乾燥する季節の変わり目は秋冬のスキンケアがポイント!肌荒れや肌トラブルを防ぐ

「季節の変わり目こそお手入れが肌を変えます!」

過ごしすい季節になり「ホッ」としている方も多いのではないでしょうか。でもちょっと待ってください!

夏の強い紫外線でダメージを受けた秋の肌は「ホッ」となどしていられません。肌の内部で起こるメラノサイトの活性がメラニン生成を助けてしまい、しみ、そばかすの原因になります。

さらにこれから迎える寒い冬は、皮脂分泌の低下や空気の乾燥など、肌トラブルが起こりやすくなります。

このように、きちんとしないと大変なことになる肌のお手入れをあなたは毎日できていますか?

「大して変わらないし」と思っている若い方もきちんとお手入れをしていないと年を取ってから後悔することになります。 ご年配の方も「今さらやっても」なんて思わず、お手入れをした肌は変わります。

特に肌が敏感になる季節の変わり目は注意しましょう。

秋のスキンケアのポイント

秋の肌は、非常に過酷な状態にあります。夏の紫外線によってダメージを受けている状態にもかかわらず、季節の変わり目で肌がデリケートになっている状態。また、秋は空気が乾燥し始めるため、皮脂などの分泌が低下している状態となります。そのため、秋こそ、適切なスキンケアが必要になるのです。

秋は夏の紫外線による後遺症が残っている状態となります。夏の紫外線の影響によって、メラニン生成の活発化し、それに伴うシミ・ソ バカスなどの色素沈着が心配になります。同じように夏の紫外線によって肌は非常に乾燥した状態になっています。そのため、かさつきやざらざら感が気になり、それを放置してしまうことで肌の老化は進んでしまうのです。
そこで、大切なのが適切な肌ケアとなるのです。

秋の正しい肌ケア方法

では、実際、夏に大きなダメージを受けた秋の肌には、どのようなケアをすればいいのでしょうか。

まず初めに、肌の保湿機能やバリア機能を正常化することです。その中で、特に大切なのが角質層の状態です。肌の保湿機能は、この角質層の状態で大きく変化します。

また、肌の汚れは確実に落とすということも大切です。毎日の暮らしの中で肌にはほこりなど多くの刺激物が装着します。ただし、きれいに落としたいからと言って、強いクレンジングなどを使用することはおすすめできません。クレンジング力が強すぎると角質層の状態を悪くしてしまうからです。優しく肌を洗うことを忘れず、洗顔後の保湿ケアを十分に行うことをおすすめします。

では、秋の肌ケアに重要な保湿ケアについてお話します。

ポイントは3つ。

  1. 水分補給
  2. 油分塗布
  3. 水分保持

です。

①水分補給

まず初めに水分補給ですが、洗顔後は、必ずたっぷりの化粧水をつけてあげることが大切になります。必ず、たっぷりとです。もし、高価な化粧水でたっぷり使用することにためらいがある場合は、ランクを落としてもたっぷり使用することをおすすめします。

②油分塗布

次に乳液やクリームなどで油分塗布を行います。そして、最後が水分保持のために使用する美容液の使用です。美容液は乳液やクリームなどよりも高い保湿成分が含まれています。そのため、必ず最後に使用する必要があります。

③水分保持

そのうえで、気になる場合は、角質剥離作用のある化粧品を使用し、夏にたまった古い角質を取り除いてください。そうすることで、肌を生まれ変わらせることができ、くすみやざらつきが気にならない肌にすることができます。

紫外線対策は夏だけではなく、秋も引き続き必要になります。日焼け止めはもちろん、日傘や帽子などでしっかりと紫外線対策を行ったうえで秋に大切なスキンケアを行うようにしてください。

以上が秋に大切なスキンケアとなります。どれも基本的なスキンケんかと思いますが、その基本こそ、秋には必ず守ってほしいものとなります。そうすることで、肌の老化を抑えることができるだけではなく、乾燥が強くなる冬に向け、肌の状態を万全に整えることが可能になります。是非、以上のことを試してみてください。

冬のスキンケアのポイント!

冬になりだいぶ寒くなってきましたね。皆さんは、冬のお手入れどうしていますか?冬だからといって特別なことは何もしていない!という方は要注意です。冬のお肌は、春夏や秋に比べて特に乾燥しやすく、そのままにしておくと乾燥してしまいます。

乾燥は、お肌のトラブルを引き起こす原因になります。少しでも、乾燥対策をしてお肌の潤いを保つために今から出来るケアをはじめましょう。今回は、冬だからこそしておきたいスキンケアについてご紹介します。あまり季節によってスキンケアの方法を変えたことがない、という方は今日から試してみてくださいね。

その前に、まずは冬のスキンケアを怠ると実際にお肌にどんなトラブルが起きてくるのかみていきます。もし一つでも心あたりがある方は、冬のスキンケアを怠っている可能性があります。今から一つでも改善し、潤いのある美肌を目指しましょう。

まずは、お肌の表面が白くカサカサしてしまう乾燥肌です。

これは冬の乾燥肌に起こりやすく、酷い場合にはひび割れが生じたり、皮がむけることもあります。一度お肌の状態を確認してみてください。頬が白くなったりしていませんか?

また敏感肌の方は、化粧水をつけただけでチクチクしたり、ヒリヒリするなどの肌トラブルが起こる場合があります。ちょっとした刺激でもお肌が敏感になりやすいので、注意が必要です。

また頬やあごなどにニキビや吹き出物ができることがあります。また小じわやごわつき、くすみなどもお肌のトラブルが起きている証拠ですので、この機会にスキンケアを見直してみましょう。

それではなぜ、冬のスキンケアを怠るとこのような様々なトラブルが起きてくるのでしょうか?それには深い理由がありました。

実は冬の肌トラブルには、寒い冬の気温と密接な関係があります。気温が寒くなると、私達の体はアウターを着るなど体温を調整することができますが、お肌は外の寒い空気にふれたままになります。そうなると、血流が悪くなりお肌に充分な栄養がいきわたらなくなり、お肌の新陳代謝が悪くなります。代謝が悪くなると、お肌のバリア機能も低下してしまうため、新しいお肌と古いお肌が上手く交換されず、結果としてお肌の状態が悪くなり乾燥やニキビといったトラブルを引き起こしてしまうのです。

また血流が悪くなると、皮脂の分泌も悪くなるので潤いを保つために欠かせない皮脂が不足し乾燥を招くといった悪循環になってしまいます。そうしたトラブルが起こらないように、「保湿ケア」を徹底することが重要です。

具体的な冬の保湿ケアとしては、

  1. まず洗顔をする時にゴシゴシ洗わないこと、優しく汚れを吸着されるようにして洗ってあげましょう。
  2. また化粧水の成分をしっかりお肌の奥まで浸透させるために、ブースター美容液を使って化粧水の浸透力を高めるということも大切です。
  3. もしそれでも浸透力が悪いなと感じたら、拭き取り化粧水をつかって古い角質を取り除いてから行ってみてください。

あとは美容液や乳液、クリームをつかって油分でふたをしたら冬のスキンケアはマスターですね。

是非、今日から試してみてください。

その他の乾燥を防ぐスキンケアの4つのポイント!

季節の変わり目ということで、お肌の乾燥が気になる方も多いと思います。今回は、毎日のスキンケアと生活習慣の改善で美肌を目指す方法をいくつかご紹介したいと思います。毎日、洗顔をして保湿ケアもばっちりしているのにお肌が乾燥するという方は、生活習慣に問題がある場合があります。

またお肌に合っていないスキンケアをしている可能性もあります。このような場合には、しっかりケアを見直すだけでお肌の状態が変わってきます。乾燥が酷いなと思ったら、お肌がトラブルを訴えている証拠です。是非、この機会に見直してみましょう。

①蒸しタオル

お肌が乾燥するなと思ったら、まず試しておきたいのが「蒸しタオル」を使ったホットタオル美容法です。

洗顔をして汚れを落とし、綺麗にしたお肌にいくら高い化粧水を使ってもしっかり浸透しなければ意味がありません。高い化粧水を使っているのに、お肌の状態が安定しない、という方はもしかしたら化粧水がお肌に合っていない可能性もあります。まずは、浸透力を高めてくれるホットタオルを使って浸透力を高めてくれるお肌の土台づくりをしていきましょう。

ホットタオルを使うことで、肌全体が柔らかくなるのでその後につける化粧水や美容液、乳液といったスキンケアアイテムの浸透力が格段に高くなります。浸透力が高まれば、お肌の奥までしっかり届くのでお肌を内側から綺麗にしてくれる働きも期待できます。お肌の角質層が水分で満たされれば、乾燥肌も自然に改善されていきます。

是非、この機会にホットタオルを取り入れてお肌を柔らかくして、スキンケアアイテムの浸透力を高めましょう。やり方はとっても簡単、濡らしたタオルを電子レンジで30秒から1分程温めるだけ、とっても簡単です。

②クリーム

それから、いつものスキンケアアイテムに「クリーム」をプラスしてみましょう。化粧水や美容液をしっかり浸透させたら、あとは水分が蒸発しないようにクリームの油膜でしっかり蓋をして、お肌の内部までしっかり浸透させましょう。これだけで乾燥肌が改善されていくはずです。どうしてもベタつくのが苦手、問い方はクリームの中でも油分が少ないものを選んだり自分のお肌に合ったものを選ぶように工夫してみましょう。

③食べ物や飲み物

また、毎日の生活の中でお茶やコーヒーを沢山飲むという方は要注意です。水分補給はお肌の乾燥対策にとても大切ですが、コーヒーやお茶に含まれるカフェインには利尿作用があり、水分を摂ってもすぐに排出されてしまうという特徴があります。どうしてもカフェインを摂りたい時は、水を一杯プラスして飲むように工夫し、お肌の水分蒸発を防ぎましょう。

他にも血行を促進してくれる納豆や、血液をサラサラにしてくれる青魚なども積極的に取り入れることでお肌のターンオーバーを促進し、血液循環を整えてくれる働きがあります。スキンケアで保湿ケアをすることはもちろん、こうした日々の生活の中で食生活を改めたり、油分の多い食事ばかりだという方は野菜を取り入れて体の外側と内側の両面からケアしていくことが大切です。

まずは、いつものスキンケアに「ホットタオル」をプラスすること、そして食生活を改善したり、乾燥しないスキンケアを工夫してみましょう。

④美容液

季節に応じてスキンケアアイテムを変えるという方も多いのではないでしょうか。

肌状態に合わせてスキンケアを変えるのは非常に有効ではありますが、残ったものを翌年使っても良いのかわからない、買い替えにコストがかかる等ムダやデメリットも避けられません。

日本の美しい四季を変わらぬきれいな肌で過ごす。通年同じスキンケアを使用しながら季節の変わり目もトラブルなく乗り切る、そんなスキンケアを始めてみませんか。

・通年使えるスキンケアアイテムを選んでもOK

夏でもエアコンや紫外線ケアのために保湿力の高いスキンケアが必要と言われています。汗によるベタつきが気になり、夏はさっぱりとした軽い化粧水を選んだり、クリームは使わないという方もいらっしゃいますが、インナードライを防ぐためにも保湿力の高いスキンケアがおすすめです。

また、年齢を重ねると肌が水分を保持する力が弱くなり、乾燥しやすくなります。肌の潤い・弾力・ツヤの維持には十分な保湿が欠かせません。

通年使えるスキンケアアイテムとして、保湿力の高いものを選びましょう。一年を通して同じスキンケアを使用することで、肌を過度に甘やかすことなく「いつもの肌」を維持できるようになります。

・季節の変わり目は美容液をプラス

季節の変わり目は体調を崩しやすい、と言われるように、人間の体は外気の変化に敏感です。もちろん肌も急激な変化に対応しきれず、肌も混乱してしまいます。そこで、いつものスキンケアに美容液をプラスします。

ポイントは、肌トラブルを感じる前に美容液を使用し始めること

戸惑う肌を落ち着かせる美容液は、肌にしっかり栄養補給しトラブルを未然に防ぐ重要なケアです。スキンケアと同じブランドの美容液を選んでも良いですが、季節の変わり目だけの使用なら、短期間使い切りの美容液もおすすめです。新鮮な状態の間に使い切れる上、コストダウンにも繋がります。

・お盆を過ぎたら、節分を過ぎたら。

年によって気候の変化が異なるため、「美容液投入はいつからにしようか」と判断しにくいものです。天気予報の気温の変化を見ながら考えるのも良いですが、日本の暦を目安にするのもおすすめです。

夏はお盆を過ぎたら、冬は節分を過ぎたら美容液をスタートすると、体が季節の変化を感じる前に肌のスペシャルケアを始められます。また、街の様子も見逃せません。スーパーや百貨店は、新しい季節の到来をいち早く読み取って、店頭に並べる食材やファッションを切り替えます。これを目安に季節の変わり目を判断するのも良い方法です。

美容液の使用は1ヶ月から2ヶ月程度で十分ですが、この期間で使い切れないからといって捨ててしまう必要はありません。使い切った後、また次の季節の変わり目に新しく購入して使い始めましょう。

通年同じスキンケアを使用することで、肌も落ち着き、スキンケアアイテムの廃棄やコストダウンをすることができます。季節の変わり目は美容液というスペシャルケアを導入することで、トラブルを未然に回避します。きれいな肌を作るためには時間やお金をかけなければならないというわけではありません。良いサイクルのスキンケアを実践することで、肌自身が「いつもの肌」でいてくれるのです。

乾燥する季節の変わり目は秋冬のスキンケアがポイント!肌荒れや肌トラブルを防ぐ

まだまだ猛暑が続く季節ですが、今すぐ実践してほしいのが「季節の変わり目に備えたスキンケア」です。季節の変わり目は日中の温度差が大きく、ストレスを感じて自律神経の乱れが肌トラブルの原因になってしまうんです。

毎年季節の変わり目になると肌が痒くなったり、肌の状態が安定しなくて悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、季節の変わり目も健康な肌を維持しながら過ごすために、プチプラスキンケアをまとめてみました!

肌質を早めに改善しておくことで、肌トラブルを起こしにくい肌環境を作りやすくなるので、今すぐ実践しましょう。

今まで肌が荒れたことがないという人でも注意が必要な季節の変わり目。ストレスを感じたり、室内のクーラーで乾燥したり、肌荒れの原因で溢れている季節の変わり目はしっかりと対策をしないと、体質関係なく誰でも肌荒れを起こす可能性があるんです!

肌が荒れにくい体質の方も、季節に合わせたスキンケア法を取り入れて肌の健康を保ちましょう!

ポイント①クレンジング

まず、メイク落としでファンデーションをきちんと落とすことから始めます。

ファンデーションが残ったままになっていると、肌がくすんでくるだけではなく、いろいろなトラブルの原因になります。

基本的に化粧水と乳液、クリームを使いスキンケアは行われます。 洗顔後、化粧水で肌のPHバランスときめが整えられると、肌が軟らかくなります。軟らかくなった肌は、肌のバランスを整える水分と油分を補う乳液と、就寝中に大事な成分を逃がさないサランラップのような役割の膜をはるクリームがよく浸透します。

おすすめはアテニアのオイルクレンジング

「最近、何だか肌がくすんできたような気がする・・・」と感じていませんか?

実はそれ、メラニンではなく、肌ステインや糖化が原因になっているのかもしれません。

メラニンについてはご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、肌ステインや糖化にはあまりなじみがないのではないでしょうか?

ここでは、肌ステインや糖化に着目したアテニアのクレンジングオイルについて紹介します。

アテニアのスキンクリアクレンズオイルは、

「最近、肌にくすみを感じる」

「ファンデーションの色が合わない」

などの悩みを持っている方におすすめのクレンジングです。

実は、大人の肌がくすむ原因はメラニンよりも「肌ステイン」だと分かってきました。

”え?ステインって歯の汚れのことじゃないの・・?”と感じた方は多くいらっしゃることと思います。

私も初めて「肌ステイン」という言葉を聞いたときは、”なんでスキンケアのことで歯の話が出てくるの?”と思ったので、その気持ちはよく分かりますよ。

肌ステインとは、古い角質汚れのことで黄ばみとなって肌をくすませてしまうものです。

また、最近老化の原因は「糖化」だとも言われてきています。糖化とは、余った糖が体の中のタンパク質と結びついて固くなり、黄ばんでしまう現象のことを指します。

糖化が、肌ステインの原因になって肌のくすみが起きていたというわけです。このように聞くと、肌をくすませる原因はいろいろなところにあるようで怖いですよね・・。

アテニアのスキンクリアクレンズオイルは、肌ステインに働きかけて肌を明るく導くという画期的なクレンジングオイルです。

またスキンクリアクレンズオイルは、「珊瑚礁オイル」というあまり聞きなれないオイルを配合しています。珊瑚礁オイルが、糖化による肌ステインを分解するしくみです。

使い方

スキンクリアクレンズオイルの使い方は、まず2プッシュを手に取り口紅やアイメイクなどポイント部分をなじませます。

もう1プッシュを出して、顔全体のメイクとクレンジングをなじませましょう。このとき、顔の中心からだんだん外側に向かってクレンジングをなじませていきます。

水を足して手をこすると、乳化させることができます。落ちにくいポイントメイクを落とすことができるので乳化させることが大事ですよ。メイクを流しやすくなって、ぬめりなども残りにくいです。

最後は、32度くらいのぬるま湯でやさしくすすいでくださいね。

またスキンクリアクレンズオイルは、最近のクレンジングにありがちな「乾いた手で使って下さい」ということもなく、濡れた手でも使えますからお風呂に入ってそのままメイクを落とすことも可能です。

乾いた手で使って下さい、と指示のあるクレンジングはお風呂に入りながらメイクが落とせないというわけで、億劫に感じる方もいらっしゃいますよね。私も、その時点で購入を戸惑ってしまったクレンジングが今まで数多く存在します。

さらにスキンクリアクレンズオイルは、まつエクをしている人も使えるのが嬉しいポイント!まつエクをしていると、使えるクレンジングが限られてくるので良いですよね。

口コミ

「化粧水を使ってみたので、クレンジングも購入してみました。とても良い香りで、マッサージをしながらすっきりと気持ちよくメイクが落とせます。お値段も、リピートするには嬉しい金額だと感じました。」

スキンクリアクレンズオイルは、摩擦によるくすみを軽減するために落ちにくいメイクも10秒で落とせるように作られています。

落とすのに時間がかかるクレンジングって、どんなに気に入っていても最後の方はやっぱり飽きてしまうことがありませんか?私も、スキンケアに凝っていた時期は落とすのに時間のかかるクレンジングも好んで使っていましたが、今はできるだけ早くメイクが落とせること優先!という考え方になってきました。

また、さきほど紹介した珊瑚礁オイルのほかにロックローズオイルや人気のアルガンオイル、バオバブオイルなどを配合しています。

さらに、クレンジング中リラックスできるようにと、柑橘系アロマの天然成分を配合しています。ベルガモットやレモングラスなどの柑橘系だけではなく、ラベンダーやネロリなども配合しているので柑橘系をメインとした個性的な香りが楽しめます。

ベルガモットの香りは、ストレスケアや安眠などの効果が期待できます。また、レモングラスは疲れたときに気分をリフレッシュする効果が期待できますよ。

鉱物油、パラベン、アルコールを使用していないのでこれらの成分を好まない方にもおすすめのクレンジングです。

現代のライフスタイルでは、甘いものを食べ過ぎてしまったり日中予防もせずに紫外線にあたってしまったりと糖化を進める原因がいたるところに潜んでいます。

さまざまな美白系のスキンケアが多数販売している中で、クレンジングを使う事により肌のくすみの対策ができるのであれば嬉しいですよね。

(最近、肌のくすみや毛穴が気になる)(W洗顔の要らないクレンジングを探している)このような方は、ぜひアテニアのスキンクリアクレンズオイルを使ってみてはいかがでしょうか?

ホームページではお得なトライアルセットを販売しています。

気になった方は是非ホームページをチェックしてみてください。

⇒アテニア「スキンクリア クレンズ オイル
」の公式ホームページを見てみる。


ポイント②コットンでお手入れを!おすすめスキンケア7選

「面倒だから」といってコットンを使わず手に化粧水などをつけてお手入れしていませんか。

雑菌や汚れが付着しているかも知れない手は衛生面でかなり心配です。

コットンを使うと、化粧水などがムラなくきれいにつき、潤い効果も上がるだけではなく、成分が手に吸い込まれてしまうことを防止できます。特に季節の変わり目に起こりやすい荒れた肌は、2枚に裂いたコットンにたっぷり化粧水をつけたコットンマスクをはると効果的です。

以下、おすすめの化粧水とクリームを7つご紹介します。

①おすすめの化粧水は「アテニアのドレスリフト」

年齢を重ねれば誰でも肌のハリの衰えやシワ、くすみなど、段々と肌の悩みが出てきます。たとえ食事に気を遣って野菜を多く採ったり、睡眠の質を高めるためにゴールデンタイムには就寝するなど、自分でできる範囲の努力をしていても、ふと鏡を見ると「あれ?こんなに肌に元気なかったっけ?」と感じる瞬間が来ます。アテニアのドレスリフトローションは、こうした年齢肌の悩みに応える、まるで美容液のような化粧水です。

サーチュイン6

独自の研究で長寿遺伝子「サーチュイン6」に着目し、この遺伝子が「オートファジー(自己修復システム)」の誘導を促進することを立証しました。

この長寿遺伝子が多く発現すればするほど肌は再生していくため、生成に関与する独自原料「サーチュライザーS6」を開発し、ローションを使えば使うほど肌自体のハリや弾力を保つ力を引出してくれます。

発酵コラーゲン

また特別な「発酵コラーゲン」を配合しているため、肌の表面だけでなく、角質の奥まで浸透するのが特徴です。

一般的なコラーゲンよりも分子量を小さくすることに成功したため、しっかりと質の高いコラーゲンを染み渡らせることができるのです。

使い方

使い方はいつものスキンケアの1つとして取り入れられますので、朝晩どちらでも気にせず使えます。

40代以降の肌は朝晩で使うスキンケア商品を変えて、そのタイミングで取り込みたい成分や効果に気を付けないと中々肌の生まれ変わりを実感できないものですが、ドレスリフトローションにはその心配はありません。

独自の時間対応成分「タイムブレスDN」を配合しているので、ローションを付ければ朝には朝の、夜には夜の肌状態に必要なサポートを勝手にしてくれます。

ローション自体はまるで美容液のような贅沢なとろみがあり、中々肌の奥まで浸透しない年齢肌でも、ハンドプレスすると肌に吸い込まれるように浸透していきます。

潤いがなくなり乾燥やそれに伴ったシワなど気にされている方が使われると、その浸透力と潤いに驚かれるはずです。

こうした独自の成分を配合した化粧水にありがちなのが、薬品のような香りや匂いが強すぎることです。ドレスリフトローションはクレオパトラをはじめ古今東西の女性から愛されたバラの女王とも呼ばれるダマスクローズの香りを使っているので、エレガントで上質な大人の香りを楽しめます。

もちろんメーカーは自分たちの商品を悪くいうことはありませんので、実際に使ってみた結果が大切です。そんなにすごい成分が入っていて効果を得られるのに150mlで1本3,625円(税込)は安くないか?、と疑問に思われるかもしれません。

では実際に使われた方はどういった効果を実感されているのでしょうか?

口コミ

40歳になった頃から肌の感じが変わり、今まで愛用していたスキンケア用品では肌の調子が整わなくなっていました。30代と比べて生活環境も特に変わったことはなく、最初は生理前のゆらぎ肌かなと軽く思っていました。

それで数か月経っても中々肌の調子は戻らず、気付いたらハリがなくなったせいか、目のシワや口周りのたるみがなんだか目立ってきて気分がどん底になりました。

そんな時に口コミで見た「ドレスリフトローション」の評判の良さに思わずネットでポチっと購入をしてしまっていました。数万もするものではありませんし効果がなかったら勉強代と割り切っていましたが、1週間で肌を触った時の感覚が変わりました。それまでは吸い付きがなく、クリームまで塗ってもなんだか肌の奥が乾燥している感じがあったのですが、肌の奥まで潤ってみずみずしさを実感できたのです。

朝晩のスキンケアが楽しみになっていきましたし、落ち着いた上品な香りで今では私のリラックスタイムです。ボトルも高級感があるので、それだけでも気分が上がります。

実際に使われた女性の方はすぐに効果を感じられて、肌にハリと潤いが戻ってきたことを喜ばれています。「ドレスリフトローション」はアテリアオンラインショップですぐ購入できますので、気になった方はぜひ購入を検討してみて下さい。

公式ホームページではお得なセットが販売されています。

ホームページでは14日分の洗顔・化粧水・乳液・クリーム+クレンジングが付いて、1,527円でお試しできます。気になった方はホームページからチェックしてみてください。

⇒公式ホームページ:アテニアドレスリフト



②ヒリヒリと赤くなる肌荒れにはヘパリン入りのスキンケアを!

こんにちは、大分冷え込んできて乾燥が気になる季節になってきましたね。

乾燥が気になる冬。乾燥肌には辛い季節ですよね。乾燥からお肌が荒れてしまったり、粉が吹いてしまったり、敏感になってしまったり。筆者もお肌の曲がり角を迎えたあたりから乾燥肌、そして敏感肌になってしまったので、スキンケアはとても悩みました。

その中でも、乾燥からくるお肌の荒れが特に気になっていました。

何を使ってもお肌がヒリヒリと痛く、赤くなってしまうくらい重症だったのですが、皮膚科に行くこともなく、乾燥から救ってくれたのが、”ヘパリン類似物質”でした。

もしかしたら聞いたことのある方もいるかもしれませんが、ヘパリン類似物質とは、体内にある「ヘパリン」という物質と似た成分で、保湿・血行促進・抗炎症作用の3つの作用があり、乾燥肌に優れた効果があるとされています。

皮膚科で処方される「ヒルドイド」が有名ですよね。しかし、皮膚科に行かなくてもヒルドイドのようなヘパリン類似物質が入ったクリームやローションがドラッグストアで手に入れる事ができます。

いくつかある中で、筆者がより効果を感じたヘパリン類似物質が入ったクリームやローションをご紹介します。

ロート製薬「ヘパソフト 薬用 顔ローション」

こちらは乳液状のもので、ヘパリン類似物質と、抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムとアラントインが入ったワセリンベースのものとなっています。アルコールフリー、無香料、無着色のものなので敏感肌でも安心して使用することができます。

洗顔後これ1本で済ますオールインワンのような使い方から、乳液の代わりとして使う事もできます。

またこちらは乾燥による目元や口元の小じわも目立たなくしてくれる効果があるのでとても優秀なローションです。

小林製薬「Saiki 治療ローション」

こちらは化粧水タイプのもので、ヘパソフトと同じようにグリチルリチン酸カリウムやアラントインが配合されています。

こちらも無香料、無着色、弱酸性、パラベンフリー、アルコールフリーなので敏感肌でも安心して使用することができます。肌馴染みがとても良く、すーっとお肌に浸透します。

付けた後すぐ乾燥するようなこともなく、しっかりと潤いを与えてくれるローションです。

新新薬品工業「ピアソンHPクリーム」

こちらはワセリンベースのクリームで、とても伸びが良く、べたつかず、肌なじみも良いものとなっています。

こちらも無香料、無着色のものなので敏感肌でも安心して使用することができます。

洗顔後はこれ1本で済ますオールインワンとして使用している方も多く、それだけ保湿力にすぐれたクリームとなっています。

以上、乾燥肌、敏感肌の筆者が実際に試してみて効果を感じたヘパリン類似物質が入ったクリームやローションをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

皮膚科に行かなくても、気軽にドラッグストアで購入する事のできる物なので、気になった方は是非お近くのドラッグストアへ行ってみて下さいね。低刺激でしっかりと潤いを与えてくれるヘパリン類似物質で乾燥する冬を乗り越えましょう。

③全身に使え、保湿力抜群の「ソンバーユ」もおすすめ

馬油といえば大昔から火傷や傷の手当てに使われるほどその高い保湿力で知られています。乾燥によってシワができやすくなったり、お肌のたるみやトラブルを招いたりと肌にとって乾燥はまさに大敵です。

今は冬だけでなく、夏もエアコンが欠かせず1年中乾燥対策を考えなければなりません。乾燥が気になる方に、手軽にできるソンバーユスキンケアがおススメです。

ソンバーユでスキンケアを行うことによって、正常な肌の新陳代謝を妨げずに保湿をすることができます。肌が潤っていると、ハリが出てシワが浅くなったり、乾燥を原因とした皮膚トラブル(ニキビやかゆみ、赤みなど)を防ぐことができます。

ソンバーユは全身に使うことができます。顔の場合、朝晩の洗顔後にまだ水分が少し残っている状態で、小豆大のソンバーユを手のひらで広げてから顔全体を包み込むようにしてなじませます。

乾燥が気になる部分(目尻や口元など)は指先などでさらに軽くすりこむようにするといいです。

唇にリップクリーム代わりにも使えます。乾燥が気になるときに唇に塗りラップパックすると、あっという間に潤いが戻ります。

髪の毛や頭皮にはごく少量を手のひらで広げてから髪の毛を揉みこみ、頭皮マッサージします。

また、体にも入浴後軽くタオルで水分を拭いた後、少し水分が残っている状態でサクランボ大くらいのソンバーユを手でのばして塗ります。塗りたては多少べたつきますが、時間がたつと肌になじんで滑らかな肌触りになります。

使っていくうちに自分にちょうど良い量が見えてきますので、肌の状態に合わせて使う量を調節していくといいです。すべての人にアレルギーが出ないわけではありませんが、ソンバーユは赤ちゃんから使うことができるので、家族全員のスキンケアに使えます。

私は30歳を過ぎ、年々小じわや顔のたるみ、髪のパサつきなどが気になるようになりました。最初の頃はそれぞれの部位別にケア用品を購入していたのですが、子供が産まれ、自分にかける時間がなかなか持てなくなり、何かいい方法はないかと探していた時にソンバーユを見つけ、使い始めました。私が一番効果を感じているのは髪の毛と顔です。

髪の毛には艶とコシが戻り、顔は洗顔後の肌に使うと肌がつやつやとして、何度も鏡をのぞき込みたくなってしまうほどです。使い続けていくうちにだんだんと毛穴の開きや小ジワが少なくなってきたように感じます。お風呂あがりに子供も一緒に全身に塗れるので、慌てることがなくなり、気持ち的にも余裕が生まれました。

1つのアイテムで全身ケアできるというのは、非常に便利です。余計な成分も入っておらず、家族全員に安心して使うことができますし、良心的な価格なのでいろいろ気にせず使えるのも嬉しいです。また、無香料のものから何種類か香りがついたもの、液状タイプ、クリームタイプなど様々な種類があるので自分好みのものを選ぶことができます。

ソンバーユは日々のスキンケア以外にも、ちょっとした火傷や切り傷にも使える万能選手です。皮膚のトラブルは乾燥からくるものがほとんどです。手軽に安心して使えるソンバーユで全身の保湿スキンケアをして、乾燥からお肌を守ってみてはいかがでしょうか。

<<Amazon>>

<<楽天>>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソンバーユ 無香料(70mL)【ソンバーユ】
価格:1293円(税込、送料別) (2019/2/18時点)

 

④ニベアの青缶

もう定番すぎて申し訳ないくらいです。(笑)

すでに多くの方に愛用されている青缶ですが、中には一度使って肌が荒れたという方も少なくないと思います。

ニベアの青缶は保湿力が高い一方で、油分が多くて肌に馴染みにくく、毛穴が詰まってニキビの原因になってしまうことがあるんですね。

ニベアの青缶を使う時は、少量をとって手のひらで伸ばしながら温め、肌に優しくプレスするように馴染ませていきます。

自分の肌に合った量が分かれば、ニベアの青缶はもう二度と手放せなくなりますよ。

<<Amazon>>

⑤アベンヌのアベンヌウォーター

こちらもリピーター多数の人気の化粧水です!

よくドラッグストアのコーナーにたくさん並べられていますが、プチプラで続けやすいのが魅力的です。

肌の内側から程よく潤ってくれて、さっぱりした使い心地なので、高保湿な乳液や保湿クリームとの相性抜群です!

<<Amazon>>

⑥無印良品の化粧水

コスパ抜群で大容量がありがたい、無印良品の化粧水は毎日使いにピッタリです!

高保湿タイプや敏感肌用、美白効果のあるタイプなど、種類が豊富なので自分の肌質に合ったものを選びましょう。

特に季節の変わり目におすすめなのが、敏感肌用の高保湿タイプです。

肌に優しくモチモチに潤ってくれて、一番人気のタイプとなっています。

<<Amazon>>

⑦ナチュリエのハトムギ保湿ジェル

「肌のテカリが気になるけど、保湿ケアはきちんとしたい!」と言う時は、この保湿ジェルを愛用しています!

伸びが良くて保湿力が高すぎず、肌がテカってニキビができ始めた時に、このジェルで保湿をするとニキビがすぐに治ってくれました。

保湿力が物足りないという方は、保湿力が高めの化粧水を使うと、プルプルの肌になりますよ。

<<Amazon>>

ポイント③特別ケア

基本的なお手入れが身についたらマッサージやパックをすることをおすすめします。

特に夏のダメージを受けたまま秋、冬に突入すると危険な肌は、きちんとしたお手入れをしなければいけません。

肌の老廃物を外に出してくれるマッサージは、肌が生まれ変わるターンオーバーを助け、しみの原因メラニン色素を排出するだけではなく、柔らかくなった肌を実感できます。

化粧水、乳液、マッサージクリームは、鼻の辺りの顔の中心から外に向かってつけましょう。

顔全体につけ、乾くまで動けず苦労した昔に比べ、ほとんどシート状になった美容液をたっぷり含んだパックは、水分補給ができ肌が潤います。

顔にはりつけたあと約10分ではがすパックは、週に2回ほど行います。

関連記事:

安い!毎日続けられるおすすめプチプラ美容パックやシートマスク

肌に潤いを!乾燥肌におすすめ!シートマスク・フェイスパックランキング

以上、いかがだったでしょうか。

紫外線など夏に肌が受けたさまざまなダメージを残したまま秋冬を迎えては危険です。

今日のお手入れで明日肌が元気になるわけではなく、毎日のお手入れが必要です。 肌に夏のダメージを残したまま秋を迎えないようにしましょう。

1年中、化粧水や美容液、乳液、クリームを使って、マッサージとパックを行っている私は、季節の変わり目など調子が悪いときがあっても、大きな肌トラブルはありません。

面倒に思えたお手入れも20歳ぐらいから毎日続けていますが、きちんとマッサージをしなかった肌はゴワゴワしてしまい、翌日のファンデーションののりもよくありません。

これから迎える秋冬の冷たい空気は、敏感肌になりがちです。

きちんとスキンケアを行い、秋冬に負けない肌作りをすることが大事です。きちんと整った肌は、メイクやファンデーションののりも変わります。肌のダメージをメイクで隠すのではなく、肌をきちんと整えた素肌美人を目指しましょう。

関連記事:

【夜のスキンケアにおすすめ】オールインワンやナイトクリームでパックすると翌朝ビックリ!

【オーガニック(無添加)スキンケアが安い】おすすめ化粧水とクリームランキング2020

【泣けるほどザラザラ肌】肌荒れにおすすめのクレンジングとスキンケア

顔の肌の水分量を増やしモチモチ肌になる方法は?私おすすめのスキンケア