クレンジングと洗顔の違いと選び方とおすすめブランド最新まとめ

アイシャドウやルージュを使っておしゃれするのって、楽しいですよね。でもメイクはしっかりおこなっているけど、スキンケアはけっこう手抜き、ということはないでしょうか。

メイクをした以上は、きちんと落とさないと、肌にダメージを与えてしまいます。特に、目元の皮膚は薄いため、メイクを落としていないと、色素沈着をおこして茶色いクマができることがありますよ。

クレンジングと洗顔のコツをつかんで、しっかりとメイクオフできるようになっておきましょう。クレンジングと洗顔のコツがわかれば、1日の終わりに肌を清潔にして、すっきりとした気分で終えることができますよ。

メイクオフをちゃんと行うことも、美肌をつくることにつながります。

クレンジング

クレンジングは自分が行っているメイクに合わせて、適切なタイプを選びましょう。

しっかりメイクを落とすには、素早くなじむオイルクレンジングが便利ですが、洗浄力が強いアイテムです。ナチュラルメイクなら、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングがおすすめです。

クレンジングはメイク汚れや皮脂、汗など皮膚の汚れを浮き上がらせるために行うものです。適切な量のクレンジングを肌に充分になじませてから、すすぐようにしましょう。

クレンジングがメイクと十分になじんだら、丁寧にすすいで洗い落とします。32~34度のぬるま湯で、しっかりとすすぎます。熱いお湯で洗うと肌の潤いを奪うし、冷たい水で洗うと毛穴汚れまで落とせないことになります。

洗顔

続いて洗顔のコツです。洗顔料も洗浄力が強すぎると、皮膚の潤いを奪ってしまうので、マイルドな洗浄力の洗顔料を使うようにしましょう。

まずは洗顔前に手を洗って、清潔な状態にします。そのうえで、洗顔料を泡立てネットにつけて、水を足しながらしっかりと泡立てましょう。目安としては、卵1個分くらいの泡ができると、ちょうどいいくらいの量になります。

泡を顔にのせるときには、Tゾーンといわれる、額から鼻にかけた部分にまず乗せていきましょう。その後、頬や目元、口もとの順に泡をのせます。指で円を描くように動かして、優しく洗います。指が直接、皮膚に触れないようにそっと洗いましょう。

すすぎ方も大切です。お湯の温度は、体温よりも低い温度のぬるま湯で洗いましょう。目安としてはやはり32~34度がいいですね。熱いお湯で洗うと、皮膚の潤いや皮脂を奪いすぎて乾燥するので、避けておきましょう。

すすぎのときは、顔の下から上に向かって、丁寧にすすぎます。泡が残ると毛穴に詰まって、ニキビの原因になることもあるので、洗い残しがないように注意してくださいね。

あとは清潔なタオルでそっと水分を取りましょう。ゴシゴシこすると、皮膚にダメージを与えるので、優しく拭き取るようにします。

洗顔後は、ローションや乳液、クリームなどで保湿しておきます。汚れを落とすことと合わせて、潤いの補給を行うことで、肌を保護してあげましょう。

仕事などで疲れていると、つい面倒になってメイクをしたまま寝てしまった、なんていうことがあるかもしれないですね。でもそれは肌にけっこう負担をかけてしまいます。

なるべく早めにメイクオフして、清潔な状態の肌にしておきましょう。お手入れが行き届いた状態でぐっすり眠って、また明日から頑張れるようにしましょうね。

選び方

洗顔料というと、店に行けば多くの種類があって、どれを選んで良いのかわからない、単にラッピングの可愛さで選んでしまったりとかしませんか?

商品を見れば、オイルクレンジング、ジェルクレンジング、石鹸、いろんな種類があります。しかし、それぞれには特性があって自分の肌にあった商品を使用することで肌の悩みを解消する時間が短くすることが出来ます。

最後に、そんな洗顔料の種類と特徴と選ぶポイントを解説します。

洗顔料が合うか合わないかは、肌の健康にとっては死活問題です。肌につける化粧水や美容液、クリームには気を使うものの、洗顔料に無関心な方も少なくありません。

しかし、実際は、洗顔料が何よりも重要です。

人間の肌の健康を損なう要因の一番高い原因は、肌に増えてしまう雑菌や不要な皮脂、そして化粧品です。それをしっかり取って、ケアをするのが何よりも大切な肌の健康を維持することになります。

洗顔料を選ぶということは、肌に取って汚れを落とすと同時にケアをするという意味でもとても大切なのです。では、販売している洗顔料はどうしてそんなに種類が多いのかと言いますと、それは、肌に塗布する化粧品の成分が関係しています。

選ぶポイントは「化粧品の成分を見て」

化粧品は、油に溶けている有効成分水溶性の化学成分からオーガニックの有機成分、鉱物系のミネラル成分と多彩です。加えて、それらの成分と共に人間の皮脂が混ざり合っている状態になります。この人間の皮脂の量が人によって分泌量が違うため、油に溶けやすいタイプの洗浄力がいる洗顔料があったり、水に溶けやすい成分がメインの商品があるわけです。

洗顔料を選ぶ場合は、自分が肌につけている化粧品の成分のメインの成分を調べて、加えて自分の肌の皮脂量がどれくらいあるか知っていると簡単に選びやすくなります。

ジェルクレンジング

日焼け止めでオイルタイプの商品を使用している、口紅と言ったものが落ちにくい、また皮脂の分泌が多いといった脂性の人はジェルクレンジング系がおすすめです。オイルの商品を使用すると皮脂を綺麗に落とすことが出来ないため、ニキビができやすくなってしまう傾向にあります。オイル系でも保湿力があまり強力では無い商品や、落とし易さに力を入れている商品を選ぶことがポイントです。

オイルクレンジング

アイシャドウやミネラルファンデといった商品を使用している、日焼け止めでも乳液やクリームの商品を愛用、また乾燥肌の場合はオイルクレンジングがおすすめです。肌の皮脂の脂を落としすぎることがなくなるため、乾燥肌で悩んでいる人はおすすめです。

その他のポイント!

他のポイントは肌の乾燥度合いは生活習慣や使用する化粧品を変える後や、年齢によって変わっていきます。気温によって空気の乾燥によっても変化するので、時期によって洗顔料を変えるのも一つの肌ケアの方法です。

使用する化粧品を変えると同時に洗顔料を変えることで、手厚いケアをすることが出来ます。

洗顔料は、多くの種類がありますが、脂の汚れを落とすことをメインにおいているジェルクレンジング、肌の皮脂を守ることを重視したオイルクレンジングの大きな枠に分かれます。自分の肌や使用している化粧品の成分によって洗顔料を選ぶことが肌のケアにおいてとても大切なことなことなのです。

おすすめの洗顔とクレンジング

洗顔

ファンケルの洗顔パウダー

以前まで私は洗顔後肌がつっぱってしまい、化粧水を慌ててつけていました。でも、化粧水をつけても乾燥が気になるのです。

「これはもしかして洗顔が間違っている?」

そう思って洗顔料を変えてみようと思いました。

見つけた洗顔料が「ファンケル 洗顔パウダー」です。ファンケル洗顔パウダーは、洗いあがりつるつるなのに、うるおいを守ってくれる特徴があります。

ここではファンケルの洗顔パウダーの口コミや特徴を詳しく紹介していきます。

洗顔パウダーの特徴

いつもの洗顔、何気なく行っていませんか?

ゴシゴシこすって洗顔、優しさ重視できちんと落とせていない、うるおいの減少。こういったことに思い当たるなら注意が必要です。

洗顔はスキンケアの最初のステップです。美しい素肌を作るためには、最初のステップをおろそかにできません。

洗顔に求められることは、不要な皮脂や毛穴の汚れは落としても、肌に必要なうるおいは残すことです。ファンケル 洗顔パウダーは、汚れをすっきり落とすことと、うるおいを守ることを両立させた洗顔料です。

すっきり落としてうるおいを守る成分が、「うるおいキープ洗浄成分α」です。

肌にはもともとうるおい成分のPCAが存在しています。PCAが十分な量保たれていることで、キメが整ったみずみずしい肌が保たれます。うるおいキープ洗浄成分αは、このPCAを守りながら洗いあげるので、汚れ落ちがすっきりでありながらも適度なしっとり感が残ります。また、PCAを守って洗うことで乾燥による小ジワを防ぎます。

そして、毛穴の黒ずみ・角栓・不要な角層にもアプローチをします。つるんとクリア成分が角栓を浮かせて、角栓や皮脂を絡め取っと除去します。黒ずみの発生も予防をします。

さらに、パウダーならではのもっちり弾力のある泡です。はや泡処方採用で、スピーディーな泡立ちです。洗顔中もずっと弾力が保たれるので、こすることによる摩擦ダメージを軽減できます。

使い方

ティースプーン1杯を取り出して泡立てます。専用泡立てネットは1回使用量を測れる計量皿つきです。

Tゾーンから洗います。泡を転がすように洗いましょう。その後は頬、目元、口元の順で洗います。

最後に水またはぬるま湯で洗い流します。

うるおいを守って洗うためのポイント!

ファンケル 洗顔パウダーはうるおいを守りながら洗いあげてくれますが、うるおいを保つためには使い方にもポイントがあります。

泡の量が少ないと洗顔中に手が顔に触れて摩擦が生まれ、肌を乾燥から守ってくれているバリア機能が低下をします。バリア機能が低下をすれば、肌内部の水分が逃げやすくなって乾燥をします。そのため、たっぷりと泡を作って手が顔に触れないようにして洗います。手のひらに山盛りになるくらいの泡を作りましょう。そして、泡を転がすように洗います。

洗い流しに熱いお湯を使うと皮脂を過剰に奪ってしまい乾燥しやすくなります。逆に冷たい水では皮脂汚れが落ちにくくなります。洗い流しに適した温度は34℃くらいのぬるま湯です。

口コミ

パウダーが素早く溶けて、さっと泡立ちます。

泡立てネットを使って、もっちりたっぷりな泡を作ることができました。ヘタりにくい泡だから、洗い流すまでゴシゴシこすらずに洗うことができて、優しい使い心地です。たっぷりの泡はすすぎに苦労することが珍しくないのですが、ファンケル洗顔パウダーはすっきり洗い流すことができる泡切れのよさがあります。

ぬるつきは残らず、洗いあがりはすべすべです。気になっていた小鼻のざらつきが、つるつるになってきました。いつもの洗顔料では落とせなかったざらつきがすっきりとしてうれしいです。不要なものを取り去ってくれるので、洗顔後の化粧水の浸透がよいように感じます。

ホームページではお得なトライアルキットを販売しています。

15日分の洗顔パウダー+泡だてネット+人気のクレンジングオイルも付いてきます。気になった方はホームページをチェックしてみてください。

⇒ファンケルの公式ホームページ:ファンケルオンラインショップ

無添加洗顔トライアルキット

クレンジング

美しいお肌を手に入れるために欠かせない、メイクの後のクレンジング、毎日きちんと行っている方も疲れて忘れてしまうことある、という方もいらっしゃるかと思います。

誰もが一度はメイクをした後、落とすのが面倒でそのままにして寝てしまったという経験はあるのではないでしょうか。そうすると朝起きた時にべたつきが気になって、気持ち悪かったという経験がある方も多いと思います。

クレンジングは、美肌を保つにはとても欠かせないケアの一つです。ここではクレンジングの選び方と使い方について詳しくみていきたいと思います。

クレンジングが大切な理由は、私達のお肌がメイクを落とすという機能を持っていないからです。

クレンジングを雑にしてしまうと、ファンデーションなどがそのままお肌に残ってしまうので、汚れと皮脂が混ざりあって毛穴の詰まりを招いたり、雑菌の温床となる原因になることもあります。

そうなると肌荒れや肌トラブルを引き起こしやすくなり、更にはお肌のターンオーバーも妨げてしまい、毛穴の詰まりやくすみやシミの原因になります。そうならないためにも、自分のお肌にあったクレンジングを選ぶことが大切です。

そこでお肌のトラブルを防ぐためにも、クレンジングを選ぶポイントを三つご紹介します。

①まず一つ目は、オイルクレンジングを選ぶことです。

なるべく水で流せるタイプではなく、油でメイクの油分を落とすタイプがおすすめです。オイルクレンジングがメイクの油分を浮かしてとってくれるので、メイクが落ちやすいからです。

②そして二つ目は、お使いのメイクブランドと同じメーカーのクレンジングを使うことです。

メイク成分を落とすことを考えて作られたクレンジングは、綺麗に落ちます。もしブランドやメーカーが違うものをお使いの方は、メイクと同じものに揃えてみましょう。

③そして最後に三つ目は、クレンジングの中でもコットンに馴染ませて落とすミルククレンジングがおすすめです。

目元や口もとといったピンポイントで綺麗に落とせる点や洗い残しを防げるミルククレンジングは、しっかりとメイクを落としたい方、メイクを落とした後のお肌を優しくケアしたい方におすすめです。

このように同じクレンジングでも選び方にポイントがあります。

次は使い方です。クレンジングは、ファンデーションやメイク用品に合わせて使う必要があります。

油性のファンデーションなら油性のクレンジング、ミルククレンジングは水性でも落としやすいメイク用品向けなので、使っているメイク用品が水性か油性かもしっかりみて使うようにしてください。あとはお肌をごしごし洗わないこと、クレンジングはたっぷりつけてお肌に摩擦が起こらないように注意してください。摩擦がおきるとその分、肌への刺激が強くなってしまい痛めてしまうからです。

クレンジングで汚れを浮かせたらぬるま湯で優しく洗い流しましょう。熱すぎるお湯も肌への刺激に繋がります。ぬるま湯で優しく包み込むようにして洗うように心がけてくださいね。

以上がクレンジングの選び方と使い方になります。素肌を美しく健康に保つためにはこのクレンジングの使い方や選び方が重要になります。是非、この機会にクレンジングの使い方と選び方を見直してみてはいかがでしょうか?

アテニアのクレンジングオイル

通常の洗顔やクレンジングでは落とせないくすみの原因があることを知っていますか?

くすみの原因は毎日蓄積をしていきます。そして、顔色が暗い、ファンデーションが合わないなどの肌悩みにつながります。

その大人のくすみ肌の原因に着目したクレンジングが「アテニアのスキンクリアクレンズオイル」です。ここでは、アテニアのスキンクリアクレンズオイルが明るく透明感のある肌に導く秘密や口コミを紹介します。

スキンクリアクレンズオイルの特徴

@cosmeベストコスメアワードを3年連続受賞、Voceや美的でもコスメ賞を受賞しているクレンジングです。

毎日丁寧にクレンジングも洗顔もしているのに、どんよりとしたくすみ肌、透明感がないなどの悩みを抱えていませんか。その原因は「肌ステイン」です。

ステインは歯の着色汚れのことだけでなく、肌にもステインが蓄積をします。通常の洗顔では落とし切ることができず、毎日のように蓄積をします。肌ステインが蓄積することで、くすみが進行をします。

肌ステインの原因は糖化です。糖化は近年話題になっている老化の原因のことで、糖とタンパク質が結びつく現象のことをいいます。

筋肉、皮膚、血管などはタンパク質でできています。食事で糖質を摂取すると血液中の糖の値が上昇します。このタンパク質と糖が結びついて糖化を引き起こします。

甘いものが好きな人は特に注意が必要です。しかも、紫外線によって増加をします。現代女性は肌ステインを蓄積させる原因に囲まれているのです。

アテニアのスキンクリアクレンズオイルは、メイクを落ちしながら肌ステインにもアプローチをするクレンジングです。

珊瑚草オイルがくすみの原因である糖化による肌ステインを分解し、明るい肌に導きます。研究発表です。毎日のクレンジングで肌ステイン対策ができます。

珊瑚草オイルとともに、イモーテルオイルやロックローズオイルも肌ステインにアプローチをします。酸化による肌ステインを柔らかくして浮かせて洗い落とします。

メイク落ちもしっかりです。スピーディーメルティング処方により、ウォータープルーフのマスカラも素早く浮き上がらせて、摩擦による肌負担を軽減します。肌をゴシゴシこすると、摩擦の刺激でメラニンが生成されてくすみの原因になります。肌負担を抑えることで摩擦によるくすみを軽減することにつながります。

さらに、美容液や高級エステでも使われる、バオバブオイルやアルガンオイルも配合。肌ステインやメイク汚れをすっきりとさせながらも、必要なうるおいを守ります。毛穴の汚れや角栓にも働きかけます。

着色料、パラベン、アルコール、鉱物油は不使用、アレルギーテスト済み、ノンコメド処方です。
柑橘系の香りがしますが、これは天然アロマの香りです。ベルガモット、ネロリ、ラベンダー、レモングラス、レッドシダーをブレンドした、1日の疲れをほぐすような香りです。

使い方

濡れた手でも使用できます。顔や手が非常に濡れているときには、軽く水気を拭き取ります。

手のひらに3プッシュほど取り出して、マッサージするようにメイクとなじませたら、水またはぬるま湯で洗い流します。W洗顔は不要です。

しっかり落とすための使い方のポイント!

アテニアのスキンクリアクレンズオイルは、ウォータープルーフのマスカラにも素早くなじむスピーディーメルティング処方ですが、しっかり落とすためには使い方にポイントがあります。

使用量が少ないと十分な洗浄力が発揮されないので、3プッシュは使うようにします。適量を使うことでオイルがクッションとなり、摩擦を防ぐことにもつながります。

目元の皮膚は薄くデリケートなので、優しくマッサージをするようにメイクとなじませます。洗い流すときにもこすらないように気をつけましょう。

それでも落ちないときには、専用のリムーバーで先に落としておきます。コットンにリムーバーを浸み込ませて、そのコットンでまつげを挟んでメイクを浮き上がらせて、軽く拭き取ります。一般的なグルーを使用したまつげエクステに使用できますが、強くこすると抜けやすくなるので優しく洗うことが大切です。

口コミ

ポンプ式だし、濡れた手で使用できるので、お風呂場でクレンジングするために助かります。

オイルはサラサラとしてテクスチャーでメイクとなじませやすいです。柑橘系のアロマの香りがとっても好きです。

スピーディーメルティング処方なだけあって、メイクと素早くなじみました。オイルが適度なクッションとなるから、摩擦を抑えながら優しく洗えます。

洗い流した後にオイルのヌルツキが残ることはなく、さっぱりとします。何度か洗っていて、肌が明るくなったように感じます。毛穴の汚れも落ちてきて、ザラツキが気になりにくくなりました。

肌ステインのケアができるところもうれしいです。くすみが気になっていたので、毎日のクレンジングで肌ステイン対策していきたいです。

公式ホームページでは、お得なセットを販売しています。

公式ホームページでは割引価格+人気のドレスリフトの化粧水が付いてきます。気になった方は是非ホームページをチェックしてみてください。

⇒アテニア「スキンクリア クレンズ オイル
」の公式ホームページを見てみる。


関連記事: