ビタミンCで紫外線対策は逆効果?おすすめはビタミンC誘導体スキンケア

紫外線が強くなる時期に欠かせないのが、紫外線対策。 年齢を重ね肌の水分やうるおいが減る「自然老化」とは違い、紫外線で起こる老化を「光老化」といいます。

実は、シミ・シワの原因は 80%が紫外線が原因であると言われています。

紫外線は肌を守っている皮脂を「過酸化脂質」という 物質に変えてしまい、よく皆さんが耳にする「活性酸素」というものが増えてしまい、保湿に大切なコラーゲンなどにダ メージを与え、シミ・シワの原因に直結するメラニン色素が、過剰に生成されてしまうんです。

紫外線対策として一番思い浮かぶのは『日焼け止め』ではないでしょうか。

ですが日焼け止めもこまめに塗らなければ効果は弱く、正しく使っていても100%紫外線を防げるわけではありません。そこで大事になってくるのがアフターケアです。

紫外線対策にはビタミンCが良いの?

紫外線対策としてよく目にするのが「ビタミンC」ではないでしょうか?

ビタミンCは美肌のためのさまざまな効果があり、

  • メラニン色素の生成を抑制
  • 皮脂の分泌抑制
  • コラーゲン生成の 促進

などが主なビタミンCの役割で、非常に美容効果に優れた成分です。

紫外線で受けた肌のダメージを補修するだ けでなく、抗酸化作用があるので活性酸素を抑えてくれる重要な役割あり、積極的に取り入れたい成分です。

ですが、ケアを間違えてしまうと逆効果になってしまうことをご存知でしょうか?せっかくケアしているのに逆効果になるのは嫌ですよね。

実はビタミンCは、皮脂を抑える効果があるので、スキンケアのために朝ビタミンCの入ったものを使うと、バリア効果のある皮脂を抑えてしまい、逆に肌にダメージを与える場合があります。そのため、使用する場合には注意する必要があります。

しかしその反面、オイリー肌の人にとってビタミンCは皮脂を抑制してニキビや吹き出物などのケアに繋がりますので、自分のお肌に合ったものを選ぶのが最適です。

まとめると、ビタミンCの役割は、

  • メラニン色素の生成を抑制
  • 皮脂の分泌抑制
  • コラーゲン生成の促進
  • 皮脂を抑える効果で逆効果になってしまうので注意

ビタミンC誘導体とビタミンCを使い分けるのがポイント

浸透型ビタミンC誘導体APPSのスキンケアがおすすめ!

紫外線ケアとして店頭でもよく見る「ビタミンC配合」の他に、「ビタミンC誘導体入り」の文字を見たことありませんか?

ビタミンC誘導体とは、肌が吸収しにくいビタミンCを浸透・吸収しやすくした成分で、厚生労働省が美白成分と認めている成分なんです。

効果は似ていますが、成分としては別で、大きな違いは成分の壊れやすさが違います。

ビタミンCは、酸化しやすくなかなかお肌に吸収されません。

それに比べてビタミンC誘導体は、真皮まで成分が浸透し、

  • 美白効果
  • コラーゲン生成
  • メラニン色素の生成を抑制

の効果が期待できます。

その中でも『浸透型ビタミンC誘導体APPS』というものが注目を集めています。

なぜかというとビタミンC誘導体の中でも「APPS」は従来の100倍の浸透力と即効性に優れているからなんです。

アフターケアとして、帰宅後にビタミンCを摂取するのがおすすめ!

ビタミンCは、美容効果に優れ紫外線対策として積極的に取り入れたい成分ですが、ビタミンCの効果には「皮脂の分泌抑制」がありますが、それが逆に肌のバリア機能をしている皮脂も抑制してしまいます。それにより、肌が乾燥して紫外線のダ メージを受けやすくしてしまいます。

昼間使用すると、その影響でより紫外線を浴びてしまうので、逆効果になってしまうことがあります。そのためビタミンCの入ったものは帰宅後が良いでしょう。

蓄積する紫外線ダメージの対策として大事なのはアフターケアです。

入浴後・寝る前にビタミンCの入ったスキンケア用品を使用することで、寝ている間に肌のダメージを補修し、次の日に持ち越さないようにします。

またダメージを受けた肌は乾燥しやすく、乾燥した肌は紫外線の影響を受けやすくなってしまうと悪循環になってし まいますので、同時に保湿も大切なケアになってきます。

保湿効果あるものを選ぶと「美肌」「保湿」同時にケアできるので、保湿効果があるものを選んでみるのもいいでしょう。

怖いのが肌に気を使いすぎて複数の化粧水や美容液を使いすぎると、毛穴が埋まってしまい肌に浸透せず、詰まっ た毛穴は肌トラブルに繋がってしまいます。

美白ケアの基本は、

  • 使用量を守る
  • こすらない
  • すりこまない

が基本で 指全体を使ってお肌に優しくなじませてから、仕上げにあたためた手の平で両頬・額・顎をハンドプレスし、奥まで無駄なく浸透させるイメージで行いましょう。

以上のことをまとめると、

  • ビタミンC誘導体入りのスキンケア用品を選んで、真皮にビタミンを行き届かせましょう 。入浴後、寝る前にビタミンCを摂取し、寝ている間に肌のダメージを補修しましょう。
  • ビタミンCは、皮脂を抑えてしまうので、帰宅後に保湿ケアと一緒に行いましょう。ケアのやりすぎは肌トラブルの原因に。美白ケアの基本は「使用量を守る」「こすらない」「すりこまない」です。

おすすめビタミンC誘導体スキンケア7選

日焼け止めや化粧品など、スキンケア用品が数多く店頭に並んでどれを選べばいいか悩みますよね。

そこで、ここからはおすすめのスキンケア用品をご紹介していきます。

①メルシアラームのオールインワンセラム

幹細胞培養液といって、寿命を迎えた細胞の代わりに新しい細胞を生んで補充してくれる役割を持ち、美容再生医 療でも注目されているものです。

その幹細胞培養液ターンオーバーを促し、お肌のターンオーバーの乱れを防ぎ、ダ メージを受けた肌を再生してくれる商品です。

またオールインワンなので化粧水、乳液、美容液を重ね塗りすることもなく多方面のケアが1本で済むので、ケアが面 倒だと思う方にはおすすめの商品です。

口コミ

・べたつきもなく、肌なじみもよく使いやすいです。これ一本でスキンケアが終わるというのも楽で助かります。

・さらっと伸びて翌朝には肌にハリがでていたので効果を感じています。

・他の幹細胞培養液のものより安く、1ヶ月ほどで肌のくすみが消え、コスパはもちろん文句なしです。

⇒ホームページ:オールインワンセラム

<<Amazon>>

②シズカゲルの薬用美白オールインワンジェル

美の本場ニューヨークでシズカニューヨークのオーナー兼マスターエステティシャンの静さん。そして、コロンビア大学教 授兼皮膚科医の夫も協力し完成したのが「シズカゲル」なんです。

多くの美容家もこのシズカゲルを使用し、ハリウッド女優の「アン・ハサウェイさん」も愛用し一部メディアや医学誌にも取り上げられています。

  • 顔の漂白剤とも言われている優れた美容作用のある「アルブチン」
  • 抗炎症成分「グリチルリチン酸ジカリウム」は厚生労働省にも認められている成分が配合され、
  • 3 種類の「ビタミンC誘導体」
  • 39 種類の「保湿美容成分」

も入っているので、すべてのケアがこれ 1 本で済みます。医薬部外品なので安心して使用でき、さらに公式サイトから購入すると返金保証付きなんです。

口コミ

・美容外科でシミ取りをしようか悩んでいたけど 、100 円玉くらいのシミが1ヶ月で全く気にならなくなりました。鼻の毛穴の凸凹も滑らかになり、肌にもハリが出てきました。

・使用して 1 週間ぐらい経ったあたりから肌のトーンアップを感じ、1ヶ月程度でシミが薄くなった感じでおすすめです。

⇒ホームページ:シズカゲルの薬用美白オールインワンジェル

<<Amazon>>

③オバジCのマルチプロテクトUV乳液

国内最強プロテクトのSPF50+、PA++++の日焼け止めクリームです。

「Obaji(オバジ)」はご存知の方もいると思いますが、ロート製薬の商品で皮膚科学に基づいたスキンケア商品となっています。

日焼け止めクリームの役割だけでなく、「高濃度ビタミンC誘導体配合」で美容効果があり、化粧下地にも使えます。

さらにマルチプロテクト機能で、PM2.5・花粉・ほこり・ちりから肌を守り、ベストコスメアワードにも選ばれた人気商品です。

汗や皮脂に強いウォータープルーフで、さらっとしているので暑い夏にもレジャーにもおすすめです。

口コミ

・日焼け止め特有の香りもべたつきもなく、伸びがいいので白くならず使いやすいです。

・日焼け止めとしては高いけど、美容成分入ってて、日焼け対策と美容効果一緒にできるからコスパは良いと感じます。

・これを塗ると顔がテカらないし、乳液・美容液・日焼け止め・化粧下地の4役は嬉しいです。

⇒ホームページ:マルチプロテクトUV乳液

<<Amazon>>

④ドゥーオーガニックのエクストラクトローションリペアN

オーガニックにこだわったスキンケア国内ブランドの「do organic(ドゥーオーガニック)」の化粧水です。

紫外線のダメージや、季節の変わり目などの乾燥トラブル、エイジングケアのために作られ、インナードライなど、自分では気づかない乾燥にも角質層まで浸透する保湿成分「ヤナギラン」「キューカンバーエキス」を配合、紫外線のケア として「オレンジ果実水」などを使用しています。

そのため紫外線対策の化粧水として非常に優れ、オイリー肌・乾燥肌両方のタイプにご使用いただけます。オーガニックにこだわっているので、敏感肌の方にもおすすめの商品です。

口コミ

・つけてすぐはすごくさっぱりなのですが、時間が経つにつれてしっとりしてきてハリが出るので気に入っています。

・肌なじみがよく奥まで浸透する感じがわかります。さっぱりなので夏から秋にかけてはこれ一本で良い感じがしました。

・さっぱりですがみずみずしく、突っ張る感じもないので万人向けな化粧水で旦那と一緒に使用しています。

⇒ホームページ:エクストラクトローションリペアN

<<Amazon>>

⑤ポーラのホワイトショットLX

コスメ・スキンケア部門で様々な受賞歴のあるホワイトショットシリーズで、ライン使いしている方がとても多いようです。

従来はメラノサイトからメラニン色素の生成を抑えるアプローチが主流でしたが、視点を変えメラニンの蓄積を抑えるこ とに着目し、メラニン色素の生成を抑えることで表皮細胞が増え、ターンオーバーを正常に保ち、シミ・シワを改善と予防が期待できます。

発売当時、厚生労働省が10年ぶりに新規美白有効成分であることを認めた「PCE-DP (ピースディーピー)」を配合し、医薬部外品として認可されていることもあり、様々なメディアや美容家から注目を集めています。

口コミ

・美白タイプは保湿が足りないイメージでしたが、好感触だったので化粧水以外にもフルラインで揃えてみます。

・リピーターです!集中して使用していたらくすみがなくなり透明感が出て、肌もツルツルになりました。

・使い始めて1ヶ月弱、ニキビによる肌荒れもおさまり、美白ケアもできています。コスパも使用感も申し分なしです。

⇒ホームページ:ホワイトショットLX

<<Amazon>>

⑥イグニスのホワイトニングミルクII

こちらは化粧水と美容液もシリーズで販売されていますが、乳液はイグニス公式サイトでも発売してから1ヶ月で人気ランキング第1位を獲得しています。

  • 美白有効成分の「ビタミンC誘導体」が配合され、
  • 保湿成分となる「オレンジ果汁とローズヒップ油」
  • 肌の調子を整えることでも知られている「ウイキョウエキス」

が入っているので、紫外線や乾燥でダメージを受けたお肌のすこやかさを保ちます。

さらに、医薬部外品の美白乳液なので、シミ・ソバカスにも特化した商品です。

アルビオングループが手掛ける自然派スキンケアブランドの「イグニス」ですが、企業の母体が国内大手の「KOSE(コーセー)」なので信頼度が高く、愛用者が多いようです。

口コミ

・パッケージも可愛くて、嫌なべとつきもなく、しっとりが朝まで続くので気に入っています。

・コットンでも肌荒れをする程の超敏感肌とアレルギー肌ですが、肌荒れも落ち着いて好感触です。

・以前はアルビオンを使用していましたが、イグニスがリニューアルされ購入。肌荒れもなくなり、リピート確定です。

⇒ホームページ:ホワイトニングミルクII

⑦ちふれの美白乳液W

保湿成分の「ヒアルロン酸」「トレハロース」を配合し、美白成分「アルブチン」「ビタミン C 誘導体」によるダブル美容成分のアプローチで、メラニン生成を抑えます。

シミ・ソバカスを防ぐ薬用美容乳液で、薬局でも手に入りやすく、コスパが良く、たっぷり使えるので、化粧水・乳液のライン使いをする10代20代が多いです。

口コミ

・保湿力高めでお肌もちもちの感触に仕上がり、詰め替えもあるのでコスパが良いです。

・暑い季節乳液のベタベタが嫌ですが、この乳液は変なべとつきがなく、朝までしっかり保湿されています。

・使用して半年近く経ち、ニキビ跡とくすみが改善したのを実感しています。

⇒ホームページ:美白乳液W

<<Amazon>>

関連記事:

シミやくすみに悩む30代女性におすすめ!美容成分ハイドロキノンとビタミンC誘導体とトラネキサム酸とクロロゲン酸

ニキビ跡を治すのに効果抜群でおすすめビタミンC誘導体美容液ランキング

【APPS(ビタミンC誘導体)のおすすめ化粧水】美肌効果がすごい!