シミやくすみに悩む30代女性におすすめ!美容成分ハイドロキノンとビタミンC誘導体とトラネキサム酸とクロロゲン酸

美容におすすめ♪

体の調子が悪いわけでも、元気がないわけでもないのになんだかお肌がくすんでみえる、なんてことはありませんか?もしかしたら、それは毎日のスキンケアに問題があるかもしれません。

きちんとケアしているのにくすんでしまう方は、一度スキンケアの方法を見直してみましょう。お肌のために、と思ってやっていたことが実はNG行為だった、なんてこともあります。この機会にいつものスキンケアを見直して、素肌美人を目指しましょう。

シミやくすみのスキンケア

加齢に伴いお肌は、どうしてもハリがなくなったり、くすみが出てきます。スキンケアをしていても、お肌の調子が悪いなと感じたら、それは毎日のクレンジングが不足している可能性があります。

高い化粧水を買ってどうにかしようとする前に、まずはお肌本来が持っている力を引き出し、素肌美人を目指しましょう。

素肌が綺麗な人は、ファンデーションを厚塗りしなくても綺麗です。アンチエイジング世代の方、お肌の肌年齢、くすみ・はりが気になる方は、是非これからご紹介するクレンジングの方法やスキンケア方法を見直してみましょう!

クレンジング

まず、アンチエイジングに効果的はクレンジングにはポイントがあります。

クレンジングを使う時は、ケチらずに500円玉くらいの量を目安にたっぷりとつけていきます。クレンジングの量が不足していると、お肌に摩擦がかかってしまい肌ダメージが大きくなるばかりか、くすみや乾燥の原因になります。手のひらにたっぷりとつけてしっかり汚れを落としましょう。

そしてお肌にクレンジングを馴染ませたら、五本の指を使って丁寧にメイクを落としていきます。イメージは、クレンジングにメイク汚れを吸着させて自然に落とすイメージです。

アイメイクや口元など、ポイントメイクにはコットンを使って綺麗に落としていきましょう。コットンを使うことで、ポイントに絞って落とすことが出来る点、摩擦を防ぎお肌のダメージを減らす効果があります。

最後は、ぬるま湯を使って優しく丁寧に洗っていきます。冷たい水だと汚れが浮きにくく、熱すぎると今度はお肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあるので、必ずぬるま湯で洗うように心がけてください。

洗顔

そして「洗顔」をしていきます。洗顔をする際は、必ず泡立てをしてから行うことが大切です。くすみの原因は、クレンジング不足にあるのでもしかしたら、毎日洗顔をしていても毛穴の奥までしっかり汚れが落としてきれていない可能性があります。

洗顔ネットで泡立てることで、手で泡をたてるよりもキメ細かい泡をつくることができるので、その分毛穴に入りやすいといった特徴があります。もし、泡立てネットがない場合はラップやキッチンスポンジ、排水溝用の水切りネットでも代用可能です。必ずきめ細かい泡を立てて洗うこと、お肌の汚れを隅から隅までしっかり落としていきましょう。

もしそれでも汚れが気になる方は、蒸しタオルを顔にあてて毛穴を開かせてから洗顔をすると汚れが落ちやすくなります。毛穴に詰まった汚れを取り除くには、こうした一工夫が大切です。くすみを撃退するためにも、毛穴の奥の汚れをとっていきましょう。

化粧水、美容液、乳液

そして、汚れが落ちたら化粧水で保湿していきます。毛穴が開いた状態で汚れがしっかり落とせれば、化粧水の入り方も変わってきます。その後につける美容液、乳液もぐんぐん入っていくので是非試してみてください。くすみは、クレンジング不足だということ、そしてお肌本来が持っている力を引き出してあげることで内側から綺麗を取り戻していきましょう。

お肌が綺麗になると、自信にも繋がります。年齢肌をケアするためには、少し手間がかかりますが、毎日続けることで綺麗なお肌を取り戻せるので、今日から試してみてくださいね!

スキンケアのポイント!

まずは、どんな行動がNG行為なのかみていきたいと思います。

①まずは、「洗顔」です。

寝ている間にかいた汗や皮脂を落とすために、ゴシゴシと洗っていませんか?朝は面倒で水だけで洗顔している、という方も多いようです。朝は寝ている間にかいた汗や皮脂が溜まっているので、なるべく洗顔フォームを使って綺麗に洗うように心がけましょう。イメージとしては、汚れを落とすというよりは、洗顔フォームの泡で汚れを浮かせて包み込むというのが正解です。汚れを落とそうと思うと、どうしても力が入ってしまいお肌を傷つけてしまうことがあるからです。

②そして次に洗顔をした後のすすぎの「水の温度」です。

熱すぎると必要な皮脂まで全部落としてしまうので乾燥の原因になります。逆に冷たすぎる冷水で洗うと毛穴が閉じたままになってしまうので、汚れが思うように落ちません。もし今の段階ですすぎをする時に水で洗っている、という方は35度くらいのぬるま湯で洗ってみてください。またお湯の温度が高かった、という方はもう少しだけで水を足してお肌に優しい温度に調節してみてください。

③そして、ありがちなのが入浴中のシャワーで一気に汚れを落とす方法です。

シャワーで一気に水を流せば、確かに汚れが落ちたような快感はありますが、実はお肌にはとってもよくありません。シャワーの水圧はお肌には強すぎるので、肌への負担となって将来、たるみやシワの原因にもなってきます。入浴中に洗顔をする場合も必ずお湯をためて、優しくすすぐようにしてください。これだけでお肌への負担が大きく変わってきます。

そしてお肌の水気をとる時は、吸水性の良いタオルを使いましょう。パサついたタオルで洗っていると、何度もお肌をこすらないといけなくて、せっかく優しく洗ったお肌を傷つけてしまいます。この機会にタオル選びも慎重に行ってくださいね。

それからお肌の調子を整えるために、「シートマスクを長時間使っている」なんてことはありませんか?お肌の状態を整えるために、使うパックやマスクもあまり長い時間お肌にのせておくと乾燥の原因になります。乾燥は、くすみだけでなくシミやそばかすを引き起こす原因にも繋がります。

化粧水や美容液、乳液といった基本のスキンケアはもちろん、シートマスクも適切な時間を守って使うようにしましょう。基本のスキンケアもちょっとしたポイントを抑えるだけで、お肌の状態は変わってきます。

まずは今回ご紹介したポイントをしっかり抑えて、正しいスキンケアをしていきましょう。

素肌美人な人は、こうした細かい部分まで気を配ってケアしているようです。まずは焦らずに丁寧に行うこと、毎日の積み重ねが大事です。正しいスキンケアをマスターして、くすみ知らずの素肌美人を目指しましょう!

ハイドロキノン

「30代になって、目の下に薄いシミが出てきた。」

「最近、シミが濃くなってきた気がする。」

などと、お悩みの30代女性は多いのではないでしょうか?

実は、私も30代になってシミが気になり始めた女性の1人です。そこで、今回は私が実際に使ってみて効果を実感できた美白化粧品をご紹介します。

お金をかけたくないけれど、シミを薄くしたい!と考える30代女性は是非、ご参考ください。

肌の漂白剤?美白成分ハイドロキノンとは

世間では多くの美白化粧品が発売されていますが、その多くが「シミを予防する」事を目的としています。

美白成分「ハイドロキノン」は、シミを予防する作用もあるのですが、この成分の凄さは「還元作用」にあります。

還元作用とは、シミの原因となる黒色メラニンを無色化する働きの事で、美白成分の中で、唯一「今あるシミに働きかける」事ができるのがハイドロキノンだと言われています。

この還元作用の強さからハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれているのです。

どんな美白化粧品を使っても効果が実感できないとお悩みの方は、1度、ハイドロキノンを使ってみてはいかがでしょうか?

ハイドロキノンの使用時には注意が必要

ハイドロキノンは市販では濃度5%未満のものまでの物が手に入ります。しかし、濃度が高い=効果が高いという訳ではありません。

濃度が高ければ高いほど副作用のリスクも高まりますし、用法用量を守って使用しないと「白斑」などの副作用が出る可能性もあります。

ハイドロキノンの正しい使い方は濃度3%以上のものは、気になるシミの部分にだけスポットで塗る事が大切です。

濃度が高すぎるものを肌全体に塗ると、肌が炎症を起こし真っ赤になってしまう可能性があるからです。

そのため、顔全体の美白ケアを行いたい方はハイドロキノンの濃度1%前後のものを使うようにしましょう。

濃度が低いものでも、効果を実感できる成分ですので用法用量を守って、正しく使うことが効果を最大限に引き出す重要なポイントです。

美白効果を実感した体験談

私は濃度4%と濃度1%のハイドロキノンを使い分けました。およそ1週間ほどで、肌全体のくすみがなくなりお肌がワントーン明るくなるのを実感しました。

また、目の下にできた薄いシミが気になっていたのですが、濃度4%のものを部分的に塗り続けて約2週間ほど経った頃から、

「あれ?なんだかシミが薄くなってきた?」

と効果を実感しました。他の美白化粧品ではここまで効果を実感した事がなかったので正直驚きました。

今でも、シミだけでなく黒ずみなどが気になる部分には定期的に使用しています。

ハイドロキノンはシミを予防するだけでなく、できてしまっている今あるシミに唯一働きかけてくれる美白成分です。

ハイドロキノンには、黒くなってしまったメラニン色素を無色化してくれる還元作用があり、その還元作用の強さから「肌の漂白剤」とも呼ばれています。

なお、ハイドロキノンは2,000〜3,000円程度で購入できる化粧品がほとんどですので、コスパもよく続けやすい美白ケア成分だと言えます。

30代でシミが気になり始めた女性にはおすすめの美白成分です。

旭研究所の業務用ハイドロキノンがおすすめ!

夏など外で長時間過ごした後など、また日焼け対策を怠けてしまったときなど、日焼けして肌が黒くなってしまうときがありますよね。そういったときには日焼け対策を次の日からしっかりした上で保湿も行うことが大前提となりますが、美白効果を高めてくれるお助けアイテムがあります。それはハイドロキノンです。

ハイドロキノンクリームなどは皮膚科で処方されることも多く、市販のものは数千円するのであまり安くはないのですが、シミを消すためではなく身体全体の美白のためなら、もっとお得な方法でハイドロキノンを入手及び使用できてしまうお勧めの方法があります。

お勧めのハイドロキノンは旭研究所から出ている「業務用ハイドロキノン」です。これをいつもの様々なスキンケアに少量混ぜて使うと美白効果を高めることができてしまいます。

ハイドロキノンが配合されている顔用の美容液やクリーム、美白ボディローションはありますが、いずれも皆高額なものがほとんどです。ハイドロキノンはメラニン色素を破壊する効果が高く、また肌のターンオーバーも大いに促進してくれる強い成分です。中には効き過ぎて肌に白い斑点ができてしまう人もいるぐらいなので気を付ける必要があります。つまり、濃度や使う頻度に気を付ける必要があるということです。

既に使っている顔用の化粧水や身体用のボディローションなどにハイドロキノンを少量混ぜて使うことにより、肌のトーンが明るくなり、日焼けしてしまった場合は早めに元通りの色に戻すことができます。そしてもし小さなシミやそばかすなどができていたりしたら、そういったものが薄くなることも期待できます。

お勧めである旭研究所の「業務用ハイドロキノン」は東急ハンズや吉祥寺菊屋などの雑貨屋さんや限られたドラッグストアに置いてありますが、アマゾンでも購入できます。アマゾンで購入した場合は約1700円です。10グラム分入っているので高額になりがちなこの成分にしてはとてもお得です。少量でも効果は強い成分です。

顔用の化粧水に混ぜる場合、液体がこぼれないように手の平を丸くカップ状にしてその上にいつもお使いの化粧水を出してその中に後からハイドロキノン原液を一、二滴だけ振り落としてから手かコットンで顔に馴染ませます。最初からコットンに化粧水をつけてその後にハイドロキノンをプラスするのもOKですが、コットンにつける前の方が液体同士で混ざりやすいです。

ボディローションに混ぜる場合はあらかじめその都度使うローションをサランラップやお皿の上に出しておき、その上から二滴ぐらいハイドロキノンを垂らして手で混ぜてから身体に塗るのが良いです。これで美白有効成分が特に配合されているわけではないボディローションもハイドロキノン入りのものに大変身です。

アラサー筆者である私は、去年の夏、海に行った日には日焼け止めを塗っていたにも拘わらずかなり黒く焼けてしまいました。早く元の色に肌を戻したいという気持ちもあり、東急ハンズにある高いハイドロキノン入りのボディローションを買いたかったのですがちょうど金欠で諦めました。

後日別の雑貨屋さんで旭研究所の「ハイドロキノン」が原液といった形で売られているのを見かけ、興味を持って買ってみました。ネットには化粧水に混ぜて美白効果をアップさせている女性が多くいることを発見した後には自分も試してみたのです。濃度が5%もあるので、少量しか使わないように気を付けています。

ハトムギ化粧水を紙コップの中に少し入れ、ハイドロキノンを二滴ぐらい中に垂らしてからコップをクルクル回して成分を混ぜた後にはそれを身体中にバシャバシャつけてからいつものボディローションを上から塗っていました。そしたらかなりのスピードで日々肌の色が戻って行き、どれくらいで戻ったかも忘れてしまうぐらい短い期間だったと思います。恐らく保湿もいつもより強化したからというのもあるのでしょうけど、ハイドロキノンの力も侮れません。今現在はそこまで日焼けしているわけではないので、毎日使っているわけではありません。ときどき特別美白したいときにだけ使うようにしています、元々ハイドロキノンは高い濃度のものを3ヶ月以上継続して使うのはあまりお勧めではないので、3ヶ月使い続けたら少しお休みした方が賢いです。

市販のハイドロキノン入りスキンケア用品は高い傾向がありますが、原液を購入してしまえば後はいつものスキンケアに混ぜるだけでお手軽にハイドロキノンの効果を実感できるスキンケア用品のできあがりです。特別日焼けしてしまった時期にはお勧めです。

<<Amazon>>

ビタミンC誘導体とトラネキサム酸

年齢とともに日焼けをした日々を後悔することってありますよね。若さゆえに海水浴などで日焼け対策もろくにせずにビーチで遊んだり、逆に日焼けをすることがオシャレだった頃など、肌への紫外線の負担が年齢とともに後からやってくるなどとは露ほども考えなかったあの頃・・。

タイムマシンがあれば戻りたいような気分になりますが、今のところ開発されていないので諦めてしっかりスキンケアに励みたいですね。

今回はどうしても美白を頑張りたい、シミを抑えたい、という女性におすすめの成分のスキンケアを紹介したいと思います。

美白に強力な助っ人として登場してくれるのが、今回紹介したいビタミンC誘導体トラネキサム酸です。

美白に興味がある方なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

比較的安価なスキンケア製品にも配合されていたりするので、入手しやすさとコスパの良さは美白製品の成分の中ではトップクラスなのではないかと思います。

  • ビタミンC誘導体の特徴としては、不安定なビタミンCを安定させてメラニンの生成を抑え、美白に導く、というものです。
  • 一方トラネキサム酸もメラニンの生成を抑制することで美白につながる、という成分です。

結局のところ、美白につながる製品はシミを防いでメラニンの生成を抑制するもの、ということでつけてすぐに白顔になっていく、というものでもないのです。

長期的に使ってこそはじめて効果が表れてくるのが美白化粧品なので、長い目で見ればコスパのいい続けやすいものを使用するのがいいでしょう。いくら有効成分が配合されていても高すぎるとずっと継続的に使用するのは難しいので、自分のお財布と相談しながら自分に合った美白化粧品を選ぶのがいいでしょう。

今回は、これらの成分を使うことによって、将来のシミを抑えてかつ、肌のトーンアップを狙うことが可能になるスキンケアとしてご紹介します。

ビタミンC誘導体とトラネキサム酸のスキンケア

では実際に、ビタミンC誘導体とトラネキサム酸の私のおすすめのスキンケアへの取り入れ方を紹介します。

私の場合は、ビタミンC誘導体は美容液のものを使用しています。美容液だと化粧水で程よく保湿された状態のお肌に美容液を入れるので、より浸透が上がるのでその段階で取り入れます。コスパのいい千円前後、高くても二千円までで購入できる内容量の少ないものを使います。あまり大容量だと衛生面も気になりますし、中身の劣化も気になるので。肌にまんべんなく乗せ、しっかりとハンドプレスします。

少し時間をおいてから、次は乳液です。ここでトラネキサム酸の配合された乳液を使用します。クリームだと時間がなかったり、夏場は省略してしまったりするので、付けないことがまずない乳液で取り入れます。保湿という面でも乳液まではきっちりと付けた方がお肌の状態を保つことができるのでしっかり保湿していきましょう。最後にクリームで蓋をすれば完成です。私はあまりべたつかないものを選んでいますが、しっかりと保湿されるものをなるべく使いましょう。

このスキンケアを2年以上継続していますが、お肌の状態はとてもいいですし目立ったシミなどは今のところ発生していなくてビタミンC誘導体とトラネキサム酸の効果を実感しています。

顔全体もこれ取り入れてからはかなりトーンアップしました。外に出る機会が多いわりにファンデーションの色も前より白目の色になりました。長く継続してきて本当に良かったな、と思える瞬間ですよね。ニキビの発生も減ったのも取り入れ始めてからなので、嬉しいことずくめです。

肌のくすみやシミ、美白などでお悩みの方は一度取り入れてみてはいかがでしょうか。低価格で始められて、継続していくにはとても丁度いいので、ダブル使いが非常におすすめです。美白ケアは早くから始めて損のないものなので、ぜひ肌に合えば取り入れてみてください。

クロロゲン酸

女性が男性と同じように活躍する時代を迎えて、多くの20代30代の女性も、色々な役割や役職を与えられ、様々な業種職種で日々頑張っています。

朝早くからの出張や夜遅くまでの残業、夜勤勤務や休日出勤など、そんな忙しく頑張る女性に仕事もプライベートも大切にしてもらえるような美容アイテムを紹介したいと思います。

女性は、男性よりもホルモンバランスなどの微妙な変化で、体調への影響が大きく出やすいです。そしてその影響が数日後までも引きづりやすくすっきりしない日々が続くことも考えられます。

そんな女性に飲んでもらいたいのがクロロゲン酸が配合された美容ドリンクです。

クロロゲン酸とは、カフェインと並ぶコーヒーの主な成分のひとつでポリフェノールのひとつでもあります。クロロゲン酸に含まれる抗酸化作用の効果がある成分が体の免疫機能を高めてくれたり、だる重い身体の不調をすっきりと改善してくれます。

抗酸化作用により老化を防ぐ効果があるので、20代30代のお肌を元気にする効果もあります。

残業や夜勤勤務などで不規則な生活になりがちです。そうなれば、食生活も崩れ、外食中心の食事になってしまいバランスの取れた食事の摂取は難しくなります。そうなると食事の時間も不規則になり就寝前に食事をすることもあります。外食やコンビニなどの食事は、血糖値を上昇させるメニューばかりなのでです。そんな血糖値上昇を抑える効果も期待されています。

この美容液の服用の方法としては、1日1本を目安に服用することが、効果を高められる服用方法です。少し効果で、市販されていないので、あまり一度に大量服用はおすすめしません。

抗酸化作用の効果も、すぐに効果が発揮はされるということではなく、継続して飲むことで体が軽くなるなど、血糖値を下げる効果が実感できるようになると思います。

この美容ドリンクを服用した方に、共通してある感想は、「服用し始めて肌の調子が良くなった」、「肌のトーンが明るくなった」など見た目の変わってきた意見や、「明らかに目覚めが良くなっている」「体が締まったのか少しづつずつ身体がスッキリ細くなっている」というような体全体の変化を評価する意見も多くあります。少しやせたなど身体も見た目も元気になっていくことがわかるみたいです。

このクロロゲン酸が配合された美容ドリンクは、夜勤勤務などのハードな医療の現場で働く看護師さんのリピート購入が多い美容液です。不規則な勤務の20代30代の看護師さん支持されるということは、仕事で頑張って疲れている女性に、「疲れた肌からの回復」、「不規則な食生活の改善」、この2点に関してメインに元気を取り戻すために服用してもらいたいです。

仕事に疲れた20代30代の女性に元気を、不規則な勤務で乱れた肌の調子をこのクロロゲン酸が成分に配合されたドリンクでスッキリを取り戻してください。購入方法としては、このドリンクは市販されていません。スーパーやドラッグストア、量販店でも売られていません。購入は公式サイト・楽天やアマゾン等の通販サイトにて購入可能なので、一度試していただいて仕事とプライベートの両立のために利用してみてください。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

関連記事:

シミに効く!おすすめでプチプラ美白化粧品・スキンケアランキング

20代後半30代のシミに効果があるプチプラ美白美容液ランキング

20代30代の美肌美白におすすめ!プチプラ乳液・ミルクランキング

30代40代の肌にハリを与え、口コミで人気のプチプラ美容液ランキング

美肌やアンチエイジング効果!人気でおすすめ美容サプリランキング

【今売れてるもの、流行りの商品】今年の売れ筋人気ランキング

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック