シンプルおしゃれに!20代ママにおすすめプチプラ春コーデと夏コーデ2020

2019春夏トレンドアイテム

ママの春コーデ

春は新しい生活が始まるシーズンですね。初めての幼稚園、初めての未就園児クラブなどなど、ママにとってもドキドキの多い季節ではないでしょうか。

初めての場所に着ていく服は、ついつい迷ってしまいますよね。第一印象も大事だし、動きやすくないと困るし・・・。

そこで、動きやすくて見た目もスッキリなコーデについて、まとめてみました。

ママもにっこり笑顔になれる、お気に入りのコーデが見つかるといいですね!

私のこだわり

幼稚園の送り迎え、幼稚園から帰宅後近くの公園でママ友と会話をしながら暫し子供の遊びに付き合うママ。毎日のコーデは悩みますよね。

毎日の事なのでなおさら「今日はどうしよう」と悩みがちですよね。でも、外は「春」。天候も良く気分も上がる日和に。そんなママさんにおすすめコーデのポイントを今回はこっそりお教えします。

まずポイントは、「自分らしさ」を作ってしまうことです。

全体的な雰囲気、例えば、かっちりボーイッシュ系、ふんわり優しい感じのママさんコーデ、流行り重視、情報は毎年取り入れる先取りコーデなどなど。私がおススメするのは、「自分が好きなブランドを1、2個持ち”自分らしさ”を持っているコーデ」です。

例えば、ピアスや靴、バッグをいつも同じブランドのモノに統一し、少し2,3日変えるだけにすると自分らしさが出ます。

何といってもお子様の送迎は毎日。ゆらゆら着こなしコーデに頭を悩ませていると延々と気持ちも上がらないからです。また、私はこれが好き!というのがはっきりしているママさんは、他の人から見てもお子様のしつけや、ご自分の意見が揺るがないキャラなのねと信頼度もUPします。

ここで気を付ける事は、あまりその「自分はこれが好き!」というブランドやキャラが他の方から浮いていないか確認する事は重要です。

どうやってするか?よーく周囲のママさんを観察しましょう。

「みんなどんな服、コーデをしているかな。」

「どんなバックを持っている?」

「どんなブランドを愛用している?」

などは特に直接聞かずとも雰囲気とも併せて観察をしておきましょう。浮かない程度に「自分」を持っているコーデは共感度がアップします。

いつも同じブランドで統一している箇所はそのままで、春コーデを別のトップスやスカートなどに取り入れるのが今回の春コーデのおすすめするポイントです。

平日5日間で、

  • 今日はがっつり公園で遊ぶ日
  • 今日は、お迎えの後習い事に行く日
  • 今日はお迎えの後、〇〇ちゃんのお宅でお茶に誘われている日

などと予定を明確にします。予定がふんわりしている日は、無理にお友達に合わせなくてもちょっと会話をして事務的な幼稚園での事などを確認したら、「今日はちょっとお先に・・・」とするのも良いかと思います。

そんな日はお子さんと一緒にゆっくりお家でくつろぎと良いですよ。毎日がイベントと思うとお子さんも「ママ、今日は何するの?」とせがまれてしまいます。

1日~2日はご家庭でお菓子づくりをする日と決めると、お迎えのコーデも少々手抜きが出来ます。平日3日間、着回し上下を決めると心も、お財布も気楽になります。私の周囲も二つのタイプのママさんに分かれていました。

  1. 今日はどうする?と周囲に合わせるタイプと
  2. ごめんね。今日は、我が家は予定があるからまたね!

と2つに分かれていました。

数年お顔を合わせるので最初から、私は「我が家は、今日〇〇があるから、また明日ね」などスケジュール管理されているママさんのほうがこちらも付きやすいやすく、「自分をもった方だな」と尊敬できました。

また、私自身も1週間の予定をきっちりつけると、「今日はパンツコーデ」「今日は習い事に行くので春らしさを取り入れたふんわりコーデ」など決める事が出来て楽でした。

また、コーディネートを決めることで、子供も「あっ、今日はママ、パンツルックのコーデ、足元はスポーツシューズだから遊んでいいんだ!」と理解し、他のお母さんも、「今日は〇〇さんのところは遊ぶモードだわ!」と分かってもらえ特に言葉を発しなくても「今日は、お天気もいいし少し長く公園で遊ぶ?」という雰囲気になりました。

パンツルック、どんな春コーデがおすすめ?チノパンをおススメします。

綺麗にみえるタイプのチノパンと、アイロンがけしないでもしわがあっても綺麗にみえるタイプ2つがおススメです。

色味は、薄いベージュとピンクがおススメです。

二つともロールアップして履くと気分もアップします。デニム生地よりも春先気分がアップします。春、4~5月位から徐々にチノパンにボトムを移行していくと春・夏と冬・秋との区別が出てきて気分もリフレッシュできます。

トップスは、ふんわり風になびくような素材、デザインのものをおススメします。もしシューズもかっちりスポーツシューズを履き、トップスもスポーティにしてしまうと、「スポーツ?」とみえてしまいます。トップスはあえてふんわり感を出すのが春コーデのおススメです。

ズボン以外は?スカートは、ネイビー、ミントグリーン、薄いピンクが春らしさを演出してくれます。お友達宅へお邪魔するときは座るので、長めのスカートがおススメです。

定番の紺はどんなシチュエーションにでも失礼がなくTPOに合わせやすい色味です。

春コーデに使いたいのは「黄緑色系」「ピンク系」といった綺麗なお色味のものです。お値段は気にせずファーストファッションのものでも構いません。綺麗な色のスカートを履くとお上品に見え、好感度がアップします。

私が一度お見掛けした直接お知り合いではないママさんが綺麗なピンクの風になびく長いスカートを履かれていたのをみて「素敵!」と思わず思いました。

最後に、春コーデのポイントは「いつも自分らしさを演出するコーデはそのままで」に、プラス、その日の予定に合わせてコーディネートを決めておく、綺麗な色を選ぶ、風に揺れるタイプのデザインをまとうになります。このコーデで「〇〇さんのコーディネートはいつも素敵!」と言われること間違いないしです。

おすすめアイテム

安心の白ブラウスとシャツワンピースは、何枚あってもいい!

白のブラウスは顔周りをぱっと明るくしてくれるレフ板効果があるので、何枚あってもいいくらいです。ボトムが何色でもしっくり決まるから、忙しい朝の時短にもなりますね。

①きれいめデニムとあわせて、しっくりくる送迎コーデ

デニムに白ブラウスは、好印象なママコーデ。ちょっと無難かな?と思うくらいが、安心感があって着こなしやすいのではないでしょうか。

物足りないな、と思う時は、白ブラウスをトレンド感のあるものに変えてみるのもおすすめです。

黒スキニーデニムで、動き回る行事もスッキリこなせます。運動会に遠足と、園ママは意外と動き回る機会が多いもの。黒スキニーが一本あれば、足さばきもよく、スタイルもスッキリきまります

②ベージュのワイドパンツで、きれいめママコーデ

とろみのあるワイドパンツなら、一気にきれいめコーデに。ベージュと白の優し気なカラーで、話しかけやすい雰囲気のママになれそうです。

③ロング丈シャツワンピースとリブレギンスでトレンド感

ロング丈のシャツワンピがあれば、コーデに変化をつけやすいベルトでブラウジングしたり、一枚でスッキリ着こなしたりと、着回しがききやすいシャツワンピ。今期はトレンドで、たくさんの種類が出ていますよ。

普段には、リブレギンスを合わせたリラックススタイルがおすすめです。習い事の待ち時間で座りっぱなしの日にも、ゆったりした気持ちで過ごせそうですね。

参観日や説明会など、幼稚園に行くことがなにかと多い春。シャツワンピをさらりと一枚で着こなせば、長時間の行事も楽しんで参加できそうです。

私が園デビューしたころ、不安と緊張のあまり、暗い色ばかり着ていました。ネイビーやグレーなどのトップスに、デニムや固めの生地のパンツばかり。ホワイトやベージュコーデのかわいいママ友を見て、思い切って変えてみたんです。すると、周りの対応ががらりと変わって、たくさん話しかけられるようになりました。

カラーって大事だな!と実感しました。それからは意識して、ホワイトやベージュなど、優し気なカラーのコーデをするようにしています。

新生活はお子さまにとってもママにとってもドキドキするものですよね。明るいカラーを身に着けると、気分も明るくなりますよ。お気に入りのアイテムやコーデで、楽しく過ごしましょう!

ママの春夏コーデはベイカースカートに決まり!

小さなお子さんをお持ちのママたちは、動きやすさや汚れても洗濯しやすい服装を選びがちなのではないでしょうか。すると、毎日デニムパンツスタイルというママも多いのでは?でもそれでは面白くないですよね。

今回は、小さなお子さんをお持ちのママでもファッションを楽しめる、今季旬のアイテム「ベイカースカート」について調べてみました。

ベイカースカートの「ベイカー」とは、英語で「Baker(ベイカー)」と書き、パン職人という意味があるそう。パン職人さんが着ている汚れても大丈夫な作業着のデザインを模したのが、ベイカーパンツやベイカースカートというアイテムのはじまりのようです。特徴は前面にある大きなポケットや丈夫な素材感。コーディネートにワークテイストをプラスしてくれるアイテムとして、今季話題になっているアイテムです。

ベイカースカートの合わせ方は?

今季、ユニクロやGU、その他ブランドからもたくさん発売されているベイカースカート。どのように合わせたらよいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

でも、合わせ方はとても簡単!普段コーデに合わせているデニムやボトムスをベイカースカートに変えるだけで、すぐに旬のコーデに早変わりしちゃうんです。動きやすく、汚れてもガシガシ洗えてオシャレに見えるなんて最高じゃないですか!?

①ベイカースカート×ボーダートップス

使いやすいボーダートップスも、流行りのベイカースカートと合わせるだけで一気に旬のスタイルに。スリット入りのベイカースカートを選んで、シューズにスニーカーを選べば、動きやすさも加わり、公園でお子さんと遊ぶときもしっかり動けそうですね。

②ベイカースカート×フェミニントップス

カジュアルなトップスからフェミニントップスに変えて、シューズをバレエシューズやパンプスにチェンジすれば、オフィスや懇談会に参加できるようなコーデに変身!オフィスカジュアルがOKな職場なら、合わせ方次第でベイカースカートでの出勤もできそうですね。

ユニクロのベイカースカート

ベイカースカートのカラーは?

 

今季発売されているベイカースカートのカラーには、ベージュ・カーキ・ホワイト・ネイビーなど、ベーシックなカラーのものが多いようです。公園遊びで砂ぼこり汚れが気になるママなら汚れが目立ちにくいベージュやカーキを。オフィスやちょっとしたおでかけにも使えるキレイめなものを選びたいなら、ホワイトやネイビーを。など、TPOに合わせて選ぶのもよいのではないでしょうか。

今季、ベイカースカートを購入した人の口コミを聞いてみました!

「今季流行っていたベイカースカートを初めて購入。チノパンのようなしっかりした素材は肉感を拾わないので、気になる産後の下半身のラインを気にせず動けてよかったです」(30代/4歳男の子ママ)

「子どもの公園についていくのですが、ひらひらしたスカートだと風が吹くたびに気になっていました。しかし、ベイカースカートだとその点を気にしないで済むし、汚れてもがしがし洗えるので気が楽です!おかげで子どもと思い切り遊べるようになりました」(20代/2歳女の子ママ)

丈が長めだけど動きやすい、汚れてもガシガシ洗えるしっかりした素材感など、ママにうれいしいポイントをもちつつ、トレンド感をプラスできるベイカースカート。今季外せないアイテムになりそうです。ぜひ一度チェックしてみてくださいね!

ママの夏コーデ

年々、夏の暑さが厳しくなっています。まだ5月だというのに最高気温が30℃を超える日もあります。毎日暑いと体がつらいですよね。少しでも涼しく過ごすためには、洋服の選び方にポイントがあります。涼しいファッションで暑い日も快適に過ごしましょう。

1日中エアコンの効いた室内で過ごせれば、涼しく快適に暑い日を乗り切れそうですよね。でも、暑い日でもお出かけすることはあるので現実には涼しい場所でずっと過ごすことはできません。

暑い外に出かけるなら、少しでも涼しく過ごせるように服装に気をつけてみましょう。洋服次第で少しだけでも快適に過ごせるようになります。涼しく過ごすためのポイントは、洋服の素材選びです。では、どのような素材を選んだらよいのでしょうか。

涼しく過ごすための素材

①リネン(麻)

リネンは天然繊維の中では最も涼しい繊維と言われています。

リネン素材で涼しく過ごせるのは、リネンが熱伝導性が早く、すぐに発散をするからです。熱伝導とは高温側から低温側に熱が移動する現象のことです。金属を触るとひやっとするのも熱伝導性が高いからで、熱が伝わり素早く発散されることで涼しさを感じられます。

また、通気性がよく細菌が発生しにくい特徴もあり、高温多湿で細菌が発生しやすい季節にピッタリです。水に濡れると強度が60%アップするので、たくさん汗をかいて洗濯をする機会が増える夏でも、たくさん洗えるところがうれしいです。

②インド綿

インド綿はインドで採れる綿のことです。雑貨や小物などの他、インド綿はワンピースやブラウスなどに用いられています。

インド綿の特徴は湿気に強く、通気性がよいことです。インドは暑い地域で、夏の暑いインドではインド綿はなくてはならない存在になっています。日本の夏は高温多湿なので、このような環境にはインド綿がおすすめです。

避けた方がよい素材

①アクリル、ポリエステル

避けたい素材はアクリルやポリエステルです。つるつるとして涼しく快適に過ごせそうですが、吸湿性が低いので汗をしっかりと吸い取ってくれず、汗がだらだらと流れてしまいます。

ポリエステルの場合はメッシュ素材になっていると通気性がよくなり、吸水性と速乾性が発揮されます。スポーツウエアではポリエステルを使用したメッシュ素材の衣服が出回っています。

②レーヨン

レーヨンは吸湿性が高く、さらっとした肌触りなのですが、水分を含むと収縮したり、雨や水滴を含むと水を含んだ部分が膨張をして輪ジミのように見えてしまいます。汗をたくさんかく季節や梅雨の時期には扱いが難しい素材です。

レーヨンを着る場合は洗濯時に注意点があります。まずは洗濯表示を確認しましょう。洗濯機を使う場合は必ずネットに入れて、おしゃれ着用の中性洗剤を使い、30℃以下の水道水で洗います。脱水は短めです。

30℃以上にもなると暑くて仕方がありませんよね。少しでも涼しく快適に過ごすためには、洋服の素材の選び方がポイントです。ここでは、涼しい素材と避けたい素材を紹介しました。よかったら参考にして、暑い日を快適に過ごしてください。

スキッパーロングワンピース

乳幼児を子育て中のママにとって、色々悩むのがおしゃれなコーデ。授乳や抱っこ紐でのだっこを考えると胸元の素材やデザイン、ボタンの有無など考えてしまいますよね。ついつい、トップスは肌触りの良い綿素材のTシャツがヘビーローテーションになってしまいがち。

そんな育児中のママにおすすめコーデをご紹介したいと思います。

羽織って良し、一枚で良し、重ね着しても良しのアイテム『スキッパーロングワンピース』がおすすめ。今年は、前ボタンのロングワンピースが各ブランドから出ていると思います。

お袖のデザインもノースリーブ、フレンチスリーブ、五分丈、七分丈、ロングスリーブと様々です。

素材も綿平織りからガーゼ、綿ボイル、リネンとバリエーション豊かです。

今年のトレンドとして、色味が白や生成り、黒などの定番やナチュラルカラーだけでなく、マスタードイエローやスモーキーグリーンなど落ち着いていながらカラフルな色も多く、コーディネートの幅が広がったことも特徴です。

前ボタンのロングワンピース

ママ友とちょっとランチ、でも授乳もしなければいけない、眠たくなった子を抱っこしなくてはいけない・・・という時にも、前ボタンのロングワンピースを羽織っていると胸元も隠せますし、インナーに柔らかい素材のシャツを着ていると、眠りについた子が顔を寄せても安心ですよね。
何よりもとってもおしゃれです。

例えば、抱っこ紐の上から羽織れば、後ろ姿が抱っこ紐全開ということがありません。抱っこをしていて暑くなれば、ワンピースをさっと脱ぐこともできます。インナーのシャツ、ボトムスの組み合わせで、ガーリーでもシンプルにも、ナチュラルにもコーディネートしやすいのも特徴です。

ウエストゴムのワイドパンツ&Tシャツの上にロングワンピースを羽織っただけで涼し気でいながらおしゃれな雰囲気になります。

また、このコーデにはぜひ、帽子も取り入れてみて下さい。ストロー素材のキャップやリネン素材のベレー帽などと合わせると「育児中ママ」というよりも「子育て楽しんでいる」感が出て、ちょっと自分の姿がガラスに映った時など、テンションがあがりますよ。

 

これからは暑くなるので、フレンチスリーブがおすすめです。特に胸元や背中の切り替え部分にギャザーがたっぷり入って、袖口が広めのものをチョイスされると、抱っこや身動きが楽なのでおすすめです。

夏場は汗などで生地が肌に張り付くので、ギャザーが入って生地がたっぷりしているものが快適ですよ。生地がたっぷりだと暑いのでは?と思われる方も多いかもしれませんが、ギャザーが入っていることで肌と記事の間に隙間がたっぷりでき、動くときに風が通りやすいのです。

ワイドパンツ

ママだからこそおしゃれをしたい、そう思っている人もいるのではないでしょうか。でも子育て中はなかなか流行に乗れない、そんな悩みを抱えている人もいるでしょう。

子育て中でもすぐ取り入れられるおしゃれなコーデと言えば、やはり「ワイドパンツ」です。

ママになったからママらしいコーデをしないといけない、そんな風に考える人もワイドパンツを取り入れられれば、むつかしく考える必要もありません。少女ファッションからママファッションへの切り替えができる、そんな大人っぽい流行スタイルがワイドパンツにあります。

夏の定番ファッションとして取り入れたいのは、ブルーのトップスにホワイトのワイドパンツです。夏らしい涼し気なファッションで、子どもと歩きながらでも動きやすいと評判になっています。

また、どんなカラーにも合うホワイトのワイドパンツは、初心者でも取り入れやすいアイテムです。ワイドパンツのカラーとしては、イエローやブルー、オレンジなど差し色となる明るいカラーのワイドパンツを選ぶとよいです。

また、ブラウスにハイウエストのワイドパンツでワイドパンツ自体に視線を持っていくという方法もあります。そうすると、足が長く見えるという効果も期待できます。

スカート

次に、ママになってもおしゃれをしたい、という人におすすめなのがスカートです。

なかにはスカートをはくのが苦手、小さい子どもがいるのに?という人におすすめなのが華やかなカラースカートです。

今流行しているカラーのパープルやグリーンを選ぶことで、涼し気なファッションを楽しめます。

夏っぽいピンクやブルーを選ぶのもよいでしょう。カラースカートは足元が涼しげなので、猛暑の時にもピッタリなパッションです。明るめのカラーを取り入れることで明るく、夏らしいスタイルになります。

バランスをとるのであれば、トップスにはグレーやネイビーなどの濃くなりすぎない引き締まったカラーを持ってくるとよいでしょう。

また、夏らしさを重視するのであれば、白いブラウスがおすすめです。暑い夏でも外出が好きになるようなコーデ人できるでしょう。

その他のおしゃれ夏ママコーデ

子育て中は、動きやすい服がメインになってしまい、おしゃれに鈍感になってしまった・・。そんなママさんも多いのではないでしょうか。この夏は、ぜひトレンド感をプラスして、ママ友に憧れられるコーデを目指しましょう。

ここでは動きやすい上にトレンド感があるおしゃれコーデを紹介していきます。

子育て中におしゃれだけを優先させた服を買ったとしても結局着る機会がなく、クローゼットの肥やしになってしまいます。ママコーデのポイントは、日常で着られるカジュアルな服にきれいめな要素やトレンド感をプラスしてあげることです。

それでは、具体的なママコーデを紹介していきますね。

花柄ブラウス×デニム

デニムはママコーデの鉄板アイテムですよね。誰でも1枚は持っているのではないでしょうか。

シンプルなTシャツを合わせただけだとラフになりすぎてしまいます。アクセサリーをプラスしてあげればこなれ感が出るのですが、小さな子供がいるとなかなか難しいですよね。

そこでデニムに合わせるトップスにおすすめしたいのが、花柄ブラウスです。花柄ブラウスを着ることにより、一気に華やかさが出せますよ。今年は花柄ブラウスがトレンドで、様々なお店やブランドでゲットできるので、自分好みの花柄ブラウスを見つけてみてくださいね。

シャツワンピース×レギンス

子供と公園で遊ぶとき、どうしてもワンピースやスカートは動きにくいので避けてしまいますよね。レギンスを合わせれば、子供と公園で思いっきり遊ぶことができますよ。

滑り台やブランコだってへっちゃらです。レギンスは今ブームなので、トレンド感をプラスできて一石二鳥です。

ワンピースはTシャツワンピースでもよいのですが、シャツワンピースを選ぶことできちんと感がプラスされ、手抜き感がでませんよ。旦那さんと一緒に出かけるときは、シャツワンピース1枚で着て、女性らしさを演出しましょう。

Tシャツ×ワイドパンツ

ラフなTシャツを着たいときは、ボトムスをワイドパンツにすることで、今っぽくおしゃれな印象になりますよ。Tシャツの裾は前だけインして着ることで、おしりなどをカバーしつつも、スタイルよく見えます。

リネンが入った素材のワイドパンツを選べば、見た目も着心地も涼しげです。真夏になるとどうしてもデニムが暑く感じてしまうので、積極的にワイドパンツを使ったコーデを楽しんでいきたいですね。

ポイント!

大人っぽい印象に見える人がいる一方、年齢よりも老けて見られる人がいるのも事実。大人っぽく見えるのも、老けて見えるのも、双方、落ちついた印象がありますが、大人っぽいは好感度の高い印象ですが、老けて見えるは好感度の低い印象を与えてしまうので、人に与える印象度には雲泥の差があります。

さて、大人っぽく見せたいけど、老けて見えないためにはどうすればよいのでしょう。実は、大人っぽく見せるためにはトップスが重要です。この夏、トップスを攻略して大人っぽい好感度の高い女性へと変身してみましょう。

夏はトップスが女性の魅力を引き立たせる大切なものだといっても過言ではありません。なぜならば、トップスにはレフ版に似た効果があるからです。

例えば、白いトップスを着ると、肌のくすみがとんで、表情も明るくなり、若々しい印象を与えますが、黒いトップスを着ると、逆に表情が暗くみえ、老けた印象をもたらしてしまいます。

しかし、ここで問題が。今年のトレンドカラーはパステルカラーとなっています。パステルカラーといえば、黄色やベージュといった淡い色となりますが、なんでもかんでも淡い色を着れば良いというものではありません。おばさんっぽく見えてしまう色もあるので、避けるべきカラーもあります。どうすれば、夏のトップスを使って大人っぽく、そして老けて見えないようにするのかをご紹介していきます。

この夏のトレンドカラーはパステルカラーですが、一つだけ避けるべき色があります。それはベージュです。

ベージュは日本人の黄色い肌がますますくすんで見えてしまう色のため、おばさんっぽい印象になりやすい色なのです。もしあなたが20代でなければ、避けた方がよいでしょう。そして、もしも、どうしてもベージュのトップスが着たいというのであれば、顔の表情を少しでも明るくするためにキラキラしたダイヤのピアスやネックレスをつけてみましょう。

また、パステルカラーのトップスで気を付けたいところは、デザインです。

二の腕を隠すために、バルーンスリーブを選んでいる人は、ボリュームがありすぎるとおばさんっぽく見えている可能性があるので注意しましょう。

バルーンスリーブは二の腕をフワッと隠すのに好都合なデザインのように思いますが、中途半端に袖丈が短いものだと、かえって二の腕を太く見せてしまうことがあります。バルーンスリーブを選ぶなら、7分袖や5分袖丈でしっかりと腕を隠し、袖口が膨らんでいるデザインのものを選ぶとよいです。

トレンドも大事だけど、トレンドに振り回されては駄目!

ファッションを楽しむ上でトレンドは大事なものですが、トレンドだから良いというものではありません。自分に似合う色なのかを見極める必要があります。肌のトーンが明るい人は落ちついた色でもバランスがとれますが、肌がくすみがちな人やもともと肌のトーンが暗めな人は落ちついた色は肌色を悪く見せるため、避けた方がよいです。夏のトレンドとなるパステルカラーは、どちらかといえば落ち着いた色が多いので、洋服を購入するときは必ず試着して、自分の肌色に合っているかを確認してから購入するようにしましょう。

大人っぽく見えるのか、それとも老けて見えるのかの境界線は、その人の肌の色とトップスの色が似あっているかどうかです。ぜひ試着して自分の肌が明るく見えるかをチェックしてみましょう。そして日本人が避けるべきトップスの色はベージュです。ベージュは難しい色なので、自信のない人は避けましょう。

プチプラで高品質の大人ブランド「DoCLASSEI(ドゥクラッセ」がおすすめ!

今年本当に20代後半・30代の女性ファン急上昇のオリジナルブランド「DoCLASSEI(ドゥクラッセ)」です。

高品質でハイセンスな30代40代の大人の女性向けのファッションブランド「DoCLASSE」。”上質な洋服=高い”の常識を覆すをモットーにリーズナブルな価格で良い商品をお届けします。気に入らなかった場合、返品も受け付けているので安心です。

<<DoCLASSEの特徴>>

  • 20代後半、30代、40代からの大人輝く上質な洋服をリーズナブルに販売をモットーにしている
  • 返品はいつでも何度でもOK!
  • Lineの友達追加、カタログ請求、メルマガ登録で送料無料

⇒公式ホームページ:DoCLASSE



関連記事:

ママ友にファッションで差をつける!夏の30代ママコーデ

【子連れママにおすすめのバッグ】プチプラで人気の鞄ブランド

20代後半30代のママ,主婦,母親に本気でおすすめ!スキンケア、クレンジング、洗顔

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック