デニム美人になる!レディースのジーンズ・デニムパンツの春夏コーデ

デニム美人になるための方法や着こなしを紹介します。

デニム素材のジーンズを1本は持っている方は少なくありません。デニムはさまざまなシーンで活躍できるし、コーディネートがしやすいアイテムです。

とくにモデルさんのデニム姿はかっこいいですよね。脚がスラッとしていて、お尻がきゅっと持ち上がっていて、憧れのスタイルではないでしょうか。しかし、誰もがモデルさんのようなスタイルをしているのではありません。

けれども、デニムの選び方を工夫すれば美人に見せることはできます。

脚をスラッと体型を変えることは難しいです。お尻をキュッと持ち上げるには筋トレや有酸素運動が必要ですが、誰でもすぐにできるものではありません。

しかし、服装に気をつけることは誰でもできます。つまり、難しいことをしなくてもスラッとデニム美人に見せることができるのです。

「おしゃれに自信がないから無理」そんなふうに思っていませんか。でも、ちょっとの工夫で美人に見せることはできるのですよ。

レディースジーンズコーデ、デニムパンツコーデ

モクモクした入道雲やひまわりなど、夏を感じるシーンが増えてくると「爽やかなデニムファッション」が気になるもの。1枚身に着けるだけでグンと垢抜けた着こなしが楽しめるのが、デニムの魅力です。

「少しだけカジュアルな着こなしを楽しみたい」「重たいコーディネートを夏らしく変身させたい」そんな方にも夏のデニムコーデはおすすめです。

ボトムスを夏らしい色にチェンジして、あなたらしい時間を過ごしてみてくださいね。

鏡を見たときに重心が下がっていると、感じたことはありませんか?オーバーサイズの洋服が流行っているいま、流行りのファッションをそのまま身に着けていると着こなしにメリハリが生まれなくなり、野暮ったさのみが残ることがあります。

「イマイチ、パッとしないかも?」と思ったら、ボトムスをデニムに替えてみるのがおすすめです。

重たいブラック色のパンツも、デニムに替えるだけでグンと夏らしく爽やかにかわります。デニムは深いブルー色のインディゴやブラックなど様々なカラーがあります。

夏らしさを意識するなら「ライトブルーのデニム」がおすすめです。水色に近いライトブルーのデニムは下半身を軽く見せて重たさを解消してくれます。最近のデニムはタイプも色々あるため、コーディネートによっては女らしく装うこともできます。オシャレに箔がつくアイテムです。

デニム・ジーンズが人気の理由

マンネリ化しがちな夏は「ジーンズ(デニム))」が活躍しますす!

毎年夏がくると多くの方が悩む「コーディネートのマンネリ化」。露出が増えて身に着けるアイテムの数が減ってしまうので、コーディネートの幅が狭くなってしまうんです。

そこで活躍してくれるのが、ほとんどの方が持っている「ジーンズ」です!夏の定番アイテムと言われていますが、カジュアルファッションの代表的なアイテムなので、シンプルになりがちな夏は「ジーンズ」をあえて避けているという方は少なくないと思います。

今回は夏の定番アイテム「ジーンズ」と相性抜群のアイテムをご紹介します!

カジュアルでシンプルだからこそ着回しが聞く「ジーンズ」の魅力とおすすめコーデをお伝えします☆

「ジーンズ」の1番の魅力は、「失敗しにくい」アイテムということです。

自分の体に合ったサイズの「ジーンズ」に限りますが、基本何を合わせても失敗することがありません。

どんなトップスと合わせても馴染みやすく、合わせるアイテム次第では「ジーンズ」の存在感が出るという自由自在に使える優秀なアイテムです。

「Tシャツと合わせるとメンズっぽくなるから夏はスカートを履く」

「ジーンズはカジュアルだから、お出かけするときは履かない」

という方はいませんか?

「ジーンズ」を着回すとワンシーズン毎日楽しくコーディネートを作ることができますよ♪

シンプルでカジュアルだからこそ発揮できる「ジーンズ」の魅力は数えきれないくらいたくさんあります。

今回は「ジーンズ」と相性のいいアイテムをご紹介しましたが、洋服に限らずスニーカーやサンダル、リュックやトートバッグなど、どんな小物を合わせても相性がいいんです!

今年の夏は「ジーンズ」を着回して脱マンネリ化を目指しましょう!

快適さと細見えを重視するデニムパンツの選び方

今年の夏は、どんなファッションでお出掛けしようかなと今から楽しみな方も多いでしょう。特に今年のトレンドファッションが気になる!というおしゃれ女子の皆さんに今年は、夏のデニム選びのポイントをご紹介したいと思います。

シンプルなアイテムだからこそ、丈感やサイズ感、素材にもこだわって選ぶことで一気におしゃれ度がアップします。今年は、ボディバッグや丸いカゴバッグなどの小物がトレンドアイテムになっているので、小物を生かすデニム選びのポイントをご紹介していきたいと思います。是非、夏もデニムですっきりとお出掛けを楽しんでみてください。

まずは、夏のデニム選びで大事なことはいかに快適に過ごせるか?にあります。どんなにオシャレでも、その日の天気や行く場所の雰囲気・目的に合わせていかないと、快適には過ごせません。夏は特に暑いので、いかに涼しく過ごせるかがポイントになってきます。またなりたいイメージや、動きやすさも大事なポイントになってきます。

  • デニムでも「スキニー」のように細目のシルエットなら、ヒールを合わせるだけで一気にデートスタイルやお出掛けスタイルになります。
  • また幅が広い「ワイド」なデザインなら、動きやすさと暑い夏でも快適に過ごせます。
  • 太ももあたりが太くて、足首にいくにしたがってラインが細くなっている「テーパードパンツ」は、きれいめにも着られるしスニーカーに合わせてカジュアルにも着こなせます。

暑いけど、おしゃれも動きやすさもきちんと感も出したい!という時には、テーパードデニムがおすすめです。今年は特に、テーパードの中でも足のラインが綺麗に見えるストレートデザインがトレンドアイテムになっています。ヒップラインが気になる方、太ももが気になる方もすっきりと着られるので年齢を問わずおしゃれに着こなしができるアイテムとしても今年の注目アイテムとなっています。

ポイントは、丈感とウエストの位置が合っているか?これが重要ポイントです。いくらおしゃれなデニムを買っても、自分の脚のサイズに合っていないとデニムはカッコよくきまりません。せっかくのトレンドアイテムもなんだかだらしなく見えてしまいます。

デニムを選ぶ時のポイントは、必ず試着してみることが大事です。どうしても試着できない場合は、自分の持っているデニムと照らし合わせながらサイズをよく確認しましょう。

履いた時にお尻ラインにしわがよらないこと、丈も長すぎず短すぎないくるぶし丈であること、しゃがんでみて下着が見えないこと、動きやすいこと、これがデニムを選ぶ時の大事なポイントです。これさえ抑えてしまえば、どんなデニムも綺麗にはきこなすことができます。

今年流行りのボディバッグや丸いカゴバッグ、中身が透けるクリアバッグなど小物が映えてきます。シンプルなアイテムだからこそ、細かいところまでこだわることで全体のバランスがよくなり一気にオシャレ上級者になります。トップスはある程度大きめサイズでも構いませんが、ボトムを選ぶ時はこうしたポイントを抑えて選んでみましょう。どうしても迷った時は、動きやすさと綺麗めコーデを兼ね備えたテーパードデニムを選んでみて下さいね。夏のお出掛けがきっと楽しくなるはずです。

麻混素材のデニム

汗ばむ季節は日に何度も着替えることもありますが、風通しがよくて涼しく、1枚でサマになる服が一番です。

おすすめは、ホームケアができるナチュラルな天然素材です。天然といえば木綿や麻ですが、麻100%だと洗濯が難しいのでテンセルなどが混じったものでノーアイロンで済ませられるものがおすすめです。

薄すぎて下着のラインが分かるものは、たとえ日常着でもちょっと気が引けてしまいますが、さらっとした麻棍のデニムなら表に響かず安心して着ることができます。

デニムは何回洗っても比較的型崩れがせず、洗えば洗うほどラフな感じが生きてきます。シンプルなデニムのワンピースは、夏の家庭着として持っておきたいアイテムです。

高見えを叶える3つのポイント

履き心地がよく、コーディネートをしやすく、低価格でも購入できるデニムは、定番アイテムです。でも、定番アイテムだからこそ安っぽく見えてしまうことがあります。

デニムにもいろいろとあり、低価格なのに安っぽく見えないものもたくさん登場しています。そこで、高見えを叶えるデニムを選ぶポイントを紹介します。

定番アイテムだからこそ、普段から着やすい低価格なものだとうれしいですよね。でも、低価格のデニムでは安っぽい印象を与えてしまうことがあります。

また、普段から頻繁に着用をして洗濯をしていると着古した感がでてくるので、定期的にデニムの更新が必要です。安っぽく見えないようにするために高額なデニムを購入する必要はなく、お財布に優しい価格でも実際よりも高価に見せることはできます。そのためには、デニムの選び方にポイントがあります。ポイントは3つあります。

①テーパードデニム

テーパードデニムとは、裾に向かって細くなっている形のデニムのことです。裾に向かってすっきりしたシルエットになることできちんと感が生まれます。実はこの形、細見えも叶えてくれるんです。太ももがパツパツなデニムだと、太ももの太さを強調してしまうことになります。一方、太ももはゆったりとして裾がすっきりとすることで、太もものパツンパツンが目立ちにくくなります。ピッタリとしたものが苦手な方でも取り入れやすいです。

夏の定番アイテムでもある「デニムパンツ」、暑い夏こそ着こなしたい方も多いと思います。シンプルで定番アイテムだからこそ、あなたらしいサイズ感と合わせるアイテムによって表情を変えます。また同じデニムでも裾の広がり方や、素材感、丈によって大きく印象が変わります。今年の夏は、デニムパンツを大人らしく上品にかつカジュアルに着こなしてみませんか?

夏のデニムパンツは、熱さが命です。スタイルがよく見える「スキニーパンツ」は形が綺麗なので、確かにスタイルアップは叶いますが夏の暑さには叶いません。

そこでこの夏は、デニムの中でも太ももにゆとりがある「テーパード」タイプがおすすめです。

太ももまわりに余裕があるので、暑い夏でもぺたっとくっつかず快適に過ごすことができます。とくに年齢が気になるヒップ周りやお腹まわりを綺麗に隠してくれる「ハイウエストテーパードパンツ」は今年のトレンドです。

上はゆるく、裾はしゅっと細めになっているのでヒールにもよく似合います。もちろんデニムなので、スニーカーなどのカジュアルなアイテムとの相性も抜群です。動きやすさと綺麗めに着こなせる両方の良さを兼ね備えたハイウエストテーパードは、この夏一枚は持っておきたいですね。名前の通り、ウエストの位置が通常のデニムよりも上にあるので、スタイルアップが叶います。シンプルなトップスやTシャツをインしても素敵です。

また裾のデザインは、切りっぱなしデニムが今年も大流行の予感です。シンプルなデニムでも切りっぱなしデザインになっていることで、アクセントになりますし、それだけでおしゃれアイテムになります。トップスとの相性で印象も変わるので、是非色々な着こなしを楽しんでみてください。

そして、デニムの色選びで迷ったら濃い方を選びましょう。

夏なのにインディゴデニム?と思うかもしれませんが、夏だからこそ、大人のデニム選びだからこそ濃いデニムがおすすめです。上品なブラックデニムも人気急上昇中なので、是非チェックしてみてくださいね。

それから素材です。デニム選びで欠かせないのが、この素材選びです。暑い夏は、この素材選びが命となります。ストレッチのあるものなら、動きやすくて快適です。ただシルエットを重視して選びたい方は、ストレッチよりも綿でできているのか、通気性のよいものかどうかをみて選ぶと良いでしょう。

最後にサイズ感です。

デニムは、ぴったりサイズを選ばないとカッコよくきまりません。一度試着してみて、しゃがんだ時に下着がみえないか、チャックはしっかり閉まるか?ヒップ周りにしわが寄っていないかどうか確認してください。ここがデニムを着こなせるかどうかの重要なポイントになります。ちょっとでもシワが寄っていたり、丈が合っていない場合はおすすめしません。

必ず自分の体系に合ったものを選びましょう。可能ならば、裾上げしてもらうことも一つの方法です。自分だけのデニムをこの夏手に入れて快適な夏のファッションを楽しみましょう。一本自信のあるデニムがあるだけでお出掛けが楽しくなること間違いなしです。まずは、気に入ったデニムがあれば試着してみること、ここから始めてみてくださいね。

②スキニーはワンサイズ上を選ぶ

体型が目立つような服装はできない、ピッタリしたシルエットは着られない、こんな悩みを抱えている女性は少なくないようです。

スキニーはピチッとしているので体型が目立ってしまうことになるので、スキニーを履くならワンサイズ上を選ぶことをおすすめします。ゆとりがあると体型が目立ちにくくなります。

最近は体型をカバーする設計になっていたり、ストレッチ力が高い素材を使用したものもあるので、そういったものを探してみるのもよいでしょう。

③ホワイトデニム

白は高級感を感じませんか。色で高見えを叶えるという方法もあり、ホワイトデニムなら高見えを叶えてくれます。そして、ホワイトなら爽やかな印象の春にピッタリです。

通販でさまざまンデニムが販売されていて、自宅にいながら手軽に購入することができます。しかし、デニムは試着をして購入することがおすすめです。

高見えを叶えるデニムの選び方のポイントを紹介しましたが、実際に履いてみないと自分にあっているのかはわかりません。また、スキニーの場合はワンサイズ上を選べばピチピチになる心配は少ないですが、思っていた履き心地ではなくピタッとすることもあります。実際に試着をしておけば失敗が少なくなります。

定番アイテムのデニムは安っぽい印象を与えてしまうことがありますが、選び方にちょっと気をつけるだけでは実際よりも高価に見せることができます。定番で着る頻度が高いからこそ、こだわりのデニムを選びたいですね。

トレンド感のあるおしゃれ見えする3つのポイント

デニム美人に見せるポイントは3つあります。

①1つめは、ハイウエストを選ぶことです。

ハイウエストのジーンズは脚を長く見せる効果があります。実際に脚はそれほど長くなくても、ジーンズの位置まで脚があるように見せてくれるのです。

一方、ローライズのジーンズや足首が見えるようなものは脚を短く見せてしまいます。

ヒップや脚のラインが気になるときは、細身のスキニータイプよりゆとりのあるハイウエストタプのデニムを選びましょう。

ハイウエストタイプはウエストの位置が通常より高めに設置されているため、スタイルがとても良く足が長く見えるメリットがあります。

またウエストからヒップにかけて、ふわっと広がるシルエットのため下半身を隠したい方にもぴったりです。

ハイウエストタイプのデニムを着るときは、トップスのシャツはボトムの内側に必ずインすること!トップスを出して着てしまうと、ハイウエストの良さが隠れてしまうため要注意です。

②2つめは、ストレイトやブーツカットを選び、ロールアップ。

最近はデニムの裾を折る着方が流行っています。ロール折りにして履くことで、オシャレ度もアップ!こなれた着こなしを楽しめます。

ロール折りするときは、足首のイチバン細いところが見えるように調整すると、さらにスタイルが良く見えます。靴はヒールのあるカラーパンプスを合わせると、より大人風の着こなしになります

スキニージーンズは脚を細く見せてくれますが、スラッと脚長に見せるにはおすすめできません。おすすめはストレイトやブーツカットです。スキニージーンズだとピッタリしているため脚の形が分かってしまうのですが、ストレイトやブーツカットなら上手に脚の形を隠してくれます。

足首が少し隠れるくらいの長さを選びましょう。足首が少し隠れるものだとスラッと見せるだけでなく、底が高いヒールを履いていても隠してくれます。

③3つめは、ダークカラーを選ぶことです。

ダークカラーは引き締まった印象を与えて、全体的にすっきりスラッとした印象を与えます。一方、ピンクや黄色など明るい色は膨張した印象を与えてしまいます。

おすすめコーデ3選

「ジーンズ」の種類と相性のいいアイテム3選☆

【スキニージーンズ×ウエストマーク】

去年はウエストマークが流行し、コルセットやベルトを使ったコーディネートが大人気でした。

今年はウエストマークされたデザインのトップスがトレンドです。

特にウエスト部分がゴムになっていて、自然とウエストがくびれるデザインのものや、ウエストについているリボンを結んでウエストをマークするデザインが人気です。

ウエストマークのトップスは裾がふんわりと広がったタイプのものが多く、脚を細く見せてくれる効果があるので、スキニージーンズとの相性は抜群です☆

【ハイウエストジーンズ×パフスリーブ】

ここ数年で昔のトレンドがリバイバルしていますが、今年は1930年代に流行した「パフスリーブ」がトレンドです。

肩から袖にかけて丸く膨らんだ形になっていて、腕を華奢に見せてくれることから幅広い年代の方が取り入れています。

パフスリーブはレトロなアイテムなので、同じく80年代に流行したレトロなハイウエストジーンズを合わせると、全体的に統一感がでてオシャレになります♪

【Tシャツ×デザインデニム】

数年前からデザインデニムが流行し、今では夏の定番アイテムになっています。

デザインデニムは「ダメージ」や「パッチワーク」、「ウォッシュ」など種類が豊富で個性的です。

存在感があるので、シンプルなTシャツやデザインTシャツなど、どんなデザインのTシャツを合わせてもハズレがありません。

「シンプルなコーディネートが好き。でもマンネリ化を予防したい。」という方におすすめです。

「ジーンズ」はどんなアイテムを合わせてもはずしにくく、使いやすいアイテムですが、自分の体に合ったサイズじゃないといけません。サイズが大きいと足が短く見えたり、全体のバランスが崩れてしまいます。暑い夏を快適に過ごすためにも、自分に合ったサイズを身につけましょう!

気をつけたいこと!

デニムジーンズの裾は折りすぎないようにしましょう。裾を折りすぎると、実際の脚の長さよりも短く見えてしまいます。

トップスにゆったりしたものを持ってきてしまうと、全体的にぼってりとした印象になります。デニムジーンズの選び方に気をつけていても、トップスの組わせによって印象が変わってしまうのです。

通販ならさまざまなデニムジーンズが販売されているし、自宅まで届けてくれるので買い物に行く時間がない人にも便利です。しかし、画面で見たものと実際に履いたときでは印象が変わるので、必ず試着をして購入をしましょう。商品紹介で登場するモデルさんとあなたの体型は違うのです。

デニムジーンズは定番アイテムです。モデルさんの中にも愛用している人がいて、スラッと脚が長くお尻がきゅっと持ち上がっている姿はかっこいいですよね。でも、誰もがモデルさんのような姿をしているのではありません。

けれども、デニムジーンズの選び方に気をつければスラッとした印象に見せることができます。選び方に気をつけてデニム美人を目指しませんか。

みんなの声

◇今まであまり履いたことが無かったのですが、今年は思いきってカジュアルなデニムスタイルに挑戦。汚れや汗が気になったときも、洗濯機でジャブジャブ洗えるので助かっています。ゆったりめのデニムに白いTシャツをあわせ、腰にネルシャツを巻くのがお気に入り。腰まわりを隠せるので嬉しいです。

◇休みの日になると、親子でデニムを履いています。息子にあわせて、最近はひざに穴が開いているダメージジーパンを履くようになりました。最初は「え?私がダメージ?」と怖がっていたのですが慣れると風とおしも良くクセになります。
ダメージを履くときは、トップスに細身の白いシャツを合わせる・キレイ目のベルトを付けるなど下品にならないよう工夫しています。

1年中活躍するデニムスタイルは、これからのシーズンにぴったりの鉄板アイテムです。色々な形や色が出ているため、自分にぴったりの1本を探してみるのも楽しいもの。ぜひ夏らしいマリンカジュアルを手に入れてみてくださいね。

今年人気でおすすめのプチプラ通販ブランド

裾のフリンジがおしゃれなデニムワイドパンツです。広がり過ぎないラインなので、さりげなくワイドシルエットや脚長効果をプラスしたい女性におすすめです!デニムの色味や柔らかく履きやすさにもこだわった一着です。

足先に向かって細くなるシルエットのボーイズ風デニムパンツです。ウエストに紐が付いており、サイズが調整できるのが嬉しいポイント!また独特なサイドの切り替えデザインは、体型カバーの効果を得ることができます。

足首が見える9分丈がポイントのスキニーデニムパンツです。激ノビの超ストレッチ生地なので、着心地楽々で動きやすいのも嬉しいポイントです。

9分丈スキニーデニムパンツ

黒のスキニーデニムパンツです。こちらはストレッチ性はあまり効いていませんが、とにかく美脚にこだわって作られています。9分丈で春にぴったりな一着です。

スタンダードブラックスキニーパンツ

オールシーズン人気なシップスのデニムパンツ。今回はスキニーデニムパンツです。股上は深めなのでお尻が気にならず、ぴったりとし過ぎないシルエットが魅力です。またストレッチがきいた柔らかな生地感は、毎日履いてもストレスにならない履き心地です。

スキニーデニム

大胆なスリットがセクシーでかっこいいと人気のGYDAのスキニーデニムパンツです。パンプスやヒールを合わせて女性らしく着こなすのがおすすめです。

SIDE RIPPED スキニーデニムパンツ

とにかく脚を細く見せるスキニーデニムパンツです。ウォッシュ加工をほどこして、絶妙な色味に仕上げました。ストレッチが効いているので、履きやすいです。

ワンウォッシュスキニ―デニムパンツ

カジュアルコーデならここ!履き心地の良さを追求したゆるいファッションが好きな方は要チェックです!

soulberry レディースファッション

関連記事:

【大人の黒パンツコーデ】春夏秋のレディースコーディネート2019

2019.03.01

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック