プチプラなのに保湿力がある!顔におすすめ保湿ジェルランキング2020

美容におすすめ♪

朝、起きたらまず「洗顔」をして寝ている間にかいた汗や皮脂を落とし、化粧水を塗ってスキンケアしているという方は多いと思います。でも、気が付くと化粧水を塗ったのにすぐに蒸発していたり乾燥している、なんてことはありませんか?

そんな時は、いつものスキンケアに加えて潤いをキープしてくれる「ジェル」をプラスしてみましょう。

洗顔をすると、どうしてもお肌の汚れだけでなくお肌を覆っている皮脂膜まで洗い落としてしまいます。そうなると、水分が蒸発するだけでなくお肌の潤い成分までとってしまうことがあるので、化粧水を素早く塗る必要があります。

化粧水や乳液を塗っていても乾燥してしまう方は、基本的はスキンケアはしっかりできていると思うので、ジェルをプラスすることで潤いをキープしてみましょう。

今回は、ジェルの効果や使い方について詳しくみていきたいと思います。ジェルを使うことでどんな効果があるの?乾燥肌の人にも使える?といった疑問にお応えします。

まずは、ジェルには化粧水や乳液といった必要な美容成分が含まれたオールインワンジェルタイプのものが多いです。忙しい毎朝には、こうした一本で何役もこなしてくれる化粧水があると便利です。

ジェルは、お肌にしっかり浸透するだけでなく油膜のかわりである乳液の役割も果たしてくれますし、お肌に閉じ込めた潤いを長時間キープしてくれる役割があります。使い方もとっても簡単、洗顔をして汚れを落としたお肌に使うだけです。

最近のジェルは価格も安く比較的試しやすいといった特徴があります。忙しい毎日でもケアしたい方、オールインワンだからこそ手軽に始められます。もちろん、ジェル単体で売っているものもあるので潤いが足りないな、乾燥しがちだなと感じる方は是非使ってみてください。

せっかく洗顔をして汚れを落とし、化粧水で整えたお肌もすぐに乾燥してしまっては残念ですよね。メイクをするときには乾燥している、となるとメイクのノリが悪くなるだけでなく、ファンデーションも綺麗に塗れないことがあります。

メイクが決まらないとなんだかその日は一日中憂鬱な気分になってしまうなんてこともあると思います。

是非、こうした問題を解決するためにも潤いを持続させてくれるジェルを使ってみましょう。

潤い成分が配合されているものを選ぶこと、お肌に合ったものを選ぶことで肌の奥深くまで潤い成分が浸透します。スキンケアを毎日しっかりしているのに、乾燥が気になる方は是非加えてみてください。

オールインワンタイプなら、一本で何役もこなしてくれるので忙しい方にぴったりです。ちなみに化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックから化粧下地、UVケアまでと幅広く対応しているものが多いので是非使ってみてください。

いつものスキンケアにジェルをプラスして一つ一つの工程をこなすのが面倒な方におすすめです。乾燥肌は、こうした潤いを閉じ込めるアイテムをプラスすることで解決してくれる場合があるので、是非試してみましょう。

小さな子供がいるママは特に朝の時間が忙しくなかなか自分のお肌に時間を使えない方も多いと思います。お仕事をしているOLさんや忙しい毎日でも美しくいたい方におすすめです。

プチプラなのに保湿力の高い顔用保湿ジェルランキング

第7位 花印の薬用モイスチュアジェルN

思春期ニキビも大人ニキビも、一度できるとなかなか治らないですよね。マスクを手放せなかったり、メイクでは隠しきれなかったり、悩みを抱えている方もいるはずです。

ニキビに悩んでいる方におすすめが「花印の薬用モイスチュアジェルN」です。2つの有効成分を配合したみずみずしいジェルが、ニキビを予防しながら潤いのある肌に整えます。

3つのおすすめポイント

①グリチルリチン酸カリウム配合

有効成分のグリチルリチン酸カリウムを配合。化粧水や日焼け止めなどさまざまな用途に使われている成分です。炎症を抑えて、ニキビの予防に力を発揮します。

赤くなっているニキビは炎症を起こしている状態で、炎症を放置するとニキビ跡が残る可能性があります。早めに炎症を鎮めることが、ニキビ跡を残さないためのポイントです。

②イソプロピルメチルフェノール

有効成分のイソプロピルメチルフェノールを配合。イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用のある成分で、ニキビの原因になるアクネ菌に働きかけてニキビを予防します。

③みずみずしさを保つ

保湿成分のアロエベラ葉エキス、ハマメリス葉エキスを配合。保湿成分を配合したジェルですが、さっぱりした使用感です。潤いを閉じ込めて、みずみずしい肌を保ちます。

大人ニキビは肌の乾燥が原因となることもあるので、保湿ケアをしておくこともニキビ予防には大切です。

使い方

ジェルのみで使用をしたり、化粧水の後に使用をします。適量を手に取り出し、気になる部分に塗ります。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 柔らかくぷるんとしたテクスチャーです。ニキビケア化粧品にありがちなアルコールの匂いはありません。伸びがよくてすっと浸透してくれてさっぱりするのに、保湿感があります。ニキビが気になる部分だけに使っていますが、大人ニキビができにくくなったし、できてしまっても以前のように大きなものではなくて、小さいものが数個程度です。翌朝には炎症が和らいでいます。このジェルでニキビができにくい肌を目指していきたいです。
  • 自分と子供のニキビに使っています。チューブの口は細くなっているので出し過ぎることがありません。ジェル状でべたつきのない使用感です。子供のニキビは悪化せず小さくなってきて「なくなったらまた買ってね」と子供にいわれました。親子で一緒に使っていきたいです。
  • 生理前になるとニキビができること悩みで使ってみました。ニキビができる前に塗っておくと、生理前のニキビができにくくなります。鏡を見るたびにニキビで気持ちが凹んでいたのでうれしいです。ジェルだけで使うと浸透力がよくてさっぱりしてべたつかないし、匂いが気になりません。化粧水や乳液も使うともっちりしっとりしました。

繰り返しできて治りにくいニキビは厄介ですよね。花印の薬用モイスチュアジェルNは、そんなニキビの悩みにおすすめです。2つの有効成分がニキビを予防、アロエベラ葉エキスやハマメリス葉エキスが、みずみずしい潤いを保ちます。

ニキビを放置しているとニキビ跡になる心配があります。ニキビ跡が残ってしまう前に早めの対策をして、ニキビの気にならない健やかな肌を目指しませんか。

第6位 アテニアのメディチューン薬用コンディショニングジェル

べたつく日もあればかさつく日もある、環境の変化によってニキビができやすい、コンディションがいまいちなときがある、こんな気まぐれな肌に悩んでいませんか。日によって肌の状態が不安定だと、普段使っている化粧品でトラブルを起こしてしまったり、メイクがしにくくなりますよね。

不安定でゆらぎやすい気まぐれな肌におすすめが「アテニアのメディチューン薬用コンディショニングジェル」です。環境の変化やストレスに左右されない、健やかな肌に整えていきます。

特徴

べたついたりかさついたり、環境の変化によってニキビや肌荒れが起こったり。このような不安定は肌を気まぐれ肌といいます。気まぐれ肌の原因は環境の変化やストレスだけでなく、角質層の状態が未熟なことにあります。

角質層には外部の刺激から守る美肌バリアの役割があります。角質層が未熟な状態では美肌バリアがしっかりと働くことができず、肌の状態が不安定になってしまいます。

環境の変化やストレスに負けない肌に近づくためには、美肌バリアを整えていくことが大切です。メディチューンは美肌バリアサポートシステムを採用しています。美肌バリアサポートシステムとは、角質力アップ、肌荒れ防止、潤い力アップのことです。

角質力アップ

未熟な角質ではバリア力が弱いので角質の力をアップさせていきます。お米由来のスーパーライスエキスB.Bが強い角質に整えていきます。

肌荒れ防止

美肌バリアが弱いと肌荒れを起こしやすくなります。荒れしやすい肌を西洋ハーブと東洋の生薬エキスが荒れにくい肌へと育てていきます。

潤い力アップ

未熟な角質では肌の潤いを留めておく力も弱いです。セラミドDXは潤いをキープする力を高めていきます。

未熟な角質層の肌は香料やパラベンなどの成分で刺激を感じやすくなっています。そんなデリケートな肌のことを考えた、合成香料、着色料、鉱物油、パラベンの4つの無添加です。アレルギーテスト済み、ノンコメド処方です。

使い方

洗顔後に化粧水などで肌を整えてから使用をします。

付属のスパチュラでパール1つ分を手に取り、両頬、額、鼻、あごの5か所にのせて、顔全体に広げていきます。最後に両手で顔を包み込んでハンドプレスをしてなじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ニキビができやすい肌で、すぐにニキビができたり肌が赤くなったりします。でも、肌荒れを起こしたときにこのジェルを使うとピタッと肌荒れが治まります。困ったときのお助けアイテムです。
  • 肌荒れがひどいときに同じシリーズの化粧水と一緒に使ってみました。外出をしたくないくら肌荒れがひどかったのですが、このシリーズを使ってから肌の状態が落ち着きました。3日くらいケアをしていて乾燥が治まりました。季節の変わり目や生理前など肌荒れしやすいときにこれがあると心強いです。

アテニアのメディチューン薬用コンディショニングジェルは、肌の状態が不安定なときにうれしい化粧品です。美肌バリアサポートシステムで、環境の変化やストレスに影響されやすい気まぐれなを整えていきます。口コミでは困ったときのお助けアイテムと評価されています。美肌バリアを整えて荒れにくいぷるぷる肌を目指しませんか。

第5位 メディベビーの薬用保湿ミルクジェル

肌荒れ・乾燥・あせもなど肌トラブルを抱えている赤ちゃんと一緒に使えるミルクジェルが「メディベビーの薬用保湿ミルクジェル」です。べたつかずさらっとした使い心地の0歳からつかえるミルクジェルが、しっかり保湿をして肌荒れやあせもなどを防ぎます。

3つのおすすめポイント

①ヘパリン類似物質配合

ヘパリン類似物質は乾燥肌治療に長年使われてきた成分です。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分と違い、肌の奥から潤いを与えることが特徴です。保水有効成分のヘパリン類似物質が乾燥した肌に潤いを与えます。

②肌荒れ、あせも、ニキビを予防

甘草由来有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合。敏感肌用の化粧品にもない合されることがある成分です。抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムが健やかな肌に整えて、肌荒れ・あせも・ニキビを予防します。

③すーっと伸びてさっと使える

乳液のようにすーっと伸びるミルクジェルタイプです。べたつきにくく、汗をかく季節でも使いやすくなっています。

ポンプ式なので片手で取り出しやすいです。よく動く赤ちゃんのケアをする際、容器からの取り出しにてこずるとお世話が大変だと思います。でも、片手で取り出せるポンプ式なら動き回る赤ちゃんのケアも楽に。

④5つの無添加

着色料、香料、パラベン、鉱物油、アルコールは無添加です。乳幼児連用試験済み、皮ふアレルギーテスト済み、敏感肌パッチテスト済みです。0歳から使えます。赤ちゃんとママのケアや肌が弱い方のケアに。

使い方

適量を取り出して気になる部分に塗ります。お風呂上りのケアは肌が乾燥しないように10分以内に行うことがおすすめです。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ミルクジェルということもあり、クリームよりもみずみずしい使用感です。伸びがよいので、お風呂上りの子供の体にささっと塗れます。さっぱりした使い心地ですが、しっかりと保湿されている感じがあります。腕や脚など広い範囲に塗りやすくて、乾燥しがちな子供の肌の潤いがキープされています。また、容器がボトルなので忙しいママには助かります。
  • 私と子供は乾燥肌でアトピー、夫はニキビで悩んでいて、家族で使えるものを探していました。このミルクジェルは子供からおばちゃんまで家族みんなで使えます。ポンプタイプなのでお風呂上りに赤ちゃんに素早く使えて便利です。あせも、肌荒れ、ニキビの予防によいです。すっと伸びて優しく潤い、もちもちの肌になります。優しさがクセになりました。
  • 伸びがよくてさらっとしているので夏でも使いやすいです。塗った後には肌がしっとりと保湿されている感じがあります。11カ月の息子は朝起きたときに肌がカサカサだったのですが、このミルクジェルを塗るようになってから朝までしっとりしています。

肌が弱い赤ちゃんと一緒に使えるものは、そう多くはないですよね。メディベビーの薬用保湿ミルクジェルは、0歳から使えるミルクジェルです。ヘパリン類似物質やグリチルリチン酸ジカリウムを配合したミルクジェルが、肌に潤いを与えたり、あせも・肌荒れ・ニキビなどを防ぎます。

さっと使えるポンプ式でお風呂上りにケアに便利です。赤ちゃんとママのケアにおすすめです。

<<Amazon>>

第4位 ハウスオブローゼのパワーサージジェルDX

ぷるんと潤う肌にあこがれたことがありませんか。メイクのノリがいいし、きめが整ってつやっとした見た目だし、潤いがあれば美肌に近づけそうですよね。

潤い肌にあこがれる方におすすめが「ハウスオブローゼのパワーサージジェルDX」です。7種類のセラミドをはじめとした美容成分を配合したジェルが、ぷるんと潤った肌に導きます。

特徴

美肌の鍵を握っているのは肌表面の角質層です。整ったキメ、潤い、ハリ、弾力は角質層の状態によって左右されます。

角質層は角質細胞を細胞間脂質がつなぎとめている、レンガ塀のような構造になっています。レンガ(角質細胞)をセメント(細胞間脂質)がつなぎとめることで、潤いに満ちた肌が保たれています。

細胞間脂質の大部分を構成している成分がセラミドです。セラミドがたっぷり存在する肌なら、角質細胞同士がしっかりすき間なくつなぎとめられていて潤いが保たれます。ところが、セラミドが不足してしまうと角質細胞同士の間にすき間ができてしまい、すき間から潤いが逃げてしまったり、外部刺激の影響を受けやすくなります。

潤いを保ち続けるために大切なことは、セラミドを補って肌のバリアを保つことです。

パワーサージ ジェルDXは、肌に存在するセラミドと同じ構造をした7種類のセラミドと、セラミドのもとになるプレセラミドを配合しています。7種のセラミドとプレセラミドは、ナノカプセルに閉じ込めています。100分の1ミリのナノカプセルが角質層に浸透して、すみずみに美容成分を届けます。乾燥から守るバリア機能を整えて、ぷるんと潤った肌に整えます。

使い方

化粧水で整えた後に、適量を手に取り出して顔全体に広げます。その後に乳液やクリームでケアを行います。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 私にとっては欠かせないアイテムです。以前は、乾燥して頬や鼻の皮剥けをしていたのですが、1年ほど使い続けて乾燥とは無縁な状態になりました。冬でも乾燥が気になりません。じんわりと肌の土台を整えてくれるジェルのように思います。
  • 頑固な乾燥肌なので期待はしていなかったのですが、7種類のセラミドが入っているし使ってみました。使ってみるといい感じです。もっちりとした手触りを感じられます。どんなに保湿ケアをしてもパサパサになってしまっていたのに、今はあまり乾燥が気になりません。肌質も柔らかくなってきました。
  • 乾燥しがちな肌にはセラミドがいいらしいことを知って、配合しているセラミドの種類が多いこちらを購入しました。乾燥が気にならない肌に。肌診断をしてもらったら「乾燥肌ではないですよ」といってもらえました。すっかり気に入ったのでずっと使い続けます。

美肌の秘訣は角質層を整えることで、角質層を健やかな状態に保つために大切な成分がセラミドです。

ハウスオブローゼのパワーサージジェルDXは、7種類のセラミドをはじめとした美容成分を配合したジェルです。ナノカプセルに閉じ込めたセラミドが角質層にまで浸透して、ぷるんと潤った肌に導きます。口コミでは「乾燥が気にならない」といったものが多く見られます。

角質層の状態を整えて、潤いが続く肌に近づいてみませんか。

<<Amazon>>

第3位 黒龍堂のハイスキンモイストジェル

ワセリンには肌を保護して乾燥から守る働きがあります。刺激が少ないため、敏感肌やアトピーなどに使われることもあります。でも、ワセリンってべたつきが気になりますよね。保湿には便利なアイテムですが、べたつきが気になって使いにくいところが欠点です。

そんなワセリンを使いやすくしたものが「ハイスキンモイストジェル」です。ワセリンをジェル状にすることで保水効果とフタ効果を同時に実現。触りたくなるようなしっとり肌に導きます。

3つのおすすめポイント

①べたつきにくく、スルスル伸びる

ワセリンはべたべたとして伸びが悪い使い心地なのですが、モイストジェルはワセリンをジェルようにすることでべたつきの軽減と伸びのよさを実現。ジェルにすることで見た目にも違いがあり、水っぽい透明な見た目をしています。

べたつきにくくスルスル伸びるので、体のケアに使っても短時間。顔にも体にも使えます。

②潤い補給

一般的なワセリンは肌表面にとどまって角質層にまでは浸透しません。一方、モイストジェルはジェルの中に含まれる美容成分が角質層にまで浸透。角質層のすみずみを潤いで満たします。

③高保湿処方

高保湿タイプのワセリン、整肌成分のイソマルト、保湿成分のヒアルロン酸Naと水溶性コラーゲンを配合しています。こだわりの高保湿処方だから潤いが12時間持続。日中の乾燥から守ります。

衛生的に使えるポンプ式です。1本190g入りと大容量なので体にも顔にも惜しみなく使用できます。

使い方

乾燥が気になる部分に塗ります。顔のケアに使う場合は、化粧水などで肌を整えてスキンケアの最後に使用することをおすすめします。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • ジェルなので柔らかく、べたつきがなく塗った後の肌が気持ちよいです。翌朝までパックをしたみたいなもち肌に。顔にも体にも使えて、洗い物をした後に使ったり、1日を通して使っています。ワセリンのべたつきが苦手な人でも使いやすいと思います。
  • ワセリンとは思えないテクスチャーで、乳液とクリームの中間のような柔らかさがあります。柔らかいのでスルスルと伸びて、べたつき感はないのにもちもちな肌になります。保湿したいけどべたつきは嫌なので助かります。また、プッシュ式で容器の開閉をする手間がなくて楽です。
  • ワセリンなのにジェル状でべたつかないところが素敵です。すーっと肌に浸透をしていくようで、すぐにパジャマや洋服を着られます。旦那さんに手タレみたいといわれるくらいの効果を実感しています。ポンプ式だから片手でも使えて、お風呂上りや朝時間がないときでもささっと使えます。顔にも体にも使えるから乾燥が気になる季節には重宝しています。フローラルの香りも素敵です。

高い保湿力のあるワセリンですが、べたつくため使いにくいところが気になる点です。ハイスキンモイストジェルはべたつきやすいワセリンをジェル状にすることで、ワセリンの保湿力はそのままにスルスル伸びてべたっとしにくくしています。美容成分も配合しているから角質層のすみずみが潤いで満ちた状態に。

乾燥が気になる季節や乾燥肌がひどくて悩んでいるときにおすすめです。

<<Amazon>>

第2位 全薬工業のアピットジェル

敏感肌は化粧品選びに苦労をしますよね。肌にあわない化粧品が多くて、あわないものを使うとヒリヒリしたり、赤みがでてしまったりすることがあると思います。

デリケートな肌におすすめが「全薬工業のアピットジェル」です。低刺激処方のミルクジェルが、乾燥や肌荒れをケアします。

特徴

外部刺激にも負けないような肌は、皮膚細胞同士がしっかりとつながっていて、皮脂膜によって肌表面が覆われているので、外部の刺激が肌内部に入りにくく、潤いが逃げにくい状態になっています。

一方、敏感な肌は皮膚細胞同士のつながりが弱いため、細胞のすき間から刺激物質が入りやすくなっています。刺激を感じると赤みがでたりヒリヒリすることが。また、細胞同士のすき間から肌内部の水分が逃げてしまって乾燥した状態にも。このような肌は肌のバリア機能が低下をしています。

アピットジェルは、保湿成分のビオセラミド、ヒアルロン酸、スクワランを配合。ナノ化技術によって保湿成分が浸透。弱くなった肌のバリア機能の手助けをして外部の刺激から守り、肌内部に潤いを閉じ込めます。

さらに、有効成分のグリチルリチン酸2K配合で荒れた肌を健やかな状態に整えます。

アピットジェルはデリケートな肌のことを考えて、刺激になるような成分は極力排除して作ったミルクジェルです。香料、着色料、界面活性剤、アルコール、パラベンは無添加、弱酸性、パッチテスト済み、アレルギーテスト済みです。

使い方

洗顔後、適量を手に取り出して顔全体になじませます。強い力で肌をこするようにつけると肌のバリア機能が落ちてしまうので、こすらずに優しくなじませてください。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 肌の調子が悪いときは、目の周りが赤くなってかゆくもなってしまい、馬油をのっても改善されません。そんなときでもアピットジェルを塗っておくと肌の状態が落ち着いていきます。私の肌には刺激を感じません。保湿力は十分だけれどべたつきはなく、触りたくなるような肌に変わってきます。私の肌の救世主です。
  • 朝と夜のスキンケアは化粧水とアピットジェルだけですが、保湿力を感じられます。手足が乾燥して粉吹きしてしまったときも、アピットジェルを塗っておけば保湿されるし、かゆみが治まります。肌荒れがひどいときでも使えて、刺激がなくて保湿されてとってもよいです。何本もリピートしていて、これからも使い続けます。
  • 敏感肌で生理前には肌がヒリヒリするほどに荒れてしまうし、乾燥しすぎて真っ赤になって泣きたくなるほどです。でも、肌がテカることがありました。肌トラブルの原因は保湿不足だと知って、保湿重視のケアに変えました。化粧水の後にアピットジェルを塗って、その後にクリームでケアをしています。すると、乾燥や肌荒れが落ち着いてきました。これがないと困るというほど気に入っています。

肌が敏感だとヒリヒリしてつらかったり、あう化粧品が見つからなかったりして、苦労していると思います。そんな敏感な肌には、アピットジェルがおすすめです。

アピットジェルは敏感な肌のことを考えた低刺激処方です。保湿成分が潤いを与えて、有効成分が肌荒れを防ぎ、潤いのある健やかな状態に整えます。

<<Amazon>>

第1位 ハトムギの保湿ジェル

こちらは使い心地がさっぱりなので、夏の保湿ケアにピッタリです!保湿力が他のものと比べると少し物足りない感じがしますが、今回このジェルを選んだのはプチプラ価格で、手軽に購入することができるからです。

肌が乾燥する季節には向いていませんが、肌がべたつく季節はこの保湿ジェルが欠かせません。程よく潤い、プチプラ価格なので量を気にせずにたっぷりと使えます☆

180gと大容量で、1000円以下で買えるコスパ最強のオールインワンゲルです。さっぱりとした付け心地なので、特に朝のスキンケアにおすすめですよ。

肌なじみがよく、つけてみると肌にすーっと浸透していくのがわかります。冬はこれ一つだと乾燥すると感じることがあるかもしれませんが、たっぷり目に塗って少し時間をおくとよいですよ。

お手頃価格なので、顔だけでなくボディケアにも惜しみなく使えますね。

口コミ①

夏は紫外線などでお肌が刺激を受けやすい季節ですよね。そんなときにおすすめしたいのが、ナチュリエ「ハトムギ保湿ジェル」です。これ1つで夏の肌ケアは十分といえるくらい、優秀なアイテムですよ。

まず、私のハトムギ保湿ジェルのみを使ったスキンケアの方法を紹介します。

シンプルな美容法は、子育てや仕事で忙しく、自分の時間がなかなかとれない人にもおすすめです。刺激が少ないので、敏感肌さんにもぴったりです。それでは、ハトムギ保湿ジェルの効果的な使い方をご紹介します。

■朝は水のみで洗顔してからハトムギ保湿ジェルを

夏はしっかり保湿をしつつも、あまりベタつかないようにスキンケアを済ませたいですよね。ハトムギ保湿ジェルなら、さっぱりとした使い心地なので、朝のスキンケアにもぴったりです。

肌質にもよりますが乾燥肌さんの場合、朝は水洗顔のみでもOKです。手にハトムギ保湿ジェルを500円玉大出して、肌になじませます。ジェルを顔全体にのばしたあと、手で顔をつつみ込むようにしてつけることで、しっかり浸透してくれますよ。

急いでいるときは、軽くティッシュで押さえて余分な油分を除いてから、すぐにメイクを始められます。重めの質感の乳液や美容液を使ってしまうと、浸透するまで時間をおかなければいけないので、すぐにメイクできるのは嬉しいですよね。

■夜はお風呂あがりと寝る前に!

夏でしたら、夜のスキンケアもハトムギ保湿ジェル1つで十分ですよ。ポイントは、お風呂上りにすぐ塗ることです。一度肌が乾燥してしまうと、なかなかジェルが浸透しないので、水分が少し残っている状態でつけるのがベストです。量は朝と同じく、500円玉大を出して使います。

さらに時間をおいて、寝る前にもう一度500円玉大のハトムギ保湿ジェルを使いましょう。エアコンによる乾燥にも負けず、朝までうるおいのある肌を保てますよ。

■ボディケアにも使える

ハトムギ保湿ジェルはプチプラなので、ボディケアにも惜しみなく使えます。冬だけでなく、もちろん夏もボディの保湿した方がよいのですが、ボディクリームだと重く感じてしまうこともありますよね。

そんなときはハトムギ保湿ジェルを使ってみましょう。顔同様、お風呂上りに時間を置かずすぐに塗ることが、うるおいのある肌をつくるポイントです。

■敏感肌の人でも使える

私自身も2年ほど前からハトムギ保湿ジェルを愛用しており、夏のスキンケアはこれ1つで済ませています。

私は子供の頃アトピーがあり、今でもちょっとの刺激で顔に赤みが出てしまうほどの敏感肌なのですが、ハトムギ保湿ジェルを使ってから肌トラブルは起きていません。敏感肌の場合、スキンケアに力を入れようとたくさんの化粧品を併用することで刺激になることがあるので、ハトムギ保湿ジェルのみのシンプルな美容法が逆に肌によいのではないかと感じています。

ハトムギ保湿ジェルを使ったスキンケア方法は非常にシンプルで、誰でも試しやすいですよね。ハトムギ保湿ジェルの値段も1000円以下とプチプラですし、ドラッグストアなどで手軽に手に入りますよ。夏のスキンケアに悩んでいる人は、ぜひ試してみてくださいね。

口コミ②

私のおすすめのコスメは、今ちまたでも有名な「ハトムギ」シリーズの保湿ジェルです。

だいたいどの雑誌にも載っています。私はそれで知りました。ハトムギにはしみを予防する効果があるらしく、しみが気になっていたし、値段も安かったので買いました。

あえて化粧水ではなく、ジェルを使っているのは使い心地が良いからです。

以前はドンキホーテで謎の500円のオールインワンジェルを使用していました。友人に、「私が使っているのは500円のものだ」というと、怪しいとか、よく使えるねなどと罵倒されましたが、特に肌には問題ありませんでした。

ハトムギ保湿ジェルはオールインワンジェルではないのですが、そんなに特に違いはないだろうと思ったので使っています。特にトラブルはありません。

つけごこちは冷んやりとつめたく、お肌を引き締めてくれている感じがします。ハトムギパワーでしみをやっつけてくれていると思いながらたっぷりと肌に塗りたくります。確か本で、精神的な思い込みも効果になりえると書いてあったので、これはきく!きくんだー!と思いながらつけています。

そんな私は特に美容にこだわりがない人間かと言われればそんなこともなく、エステに通った時期もありました。ケミカルピーリングをしたことも。高い化粧品を買ったこともあります。エステで施術を受けた後は、スタッフのお姉さんに「肌が生まれ変わりましたねー!」なんて言われたのですが、私は特に自分で洗顔した後と変わらないと思いました。

高い化粧品、主に化粧水、乳液、美容液なのですが、使っても全然肌が変わったという実感がなくて、いったい何が自分に適しているのか…?と化粧品迷子になったこともあります。

しかし、化粧品や美肌について言及した本を読み、高い化粧水はブランドだけで売っているとか、いろいろ知識を身に着け、今では安価で手に入りお肌に問題がないハトムギ保湿ジェルを使っているわけです。

「保湿」というのにはやっぱりこだわりがあり、「お肌は洗顔と保湿で決まる」と言われているくらいなのです。

保湿は化粧水と乳液をつけることで完全体になるのですが、私はあまり乳液が好きではありません。「乳液は化粧水にふたをするためにつける」という理論で皆さんは乳液をつけているのですが、私はふたをするということがよくわからず、別にあってもなくてもいいのではないかと思っています。

だから最初に話したように、ドンキホーテで買った500円のオールインワンジェルを使っていたのです。あまり乳液の必要性を感じていません。

ハトムギ保湿ジェルは、本来の使い方としては関連しているハトムギ化粧水(これが最もみんなの支持を得ている)をつけた後にハトムギ保湿ジェルを使うべきなのです。化粧水も非常に安価で売っていて、確かに効果はあると思います。

しかし、水の使いごこちが私には合わないのと、面倒くさいという気持ちと、やはりジェルが付け心地がいい、浸透している感じがすると思い化粧水は使っていません。

でも、ダブルで使うと確かに効果は2倍かもしれないので、今度化粧水のほうも使ってみようかなと思いました。とにかく私の顔にしみはないので、ハトムギは効果があると思います。

<<Amazon>>

関連記事:

敏感肌,乾燥肌,オイリー肌にもおすすめ!ジェル状日焼け止めの効果とブランド

鼻や顔の角質効果は?プチプラのおすすめピーリングジェルランキング

30代,40代におすすめ!プチプラで人気オールインワンジェルランキング

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック