おしゃれコーデに!秋に人気のメンズジャケットの種類とブランドを紹介2020

「今年の秋はどういうメンズジャケットが人気なの?」

「トレンドなジャケットを着て、おしゃれコーデがしたい!」

という男性に向けて、2020年秋人気のメンズジャケットの種類とブランドを紹介します。

①リネンジャケット

まだまだ暑さが続きますが、9月になると昨日は暑かったと思っても突然気温が低下をすることがあります。気温の変化が激しいとどんな服装をしたらいいのか迷ってしまいます。

そんなときにおすすめのアイテムがリネンジャケットです。ここでは、リネンジャケットの取り入れ方とおすすめ商品を紹介します。

リネンジャケットは麻を使用したジャケットのことです。麻は吸湿性がありさらっとした肌触りが特徴で、暑さが気になるときでも、肌寒いかなと思うときでも活用できます。秋のはじめに厚手のジャケットを着ると季節感がなく、また着ていて暑さが気になりますが、薄手のリネンジャケットなら見た目にも着心地にも季節感があります。

シワができやすいという特徴もありますが、シワがほどよく風合いを出してくれることもあります。

リネンジャケットの取り入れ方

Tシャツでカジュアルに

コーディネート次第ではきっちりかっちりとした印象になるリネンジャケットですが、Tシャツを合わせればカジュアルな印象になります。デートのときなどカジュアルに着こなしたいときには、Tシャツなどカジュアル感のあるアイテムと組みあわせることがおすすめです。

スリムなパンツできれいめファッション

体のシルエットはIラインを意識するときれいめになります。スリムなデザインのパンツと組みあわせれば、Iラインが生まれてきれいめファッションに。スリムなデザインの服装は清潔感も生まれます。

気分やシーンにあわせて色を選ぶ

爽やかさを演出したいならブルー、落ち着いた雰囲気を出したいならベージュやグレー、ビジネスシーンではネイビーやグレーがおすすめです。気をつけたいことは、ビジネスシーンでは派手な色を避けるということです。気分やシーンにあわせて色を選んでみてください。

おすすめブランド

・ノームコア センス リネン 100% 麻 ジャケット

リネンを100%使用したジャケットです。背中部分に裏地がないので通気性がよく、軽やかで涼しげな着心地です。カラーはブルーで爽やかです。

・WEEN CHARM ジャケット メンズ 綿麻

麻52%、綿48%の生地を使ったジャケットです。麻も綿も吸湿性に優れた素材で、優し気で軽やかな印象です。シンプルなデザインで、ベージュ、グレー、ネイビーと色は落ち着いているので着るシーンを選びません。

・g-stage 麻100%バックプリントジャケット

 

裏地に手書き風のフラワープリントがされている、見えにくいところもさりげなくおしゃれなジャケットです。肩パッドと裏地は排除しているので軽やかな着心地です。

・BEAMS PLUS リネン 3B シャツジャケット

 

裏地のついていない柔らかなリネンジャケットです。気軽に羽織りたいときにおすすめです。

リネンジャケットは、軽くて涼しく季節の変わり目におすすめのアイテムです。ここでは、着こなし方のポイントとおすすめの商品を紹介しました。リネンジャケットを着たことがない方も、簡単に取り入れられそうだと感じてもらえましたか。1枚持っていると便利なアイテムなので、気に入ったものを見つけて活用してみてください。

②カバーオール

秋になってどんなアウターを着ようか悩みませんか。秋におすすめしたいアウターがカバーオールです。ここでは、カバーオールとはどんなものなのか、どのように着こなせばよいのか紹介をします。

カバーオールとは、もともとは作業着として着られていたものです。作業着だったということもありタフな作りになっていて、男らしさを感じさせます。

カバーオールがおすすめな理由は、いろいろな着こなしに取り入れやすいことです。ジーンズやチノパンなどカジュアルなコーデにも、きれいめコーデにも、幅広くコーディネートに活用できます。オーバーオールは名前が似ていますが、こちらは上下がつながったつなぎです。カバーオールはジャケットで、さっと上に羽織ることができます。

カバーオールの生地と着こなし方

カバーオールは作業着として活用されていたものがもととなっているので、使用されている生地はタフです。では、どんな生地が使われているのか見ていきましょう。

  • デニム:アメリカの開拓者が好んでいたといわれるデニム。着こむほどに風合いが生まれます。
  • ヒッコリー:ヒッコリーは柄のことで、生地はデニムの一種で厚手の平織りになっています。ストライプ柄が特徴で爽やかな印象です。
  • ダック:ダックとはキャンパス生地のことです。洗うたびに柔らかさが生まれて、着心地がなじむようになります。

では、どのように着こなしたらよいのでしょうか。

  • タフに着こなす:デニム素材のカバーオールに、デニムのジーンズを合わせてタフな印象に。袖をたくし上げると、より男っぽさが強調されます。
  • マリンコーデ:爽やかな色のカバーオール、インナーのTシャツは白と青のボーダー柄、白のボトムとあわせてマリン風に。
  • きれいめに:カバーオールはゆったりしたデザインのものが多いのですが、細見のカバーオールにタイトなパンツを合わせれば、すらっとしたIラインが生まれてきれいめに着こなせます。
  • スポーティーに:カバーオールはスポティーなアイテムとも相性がよく、ジョガーパンツやスニーカーとも相性抜群です。

おすすめブランド3選

①ポインター ブランド 米国製 バーンコート LOT145

ポインターブランドは、100年以上の歴史を持つ米国の老舗ワークウエアメーカーです。このカバーオールは、ウォッシュ加工されていてビンテージ風になっています。

②ASTRONOMY ビッグシルエット 胸ポケット カバーオール

ツヤのある上品な印象のカバーオールです。ゆったりめのシルエットで、羽織るだけでコーディネートを楽しめます。

 ③ROUND HOUSE Classic Coverall jacket

コットン100%で柔らかな着心地のカバーオールです。目を引く色のボタンやロゴがアクセントになっています。

アウターが必要になってくる秋。今までカバーオールを着たことがない人も、今年は挑戦してみませんか。カバーオールはカジュアルにも、きれいめにも着こなせるので、気軽にファッションに取り入れられるアイテムです。デニム、ヒッコリー、ダックなど生地には種類があり、デザインもいくつかあるので、気に入ったものを見つけてみてください。

③コーチジャケット

この秋は、どんなアイテムを着たらおしゃれになれるかな?トレンドアイテムが気になる!という方に、肌寒いなという日にさらっと羽織れる「コーチジャケット」を使ったおしゃれな着こなし方を紹介します。

ちなみにコーチジャケットとは、ナイロン製のジャケットのことで、カジュアルな印象の中にもスポーティーさがあり、軽い素材なので秋や春といった季節の変わり目で温度調節が難しい季節におすすめです。風を通しにくく、軽い素材なのでコートを着るには暑いけど、Tシャツ一枚では寒いなという日におすすめのアイテムです。

コーチジャケットは、今年のトレンドアイテムになっているので是非、アウターとして一枚取り入れてみてはいかがでしょうか?

コーチジャケット+白Tシャツ

コーチジャケットと相性がいいのは、シンプルな白Tシャツです。シンプルで無地なデザインを選ぶことで、コーチジャケットの洗練されたデザインが引き立ちます。

また白Tシャツを合わせる時は、コーチジャケットの裾からちらりと見える長さで少しロング丈のものを選ぶといいですね。ボトムスは、デニムやスキニーパンツなどすっきりとしたシルエットのパンツを選ぶことで、全体のバランスが良いです。

そして、コーチジャケットの綺麗めなシルエットを生かして靴は、ブラウンのドレスシューズを合わせてキレイめに着こなしましょう。ゆったりとしたシルエットながらも、足元に茶色の革靴であるドレスシューズを持ってくることで、綺麗めな印象に仕上がります。秋になり、少し肌寒くなってきた日に、さっと羽織れるコーチジャケットと革靴の組み合わせで、休日のゆったり綺麗めコーデを楽しんでみてください。

フードパーカー+コーチジャケット

またコーチジャケットは、中に合わせるインナーによって大きく印象が変わります。例えば、フード付きパーカーを合わせてカジュアルな着こなしに仕上げることもできます。中にシャツを合わせても素敵です。ナイロン素材なので、インナーは何を合わせても窮屈になりにくい点が着回し力アップに繋がり、コーチジャケット初心者の方にもおすすめです。

コーチジャケットを選ぶ時のポイントは、なるべく光沢感のないものを選ぶと様々なファッションを楽しむことができます。中には、光沢感のあるデザインのコーチジャケットもありますが、どうしてもカジュアルな印象になってしまうので、30代40代の大人の男性が着る場合はマットなデザインでどんなファッションにも合わせやすいものを選びましょう。

10代20代の方で、普段はストリートアイテムが多いという方は光沢のあるデザインでも合わせやすいと思いますが、気回しを考えるならマットなデザインがおすすめです。

コーチジャケットは、濡れてもすぐに乾くという性質から雨の日などじめじめした日にもおすすめのアイテムです。秋といっても、まだ気温の差が激しく、季節の変わり目でもあるのでこうしたさらっと羽織れるアイテムは重宝します。秋だけでなく、春先にも着られるので是非、この秋のアイテムとして新しく購入される方は、是非検討してみてくださいね。

今年はコーチジャケットで秋のお出掛けを楽しんでみてください。

④Gジャン

定番アウターの一つジージャン。「思ったようにうまく着こなせない」「コーディネートの仕方がわからない」こんなふうに感じたことがありません。ジージャンをうまく着こなすためにはポイントがあります。ちょっとしたポイントを押さえるだけで、イメージが変わりますよ。

定番アイテムだからこそ、さまざまなアイテムとあわせやすいジージャン。でも、子供っぽく見えてしまったり、ジーパンとは合わせにくかったりします。着方に悩んでしまうこともあるはずです。

ジージャンはあわせやすいアイテムなので、1着持っていると重宝します。上手く着こなすためにはコツがあります。それを押さえておけば、もう着方に迷うことはなく、かっこよくキメられますよ。

着こなし方

・子供っぽく見える理由

子供っぽく見える服装には、色をたくさん使っている、柄がたくさん入っている、カジュアル過ぎるという特徴があります。つまり、こういったことを避ければ、ジージャンを着ても子供っぽくはならないのです。

コーディネート全体の色は3つまでに収めると、全体がまとまってきれいに着こなせます。柄物は子供っぽくなるので避けましょう。

ジージャンの魅カの一つはカジュアルなことですが、ボトムもインナーも小物もカジュアルにしてしまうと子供っぽいので、組み合わせるアイテムは大人っぽいものを選びましょう。

・サイズ

だぼっと大きなサイズは子供っぽく見えるし、だらしがなくも見えてしまいます。あえて大きなサイズを選ぶというファッションもありますが、きれいに着こなしたいならサイズに気をつけることがポイントです。

気をつけたい点は2つあります。

  1. 1つめは、肩幅の位置です。肩幅の位置がはみ出さずジャストサイズだと、スタイリッシュな印象です。
  2. 2つめは、腰からウエストにかけてのラインです。余裕があり過ぎるとだらしがないので、すっきりめのデザインをおすすめします。
・色

同じデザインのジージャンでも、色が違うだけで雰囲気が変わります。濃い色なら大人っぽく、薄い色ならカジュアルに仕上がります。大人の印象できれいめに着こなしたいなら濃い色、軽やかに着こなしたいときには薄い色がおすすめです。どんな雰囲気にしたいのかにあわせて選びましょう。

合わせるアイテム

ジージャンを着るときに悩むことが合わせるアイテムです。では、どんなアイテムとの相性がよいのでしょうか。

・インナー

カジュアルなジージャンですが、カジュアルなインナーとしか合わせられないのではなく、襟のついたシャツできれいめに着こなすこともできます。Tシャツ、チェックシャツ、ニット、カーディガンなどとも相性がよいです。

・パンツ

ジージャンにジーパンはデニム×デニムの組み合わせでおすすめできません。カジュアル感が強くなり過ぎてしまいます。カジュアル感を抑えたいときには、黒のパンツやベージュのチノパンがおすすめです。

定番アイテムのジージャンは1着持っていると着回しできて重宝します。選び方や着こなし方のポイントを押さえて、かっこよくキメてみてください。

その他のデニムジャケットの着こなし

今年の秋は、どんなコーデでお出掛けしようかなと、秋のお出掛けが楽しみなメンズの皆さん、今回は流行に左右されないシンプルで安定感のある「デニムジャケット」を上手に着こなしてみませんか?

デニムジャケットは、秋はもちろん、冬、春先まで使える万能アイテムです。合わせ方や着方を工夫することで、季節感を演出できるおすすめアイテムです。もし、まだ持っていない方、デニムジャケットはあるけど、着こなし方がワンパターンになってしまうといったお悩みがある方は、是非参考にしてみてください。

チノパン+ボーダーカットソー+デニムジャケット

まずは、定番のベージュのチノパンにシンプルなボーダーのカットソーを合わせた秋コーデです。

秋らしく、ベージュのボトムスを選び、トップスにはボルドーをベースにしたボーダーカットソーを合わせて、全体的に秋らしい雰囲気をつくったコーデ、シンプルながらカラーを秋カラーにすることで、全体的に季節感が出てまとまりのある素敵なオシャレコーデになっています。

デニムジャケットの着こなしポイントとしては、少し大きめサイズを選びさっと羽織ったスタイルにすること、袖口を少しめくってみてもおしゃれです。かちっと着るのではなく、ラフな着こなしにすることでオシャレ感が出ます。

インナーにデニムジャケット

また冬には、コートの下に着てインナーとして着る方法もおすすめです。アウターとしてもインナーとしても着られるアイテムです。もし、どちらにも合わせて着られるようにしたいなら、ジャストサイズを選ぶといいですね。ショート丈を選ぶことで、コーデ全体をすっきりとまとまりのあるスタイルにしてくれるので、ダボッと着たい方以外はショート丈のすっきりとしたシルエットのデニムジャケットを選びましょう。

シンプルなブラウンのチェックシャツを中に着て、デニムジャケットを羽織ればそれだけでおしゃれな秋コーデの完成です。アクセントに帽子をかぶってお出掛けスタイルを作ってみましょう。

白Tシャツ+デニムジャケット

まだそこまで寒くない秋口に着るなら、白い無地のTシャツの上からさらっと羽織っても素敵です。ボトムスは、ベージュを選び清潔感のあるスタイルにするといいですね。アクセントにメガネなどの小物を加えて自分らしい個性を出しても素敵です。

フードパーカー+デニムジャケット

また冬に近づいてきたら、ロゴ入りのシンプルなフードパーカーの上にデニムジャケットを羽織って防寒対策もばっちり、コーデのポイントは色を合わせること、シューズやパーカーの色を合わせることで統一感が生まれます。ロゴにアクセントと持ってきて華やかな印象にしても素敵ですね。大人のメンズコーデだからこそ楽しめる、デニムジャケット、是非その日の気温に合わせてインナーやアウターを選んでみてください。

一枚持っているだけで、秋冬春まで使える万能アイテム、着こなし方はあなた次第です。是非、まだ持っていない方はこの秋ゲットしてみてくださいね。

関連記事:

20代30代におすすめ!秋のメンズシャツコーデと種類や着こなし術を解説

秋冬のかっこいいメンズデニムパンツコーデと人気ブランドと着こなしポイント

秋冬のメンズチェスターコートのおしゃれコーデとおすすめ着こなし術

【20代30代メンズニットを紹介】おしゃれな着こなしとコーデのポイントは?

秋のパーカーのメンズファッションコーデとおすすめブランド

秋におすすめ人気メンズファッション!トレンドアイテムや流行色

【20代大学生男性の服装とブランド】秋のメンズカジュアルファッションコーデ

【30代男の服装】秋メンズファッションコーディネート

【秋のかっこいい服装】おしゃれ男性に!メンズファッションコーデ

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック