マスクの中でニキビが増える!?ジェル系クリームで予防がおすすめ7選

花粉症やコロナウイルス対策でマスクを着用することが多い時期になってきましたね。

マスクをしていると、

「肌荒れがひどくなってしまった」

「ニキビが増えてきてしまった」

なんていうお肌トラブルのお悩みをよく耳にします。

花粉などのアレルギー反応やウイルスから私たちを守ってくれるマスクですが、化粧も十分にできずにさらに肌荒れまで引き起こしてしまうとなるとだんだんとマスクをするのが嫌になってしまいますよね。

もしかしたらその肌荒れ、普段のスキンケアで防げるかもしれません!

マスクを常時しているというお肌の環境が変わっているのに、今までとスキンケアは同じものを使用していませんか。詳しくは後ほどお話しますが、乳液やクリームの代わりにジェル系クリームをスキンケアに取り入れるとお肌悩みが一気に改善に向かうかもしれません。

今回はマスクをすることで、なぜニキビが発生しやすくなってしまうのか、またマスクの下でニキビの繁殖を防ぐためにおすすめなジェル系クリームをご紹介していきます。

皮膚科の先生から教えてもらったマル秘テクニックもご紹介していくのでぜひ最後まで読み進めてみて下さいね。

マスクの着用でニキビが増える・悪化してしまう理由

「マスクの中は保湿されているし、マスクをするのはなんかお肌によさそうだな」と感じている人も多いのではないでしょうか。

夜はマスクをして寝ると保湿効果が高まる!という話もよく耳にします。ただ、これは寝ている間のお肌の乾燥を防ぐことには効果的ですが、ニキビに関してはNG行動です。

マスクを長時間することでニキビができやすい環境を作ってしまっているのです。

原理を説明するとこんな感じです。

マスクの中ではニキビ菌が喜んでしまう環境ができてしまっているのです。マスクをしてニキビが増えてしまうことも納得ですよね。

マスクを着用すると、

  1. 肌が呼吸中の水蒸気によって保湿される
  2. 肌は水分と油分のバランスを保とうとして、皮脂を分泌する
  3. 長時間マスクを着用することで常に皮脂が分泌される状況ができてしまう
  4. マスク内は高温多湿で皮脂が過剰分泌されているというニキビ菌が好む環境ができあがる

「でもマスクをしないわけにはいかないし・・・一体どうしたらいいの?」という気持ちになると思います。

安心して下さい。マスク内の環境に適応するように普段のスキンケアを見直してあげればよいのです!

いつも使っている乳液やクリームの代わりにジェル系クリームを取り入れてみて下さい。きっとお肌状態は改善すると思います。

ジェル系クリームと一般的なクリームの違い

ジェル系クリームと一般的なクリームの違いは、ずばり「油分量」です。

肌馴染みがよくベタつきが少ないのがジェルで、少しペタつくがしっかりふたの役割をしてくれそうなのがクリーム・・・というテクスチャーの違いもありますが、ここで注目したいポイントは配合成分です。ジェル系クリームは他の一般的なクリームに比べて油分量が少ないのです。

ジェル系クリームがなぜおすすめなのか

ニキビの原因となるのは「皮脂」や「油分」です。

マスクの中で皮脂が過剰分泌されている中、スキンケアで油分の多いものを取り入れていたらどうなるでしょうか。さらにニキビが繁殖しやすい環境となってしまいますよね。しかし油分が多いからといって乳液やクリームなどのお肌にふたをするケアを全くしないのも不安ですよね。

そんなお悩みを解決してくれるのがジェル系クリームなのです。油分は少なめでふたの役割をしてくれます。また中にはオイルフリーのものもあり、油分を含まないがしっかりふたの役割もはたしてくれるなんている優れものもあるのです。

使い方

マスク着用に備えて、おすすめのスキンケア方法をご紹介しますね。

簡単3ステップですので、朝のスキンケアにぜひ取り入れてみて下さいね。

ただ肌質によってはこの方法が合わない場合もありますので、異変を感じたらすぐに使用をストップしてください。

ステップ①:化粧水をつける

常時マスクをつけている状態が続くと、肌の水分も必要以上に蒸発しやすくなり、乾燥しやすい肌質になってしまいます。なので、朝の保湿ケアはとても重要になってきます。たっぷりの化粧水で、時間をかけていつも以上に念入りにケアをしてあげましょう。

ステップ②:美容液をつける

選択する美容液は、皮脂量をコントロールしてくれる「ビタミンC」が配合されたものや、肌の免疫を高めてくれるようなものがおすすめです。

皮脂量をコントロールしてくれる「ビタミンC」が配合されたものは、マスク内で皮脂量のコントロールをしてくれます。

また、肌の免疫を高めてくれるものは、マスクとの摩擦でバリア機能の弱まった肌を強化してくれます。

マスク内のニキビが気になる人には前者を、マスクとの摩擦でニキビができていると感じている人には後者をおすすめします。

ステップ③:ジェル系クリームをつける

乳液やクリームの代用に、ジェル系クリームを使用します。

前章でもお話しましたが、ジェル系クリームは比較的油分が少ないのが特徴です。マスク着用で必然的に皮脂の分泌量は増えてしまうので、お手入れの際には油分を控えてあげるのがポイントです!

その他のポイント!

ジェル系クリームの使用の他にも、マスクに工夫を凝らすとさらに肌状態がよくなるかもしれません。

皮膚科の先生に教えてもらった、とっておきの情報をお伝えしますね。

  1. スキンケアにジェル系クリーム
  2. マスクへの工夫

この両方を取り入れてから私もニキビができにくくなりました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

マスクに少し工夫については、マスクと肌の間に四角く切ったガーゼをいれてみて下さい。医療用ガーゼがおすすめです。

大きさはマスクよりもひと回り大きいくらいのサイズが必要です。はみ出してはしまいますが、マスクと一体化するので見た目は全く気になりません。

マスクの内側にガーゼをあてることで、マスクと肌の摩擦を防げるだけでなく、マスク内の過剰保湿を緩和させることが期待できます。マスクがなかなか手に入らない状況ではありますが、ガーゼなら毎日交換することもできお肌を清潔な状態に保つことができます。

おすすめのジェルクリーム7選

それではジェル系クリームのおすすめ商品をご紹介していきます。オールインワンのジェル系クリームもありますので、お好みにあわせて使用してみて下さいね。

①ナチュリエ

  • 製品名:ハトムギ保湿ジェル
  • 内容量:180g

ナチュリエのハトムギシリーズの保湿ジェルクリームです。

こちらは無香料、無着色、アルコールフリーでとても低刺激な商品となっています。

さらにノンコメドジェニックテスト済みなので、ニキビ肌の方も安心して使える処方になっており、マスク着用の際のスキンケアにぴったりですよね。

またかなり大容量でコスパがいいので、惜しむことなくたっぷり使うことができるのも魅力的です。

口コミ

私は脂性肌なので乳液など油分の多いもので保湿をするとニキビができてしまうのですが、逆に保湿をせず水分が足りていなくてもニキビにつながるのでこちらで保湿をしています。

こちらで丁寧に保湿をした次の日の朝は肌のツヤ感が違います!私と同じように乳液だと肌荒れするけど保湿はしたい方に特におすすめです。

⇒ホームページ:ハトムギ保湿ジェル

<<Amazon>>

②キュレル

  • 製品名:皮脂トラブルケア保湿ジェル
  • 内容量:120ml

キュレルの皮脂トラブルケアシリーズの保湿ジェルクリームです。

過剰な皮脂のベタつきを抑制する成分が配合されており、お肌になじみやすいさっぱりとした使用感です。

さらにキュレル独自のセラミドケアで肌のバリア機能を助けてくれる成分が配合されています。

マスクとの摩擦で低下してしまった肌のバリア機能を高めるのに最適な一品です。またこちらもノンコメドジェニックテスト済みなのでニキビ肌の方でも安心です。

口コミ

いつもお昼過ぎには皮脂が出てきて顔がテカテカになってしまうのですが、こちらを使い出してからお昼過ぎてもふつうの皮脂量で、夕方までテカテカにならなくて済むようになりました!もともとこってり系クリームなどが好きではなく、化粧水のみで終わらせてしまう時も多いので、このさっぱりジェルの質感は気に入りました。保湿力も問題ない気がします。

⇒ホームページ:皮脂トラブルケア保湿ジェル

<<Amazon>>

③メディプラス

  • 製品名:メディプラスゲル
  • 内容量:180g

メディプラスのオールインワンの保湿ジェルクリームです。

これ1本に化粧水、乳液、美容液、クリームの4つの機能が凝縮されており、朝の時短ケアにぴったりです。乳液やクリームの役割もしてくれますが、油分成分が少ない構造となっているので安心して使用することができます。

こちら私のニキビ肌に悩む友人も大絶賛している一品です。このジェルクリームでケアを始めてから嘘みたいに肌がきれいになっていました。ニキビ肌に悩む方はぜひお試しいただきたいです!

口コミ

オールインワンというと、実際には化粧水等と併用しないと保湿がイマイチな印象がありましたが、これは本当にこれ一つでしっかり潤います。

ゲルがスルスル伸びて使っていて気持ちが良く、肌馴染みも良いです。あまりベタつくのが好きではないので1〜2プッシュくらいで使用していますが、翌朝までしっとり肌が続き、心なしか化粧ノリも良い。敏感肌で中々合うものが見つかりませんでしたが、これはリピートしたいです。

⇒ホームページ:メディプラスゲル

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

④ファンケル

  • 製品名:FDRアクネケアジェル乳液
  • 内容量:18g

ニキビを防いでくれるファンケルのジェル状乳液です。ペタつかずにお肌のうるおいをキープしてくれます。

また殺菌剤不使用で、防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤なども無添加なのでデリケートなニキビ肌にも安心です。

さらにニキビ予防の有効成分である「漢植物エキス」も配合されているので、繰り返す大人ニキビを断ち切ってくれます。

口コミ

最初見たとき、美容液サイズで小さいと思ったのですが、伸びがすごくいいので米粒大でも足ります。みずみずしく軽いテクスチャーです。乳液のベタベタ感が苦手な方でも馴染みやすく、使いやすいです。

また、ニキビもできにくくなり、しっかり保湿が出来ているのか日中のメイク崩れがかなり改善されました!

⇒ホームページ:FDRアクネケアジェル乳液

<<Amazon>>

⑤クリニーク

  • 製品名:モイスチャーサージ72ハイドレーター
  • 内容量:30mL

「72h.潤い満ちる肌」で人気が高いクリニークの保湿ジェルクリームです。

かなりの保湿力を誇る一品となっているので乾燥肌でお悩みの方に特におすすめです。

たっぷりのせて「5分マスク」としても使うこともできる一品なので、週1のスペシャルケアとしても活用できます。

さらにメイクの上からも使用することができるので、日中の乾燥ケアにもぴったりです。デイリー使いにもスペシャルケアにも使うことができるなんて使い勝手がよくコスパ最高ですよね。

口コミ

プルプルのピンク色のジェルで、肌に乗せるとすごく気持ちいいです。しっとりするというよりは、薄い膜がピタッとはって潤いを逃さないような感じです。こちらのジェルを使用した後だとメイクのりが良いような気がします。

⇒ホームページ:モイスチャーサージ72ハイドレーター

<<Amazon>>

⑥アクアレーベル

  • 製品名:スペシャルジュレ
  • 内容量:140mL

アクアレーベルのオールインワンのジェルクリームです。

私も朝のスキンケアにこちらを使用しています。肌馴染みがよくのびがいいので、ワンプッシュで顔全体に使うことができます。プルプルな濃密なジェルが肌の上ですーっとみずみずしい化粧水に変化し肌になじんでいきます。

私はニキビができやすく混合肌なので、同じような肌質の方には合うかもしれません。ただ口コミで保湿力が気になる・・・という声もみられるので、乾燥肌の方は注意が必要です。

使用してみて乾燥が気になる場合は、化粧水後にこちらを保湿クリーム代わりに使用するといいと思います。

口コミ

外から見ると、固形感があってジュレ状なのに、プッシュして出すととろみのある化粧水状に。

また、塗り広げると一気にみずみずしく変化してすごく気持ちいいです。とろみのある、ゆるめのジェルのような感じです。ワンプッシュで顔全体を十分保湿できます。

⇒ホームページ:スペシャルジュレ

<<Amazon>>

⑦ビオレ

  • 製品名:うるおいジェリーしっとり
  • 内容量:180mL

ビオレのオールインワンのジェルクリームです。

これ1本で化粧水、乳液、美容液、パックの役割ができるのです。パックの役割までできるなんてすごいですよね。

また油性成分が配合されていないのも嬉しいポイントです。

「しっとりと」「とてもしっとり」の2種類のラインナップがあるので、肌質に合わせて選ぶことができます。

口コミ

オールインワンと言う言葉に憧れて購入したら、とても私には合う化粧水でした。白っぽく透明でとろーりとした化粧水が、しっとりもちもちで肌がうるおっています。

肌に伸ばしてなじませたあとしばらくしてほほに触れてみると、パックした後のように内側から潤っている感触がありびっくりしました。手軽でコスパも良くて優秀です。

⇒ホームページ:うるおいジェリーしっとり

<<Amazon>>

関連記事:

マスク映えする!マスクメイクにおすすめの新作アイシャドウ7選

顔に小さなプツプツニキビ?!そんな肌におすすめの酵素洗顔7選

混合肌や脂性肌の大人ニキビに人気でおすすめの化粧水ランキング

乾燥が原因の大人赤ニキビに効果のある化粧水スキンケアランキング

マスク美人になる!女性がマスクを付けても可愛いメイクとファッションコーデ

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2020←クリック