乾燥しやすい秋のスキンケアは保湿が大事!一番おすすめブランドも2020

暑い夏の紫外線を浴びたお肌は、たくさんダメージを受けています。秋へと向かう今の時期を大切にケアしていきましょう。秋は、汗や皮脂の減少と共に空気はどんどん乾燥していきます。水分が失われたお肌は、ちょっとした刺激にも敏感になっています。今回は、秋だからこそ注意したいスキンケアのポイントや正しいお手入れ方法、この時期だからこそとりいれたいプラスケアをご紹介致します。

秋に入る前にスキンケアをしっかり行っておかないと、肌の老化が一気に進み気づいた頃には老け顔になっている、なんてこともあります。なんだかお肌がガサガサするな、ゴワゴワするなと感じたらそれは夏の紫外線によるお肌のダメージと季節の変わり目でお肌が非常に敏感になっていることが考えられます。

新陳代謝も乱れ、お肌のバランスが崩れやすいこの時期は、保湿機能が低下しやすくなります。保湿機能が低下すると、お肌を正常に保ってくれるバリア機能も乱れ肌トラブルが起こりやすくなるので注意しましょう。

この時期は、お肌にたっぷり水分を与えて潤いを閉じ込めることが大切です!潤いを閉じ込めることが大切、というのは頭では分っているけど実際に行動に移すとしたらどんなケアをしたらいい分からないという方が多いと思います。

ポイントは、毎日のスキンケアにあります。

洗顔をする時に、汚れを落とそうと何度もこすったりゴシゴシ洗う方がいますが、これはお肌には逆効果です。お肌の洗いすぎは、乾燥を招きお肌の老化を進めてしまいます。

キーワードは、優しく手早くさっと洗うこと、洗い流す時はぬるま湯で洗ってお肌を傷つけないことが大切です。

そして汚れを落としたお肌に水分補給をしていきます。お肌に化粧水をつけることで、乾燥を防ぎます。ただ、化粧水がしっかりお肌の奥まで浸透したなと思ったら丁寧に美容液と乳液を塗っていきます。乳液の油分で保湿成分を蓋することで、お肌の乾燥を防ぎ長時間潤いを閉じ込めてくれます。

もし、このポイントを抑えてケアしているのに乾燥が気になるという方は「セラミド」が沢山配合されたスキンケア用品を選ぶようにしましょう。

セラミドには、水分をサンドイッチのように挟む性質があります。この性質を利用して、お肌の水分を逃がさないように水分を保持するケアがおすすめです。セラミドで水分をしっかり保持することができれば、外からの刺激を受けてもお肌を守ってくれるだけでなく、バリア機能を高めてくれる性質があります。お肌を健康に健やかに保つためにはこうしたセラミドが配合されたスキンケア用品を使ってみましょう。

もし、化粧水だけでなくお肌の内側からもとりいれてケアしたい、という方は普段の食事の中で「こんにゃく」をとるようにするといいですね。こんにゃくには、セラミドが沢山含まれているのでお肌の内側からケアするにはぴったりです。そして化粧水でセラミドが沢山含まれたものを使うことで、内側と外側からケアすることができます。お肌を健やかに保つために、是非外側だけでなく内側からもケアしてあげましょう。

秋になる前に乾燥肌を防ぎ、健やかな素肌づくりを始めましょう。毎日のスキンケアをちょっと気を付けるだけでお肌の状態が変わってきます。是非、試してみてくださいね。

秋の乾燥に気をつけるスキンケアが大事

秋のスキンケアをしっかりすれば、これから迎える「冬」の寒い時期も潤いのある美肌を手に入れることができます。季節の変わり目で乾燥しやすく、敏感になりやすいこの時期を乗り切ることが大切です。そのためには、秋のスキンケアをしっかりマスターしていきましょう。ちなみに9月から10月にかけて「乾燥肌」で検索する人の数は、通常の2.5倍になるともいわれ、乾燥肌で悩む女性が非常に多いのがこの時期の特徴です。秋の乾燥が気になる方は、是非正しいスキンケアをマスターしてこれから迎える寒い冬を乗り切りましょう。

まずは、秋の乾燥の原因について主な原因を三つご紹介致します。

①一つ目は、夏の紫外線によるダメージです。

夏に受けた紫外線のダメージが秋になって、お肌の表面に出てくることで乾燥してしまうのです。夏に浴びてしまった紫外線が蓄積し、お肌のバリア機能が低下することでお肌が、刺激を感じやすくなり乾燥してしまうのです。お肌を守るバリア機能の低下は、乾燥だけでなく様々な肌トラブルを引き起こす原因になるので、秋も引き続き紫外線対策を徹底しましょう。

②そして二つ目は、気温や湿度の低下によるものです。

夏から秋にかけて、気温が下がり体感温度も涼しくなって過ごしやすい季節になるのですが、湿度は10月をピークにがくっと下がります。一年の中で最も湿度が下がるこの時期は、気温と湿度が一気に下がる時期なので、お肌の水分量が低下しやすく乾燥肌の原因になってしまうのです。お肌は水分が不足し潤い不足になると、角質がめくれてしまいそこから更に水分が蒸発していきます。放っておくとお肌はカサカサになってしまい、乾燥の原因になるのです。

③そして、三つ目は乾燥した気候のもとでは、皮脂量も減少しやすいです。

皮脂量が減ってしまうと、お肌の乾燥を防ぎ潤いを保つ皮脂が少なくなるので、これもまた乾燥の原因となってしまうのです。皮脂は、過剰に分泌されると肌トラブルの原因になりますが、必要以上に減少してしてしまうと乾燥の原因になるため適度な皮脂量を保つことが大切です。

そこで、乾燥を防ぐために大切なのは「取り込むケア」と「とどめるケア」です。

  • 取り込むケアとは、化粧水や美容液などで不足しがちな水分を補給してあげること
  • とどめるケアとは、油性のクリームや乳液を使って取り込んだ水分が蒸発しないようにお肌にとどめてあげること、閉じ込めてあげるケアのことです。

お肌の潤いを適度に保つために欠かせない、細胞間脂質に水分と油分をしっかり補給することで潤いのある美しい美肌を手に入れることができるのです。

この時期の化粧水は、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分がたっぷり含まれたものを選びましょう。もし、洗顔後につっぱる感じがする方はいつものケアにオイルを加えてみてください。潤いを与えてくれるだけでなく、バリア機能回復やお肌のキメを整えてくれる働きがあり、秋のスキンケアには欠かせないアイテムとなっています。

是非、乾燥肌でお悩みの方はこの秋のスキンケアをしっかりマスターして、これから迎える冬に備えていきましょう!

秋のスキンケアは乾燥しないように保湿が大事

そろそろ暑さも和らぎ、秋の訪れがやってきます。涼しくなると、お手入れも少し手を抜きたくなりますが、夏の紫外線をたっぷり浴びたお肌はきちんとお手入れをしてあげないと「シミ」や「そばかす」が増えてしまいます。

秋こそ、そのままにせずに今できるケアをしっかりしていきましょう。今回は、秋のスキンケアについて注意点やおすすめポイントをご紹介したいと思います。

秋はまだ暑さが残る季節ですので、過剰な汗と皮脂分泌によってお肌のバランスが崩れやすい時期でもあります。室内では冷房が効いていて、外にでるとまだ暑いそんな秋こそ乾燥を防ぎ、お肌を健やかで快適な状態にしておくことが大切です。

夏のダメージをそのままにしておくと、表皮の乱れとなって表面に出てくるので注意しながらケアしてあげることが大切です。夏に受けたダメージをそのままにしておくと、お肌の抵抗力が落ちてデリケートになりやすいです。実際に何もケアせずに放っておくと、シミやそばかすが急激に増える、洗顔後にお肌がつっぱりやすくなる、いつもと同じケアをしているのにお肌の調子が何だか変だなと感じるといったように様々なトラブルが出てきます。

他にも毛穴が目立ってきたり、シミやたるみが出てくる方もいます。夏のダメージはそれだけお肌に負担がかっているということですね。なので、秋はそういった夏のダメージをしっかりケアしながら、秋のお肌を健やかに保つケアをしていくことが大切です。

シミやくすみが気になる方は、

  1. まずお肌のターンオーバーが正常に行われるようにすること
  2. メラニンの生成をなるべく抑える工夫

をしていきましょう。例えば、お肌の奥までしっかり化粧水を浸透させて肌の内側からしっかりケアしてあげること、お肌の表面の乾燥を防ぐために、乳液や美容液を使って蓋をしてあげることが大切です。

またお肌のつっぱりが気になる原因は、気温の差や汗や皮脂の分泌が少なる一方でお肌の水分が蒸発しやすくなります。そうなるとお肌の角質層が乱れ、結果としてお肌の水分し肌がふやけた状態になるので、ツヤがなくなりお肌の表面が凸凹したり、綺麗な状態を保てなくなってしまうのです。

これが秋のお肌の肌トラブルの原因です。なので少しでもお肌の状態を良くするために、保湿ケアを徹底して水分の蒸発を防ぐことが大切です。

化粧水をしっかりお肌に浸透させて、美容液でお肌の状態をととのえ、乳液を使って油膜をしてあげることが大切です。是非、秋のお手入れは汚れを落とすだけでなくしっかりとスキンケアをしていきましょう。

スキンケアを徹底することで、お肌の乾燥を防ぎバリア機能や保湿機能を正常な状態に保つことができます。そうなれば、古い角質が綺麗に取り除かれ、新しいお肌と交換できるので綺麗な状態を保つことができるのです。角質層を正常な状態に保つためのケアを徹底し、お肌を健やかに保ちましょう。

あとは、お肌の状態に合わせて美白効果のあるものを選んだり、保湿対策に特化したものを選ぶなどの工夫が大切です。秋こそ、季節の変わり目でお肌はダメージを受けやすくなるので、丁寧なケアが大切です。まずは、基本の洗顔から乳液まで丁寧に行うようにしてくださいね。

毎日の積み重ねが大事!スキンケアのポイントと重要性

スキンケアの基本!「洗顔」から「化粧水」「美容液」「乳液」を塗ってお肌の状態を整えることはとても大切です。

もし、毎日お手入れしているのにお肌の状態がなんだかイマイチだなと感じる方は、年齢に合ったお手入れや化粧品に変えてみるといいかもしれません。お肌の状態は季節によっても大きく変化します。乾燥しやすい時期には、保湿ケアをしっかりと、年齢とともにお肌のターンオーバーも乱れやすくなるので、そういった場合にはピーリングを取り入れて古い角質を取り除いてあげることも大切です。

素肌が綺麗だと、メイクを厚塗りしなくても綺麗に決まります。美人は人は、素肌美人が多いです。お肌をキレイに保つことは、自信にも繋がりますし清潔感があります。毎日忙しい朝もちょっとしたコツをつかむことで、最大限にスキンケアの効果を発揮していきましょう。

①洗顔

まずは、「洗顔」についてみていきます。

洗顔をする時は、ベタつきやすい部分から洗うことがポイントです。実は、お肌は汚れが激しい部分とそうでない部分があります。触ってみた時に、ベタつきやすい部分と乾燥している部分があるのと同じです。理想は、洗顔を終えた後に皮脂量が均一になっていること、これを目指して洗顔をしていきましょう。

洗い方としては、ベタつきやすい部分から徹底して洗うことで毛穴の奥までしっかり汚れを落としていきましょう。

ベタつきやすい毛穴回りやおでこ、あごまわりは特に念入りに洗っていきます。そして洗い終わったら、皮脂分泌が比較的少ない目のまわりや頬というように順番を変えてみましょう。いつもはあまり気にしていなかった方も多いと思いますが、この順番がとても重要です。皮脂分泌が過剰に行われているところから、しっかり洗うことで汚れが落ちやすくなります。

②保湿ケア

そして汚れがしっかり落とした後は、化粧水や美容液をつけてたっぷり保湿ケアをしていきます。

化粧水を選ぶ時は、年齢やお肌の悩みに合わせて成分も選ぶとより効果があります。例えば、毛穴のボツボツが気になる方は洗顔をして汚れを落とすこと以外にも、角質ケアに特化した化粧水を選ぶことでお肌をきゅっと引き締めてくれる効果があります。

古い角質がそのままになっていると、毛穴に汚れがたまり黒ずみの原因やボツボツ毛穴の原因になってしまうので丁寧に取り除くことが大切です。だからといって毛穴を押したり、無理やりピンセットでとったりしないように注意しましょう。毛穴の汚れが気になる時は、ふき取り化粧しを使ったケアもおすすめです。コットンに化粧水を染み込ませて、お肌の汚れを落としながら古い角質をとることでケアする方法です。

そして美容液でお肌の状態を整えて、乳液で油膜をして水分の蒸発を防ぎます。この時、お肌に刺激を与えないようにパッティングしたりせずに、優しく手のひらに化粧水をつけてお肌全体を包み込むようにして付けると良いでしょう。

美容液や乳液も年齢に合ったものを選ぶことで、お肌の染み込み具合が変わってきます。しっかり浸透させることで、毛穴の奥まで浸透し内側から綺麗な素肌を作ってくれます。透明感のある美しいお肌を目指して毎日をケアをしていきましょう。

おまけ:導入液を取り入れてみるのもおすすめです。

お肌がなんだか乾燥しているな、なんだか肌の調子がイマイチと感じたら「導入液」を取り入れてみてください。導入液って名前は聞いたことあるけど、実際に使ったことがない方はどんな使い方をしたらいいのか?またどんな効果があるのか気になりますよね。

導入液とは、固くなったお肌の角質を柔らかくして浸透力を高めてくれる美容液のことです。

別名、ブースターやブースター美容液とも呼ばれています。それでは、導入液も美容液なの?と思うかもしれませんが、一般的な美容液とは少し役割が違います。一般的な美容液は、美白効果や保湿効果を高めてくれる働きのあるものが多いですが、導入液のような美容液は化粧水や乳液などの後に付けるアイテムをより浸透しやすい状態に整えてくれる働きがあります。

スキンケアアイテムの浸透効果を高め、お肌の状態を整え健やかなお肌にしてくれます。

また導入液を使って得られる効果には、お肌が柔らかくなること、これが一番の効果と言えますね。

固くなりやすいお肌の角質を柔らかくしてくれるので、そのままつけても浸透しずらかったお肌が柔らかくなることにより、化粧水の成分がしっかりと肌の奥まで浸透します。そのため、角質層の深層まで届くのでお肌の内側からきちんとケアできるといった効果を期待することができます。

特に私達のお肌は、弱酸性ですが導入液を使うことで一時的にアルカリ性になります。アルカリ性になると、その後につける化粧水が入りやすくなりその後の化粧水の浸透力が変わってきます。もし、今お使いの化粧水がなんだか浸透しずらいなと感じている方は、是非導入液を取り入れてみてください。

導入液は、こんな方におすすめです。例えば、普段から化粧水をつけて乳液をつけてもすぐに乾燥してしまう方、年齢を重ねることで化粧水の浸透が悪いなと感じている方、日常的にお肌がゴワゴワしてしまう、触ると硬いなと感じている方におすすめです。導入液を使うことで、お肌が柔らかくなると驚くほど浸透力が変わります。

使い方はとっても簡単です。

洗顔をして汚れを落とした綺麗なお肌に、コットンや手のひらに導入液をつけてお肌に馴染ませるだけです。しっかりお肌に馴染ませたら、あとはいつものように化粧水や美容液、乳液をぬるだけです。ポイントは、汚れをしっかり落としてお肌の角質を柔らかくすること、これだけで次に使う化粧水の浸透力が変わってきます。もし、乾燥が気になる方年齢肌でお悩みの方は是非、いつものケアに導入液をプラスしてみましょう。

お肌の奥まで化粧水の成分が届くと、お肌の表面を守っているバリア機能も改善してきます。これだけでお肌のキメが整ったり、今まで乱れていた肌の角質層が整うことで全体的にキメのある美しいお肌に仕上げてくれます。お肌の内側からケアすることができる導入液は、これからのエイジングケアとしてもおすすめです。年齢を重ねたお肌だからこそ丁寧にケアしてみてはいかがでしょうか?いつもとお肌の状態が違うなと感じたら是非、とりいれてみてください。

参考記事:化粧水の浸透力が上がる効果!プチプラ人気のブースター(導入)美容液ランキング

秋のおすすめはスキンケアはオルビスユー

保湿ケアをしてもすぐに乾燥する、保湿化粧品はべたつきが苦手、くすみが気になる、こんな悩みがありませんか。10代、20代のころは大きな肌トラブルがなかったのに、30代以降になると急にトラブルが増えてきますよね。

30代以降の肌に着目した化粧品が「オルビスユー」です。毛穴、乾燥、ハリ不足の悩みに働きかけます。

オルビスユーの働き

オルビスユーはシリーズ満足度100%、累計販売数460万個突破、コスメアワード45冠を達成している、話題沸騰の化粧品です。

30代以降になると、毛穴の目立ち、乾燥、ハリ不足など、肌の悩みが増えてきますよね。これらの原因が肌の細胞脱水です。化粧水をつけてもすぐに乾く、化粧のノリが悪い、顔色が暗いなどに当てはまるようなら、肌の細胞脱水に注意が必要です。

皮膚は角質層、表皮、真皮の3層構造になっています。この3層を水分が縦横無尽に巡ることで、みずみずしいうるおいとふっくらとしたハリのある肌に近づきます。それに対して、肌の細胞脱水を起こしていると細胞がシワシワに。しぼんだような状態になってしまいます。

見た目年齢に影響を与える部位が頬です。頬のうるおいがたっぷりで、ぷるっとしたハリ感があると、若々しい印象を与えます。しかし、肌の細胞脱水を起こしていれば頬はしぼんだ状態で、老けた印象を与えてしまうことに。

オルビスユーは「うるおい環境活性化」に着目!

ポイントとなる成分は2つあります。

①1つめは「キーポリンブースター」です。

アマモエキス、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキスを組み合わせた成分が、水の通り道を作って巡りの停滞解消をサポートします。

②2つめは「濃密ウォータージェリー」です。

美しい肌は水環境で引き出されるという考えから、30年以上の年月を費やす手研究した結果、オルビスがたどりついた成分です。水ワセリンのようなリッチなコクとうるおいを持つ成分が、角質層をたっぷりのうるおいで満たしていきます。

オルビスユーは、シンプルに洗顔・化粧水・保湿液の3ステップでケアをしていきます。

①洗顔料

オルビスユー ウォッシュはブースターの役割がある洗顔料です。モロッコ溶岩クレイが汚れを吸着。ハイドロキャッチ成分が化粧水が浸透しやすい環境に整えます。また、ハイドロキャッチ成分を配合することにより、濃密な泡立ちも実現しています。

②化粧水

3ステップの中でもおすすめが化粧水です。VoCE月間ランキング ハリ・弾力部門1位、MAQUIA ONLINE口コミ月間ランキング化粧水部門第1位を獲得しています。

うるおいが巡る肌に近づくためには、水の通り道を作ることはもちろんですが、水分を与える必要があります。化粧水には水分を与える働きと、水溶性の美容成分を与える働きがあります。

化粧水をつけても肌に入っていかないと感じたことがありませんか。これでは、うるおいの巡る肌に近づくことは難しいです。

オルビスユーローションは、とろぱしゃな使用感でつけた瞬間にすーっとなじんでいきます。美容成分が角質層にまで浸透し、浸透した後には肌の上にうるおいの膜を作り、内側からうるおいとハリがあふれるような肌に導きます。

③保湿液

スフレのようなふんわりしたジェリーです。濃密なうるおい感があるのに、軽い使い心地です。乾燥のダメージにさらされがちな肌にうるおいのヴェールを作り、光り輝くような肌に整えていきます。

使い方

ステップ①:洗顔料で顔を洗います。

1cmほどを手のひらまたは泡立てネットに取り出し、卵1個分以上の大きさの泡を作ります。泡を顔にのせて泡をクッションにしながら洗い、最後に水またはぬるま湯で洗い流します。

ステップ②:化粧水をつけます。

手のひらにティースプーン半分ほどの量の化粧水を取り出し、顔全体になじませます。

ステップ③:保湿液を使用します。

小豆1から2粒分を手に取り出し、両頬・額・鼻・あごの5か所にのせます。顔の内側から外側に向かって広げてなじませます。

うるおいが巡る肌に近づくためのポイント!

化粧品を使う順番が重要で、洗顔、化粧水、保湿液の順番でケアを行います。洗顔料には次に使う化粧水の浸透を高める働きがあるので、最初に使うことが重要です。化粧水で水分の通り道を作り、水分と美容成分を与えて、その後に保湿液のヴェールで乾燥から守ります。

化粧水をつけた後には浸透するまでしばらく待ちましょう。角質層まで浸透させることで、内側からふっくらうるおった肌に近づきます。浸透する前に保湿液をつけてしまうと、肌の上で混ざって浸透が妨げられてしまいます。

化粧水をつけるときには、ハンドプレスすることがおすすめです。手のひらでじっくり押さえることと体温により、浸透力が高まることが期待できます。手を放した後には、血色がよいぱっと明るい肌に。水の巡りを高めていきましょう。

口コミ

オルビスユーウォッシュの口コミ

さっぱりしすぎて肌が乾燥してしまったり、汚れ落ちが悪かったりして、納得できる洗顔料に出会えなかったのですが、やっと満足できるものに出会えました。

泡立ちがよくてもこもことした泡が完成します。濃密な泡をクッションにして洗えます。洗いあがりはさっぱりするのにつっぱりません。毛穴がきれいになる気がします。

オルビスユーローションの口コミ

シンプルなボトルが好印象です。こんなにうるおったのは初めてです。ぷるっぷるなうるおいを感じられました。

とろっとした使用感ですが、べたつきがなくてすぐに浸透をします。すーっと入っていくので、重ねづけしてたっぷり使っています。オルビスユー ウォッシュの後に使うと、特に入っていきやすくなります。

つけたあとには肌がもっちりして調子がよいです。他の化粧水を使ったら乾燥してしまったので、やっぱり保湿力がすごいのだと思います。

オルビスユーモイスチャーの口コミ

みずみずしい使用感です。肌の上をするすると伸びていきます。

保湿力が高いのに重くなく、べたつくことがありません。肌をしっとり守ってくれて、朝起きたときもしっとりが続いています。乾燥しやすい秋冬にも心強いです。

お得なトライアルセットがおすすめです!

7日間の体験セットと、ふわふわ抗菌の今治タオルが付いて「980円(税込み、送料無料、翌日発送)」です。この機会に是非試してみてください。

⇒公式ホームぺージ:“見た目を変える”化粧水があなたの肌運命を変える



関連記事:

毛穴の黒ずみケアに本当におすすめ!プチプラスキンケアランキング

30代40代女性の自分に合う毛穴,ハリ,乾燥,くすみにおすすめの化粧水の選び方

ファンデをした時に肌のボツボツ毛穴が気になる!おすすめスキンケア(洗顔,化粧水,美容液,クリーム)

毛穴の角栓がごっそり!口コミで人気のおすすめパックランキング

毛穴の角質におすすめ!プチプラの泡立ち洗顔・泡洗顔料ランキング

毛穴の黒ずみは洗顔からケアしよう!プチプラおすすめ洗顔ランキング

毛穴の黒ずみや角質に効果抜群!人気でおすすめのスクラブ洗顔ランキング

20代後半30代の毛穴におすすめ!スキンケアブランドランキング

毛穴の黒ずみを解消!口コミが人気でおすすめの洗顔料ランキング

毛穴で凸凹?肌がデコボコしている時の原因とおすすめスキンケア