね。泡立たないクレイウォッシュが特に口コミでも人気となっています。汚れがしっかり落とせるのにお肌は乾燥しない理想の洗いあがりなんですね。

⇒公式ホームページ:ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen



2.メラノCCのビタミンC誘導体配合化粧水

シミが増えてきたかも、シミを手軽にケアしたい。そんな方におすすめが「ロート メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水」です。

ビタミンC誘導体配合の化粧水がシミに悩む肌にアプローチをします。

3つのおすすめポイント

①高浸透ビタミンC誘導体配合

ビタミンCは美肌によいというイメージがありませんか。ビタミンCを塗ったり、ビタミンCが多い食品を食べることで肌が白くなりそうなイメージがあります。

しかし、ビタミンCを肌に塗ると刺激を感じてしまうし、肌に浸透しにくい性質もあります。

この欠点を改良した成分がビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑制して、シミやそばかすを防ぎます。

ビタミンC誘導体の使用で肌の乾燥を感じる方もいますが、メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水にはしっとりタイプも用意されています。乾燥が気になる方におすすめです。

②グリチルリチン酸ジカリウム配合

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用のある成分です。炎症の刺激はメラニン生成を促す要因となるので、シミ対策のためには炎症を鎮めることも重要です。

また、グリチルリチン酸ジカリウムはニキビケア用の化粧品に配合されることもあり、ニキビ肌を健やかに保つ働きもあります。

③うるおい成分配合

うるおい成分のアルピニアホワイトを配合。

肌が乾燥をすると紫外線から守ってくれているバリア機能が低下をしてしまいます。シミ対策にはバリア機能を整えることも重要なのです。うるおいを与えることでバリア機能は整ってきます。

うるおいを与えるので乾燥しやすい秋冬にもおすすめです。

使い方

洗顔後、適量を手またはコットンに取り出して顔全体になじませます。

ニキビができているときはなるべく刺激を与えない方がよいので、ニキビができているときには手で化粧水をつけるとよいでしょう。

パッティングの際に強い刺激が加わるとその刺激でメラニンの生成が促されてしまうので、刺激を与えないように優しくパッティングをしてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 柑橘系の香りがよく、スーッとする爽やかな使い心地です。これを使うようになってニキビ跡が気にならなくなってきました。二度づけしていてシミやそばかすにもよさそうな気がします。朝と夜にバシャバシャ使っていますが3か月くらい持つのでコスパがよいです。
  • 香りがすごく好きです。心地よくスキンケアをしています。テクスチャーはややとろみがありますが、スーッとなじんでいきます。そして、ニキビと毛穴が改善されてきました。とても肌のコンディションがよいです。お財布に優しい値段も魅力的です。詰め替え用もあって良心的です。
  • きれいな友達が使っていたので私も真似してみました。しばらくニキビがひどくて悩まされていたのですがニキビが治まりました。コンシーラーで消えない程度だったニキビ跡も薄くなってきています。肌のキメも整ってきたし、プチプラなのに素晴らしいです。

シミが気になる方にはビタミンC誘導体配合の化粧水がおすすめです。メラノCC 焼き用しみ対策美白化粧水は、ビタミンCだけでなくグリチルリチン酸ジカリウムはうるおい成分までも配合している化粧水です。ニキビやシミのケアに使っている方が多く、肌の変化を実感しているようです。

ビタミンC誘導体でケアをして、明るく透明感のある肌を目指しませんか。

<<Amazon>>

<<楽天>>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水(170mL)【メラノCC】
価格:980円(税込、送料別) (2018/11/15時点)

 

以上、APPSの美肌効果とおすすめ化粧水をご紹介しました。このように、APPSはありとあらゆる私たちの肌の悩みを解決してくれる頼もしい成分です。今の化粧品が物足りないと感じている方は、ぜひ、APPSが配合されている化粧品を使用してみて下さいね。