キメが整いもちもちすべすべ肌の30代に!人気でおすすめ化粧水ランキング2020

30代になり、肌のキメが乱れ、20代のあの頃の「もちもち&すべすべ肌」からすごく遠ざかった肌状態である。

“なんとかしたいのに、どうすれば良いの!”

と悩んでいる30代女性に向けて、ここでは是非試してほしい化粧水を紹介します。

どれもプチプラで口コミ評価の高いものばかりです。

さらにトライアルセットで安く試せるので、是非一度試してみてください♪

キメ細かいお肌を手に入れる!スキンケアのポイント

キメ細かいお肌は大人女子の憧れです。透明感があり、思わず触りたくなるそんな美肌に憧れている方も多いでしょう。

ここではまず、キメ細かいお肌を作る!お手入れの方法やスキンケアのポイントについてみていきたいと思います。せっかくなら、毎日のスキンケアを少し工夫してキメのある美肌を目指しましょう。

キメ細かいお肌とは、どんなお肌かというと肌表面に刻まれた凹凸が綺麗に整っている状態を指します。凸の部分は皮丘といい、溝のように凹んだ部分をみ皮溝といいます。キメの整ったキレイなお肌は、この皮丘と皮溝の三角形が綺麗に並んでいます。このお肌を形成している凹凸のキメの細かさ、粗さによってお肌の見た目や触った感触が変わってきます。

キメ細かく美しいお肌というのは、汗や皮脂を適度に保ち保持する役割がある皮紋が均一に規則正しく並んでいます。日丘は小さく、弾力性があって皮溝は浅くて細い状態が理想です。こうした理想の状態になったお肌は、ファンデーションを塗った時にもキレイに塗れますし、触るとふわふわして柔らかい感触が特徴です。

逆にキメが荒い肌の特徴をみていきたいと思います。

キメが荒いというのは、皮紋が不規則な状態で皮丘には、弾力性がなく皮溝は深く広がっていることが多いです。触った感じも乾燥していて、ハリがなく全体的にくすんでいるように見えます。お肌の凹凸があるので、ファンデーションを塗ってもキレイに塗れなかったり、凸凹してしまうため見た目も美しくありません。

もし、ファンデーションを塗ってもキレイに塗れない、なんだかごわつくといったことがあれば、このお肌の凹凸が乱れている可能性があります。皮丘と皮溝のバランスが乱れ、皮紋が綺麗な形をしていないことが原因です。

それでは一体キメの細かい美しいお肌を手に入れるためにはどうしたらいいのでしょうか。

ポイント①:キメを乱れさせる原因を知る

まずは、キメを乱れさせる原因をみていきましょう。

お肌のキメが乱れる原因は、紫外線や肌の乾燥、血行不良、栄養不足、新陳代謝の乱れが考えられます。お肌のキレイに保つには、水分保持がとても大切です。お肌を乾燥させないようにすること、新陳代謝を活性化させること、紫外線を防ぎ、お肌の保湿機能を高めることが大切です。そのためにはまず、お肌の余分は皮脂を落とし汗や埃をしっかりクレンジングや洗顔で落としていくことが大切です。

ポイント②:徹底した保湿ケア

また洗顔後は、非常に乾燥しやすくなっているので乾燥しないように化粧水でお肌を整え、美容液や乳液、クリームを使って保湿ケアを徹底していくことが大切です。

もし、今までベタつくのが苦手でクリームは使っていなかった、という方はこの機会に取り入れてみてください。乾燥を防ぐことで、お肌に水分と油分が供給されキメの整った美しいお肌をつくることができます。凹凸が乱れている状態ではどんなにメイクをしてもごわついてしまいます。

そうならないように汚れをしっかり落とすこと、新陳代謝を挙げるために適度な運動をすることが大切です。運動をして血行をよくすることで、お肌のターンオーバーも整ってきます。そうすると古い角質がしっかりとれるのでくすみのない健やかなお肌になることができます。是非、試してみてくださいね。

キメが整いもちもちすべすべ肌の30代に!人気でおすすめ化粧水ランキング

その前に!化粧水の役割をおさらい

スキンケアの中でも基本中の基本ともいえる存在に「化粧水」がありますね。洗顔をした後に化粧水、メイクの前に化粧水といったように常に身近にある存在でしょう。

しかしこの化粧水、改めて考えてみるとそもそも何のために付けているのかな?どんな効果があるのかな?と知らないことがたくさんある・・・という方もきっと少なくないのではないでしょうか。

化粧水の役割や種類を知ることはきれいなお肌づくりにも繋がるので、少しでも知識を頭に入れておくと良いですね。

まず化粧水とは何なのか?というところですが、簡単に言ってしまうと“お肌を保湿してキメを整えるもの”です。

化粧水を使う主なシーンといえば洗顔後ですが、洗顔後というのは汚れだけでなくお肌の水分や油分が落ちてさっぱりしている状態です。水分が無ければ乾燥して肌トラブルの原因となり、油分は肌のバリア的な役割を果たしてくれるため適度な量は必要です。

つまりどちらも落ちている洗顔後というのは肌がとても無防備な状態です。そんな状態のお肌を守るために化粧水を付けて保湿成分を補い、肌のキメを整えて、その後使う乳液や美容液などが肌に馴染みやすい状態に整えるのです。

化粧水はお肌の土台を作る非常に大切な存在です。

肌に水分を与えるだけならば水をつければ良いのでは、そんなことを思ってしまうこともきっとあるでしょう。しかしお肌というのはスポンジとは違い、水を付けただけではただ濡れるだけでうまく吸収してくれません。そこで活躍するのが化粧水に含まれている成分です。

化粧水の主な成分は精製水といわれる水なのですが、それ以外にも肌の保湿成分であるヒアルロン酸やグリセリンなどが含まれています。

ヒアルロン酸は肌の水分が蒸発するのを防ぐ効果があり、グリセリンは浸透力が高く、そららが含まれていることでお肌にすっと馴染み、化粧水が肌の奥まで浸透してくれるようになります。

最近ではヒアルロン酸などの保湿成分以外にも、美容成分が含まれている化粧水が登場するなど、化粧水と一口にいってもその種類は非常に豊富になりました。

美容成分や美白成分が含まれているものは美白化粧水といわれるもので、シミやそばかす、美白などを目的とした方におすすめです。ちなみに保湿を目的としたものは保湿化粧水や一般肌用化粧水と呼ばれています。

化粧水には他にも肌に残った余分な油分や角質を取り除く拭き取り化粧水や肌を引き締めキメを整える収れん化粧水、ニキビに悩む方におすすめのニキビ化粧水など様々な種類があります。

拭き取り化粧水はなんだか肌がザラザラする、ゴワゴワするなという方に、収れん化粧水はお肌がテカりやすかったり夏場など暑い盛りにメイク落ちが気になってしまうといった方に向いているなど、自分のお肌の調子に合わせて選ぶのがおすすめです。

普段は保湿化粧水を使っておき、ちょっと肌の調子がいつもと違うなという時にはそれぞれの悩みに会った化粧水を使う、そんな使い分けをすると良いかもしれません。普段よく使う化粧水だからこそ、お肌のためにも自分に合った化粧水を使うことはとても大切なのですね。

化粧水の選び方と使い方

スキンケアに欠かせない「化粧水」、塗り方を間違えるとせっかくつけていても意味がない?

続いて、化粧水の正しい塗り方とポイントをご紹介します。

化粧水はたっぷりつけることが大事!だからこそ、ばしゃばしゃ付けてしまったりどうしても乱暴になりやすいです。でも化粧水は、沢山つけるためにばしゃばしゃつければ、お肌に浸透するというものでもありません。

ポイントは、「お肌の奥までしっかり浸透させること」です。

化粧水の役割には、蓋の役割はありません。しっかりとお肌の奥まで浸透させることが大切です。そのため、一度に着ける量は少量でも構いません。乾燥しやすい方は、数回に分けて付けるとより浸透しやすくなりお肌に馴染みます。

ここでは、化粧水をより効果的に使うための「塗り方」や「ポイント」について見ていきたいと思います!

①まず今お使いの化粧水は、どんなタイプのものをつかっているか確認してみましょう。

水っぽいタイプですか?それとも「とろみ化粧水」といってお肌に膜を張るようなとろみのある化粧水ですか?とろみのある化粧水をお使いの方は、実は注意が必要です。とろみ化粧水は、塗った感じはお肌が潤っているように感じますが、実は肌内部は水分不足のままになっているなんてことがあります。

お肌の表面は、とろみ成分で潤っているように感じるのですが、肌内部にはしっかり浸透していないなんてこともあります。なので、とろみ化粧水を使っている方はなるべく、水っぽいテクスチャーの化粧水に変えるか、少量ずつ塗ることで確実にお肌に潤いを届けましょう。

②また化粧水の成分にも着目して選ぶことが大事です。

例えば、お肌の内側からコラーゲンの生成を促進してくれる「ビタミンC誘導体」が含まれているものや、シミ予防に欠かせない「トラネキサム酸」など美白ケアとして化粧水を使い方にはこうした成分が配合されているものがおすすめです。また「アルブチン」のように、メラニンの生成を抑えてくれる働きのある成分も要チェックです。

毎日化粧水を塗っていても、あまり効果を感じられないなという方は、思い切って化粧水を変えてみるというのも方法ですね。もし、化粧水の選び方は問題なくても、塗り方に問題があればせっかく使っていても意味がなくなってしまいます。一度に大量に付けるという方法ではなく、お肌にしっかり浸透できているか?お肌により吸収される方法を考える必要があります。決してやってはいけないのが、摩擦を起こしたりお肌に刺激になるような付け方は避けたいところです。

またとろみ化粧水を使っている方は、肌に「まく」が張らないように少量ずつつけることもポイントです。

優しく何回に分けてつかうことで、お肌の内部までしっかり浸透するようにつけましょう。意外とこうしたポイントを知らない方が多く、高い化粧水を使っているのに効果を感じられないなんて方が多いです。まずは塗り方をしっかりマスターしていきましょう。

化粧水は、手で塗ってもいいですし、コットンを使ってもいいのですが、摩擦が起こらないようにすること、お肌にしっかり浸透する塗り方をしていくことが大切です。毎日のスキンケアだからこそポイントを抑えてケアしていきましょう。

第7位 GbloomのGBローション

化粧水に使用されている成分で最も多いのは水です。その水にこだわった化粧水が「Gbloom GBローション」です。こだわりの水が肌の奥にまで潤いを届けて、肌本来の力をサポートします。

特徴

化粧品に配合されている美容成分は気にするけれど、使用されている水を気にしたことがありますか。化粧品に使用されている原料で最も多いのは水です。多く使用されているものは、それだけ肌に影響を与えると考えられます。そして、水には美容成分を届ける大切な役割もあります。

Gbloom GBローションが使用しているのはクラスター水です。ろ過・蒸留・イオン交換の過程を経て、不純物を取り除いた超軟水・クラスター水です。この水は非常に肌への浸透しやすく、配合している美容成分を肌の奥にまで届けます。不純物を取り除いた超軟水なので水の安全性も考えられています。

配合している美容成分は、加水分解シルク、アロエベラ葉エキス、ビフィズス菌発酵エキス、アミノ酸などです。これらの成分を肌の奥に届くようにクラスター水がサポートをします。

どんなに高い力を持った美容成分でも、どんなに高価な化粧品でも、成分が浸透しなければその実力は発揮されない、そのような考えで作られている化粧水です。

浸透しやすい性質の水なので、スーッとしみ込む使用感です。肌表面はさらさら、なのに内側はしっとりに。肌表面に潤いを与えるだけでなく、内側から潤った肌へと導きます。

使い方

洗顔後、最初につけるものが化粧水です。手のひらに8~10滴取り出し、顔全体に優しく広げます。最後に手のひらで顔を包み込んでなじませます。コットンでつけるよりも手でつけることがおすすめです。スーッと浸透をするのでべたつきが気になりません。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 普段化粧水を使うと肌がピリピリしてしまうのでクリームだけのケアをしていたのですが、この化粧水はピリピリせずに使用できました。べたつきも気になっていたので、べたつき感なく使用できるところもうれしいです。シンプルな使い心地の化粧水でした。
  • さっぱりした使用感であるにもかかわらず、肌が吸い付くようになります。この化粧水を使って美容液をつけるようになったら、翌朝毛穴がきゅっと引き締まっているようになりました。この化粧水だけの力なのかはっきりしませんが、肌質は改善されています。
  • 使い心地がさっぱりなので、季節を問わずに使えそうです。さっぱりするけれど保湿力を感じます。さらさらした化粧水でスーッと浸透をしました。嫌な匂いはないので、化粧品特有の匂いが苦手な人でも使いやすいと思います。肌に赤みが出ることもなく使えています。安心して使える商品だと思いました。
  • あっさりした使用感なのに夕方まで潤っています。水のようにサラサラとしていて、何度も重ねづけをするとツヤがでてきます。肌の状態をじわじわと改善してくれそうで期待しています。

化粧品の原料で最も多く使われている水にこだわった化粧水が、GBローションです。

超軟水・クラスター水が美容成分を肌の奥にまで浸透させる手助けをします。肌表面だけを潤すのではなく、内側から潤った肌へと導く化粧水です。肌の乾燥が気になる、化粧水のべたつきが苦手、さっぱりしたものを使いたい、そんな方におすすめです。

第6位 アクアレーベルのキメ保湿化粧水

20代後半以降になると、今まであまり気にしていなかった肌のキメのことや毛穴の開き、肌荒れのことが気になる人が多いです。年齢的なものもあり、また忙しい生活でホルモンバランスが崩れてしまったりすることで色々と肌の不調が以前より出てくる時期でもあります。

そういった中、保湿をしっかりしてくれるのはもちろん、毛穴の開きや大人ニキビなど、アラサーから40代前後まで出やすい悩みに対応してくれるのが資生堂アクアレーベルの「キメ保湿ライン」と呼ばれている赤いボトルに入っているラインです。

資生堂アクアレーベルには美白ラインやニキビケアラインなど、様々なラインが揃っていますが、その中でも最もアラサーから40歳前後ぐらいまでの女性が向き合うことが多い肌の悩みに総合的にアプローチしてくれるのが「キメ保湿ライン」です。

中でも最も嬉しい成分が、配合されているベビーアミノ酸です。赤ちゃんの肌にたくさん含まれている成分で、肌のバリア機能を整えてくれてうるおいをしっかりキープしてくれます。そして肌荒れや大人ニキビの予防などに有効なグリチルリチン酸という、豆科の植物由来の成分も配合されています。その他、毛穴の黒ずみや荒れなどを防いでくれるグリシルグリシンGLという成分も配合されています。その他にもWヒアルロン酸などの定番の保湿成分も配合されています。とにかく肌荒れや毛穴などの悩みにしっかりとアプローチしてくれるので、使用し続けることにより毎回プルッと保湿された肌を保つことができ、すべすべで毛穴も綺麗な状態に向かうことができます。

資生堂アクアレーベルの化粧水や乳液などはどのドラッグストアでも常に見かけることができるものなのでドラッグストアでの購入がお勧めです。値段は大体1300円前後のことが多く、化粧水も乳液も「さっぱり」、「しっとり」、「とてもしっとり」の三種類あります。肌のタイプや付け心地の好みなどにより自分に合ったタイプのものを選びましょう。ドラッグストアにはテスターが置いてある場合が多いので試してから選ぶ方が賢いです。乳液も同じように選びましょう。

使い方は至って簡単で、洗顔後の清潔な状態の肌にコットンに化粧水を適量馴染ませたものを滑らせながら馴染ませ、気になる毛穴のところなどはパッティングをします。首にも付けましょう。乳液も適量に顔と首に伸ばします。これを朝晩続けることにより20代前半まであまり向き合うことがなかったかもしれない肌の悩みを改善することができます。

アラサー筆者の私はよく秋になるとアクアレーベルの赤ラインを使うことが多いです。夏までの疲れが一気に出て、ホルモンバランスが狂いやすい時期でもありますし、肌も色々と混乱して毛穴や大人ニキビが特に気になることが多い時期です。

私は元々オイリー肌ですが「さっぱり」だとあまりにもさっぱりすぎて肌の上をはじくような感じがするので、あまり浸透しているように感じません。なので最近は化粧水も乳液も「しっとり」を使うようにしています。千円代でベビーアミノ酸も配合されている贅沢な化粧水はありがたいです。いかにもアンチエイジングに効きそうな外見と感触の化粧水と乳液です。今の私の肌には合っていると思うので、また秋が来たら再びお世話になる予定です。

肌も段々大人になって行くに連れ毛穴や大人ニキビも厄介になってきますが、あまり悩まず、お手軽な値段でその全てを毎日ケアしてくれる化粧水を選びましょう。総合的に色々な悩みにアプローチして肌全体の調子を整えてくれる資生堂アクアレーベルの「キメ保湿ライン」はアラサー以上のお肌に実にお勧めです。

第5位 ルフェリのリフトグロウローション

肌がかさつく、保湿ケアをしてもすぐに乾燥する、内側から乾燥している気がする、こんな悩みがありませんか。

このようなときにおすすめの化粧水が「ルシェリのリフトグロウローション」です。コーセー独自の浸透テクノロジーで肌の内側からふっくらとした潤い肌へと導きます。

内側からふっくら

ふっくらとした肌に近づくためには、肌の外側に潤いを与えるだけでなく、肌の内側から潤いで満たすことが大切です。

ルシェリのリフトグロウローションは、コーセー独自の浸透テクノロジー「イオン化カプセル」を採用しています。

プラスに帯電したイオン化カプセルが、マイナスに帯電した肌に引き寄せられるように密着。浸透力に優れたカプセルが角質層にまで潤い成分を届けます。

配合している美容成分は、加水分解コラーゲン、ライチ種子エキス、セイタカミロバラン果実エキス、コレステロールなどです。角質層にまで到達した美容成分が、内側からふっくらとしてハリのある肌に導きます。

また、濃密うるおい持続処方なので与えた潤いが持続します。乾燥しやすい季節も肌を乾燥から守ります。

ミュゲ(スズラン)を基調としたフローラルな香りです。毎日のケアが楽しくなることでしょう。

リフトグロウローションには、みずみずしい感触の1しっとり、まろやかな感触の2とてもしっとり、コクのあるリッチな感触の3特濃の3タイプがあります。肌の状態や季節にあわせて選べます。

使い方

洗顔後に使用をします。手のひらまたはコットンに500円大を取り出し、優しくなじませます。手のひらで顔を包み込むようにするとなじみがよいです。コットンを使用する場合、パッティングの際に強い力を加えて肌を傷つけないように気をつけてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • とろっとしたテクスチャーですが、肌になじませるとさらっとします。肌がふっくら、ハリもでてきます。ニキビができないか心配だったのですが、ニキビは大丈夫でした。香りは安っぽくなく私は好きです。よい香りの化粧水は長くパッティングしていたくなります。正直、3000円台なのであまり期待していなかったのですが期待以上でした。
  • 透明でピンクのかわいいボトルです。手に取ってみるとさらさらしていて、肌にスーッと浸透をしていきました。とてもなじみがよくて、肌表面はさらさらだけれど、内側から潤っている感じがします。浸透力の高さを実感できました。そして、肌がふっくらしてきました。潤いをグングン蓄えていく感じで、ふっくらハリがでてきてうれしいです。
  • スーッと気持ちよく浸透をしていく浸透力を感じられる化粧水です。ハンドプレスをするとペタンと音がするほど手が吸い付きます。肌が柔らかくふっくらしてきました。なじみがよく肌表面に化粧水が残らないので、メイクのヨレは気になりません。スズランの甘い香りがして癒されます。

ふっくらした肌に近づくためには、肌の内側から潤いで満たすことが大切です。ルシェリのリフトグロウローションは、独自のテクノロジーで角質層にまで美容成分を届ける化粧水です。口コミでもなじみがよい、スーッと浸透するなど好評です。

肌の内側に潤いを与えて、ふっくらハリのある肌を目指しませんか。

<<Amazon>>

第4位 ロクシタンのイモーテルエッセンシャルフェースウォーター

黄色い花を咲かせ、枯れてもその形を変えない花、それがイモーテルです。永久花としても知られています。

エイジングケアに効果があるとされるイモーテルの成分を抽出して配合した化粧品が、ロクシタンの「イモーテル エクストラフェイスウォーター」です。濃厚な化粧水が美しさを育てます。うるうるモチモチ肌を目指す方におすすめです。

濃厚化粧品の秘密

イモーテル エクストラフェイスローションは、とろっと濃厚な化粧水です。肌に溶け込むような使い心地が特徴で、キメが整ったもちっとした肌へと導きます。

濃厚な化粧品には2つの特徴があります。

①1つめは、植物の力を取り入れていることです。

エクストラフェイスローションには、イモーテルエキス、ローズウォーター、サフラワーシードオイルが配合されています。これらの成分が肌のハリ、弾力、キメをサポートします。

②もう一つの特徴は、アクアラスティング処方を採用していることです。

アクアスティング処方とは、ヒアルロン酸とキシリトールコンプレックスを組み合わせた処方のことです。ヒアルロン酸は1Lで6gの水分を抱え込む力があり、キシリトールも水分を保持します。

これら2つの成分が内側に潤いを与え、ラップのように包み込み、日中も乾かない肌を作ります。濃厚な潤いが肌を包み込みます。

使い方

洗顔後、コットンにローションをとって、優しくパッティングをしてください。使用量が少ないとコットンが毛羽立ち、コットンの繊維が肌を傷つけるので、たっぷりと使用をしましょう。パッティングをする際には、肌に摩擦が生じないように優しくすることがポイントです。

イモーテルには、クレジングやミルクなどの製品もあるので、ライン使いをすることがおすすめです。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 濃厚なのにべたつきません。驚いたことは、夕方までもっちりが続くことです。普段は、保湿ケアをしても夕方には乾いてしまうのですが、イモーテルのローションを使うと乾燥知らずの肌になります。
  • 肌にスッと浸透をします。そして潤いが続きます。翌朝も肌がもっちり。潤いが続いているとうれしいです。
  • 紫外線が気になる季節は、日焼け止めを塗っていても肌が疲れているような気がします。そんなときに、たっぷりとローションをつけていたわってあげます。肌がよみがえる感じがします。
  • 手に取るとイモーテルの香りなのかニオイがきついです。でも、肌につけるとそれほど香りは気になりません。ふわっと香って癒されます。

永久花としても知られるイモーテルのエキスを配合した化粧品が、ロクシタンのイモーテル エクストラフェイスローションです。

イモーテルエキスやローズウォーターなどの植物成分が、肌のキメを整え、ピンとハリと弾力のある肌へと導きます。さらに、アクアライン処方で乾燥に負けない肌に。とろっとした濃厚化粧水が潤いを与え、キメが整った肌に導きます。乾燥が気になる、濃厚な化粧品が好き、こんな方におすすめです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

第3位 ドクターシーラボのVC100エッセンスローションEX

ハリ・保湿・キメ・ツヤ・引き締めまでアプローチする化粧水が「ドクターシーラボのVC100エッセンスローションEX」です。

大人の肌は複雑だから、エイジングケアには多角的にアプローチをすることが大切です。VC100エッセンスローションEXは、さまざまな角度からアプローチをしていきます。

潤いが欲しい、肌の引き締めをしたい、ハリやツヤ感が欲しい、そんな方におすすめです。

4つのポイント

①APPS配合

従来の100倍の浸透力を持つビタミンC誘導体の一種APPSを配合。コラーゲンの生成促進やメラニンの生成抑制といった働きがあります。

ビタミンC誘導体には、水溶性、脂溶性、両方の性質を持つものの3つのタイプがあります。APPSは水溶性と油溶性の性質を持つタイプです。水溶性ビタミンC誘導体の素早く浸透する力と、油溶性ビタミンC誘導体の高い浸透力を兼ね備えています。

②浸透発酵コラーゲン配合

コラーゲンは保湿作用のある成分です。一般的なコラーゲンは分子が大きく肌内部には浸透はしません。コラーゲンの分子量を小さくしたものが加水分解コラーゲンです。この加水分解コラーゲンを発酵・分解することでさらに小さい分子にしたものが浸透発酵コラーゲンです。小さい分子にすることで、より効率的に必要な場所に届きます。

③パワーアシスト成分配合

引き締めてハリを与える、ツヤ肌に整える、保湿する、キメを整えるなどの働きをサポートする44種類のパワーアシスト成分を配合しています。気になる肌の悩みに多角的に働きかけていきます。

④5つのフリー

毎日使えるように肌のことを考えた5つの無添加です。香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベンは配合していません。
グレープフルーツとオレンジの精油をブレンドした爽やかな香りです。

使い方

洗顔後、朝と夜のケアに使用をしてください。

手のひらに500円硬貨大をとり、手のひらを使って顔の内側から外側に向かってなじませます。適量を使うことが大切です。最後に手のひらで顔を優しく包み込んでハンドプレスをします。

口コミ

赤ちゃんや子供肌を見ると毛穴一つなく羨ましくなったりしませんか?もちろん、彼らと同じようにくすみも一つない肌になることは不可能です・・残念ながら。ただ、目指すことは何歳になってからも不可能ではないと思います。

若いころは毛穴の一つ一つまで気にすることはあまりありませんでした。小鼻の周りをたまにスクラブ入りの洗顔で洗ったり。もしくは小鼻用のパックがとても流行っている時期であったので、それを使用していたりしました。ただ、30代に入って実感したのが毛穴の抱える問題が変わったことです。若いころは皮脂からくる毛穴の悩みだったかと思います。

しかし、年を重ねるにつれて肌の水分量が少なくなったことを受けての毛穴の問題になりました。同じように黒くぽつぽつと目立つのですが、小鼻だけではなく、頬のあたりなど今まで気にしていなかったところが目立つようになりました。もちろん、酵素パウダー入りの洗顔などで週に1度はケアをし、いらない角質を取るのは続けています。

ただ、乾燥からくる悩みだと思うので、外からのアプローチとして私は化粧水を変えました。それが、「VC100エッセンスローションEX」です。

まず、肌のことは専門家である皮膚科医の意見を大事にしたいので、ドクターシーラボという安心したブランド製品から考えることにしました。また、年を重ねると安くても大丈夫であった化粧水が肌にしみこまなくなってきた気もしたので、浸透性をもつ少しお高いけれども大人の女性用に作られているものが良いかと思います。

こちらの化粧水は、最初使って少し驚きました。というのも、とろみがとてもすごいのです。お水みたいに浴びるようにつけてようやく浸透している感じを受けるタイプのものではなく、とろみがあり、じわーっと肌の中へしみわたっている感じがします。というのも100倍浸透ビタミンCが含まれているらしいです。ビタミンCが配合されているのもうれしいですよね。もちろん果物野菜など食物から気を付けて摂取していても限界はありますし、個人的には外からもビタミンCは浴びた方が肌に張りが出ると感じます。

化粧水の働きだけではなく、正直美容液みたいに潤い肌を整えてくれます。そのため、少し割高かと思いますが、化粧水と美容液をまとめて購入しているかと思えば、お徳に感じませんか?もちろん私たちの肌に針を与えるコラーゲンも多く配合されています。この一本でエイジングケアまで行うことができるのです。

私は使い始めてから肌が潤うだけでなく、整ったような気がしました。乾燥はすべての問題の根源ですし、防ぎたいですよね。あんなに目立っていた頬の大人毛穴もゼロではありませんが、少しずつ目立たなく、閉じてきました。そのため、肌が整うのを実感できています。毛穴部分は引き締めて、でもほかの部分はしっかり浸透によって潤い柔らかくなっています。

安いものをたくさんつけるというケアの方法もありますが、この化粧水に出会ってから抱える問題にプローチするものを選ぶことの大切さを知りました。柑橘系の香りがほのかにするのも心地よく、使用している朝晩に癒されます。リラックスして肌ケア出来たらとてもうれしくありませんか。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 以前からAPPSが気になっていたのですが、コラーゲンも配合しているということで使ってみました。とろみが強い化粧水ですが、すぐ浸透をしてさらっとします。毛穴に即効性を感じます。コラーゲンが配合されているからなのか、ハリも実感できました。大人ニキビもできにくくなっています。
  • 柑橘系の香りがして癒されます。少しとろみのある化粧水ですが、ゆるめなのでよく伸びます。使ってみると肌がしっとりもちもちに。翌朝はすべすべの手ざわり。ファンデーションのノリがよくなります。肌にあったブツブツが消えてきて、フラットな状態になってきました。もっと早く使っていればよかったです。

肌の悩みには多角的にアプローチすることが大切です。ドクターシーラボのVC100エッセンスローションは、APPS、浸透発酵コラーゲン、44種類のパワーアシスト成分を配合し、多角的にアプローチしていく化粧水です。

肌がもっちりしっとり、毛穴が気にならない、ハリ肌になどの声をもらっています。APPSや浸透発酵コラーゲンの力を実感してみませんか。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

第2位 ライスフォースのディープモイスチュアローション

ライスフォースの人気のディープモイスチュアシリーズは「肌の改善効果(水分保持能改善効果)」が認められた、日本でただ一つの有効成分「ライスパワーNo.11エキス」が配合されています。

それにより肌本来の「うるおうチカラ」を育み、キメのあるなめらかな肌へと導いてくれるスキンケアシリーズです。

ライスフォースのディープモイスチュアは、

  • 「VOCE月間ランキング化粧水部門」で第1位を受賞し(=ディープモイスチュアローション)
  • 使用感満足度98%
  • キメが整ったと感じた方96%
  • うるおい満足度95%

などと多くの女性に支持されている理由とは一体何なのでしょうか。

ここでは、ライスフォースのディープモイスチュアの特徴や使用方法、口コミなどを紹介します。

ライスパワーNo.11エキスとは

ライスパワーNo.11エキスとは、日本で唯一肌の改善効果(水分保持能改善効果)が認められた有効成分のことで、肌の内側から「セラミド」をつくり出すことで、肌が自らうるおうチカラを育みます。

肌トラブルの多くは「乾燥」によって引き起こされます。「与えるだけ」のケアでは、知らぬ間にうるおいが逃げていってしまうため、根本から乾燥を解決することはできません。

うるおいを「与える」から「つくる」へ!

人の肌に備わっている「セラミド」は、”うるおいを守る壁”の役割をしています。壁が正常に機能しないと水分が逃げてしまいます。壁を正常に機能させ、うるおいが根づく肌に変えるためには、年齢や環境によって不足してしまうセラミドを”つくり出す”必要があるのです。

基本の3ステップケア

STEP1:「うるおす」ディープモイスチュアローション(薬用保湿化粧水RF)

「肌の水分保持能を改善する」ことを認められた「ライスパワーNo.11エキス」という成分が配合された薬用保湿化粧水です。

角質層のすみずみに浸透することでうるおいのある肌へと導いてくれます。

STEP2:「たかめる」ディープモイスチュアエッセンス(薬用保湿美容液RF)

「肌の水分保持能を改善する」ことを認められた「ライスパワーNo.11エキス」という成分が配合された薬用保湿美容液です。

うるおいを更に高めてくれるので、目元や口元などトラブルの出やすい部分へのケアにも適しています。

STEP3:「まもる」ディープモイスチュアクリーム(薬用保湿クリームRF)

「肌の水分保持能を改善する」ことを認められた「ライスパワーNo.11エキス」という成分が配合された薬用保湿クリームです。

化粧水や美容液によってうるおった肌をやさしく包み込み、うるおいをしっかりと閉じ込めます。

使用方法

ステップ①:ディープモイスチュアローション
  1. 500円玉大を手に取り、手のひらで温める。
  2. 顔全体になじませ、ハンドプレスしながらじっくり浸透させる。
  3. 乾燥が気になる部分には重ね付けをする。
ステップ②:ディープモイスチュアエッセンス
  1. 1〜2プッシュを手に取り、顔全体になじませる。
  2. 気になる部分に重ね付けをする。
  3. ほうれい線に沿ってやさしくマッサージしながら、表情筋をほぐすように丁寧になじませる。
ステップ③:ディープモイスチュアクリーム
  1. あずき粒大を手に取り、顔全体になじませる。
  2. ハンドプレスしながら肌に密着させる。
  3. 手に余ったクリームを首元まで伸ばす。

口コミ

ディープモイスチュアローション

「もちもちうるうる、とにかく潤いという点では肌心地がよくなります。ただ、朝使うには少し潤いすぎるなという感覚でした。化粧ムラができることがあります。夜利用がしっくりくる化粧水です。」(普通肌/30代前半)

「しっとり感が半端ないです!使って2日目で違いが分かりました。化粧水をつけてからすぐに肌が手に吸い付くようにもちもちします!キツイ匂いもなく、敏感肌の私でも問題なく使えます。使い続けたら確実に肌が変わると思える商品です。」(混合肌/30代前半)

「化粧水→乳液→美容液と塗ってもベタつくことがなく、もっちりした感触になります。肌のザラつきや吹き出物も次の日には治まっており、一晩だけでも効果を実感できました。」(混合肌/20代後半)

ディープモイスチュアエッセンス

「これを塗ると塗らないのとでは、肌の明るさに差が出てくると思います。内側から潤っているようなツヤも出るし、これを使用しているときは肌が綺麗と褒められる事が多かったです。」(乾燥肌/30代後半)

「化粧水の後に使用すると、しっかり肌に染み込みうるおいが維持できます。使用前と比べ、明らかに肌のきめ、弾力、ハリが良くなりました。」(敏感肌/30代後半)

「化粧のノリが良く、化粧がキレイに映えます。肌も少し明るくなったように感じられました。シミも少し薄れたように感じます。夏だと私の肌には合わないのか、潤いがありすぎて化粧のノリが悪くなります。」(混合肌/30代前半)

ディープモイスチュアクリーム

「べたつかずに使えるクリームです。朝使っても化粧崩れせずに重宝してます。化粧水・美容液とライン使いしてますが、ライスフォース使いはじめてから、人生で一番肌の調子がいいかもしれません。」(混合肌/30代前半)

「保湿力がすごいです!次の日肌が本当にツヤツヤです!乾燥肌の私には冬の必需品です!夏はあまり使わないですが、乾燥する季節には手放せない商品です!」(乾燥肌/20代前半)

公式ホームページではお得なトライアルセットを販売しています。

定期便なら77%オフで30日分のハーフサイズをお試しできます。

⇒公式ホームページ:たっぷり10日分・・・しっかり試せてうるおうお肌へ『ライスフォース トライアルキット』



第1位 アテニアのドレスリフトローション

近年の化粧品の市場規模は2.5兆円を超えると言われており、様々の化粧品が店舗に並んでいます。

化粧品の研究や開発は日々進歩していて、肌トラブルや美容にとても効果的な商品が生産されており、化粧品を使用する女性の方からするとたいへん良い時代になっていると言えます。

しかし、反対にこれだけたくさんの中から自分に合ったものや、品質の良いものを見つけ出すのは困難であることも否定できません。

化粧品は決して安価なものではないですし、外見に関わる商品なので出来ることなら粗悪な商品に騙されたくない、効果の発揮する商品を購入したいと考えるのはおかしなことではありません。

そんな悩める女性に紹介したい化粧水が「アテニアのドレスリフトローション」です。

アテニアのドレスリフトローションの特徴

アテニアのドレスリフトローションは、ベストコスメアワードで第1位を受賞し、VoSE月刊ランキング化粧品部門で第1位を受賞したたいへん優れた化粧水です。

ここでは、そんな優れた化粧水であるアテニアのドレスリフトローションにはどのような特徴があるのかを紹介します。

アテニアのドレスリフトローションの特徴は以下の4つです。

①発酵コラーゲンが配合されいる。

まず発酵コラーゲンが配合されているとは、どういった特徴なのかを紹介します。

アテニアのドレスリフトローションには、角層まで届くことのできるコラーゲンが配合されているのです。アテニアのドレスリフトローションに配合されたコラーゲンが、なぜ角層まで届くのか、その理由の鍵は発酵にあります。

麹菌で発酵させて、酵素によって低分子化させた発酵コラーゲンは、一般的なコラーゲンと比較して
分子量が小さいため、より素早く正確に角層の奥へと浸透させることを実現したのです。

それによりお肌のハリと弾力が補われるのです。

②サーチュライザーS6が配合されている。

次にサーチュライザーS6が配合されているとは、どういった特徴なのか紹介します。

アテニアのドレスリフトローションには、サーチュライザーS6という独自成分が配合されています。

サーチュライザーS6とはブドウの新芽から抽出される原料で、肌自体のハリや弾力をキープする力をサポートして理想的な美肌を保つ役割を果たします。

③タイムブレスDNが配合されている。

続いて、タイムブレスDNが配合されているという特徴を紹介していきます。

タイムブレスDSとは、アテニアのドレスリフトローションに配合された独自開発の時間対応成分です。

お肌というのはとてもデリケートで朝から晩まで肌状態は常に変化していきます。朝なら朝、晩なら晩にあったサポートをしてくれる成分がタイムブレスDNです。

つまりタイムブレスDNとは、乾燥や直射日光や冷えなどの環境変化に対応してくれる成分なのです。

④ダクマローズが配合されている。

最後の特徴であるダクマローズ配合について紹介します。

ダクマローズとは美のパワーがあると昔から言われており、クレオパトラや世界各地の女性から愛され続けているバラの一種です。

そのバラの女王とも言われるダクマローズの花びら4tから、なんと1kgしか抽出することの出来ない精油を贅沢に使用しています。

抽出された精油は女性らしさを引き立てる上品でエレガントな香りがします。

そんな香りのするアテニアのドレスリフトローションを使用すれば、お出掛け前の忙しいお化粧の時間もとても充実した時間になることに違いありません。

また心地よい香りで日頃の疲れやストレスを発散させるアロマ効果も期待できます。

⑤安全面

アテニアのドレスリフトローションのその他のポイントとして、安全面も魅力の1つだと言えます。

化粧水はお肌に使用する商品なので、安全面を無視することは出来ません。

弱酸性で無着色、無鉱物油、パラベンフリー、オイルフリーの商品でアレルギーテストも済んでいます。品質だけでなく安全面もしっかりと考えられた優れた商品なのです。

使用方法

まずは最初に洗顔を行い、しっかりと汚れを洗い流してください。

ドレスリフトローションの成分を角層まで浸透させるのにとても大切な行程です。

次にドレスリフトローションの出番です。手に取る量はケチることなく500円玉ほどの大きさになるよう出してください。

そしてドレスリフトローションが確執の奥まで届くように顔全体にしっかりと馴染ませてください。

口コミ

最後に気になるドレスリフトローションの利用者の口コミを紹介します。

程よいとろみがお肌に心地よく、付けていてつけてとても気持ちよいです。香りもとてもよく
いつまでも嗅いでいたくなるようなリラックス効果があります。

また、お肌にもとても良い効果がたくさんあってしっとりしているのにさらっとしていてべたつかず
お肌が潤っているのがわかります。

なんといってもハリにすごく効果的で、日に日に衰えていたお肌の弾力が戻ってきました。

また、乾燥肌だった私が空気が乾燥していても何も気にならなくなるくらい保湿効果もありました。

公式ホームページではお得な体験セットを販売しています。

14日間試せる洗顔+化粧水+乳液+クリーム+クレンジングが付いて、1,527円(送料無料)です。気になった方は是非試してみてください。

⇒アテニア公式ホームページ:アテニアドレスリフト


関連記事:

肌荒れガサガサ肌におすすめの人気化粧水&クリームランキング2020

【泣けるほどザラザラ肌】肌荒れにおすすめのクレンジングとスキンケア

顔の肌の水分量を増やしモチモチ肌になる方法は?私おすすめのスキンケア