セパレートと扇型でデカ目!長く伸びるまつ毛におすすめ新作マスカラ2020

店頭でタッチアップをしてもらったえなくなっていたりテスターが使えなかったりする今日この頃、新しいマスカラを試してみたくても買って失敗したら・・・と思うとなかなか購入に踏み切れないものです。

でもマスク生活が長くなり目元のメイクだけでも楽しみたい!変化が欲しい!という人におすすめしたい、新作のマスカラを使用感と共にピックアップしてみました。

最近のまつ毛のトレンドは『扇型』。

お人形の様なクルンと上向きにカールしたメイクとは違いナチュラルに見せながら目を大きく見せるテクニックが主流です。

「根本からグッと上向き」ではなく、先端に行くに従って細くスッと横に伸びたまつ毛。ボリューム感を出すよりも、繊細に細く長くのイメージで作り込んでいくと抜け感と色っぽさが強調されてお洒落な顔に仕上がります。

人によってはビューラーは使わないという人もいるほど、ナチュラル感が注目されているんです。

目元だけ黒々してキツく見えてしまう場合は思い切ってブラウンやモーヴなどのカラーマスカラにチェンジすれば優しいのに適度な目力が加わっていつもとは違う自分を発見することもできます。

セパレートと扇型でデカ目効果

少し前までは根本からグッと立ち上げてお人形のようなまつ毛に仕上げるのが主流でした。しかし、これが彫りの浅い日本人には実は不向き・・・。

逆に目元を小さく見せてしまうばかりか、まつ毛だけが強調されて黒目が小さく見えたり、縦幅だけが強調されて横幅が狭く見えるせいで不自然な印象を作ってしまいます。またボリュームの出し過ぎも時代を感じさせてしまうメイクの一つです。

①扇型

最近のトレンドは、目尻に向かって細長く扇状に伸びたまつ毛です。

スマホを見ている時、食事をしている時など日常生活ではまっすぐ前を見るよりも人の頭は少しうつむいていることが多いものです。伏せた時にスッと伸びたまつ毛は繊細な印象を与え、色っぽさも強調してくれます。

モードっぽさ、上品さと大人っぽい印象も加わるのでより女性らしさがプラスされれて男性受けのいいメイクでもあります。

目尻に向かって扇状に伸びたまつ毛は横幅を強調して目を大きく見せ、さらに目尻のまつ毛が長く伸びることによって妖艶さも加わります。

一重まぶたの人はクールで知的な印象にもなります。

②セパレート

そして綺麗にセパレートさせるのも大切なテクニックです。

ボリューム系のマスカラを使ってしまうとこれが困難になってきて、毛束感が強く出てしまったり、繊細さに欠けてキツくて強いイメージを与えてしまいます。

ナチュラルに見せながらもロング効果と黒すぎない絶妙な色合いのマスカラは強い味方になってくれます。

最新のものはブラウンやモーヴなどにも注目が集まっており、ナチュラルさは大切な要素になっています。黒も一時期流行ったパール感の強いものや漆黒系とは違いすこしくすんだグレーっぽいものや、ノンパール、艶感が出過ぎないものがトレンドになっており、自然に見せながらも目力を与えることで逆に目を大きく見せることが出来るのです。

また、最新のマスカラはフィルムタイプの様なお湯で落とせるものが多いのでメイクオフ時のまつ毛への負担も少なく、メイクを落とす時に楽で時短に一役買ってくれます。

マスカラの使い方(6ステップ)

ステップ①:最初にまつ毛用コームでとかして絡まりやクセを伸ばします。

ステップ②:ビューラーを使ってまつ毛の根元ではなく中心から先端に向かって3回ほどに分けて上に向かって上げます。

上向きではなく扇状を意識して指で整えながらビューラーで挟みます。

目尻側は特に目尻に向かって斜め上に流れるようにすると横幅が強調されて上にカールするよりも目が大きく見えます。

一度にビューラーで上げようとするとカクカクしてしまうので2回から3回に分けて・・・。

一重さんの場合はマスカラが下まぶたにつくのを防ぐために根本からグッと立ち上げます。その際も上にカールするのではなく、カールさせながら外側に扇状に開いていくことが目を大きく見せるコツです。

ステップ③:マスカラの余分な液をティッシュで軽く拭き取ります。

だまやムラになりにくく綺麗につくようになります。

ステップ④:まつ毛の根元へマスカラをあてます。

左右にあまりジグザグ動かしすぎるとダマの原因になります。根元で3秒ほど手を止めてキープ。
そのまま先端に向かって動かします。

目頭は一度塗りで薄めに、目尻は2度塗りで横の幅をを強調してデカ目効果と目力を加えます。

ステップ⑤:下まつ毛は目頭までがっつり塗ってしまうと時代遅れな仕上がりになるので、黒目の半分くらいから目尻の下にかけて1度塗りでナチュラルに仕上げていきましょう。

ステップ⑥:最後にもう一度ダマを取るためにコームでとかしましょう。

マスカラを使う時のポイント!

マスカラを塗る時にまつ毛の油分は大敵です。

マスカラの前に、化粧水や下地、ファンデーションの油分をティッシュなどで優しく押さえて拭き取ったり、まぶたにフェイスパウダーを塗っておくなど対策をしておくことが崩れの防止になります。

下まつ毛にがっつり塗るのはNGです。

今っぽさを出すならボリューム感よりナチュラルで繊細な仕上がりが抜け感の秘訣です。

カールし過ぎも不自然な印象になりますから、根本から思い切り立ち上げるのではなくまつげの中心から先端に向かってなだらかなカーブになるように塗っていけば大人っぽさと色っぽさがプラスされて品よく仕上がります。

軽やかさを出すなら下まつ毛のみブラウンやモーヴ、バーガンディなどの明るめカラーを塗るのもおすすめです。ブラックだけだと黒々してキツくケバくなるのを防ぐことができます。

おすすめ新作マスカラ6選

①キャンメイクのクイックラッシュカーラーロングマスカラブラック

クイックラッシュカーラーのカール力を備えた、繊維入りのロングマスカラ。千円以下のプチプラです。

カールの持続力はかなりありました。夕方まで落ちてきません。やりすぎ感のないナチュラルなロングになれると感じました。

ブラシもクシ型になっていてとても塗りやすいです。ゴテゴテせずきれいにセパレートしたまつ毛が完成します。

⇒ホームページ:クイックラッシュカーラー

<<Amazon>>

②ケイトのラッシュフォーマーWP(ロング)ブラウン

まつ毛の内側と外側をWで固定するカーブメモリー処方のマスカラです。新色のブラウンが登場しました。二千円以下なので購入しやすい価格帯です。

ロングと言っても不自然なものではなくスッと伸びてダマにならずにセパレートしてくれます。

まつ毛が硬めでしっかりしていて下がりやすいのですが、長時間しっかりと上がっていてカール力も満足できました。

新色のブラウンはブラックほど主張が強くないのに目力が適度にアップして優しい仕上がりになるのでナチュラルメイクの人にもオススメです。お湯で簡単に落とせるのでオフする時にもまつげに負担がかからず楽に落とせました。

⇒ホームページ:ラッシュフォーマー

<<Amazon>>

③エテュセのアイエディションマスカラ

汗、皮脂、涙、にじみに強く、美しい仕上がりが長時間続くマスカラ。ブラシが細かく細いのでとても塗りやすいと感じました。

ブラウンとブラックの2色がありますが、くすんだ色使いで馴染みがよくナチュラルに仕上がります。

真っ黒すぎると目元が強調されていてきつく見えてしまったりするのですが、グレーに近いような、シアーな感じもあるくすんだブラックは初めてだったので仕上がりの優しい印象に目から鱗でした。

ブラウンも明るすぎず抜け感を出してくれるので気分によって使い分けしています。細かいブラシが短いまつげも捉えやすくなっていると感じました。

⇒ホームページ:アイエディションマスカラ

<<Amazon>>

④セザンヌのセパレートロングマスカラ

高密着液が根元からコーティングし、1本1本セパレートしたまつ毛に仕上げるマスカラです。

税抜き580円という可愛い値段なのも魅力的です。お湯で落とせるフィルムタイプです。

滲みなどが少なくきれいにセパレートして繊細なまつげに仕上がります。ブラシが細くて小回りがきくので全体にムラなく塗ることができると感じました。繊維なしですが、繊細に伸びたまつげになるので上品に仕上がります。

⇒ホームページ:セパレートロングマスカラ

<<Amazon>>

⑤オンリーミネラルのミネラルマルチマスカラ

まつげにも眉にも使えるマルチマスカラです。

膨潤性クレイとフィルム成分を配合、色素沈着しにくい、ミネラルと天然由来成分のみで着色したカーボンブラックフリー処方。眉毛にもまつげにも使えるので色がちぐはぐにならず顔に統一感が出て抜け感が出ます。

トレンドのモーヴもくすみカラーでいい感じです。しかも、ミネラルコスメなので普通の石鹸で落ちるのが他にはない便利さです。

眉毛にも使えると言うことでこってりしているのかとおもいきや、するっと塗れてダマにもならずとっても使いやすいマスカラでした。

ブラシも細かく使いやすいと感じました。乾きも早いので朝の忙しい時間も助かります。

⇒ホームページ:ミネラルマルチマスカラ

<<Amazon>>

⑥アナスイのスイブラックマスカラ

アナスイの新作マスカラはまつ毛を上向きに持ち上げるカールアップワックスと、持ち上がったまつ毛を維持するカールキープワックスの両方を配合。お湯で落とせるフィルムタイプです。

アナスイの化粧品は質のいい使いやすいものが多いです。今回新発売のこのマスカラもとても使い心地のいいものでした。

まず液が繊細で長くて綺麗な仕上がりになるつき方だと感じました。マスクでパンダ目になるマスカラが多い中、これはうっかり擦ってもにじみにくく落ち悪いと感じました。ツヤも適度にあり色っぽいブラックです。

⇒ホームページ:スイブラックマスカラ

<<Amazon>>

以上、いかがでしたか?

目元の印象はマスカラでずいぶんと変わります。扇型に綺麗にセパレートしてスッと長く伸びたまつ毛はお洒落に見える秘訣です。目元が変わると気分転換にもなるので是非試してみてくださいね。

関連記事:

華やかな旬メイクに人気!おすすめのプチプラカラーマスカラブランド7選

濃いマスカラやアイラインも落とす!人気のポイントリムーバーと使い方

ドラッグストアで買える!デパコス級のプチプラアイシャドウランキング

30代のポーチの中身におすすめ!保湿系のメイク直しコスメアイテム10選