ソフトバンクからY!mobileとau光に乗り換え!通信費月1万5千円の節約に成功

我が家はスマホ2台とネット込みで月々25000円も通信費がかかっていました。

毎月請求書を見るたびに高いな、と思いつつ仕方なく支払いをしていました。そんなある日、雑誌をみていると通信費を10000円以内に収めている達人を発見!これなら我が家でもできるかも、と思い早速実践してみました。

新しい機種になり主人も私も大満足!今回は、私達が実践した通信費の節約方法を具体的にご紹介します!

2台で25000円から10000円に成功!通信費の内訳とは

それではまず、乗り換えをする前の私達の通信費の内訳をご紹介します。主人も私もSoftbankで機種代込、10分かけ放題付きプランで契約していました。

この時は丁度ソフトバンク光のキャンペーンをしていて、契約すればタブレットが無料で貰える期間でした。更に通信速度が遅くて悩んでいた私たちは、何とかしたいという思いでいたので回線も速いソフトバンク光にその場で乗り換えました。

次いでにスマホも一緒に乗り換えれば月々の料金が安くなると言われたため、スマホ二台の契約は予定していなかったのですがそのまま契約してしまいました。でも実際に契約し後から届いた請求書を見てびっくり、月々の通信費は全く安くなっていませんでした。

<乗り換える前の料金>
  • 主人:9440円(Softbank、機種代込、10分かけ放題付き)
  • 私:9280円(Softbank、機種代込、10分かけ放題付き)
  • ソフトバンク光:4514円
  • Hulu、チャットワークなど:2000円ほど

⇒合計:25234円

<乗り換えた後の料金>
  • 主人:2400円(Y!mobile、機種代込、10分かけ放題付き)
  • 私:2400円(Y!mobile、機種代込、10分かけ放題付き)
  • au光:3975円
  • Hulu、チャットワークなど:1500円

⇒合計:10275円

そんな私達でしたが、今回Y!mobileとau光に乗り換えることで約15000円の節約に成功しました。

今まで当たり前のように払っていたHuluなどの月々の動画配信サービスも、本当に必要なものに厳選することで更に500円の節約になりました。

結果だけを見れば簡単そうに思える乗り換えですが、実はここまで安いプランを契約するのに私達は半年かかりました。安くなると言われて契約したプランが実はそんなに変わらなかった、という苦い経験をしていたからです。このあたりも含めて詳しくご紹介していきたいと思います。

店舗に行って見積もりを出してもらおう!

私達は、Y!mobileに乗り換える前に他店舗もいくつか回って見積もりを出してもらいました。

店舗に行くと月々1980円~といった看板をよく見かけると思います。一見安そうに見えるのですが、店舗に入って見積もりを出してもらったり、詳しい話しを聞いてみると通話料は別、機種代金も別途でかかるというプランがほとんどです。

店舗に行くとその場ですぐに契約させるために、今までの料金プランを伝えると「高いですね、うちで契約して頂ければ月々これだけ安くなりますよ」という謳い文句を言われます。確かに月々の料金は安くなるかもしれませんが、その場ですぐに契約してしまうのは非常に勿体無いです。

これは以前の私達が実際に体験した出来事をもとにご紹介しています。最近では、楽天モバイルも一年間無料のプランを実施するなど、スマホ会社はどこも顧客を獲得するために様々なプランを提唱しています。でも本当に必要なプランなのか、実際に契約した後に不備なく使えるプランなのかを見極める必要があります。

2年以上、契約した場合の料金プランを確認しよう

まずは、2年以上契約した場合、月々の支払いはどのくらいになるのか見積もりを出してもらいましょう。契約する会社によっては、お得なキャンペーンが数ヵ月で終わってしまうものもあるからです。

2年以上契約する、という設定でいくつか比較してみてください。そうすれば本当にお得になるプランが何かが見えてくるからです。

そして3社ほど比較して見積もりを出してみましょう。その中で一番お得なプランを選べばいいので、今後の支払いも無駄になることはありません。まずは長期的に考えた時にどのプランが一番お得になるか、相談してみましょう。

見積もりを出してもらったら、スマホ本体代が2万円割引に

私達は見積もりを出してもらった中で一番安かった、Y!mobileで契約しました。その決め手となったのは、本体代と10分かけ放題付きで月々2500円ほどで契約できるというキャンペーンをしていたからでした。

お店に入るまでは分からなかったのですが、実際に見積もりを出してもらうと丁度iphone7の本体代が2万円割引になる、というお得なキャンペーン中だったのです。この情報は、ネットで検索しても出てこなかった情報でした。Y!mobileだけでなく店舗でこのようなキャンペーンを行っていても、大々的に紹介していない場合もあるので気になるスマホがあれば是非、店舗に行ってスタッフさんに直接相談してみてください。

私達が比較検討した「おすすめプラン」

他にも、私達が比較検討したおすすめのプランをいくつかご紹介致します。

①ドコモ「スマホおかえしプログラム」

ドコモで行っている「スマホおかえしプログラム」は、契約したスマートフォンを36回払いで購入し一定の期間使った後に返却すれば、最大で12回分の支払いが不要になる、というお得なプランです。

もし気になっているスマートフォンがあるけど、本体代が高くて購入できないと諦めている方は一度ドコモに行って相談してみてください。機種によっては、本体代が2~3万円ほど安くなるプランもあります。

私達は、最新のスマホは必要なかったのでこちらのプランは選びませんでしたが、スマホを買い替えるなら最新機種を使いたいという方には非常におすすめです。

⇒参考:ドコモ「お返しプログラム」

②QTmobile

今お使いのスマートフォンを変えずにそのまま安く使いたい、という方にはQTmobileがおすすめです。最新のスマートフォンをお持ちの方、本体代は払い済みで継続して使いたい方、少しでも通信費を抑えたい方におすすめです。

ちなみに私達もQTmobileを検討しましたが、iphoneSEを使っていて機種自体が古かったのでまた更に1年以上契約する、というのは難しいなと思い断念しました。

QTmobileは、一年以上契約すれば解約金はかかりません。一年以内に解約してしまうと、Sタイプで12000円ほど解約金がかかります。Aタイプ、Dタイプといったタイプによって解約金も変わるので検討している方はこちらも合わせて確認しておくと安心です。

⇒参考:QTmobile「よくある質問」

③LINEモバイル

LINEモバイルは、ベーシックプランにオプションとして10分かけ放題プランを付けたり、端末保証といったプランを選ぶことができます。

普段、使う電話はLINE通話のみというお子さんのためにスマホを考えている、という方におすすめです。必要最低限の機能だけつけたい、という方におすすめです。

ベーシックプランのみの契約であれば、解約金は1000円ですが、LINEフリーやコミュケーションフリープランを利用すると、一年未満の場合は9800円の解約手数料がかかります。最初の数ヵ月試してみて不便だったら解約しよう、と考えている方にはおすすめできません。最低でも1年は使う、と考えて慎重に検討してみてください。

それでも、LINEモバイルに友人や家族を招待するとLINEポイントが貰えるなど他社と比較してお得なキャンペーンを随時開催しています。本当に欲しい機種がある方、必要最低限のプランで申込を考えている方にはおすすめです。

ちなみに私達は、どちらも通話アプリを利用するのでLINEモバイルのベーシックプランにオプションとして付けてしまうと料金が高くなってしまうため、こちらも断念しました。

⇒参考:LINEモバイル「料金プラン」

このようにネットで調べて分かるお得な情報はもちろん、店舗に行って直接スタッフさんに相談してみることで得られる情報も沢山あります。まずはどんなスマートフォンを使いたいのか、どんなプランを選べば本当にお得になるのかしっかり検討してみましょう。

ちなみに私達夫婦は、スマホのこだわりは全くありませんでした。とにかくLINEと電話が使えて、動画が見れればよ良かったのです。それまでは、iphoneSEを使っていたので画面も小さく非常に使いにくかったです。それでこの機会にiphone7に変えよう思いY!mobileに決めました。

またこの機会に普段何GB使っているか、通話は本当に必要か?といった点も是非見直してみてください。そうすることで、意外と使っていなかった機能にお金を払っていたり、不要なアプリにお金を払い続けている、という無駄な支払いに気付くこともあるからです。

早速契約!事前準備に必要なものとは?

契約したい会社が決まったら、早速申込をしましょう。今回夫婦でY!mobileに変えたので、その時に実際にかかった時間や申込に必要なもの、スタッフさんに聞いておいて良かったことをご紹介します。

契約にかかった時間

まずお店に行って申込に必要な住所を記入し、身分証明書等の提示を求められました。

そして次に契約にあたって確認しなければならない注意事項が動画になたものをタブレットで確認し、操作方法についての説明を受けました。途中でそれまで使っていたスマホのデータを新しいスマートフォンに移す作業もあり、結局iphone7を受取るまでにおよそ2時間程かかりました。

契約手続き中は確認しなければならないことが意外と沢山あるので、もし小さなお子さんを連れて行く場合は玩具やお菓子を準備するなど工夫が必要だなと思いました。

店舗によっては契約手続きに時間がかかるため、その間は途中で外出することもできるようですが、Y!mobileでは最初から最後までその場にいないと契約できませんでした。

準備するもの

また準備するものとして忘れてはならないのが、クレジットカードや運転免許証などの身分証明書の他に「MNP番号」を事前に取得しておく必要があります。

MNP(Mobile Number Portability)番号とは、電話番号を変えずに変更後の通信キャリアを乗り換えるシステムです。

このMNP番号を取得するためには、3日から一週間ほど時間がかかります。取得するための手続きは電話で解約する旨を伝えるだけなのでとても簡単なのですが、時間がかかるので事前に準備しておかなければならないので注意が必要です。

ちなみにMNP番号は、取得してから2週間が有効期限となります。二週間以内に契約すれば問題ありませんが、せっかく取得しても二週間以上経ってしまうと再度取り直さなければなりません。この点に注意していつ新しいキャリアに変えるか、計画を立てておきましょう。

また実際に乗り換えた場合どのくらい安くなるかといった見積書を出してもらった際は、そちらも合わせて持参しましょう。

それから担当して下さったスタッフさんの名前も覚えておくといいですね。万が一、お店に行った時に紹介して下さったスタッフさんがいなくて安いプランで契約できない、ということが起こらないようにするためです。

確認しておきたいこと

最後に契約内容を確認し、不明点があれば必ずスタッフさんに確認します。

私の場合は、二ケ月後にプラン変更をするように勧められました。そうすることで後々、料金が安くなると言われたからです。

契約するプランによってはこうした注意点もあるので、是非確認してください。

通信費を少しでも安くしたいと思っている皆さんは、焦って契約しないでください。まずは気になるキャリアや格安スマホの料金プランを検索し、実際に契約した場合にいくら安くなるのか具体的な料金プランや見積もりを立ててもらいましょう。

3つほど候補を挙げてから選ぶと失敗がないです。ネットで調べる情報はもちろん、店舗に直接行ってスタッフさんに相談してみると意外な情報を教えてくれることもあるので是非活用してください。

ここまでの下調べに時間がかかりますが、一度見直しをしてしまえば大きく節約できる項目でもあるので是非チャレンジしてみてください。