セラミドが一番!敏感肌におすすめのプチプラスキンケアランキング2020

敏感肌の人は、肌がほかの肌質の人よりもデリケートでちょっとした刺激でも肌荒れすることがあるので、より優しく肌を手入れしてあげることが重要になります。

スキンケアは、人それぞれの肌の特徴によって効き目が異なります。そのため、他人には最適なスキンケアアイテムや方法であっても、イマイチ効き目が感じにくいと言うケースも多々あるようです。

つまり、自分の肌の体質を良く知ることが重要になってきます。今回は敏感肌のスキンケアについて説明していきます。

そもそも、敏感肌というのは明確な定義がありません。たとえば、肌トラブルを起こしやすい肌の一時的な不調のことを指す場合もありますし、皮膚疾患を起こしている肌の状態を指すこともあります。あるいは、一部の化粧品などを使ったときに肌が刺激を感じてしまう、または突っ張るようなかんかくがあるということも敏感肌という場合があります。

そのため、どのような状態であっても肌トラブルが起きていることは間違いありません。敏感肌とは、些細な刺激によって何らかの不調が起こってしまう状態を指すことが多いです。

では、敏感肌の原因とは一体何でしょうか。

それは、感想が原因していると呼ばれるケースが多いです。顔以外にも、腕や背中、あるいは頭皮などにかゆみを感じたことがある人もいるかもしれませんが、このような刺激も乾燥が影響していることがあります。

また、その痒みによって体を掻きむしってしまうと、それが肌のバリア機能を低下させて、さらに乾燥を悪化させてしまうのです。そして、敏感肌がひどくなってしまうという悪循環が発生してしまうので、出来るだけ痒みを感じても掻かないように注意しましょう。

この皮膚のバリア機能というのは、あらゆる外部的な刺激から肌を守ります。また、肌の水分が蒸発することも防いでくれる優れものです。

バリア機能には「細胞間脂質」と呼ばれる角層細胞間の間で潤いをキープするセラミドや、角層細胞で水分を引き寄せる性質を持つ」「天然保湿因子」、また、「皮脂膜」という水分の蒸発を肌の表面から防いでくれる機能がそれぞれに働いています。一般的には「肌の3因子」と呼ばれることもあるようです。これらはホコリや紫外線、それから汗などの刺激から肌を守ります。

しかし、皮膚バリア機能はあらゆる原因が影響して働きが弱くなってしまうこともあります。

例えば、仕事や家事などでの肉体的、精神的な疲労。それから十分な睡眠が取れないことも影響しましょう。さらに、食生活が乱れ、栄養が偏ってしまうことも良くありません。女性の場合は、更年期障害、生理、妊娠などの女性ホルモンのバランスが崩れることも影響します。そのため、規則正しい生活が皮脂バリアの働きを保つと言えるでしょう。また、外的な因子としましては、間違ったスキンケア方法が皮脂バリアを低下させてしまうこともあるようです。

では、正しい敏感肌のスキンケアとは一体どのようなものがあるのでしょうか。

  1. まずは肌を清潔に保ちましょう。不潔な肌は雑菌の温床になります。
  2. また、敏感肌は乾燥肌である場合が高い上に、たとえオイリー肌であっても保湿は必要です。そのため、水分と油分のバランスをしっかりと整えて過剰な皮脂の分泌は控えてください。
  3. また、紫外線は肌のくすみの原因となりダメージにつながります。紫外線ケアは日頃から行うようにしましょう。
  4. さらに、意外かもしれませんが、メイクをすることによって、肌は外的な刺激から守られます。もちろんきちんとクレンジングすることが前提ですが、メイクをして肌を美しく整えましょう。

敏感肌のスキンケアの4つのポイント

敏感肌というのは、何の成分に対して敏感であるのか、人によって異なります。そのため比較的敏感肌に合うと言われる優しい成分の化粧品はありますが、一概に皆に合うとは言い切れません。

合わない化粧品を使うと「赤みが出やすい」「発疹が出る」「痒みが出る」「ヒリヒリしてしまう」、そうした悩みを抱えている方も多い事でしょう。そうした状況の中、化粧品本体の話ではなく、美容法として、敏感肌である私が行っていることをご紹介させてください。

敏感肌ですと、「何の成分に反応が出るか」は人によって異なりますが、刺激の強いものに対して反応が出やすい、という傾向があります。刺激を少なくしたり乾燥を防ぐことで、敏感肌を労わりながらケアすることが出来ます。刺激に対して強い肌にしていくことも大切ですが、ここでは刺激を押さえながらケアするポイントを4つご紹介します。

①クレンジングは優しく素早くする

クレンジングは肌に負担がかかるものです。そのため、クレンジングをする際には、優しくかつ素早くすることが大切です。手に力をいれず、優しく素早くクルクルと円を描きながらメイクとクレンジングを馴染ませます。顔をすすぐ際はなるべくこすらずに、ぬるま湯で洗います。

「優しさ」と「スピード」を心がけて下さい。

②お風呂から出たらすぐ保湿する

肌が乾燥してしまうと、刺激に対して弱くなる傾向があります。顔以外の肌でも、乾燥すると痒みが出ることがありますよね。顔でも同じように、乾燥するとヒリヒリや痒みなどが出やすいです。

また、保湿が足りていないとシミが出やすくなります。そのため、お風呂から出たらすぐに保湿することをおすすめします。

私の場合、顔は濡れた状態でパジャマに着替え、その後で顔の水気を軽くタオルに吸わせ、化粧水を付けています。お風呂の中で化粧水を付けてから脱衣場に行くのも良いです。

③タオルは柔らかいものを使う

ガサガサのタオルで顔を拭くことは、自ら肌を傷つけ刺激を与えているようなものです。顔を拭くタオルは柔らかいものを使い、ゴシゴシと拭くのではなく、軽く肌にあてて水気を吸い取るように拭くのがおすすめです。

他には、ティッシュを顔に張り付けて水分を取ることも肌に優しいと感じています。

④美容液やクリームも優しく塗る

美容液やクリームを塗る際にも、クレンジングと同じように、優しく肌に滑らせるように付けていくと刺激が少ないと感じています。

摩擦は刺激です。ある程度肌が強い方の場合はそこまで刺激に影響は受けないかもしれませんが、敏感肌の場合、刺激は出来る限り避けた方が肌に優しく、トラブルが少なく過ごすことが出来ます。

美容液などはつい効果を期待して強く塗りこもうとしてしまうかもしれませんが、優しく付けることが大切だと感じています。

その他のポイントとしては、化粧品の「使い心地」と「肌に出る反応」に注意を向けることです。敏感肌の場合、合わない化粧品は何かしらの反応が出ます。「赤み」「発疹」「痒み」「ヒリヒリ」など、何か反応が出たら使用を中止する勇気を持ちましょう。そのまま使い続けてしまうと、肌がダメージを受けてしまいます。「自分の肌に合っているか」に気を配って、肌に合うものを使うことが大切です。

敏感肌の方におすすめしたい美容法として、

  1. クレンジングは優しく素早くする
  2. お風呂から出たらすぐ保湿する
  3. タオルは柔らかいものを使う
  4. 美容液やクリームも優しく塗る

について紹介しました。敏感肌は苦労もしますが、逆に言えばお肌を優しく丁寧に扱うようになり、綺麗な肌を保てる可能性があります。敏感肌とうまく付き合いながら、肌に優しく過ごして行きましょう。

きめ細かい素肌綺麗になるスキンケアの2つのポイント

美人だなと思う方のお肌をよくみたことがありますか?美人な方は、素肌もとっても綺麗です。見えないところで努力されている方が多いです。

「お肌がきれい!」と言われる方の多くは、きめ細かな美しい素肌で健やかなお肌の方が多いです。今回は、そんな美しいお肌を手に入れるためのスキンケアのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

まず、きめ細やかなお肌ってどんなお肌を思い浮かべますか?

ハリがある、透明感のあるお肌、健やかなお肌、毛穴が目立たないなどいくつかあると思います。実は、お肌が綺麗な方の特徴として、皮膚の表面を交差している細かい「皮溝(ひこう)」と呼ばれる溝と、ふっくらと盛り上がった「皮丘(ひきゅう)」が作り出す凸凹がバランスよく並んでいるという特徴があります。これが皮溝が深すぎたり、皮丘が盛り上がりすぎていてもバランスがよくありません。皮膚の状態が健やかなで健康な場合は、このバランスが整っているのできめ細やかな美しいになれるのです。

このようなバランスのとれた美しいお肌になるためには、ポイントが二つあります。

①一つ目は、保湿ケアです。

スキンケアの中でも、乳液や美容液といった保湿アイテムをしっかりと使いお肌に潤いを閉じ込めてあげることが大切です。保湿ケアが不足していると、乾燥の原因になり肌トラブルを引き起こしやすくなります。そうなると、この皮丘や皮溝のバランスも崩れ、見た目にも大きく影響してきます。

保湿効果の高い化粧水としては、セラミドやヒアルロン酸、アミノ酸、食物エキスなどが豊富に含まれたものを使うと良いでしょう。毎日の洗顔の後は、必ず化粧水をつけて乳液やクリームで潤い成分を閉じ込めて、しっかりとお肌を保湿してあげましょう。

②そしてポイント二つ目は、日焼け対策をしっかりすることです。

日焼け対策をすることで、紫外線からお肌をしっかり守りましょう。目に見えない紫外線はお肌の大敵です。気づいたら、お顔がシミだらけになっていたなんてことにならないように、今からしっかりケアしていきましょう。紫外線を浴びすぎると、お肌に負担がかかり肌のきめが粗くなりやすいです。またしみやそばかすといった肌トラブルを起こしてしまう原因にもなります。

メイクをする時は、必ずスキンケアをしっかりして汚れを落とし、化粧水で美容成分をお肌に馴染ませて、乳液やクリームでカバーすること、そしてファンデーションを塗る前にきちんと日焼け止めをぬることを徹底しましょう。

これだけで、お肌に潤いを閉じ込められるのでもっちりとしたきめ細やかな美しいお肌を手に入れることができます。年齢を重ねても美しい方は、こうした日々の努力を面倒くさがらずに続けています。

保湿力のある化粧水の選び方が分からないという場合には、セラミドがたっぷり配合されたものを選びましょう。化粧水や美容液を塗るときは、たっぷりと時間をかけてしっかりと浸透させましょう。クリームや乳液を塗るときは、しっかり化粧水の水分が浸透していることを確認して塗るといいですね。もっちりとした潤いのあるきめ細やかな素肌美人を目指しましょう。日焼け対策もしっかりしながら、美しいお肌を目指しましょう。

化粧水と乳液はしっとり系がおすすめ!

化粧水と乳液は、しっとりとした質感の物がおすすめです。さっぱり系だと保湿性が足りなくて肌が乾燥しやすい環境が出来上がりやすくバリア機能の低下の原因になり、さらには肌荒れのきっかけになることもあります。

そのため、保湿性に長けた化粧水と乳液がおすすめです。

「セラミド」「コラーゲン」といった成分との相性が良い敏感肌の人は、それらが使われている化粧水や乳液を使うと肌のきめが整ったり毛穴が小さくなるといった効果が期待できます。

ただし、セラミドといっても天然・植物性のセラミドや酵素からできているヒト型セラミドなど種類があります。

その中でも最も敏感肌の人に合うのが「ヒト型セラミド」で、ヒト型セラミドは体内に存在しているセラミドと作りが似通っていて、保湿性と角質層への浸透がスムーズに行われます。

よって、ヒト型セラミドは肌に優しいと言えます。

石油原料から合成できる合成セラミドも存在しており、大量生産しやすく色んな商品に使われています。

敏感肌の人の場合は「セラミド1」といったセラミドのあとに数字が書かれているヒト型セラミドの商品を使うことをおすすめします。

コラーゲンは体内のあらゆる部分にある成分で、たんぱく質の一種できれいな肌になるには欠かせない成分です。コラーゲンの役割は多く、肌をきれいにするのはもちろん血管をしなやかにしたり皮膚のハリや弾力をキープする働きも担っています。

クレンジングは「敏感肌向け」がベスト

クレンジングは、今はいろんな種類のものが出ていますが一番敏感肌の人にとって安心して使えそうなのが敏感肌向けに作られたクレンジングです。

肌への刺激が少ないミルクタイプや乳液タイプとの相性が良い傾向にありますがカウブランドから敏感肌の人に向けて作られたオイルクレンジングもあり、クレンジングも進化してきています。

一番敏感肌の人と相性が悪いのが、ふき取りクレンジングシートです。

最も手軽で使い勝手のいいふき取りクレンジングシートですが肌にとって負担になる「擦る」ことでメイクを落とすふき取りクレンジングは敏感肌の人の肌をより敏感にさせ、ダメージに弱くなってしまいます。

避けたい成分「アルコール」「エタノール」

敏感肌の人におすすめできない成分が、アルコールやエタノールといった成分です。両方とも殺菌成分でこれらの成分を使うと顔が赤くなったりかゆくなったり、ヒリヒリしたりしたという経験を持つ人も多くいます。

敏感肌の人にとってはこの2つの成分は刺激が強すぎて合わない人が多い傾向にあります。

また、ラウレス硫酸ナトリウム(洗浄力が強い成分で、シャンプーに多用されています。髪や肌を乾燥させ肌トラブルの原因になります)や合成着色料、パラベン(防腐剤)といった人工的な成分は敏感肌の人には合わないので肌に優しい成分が使われているかどうかチェックすることが大切です。

敏感肌のプチプラヒト型セラミドスキンケアランキング

第4位 豆乳イソフラボン乳液とホホバオイルとニベア青缶

季節の変わり目など、ちょっとした刺激でも肌が荒れたり、すぐに赤く腫れてしまったりする敏感肌。私もかつては10年以上も敏感肌で悩んでいました。そんな私が敏感肌の悩みを克服した美容法をご紹介します。敏感肌でお悩みの方は、ぜひ試してみてください。効果はすぐに期待できます。

洗顔

まず、私が最初に改善したことは、洗顔方法です。

夜の洗顔は、メイクを速く落としたくてゴシゴシ擦りがちですが、これが肌に負担をかけています。クレンジングオイルを肌に塗り広げ、1分ほどなじませてからぬるま湯で優しく洗い流すのがベストです。

また、朝の洗顔は水でも十分ですが、洗顔石鹸を使う場合は泡で洗うことがポイントです。たくさんの泡を顔にそっと押し当てるイメージで塗り広げ、ぬるま湯で優しく洗い流します。この洗顔方法で、肌への刺激が格段に減ります。

保湿ケア

次に、敏感肌を克服するためには保湿をしっかりすることが大切です。私がいつも保湿のために使っている化粧品は、『豆乳イソフラボン乳液』、『ホホバオイル』、『ニベアの青缶』の3つです。

『豆乳イソフラボン乳液』は、私と同じく敏感肌である祖母が長年愛用している商品です。非常に肌に浸透しやすいので、べたつきません。私は化粧水が肌に染みてしまうので、その代わりに使っています。また、プチプラ商品なので、思う存分たっぷりと使うことができるのもメリットです。

『ホホバオイル』は、肌の水分をしっかりと保持してくれる役割があり、使用後は肌がもっちりとした感触になります。純度の高いものは値段が高いので、私はプチプラで手に入る無印良品のものを使っています。

『ニベアの青缶』は、乳液とオイルだけでは乾燥してしまう、秋から冬にかけて使っています。少量でもかなりの保湿力がありますが、私はべたつきが残るくらいまでしっかりと使っています。こちらもプチプラなので、量を気にせず使うことができます。この商品は、顔だけでなく全身の保湿に使っています。使用後には肌に透明感や艶が出ます。

これらの3つを、乳液、オイル、ニベアの順に使うだけで完璧に保湿できます。

保湿のタイミングは、1日2回以上。朝の洗顔後すぐ、夜の洗顔後すぐ、そして乾燥が気になったときです。この『すぐ』というのが1つ目の重要なポイントです。洗顔後少しでも肌を保湿しないまま放置してしまうと、異常な速さで乾燥してしまい、私の場合は乳液でさえも染みてしまいます。それを防ぐために、洗顔後すぐに保湿ができるような環境を整えることをおすすめします。

例えば、洗顔する場所に保湿用化粧品を置いておく、洗顔してから保湿をするまでの間にスマホを触らないようにする、などです。このように環境を整えることで、洗顔後すぐに保湿をする習慣が自然と身に付きます。

さらに、乾燥が気になるときにいつでも保湿できるよう、私はメイク道具と一緒に小さいクリームケースに入れた保湿クリームを持ち歩いています。化粧室でメイク直しをするついでに、目元や口周りなどピンポイントで保湿クリームを塗ると、日中に肌がヒリヒリすることがなくなりました。

これらのちょっとした工夫を1週間ほど続けただけで、私は敏感肌の悩みから解放されました。敏感肌に悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

第3位 アヤナスは保湿力抜群!乾燥肌敏感肌のエキスパートスキンケア

本来保湿とはクリームなどの油分で肌にふたをするという意味ではなく、水分を肌の奥まで浸透させるという意味です。洗顔後に化粧水を数回ずつに分けて、手を押しあてるようにプレスします。それにより肌の奥にしっかりと化粧水が押し込まれます。その後に水分が蒸発しないよう、乳液やクリームで肌にふたをします。これが正しい保湿の仕方です。

今年話題になっているのはアヤナスの「化粧水+美容液+クリーム」がセットになっているものです。

  • 保湿力がすごい!
  • 敏感肌でも大丈夫!

と好評なんです。

専門の敏感肌研究所では、皮膚科医の元、アレルギーテストを繰り返し、いかに肌に安全で優しく保湿・美肌成分を浸透させることができるかを研究しています。その結果、外部からの刺激を守る大切を取り入れた「特許取得ヴァイタサイクルヴェール」、優れた浸透を促す「ヒト型ナノセラミド」を開発し、肌を守り、肌の深層まで浸透し、肌を潤してくれます。

さらにエイジングケアにも力を入れたスキンケアなので、小ジワ・ほうれい線・たるみ・毛穴などにも効果的なのが嬉しいポイント。保湿とエイジングケアをいっぺんにケアできるスキンケアセットが「1,480円(送料無料)」です!

口コミ

ちょっとした刺激で、すぐにお肌がかゆくなったり赤くなることありませんか。化粧水をつけるとしみたり、カサカサ乾燥しやすかったり、ニキビが繰り返しできることありませんか。

普通肌の人にはなんともない化粧品でも、敏感肌の人が使うとお肌がピリピリして痛くなってしまうので、敏感肌の人は辛いですよね。

20代の頃からずっと敏感肌に悩まされている人、30代になってから敏感肌になってしまう人、出産など何かがきっかけで敏感肌になってしまう人、加齢など敏感肌に悩むタイミングは人それぞれです。敏感肌に悩む女性は、世の中にたくさんいます。

敏感肌になるとお肌の痛みも辛いのですが、お肌に合う化粧品がなかなか見つからなくてイライラしたり、色々な化粧品を使ってはお肌に合わなくてがっかりして辛いですよね。

さらに、普通肌の人に比べると敏感肌の人は肌の老化が早いと言われていますし、不安になっている人も多いのではないでしょうか。

お肌が敏感になっていることを放置せずに、必ず低刺激である敏感肌専用の化粧品を使うことをおすすめします。

肌が老化してしまってからでは、なかなか以前のような肌に戻るのは難しいのです。だからお肌が敏感だなと思った時には、すぐに低刺激の化粧品を使うようにしましょう。

そうすることで、シワ、たるみ、毛穴の開きなど肌の老化を予防することができますし安心です。美肌でいるためには、正しいスキンケアを行うことはとても大切です。

敏感肌専用化粧品を使う以外にも努力が必要です。例えば、バランスの良い食事を心がけて、色々な栄養素を摂るようにしたり、夜更かしはせずに十分な睡眠をとるなどして、規則正しい生活を心がけるようにすると良いです。

私が愛用しているのは、敏感肌化粧品のディセンシアです。ディセンシアのアヤナスシリーズがとても気に入って使っています。

産後急にお肌が敏感になってしまい、ずっと愛用してきた化粧品が合わなくなりました。つけるとピリピリ痛くなって、口元や目元がカサカサ乾燥するようになったのです。

おかしいなと思いながらも続けて使っていたら、今度はニキビが繰り返しできるようになりました。出産をきっかけにお肌が変わってしまったので、化粧品も買い替えなければいけないと思いましたね。

アヤナスのローションコンセントレート、エッセンスコンセントレート、クリームコンセントレートをライン使いすることにしました。どれも敏感肌用に作られているので安心できますよね。敏感肌の人はできるだけライン使いをしたほうが良いと思います。

アヤナスシリーズを使うようになったら、お肌が痛いと思うことがほとんどなくなりました。すぐにお肌の奥深くまでしみこんでいき、とても柔らかく潤いたっぷりの肌になったと感じてびっくりしました。

目立ち始めていたほうれい線、小じわ、毛穴の開きなどが徐々に気にならなくなったなと思ったのは、使い始めて三ヶ月目です。お肌が赤くなること、ニキビができることなど悩まなくなりました。

もし敏感肌でどの化粧品を使って良いのかわからない人は、まずはディセンシアのアヤナスシリーズを使ってみませんか。アヤナスシリーズは、敏感肌ケア、ストレスケア、エイジングケアの3つのケアをすることができると感じたので、強くおすすめしたいです。

⇒公式ホームページ:アヤナストライアルセット

第2位 エトヴォスのモイスチャーライン

肌の乾燥が気になる方は、セラミドが不足している可能性があります。セラミドとは、人の肌のもともと存在している細胞間脂質を構成している成分です。肌の水分保持力の80%は細胞間脂質が担っています。角質層にセラミドが規則正しく並んでいることで、肌の潤いが保たれているのです。

ところが、年齢を重ねるとともに肌のセラミドが減少をします。セラミドが不足をすると水分保持力が低下をして、肌が乾燥をします。乾燥をすると肌のバリア機能が低下をするので、肌トラブルが表れることも。

でも、セラミド配合化粧品でケアをすることで、肌の水分を保ち、外部刺激から守ることができます。

肌の専門家が考えたセラミド配合化粧品が、「エトヴォス モイスチャーライン」です。

4つのステップでケア

エトヴォスモイスチャーラインは、保湿力に優れたヒト型セラミドが配合されています。人の肌に存在するセラミドと構造が同じなので、なじみがよいです。

モイスチャーラインは4つのステップでケアをします。

①まずは洗顔です。

洗顔石けんには、セラミドやリピジュアなど、保湿成分がたっぷり配合されています。潤いを守りながら、余分な皮脂を落とします。

②洗顔後に最初につけるのは化粧水です。

ポスカを配合することで、細胞同士を接着させて水分蒸発を防ぐタイトジャンクションの形成を促進します。

③5種類ものヒト型セラミドを贅沢に配合したものが美容液です。

肌の水分保持力をアップさせ、潤いを長く持続させます。

④最後にクリームで潤いを閉じ込めます。

ヒト型セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸、シアバターなど、さまざまな保湿成分が高配合されています。

4ステップケアで潤いあふれる肌へと導きます。

使い方

洗顔料はよく泡立てて、肌をこすらないように洗います。

化粧水はコットンまたは手に適量とり、顔全体になじませます。美容液やクリームは、適量を手にとって、肌をこすらないように顔全体に広げます。

4つのステップでケアをすることがおすすめです。

口コミ

乾燥肌に悩んでいる女性は、世の中にたくさんいます。乾燥肌に対して何も対策をせず放置していると、肌トラブルに悩まされるようになるので、自分の肌が乾燥しているなと感じたならすぐに何かしら対策をすべきでしょう。

乾燥肌対策としてどの化粧品を使ったら良いのか迷った時は、セラミドクリームがオススメです。セラミド配合の化粧品を使ったことがある女性もいるかもしれません。乾燥肌をしっとり肌にさせたい場合は、セラミド化粧水よりはセラミドクリームのほうが保湿効果が高いのでぜひお試しください。

クリームでたっぷりと肌に保湿成分を与えることで、ガサガサしていた肌がもちっと潤い肌へ変化しますよ。乾燥肌対策をすることで、肌トラブルを避けることができます。

セラミドはもともと人の肌の中にある成分であり、水分を維持し肌を保護するバリア機能が期待できます。年齢とともに肌が乾燥していくのは当たり前のことなのですが、そんな時はセラミドクリームを使いしっかりと保湿ケアをしましょう。

セラミドは水に溶けにくいんですよね。だから、化粧水などでは配合濃度が低くなるのでクリームがオススメなんです。クリームだったら高濃度で、高い保湿効果を得ることができます。

さて、私が使ってみて良かったセラミドクリームをご紹介しますね。それはETVOS(エトヴォス)のモイスチャライジングクリームです。色々なセラミドクリームを使ってきましたが、私が一番保湿効果が高いと思ったのがこのアイテムなんです。

モイスチャライジングクリームには、なんと5種類のヒト型セラミドが贅沢に配合されています。この時点で、効果がありそうだと思いませんか。ヒアルロン酸など、セラミド以外にも女性にとって嬉しい保湿成分がバランスよく配合されているアイテムなんです。

テクスチャーは少しかためだなと思いました。でも肌にのせて伸ばしてみるとスーッと伸びていき肌がもちもちっとしたので、潤っているなと実感できました。ベタベタしているとは感じなかったので、浸透力は問題ないと思いました。

当時、すごく目の周りがカサついてひどかったんです。そのせいで目尻に小じわができてしまってショックでした。だからモイスチャライジングクリームを目元に重ね付けをするようにして使いました。

すると翌日から、目元にピーンとハリが戻ってきたと思ったんです。いつもはカサついているのに、朝からしっとりしていて一日中カサつきが気になりませんでした。セラミドクリームってすごく高保湿なんだなと感動しましたね。

今まで使ってきた美容クリームと比べると、全然保湿効果が違うと感じてびっくりです。セラミドが良いとは知っていましたが、セラミド化粧水よりもやっぱりセラミドクリームのほうが保湿効果が高いと思いました。

何度も使っていると全然肌の乾燥が気にならなくなり、毛穴が小さくなりリフトアップしたと感じたんです。メイクのノリが良く、セラミドクリームかなり気に入りました。

乾燥肌に悩んでいる女性には、一度セラミドクリームを使ってほしいと思います。すごくいいなと思ったのが、ETVOS(エトヴォス)のモイスチャライジングクリームです。保湿ケアをしたいならこれを一度使ってみてくださいね。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • エトヴォスのモイスチャーラインは保湿力が優秀です。化粧水の後に美容液をつけていますが、香りに癒されます。肌荒れすることなく、肌の潤いがアップした気がします。
  • 保湿力が抜群です。つけた後の保湿力に驚きます。翌朝には肌がもちもち。保湿力がある化粧品はべたつきやすいけれど、この化粧品はなじみがよくてべたつきません。
  • インナードライで季節の変わりめは肌の調子が悪くなります。そこで、エトヴォスのモイスチャーラインを使ってみました。今までは肌がカピカピになることがあったけれど、美容液を使うとカピカピになりません。吹き出物も減って助かっています。

乾燥肌はセラミドが不足している可能性があります。人の肌になじみがよいヒト型セラミドを配合した化粧品が、エトヴォスのモイスチャーラインです。

4つのステップすべてにヒト型セラミドが配合されています。4ステップケアをして、潤いあふれる肌を目指しませんか。

公式ホームページではお試しセットが割引き価格で販売されています。

⇒公式ホームページ:2週間お試しセラミディアル



第1位 小林製薬のヒフミド

ヒフミドは化粧水で有名ですが、ヒフミドのトライアルセットなら全部で5品の商品を試すことができます!

ヒフミドはセラミド不足で乾燥してしまった肌に潤いを与えて、若々しい肌を築き上げる働きがあります。保水力3倍のヒト型セラミドを使っており、肌の奥までしっとりと浸透させ、保湿させます。

ヒフミドは洗顔石鹸、ローション、エッセンスクリーム、UVプロテクトベース、マイルドクレンジングの5品があるのです。特にソープは泡立てネットがなくても、もっちりとした泡が立つので、肌に刺激を与えずに洗顔することができるのです。セラミドは肌を守る働きをする必要不可欠なもので、特にヒト型セラミドはヒトの皮膚に吸収される働きが素晴らしく、肌がしっとりとするのです

ヒト型セラミドの効果

セラミドは、私たち人間の皮膚の表皮の角質層の中に存在しています。

角質層の中には、角質細胞間脂質と呼ばれるものが隙間なく埋めるように存在し、水分を抱え込むことで蒸発を防いでいるのです。この水分を抱え込む力こそが、先ほどご紹介したセラミドなのです。

セラミドは水分を蓄えて肌を保湿するとだけではなく、肌を外敵から守るバリア効果を高めてくれます。

乾燥した状態の肌にセラミドを補充してあげることで、肌自体が本来のようにセラミドに満ちた状態になり、肌に潤いが保たれるようになるのです。

セラミドを効果を一番実感できる方法

最近、特にセラミドの保湿力が注目され、色々なメーカーからセラミドが配合された化粧品が販売されるようになってきました。これから保湿のために化粧品を選ばれるのならば、是非セラミドが配合されている化粧品を選ぶようにして下さいね。そして、毎日のケアに取り入れるようにして下さい。

また、セラミドは体の内側からも取り入れることができます。

セラミドは、食品でいうと、こんにゃくやひじきやワカメなどに多く含まれています。しかし、肌への効果を実感するためには途方も無い量を食べなくてはいけません。

そこで、有効なのがサプリメントです。体の外からだけではなく、体内からも補充することで、より肌の保湿効果を高めることができるのです。ですが、サプリメントは長期間続けて効果を実感できます。すぐにでもお肌の変化を感じたい方は、化粧水やクリームがおすすめです。

セラミド化粧品を選ぶ際は、必ず「ヒト型セラミド」!

セラミドには、色々な種類があります。

  • ヒト型セラミド
  • 擬似セラミド
  • 植物セラミド
  • 天然セラミド

などです。

よりセラミドから保湿効果を得たいならば、必ず『ヒト型セラミド』と表記されているものを選ぶようにして下さいね。

上の図のようにヒト型セラミドは他のセラミドより保湿性能に優れており、それにより肌のバリア機能も格段に違ってきます。

また、セラミドの含有量や、分子の細かさなどでも身体への効果は変わってきます。もちろん、セラミドがたくさん含まれており、分子は細かいほど身体に吸収されやすいです。各メーカーからたくさんのセラミド化粧品やサプリメントが販売されているので、ぜひお気に入りの商品を見つけて下さいね。

このように、セラミドは体の外側からも内側からも取り入れることができ、身体の保湿に役立ってくれます。セラミドの効果は研究で実証されており、今、最も注目されている保湿成分のひとつです。乾燥は肌に様々なトラブルを引き起こすため、肌にとって一番良くありません。

是非、セラミドを身体の外側からも内側からからも取り入れ、しっとりとしたお肌を目指して下さいね。

ヒト型セラミド「ヒフミド」の化粧水(ローション)が人気

ヒフミド エッシェンスローション(化粧水)がおすすめです!

この化粧品はしっかりと保湿、潤いを保ってくれるので弾力とハリのあるお肌へ導いてくれます。セラミドという乾燥を改善する成分が配合されているのでお肌を潤しながらさらにシミの原因であるメラニンの生成を抑えます。そして、アルコール、香料、紫外線吸収剤が無添加なので敏感肌の人も安心して使えます。

<<プチプラコスメの入っているセラミドとは違う!保湿力3倍!>>

ヒフミドのエッセンローションには「ヒト型セラミド」という人間の肌に存在しているセラミドと同じ構造をしたものしか使っていません。そのため、肌の潤いを長時間キープしてくれます。肌の水分を逃さず、長時間キャッチするのです!

使い方

使い方はとても簡単です!

ヒフミドのマイルドクレンジングでメイクをオフして、ソープで洗顔します。朝はUVプロテクトベースを塗って日焼け止めにも気を配ります。

夜はUVプロテクトベースの代わりにエッセンスクリームを使います。とっても肌がしっとりとして、肌の乾燥が気にならなくなってきます。特にエッセンスローションとエッセンスクリームの相性が非常に良くて、肌がとてもしっとりとします。エッセンスローションは直接手にとって肌になじませることもできますし、コットンにとって肌につけることもできるので、どちらでも肌がしっとりとするので良いです。

ソープは泡立ちがいいので、手の中で数回転がすだけでモコモコの泡が出てきます。

『雨が降ったような感じ!』

肌が乾燥している時は、何を使っても肌がガサガサになってしまって、なかなか潤わないものですが、ヒフミドのソープで洗顔した後は肌がつっぱることがなくて、ローションをつけるまでしっとりとしています。手触りが違ってきて、肌が手に吸い付くような感じがして、芯から潤っているということを感じることができるのです。

ローションをたっぷりとつけると肌がとっても潤うので、お化粧のノリも良くなって気持ちがいいです。

ヒフミド化粧水(ローション)の口コミ

敏感肌、乾燥肌、オイリー肌の私が使ってみた感想を紹介します。27歳になった頃から、

  • 肌の回復力が弱くなってきて、ガサガサ肌に衰えてきたこと、
  • インナードライがむごくなってきたこと

が悩みで、ずっと自分に合うスキンケアはないか探していました。

ネット上で、ヒフミドのスキンケアが良いと紹介されていたので試してみることに。

これまでセラミド系の化粧品はキュレルや、その他ブランドのものをいくつか試してきましたが、肌が覆われて呼吸できないようなベタつき感が苦手で止めていました。吹き出物ができたこともありました。けれど口コミも良いし安いし、製薬会社のセラミドなら大丈夫かなと、ヒフミドのトライアルセットを使ってみたら・・・本当に良かった!

私は敏感肌なので、添加物やベタツキのある化粧品を使うと吹出物が出てしまうのですが、ヒフミドの化粧品は大丈夫でした。全く刺激がなくて、安心して使えています。

テクスチャーは少しとろみがあり、2回に分けてプレスしながら付けていく肌の内側にしっかり浸透し、しっかり潤います。

1度の使用量は3滴 (10円玉サイズ) で十分です。伸びが良く、少量で潤うところが経済的です♪夜つけると、翌朝のテカリが激減しており、その分インナードライが解消されていると実感しています。香りは無く、薬品のツンとする臭いも全く感じません。

肌の内側はローションが潤いを保ち、外側のクリームがハリのあるもっちりな肌にしてくれます。その後使い続けても、肌荒れのない綺麗な肌になり、セラミドによる保湿ケアの効果を感じています。

ニキビや不安定肌の女性におすすめしたいスキンケアです!

ネット上の口コミ

980円のトライアルセットのバッグが可愛い♪

以下の公式ホームページからネット注文すると、以下の5つの化粧品が可愛いバッグに入ってやってきます♪

⇒公式ホームページ:【小林製薬】ヒフミドトライアルセット


関連記事:

20代30代乾燥肌にはセラミドがおすすめ?口コミが良い美容液ランキング

保湿効果抜群でおすすめ!乾燥肌や敏感肌に人気の安いセラミド化粧品と選び方

【乾燥肌や敏感肌に人気】おすすめのセラミド保湿クリーム、化粧水、美容液

セラミドの一番人気化粧水、ローション「ヒフミド」の効果と口コミ

一番肌に効果のあるセラミドの種類は「ヒト型セラミド」口コミ

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2020←クリック