乾燥して唇が荒れる人必見!保湿重視のリップケアで翌日には綺麗に

リップはお顔の中で一番先に目が行く部分です。ものを食べている時、話している時、ふと人の視線はリップに向いています。だからこそ、綺麗に色を塗りたいし、乾燥や縦シワなんて見せたくないものです。乾燥しやすい、唇の皮がむけやすい人にお勧めのケアがあります。

お肌のターンオーバーは約一ヵ月ですが、唇だけは別です。唇の皮は3~4日、長くても約一週間で生まれ変わります。そんな繊細なリップの大事なポイントは保湿です。食べたり話したりで一日中動かしている唇は、水分と油分の影響を強く受けます。その為、メイクがどこの部分よりも剥げやすいです。何度も塗り直した方が綺麗が持続しますが、そんな時間が作れなかったり、面倒だったりで中々ケアができない人も多いのではないでしょうか。

事前のケアで効果的に保湿を行うと、潤った唇が長続きします。

唇ケア

今回は、冬に向けて潤いがなくなり、唇がカサカサになってしまうという女性に向けた有益な情報をご紹介します。リップを塗っているのに気付いたらやはりカサカサだし、根本的解決になっていないと感じている人は多いのではないでしょうか。

秋になるとリップのテレビCMなどが多くなりますが、どれを買えば良いのやらと困ることも。一度買えば長く使えるのですが、自分に合わないものを買ってしまうとすぐ使わなくなるのももったいないですし、唇に直接塗るものですからフリマアプリなどで出品しても売れません。

ここでは、おすすめの解決方法と選ぶべきリップについて書いていきます。

唇のかさつきがなくなれば、以前にもまして顔に自信がつくこと間違いなしです。美容に気を遣ってスキンケアに力を入れる人は多いですが、唇だってスキンケアのうちの一つ。ここだけカサカサだったら男性陣に向けてだけでなく女性の目も気になってしまいますよね。だから常に潤いが保てる唇でいることは自信を付ける上でも大切なことなのです。これからの冬は困らないように悩みを払しょくしましょう。

1.砂糖を使う唇ケア

やり方①

具体的な方法としては、まずリップを塗る前に1分で終了する簡単なケアをおすすめします。それは、砂糖を適量手のひらに乗せ、水で少し湿らせてから唇に塗ることです。この時、はがれかけている唇の皮をとるように少し強く塗り込むように意識してください。

砂糖の大きさと固さがちょうど唇の皮を取ってスムーズにするのに向いており、また、口にいれても大丈夫なものなので安心して使えるのです。

30秒くらいで終了し、残った砂糖を取りましょう。食べちゃっても良いですね。これが終わると鏡で見た時にかなりキレイになっていることがわかると思います。

こすったことによって血行が良くなり、まるで口紅を塗ったように赤みがさしていることもわかるでしょう。これが1分で終わるので、この後でリップを塗ります。

この時、白いリップを塗るとしばらく経ってから唇の中の方に白いものができる人はいませんか?このような方は、それが目立たないよう自分の唇の色と同じリップを塗ることをおすすめします。色付きリップなら簡単に手に入りますよね。これで唇のケアは完成です。

私自身、唇のかさつきには毎年参っていたのですが、この砂糖作戦をしてからリップを塗るようにしたらいつもはリップを塗りなおしていたのがなくなりました。仕事途中などで気になるくらいなら、家で1分砂糖作戦をやってから出かけた方が気が楽です。口紅も塗りたいという方は、リップを塗った上からまた塗っても差し支えないので是非やってみてください。スキンケアは肌だけではなく唇も忘れずにやって乾燥する冬を乗り越えましょう!

色々なリップが出ているものの、潤いが多そうな商品を選んだところでやはり皮がめくれていたら唇に上手く乗せられないし、かといって無理にはがそうとしたら血が出て後でかさぶたになってしまったという悲しい経験はもうしないようにしましょう。リップ一つでリップのケアなしでは少し無理があるので、どんなに良い商品を手に入れても元となる唇のケアを怠らないことが大切です。

やり方②

こちらのやり方は、砂糖とはちみつを1:1の分量で混ぜるだけですので、家にあるものだけで簡単に作ることができます。砂糖の保湿効果と、はちみつの抗酸化作用によって、唇の余分な角質を取り除きつつ乾燥対策ができます。

はちみつがない場合は、オリーブオイルでも代用できます。もちろん使い方もかんたんです。まず、スチームタオルをガサガサになった唇にあてて柔らかくします。その後、やさしくなでるように、くるくると円を描きながらスクラブを唇に塗り込んでいきます。この際、人差し指や中指では力が入りすぎてしまうので、薬指を使ってください。

スクラブした後は、ぬるま湯でやさしく洗い流してから保湿します。

また、香りを楽しみたい方には、ハンドメイドコスメショップ【RUSH】の『リップスクラブ』がおすすめです。現在は10種類以上の商品が販売されているので、色々と試してお気に入りの香りを見つけてみてください。

私が愛用しているのは『バブルガムフレーバー』です。ピンク色の見た目で可愛らしく、甘い香りに包まれます。唇のお手入れが少し楽しくなります。

2.リップエステの機械を使って行うケア

皆さんは、リップエステという言葉をご存知ですか?美容商品の中でも人気が出てきているこのリップをプルプルにしてくれる小型機、売れているそうですよ。

季節の変わり目でリップがかさつき始めたという時、リップクリームを塗っているのにイマイチ効果を感じられないという時、リップエステを始めてみてください。エステサロンではあまりリップに特化したサービスがありませんが、家で手軽にできるのでむしろありがたいという方も多いでしょう。

このリップエステの機械を使うことによってリップクリームがリップの縦じわの奥まで届くようになり、乾燥したリップがうるつやになります。

この機械は単4電池2本で動くようになっており、リップクリームを温めて溶かすことによってリップの奥にまで浸透させることに成功しています。縦じわがあるのでリップクリームを塗る時には横に滑らせるのではなく縦に塗る方が良いと聞いたことがある方もいるかもしれませんね。しかし、冬は寒いのでそのリップクリームが硬いままでせっかく縦に塗っても結局は表面だけしか塗れないこともあるのです。リップエステなら電池を使って機械を温めてくれるので、リップクリームが程よく溶けてくれるのです。

リップエステの使い方は簡単です。リップに当てる、それだけです。機械といってもかなり小型なので持ち運びにも便利という点がメリットですね。だから女子会やデート、合コンなどにも持って行けます。一度リップクリームをとってからリップそのものをケアするタイプではないというところも魅力でしょう。

むしろリップクリームを塗った状態でのケアができるということで、メイク直しの手間が省けるというものです。この点ではメイク後にできる斬新なケアと言えるかもしれません。

リップのケアはすっぴんの時も大事ですが、リップクリームを塗った後のケアは今まで確たるものがありませんでした。ですが、これからはリップケアといったらすっぴん時の時と、リップクリームを塗った後のことで2パターンを意味するようになるかもしれません。

リップクリームが固いままだと、あとで喋っている間に口の中の方に集まってきたものが白く見えることがあるため、リップエステはこれを防ぐ効果も期待できます。見栄え良くしてくれるため、その上からお気に入りの口紅を塗れば崩れ防止にもなります。冬になるとリップの皮が捲れてしまい、上手くクリームを塗れないからといって皮を取ってしまう方もいますよね。私も気持ちはわかりますが、それでは解決にならないのでこれからはリップエステに頼ってみましょう。

うるうるつやつやの唇を手に入れたいと思うものの、ドラッグストアで売っているとても魅力的に見えるリップクリームを塗ってもその宣伝のような効果が現れないということは多々あるようです。リップクリームだけでは効果が出ないのは寒くて固まってしまっていることにあると気付けば、リップエステの仕組みにも納得がいくでしょう。

 

3.リップクリームやリップオイル

私は前夜の保湿を怠ると、翌日の午前中くらいから乾燥がはじまります。一度ひどく乾燥してしまうと、唇の縦シワが特に消えてくれません。乾燥する時期であれば、皮が剥けてしまったりと悪化することもありました。

時間があるならば、リップクリームやリップオイルをたっぷり塗った後にラップで唇をパックすると、保湿成分が短時間で浸透しやすくなります。

唇の皮が剥け変わる時期には、お風呂などでふやけた皮を優しく取り除いています。古い皮があることで、保湿やメイクの邪魔になるから定期的にケアします。まだ剥けていない皮を無理に引っ張ると、唇に凹凸ができてしまい、リップメイクが綺麗にできません。無理に引き剥がさないように注意してください。

保湿の道は一日にして成らず。前夜からのちょっとしたポイントを抑えるだけで、翌日は綺麗が持続しやすくなります。ほんのひと手間を大切にしてみませんか?それだけで、あなたのメイクがより良く変わるかもしれません。

口コミ①

「唇がカサカサしている」「唇の皮がむけて痛い」「口紅を塗っても唇がすぐ荒れてリップメイクが浮いてしまう」ということを経験した方は多くいるのではないでしょうか。そんな唇に悩みを抱えている方、もっと潤った健康な唇にしたい方へ向けたリップケアの3つの方法をご紹介します。

この3つのポイントを実践することで、乾燥知らずのプルプルとした唇になることができます♪

【リップケアの3つの方法】

  1. リップクリーム+ワセリンでの保湿
  2. 大切な日の前日に!リップパックでスペシャルケア
  3. 普段使いも特別な日もOK!乾燥しらずなリップメイク
リップクリーム+ワセリンでの保湿

唇のカサつきやひび割れ、皮むけなどの=主な原因は「乾燥」からくるものです。唇の皮膚は特に薄いためよりデリケートです。このため、気温の低下や体調の変化で唇のトラブルはすぐに表れます。

そこで重要なのは「保湿」です。お化粧しない時も、お化粧をする前もまず、リップクリームでしっかりと唇を保湿してください。このとき、リップクリームの塗り方は、まずリップクリームを当てて、唇の温度で少しリップクリームが溶けるのを待ってから唇の縦の線に沿って、上から下に縦に塗っていただきたいです。

リップクリームが固い状態のまま左右に塗ってしまうと、唇の皮膚が引っぱられてしまい皮むけなどの唇の荒れをさらにふやしてしまうことがあるので気をつけてください。

リップクリームのあとはワセリンを指に取り、唇にやさしくのせます。このときもゴシゴシではなく唇を守るようにそっとつけるのがポイントです。ワセリンは一般的な薬局やAmazonなどのネットで手に入れることができます。

②大切な日の前日に!リップパックでスペシャルケア

デート前やお友達との約束、お仕事で気合を入れたい日など大切な日の前日におススメなのが「リップパック」です。市販でも唇専用のパックは手に入りますがご自宅でもできる手作りパックをご紹介します。

<<用意するもの>>

  • ワセリン
  • サランラップ

<<お手製リップパックの方法>>

まず、しっかり保湿した唇にワセリンをやさしくなじませます。「こんなにつけても大丈夫?」というくらいたっぷりつけてください。その後、サランラップを唇が隠れるくらいの大きさに切り、ワセリンを塗った唇の上からサランラップで覆ってください。

その後5分から7分ほど、そのままの状態で時間を置きます。時間になったら、やさしくサランラップを外してください。より潤った唇があらわれるはずです。

③普段使いも特別な日もOK!乾燥しらずなリップメイク

唇のトラブルでリップメイクがはがれ落ちてしまう方や、リップメイクをすると途端に唇が荒れてしまう方におすすめのリップメイクです。

使うものは、

  1. UVカット効果があるリップクリーム
  2. リップバーム
  3. グロス

の3つです。

唇も皮膚のひとつなので紫外線は大敵です。リップクリームは紫外線対策がそなわったものを選びましょう。

まず、下地にリップクリームを塗り、乾燥しない唇の土台を作ってください。次に、色のついたリップバームを塗ります。普通の口紅や、ティントと比較してやわらかい質感で潤いもあるため唇への負担が少なくできます。最後に、グロスをポンポンとなじませて完成です。リップバームの上から重ねることで唇を乾燥から守ってくれます。

この3つの方法を実際にすることで普段から唇が乾燥して、皮むけなどを起こしていた私も唇がカサカサしたり、乾燥して痛くなってしまうことがとても減ったように感じました。リップパックは自宅でお手軽にできるので大切な日の前日に限らず週に何度もしやすいかと思います。ぜひ日常に取り入れてみてください♪

唇は、保湿と普段のリップメイクで乾燥を防ぐことで驚くほど潤ってより魅力的になります。

口コミ②

次に、私がいつも唇の保湿に使っている化粧品を3つご紹介します。

①1つ目は『ホホバオイル』です。

私がいつも使っているのは【無印良品】のもので、プチプラで手に入ります。ホホバオイルの主成分は皮脂と同じワックスエステルですので、敏感な唇にも安心して使うことができます。

乾燥がひどいときには、ホホバオイルを塗った後にラップをかぶせて5分から10分ほど唇パックをしています。これにより、艶やかでふっくらとした唇になります。ホホバオイルで保湿をしていたら、唇のしみが無くなったという口コミもあるので試してみる価値は十分にあります。

②2つ目は、【無印良品】の『リップエッセンス』です。

これもプチプラで手に入ります。この商品は唇用の美溶液で、一般的なリップクリームとは大きく異なり、ねっとりとした感触です。少量使っただけでも濡れたような、うるうるとした唇になるので、リップグロスとしても使うことができます。また、この美容液の最大の特長は、驚くほど潤いが持続することです。たとえば、就寝前に塗ると朝まで唇がしっとりとしています。この美容液を使い始めてからは、唇がガサガサでメイク前に慌てるといったことがなくなりました。

③3つ目は、【DHC】の『薬用リップクリーム』です。

しっとりとした使い心地なので、美容液のようなべたべたした感触が苦手な方におすすめです。保湿力は2つ目に紹介した美容液には劣るものの、今まで試した薬用リップクリームの中では1番保湿力が高いです。スティックタイプなので、手軽に塗り直すことができ、日中の乾燥対策として重宝しています。

今回紹介したスキンケアはどれも手軽にできるものばかりですので、ぜひ試してみてください。冬でもぷるぷるに潤った、艶めく唇を目指してみましょう。

関連記事:

デパコスからプチプラまで!今年おすすめで流行のリップオイルとモテ唇効果

リップスクラブの唇のケア効果と使い方とプチプラおすすめブランド

口紅・リップで唇が乾燥する時のおすすめケア方法とプチプラブランド秋冬

【効果がすごい】乾燥、敏感、荒れた唇におすすめリップバーム(バームリップ)

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック