ドラックストアにもある!プチプラでおすすめな敏感肌スキンケア7選

季節の変わり目やストレスあるいは環境の変化の影響による肌荒れは、誰もが一度は経験があるのではないでしょうか。

そこで今回は、アトピー性皮膚炎やわずかな刺激にも反応しやすい敏感肌の方が知っているスキンケアのポイント、アイテムを選ぶときに注目したい成分、オススメのアイテムをご紹介します。

敏感肌ってどんな状態

「敏感肌」と聞いたとき、皆さんはどのような肌をイメージしますか。実は敏感肌には明確な定義はありません。

一般的に、

  • アトピー性皮膚炎あるいは接触制皮膚炎など皮膚疾患認められる
  • ちょっとした刺激が肌トラブルにつながりやすい
  • スキンケアを使うと肌が赤くなったり刺激を感じたりする
  • 洗顔後なんとなく肌がつっぱる気がするが見た目に変化はない

などの状態のことを、敏感肌と呼んでいます。

顔以外にも、手足、頭皮、背中といった全身のあらゆる部位でもこうした症状が出ることがあります。特に空気が乾燥している冬になると、衣類が擦れて肌が赤くなったり頭皮のフケやかゆみが多くなったりするなど、敏感肌の症状に悩まされる方が多いようです。

敏感肌では肌のバリア機能が低下しています。そのため、体内の水分を維持しつつ外界からの刺激から身体を防ぐといった肌本来が持つ働きを、毎日のスキンケアで補う必要があるのです。

スキンケアの基本は、

  1. 洗浄
  2. 保湿
  3. 遮光
  4. メイク

の4ステップです。

次の章では、それぞれ詳しく解説していきます。

敏感肌の方に必要なスキンケア4ステップ

①洗浄

第一のステップ洗浄では、肌についている汗、皮脂、ホコリといった汚れを落とします。

肌のバリア機能が低下している敏感肌では、洗浄によって肌に必要な油分や水分まで洗い流してしまうことがあります。汚れを落としたいからといって洗浄力の強いものを選ぶのではなく、肌の潤いを守りながら余計な汚れを洗い流してくれるクレンジングや洗顔料を選びましょう。

②保湿

第二のステップは保湿です。

洗浄して綺麗になった肌に化粧水で水分を補い、乳液やクリームなど油分でフタをして、乾燥や刺激から肌を守りましょう。このとき、敏感肌に不足しがちな成分が配合されているアイテムを選ぶようにしましょう。

③遮光

第三のステップ遮光は、紫外線によるダメージから肌を守ることです。外出時などはサンスクリーン(日焼け止め)をこまめに塗りなおして肌のバリア機能を補います。

敏感肌の方がサンスクリーンを選ぶときは、なるべく紫外線吸収剤を使用していないものを選びましょう。また肌への負担を考えて、日常生活用とアウトドア用でSPF(遮光効果)とPA(UVAの遮光効果)の数値を使いわけ、石鹸が洗顔料でも落としやすいものにしましょう。

④メイク

第四のステップメイクもスキンケアを構成する大切な要素です。

メイクすることにより乾燥や紫外線などの刺激から肌を守り、同時に気になる肌の悩みをカバーしましょう。敏感肌向けのメイク用品も多数販売されていますので、自分の肌の悩みにあわせたアイテムを選ぶようにしましょう。

自分の肌にあったアイテムを選ぶ

敏感肌向け化粧品やメイク用品の多くは、敏感肌の方が使うことを想定したパッチテストをしてから販売されているものが多いです。そのような敏感肌向けの商品であっても、成分によっては肌に合わない場合もあります。

あらかじめ、サンプル、テスター、トライアルキットで自分の肌に合うか確かめたうえで現品を購入するようにしましょう。

スキンケアを選ぶときにどんな成分が配合されているか確認しましょう。

セラミド

敏感肌では低下してしまった肌のバリア機能を補えるよう、肌に必要な保湿成分が含まれているか確認しましょう。

セラミドは角層細胞の隙間を満たしている成分で、肌に必要な水分を蓄えるはたらきがあります。肌を洗ったときに洗浄剤と一緒に洗い流されてしましがちな成分なので、化粧水や保湿剤でうまく補給するようにしましょう

アミノ酸

角質細胞内にはNMF(天然保湿因子)があり、水分をキープするはたらきがあります。このNMFの約半分を作っているのがアミノ酸で、肌の潤いの素ともいえる欠かせない成分です。

スクワラン

スクワランも肌に欠かせない保湿成分です。哺乳類や植物が持っているスクワレンからできた天然の保湿成分で、三十歳を過ぎた頃から急激に減少してしまうため、意識的にとる必要がある成分といわれています。

スキンケアを選ぶときに避けたい添加物

アルコール

反対に敏感肌の方はなるべく避けた方がよい成分もあります。

アルコールは化粧品に成分を溶か仕込むときに使うほか防腐目的や使用時の爽快感を出す目的で添加されることが多く、敏感肌や乾燥肌に悪影響を与えないと考えられています。しかしアルコールアレルギーのある方は避けるようにしましょう。

合成香料

製品に香りづけするため添加されることが多い香料も注意が必要です。複数の成分を混合しているとどの成分が合わないか特定できない場合もあり、敏感肌の方は避けたほうが無難です。

合成着色料

ファンデーションやリップカラーなどに使用されることが多い合成着色料が、スキンケア製品に添加されていることがあります。アレルギー症状を引き起こす原因になる他にも発がん性があるとも言われていることから、合成着色料も避けたほうがよい成分です。

防腐剤

製品が腐敗せず安心して使いきれるように添加される防腐剤が、敏感肌にとって刺激となる場合があります。必要以上に避ける必要はありませんが、肌の調子がよくないときに敏感肌向けスキンケアを選ぶ場合には、防腐剤の有無を注意してみたほうがよいかもしれません。

石油系界面活性剤

界面活性剤には天然系界面活性剤と石油系界面活性剤があり、スキンケアで避けたいのは後者の石油系界面活性剤です。石油系界面活性剤を使うと角質細胞を溶かしてしまうため肌のバリア機能に悪影響を与えてしまい、敏感肌や乾燥肌といった肌トラブルを招いてしまいます。

敏感肌の方に試してもらいたいラインづかい可能なスキンケアアイテム7選

①アルージェ

  • お試しセット(2日分)
  • 税込550円
  • モイストクレンジングミルクジェル 2g×2包
  • モイスチャークリアソープ5g×1包
  • モイスチャーミストローションⅡ(しっとり)1ml×4包
  • モイストトリートメントジェル0.6ml×4包
  • エッセンスミルキークリーム(しっとり)0.6g×2包

クレンジングから保湿まで、アルージェのスキンケアアイテムを体験できるお試しセット。旅行などちょっとしたお出かけの時にも便利なセットです。

口コミ

「ミスト化粧水が気に入ったのでトライアルも購入。」

初日は化粧水、乳液、クリームを使ってみました。化粧水はハンドプレスすると肌が吸い込んでくれるように浸透していきます。乳液も十分な量が入っていたので使い終わった後には肌がモチモチになったような感じがしました。翌日の朝に顔をさわっても潤いが残っていたし、かさつきも全く感じなかったのでとてもよかったです。

⇒ホームページ:アルージェ

<<Amazon>>

②dプログラム

  • 7日間トライアルセット:敏感肌用化粧水23mlプラス敏感肌乳液11ml
  • 税込1,100円
  • 化粧水:23ml
  • 乳液:11ml

『守り、美肌を育むスキンケアで、いつ見られてもいい素肌へ』をコンセプトにした、薬用・低刺激設計の敏感肌向けスキンケア。アンバランスな肌、シミやソバカス、ニキビ、乾燥、エイジングなど、気になる肌トラブルに合わせてセレクトできるので、複数のサインづかいも可能です。

口コミ

「敏感肌向けでもきちんとメイクを落としてくれました。」

アイメイクをオフしてからクレンジングオイルを使ったら、ベースメイクを綺麗にオフしてくれました。さっぱりした洗い上がりでベタつきも感じません。ほかのアイテムも不満はありませんでした。トライアルの化粧水と乳液のボトルの先が細いので、必要な量だけ出せるところが嬉しいです。

⇒ホームページ:dプログラム

<<Amazon>>

③キュレル

  • トライアルセット:キュレルフェイスケアとてもしっとり(化粧水30ml+クリーム10g)
  • 税込1,045円
  • 化粧水:30ml
  • クリーム:10g

乾燥しがちで刺激に弱い乾燥性敏感肌に向けたスキンケア。肌の必須成分であるセラミドを補うことで、水分の蒸発を防ぎながら刺激から肌を守ります。

口コミ

「冬場でも潤いを感じます。」

乾燥性敏感肌な私は、気になるスキンケアを見つけたときはトライアルキット購入して試しています。このシリーズは使っていても刺激を感じませんでした。肌も潤っていたので、冬に使うとしたらこのシリーズかなという感じです。

⇒ホームページ:キュレル

<<Amazon>>

④ミノン

  • ミノンアミノモイストトライアルセット
  • 税込955円
  • モイストミルキィクレンジング(メイク落とし)
  • ジェントルウォッシュホイップ(泡洗顔料)
  • モイストチャージローションⅡもっとしっとりタイプ(保湿化粧水)
  • モイストチャージミルク(保湿乳液)

アミノ酸に注目した独自処方のミノンのスキンケアを、約1週間分を試せるミニサイズセット。保湿乳液は2回分の試供品です。「優しさ+美しさ処方」で、肌をいたわりながら美しい素肌づくりをサポートします。

口コミ

「泡洗顔がすごくしっとりする。」

トライアルを購入してラインづかいしてみました。どれもよかったのですが、特に少ない量でもよく泡立って洗い上がりもしっとりだった洗顔料が気に入りました。

⇒ホームページ:ミノン

<<Amazon>>

⑤ドゥーエ

  • ドゥーエトライアルキット
  • 税込1,070円
  • 化粧水:30ml
  • 乳液:30ml

敏感肌のことを考えた低刺激スキンケアブランド。うるおいバリアサポート成分キシリトール配合した低刺激処方で、かさつきや肌荒れを防ぎながらしっとり柔らかな肌へ導きます。2019年のリブランドに伴い、医療機関以外の店舗でも購入可能になりました。

口コミ

「薬剤師さんに教えてもらいました!」

生理前や体調が悪いと肌の調子も悪くなりがちです。ちょっと不調が続いたので薬剤師さんに相談したら、こちらの商品を教えてもらいました。

乳液はのびよく軽い使い心地で、馴染んだ後はべたつかないです。毎月生理と一緒にやってくる敏感肌の時期も短くなった気がします。

⇒ホームページ:ドゥーエ

<<Amazon>>

⑥ノブ

  • ノブⅡトライアルセット
  • 税込2,950円
  • ノブⅡクレンジングクリーム(15g)
  • ノブⅡウォッシングクリーム(15g)
  • ノブⅡフェイスローション (20ml)
  • ノブⅡモイスチュアクリーム(6g)
  • ノブⅡモイスチュアバーム(0.5×2個2回分)

臨床皮膚科学に基づいて作られたシンプル&ピュア処方の敏感肌用スキンケアを、一週間試せるトライアルセット。誕生以来、肌に悩む方でも心地よく使えることを目標に、低刺激でありながら肌をすこやかに保てるスキンケアアイテムとして知られています。

口コミ

昔から使っていたスキンケアがなんとなく合わなくなってきたので、以前から気になっていたノブのトライアルを試してみました。年齢的に保湿力に物足りなさを感じた部分もありますが、私の肌にはあっていたみたいです。これを機にスキンケアを切り替えたいと思います。

⇒ホームページ:ノブ

<<Amazon>>

⑦ラロッシュポゼ

  • ラロッシュポゼの感想がきになる敏感肌用トレリアントライアルキット
  • 税込1,540円
  • トレリアンフォーミングクレンザー
  • ターマルウォーター
  • トレリアンモイスチャーローション 
  • トレリアンセンシティブリッチ

フランスで誕生した敏感肌向けスキンケアブランド・ラロッシュポゼを、洗顔から保湿までの4ステップをたっぷり5日間試せるトライアルキット。セレンを豊富に含んだターマルウォーター(温泉水)を配合、肌に余計な負担を与えない必要最小限の成分設計です。

口コミ

トライアルキットなのにたくさん入っているのでじっくり試せました。ベタつかず肌になじんでくれたので、これはよい商品を見つけたと思いました。

⇒ホームページ:ラロッシュポゼ

以上、スキンケアで意識したいポイントと注目したい成分、オススメのアイテムをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

一般的にスキンケアはラインづかいした方がより効果的といわれています。今回ご紹介したお手入れ方法を意識しながら、自分の肌にあった敏感肌向けアイテムを使って、トラブルの少ない美肌を目指しましょう。

関連記事:

無印良品のスキンケアは乾燥肌敏感肌にマジでおすすめ!化粧水や乳液の口コミ

セラミドが一番!敏感肌におすすめのプチプラスキンケアランキング

肌の変わり目で肌が汚い!30代女性の肌ケアにおすすめスキンケア6選

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2020←クリック