ママ友にファッションで差をつける!2018年夏の30代ママコーデ

2018春夏トレンドアイテム

暑い日が続き、夏の訪れを感じるようになってきましたね。

そして今年も素敵な夏服を買いたくなる時期になりました。

季節感のある夏色を取り入れたおしゃれなコーデで、周囲のママ友に一目置かれる、とっておきなの夏コーデを完成させましょう♪

ママにおすすめ!プチプラでオシャレなコーデ術

小さな子供を子育て中の20代、30代のママはなかなかファッションに気を使う時間も取れないほど毎日大忙しですよね。

忙しい毎日の中でも女性としておしゃれ心は忘れたくないという方も多いのではないでしょうか。

また、独身時代のように自分の好みのファッションをすると、公園や児童館で浮いてしまったという経験のある方も多いです。さらに、マイホームや子供の教育資金など、あまり自分にお金をかけることができないのもこの世代のママの大きな悩みです。

ここでは20代、30代ママが悪目立ちせずに、さりげなくおしゃれを楽しめ、さらにプチプラも実現するコーデ術を紹介します。

気が付いたら毎日同じような服を着ていたり、ヨレヨレの格好で外出するのが当たり前になっていませんか。

プチプラで品よく見えるコーデ術を使えば、忙しいママでも簡単に、またお金をかけずにオシャレママになることができます。

小さな子供がいる場合、食べ物をこぼされたり、公園で泥だらけにされたり、高価な洋服を着るのをためらってしまいますね。子育て中は、割り切ってファストファッションブランドやオンラインブランドを活用することがおすすめです。

ファストファッションでも自分の体形に合った服を選ぶことで、シンプルな服でもオシャレに見せることができます。

子育て中のママにおすすめのファストファッションは、「UNIQLO」「ZARA」「GAP」「無印料品」などがあります。20代ママや、オシャレ上級者の方なら「GU」や「しまむら」もきれいに着こなすことができます。

シルエットや素材選びが苦手なオシャレ初心者の方は、まずは、シルエットがきれいで丈夫な上記の4ブランドを試してみることをおすすめします。

何でもない洋服をオシャレに見せる一番のポイントは、自分の体形に合った洋服を着るということです。

自宅に、全身が映る鏡がないという人は意外と、自分の全体の雰囲気がわかっていません。道を歩いていてショーウィンドウに映る自分にびっくりしたという方もいます。

「UNIQLO」や「無印料品」には、誰でも似合うシンプルな服が揃っているので、まずは、ベーシックなアイテムをそろえます。

「ZARA」や「GAP」にはきれいな色なものやトレンドのデザインが揃っているので、それらとベーシックなアイテムを組み合わせることで無理なくオシャレなコーデになります。

例えば、2018年流行のフリルネックのブラウスやボリューム袖のブラウスに、ベーシックなジーンズを合わせるだけでシンプルでオシャレなママの完成です。

ボトムスよりもトップスの方が周りの目が行きやすいので、私はトップスでトレンドを取り入れるようにしています。可愛いと思っても似合っていないとオシャレには見えないので、必ず試着して自分に似合うものを購入するようにすれば、無駄買いもなくなります。

20代、30代のママが、簡単にプチプラでオシャレになれる方法を紹介しました。自分の体型に合ったものを選ぶこと、ベーシックなアイテムにトレンドのものを合わせるということを守れば、プチプラ商品でも充分オシャレなママになれますよ。

人気のオンラインブランドについては、ページ下部で紹介します!

気になる春夏のトレンドカラーは?

2018年春夏のトレンドカラーは、パステルカラーやマカロンカラーとはちょっと違った、ピンク×黄色×ベージュカラー×ラベンダーなどの「淡い色」です。

他の人とは少し違ったアイテム使いとトレンドカラーで、「淡い色(アワイロ)」女子を演出しましょう!

今年のトレンドカラーを制覇する!

毎年春になると、前の年の秋冬のダークで落ち着いた色合いから、花が咲いたように明るく変身したカラーが街を覆います。新しい年、新しいシーズンでワクワクすることばかりだけど、素敵なアイテムが多すぎて逆に選べないよ・・・という人も多いのでは??

そんなあなたに、今年の春夏トレンドカラーとアイテムをご紹介!これでこの春夏は最先端女子で楽しんじゃおう!

今年のトレンドカラーは「淡い色」。

今年は黄色やベージュやピンクなどの「淡い色」のアイテムがトレンドです。

ここ最近は春夏といえば、パステルカラーやマカロンカラーがとっても人気でしたよね。
今年ももちろん、そういったカラーも人気なんですが、実はここ最近になく「淡い色」がトレンドを占めているんです!

ピンクや黄色と一口に言ってもビビットもあればパステルもあるような、幅の広い色。その中で今年の淡い色は、今までのかわいらしいトレンドカラーと少し違った、かわいいけど少し大人色使いになります。

ではそんな「淡い色」をどんなふうに使ったらいいでしょう?

「淡い色」は実はとっても使いやすいアイテムです。なぜかといえば、「1点でも」とても映える色なのと、お肌をとてもきれいに見せてくれるからです。例えばマカロンカラーのような華やかな色はとてもおしゃれだけど、合わせるアイテムに少し困っちゃったりもしますよね。

「かわいすぎる」アイテムは、時にちょっと使いづらかったり、逆にエッジが効いたコーディネートにするのが難しかったりもします。

「淡い色」のアイテムは実はそういった意味ではとても合わせやすいし、実は日本人の肌にはとってもなじむカラーなんです。だからこのカラーがトレンドの今は、「とりあえず淡い色使っちゃおう!」が◎かも。

サーモンピンクのワンピースにベージュのショルダーやクラッチ、キャメルのサンダルのコーディネートがとっても今っぽいし、冒険しすぎないので誰でも選べるアイテム。淡い色の黄色やピンクは実はどんなコーディネートでもとても合わせやすいので、あんまり気にせずいろんなところに「チョイ見せ」してもトレンド感が演出できます!

最近私が楽しんでるコーディネートとしては、トップスやボトムスにベージュやサーモンピンク、ラベンダーなど「淡い色」を使って、靴や帽子、小さめバッグなどにビビッドカラーやマカロンカラーのアイテムを用いてみたりしてます。

そうすることで、淡い色一色でのコーディネートよりもさらに一歩進んだ「攻めのコーディネート」を演出できちゃうんです。

今年のトレンドカラーはとっても合わせやすい色なので、だれでも簡単に最先端ルックを選ぶことができますが、それゆえにちょっと退屈なコーデになっちゃう可能性もあります。

小物では少し遊び心を入れて、トレンドから一歩進んだコーディネートで他の子と差を付けちゃいましょう!

その他のトレンド柄や色は以下の記事をチェックしてみてください↓

2018年春夏トレンドカラー(流行色)、柄、ファッションアイテムを発表!

2018.02.03

個人的にはグリーンがおすすめです!

小さなお子さんがいるママたちは、毎日のコーディネートも制限されがち。どうせ子どもに汚されると思うと、結局いつも同じようなコーディネートになってしまったり。どうせ公園とスーパーぐらいしか行かないから、おしゃれする機会も無いし、と諦めてしまったり。

そんな風に思っていても、本当はもう少し、おしゃれがしたいというママも多いのではないでしょうか。

けれど、子育てに追われていると、毎日のコーディネートを考える時間も余裕もないし、ゆっくり自分の洋服を買いに行く時間もなかなかとれませんよね。しかも、動きやすくて、汚れてもよくて、自宅で選択できて…など、制限のある中でおしゃれに見せるのは、なかなか難しいものです。

そんなママたちに今年の夏オススメなのが、「いつものコーディネートにどこか一か所グリーンを入れてみること」です。

要するに差し色ということですが、差し色というと赤やブルーを使う方は多いのではないかと思います。最近ではピンクが流行したので、ピンクを差し色に使う方も多いですね。その差し色を、今年の夏は気分を変えてグリーンにしてみてください。すると、不思議とおしゃれに見えるのです。

例えば、ボトムスにグリーンを入れてみてはいかがでしょうか。トップスはお子さんを抱っこすることを考えると汚れるリスクが高いので、プチプラブランドやファストファッションブランドの白いTシャツで、ボトムスはリラックス感のあるグリーンのワイドパンツや、涼しげなグリーンのロングスカートにしてみてはいかがでしょうか。

素材も、夏はコットンなどよりリネンを選ぶと、グリーンが主張しすぎず涼しげな印象になります。ただしこの場合、ボトムスにインパクトがあるので、小物はモノトーン系でまとめるのが無難です。とてもさわやかなコーディネートが完成しますよ。

また、面積の大きい部分に鮮やかな色を使うことに抵抗を感じる方は、小物にグリーンを取り入れてみてはいかがでしょうか。子連れで公園やお買いものに行くときに、貴重品などを入れるポシェットや、これからの季節ならサンダルなどにグリーンを取り入れてみてください。

いつもの白いTシャツ&ブルーデニムのコーディネートが、とてもおしゃれで鮮やかな印象になります。ストローハットなどをかぶれば、簡単にアーバンリゾートコーデが完成しますよ。

コーディネートにグリーンを使うときのコツは、なるべく他に色を使わないことです。

グリーンはなかなかインパクトのある色なので、おしゃれ上級者ならいざ知らず、普通の方がグリーンと他の色を合わせてしまうと、ただの派手な人になってしまう恐れがあります。そしてやはり、夏は白と合わせると爽やかで、ママとしても好印象です。

グリーンのファッションアイテムは、なかなか馴染みがなかったり、使うのに抵抗がある方が多いかもしれません。自分に似合うのか、不安という方も多いでしょう。しかし、グリーンという色は、実は日本人の肌にとても馴染みの良い色なんです。

この夏は、グリーンのアイテムが様々なブランドからたくさん発売されています。ファストファッションブランドやプチプラブランドからも多数出ているので、是非グリーンコーデを気軽に試してみてくださいね。

気になる春夏のトレンドアイテムは?

続いては、「買って損はしたくない!」30代ママの春夏トレンドファッションアイテムを紹介します。

少しずつ初夏の陽気を感じるようになってくると、気になるのが2018年のトレンドアイテムです。毎年少しずつトレンドのサイクルが変わっている昨今ですが、30代女性にとって「何を選べばより、今年らしく決まるのか」は大きなテーマ。

明日着ていく服に悩む30代女性のために、今季のトレンドを分かりやすくご紹介します。

脱マンネリ、古くさく見えない今風の着こなし

30代になるとワードローブも無難なもの・みんなが着ているものに収まりがち。目立ちすぎるのを恐れるあまり、いつものコーデで満足するようになります。けれども着ていて安心なものイコール、時代遅れなもの・太って見えやすいものでもあるため要注意。

いつまでも「若々しいスタイル」であり続けるためには、適度に「今のトレンド」を取り入れることも大切です。全身を流行りの柄で決めるのではなく、アウターのみ・ボトムスのみ・小物のみとワンポイントで取り入れることによって、気取り過ぎず悪目立ちすぎない30代らしい大人の着こなしが楽しめます。

今までのコーデに付け足したい、2018年らしいファッションアイテムや柄をご紹介します。

ギンガムチェック

バーバリー風な大き目のチェックは、今夏のトレンドワード。ビッグシルエットのチェック柄を着ることで、体型をよりスリムに引き締めて魅せます。

たとえば「チェック柄のシャツにシンプルなホワイトパンツ」「無地のベーシックな黒ニットに、爽やかなブルー系のチェック柄スカート」など派手+地味を意識したメリハリの付いたコーディネートがおすすめです。トップスやボトムスどちらかをチェック柄にすることで、視線も拡散されやすくなり品の良い着こなしになります。

フリル袖

フリルが付いたようなゆったりした袖口のシャツは、春夏のトレンドアイテムです。女性らしいシルエットを描きながら、隠したい二の腕はさっくりカバーしてくれる優れもの。体型が気になりやすい30代女性にもおすすめです。

ピンクや薄ブルーだと幼い印象になってしまうため、ブラック・ネイビー・グレーなどの濃い目のカラーを合わせてあげると、大人っぽく決まります。濃い目のトップスは下着が透けて見える心配もないため、デイリーづかいに大活躍してくれます。

フレア系ロングスカート

裾が優しく広がったフレア系のロングスカートは、今季もきているアイテムです。太ももやふくらはぎなど見せたくないパーツを隠してくれるため、30代女性にもぴったり。トップスのシャツやニットはウエストに必ずインして、ボリュームを抑えます。

ゆったり広がるシルエットは蒸れにくく、快適に過ごせます。暑い夏の日差しでも涼やかに過ごせるため、毎日のヘビロテアイテムになります。

同時にあわせたい小物は?

ゴールド系のピアス

暖かい春夏の耳元を涼やかに飾ってくれるのが、ゴールド系のピアスです。やや大ぶりのエスニックなタイプを選ぶことで、より華やかな着こなしになります。リゾート感も高まるため、持っておいて損のない小物です。

1年で一番開放的な春夏のシーズンは、オシャレ魂に火が付く楽しい季節です。チェック柄やフリル袖・裾の広がったロングスカートなど、柄やシルエットにこだわるだけで垢抜けた今風の着こなしを実感できます。

去年ぽい古くさい着こなしを脱出して、軽やかな「今年っぽいコーディネート」をマスターしてくださいね。

関連記事:

2018年春夏のトレンドファッション「流行ファッションは?」

2018.02.25

【2018年秋の30代40代ロングスカートコーディネート】どのコーデとブランドが好き?

2018.02.24

30代40代レディース必見!2018年プチプラで人気アクセサリー通販ブランド

2018.01.04

30代のママ世代におすすめのコーデ 8選

子育て中のママはオシャレを楽しみたくても、まだまだ子供に手のかかる時だから自分にまで手が回らないですよね。ミニスカートはダメ、走れないヒールのパンプスはダメ、ぶら下がるタイプのピアスも子供が引っ張るからダメ。そして、「ママなのにあんな格好をして…」そんな世間の目も気になったりします。

でもさまざまに制約がある中でも大丈夫な今年トレンドの取り入れ方をお教えします。

季節感を出してトレンドのエッセンスだけでも取り入れれば、ママ自身のテンションが上がるだけでなく、ママ友の間でもトークのきっかけになりますし、なによりオシャレママはリスペクトされますよ。

①黒タンクトップ

ママになってもおしゃれを楽しみたい!おしゃれママの皆さんに是非おすすめしたい2018年夏のおすすめコーデをご紹介致します。

ママの皆さんは、毎日お子さんのお世話や家事・育児…休む暇もなく一日中動き回って大変ですよね。それでもオシャレなママでいたい、旦那さんから綺麗なママだと思われたい…!そんなママの皆さんに動きやすさとオシャレを兼ね備えたおすすめコーデを紹介していきます!是非、今からすぐに真似できるコーデなので参考にしてみて下さいね。

まずこの2018年夏の必須アイテムは、黒や白のタンクトップです。男性もののイメージがありますが、女性らしくコンパクトなサイズを選ぶとバランスがとれます。また夏なので、リボンのついた麦わら帽子や女性らしいサンダルを合わせればあっという間に素敵なママコーデに仕上がります。

黒タンクにはデニムはもちろん、ガウチョパンツ、シンプルなプリーツスカートも相性抜群ですね。ママコーデなので、動きやすさを重視したい方にはデニムの中でもストレッチの効いた素材を選んだり、ガウチョパンツなど動きやいけれどシルエットも上品なものを選ぶだけでカジュアルになりがちなタンクトップも、きれいめコーデに早変わりです。お出掛けの際にはヒールを合わせればパパとのデートスタイルにもおすすめです。

Tシャツに比べて肌みせ効果があるタンクトップは、抜け感が出てとっても女性らしいスタイルにもなります。ネックレスやバッグ、耳元にピアスやイヤリングなどの小物で是非、女性らしさ・自分らしさを出して楽しんでみて下さいね。

そうはいっても二の腕を出すのは苦手…というママさんも多いと思います。実際に私がそうでした、綺麗な二の腕ならいいのですがちょっと恥ずかしいなと思う方も多いですよね。

そんな時は、タンクトップの中でも二の腕をカバーしてくれるような形のものを選ぶと良いです。ぴったりとしたシルエットではなく、少し余裕のあるものを選ぶことで気になる二の腕をカバーしながら抜け感も出せるし見た目もぐっとオシャレになります。

子供たちだけでなくパパと家族皆でお出掛けの際には、女性らしい小物でアクセントをつければお出掛けコーデに早変わりです。

普段の公園や送り迎えといった日には、スニーカーにキャップを合わせてカジュアルに着こなしても大人カジュアルで素敵ですね。

仕事をしているママさんには、黒のタンクトップの中でも綺麗めな素材とシルエットのものを選びパンツにヒールを合わせればセットアップのお仕事コーデが完成です。ヒールはそんなに高くなくても足元が綺麗に見えるデザインなら大丈夫です。

黒のセットアップにゴールドのネックレスなど、小物でアクセントを入れれば全身黒コーデでも重くなりません。

是非、お手持ちのデニムパンツやガウチョパンツ、プリーツスカートなどに合わせて今年の夏は『タンクトップ』を取り入れたおしゃれなママコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。お出掛けする場所に合わせて足元をヒールにしたり、スニーカーに変えるだけで印象が変わりますよ。

黒以外にも白やビビットカラーを選ぶと夏らしくて更にオシャレを楽しめますね。ママになってもオシャレを楽しみたい方、是非参考にしてみて下さい。

デコルテから背中にかけてのレースデザインと波打つラップデザインが人気のレースタンクトップです。程よいフィット感ですがストレッチ生が効いているので動きやすいです。さらにドライな肌触りで吸汗速乾性の機能もついており、普段使いしやすい点も人気の秘訣です。

レースタンクトップ

素肌を優しい生地で包み、インナーとして最適なフィット感が自慢のレースタンクトップです。繊細なレースデザインが可愛いポイントに!程よい厚みで、柔らかく、よく伸びる生地で着心地楽チンです。

レースインナートップス

②ホワイトスニーカー

出産を終えて、晴れてママになった女性たちへ向けてのテーマです。

どんな女性も華やかな独身の頃や、出産前のキャリアウーマンや専業主婦だった頃だって、お家ではゆったりスタイルでも外出時のお洒落には抜かりがなかった方が多いはずです。でも出産して、気がつけば赤ちゃんのことばかり。自分に構う余裕なんてまるでありません。

そんな女性たちに、誰もが簡単にお洒落ママになれる方法をお伝えしたいと思います。

これからお伝えさせていただく方法を実践すれば、どんな女性でもあっという間にお洒落ママに大変身です。

キーワードは「ホワイトスニーカー」です。

このテーマを使うことでママたちはいかにお洒落に変身するのでしょうか?どんな効果があるのでしょうか?

ホワイトスニーカーとマキシ丈ロングスカートのベストマッチ!

このところ人気爆発のホワイトスニーカー。昨年あたりからじわじわ人気が上がってきましたが、この夏さらに人気はヒートアップし、今まさに最高潮です。

私がママたちにスニーカーをおすすめする理由は、やはり素敵な子育てのためが第一理由です。

なんと言ってもママですから、沢山子どもたちと走れなければなりませんし、いざという時には子どもを守らなければならないのがママです。

その点スニーカーは全く問題ないですね。いつだって子育てママたちの強い味方です。

でも、スニーカーはスニーカーでも、お洒落ママを目指すのであれば、ホワイトスニーカーを強くお薦めしたいです。

それはなぜでしょうか?

①まず、爽やかですね。

真っ白なものより美しいものはなし、というくらいですから、ここはやはりホワイトがベストです。

②そして白は女性らしい柔らかさと華やかさを兼ね備えているからです。

今まさに大人気のアイテム、ホワイトスニーカーをコーディネートに取り入れるだけで、お洒落ママはもうほぼ完成しています。

私の場合、マキシ丈のロングスカートとホワイトスニーカーの合わせが一番お洒落でベストマッチだと感じました。特に、ロングスカートはAラインのものがより身体のラインを綺麗に美しく見せてくれます。

少し小柄なママはIラインですとスッキリほっそり見られます。産後のぽっちゃりママもマキシ丈のロングスカートであれば、脚を出すこともなく、安心してお洒落を楽しめますね。

パンツスタイルは楽ちんで安心感もありますが、女性らしさを出していくにはやはりスカートです。

実際にホワイトスニーカーを履いているママたちは、「どんなスタイルにも合う」「色を選ばない」「ロングスカートと合わせれば一気に今風お洒落ママに変身出来ちゃう」という声が上がっています。

口コミ人気は、やはりアディダスのスタン・スミス、コンバースのハイカットもきてます。VANSやNIKE、PUMAも変わらずの人気ぶりです。個人的には、ルコックスポルティフはとてもお洒落だと感じました。

そして、ホワイトスニーカーを履く上で一番のポイントですが、スニーカーの紐を表面に出して結ばないことです。靴紐を中に入れ込むことで格段にお洒落さがグレードアップします。もしくは、元々の靴紐をリボンタイプのものに変えてみましょう。

ガーリーで素敵なお洒落ママに大変身です!

さあ、子どもたちと、たくさん走ってたくさん笑いましょう。ホワイトスニーカーでお洒落ママの立ち位置、手に入れちゃいましょう。

③刺繍入りブラウス&ワイドパンツ

エスニックな刺繍入りワンピースも、持っておいて間違いのない鉄板アイテムです!

顔映りの良いホワイトや、汚れが気になりにくいスモーキーピンクやボルドーなどが人気です。

足の太さを隠してくれるワイドパンツは、ウエストにリボンがあるものがオススメです。腰回りをすっきり魅せるために、ブラウスはウエストにインします。キッズとのお出かけにも合うアクティブなスタイルです。

また、ガウチョから人気が長く続いているワイドタイプのパンツは、春に履くのならとろみのある素材がオススメです。丈が短いと可愛いく、長め丈だと大人っぽい印象に仕上がります。春先になると生地が薄くなってきますが、透け防止に裏地付きのワイドパンツを選んで下さい。

④オーバーシャツ&パンツ

昨年から流行っているボーイズサイズのオーバーシャツに、細身のパンツを合わせてきれいめカジュアルな着こなしも流行りでおしゃれです!

オーバーシャツのボタンは上まで留めず、2個・3個開けて着ると、こなれて見えます。オーバーシャツのウエストはパンツ内にインします。バンダナ柄のアクセサリーやヘアバンダナで髪をゆるっとまとめれば、運動会や遠足に合うカジュアルなコーディネートが完成します。

シンプルだからこそ上質なシャツがほしい大人の女性にピッタリな上質おしゃれシャツです。前立てと袖口にはしごレースをあしらい、Aラインシルエットに仕立て、前後差をつけた裾、小さめの衿、背中のプリーツタックなど、シンプルなのにオシャレに見えるディテールをプラス。さらに紫外線カット、シワになりにくく、ストレッチ力があり、ハリのある質感などの機能もプラス。質感、カッティング、機能性にこだわりと持って作られた一着です。

ストレッチコットン・はしごレースシャツ

シルエットにこだわり抜いた立体感シャツです。フランスのパリのカフェで見かけた一人のマダムにインスピレーションを受けて作られました。シンプルデザインですが、ディテールにとことんこだわり、どの角度からも大人の綺麗さを表現できる一着です。

ビューティストレッチ・タックシャツ

胸ポケット有りのタイプが新登場しました!

UVコットン・胸ポケットシャツ

一見シンプルなシャツですが、袖口に同色のレースをあしらった可愛いシャツです。ボタンも花モチーフのビジュー風デザインでさりげない華やかさが人気です。

ストレッチコットン・袖レースシャツ

⑤フレアスリーブトップス

今年のトレンドアイテムである袖にボリュームと付けたトップスもおすすめです!

特に袖がふんわり広がった色っぽいフレアシルエットは、ママレベルを上げてくれます。

華やかな色合いの色合いも取り入れやすいアイテムです。

足元はパンプスを合わせて、小さめのバッグを小脇に持てば、パパとのデートのほかママ友との女子会にもぴったりです。

最高のオシャレが楽しめる春夏の季節。去年とまったく同じファッションアイテムを使う方法もありますが、今年らしさを取り入れたいときは、最新のファッションアイテムを幾つか投入するのが、今風の装いに魅せる秘訣です。

キレイな春夏カラーファッションに身を包んで楽しい毎日を送ってみてください。

しっかり波打つ袖のフリルがトレンド感があり可愛いアクセントになるカットソーです。ほんのり上品にきらめくラメ入りで、カジュアルスタイルに大人のこれな感をプラスする一着です。

フリル袖カットソー

今年流行りの袖にアクセントを付けたフレアスリーブブラウスです。気になる二の腕をカバーしながらトレンドライクな着こなしができます。ネックは狭めで甘さを抑えています。

ソデフレアブラウス

袖口と裾のふわっとフレアシルエットが可愛いと人気のブラウスです。裾は後ろにかけて長くなるアシメトリーデザインになっています。シワになりにくく、やや伸縮性があり、自宅で洗濯可能なのも嬉しい点です。

ラッフルぺプラムブラウス

ギャザーを寄せてボリュームを出したフレアスリーブが可愛いニットです。ドロップショルダーでこなれ感を演出。サラリとしたニット素材なので暑い日でも心地良いです。

ギャザーフリルスリーブニット

⑥チェック柄

スカートやジャケットに多く使われていますが、おすすめなのがフレアラインのチェック柄セミロングスカートです。春から続いている膝下、脛が少し見える位の丈感のスカートなら子供目線にしゃがまなくてはいけない時も、さっと膝にスカートを挟み込みさえすればOKです。

おすすめの色は青と赤という反対色の入ったチェックです。この二色が入っていれば大体の色のトップスと合わせられます。

もう一つおすすめなのはマスタードイエローの入ったチェック。トレンドカラーのマスタードイエローを選べば着こなしのアクセントになります。

働くママは職種にもよりますが、チェックのジャケットコートでガツンと行くのもありです。チェック自体が制服にも使われるトラッドな柄なので奇抜にはならないのです。

注意点として、チェック柄はパンツに取り入れる場合はラインに注意しましょう

チェック柄のワイドパンツもありますが、これは身長がかなり高くないと危険なアイテムです。なぜならチェック柄は先ほども述べたように制服にも使われるトラッドなイメージがあるので、一歩間違うと野暮ったくなる危険をはらんでいるからです。そんなチェック柄を背が高くない人がパンツ、特にワイドパンツで着ると、なんとも田舎くさくなってしまいます。

⑦ワイドパンツ

「子育て中のママにおすすめ!ワイドパンツの選び方と履きこなし術」

子育てに忙しいママのみなさん、ファッションを楽しんでいますか?

子育てママは子供の世話があるため、平日は必然的にパンツコーデになりますよね。

「でも毎日毎日似たような格好ばかりで飽きてしまった」「簡単にトレンドファッションを楽しめたら」

そんな風にお考えの方におすすめしたいのが、ワイドパンツを使ったコーデです。

ワイドパンツなら履くだけで流行感が出る上スキニーパンツより涼しく、春夏の季節にぴったりです。

ワイドパンツは足が太く見えそうで敬遠されがちなアイテムですが、選ぶときのポイントを押さえると、スタイル良く着こなすことができます!

以下5点挙げたので参考にしてください♪

1.ハイウエストのもの

以前はローウエストのパンツが多く出回っていましたが、最近はハイウエストが主流です。履くだけでトレンド感のあるスタイルになり、腰位置を高くシャープに見せることができますよ♪気になるお腹回りのカバーも叶います。

2.丈が長めのもの

パンプスをよく履かれる場合はあまり気にする必要はありませんが、スニーカー派の方は丈に注意して選びましょう。

 

裾が地面につくかつかないかくらいのものがベストです。ウエストから裾までの長さを強調することで、驚くほどスタイル良く見せることができますよ。

3.素材が固めのもの

シフォン素材のようなものもスカートっぽく見えて素敵ですが、体型カバーにはあまり役立ちません。着やせを狙うなら、固めの素材で肉感を消すのがおすすめです。デニムの場合はあまりストレッチが効いていないものの方がいいでしょう。

4.タックつきのもの

パンツの前側に縦のラインがあると、足をスマートに見せることができます。中にはタック部分が縫い付けてあり、タックが取れにくく加工されているものもあります!アイロンがけの時間がなかなか取れないという方は、こういったものを探してみてはいかがでしょうか。

5.ゴムウエストでないもの

ゴムウエストは楽なのですが、トップスをインしたときにきちんと感が出にくくなります。また後ろからも広がって見えてしまい、お尻が大きく見えてしまうことも。ゴムウエストでないジャストウエストのものを選んでくださいね。

次に色ですが、合わせやすくベーシックなのはブラック、ネイビー、ベージュです。

ただし危険なのはグレー系のベージュ。

ワイドパンツだとおばさんっぽく見えることがあります。ベージュを選ぶなら黄味の強い明るめのベージュがおすすめです。

また、春夏っぽく素敵なのはパステルカラーです。

明るいピンクやイエロー、ラベンダーなど、手持ちのブラウスに合わせるだけで華やかで女性らしい雰囲気に☆

ホワイトのワイドパンツを選ぶなら、GUやユニクロなどプチプラブランドのものがおすすめ。子育て中は何かと洋服が汚れやすいので、汚されても「まあいいか~」と思える値段のもののほうがお子さんもママも笑顔でいられますよね!

以上、いかがでしたか?

こういったポイントにこだわってワイドパンツを選んでおくと、時間がなくても手軽に流行のオシャレが楽しめますよ。

トップスは裾を少しパンツにインするか、初めから短めのものを選ぶとバランス良く決まります。是非これからの暖かい時期に取り入れてみてくださいね。

⑧トラッドファッション

「ママにも最適!この秋はトラッドファッションで決まり♪」

春夏は気温が上がり始め、ファッションががらりと変わる季節です。そして、まだ暑い日も時々あったり、暑くなることもあったりと、何を着て行こうか迷う時期でもあります。

そんな春だからこそ、お洒落で機能的、そして流行のファッションを目指したいものです。

そんな人におすすめの今年の流行は、トラッドファッションです。トラッドファッションは動き易く、脱ぎ気もし易く、ビジネスシーンからカジュアルまで幅広く対応する、女性に嬉しいスタイルです。

そもそも、トラッドファッションとは何なのでしょう。トラッドは英語の「トラディショナル(「伝統的な」という意味)」の略で、和製英語です。レトロ・ヴィンテージ・80年代ファッションとも呼ばれています。

ファッションにおけるトラッドとは、流行に左右されない伝統的なスタイルのイメージで、元はアメリカのトラディショナルスタイルのファッションをイメージして日本人が真似たことから始まりました。

戦後の1950年代、日本は豊かさを取り戻し始め、人々はアメリカの文化に興味を持ち始めました。特に、当時はアメリカ東部の有名私立大学の構成する団体「アイビーリーグ」の学生のファッションが流行っており、メディアを通して日本にもそれが伝わってきました。

アイビーリーグのスタイルの特徴としては、オーバーサイズのボタンジャケットやカーディガン、チルデンニット、そして大き目なパンツが挙げられます。色味もグレーやブラウン、チェック柄等、当時の若者向けといえども落ち着いた印象のものがよく見られました。

そのようなスタイルが、当時の日本のビジネスマンに伝わり、流行を生んだのが日本のトラッドファッションの始まりでした。

女性のためのトラッドファッション

このように、男性がビジネスシーンで身にまとうことが多かったトラッドファッションですが、70年代後半から日本では女性の間にもトラッドファッションが流行り始めたのです。当時は、ネイビーブレザーやポロシャツ、そしてジャケットとセットアップのキュロットやスカートが女性の間で人気でした。そのトラッドファッションが新しくなって日本の女性ファッションの流行として戻ってきたのです。

昨年から女性に人気なのが、かなりマニッシュ(男性的)な印象を与えるトラッドファッションです。オーバーサイズのジャケットにボタンダウンシャツ等、トラッドの基本はそのままに、それらにワイドパンツやタイトスカートを合わせるのが今年風です。

特に、ジャケットとボトムスがセットアップになっているものが流行ると予想されています。落ち着いた色味や柄でシックにまとめつつ、大き目のシルエットで個性を出すスタイルです。シックな柄にすればビジネスにも着ていけますし、少し個性的な柄や形ならデートや女子会等、どんなシーンにも対応できます。

華やかさや可愛さの中にも落ち着いた色合いがあるのが特徴です。

⑨あると便利な30代ママのその他ファッションアイテム

幼稚園の送迎や、小学校の参観日など30代の女性のうちでもママはどんなファッションをしたら良いのか迷いがあります。フォーマルすぎず、カジュアルすぎず、浮かないファッションにあると活躍するアイテムを紹介します。

新学期や入学シーズンで新しい出会いもある時期です。使いまわし度の高いアイテムでコーデをしてみましょう。子供の友達ママさんと仲良くなるためにも、30代らしいママコーデは必須です。

ジャケット

まだ寒い季節には羽織ものが欲しい日もあります。そういう時に1枚あるとかなり活躍するのがトレンチコートです。トレンチといってもキャリアウーマンのようなかっちり目のものよりも、とろみのある素材のほうが柔らかく女性らしい印象がありママ向けです。黒や白よりもベージュ系だとどんなファッションにも合わせやすいですね。

デニムジャケットも1枚あると便利なアイテムです。女性らしいファッションの崩しにぴったりです。ちょっとシンプルになりがちなシャツワンピのトップスに合わせて着てみてましょう。袖を通さずに肩掛けで使ってもOKです。半袖はまだ早いけど、という時にもデニムジャケットだと体温調節しやすくて便利です。

ギンガムチェックの小物

今年トレンド柄であるギンガムチェックは、小物で取り入れるのもおすすめ!おしゃれ上級者にも見えます。コーデによっては少し子供っぽく見えてしまいますので、大胆なアイテムよりもさりげなさがママコーデ向きです。

2018年春夏トレンドカラー(流行色)、柄、ファッションアイテムを発表!

2018.02.03

白トップス

そろそろ子供の手も離れて服を汚されなくなってきたらぜひ着たいのが白のトップスです。白は汚れが目立つ色ですのでこの色を着ることができるというのは、清潔感があってできるママにも見えますね。

コーデもしやすいですし、白にはハイライト効果があるので顔色を明るく見せて若々しい雰囲気を演出できます。

ほんのり甘いデザインをプラスしたブラウスです。袖のきかがくレース、襟元のはしごレース、袖のパフスリーブなどのデザインが、程よく可愛さ主張する一着です。

14番リネン・パフ袖レースブラウス

まずジャカード生地が美しい!そしてその上の透し模様も美しい!レースのように繊細に仕上げた美しい半袖ブラウスです。コンパクトなサイズ感で、裾に向かって広がるフレアシルエットが可愛い一着です。

カットジャカード・半袖ブラウス

大人っぽい落ち着いたエレガントな雰囲気のあるブラウスです。肩から裾にかけてあしらった繊細なフワラーレースがおしゃれポイントです!

超長綿モチーフレース・プルオーバー

ドゥクラッセの今一番人気のダブルフロントTシャツ(5分袖)です。体に張り付かず、ゆとりのあるシルエットで快適な着心地を叶えつつ、ネックや肩のカッティングでおしゃれ感もプラス!さらに最高級コットン素材を使用しているので、品格のある印象も与えます。インナーが透けない2重仕立てです。

ダブルフロントT/ボート5分袖

Vネックタイプもあります。

ダブルフロントT/Vネック5分袖

可愛い印象が強まるフレンチ袖のタイプも新登場です!

ダブルフロントT/ジュエルフレンチ袖

秋に向けて長袖も登場です!ゆとりシルエットで抜け感ある着こなしができ、超長綿100%で肌触りと着心地抜群の一着です。

ダブルフロント・リラックスプルオーバー

控えめな肩開きカットソーです。ちらりとのぞくデコルテがさりげなく女性らしさをアピールします。薄地なので涼しいです。ほんのり透けるのでインナーと合わましょう。

肩開きカットソー

しっかりした生地なのでよれず、ドライな肌触りが心地良いサマーニットトップスです。袖のリブを使ったプリーツデザインがさりげないおしゃれなポイントです。

サマーニットトップス

花柄は大きめを選んで

大人の女性らしいエレガントさが感じられるのが花柄ですが、この春には大きめの花柄がオススメです。今年のトレンド柄でもあります。一枚でぱっと華やかな印象になりますので、他はシンプルなコーデを心がけてみてください。1つあると流行も押さえてオシャレな雰囲気になりますね。

2018年春夏のトレンドファッション「流行ファッションは?」

2018.02.25

ぺたんこ靴

ママになってから愛用している人も多いのがヒールのない靴です。ヒールのある靴はオシャレなのですが、あまり派手すぎると敬遠されてしまいます。活動的になるためにもヒールがないほうが便利です。スニーカーだとカジュアルすぎますので、参観日にもぺたんこ靴はおすすめです。

【秋冬のパンプスコーデ】人気ブランドの種類と履きこなし2018

2018.01.05

※周囲から浮かないママコーデでは、派手になりすぎないように選ぶことが大切です。特にハイブランドのバッグや靴などは学校や幼稚園によっては不快に思われることもあります。オシャレで派手なファッションはプライベートだけに控えておくのが無難ですね。

30代というのは子供っぽい格好はできないけれど、落ち着くにはまだ早い年代です。一番ファッションの選び方が難しい年代ですが、トレンドばかりに走らずに定番を意識して、来年も着まわしに使えそうなアイテムを選ぶと失敗がありませんよ!

まとめ

子どもがいると「お洒落が出来ない」と悩んでいるママにも、トラッドファッションはぴったりです。パンツスタイルにすれば動き易く、子どもとの外出にも丁度良いでしょう。また、プチプライスなものもかなり売り出されているので、今年の流行を安価で手に入れることが出来、お財布にも優しいファッションといえます。

もともと男性の間で流行していたトラッドファッションですが、今ではすっかり女性の間にも浸透してきています。少しマニッシュな印象の服を着ることで、より女性らしさを際立たせることも出来、そのコントラストが魅力の今年の人気スタイルです。トラッドファッションは、春夏は何を着たら良いか分からない方、お洒落をしていてもたくさん動きたい方におすすめの今年春夏のファッションです。

今回紹介したブランドは、今年本当に30代の女性ファン急上昇のオリジナルブランド「DoCLASSEI(ドゥクラッセ)」です。

高品質でハイセンスな30代40代の大人の女性向けのファッションブランド「DoCLASSE」。”上質な洋服=高い”の常識を覆すをモットーにリーズナブルな価格で良い商品をお届けします。気に入らなかった場合、返品も受け付けているので安心です。

<<DoCLASSEの特徴>>

  • 30代、40代からの大人輝く上質な洋服をリーズナブルに販売をモットーにしている
  • 返品はいつでも何度でもOK!
  • Lineの友達追加、カタログ請求、メルマガ登録で送料無料

⇒公式ホームページ:DoCLASSE



関連記事:

【10月秋女性の服装】大人レディースファッションコーデ2018

2018.09.29

【30代アラサー女性必見】秋トレンドレディースファッションコーデ2018

2018.09.03

【最新おしゃれママファッション】秋の20代30代40代ママコーデ2018

2018.09.03

2018年秋冬のトレンドファッション「流行ファッションは?」

2018.01.04

30代40代レディース必見!2018年プチプラで人気アクセサリー通販ブランド

2018.01.04

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2018年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2018年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック