いい匂いと人気!乾燥肌にもおすすめボディローションランキング2019

美容におすすめ♪

「そろそろボディローションを買い替えようと思っているんだけど、今年人気のブランドは?」

「いい匂いで、乾燥肌や敏感肌の人におすすめのボディローションはない?」

と疑問に思っている人に向けて、ここでは今年人気でおすすめのボディローションをランキング形式で紹介します。

いい匂いと人気!ボディローションおすすめランキング2019

第9位 Renewing Collagen & Elastin

お風呂上りなどには顔のスキンケアはもちろん、身体全体の保湿も欠かさないのが20代以上の大人女子の美容常識の一つです。膝や踵、肘など乾燥しやすい部分はもちろん、手足やデコルテ背中やお尻など、くまなく身体全体の保湿をしっかり続けることにより身体全体もくまなくアンチエイジングしておけます。

そのためには大容量のローションを買っておかないとすぐになくなってしまうので、できれば値段はそこまで高くなくて量が多く、付け心地も良くて尚且つ配合成分にも満足できるものが理想的です。そこでお勧めなのがアメリカのSt. Ivesから出ているボディローション「Renewing Collagen & Elastin」です。

お店によっては日本でも入手可能ですし、香りや付け心地に癖がないながらも贅沢にコラーゲンやエラスチンなどの保湿成分が配合されており、アンチエイジングをしっかりしてくれるありがたい味方です。

St. Ivesのボディローションには様々な香料や香りのものが出ていますが、最もハリと艶、弾力などを肌に与えて老化防止してくれる効果が高いのがこの「Renewing Collagen & Elastin」です。アンチエイジングに定番である成分のコラーゲンとエラスチンがたっぷり配合されていながらも香料はSt. Ivesの他のものよりは弱めであり、パラベンも無配合でポンプ式で使いやすいです。620MLも入っているのでたくさん使っても長持ちします。

これを毎晩お風呂上りに身体中に塗ることにより、ベタつかないサラッとした付け心地の癖のないローションが身体中に栄養を与え、年齢と共に不足しがちなコラーゲンやエラスチンを補ってくれて若く保ってくれます。身体全体の肌を少しでも若くて元気な状態に保ってくれるためのありがたいお助けアイテムです。

St. Ivesはアメリカのブランドで、アメリカではどのドラッグストアでも必ず大量に置いてあるブランドですが、日本ではそうは行きません。西友の大型店リヴィンの親会社がアメリカのウォールマートなので、リヴィンではアメリカとそう変わらない値段で入手可能です。値段は大体800円前後です。リヴィンで入手できない場合はアマゾンという選択肢もありますが、アマゾンで購入すると現在は約2000円となっていますので現地で買うよりはかなり割高です。しかしながらそれにしてもコスパは抜群です。620MLのポンプ式のローションなのでしばらくは持ちます。

塗り方は至って簡単で、お風呂上りなどの清潔な肌に適量手に取り、膝や肘などの部分は円を描くようにクルクル手を回しながら丁寧に塗り込み、後は身体全体はマッサージしながら好きなように伸ばして塗り込んで行きます。これでお風呂上りのボディケアはバッチリです。

アラサー筆者である私ですが、今までSt. Ivesの他の香料やテーマのボディローションをいくつも試してきましたが、やはり今の自分にはこの「Renewing Collagen & Elastin」が一番ありがたいです。香料はほんのりありますが他のもののようにクランベリーやアボカドの香りが強くあるわけではなく、さりげない香りがほんのりとするだけなのでアメリカっぽい香料が苦手な人には良いと思います。

また、白い癖のない付け心地のローションで、塗っているときにはローションにしては濃厚に感じますが乾いた後はサラッとしていてスッキリ状態です。シルクのような触り心地になります。肌を露出する場合は必ず日焼け止めを塗ることは忘れないようにしています。日焼け対策としっかりとした保湿で、保湿対策だけではなく美白対策もしっかりとできるので、特に「美白効果アリ」と謳っているものではなくても十分に感じます。幸いなことに私はリヴィンで千円未満で毎回購入できてしまうのでコスパは本当に抜群です。これからも当分このローションは手放しません。シルクのような肌の触り心地も嬉しいですし、今のうちから身体の肌のエイジングケアもしていると思うと安心感も保てます。

身体の肌のケアは顔同様、毎日欠かせません。ボディローションを塗るのは一日に一度でも構いませんので、塗るのならこれからの自分の肌のことを考えた成分が配合されているものを是非選びましょう。20代からでも身体全体のアンチエイジングは決して早すぎではありません。

<<Amazon>>

第8位 ジョンソンのボディケアリッチスパプレミアムローション

梅雨や真夏、そしてそこまで乾燥が強く感じるわけではない春や秋のときもそうですが、そこまでベタベタ濃厚過ぎるローションを身体中に塗るのには抵抗がある人が少なくありません。しかしながら身体は洗うたび水分や油分が洗い流されてしまうので、外側からも補うことによりきめ細かいみずみずしいお肌をキープできます。

暑い日や湿気が多い日も気持ち良く心地よい香りで身体の保湿を行うことができるのが「ジョンソンボディケアリッチスパプレミアムローション」です。ジョンソンからはたくさんの種類のボディローションが出ていますが、ややリッチな気分で丁寧ながらも負担にならない保湿を楽しむことができるのがこれです。

ジョンソンの「リッチスパプレミアム」ローションはザクロとジャスミンの香りがするので、オリエンタルなスパにでもいるような気分になれます。やはり香りが楽しいと保湿タイムも楽しくなります。そして肌のキメを整えるために3種類のビタミンとザクロエキスもこのローションには配合されています。

塗り終わった後にはすべすべしたなめらかな触り心地の肌になっています。上からズボンを履いたりしてもベタつきや違和感を感じることはありませんし、スムーズに履けます。保湿されながらもすべすべなお肌でいられるありがたいローションです。

ジョンソンの「リッチスパプレミアム」ローションは割とどこのドラッグストアやスーパーでも店頭に並んでいる場合が多いです。もちろんアマゾンなどの通販サイトでも購入できます。

使用法は至って簡単で、お風呂上りなど保湿に適したときに適量手にとり、できれば少しだけ両手の上で温めます。この方が肌に馴染みやすくなります。肘や膝、首すじなど乾燥しやすい部分も含め全身に丁寧に塗り込みます。そして最後には軽く手の平で押さえるようにします。こうすることにより角層にしっかりと浸透させることができます。

アラサー筆者の私ですが、肌の調子が不安定に感じることが多い季節の変わり目である梅雨や秋に使用することが多いです。梅雨はジメジメしていて不快なので少しでも楽しい香りで保湿したいですし、秋は乾燥する季節が始まる時期なのでややリッチなスパ気分で肌のための冬の準備をするような感覚で使用することが多いです。

やはり甘い香りが気に入っています。そして塗り心地もちょうど良く、保湿してくれているのに仕上がりがシルクのようにすべすべしています。ビタミンで肌が整う上、特に美白効果があると謳われているわけではありませんが継続して塗っている間は多少肌のトーンが明るくなっているように感じます。触り心地が良い肌に整えてくれるローションです。

季節や気分に合わせてボディローションを選ぶことにより、そのときの自分の気分や肌の状態により合った保湿法を確保することができます。甘いフルーツの香りで癒されながらすべすべ肌に全身を仕上げたいときにはジョンソンのリッチスパプレミアムローションが非常にお勧めです。

<<Amazon>>

第7位 ニベアのボディローション 2選

①インシャワーボディローション

こちらは肌に塗ってからシャワーで洗い流すタイプ。シャワー派の方や、ジムや温泉で使うにもぴったり。ベタつきや汗が気になる夏でも使いやすいインシャワータイプです。

ニベアクリームと同じ保湿成分で乾燥した肌を優しく潤します。無香料とホワイトフローラルの微香性2種類あります。

<<Amazon>>

②ニベアのリフレッシュプラスホワイトニングボディミルク

全身の美白ケアをしたいという女性は常に絶えません。そのためには色々と高価な全身用美白クリームやローション、ジェルなどを片っ端から試している人も少なくありません。しかしながら高価なものは値段的に続けることが難しいためなかなか購入が続かず、安いもので特に効き目をすぐに感じないものはすぐに諦めて辞めてしまいがちです。また、塗り心地がベタベタしすぎたりサラッとしすぎるものだと使う気になれる季節が限られてくる場合もあります。

そこで、美白のために必要な成分が確実に配合されていて値段も現実的なもの、そして尚且つ塗り心地も一年中文句なしのボディローションがニベアから出ている「リフレッシュプラスホワイトニングボディミルク」です。

ニベアの「リフレッシュプラスホワイトニングボディミルク」を毎晩お風呂上りに塗ると、オレンジとベルガモットティーの香りに癒されるだけではなく、配合されているユキノシタエキスやオリーブ油などの保湿成分が紫外線によるダメージや乾燥対策をしてくれると同時に安定型ビタミンCがしっかりと地道に美白対策をしてくれます。安定型ビタミンCはメラニンの生成をを抑え、シミやそばかすを防いでくれる効果が認められています。

しかもしっかりと保湿してくれるのにベタベタした感触はなく、癖のない塗り心地のちょうど良い感触のローションです。これを毎晩塗り続けることにより全身のしみやそばかすを防ぐと同時に紫外線を受けていない状態の最も白い状態に肌を導かせてくれます。

ニベアの「リフレッシュプラスホワイトニングボディミルク」はほぼどのドラッグストアでも必ず店頭に並んでいますし、アマゾンなどの通販サイトでも購入できます。値段は700円代や800円代前後の場合が多いです。アマゾンで現在購入すると配送料や税金込みで758円です。150MLの容器に入っているので、ニベアの他のボディローションよりは割高ではありますが高品質な美白ボディローションにしては、続けられる程度の良識的な価格ではあります。

使用法は至って簡単で、お風呂上りなどの清潔な肌に、適量手にとって伸ばしながら全身の肌に塗り込みます。特に肘や膝、脚の付け根など黒ずみが気になる部分は丁寧に塗り込むと良いでしょう。毎晩しっかりとお風呂上りの保湿用に使用し続けましょう。冬でも乾燥せずに済むほどの保湿力はありますし、夏でもベタつかない程度に重すぎない仕上がりです。一年中使い続けることにより、肌のトーンは明るくなることが期待できますし、保湿によりきめ細かいみずみずしい肌をキープできます。

アラサー筆者である私ですが、一年のうち約半年ぐらいはニベアのこのボディローションにお世話になっています。冬も続けても良いのですが、冬は服で全身が隠れている上保湿力がもっと欲しいと思うときがあるので、冬は美白系ではない保湿重視のボディローションに切り替えています。春や夏や秋ぐらいまではリフレッシュプラスホワイトニングボディミルクが多いです。

やはり夏でも負担にならない塗り心地ですし、日焼け止めを塗り忘れた際など後から塗っておくと肌へのダメージはしっかり抑えることができているように感じます。このボディローションを塗っておくと一時的に焼けた肌が赤くなることはあっても、シミやそばかすになったり黒くなりすぎたりせずに済みます。そして夏にとても合っている柑橘系の香りも元気をくれますしとても気に入っています。

700円代で店頭に並んでいるところを見かけたらときどき2本ぐらいまとめ買いすることがあります。この値段でこの効果はとてもありがたいです。

美白対策とは日焼けする前、している最中、そしてしてしまった後も続けるものです。日焼けしていないときにはニベアのローションで保湿成分と美白成分が働きかけているときです。日焼けするかもしれない前にはしっかりと日焼け止めを塗っておきましょう。そして日焼けしてしまった後には再びニベアのローションでダメージを受けてしまった肌のケアをして、再び保湿や美白成分を補ってあげるのです。

一年中美白対策をしてあげることで、肌はダメージレスで明るいトーンの状態を保つことが可能になります。

<<Amazon>>

第6位 すっきり爽やか北海道和ハッカミルクローション

ハッカの生産量日本一を誇るオホーツク地方・紋別郡滝上町。豊かな自然に囲まれるこの土地で栽培されたハッカの香りを閉じ込めたボディローションが、「北海道和はっか ミルクローション」です。

ハッカ油とオリーブ果実油が肌に潤いを与えて、ハッカの香りが爽やかな使い心地のボディローションです。

爽やかな香りですっきりしたい方、保湿をしたい方におすすめです。

植物の力

北海道和はっか ミルクローションは、さまざまな植物の力が利用されています。

和ハッカはスーッとした清涼感のオイルです。スーッとするのはメントールを含有しているから。ハッカ油はハッカ草から1~2%ほどしかとれない貴重なオイルです。

オリーブ果実油は、オレイン酸を豊富に含むオイルで、保湿作用があります。ビタミンEが豊富なので抗酸化作用もあります。

フランキンセンスはアンチエイジングに優れているといわれる成分です。肌を引き締める、シワやたるみを改善するなどの働きが期待できます。ミルラとも呼ばれていて、古代エジプトでも使用されていたようです。

ジュニパーは浄化作用があるといわれる成分です。ギリシャやローマでは、消毒薬として利用されてきました。殺菌作用があり、ニキビへの効果が期待できます。

これらの植物の力が肌に潤いを与えて整えます。和ハッカを基調としているので、爽やかな使い心地が特徴です。

使い方

入浴後、手のひらに適量をとって全身になじませます。1回の使用量は3プッシュが目安です。入浴後は肌の乾燥が急速に進むので、お風呂から出たらすぐに肌に塗ることがおすすめです。

ハッカに含まれるメントールやジュニパーは、人によっては刺激を感じることがあります。パッチテストをしてから使用をすれば、肌が弱い方でも安心できます。

目立たない部位に少量を塗り、24時間後に赤みやかぶれなどの異常が出ていなければ使っても問題ありません。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 敏感肌だしハッカということで恐る恐る使ったのですが、ヒリヒリはなく大丈夫でした。でも、顔に使うとヒリヒリがでるので、体だけに使っています。スーッとした清涼感が気に入っています。
  • ハッカの爽やかな香りがしてさっぱりした使い心地です。お風呂上りにすっきりとさせてくれます。ハッカの香りが優しく残るので、出かける前にも香りを気にせずに使えます。
  • 塗った感じはべたつきません。ハッカ製品はスースーする特徴があって、塗った後に冷たくなるけれど、このボディミルクはそのようなことがありませんでした。
  • 肌が弱い私でも使えました。サラサラしたみずみずしいテクスチャーで、すっきりしたいときにピッタリです。

べたつかず、ハッカのすがすがしい香りが広がる爽やかな使い心地のローションが、北海道和ハッカ ミルクローションです。

ハッカ油を基調としているのでスーッと爽やか。オリーブ果実油、フランキンセンス、ジュニパーなどが、潤いを与えて肌の状態を整えます。スッキリしたい方や爽やかな使い心地が好きな方におすすめです。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

第5位 ゴートミルク配合レイヴィーのボディローションでしっとりに

カサカサ肌がしっとり肌に。ゴートミルク(ヤギミルク)を配合したボディローションが、「レイヴィーのボディローション」です。ボディーローションを使用した後はフローラルの優しい香りに包まれて、4つの成分が潤い肌へと導きます。

しっとりが続く理由

レイヴィーのボディローションでしっとりが続く理由は、4つの美容成分を配合していることです。ゴートミルク、ヒアルロン酸Na、カカオ油、ミルクポロテインが、肌に潤いを与え、ヴェールで包み込んで潤いを守ります。

特に注目の成分がゴートミルクです。

ゴートミルクとは、ヤギから得られるミルクのことです。母乳に近い成分だといわれていて、牛乳と同じようにプロテインを多く含んでいます。牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする方もいますが、これはラクトースをうまく分解できないからです。ゴートミルクはラクトースが13%ほどと牛乳よりも少ないため、牛乳はダメでもゴートミルクなら飲める方もいます。

ゴートミルクが肌によい理由は7つあります。

  1. 脂肪球が小さいことです。分子が小さな成分は肌に浸透しやすい性質があります。
  2. ビタミンを含有していることです。美肌に欠かせないビタミンAやビタミンB6などを含有しています。
  3. 肌に浸透するプロテインです。ゴートミルクのプロテインは、肌に浸透しやすい性質があります。
  4. 古い角質を落とすことです。ゴートミルクに含まれるAHAが、古い角質を優しく落とします。
  5. 肌に近いpHです。人の肌に近いpHをしていて、優しく包み込んでくれます。
  6. 潤いと柔軟性を与えることです。天然のエモリエント成分やトリグリセライドが、肌に潤いと柔軟性を与えます。
  7. 肌をダメージから守ることです。荒れた肌の炎症を和らげて肌ダメージから守ります。

香りはフローラル・スィーティーです。優しい香りが広がり持続します。

使い方は、お風呂上りや乾燥が気になるときに、適量を肌になじませてください。濃厚なテクスチャーですが、しばらくするとサラサラになります。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 濃厚なのにスルスルーっと伸びます。肌表面だけでなくて、内部まで潤いが届いている感じ。乾燥がひどくてかゆみが出る肌を落ち着かせてくれます。
  • べたつかなくて、しばらくするとサラサラになります。フローラルの香りに癒されます。
  • お風呂上りに全身に塗っていて、レイヴィーのボディローションはべたつかないから使い心地がよいです。他のボディローションよりも、しっとりが長く続きます。

ゴートミルクは肌にうれしいミルクです。

そんなゴートミルクと3つの美容成分を配合したボディローションが、レイヴィーのボディローションです。

カサカサ肌をしっとりに、長時間潤いを持続させます。使用後にはフローラル・スウィーティーの香りが持続します。肌がしっとり潤うだけでなく、優しい香りが心にも潤いを与えてくれます。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

第4位 乾燥肌におすすめ「ヴァセリンのボディローション」

お風呂上りは肌が急速に乾燥をします。入浴をすることで肌内部の潤い成分が流れてしまったり、肌内部の水分が蒸発するからです。また、秋冬の空気が乾燥する季節も皮膚が乾燥をします。

普通肌から乾燥肌までケアしてくれるボディローションが、「ヴァセリン アドバンスリペアボディローション」です。潤いが続くのにべたつかない特徴があります。敏感肌にもおすすめです。

潤いが続く秘密

ヴァセリンは、140年間世界90か国以上で愛され続けてきたブランドです。肌を優しく守って潤いを逃がさないことが、長く愛され続けてきた秘密ではないでしょうか。

ヴァセリンの高い保湿力の秘密は、ピュアスキンジェリーを配合していることです。ピュアスキンジェリーはワセリンを主成分としていて、肌の表面をコーティングして潤いを逃がさない働きがあります。

肌にはもともと肌内部の潤いを逃がさないように働くバリア機能が備わっています。ところが、乾燥肌や敏感肌は肌のバリア機能が低下をしているため、肌内部の水分が蒸発しやすい状態になっています。そのため、保湿ケアをしてもすぐに乾燥してしまうのです。

ピュアスキンジェリーは肌の表面をコーティングすることで潤いを持続されます。

さらに潤い成分が肌の角質層にまで浸透をします。1日中潤った肌を守ります。

使い方

乾燥が気になる部位に適量をなじませてください。べたつかない使い心地です。

肌をこするとバリア機能が低下をするので、ボディローションを塗る際にはゴシゴシこすらないように気をつけてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 乾燥して粉ふきが気になるので購入しました。ヴァセリンの商品はべたつくイメージがあったけれど、伸びやすく肌に浸透をします。お風呂上りに使っていて、粉ふきが改善されました。今まで使ったボディローションの中では一番保湿力があります。
  • 寒くなると肌荒れがひどくて、皮がペリペリむけるがありました。このボディローションは、クリームと乳液の中間くらいのテクスチャーで、伸びがよくてべたつきません。翌朝になっても肌がしっとししていて、粉ふきが改善されてきています。
  • 乳液のような使用感で、伸びがよくて浸透している感じがします。べたつきはありません。潤いが長く続いてくれて、夜に塗ると朝までしっとりしています。冬場は手肌が荒れるのでハンドクリームとしても使っています。
  • 乾燥肌ですが、お風呂上りに塗って翌朝まで潤いが続いています。朝は洗顔後に薄く伸ばしていて、1日中しっとしとしています。メイクがよれないし、アイシャドウがフィットしやすいので気に入っています。

ヴァセリンは世界90か国で140年もの間愛され続けてきたブランドです。

ヴァセリンのアドバンスリペアボディローションは、乾燥から体を守ってくれるボディローションです。お風呂上りに塗って翌朝までしっとりするのに、伸びがよくてべたつきません。乾燥肌や敏感肌におすすめです。

<<ユニリーバのAmazon公式ショップ>>

第3位 敏感肌の乾燥対策に人気「セタフィルのモイスチャライジングローション」

敏感肌のために開発された低刺激なボディローション。クリームタイプもありますがこれからの季節にはサラッとしたテクスチャーのローションがオススメ。それでも十分な保湿力です。かゆみを伴うような深刻な乾燥も落ち着かせ、しっとりと滑らかな肌に整えてくれます。

冬になると全身の皮膚が乾燥してガサガサになってしまうという人が多いようです。こういったひどい乾燥肌の女性は同時に敏感肌体質であることも多く、かゆみや発疹をおこさずにお肌をしっとりさせる保湿効果の高いボディローションを見つけるのはかなり至難の技なのです。

そんな敏感乾燥肌にぴったりなのがセタフィルです。

セタフィルはアメリカからやってきた全身くまなく使える乾燥肌、敏感肌タイプの人のための保湿ボディローションで、香料や着色料も入っていない低刺激性でアメリカでは皮膚科医も推奨しているのでアトピーの人にも安心です。

セタフィルは敏感肌の女性でも安心して使えるような、お肌に優しい成分が主に配合されています。

水、グリセリンをベースにしてマカデミアナッツオイルなどの保湿効果の高い成分が中心になっているので、皮膚の細胞組織を潤い成分で修復しながら、細胞内にしっかり水分を閉じ込める働きがあるので長時間潤い効果が持続します。

成分のひとつひとつがお肌が反応しない優しい有効成分なので赤ちゃんにも使える安全性が魅力です。

セタフィルの効果

セタフィルは全身どこにでも使用可能なボディローションです。塗った瞬間からお肌がしっとりすべすべになり、まるで赤ちゃん肌のようなみずみずしさと柔らかさを手にする事ができます。

乾燥してこなを吹いてしまったり、ガサガサに皮膚が割れてしまっているなどのかなり重症なタイプの乾燥肌にも有効成分がしっかり浸透して、しっかり乾燥してしまった皮膚細胞を修復してくれます。

お手入れ方法

セタフィルはお肌の乾燥が気になる時にいつでも使用可能です。

ですがもっとも保湿効果を高めるためにはお風呂上がりにセタフィルと乾燥が気になる部分にしっかりと塗ってあげる事が大切です。お風呂あがり直後に体を軽くタオルドライします。まだ水分が少し残っているぐらいのところにセタフィルを手のひらにとってそのままマッサージするように優しく肌に塗り広げていくようにしましょう。

この時に、ゴシゴシこすったりせずあくまでもゆっくり手のひらでお肌に浸透させるイメージです。またセタフィルはメイクの下地に使っても良いです。洗顔後にセタフィルを化粧ローションの代わりにつけるだけで1日お肌の乾燥が防げます。

口コミ

私自身はセタフィルを使うようになってから1年ぐらいなのですが、セタフィルを使う前と比べるとお肌の状態が素晴らしく改善しているのを実感しています。

もともとひどい乾燥敏感肌で、さまざまな保湿ボディローションを使ってきましたが症状が悪化したり赤くなってかゆみがでてしまったりということを何度も繰り返して、やっとたどりついたのがセタフィルだったのです。セタフィルはとにかくお肌に刺激を与えないボディローションなので安心して乾燥肌対策に使用できる点が非常に満足度が高いです。

乾燥肌を改善できずに悩んでいる女性には一度試してもらいたいイチオシのボディローションです。

<<楽天>>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セタフィル モイスチャライジングローション 591ml【楽天24】
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/10/28時点)

 

<<Amazon>>

第2位 キュレルのジェルローション

乾燥肌や荒れがちな肌で悩んでいるようなら、肌のバリア機能が低下をしている可能性があります。セラミドケアでバリア機能をサポートして健やかな肌へと導く化粧品が「キュレルのジェルローション」です。

乾燥しているときや肌が荒れているとき、あせもで悩んでいるときにおすすめです。

セラミドケアで健やかな肌に

肌にはバリア機能が備わっていて、紫外線やホコリなどの外部刺激から守ったり、肌内部の水分が逃げないように守ってくれています。

しかし、肌のバリア機能が低下をしてしまうと、外部の刺激が肌内部に侵入しやすくなって肌荒れを起こしてしまったり、肌内部の水分が蒸発をして肌が乾燥しやすくなってしまいます。

つまり、乾燥肌や肌荒れに悩んでいるときには、バリア機能を高めることが重要になるのです。

キュレルのジェルローションは、セラミドケアで肌を健やかな状態に導くローションです。

セラミドは肌の潤いを保持する重要な成分なのですが、乾燥したり荒れがちな肌はセラミドが不足をしています。キュレル ジェルローションは、セラミド機能成分、ユーカリエキス、アスナロエキスを配合。セラミドの働きを効果的に補い、肌のバリア機能をサポートします。肌のバリア機能が高まることで、外部刺激に負けない健やかな状態に近づきます。

デリケートな肌のことを考えて、香料、着色料、アルコールは無添加、弱酸性です。赤ちゃんの肌にも使用できます。ノンコメドジェニックテスト済み、アレルギーテスト済みです。

使い方

洗顔後、適量を手に取り肌になじませます。顔だけでなく体にも使用できます。

口コミ


その他の口コミには以下のような声がありました。

  • ジェルタイプでスーッと伸びてサラッと浸透をします。肌が乾燥しがちがったのですが、使い続けることで肌に潤いが生まれてモチモチしてきました。さすがキュレルだと実感をしています。ちゃんと保湿されているのにべたつかないところが気に入っています。
  • さらっとした使用感ですが保湿されています。乾燥肌や敏感肌用はこってりしていることがあるけれど、これはべたつかずに使用できました。肌のザラザラブツブツに悩んでいて皮膚科の薬も効かなかったときに使用したのですが、あせもや肌荒れをケアしてくれてよかったです。アルコールフリーなので敏感肌にうれしいです。
  • みずみずしく肌なじみがよいジェルローションです。一年中乾燥しがちで肌がかゆくなったり、あせもができたりするので、こういったローションは助かります。汗や髪が触れる部分は肌荒れしやすいのですが、使うことでよくなってきました。もっと早く使っていればよかったです。
  • 浸透力が素晴らしいです。スッと消えたと思ったら潤いのある肌にしてくれるんです。べたつかないので寝る前に使っても不快感はありません。潤いが保たれていて肌荒れの心配はなさそうです。キュレルの商品はこれが初めてですが、他の商品も使ってみたくなりました。

肌が荒れているときには、肌のバリア機能をサポートすることが重要です。キュレルのジェルローションは、セラミドケアで潤いを与えてバリア機能をサポートする化粧品です。

敏感な肌のことを考えて、香料、着色料、アルコールは無添加。乾燥しているとき、肌が荒れているときにおすすめです。

<<Amazon>>

第1位 ワセリン配合の保湿ボディローションジェル「ハイスキンのモイストジェル」

ワセリンがジェルに!親子で全身に使用できる、ワセリン配合の高保湿ジェルが、「ハイスキン モイストジェル」です。

ワセリンはべたついたり、伸びが悪いことが気になりませんか。モイストジェルは、これらの欠点が改良されています。全身に使用してもっちり肌を目指しませんか。

モイストジェルの魅力

ハイスキン モイストジェルには5つの魅力があります。

①1つめは、べたつきにくいことです。

ワセリンを大量に使用してしまうとべたつきますよね。べたべたするとメイクがしにくくなったり、書類などを汚してしまうことも。モイストジェルはワセリンをジェルに配合することに成功。これにより、従来のワセリン配合成分よりもべたつきが大幅に改善されています。

②2つめは、伸びが大幅にアップしていることです。

伸びがよいジェルに配合することで、するすると伸びる使用感に。すーっと伸びるから、ボディケアも短時間。

③3つめは、潤い補給効果です。

ワセリンは肌に浸透しないので、単独で使用しても肌内部を潤すことはできません。モイストジェルは角質層にまで浸透。潤いを角層のすみずみに届けます。

④4つめは、こだわりの高保湿処方です。

高保湿タイプのワセリン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、イソマルトなどの美容成分を配合、潤いを長時間持続させます。潤いが続くのはワセリンを配合しているからです。

フリージアやローズを基調とした優しい香りで、アルコールは使用していません。

使い方

乾燥が気になる部位に適量を使用してください。顔や体に使用できます。入浴後は肌が乾燥しやすいので、お風呂上りのケアに使用することをおすすめします。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • リップケアとして使ったことはあるけれど、ワセリンを全身に使うことはありませんでした。モイストジェルは伸びがよいというので興味を持って使用してみました。べたつかないのに高保湿で使用感がよいです。朝塗って夜までしっとり。秋冬には手放せません。
  • ポンプタイプのボトルで取り出しやすいです。高保湿でしっとりするのにべたつかないから、毎日使用できます。乾燥する季節には本当にうれしいです。肌がカサカサして粉を吹くことがなくなりました。
  • ワセリンにジェルを配合したものは今まで使ったことがありませんでした。香りはそれほど長く続かなくて、塗るときにふんわり香ります。今までのワセリンのイメージと違い、するすると伸びるから全身に使用しやすくべたつきません。保湿力がとってもよいです。

ワセリンはべたつきやすく伸びが悪いイメージがありませんか。そんなイメージとは全く違うワセリンを配合したジェルが、ハイスキンモイストジェルです。

ジェルにワセリンを配合することで、するすると伸びてべたつかない使用感を実現。高保湿なワセリンを使用しているので、潤いが長時間持続します。顔にも全身にも使用できるので、全身のケアに使用してもっちりした肌を目指しませんか。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

★併せて読んでほしい人気のボディケア記事★

【いい香りのおすすめボディクリーム】芸能人愛用の人気ブランドと口コミ2019

2019年6月6日

【秋冬のボディケアのポイント!】入浴後、お風呂上りの保湿の方法

2017年9月25日

人気の乾燥対策!芸能人愛用でおすすめのボディケアクリームランキング2019

2017年3月27日

乾燥肌用のいい香りでおすすめ!ボディミルク(ボディ乳液)ランキング2019

2017年2月25日

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック