メイク下地・化粧下地は、化粧水(ローション)と乳液だけ!肌に優しい負担を減らす

ここではメイク下地・化粧下地に拭き取りローション、UVカット乳液、化粧水を使っている女性たちの使用感や体験談を紹介します。

化粧下地は「拭き取りローション、UVカット入りの乳液」

たくさんの化粧品が発売され、

「肌を綺麗に見せる」

「カバー力がいい」

「発色がいい」

「リフトアップが出来ちゃう」

などといったキャッチコピーのもと、女性陣は毎回一喜一憂しますよね。

確かに新しいものは、とても魅力なのですが、”忘れてはいませんか?”

その新しく魅力的な化粧品を、”はたしてあなたは使いこなせているのか?”

そんな疑問が見え隠れするようになったあなたに、一旦初心に返り、朝の肌作りから始めてみることをおすすめします。それも超時短でありながら、一日中崩れなしのシンプルケアです。

お肌について悩んだり、考え出したらまずはシンプルに返るが基本であります。

私がシンプルを徹底して良かったなぁと思う点が2つあります。

①1つめは、やはり時短が出来ること。

ものの数分で朝のスキンケアが終えるので嬉しいですよね。

②2つめは、肌が頑張ろうとしているのが分かること。

お疲れ肌だった自分の肌が自ら再生力をつけているかのようにみずみずしい弾力に変わっていく様子が見られました。肌にも居心地がいい環境というのがあるんです。

その徹底的にシンプルにこだわり私が見つけた朝のケア方法は、

『拭き取りローションで顔の汚れを取り、UVカット入りの乳液を顔につけるだけ。』

はい。これだけ。これで朝のスキンケアは終了!眉毛を描いたら外に行っても大丈夫!といった具合です。

実際には目の化粧だったり、チークだったりとメイクはしますが、基本のスキンケアはこれで十分。拭き取りローションが家にない方は化粧水でも大丈夫ですよ!

夜寝る前に溜まった埃や顔のゴミを取るということが大事です!洗顔のようにごしごし洗いすぎない事が大事なのでさらりと拭き取ってみてください。UVカット入りの乳液にも色々タイプがありますが、もっちり肌を目指すなら、肌ラボの極潤ホワイトUVゲルがおすすめです。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

物足りないと思うくらいのシンプルスキンケアが一番肌持ちを良くしてくれますよ。シンプルがゆえに崩れようがなく、乳液の保湿感で肌はワントーン明るめに見えます。

正直言えば節約にもなりますから、その分夜のスキンケアにお金をかけてあげられます。

「拭き取りローション、UVカット入りの乳液」を見つけるのが、このシンプルケアにはとても大切です。

私には合うけど、他の人には合わないということもあると思います。そう道具選びが一番大事になってきますよ。乾燥肌であればとにかく保湿重視で、混合肌であればテクスチャーは軽めがベター、乾燥個所に入念なケアを。オイリータイプであればとにかくサラサラしたテクスチャーを見つけること。

自分に合ったベストな1本を見つけてくださいね。

私は今年に入って、この徹底的にシンプルにこだわったスキンケアをしてきました。これだけシンプル時短な方法ですが、肌の調子や化粧ノリが良くなる以外に、顔が全く日焼けしなかった事がアラサーの私には有り難かったです。あまりにもシンプルケアで日差しの中に飛び込むのは実際どうなのかとも思っていましたが、問題なしでした。

あくまで肌に対しては、シンプルが一番と気付かされました。

化粧下地は「化粧水」だけ!

ストレスを感じないメイク下地を紹介します。

メイクをする時にベースとなるのが「下地」です。メイクでは大切ですよね。

下地をしっかりしておくとメイク崩れもしにくくなります。

筆者の肌は基本は敏感肌で、季節によって乾燥肌にもオイリー肌にもなります。なので下地に使うクリーム・リキッド選びにも苦労してきました。

自分の肌に合わないものだと、すぐに吹き出物や赤みを帯びてしまうなどの肌トラブルを起こしてしまいます。普段から自分の肌に合うメイク道具選びが大変という悩める女性の為に、おススメしたい下地の方法があるんです。

筆者がおススメする下地の方法は、肌への負担が少ないので肌トラブルが少なくなります。それと下地独特の重たさを感じる事も少なくなるのでメイクをしている時でも快適に過ごす事ができます。

下地は化粧水で十分!

使うのは下地専用のクリームやリキッドではなく、普段自分が使っている化粧水です。普段から使っている化粧水であれば、自分の肌との相性もピッタリですよね。

メイクを始める前に洗顔をしてその後に化粧水を肌に馴染ませていきしょう。量は普段よりもたっぷりと多めに馴染ませていきます。

この馴染ませた化粧水を下地代わりにしてメイクをしていきます。メイクは自分が普段している手順でしていきます。

化粧水を下地にするコツ

筆者は化粧水を下地代わりにして数年たちました。以前使っていた下地専用のクリームよりも、化粧ノリが良くなりました。

最初こそ化粧水のみの顔にメイクをしていく事に抵抗があるかもしれませんが、続けていくと普段よりもファンデーションのノリが良くなっている事を実感できるはずです。

化粧水を塗り込んでいく時にたっぷりの量を馴染ませる事がポイントになります。

もう一つのコツは化粧水を馴染ませたら時間をあけずにメイクをする事です。コツをつかんでしまえばすぐに慣れてきますよ。

下地を化粧水にしてから数年たった今では、以前よりも肌トラブルも減りました。自分の肌に合ったスキンケア用の化粧水なので肌への負担も少なくなるんですね。

そしてもう一つの嬉しいポイントは化粧崩れがしにくくなるという点です。メイクをしている時の重たさやストレスも以前より少なくなりました。

化粧水をたくさん使えば減りが早くなって出費がかさむ?と心配になるかもしれませんが下地専用のクリーム・リキッドを買う必要が無くなるので、かかる費用はほとんど変わらないんですよ。

肌への負担が少なくなる事でメイクをしていても快適に過ごす事ができるようになります。外出や職場など女性はメイクをする色んな機会がありますよね。

メイクをすると一日の終わりには重たく感じたり化粧崩れも気になって「帰ってメイクを早く落としたい…。」という気持ちになってしまいます。

メイクをして出かける日には、できるだけストレスを感じずに綺麗でいる事を楽しむ事ができればメイクを嫌いにならずに充実した毎日を送る事ができるでしょう。

安いしおすすめ!2017年一番人気の化粧水、乳液、美容液はこれです

2017.07.21

30代の乾燥小ジワ対策!紫外線カットのクリーム,美容液,下地がおすすめです

2017.07.13

30代,40代の脂性肌(オイリー肌)に人気!おすすめ化粧下地ランキング

2017.06.19

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2017年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2017年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック