ごわつき肌荒れにおすすめの美容方法とプチプラスキンケアブランド2020

誰しも経験があるであろう肌荒れ。肌が荒れるだけで、気持ちもドヨンとしてしまいます。その肌荒れ、経度によってケアにポイントがあるのはご存知でしょうか?実は間違ってるかも?合わなかったケアしてたかも?そう思われる方、必見です。

肌荒れのない肌で、心も軽く毎日を過ごしましょう!

まず、つい焦っていい化粧品に変えてみたり、アレコレつけてしまう人がいますが、

「これはNGです!」

肌荒れというのは、いわゆる肌のバリア機能が低下し、肌が敏感になっている状態です。病人に、無理やり栄養ドリンク飲ませて休ませないようなものですね(笑)

ですので元通りに活動できるよう、サポートすることがとても大切です。

肌質に合ったスキンケア

スキンケアの方法はどのように変えていけばいいのでようか。年齢によって、お悩みも変わってきますし季節によってもスキンケア方法が変わってくるとなると、どんな方法でスキンケアを変えていけばいいのか迷ってしまいます。さまざまなプロダクトがある中で今の自分にあったものを選ぶにはどうしたらいいのでしょうか。

肌質というのは、人によって違います。他の人がオススメしたからと言って自分が試した時に合うかは別問題です。なので、あまり人の意見を自分に当てはめて考えずらいものでもあります。もし、肌荒れやアレルギーなど、どこか治したいものや気をつけたいことがあるなら当然それらを考慮して使用するものも選ばなければなりません。

例えば、乾燥肌であれば、保湿成分がちゃんと入ってるものが好ましいですし、敏感肌であれば、アルコール成分などに反応しやすいので避けたほうがいいです。

自分の肌にあった化粧水や美容液、クリームなどを使用することで、肌質の改善が見込めます。

肌年齢というのがありますが、そういった診断をしてみると数値で出るのでとてもわかりやすいです。人間の肌年齢は20歳がマックスで、だんだんと降下していくと言われています。エイジングケアとは年齢に応じたお手入れのことをさしますが、エイジングケアの製品はたくさんあります。皮膚には恒常性維持機能というものがあります。細やかな分子でピンとしたハリや、しなやかな柔らかさ、潤いなどを補充するような働きです。

肌は構造的に化粧水などを使っても入っていかないと言われていますが、最近の分子生物学などで解った、細かい粒子や分子などでなるべく浸透させることが出来る製品が登場しています。

その他にも人気なのは美白です。有名なのはメラニンの生成を抑えるものですね。シミやソバカスなども防ぐとされています。ですが、美白に関しては、効果があるとされている成分はあまり多くはありません。製品を選ぶ際は、必ず裏面にある成分表を確認することをオススメします。

かくゆう私も学生の時は、ニキビなどの肌荒れに悩んでいました。皮膚科に通ったりさまざまな製品を試したりしましたが、なかなか改善は見込めませんでした。そこから自分で成分などを注意するようになり、肌荒れを起こした製品に入っている成分で合わないものを見つけていきました。今は、肌荒れはなくなりましたし、美白に力を入れるようになって、美白に効果的とされるものでスキンケアをするようになってからは、大分肌も白くなり様々な問題が改善されました。

大事なのは成分表の確認と、自分の肌にあった製品を使うことです。エイジングケアなのか美白なのか、そのほかにも肌種類別のスキンケア方法がたくさんあるので、まずは自分がしたいケアはなんなのかを決めて、それに特化した製品を選ぶことが早いかと思われます。

中でも成分表のチェックはかなり効果的なので、ぜひ実践してみてください。今まで改善されなかったお悩みがおそらく改善されるのではないでしょうか。

【肌荒れにおすすめの美容方法】ごわつきやかゆみ防止のスキンケアです

念入りにスキンケアしているのに、肌荒れが全然よくならないとお悩みではありませんか?

毎日のスキンケアやメイクで肌をこすってしまって、肌に負担を与えているかもしれません。肌荒れから脱出するためには肌をいたわるケアを心がけましょう。

刺激でバリア機能が低下

洗顔からスキンケア、メイクまで、女性は1日に何度も肌に触れたり化粧品を重ねたりしています。その回数が多くなればなるほど、肌への負担が増えてしまいます。力を入れたりこすったりしてしまうと、肌に元々あるバリア機能が壊されてしまうんです。

肌の水分が逃げないように保ったり、紫外線やほこりなどの刺激から肌を守るバリア機能が低下してしまうと、乾燥しやすくなったり肌荒れの原因になってしまいます。こすったり力を入れないスキンケアを心がけるだけでもバリア機能が回復してくれて、肌も元気になってくれるんですね。

正しいスキンケアの方法

普段何気にやっているスキンケアですが、今回は基本の正しいスキンケアをお伝えしていきます。

透明感のある透き通る肌を目指しましょう!

美肌になるには、

  1. 角質ケア
  2. 紫外線対策
  3. 保湿

以上の3つが大切になってきます。

その3つについて詳しくお伝えしていきます。

①角質ケア

角質は、正常な肌だと自然に剥がれ落ちると言われています。ですが、紫外線を浴びたり、乾燥したりすると、古い角質が溜まっていきます。

角質がたまると、くすみや、毛穴のつまり、小鼻の黒ずみになってしまいます。ですので、きちんと角質ケアをしてあげ、これらのことを防ぐのが、大切になってきます。

②紫外線対策

美肌、美白にとって紫外線は天敵になってきます。UVケアをしっかりしてあげないと、日焼けをして、シミになったり、角質の汚れが溜まったりなどお肌に良くありません。外出するときは、しっかり紫外線対策をして出かけましょう。

また、夏だけしておけばいいの?って思うかたがいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。紫外線は年中でています。天気なども関係なく曇りでも、雨でも紫外線はでていますので、毎日UVクリームなどをつけましょう。

下地の代わりなどにつけると、下地より軽いので、おすすめです。

③保湿

保湿は美白や美肌になるには大切になってきます。

角質ケアをした後、角質を十分に潤わせるとキメが整い、透明感が高まり、美肌への第一歩になっていきます。

肌が乾燥していると紫外線ダメージの影響を受けやすくなってしまいます。またカサカサまでになると痒くなったりと肌トラブルの原因になってしまいます。

ですので、化粧水をたっぷりつけ、乳液で油分を補給してあげましょう。

※洗顔方法

洗顔も実はスキンケアにつながる大事な工程になります。ゴシゴシ適当に洗うのは絶対にやめましょう。力を入れすぎたり、適当に洗うと肌にストレスを与え、乾燥や肌トラブルにつながります。ですので、正しい洗い方をしましょう。

  1. まず、泡立てクッションなどで、濃密なモコモコな泡を作ります。
  2. 次に、アゴに泡をのせて、鼻周り、額、Tゾーンをモコモコの泡で優しく洗います(肌が動かない力加減で)。そこから、Uゾーンを洗い、顔全体を洗っていきます。
  3. そして、30℃~40℃のぬるま湯でしっかりすすぎます。
  4. 最後に優しくふき取り、終わりです。

化粧水や乳液、美容液などは高いものじゃないといけないと思って、高い物をたくさん買っている人がいると思います。

「それは大きな間違いです!」

なんでもかんでも高ければ良いわけではありません。プチプラのコスメでも、美白成分が入っている化粧品は多くありますし、安くて良いものもたくさんあります。

大事なのは値段ではなく自分のライフスタイルにあった化粧品を使い、使用量の目安をきちんと守り、化粧品の成分を継続的に肌に届ける事が大切になってきます。

以上、美白・美肌になる正しいスキンケア方法をお伝えしました。

これらの3つをきちんと守り、継続し続ける事が大事になります。また、値段に関係なく、自分にあった化粧品をみつけ、必要な成分をきちんと補給してあげましょう。

また、洗顔も大切ですので、正しい洗顔もしていきましょう。美肌になるよう一緒に頑張っていきましょう。

洗顔

ダメージ受けやすい洗顔のポイント!一番気をつけたいのが洗顔です。

洗顔料と水で一番刺激を受けやすい状態になっていますから、極力肌に触れない方法で行うのがポイントです。たっぷりと泡立てた洗顔料で泡をクッションにして、手が触れないように洗ってあげましょう。

泡が細かいほど毛穴汚れもちゃんと取ってくれて、つるんとしたたまご肌を目指せます。洗顔料も肌に合った優しいものを使って、皮脂などの潤い物質が奪われない適度な洗浄力を持つタイプを選びましょう。

すすぎも重要ですから、おろそかにしてはいけません!

まずは肌に洗顔料を残さないように気をつけて、しっかりと落としきるのを意識してください。ぬるま湯の温度は32度程度がベストです。低すぎると汚れが落ちないし、高すぎると皮脂が根こそぎ奪われてしまって、乾燥しやすくなります。

私の一番おすすめの洗顔料「ファンケル」

「きちんと汚れが落ちていない、かといって洗い過ぎると肌が乾燥する。」

「汚れをしっかり落として、なおかつ潤いを残す洗顔料はないものか」

そう考えて探していたときに見つけたものが、ファンケルの洗顔パウダーです。

不要な皮脂や角栓をつるんとオフし、必要な潤いは守ってくれる洗顔料なんです。ここでは、ファンケルの洗顔パウダーにはどんな特徴があるのか、どんな使い心地なのかを紹介します。

ファンケル洗顔パウダーとは

古い角質や余分な皮脂汚れなどが肌に残ってしまうと、くすみや角栓の原因になります。こういったものを落とすために、ゴシゴシこすって洗いたくなってしまいますが、ゴシゴシ洗いは禁物です。強くこすって洗うと肌細胞を傷つけてしまい、キメが乱れてしまいます。しかし、優しすぎては汚れを落とし切ることができません。

美肌に近づくためには、角栓や不要な皮脂を落としながらも、必要な潤いは守って洗うことです。ファンケル 洗顔パウダーは、落とすことと守ることを両立させた洗顔料です。

汚れは落としても潤いは守る秘密は、うるおいキープ洗浄成分αにあります。

肌にはもともとうるおい成分(PCA)が存在しています。PCAが減少をすると、肌水分量の低下やキメの乱れなどを招きます。

うるおいキープ洗浄成分αは、PCAを守りながら汚れを落とす働きがあります。PCAを守りながら洗いあげることで、乾燥小ジワが目立たなくなることが効能評価試験で確かめられています。

つるんとクリア成分を配合しているので、不要な汚れはスッキリ。角栓を溶かし出し、汚れを絡め取り、余分な皮脂を除去し、しっかりとオフします。黒ずみの発生を抑制する成分が配合されているので、新たな毛穴の黒ずみ予防にも働きかけます。

ファンケル洗顔パウダーは、パウダーだからこそのもっちり泡です。はやスピード処方採用で素早く泡立ち、洗い流すまでもっちり弾力泡で洗うことができます。肌をこすらないから肌負担が軽減します。

防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤は不使用です。

使い方

  1. 洗顔パウダーを手のひらまたは泡立てネットに取り出して泡立てます。
  2. 泡を転がしながら、ゴシゴシこすらないようにして洗います。
  3. 水またはぬるま湯で十分に洗い流します。
スッキリするための洗顔ポイント!

付属の泡立てネットは、1回分がわかる計量皿がついています。十分な洗浄力を発揮させるためには、適量を守って使うことが大切なので、軽量皿を使って洗顔パウダーを測ってから泡立てましょう。

また、付属の泡立てネットはプリーツ状になっていて、キメ細かな泡を作りやすくもなっています。キメ細かな泡をたっぷり作ると、肌をこすらずに洗うことができます。ゴシゴシ洗うと摩擦の影響で肌が傷つくので、たっぷりの泡をクッションにして手が顔に触れないようにして洗いましょう。

口コミ

さらさらしたパウダーです。パウダーがさっと溶けて、素早く泡立ちます。もっちり弾力のある泡が完成して、肌への摩擦を感じることなく洗えます。たっぷりの泡で気持ちよく洗顔できるところが好きです。

たっぷりの泡は洗い流しにくいことがよくありますが、ファンケルの洗顔パウダーは泡切れがよく、ヌルツキが残ることなくスッキリ洗い流せます。

洗い流した後はつるつるスッキリして、鼻の周りのザラザラを感じなくなりました。それなのにつっぱり感がありません。乾燥を防ぎながら通常の洗顔では落とせなかった汚れを落とせたことがうれしいです。

洗いあがりがすべすべするおかげなのか、洗顔後には化粧水の浸透がいつもと違うことを感じました。もっちり泡と洗いあがりのスベスベが病みつきになる洗顔料でした。

あああああああああああああ

今年@コスメの洗顔料ランキングで第2位になった人気の洗顔料です。

ゴシゴシ洗い、汚れが落ちている気がしない、その洗顔は間違っています。ゴシゴシ洗ったり、しっかり汚れを落としてないと、乾燥肌や小ジワの原因になります。

洗顔はきれいな素肌を保つための大切なケアです。汚れをオフ、り洗いあがりしっとりの洗顔料が、「ファンケル 無添加洗顔パウダー」です。黒ずみ毛穴、乾燥肌、小ジワに悩む方は、洗顔料を見直してみませんか。

ホームぺージでは980円のお得なトライアルセットを販売中です。

ファンケルの公式ホームページでは、トライアルセットを販売しています。「洗顔パウダー+泡立てネット+クレンジングオイル」の3つがセットになって980円でお試しできます。

⇒ホームページ:ファンケルオンラインショップ

無添加洗顔トライアルキット

スキンケア

化粧水や乳液、クリームを付ける時にも、刺激を与えず肌をいたわる付け方をしましょう。適量を十分に手のひらで温めて、肌になじませながら浸透させていきます。ハンドプッシュメインにして、コットンなどは使わないのが大事ですね。

塗り広げるのではなく、手で押し込むような感じで伸ばしながらプッシュしてあげると、上手に付けられます。

顔全体に化粧品を付けたら、最後に顔全体を手のひらで覆って温めてあげると浸透力が高くなります。

目元や口元のかさつきが気になるなら、重ね付けしてあげると乾燥しにくくなります。アイクリームなどの専用アイテムがなくても、丁寧に化粧品を重ねてあげるとバリア機能もしっかり働いて、乾燥しにくくなります。

肌全体にしっとり潤いとハリが出てくれて、乾燥しない肌をキープしやすくなります。

私の一番おすすめのスキンケアの「オルビスユー」

みずみずしいうるおい、ふっくらとしたハリ、そんな肌にあこがれています。でも、毎日スキンケアを丁寧に行っているはずなのに実感できません。

”お肌の曲がり角かな・・・”と思ってあきらめかけていたとき、見つけたものがオルビスユーです。

オルビスユーは目立つ毛穴、底なし乾燥、ハリ不足などに悩む30代からエイジングケア化粧品です。なんと、ベストコスメ56冠を受賞しています。

こんなにも人気のオルビスユーはどんな化粧品なのか紹介します。

オルビスユーの特徴

ファンデーションを塗っても毛穴を隠せない、保湿ケアをしても乾燥肌が癒されない、顔色が曇りがち、こんな悩みがありませんか。年齢だから仕方がないとあきらめてしまっている方もいるはずです。

実は、その肌不調の原因は肌の細胞脱水です。

肌の細胞脱水とは、細胞のすみずみにうるおいが行きわたらず、角層の水分が減少している状態のことです。細胞ひとつひとつの水分が足りないと、しぼんでシワシワな状態になってしまいます。これは、風船の空気が減ってシワシワになることに似ています。肌の細胞脱水が進行をすると、乾燥、くすみ、ハリ不足などの肌不調につながります。

見た目年齢は頬で決まります。視線解析という最新の技術を使った研究で、人は普段の生活で頬を中心にして見た目年齢を判断していることが、明らかになりました。

つまり、頬を中心にケアをすれば見た目年齢が変わるということです。頬の細胞にたっぷりのうるおいを与え、ハリ感、ツヤ感、明るさが生まれることで、若々しい印象に近づくことが期待できます。

オルビスユーは、細胞レベルでうるおうことを考えて作られています。カギとなる成分は2つあります。

①1つめは「キーポリンブースター」です。

キーポリンブースター3成分のアマモエキス、モモ葉エキス、ヤグルマギク花エキスを配合。水分の通り道を作って、停滞しがちな巡りを促すサポートをします。

ふっくらとした肌に近づくために大切なことは、肌3層を自由に水分が巡ることです。バリア層、保水層、弾力層の3層を間を水分が巡ることで、ふっくらハリのある肌に近づきます。

②2つめの成分が「濃密ウォータージェリー」です。

科学的知見に基づいて30年以上研究し続け、オルビスは高保湿成分の濃密ウォータージェリーにたどりつきました。濃密なうるおいを蓄えたリッチな成分です。水ワセリンのようなコクのある感触のこの成分が、角質層をみずみずしさで満たしていきます。

オルビスユーは不要なものを与えないという考えから、シンプルな3ステップです。

3ステップ
ステップ1:落とす

与える前に不要なものを落とすことが大切です。不要なものが肌に残っていては、必要なものの浸透が妨げられてしまいます。

オルビスユー ウォッシュは化粧水のために開発されたような洗顔料で、洗った後には次に使う化粧水の浸透が違います。

汚れを吸着するモロッコ溶岩クレイを配合。毛穴の汚れまで一掃します。豊かな泡だちとうるおいを引き込むサポートをするハイドロキャッチ成分も配合。化粧水がぐんぐん浸透する肌に整えます。

ステップ2:与える

3ステップの中でも特に重要なものが、オルビスユー ローションです。汚れを落とした後に肌に、たっぷりとうるおいを与えていきます。

オルビスユーの化粧水は、とろっとしているのになじみがよい特徴があります。肌につけるとぱしゃっとしたみずみずしさがあり、美容成分が角質層にまでぐんぐん浸透をします。濃密ウォータージェリー配合で、リッチなうるおいを届けます。

ステップ3:保つ

化粧水でたっぷりと与えたスキンケア効果を保つためのものが、オルビスユー モイスチャーです。

濃密なうるおいを蓄えているのに、ふわふわと軽い使い心地です。乾燥にさらされる肌にハリヴェールを作り、細胞をうるおいで満たしていきます。

使い方

洗顔料、化粧水、保湿液の3ステップでシンプルにケアをします。

ステップ①:洗顔料を1cmほど取り出して泡立て、泡をクッションにしてゴシゴシこすらずに洗います。水またはぬるま湯を使って洗い流します。

ステップ②:化粧水をティースプーン半分ほど取り出し、顔全体に広げてからハンドプレスをします。

ステップ③:保湿液を小豆1から2粒ほど取り出し、両頬、額、鼻、あごの5か所にのせてから、顔の内側から外側に向かってなじませます。

角質層にまでうるおいを届けるためのポイント!

肌の細胞脱水を改善するためには、角質層にまでうるおいを届ける必要があります。そのために重要なことが化粧水の使い方です。

オルビスユーウォッシュは、化粧水の浸透を高めるためのブースターの役割があります。そのため、シリーズで使うことをおすすめします。

オルビスユーウォッシュで洗った後にオルビスユーローションを使用します。

顔になじませた後に、5秒ほどハンドプレスをします。手が冷たいと皮膚表面の温度が下がって血流が悪くなってしまうので、温かい手でハンドプレスをしましょう。じんわりうるおいを押し込むことで、ぷりっとした肌に近づくことが期待できます。

口コミ

オルビスユーウォッシュの口コミ

きめ細かく滑らかな泡を手で作ることができました。弾力があって、洗い流すまで泡がへたりません。洗いあがりはスッキリ、すべすべです。でも、肌が乾燥してつっぱることなく、心地よい洗いあがりです。

オルビスユーローションの口コミ

洗顔の後に使うと化粧水の浸透がよいです。とろみがあるのに驚くような浸透力、すーっと肌に入っていきます。あっという間になじんで、しっとりとした肌に整えてくれました。

ハンドプレスをしている時間が気持ちよいです。これまでは何度も化粧水の重ねづけをしていたのに、オルビスユーならこれだけで満足できます。乾燥する季節にも重宝していて、保湿力が高いのだなと実感しています。

オルビスユーモイスチャーの口コミ

化粧水もそうですが、モイスチャーもシンプルなデザインのパッケージで清潔感があります。

伸びがよく軽い使い心地です。クリームほど重くなくて使いやすいです。とろんとしていてなじみがよく、べたつかずに使えました。日中も肌の乾燥を守ってくれて、しっとりが続いています。さっぱりすぎず、べたべたはせず、気持ちよい使い心地です。

公式ホームページではお得な7日間体験セットを販売中です。

7日間の体験セットと、ふわふわで抗菌の今治フェイスタオルが付いて「980円(税込み、送料無料、翌日発送)」です。この機会に是非試してみてください。

⇒公式ホームぺージ:“見た目を変える”化粧水があなたの肌運命を変える



肌荒れの重症度別のケアのポイント

①まず、なんだかスキンケアの効果がでない、肌がごわついていてさわり心地が悪い、という軽度レベルの時。

このときはまだまだ挽回できます。肌に優しいクレンジングで丁寧にメイクオフし、拭き取り化粧水などで角質を優しくオフしましょう。

この時、肌がピリつくようなものは使わないこと。そしてたっぷり化粧水を含ませたローションマスクをオン。私はこの時必ずローションマスクです、普通のシートマスクは使いません。シートマスクに含まれている色々な美肌成分が、刺激になることもあるためです。

②そして、少しかゆみが出てきて、ちょっと心もざわついてくる(?)中度の肌荒れ。

このときは、前のケアにプラス、肌荒れ箇所にあるものを塗ります。それは、なんとユースキン。手荒れだけでなく、肌にも使えるんです。手荒れに使ったことがある人なら分かるかもしれませんが、よく効いてくれますよね。

我が家の子供も手荒れしやすいんですが、これを塗るとあっという間に完治します。サラッとはしないので、そこだけが難点ですが、効きますよ!

③そして、もう痛くて化粧もしたくなくなる重度の肌荒れ。

私はアトピー性皮膚炎持ちなので、よくこのレベルまで到達します(笑)ここまでくると、まず化粧水はやめたおいた方がいいです。手荒れのとき手を洗うと染みたりすると思いますが、化粧水は色々な成分が入っています。そのなかにはアルコールも。赤くなるほど荒れてきた肌に、化粧水は負担なんです。

そんなときは、超シンプルケアです。なんと、敏感肌用のクリームを塗るのみ、です!私は花王のキュレルを愛用しています。何日か続けると、だんだん肌が落ち着いてら塗り心地にも変化が出てきます。クリームだけじゃ物足りないな、と思ったころ、肌荒れがかなり改善されていると思います。

生まれつきアトピー性皮膚炎をもつ私は、大人になった今でこそかなり落ち着きましたが、やはり季節の変わり目の春と秋は特に、よく荒れます。ですので色々な方法を試しました。新しい化粧品でケアしたこともあります(笑)試行錯誤して編み出したケアが、このケアです。

もちろん、合う合わないもあると思いますが、ケア自体はとても簡単なものですので、試してみる価値ありです。ちなみに私は、ローションマスクはいつもキッチンペーパーを使っております。そのくらいお金もかけずにケアができます(笑)

肌荒れで毎日がイライラしてたらもったいない!肌荒れに悩む方の参考になれば幸いです。

まとめ

肌の状態が整っていて、肌荒れしていない健やかな肌こそ美肌の第一条件です。

肌荒れをしっかり予防して、回復を早めてあげるためにも、傷つきやすい肌表面にいかに刺激を与えないでケアしてあげるかがポイントなんです。そのためには、肌をいたわる優しいケアをしてあげるのが大事ですね。

洗顔に徹底的にこだわって、スキンケアでは力を入れたりこすったりしないようにしましょう。

肌に優しくなるべく触れないケアをするだけでも、肌状態がみるみる違ってきて元気な肌荒れのない肌になってくれます。

毎日のことでつい時間がなくてパパっと済ませてしまいがちなスキンケアですが、ほんの2、3分でもいいので時間に余裕を持って、いたわるケアを取り入れてみましょう。

関連記事:

乾燥する季節の変わり目は秋冬のスキンケアがポイント!肌荒れや肌トラブルを防ぐ

肌荒れガサガサ肌におすすめの人気化粧水&クリームランキング2020

【泣けるほどザラザラ肌】肌荒れにおすすめのクレンジングとスキンケア

肌荒れやニキビに効果抜群で安い!おすすめのシートマスクと使い方

【1週間ダイエットのやり方と効果】むくみ、肌荒れ、便秘も解消します

30代40代におすすめ!肌荒れしない人気のファンデーションランキング2020

いい香りで乾燥肌に優しい!肌荒れしないおすすめ入浴剤ランキング2020