乾燥肌だからこそ乳液は必須!おすすめプチプラ乳液ランキング2019

乾燥肌だけれど乳液やクリームはベタつくからあまり使わないというタイプの方も居ますが、実は乾燥肌にとって乳液やクリームは大切な美容アイテムです。

若い間は十分に油分があるので最低限の保湿を行えば維持できるのですが、お肌が気になる年齢や、そもそも乾燥が酷いという方にとって乳液やクリームはスキンケアでは欠かせない存在といえます。

目元や口元のしつこい乾燥や、顔全体のカサカサ乾燥で悩む方は乳液やクリームでのスキンケアをおすすめします。

化粧水でもある程度潤うし、化粧水と美容液だけのほうがサッパリするから肌にとって負担が少ないのではないかと思うかもしれませんが、それは油分が十分に足りている年代だからこそ言える話です。

水分も油分も不足していて乾燥している場合は、それを補給する乳液かクリームが必要なのです。毎日の保湿のあとに乳液かクリームで油分を補給すると肌の質感が滑らかになり、その状態をキープできるようになりますよ。

乳液とは

毎日、行っているスキンケアは、洗顔後の肌に適度な水分と油分を補うことが目的です。洗顔後の肌はデリケートな状態なので、スキンケアで整えておくことが必要です。

基本的にはひとつひとつのアイテムを順番に使っていきますよね。スキンケアは、肌を外部からの刺激や乾燥から守るために必要なプロセスです。

なにげなく使っているスキンケアアイテムですが、できるだけアイテムの効果を引き出すには、正しい使い方を知っておくことが大切ですよ。

年齢とともに、だんだんと肌は乾燥しやすくなっていくので、保湿ケアのコツを知っておきましょうね。保湿ケアがしっかりとできていると、乾燥を防ぐだけでなく、ハリや弾力のある、なめらかな肌を維持することにつながります。保湿は美肌のカギです。

化粧水で水分を補ったあとに、保湿ケアとして使うアイテムが乳液です。

乳液を使う順番は、化粧水や美容液のあとに使います。化粧水や美容液を使って2分くらいして、しっとりとなじんでから乳液を使うようにしましょう。焦らずに、スキンケアアイテムを肌になじませていきましょうね。

乳液の役割

スキンケアの中でも忘れてはいけないのが、「乳液」です。

洗顔をして「化粧水」は塗っているけど、乳液までぬっていない・・・とい方も実は、多いのではないでしょうか?

洗顔をして化粧水をぬるところまではいいのですが、乳液をぬるのが面倒だったり、ベタ付きが気になって塗るのを忘れてしまう方、または面倒だなと感じている方はせっかく化粧水を塗ってもすぐに蒸発してしまうので、とても勿体無いです。

まず乳液の役割についてですが、乳液には「潤い」を保ち「肌を保護する役割」があります。

化粧水はほとんど水分でできていますが、乳液には油分も含まれています。お肌の表面には本来、「皮脂膜」という汗と皮脂が混ざり合ってできる膜があります。

この膜には、お肌の水分の蒸発を防ぐ役割があったり、外からの刺激を受けにくくするという役割があります。

ただ洗顔やクレンジングをしてしまうと、この皮脂膜も一緒に落とされてしまいます。皮脂膜が落とされてしまうため、水分が蒸発してしまうのでお肌は乾燥しやすくなるのです。洗顔やクレンジングをしていないとカサカサしてしまう原因はここにあったのです。

お肌の潤いをキープするためには、乳液はとても大きな役割を果たしています。

洗顔して汚れを落とし、化粧水でケアしてあげるだけでは物足りないことが分かりました。今回から是非スキンケアアイテムとして乳液をプラスしてみてください。お肌の調子が変わってくるだけでなく、潤いのある美しいお肌をてにいれられるはずです。

乳液の美容方法

では具体的な美容法ですが、方法は簡単で通常通りのスキンケアを行った後に、油分を補給する意味で肌に馴染ませていきます。

乳液の使い方は、手でつける方法と、コットンでつける方法の2通りがあります。コクがある乳液なら手で、さらっとしたタイプの乳液ならコットンでつけると、つけやすいですよ。

手でつけるときには、適量の乳液を手にとってから両手ではさんで、体温で温めましょう。より皮膚になじみやすくなります。そして、両頬とおでこ、あごに乳液をのせます。顔の中心から外側にむかって、優しくのばしていきます。塗りムラができないように、顔全体に広げて、さらに仕上げにはハンドプレスでなじませておきましょう。

コットンを使うときには、必要な量の乳液をコットンにとって、両頬とおでこ、あごの順番で外側にむかってのばしていきます。力を入れすぎると、摩擦で肌をこすってしまうので、優しく伸ばしましょうね。

目元や口もとなど、特に乾燥しやすい部分には、さらに少量の乳液をつけて、なじませておくといいですね。重ねづけのひと手間で、乾燥やシワを防ぐことができますよ。

20代の方なら水分が多め、油分控えめのさらっとしたタイプの乳液が使いやすいでしょう。またオイリー肌の方も、さらっとしたタイプのほうが合っています。

30代以降の方は肌のかさつきが気になるようになります。より保湿成分が多めの濃密なタイプの乳液に切り替えていきましょう。

また30代以降になると、肌が乾燥しやすくなり、乳液だけでは保湿ケアとして物足りなくなっていきます。乳液のあとに、クリームやアイクリームなどを追加して、肌の潤いをしっかり守るようにしましょうね。

肌の状態はいつも同じではなく、年齢によって、また季節や環境の変化によって、大きく左右されます。毎日のスキンケアのときに肌の状態をつかんでおいて、必要に応じて使うアイテムやスキンケアの方法を、見直していきましょう。

変化におうじて柔軟に切り替えていくことはなかなか難しいけど、自分自身のいまの肌状態を把握することが、今後もきれいな肌でいられるかどうか、のポイントになります。だんだんと変わっていく肌の状態と、上手に付き合っていきましょうね。

使うときのポイント!

乳液なんて面倒だな、ベタつくから嫌だなと思っていた方はお肌に合っていないものを使っているか、そもそも使い方が間違っている可能性があります。乳気を塗るときは、洗顔をして化粧水を塗ってから使うのですが、この時に塗るタイミングを間違えないようにしましょう。

順番としては化粧水の後でいいのですが、化粧水の水分がまだ残っている時に乳液を塗らないようにしてください。化粧水を塗って1分ほど経ってから塗るようにしてみましょう。そうするとどうなるか?化粧水がお肌の奥までしっかり浸透していくので、乳液を塗った後でもべたつかず乳液の役割である潤いを保ってくれるようになります。乳液は、化粧水の水分をお肌に閉じ込め潤いをキープする役割があります。なので乳液を塗らないと、もともとお肌の潤いをキープするための皮脂膜が取り除かれてしまった状態になるので、乳液で蓋をしてあげなければなりません。このような理由からスキンケアには、「乳液」が必須と言われるのです。

乳液のベタ付きが気になる方は、付けるタイミングを少し考えてみてください。化粧水を塗ってすぐではなく、一分ほどおくことで水分が浸透しぬりやすくなるはずです。あまり時間をおいてしまうと、乾燥の原因になるのでこの時間のタイミングをしっかりみてみましょう。どんなタイミングでぬればいいかきっとわかってくるはずです。

その他の注意点!

手で使う場合、こすってしまうと肌への摩擦になるので、適量をとって頬へゆっくりと広げていきます。どれだけの乾燥肌の方もTゾーンは他の場所に比べて皮脂が多いので、額は控えめに塗りましょう。

気を付けたいのは、目尻と口元の普段からよく乾燥する部分です。細かい場所ですが、丁寧に乳液を伸ばしていくことでしっかりと油分を補給できます。

通常の乾燥くらいならば乳液だけでも良いのですが、スキンケア後も既にカサつきを感じるほどの乾燥肌の場合は、プラスしてクリームを使う方が効果的です。特に乾燥が酷くなるとシミや黒ずみの原因となる口元や目尻はピンポイントで油分を補給する必要があります。

だからといって無理にすり込んだりしてはいけません。あくまでも補給なので、なぞる様に優しく馴染ませていきます。

目のまわりは少しズレるとTゾーンと被ってしまうので、クリームを塗るときは伸ばすよりもトントンと軽くたたく方が安心です。

私の体験談

私は特に乾燥が酷かったのですが、同時に敏感肌なこともあり、やたらに油分を与えることは良くないと思っていました。ところが、毎日のスキンケアの後にしっかりと乳液とクリームで油分の補給をしてからは、粉を吹くことは無くなったのです。

しっかりと保湿された状態がキープできていたので、薄いシワはなくなりました。

ポイントなのですが、敏感肌の方はやたらに高級なクリームを選ぶよりも、アトピー肌の方にも使える敏感肌用のクリームを使う方が安心です。乾燥以外にも美白やシワ対策も同時に行いたい場合は、レチノールや美白成分が含まれているクリームを選ぶと良いでしょう。

基本的に自分の肌がシンプルなスキンケアだけで潤っているのであれば、無理に乳液やクリームを使う必要はありません。

ただし、部分的にやたらと乾燥していたり、毎日のスキンケアだけではカサカサが治まらない場合は皮脂不足である可能性が高いので、自分の乾燥状態を良く見て乳液やクリームでしっかりと油分を補給してあげることが大切です。

肌を滑らかにする意味もあるので、面倒がらずに補給してあげましょう。

乾燥肌だからこそ乳液は必須!おすすめプチプラ乳液ランキング

第12位 なめらか本舗のハリつや乳液

もっちり肌に導く乳液はべたつきが気になることがありませんか。べたべたするものだと使いにくいし、朝にメイクをしたときにヨレてしまうことがありますよね。

もっちりした手触りが好き、潤いとつやが欲しい、そんな方におすすめが「なめらか本舗のハリつや乳液」です。濃縮豆乳発酵液や従来品の2倍のコエンザイムQ10などを配合。べたつきにくい使用感の乳液がもっちりつや肌に導きます。

3つのおすすめポイント

①濃縮豆乳発酵液配合

なめらか本舗の製品の特長は、濃縮豆乳発酵液が配合されていることです。

従来は豆乳を乳酸発酵物ヨーグルトのような固形物にして豆乳発酵液を製造していました。なめらか本舗の濃縮豆乳発酵液はこれとは違い、ヨーグルトのような固形物にしたものを、さらになめらか本舗オリジナルの「なめらか濃縮製法」をすることでイソフラボンを濃縮しています。イソフラボンは保湿作用のある成分で、しっとりするのにべたっとしません。ダイズイソフラボンがぐんぐん浸透して、もっちり肌に。

②コエンザイムQ10を2倍配合

コエンザイムQ10は肌の生まれ変わりをサポートする成分です。人間の体内にもともと存在しているのですが、20代ころをピークに減少してしまいます。ハリつや乳液は従来品に比べて2倍のコエンザイムQ10を配合。カプセル化することで浸透を高めています。角質層にまで浸透して、ハリと弾力のある肌に。

③無添加

肌に優しいものを使いたい人のことを考えた3つの無添加です。香料・着色料・鉱物油は不使用です。使用している大豆は遺伝子組み換えではありません。

使い方

洗顔後、化粧水で肌を整えてから使用をします。手のひらに適量を取り出し、顔の内側から外側に向かって広げます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • クリームのべたつきが苦手なのですが、この乳液は使いやすいです。べたべたしなくて、もっちりした手触りを感じられます。これまで高い乳液を使っていたのですが、この乳液で十分です。塗った翌朝には肌がツヤツヤとしています。お手頃価格なのでたっぷり使っています。
  • とろとろしているのでべたつかないか不安でしたが、使ってみるとべたつきがありません。ファンデーションを塗るのが大変なくらいの皮剥けをしていたのですが、こちらを塗ると肌がしっとりして乾燥が治まります。カサカサだった肌でも潤いが持続しています。お財布に優しく、この値段で満足の潤い感です。
  • なめらか本舗は初めて購入をしましたが、なんでもっと早く購入しなかったのだろう。私の肌にあっています。期待はしていなかったのですが、悩みだった目の下のクマが目立たなくなりました。そして、メイクのノリがよいです。こっくりしたテクスチャーなのでべたつかないので使いやすいところが好きです。

もっちり手触りの肌に導く乳液は、ベタッとして使いにくいことがありますよね。でも、なめらか本舗のハリつや乳液なら、潤いを与えるのにべたつきにくい使用感なので、べたべたが苦手な方でも使いやすいです。カサカサな肌に悩んでいるなら乳液で潤いを与えませんか。濃縮豆乳発酵液などを配合した乳液が、もっちりハリのある肌に導きます。

<<Amazon>>

第11位 ズボラボの休日用乳液

休日はスキンケアもメイクもお休みしたい、たまにはおうちでごろごろゆっくりしていたいと思ったことがありませんか。

休日のスキンケアやメイクにおすすめの乳液が「ズボラボの休日用乳液」です。3つの機能が1つになっているので、スキンケアもメイクも楽チンです。

3つのポイント

①つけるだけで潤い

7つの美容成分、セラミド・3種の美容オイル、アルブチン、リピジュア、エーデルワイスエキスを配合。美容成分たっぷりだけら潤いのある肌に。お休みの日でもきちんと保湿ケアができます。

②紫外線ブロック

窓ガラスを通して紫外線は室内に入り込んできます。でも、室内で過ごすのに日焼け止めを塗るのは面倒に感じませんか。室内に入り込む紫外線が気になる、そんなときにはズボラボ 休日用乳液をささっと塗るだけ。SPF28・PA++で紫外線から肌を守ります。

③うっすらカバー

ちょっと近所に買い物。そんなとき、きちんとメイクするのは面倒に感じませんか。でもすっぴんででかけるのはちょっと、ということもあると思います。ズボラボ 休日用乳液はほんのり色づく肌色です。これ1つで気になる部分をカバーします。化粧下地としても使えるので、普段のメイクにも使用できます。

保湿・UVカット・肌色補正の働きが1つになった乳液です。休日はごろごろしていたい、ちょっとそこまでおでかけ、そんなときにおすすめします。

使い方

洗顔後、化粧水でケアをした後に使用をします。適量を手に取りだし、顔全体に優しく広げます。化粧下地効果があるので寝る前には落としてください。石けんで落とすことができます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 室内で過ごすときも日焼け止めは必要、でも高SPFの日焼け止めを塗るのはなと思って探していたら、こちらの商品を見つけました。SPF28で肌負担を感じにくく、外出をするのにもちょうどよく便利です。ちょっと出かけたいけれどしっかりメイクをするほどでもないという時にも使えます。
  • 下地として使っていて、これだけでも大丈夫です。そして楽チンです。保湿をしてくれるし日焼け止め効果もあるし、肌がきれいに見えます。塗っていて肌疲れは感じません。たくさん入っているので気兼ねなく使えて、伸びがよいです。カバー力は高くないですが使いやすいので気に入っています。
  • 家で過ごすことが多く、部屋の中に入ってくる紫外線でも日焼けすると聞いて、気になったので購入しました。紫外線対策できて肌が保護されているように感じます。色補正はあまりされませんが、肌をきれいに見せてくれます。保湿もされるので満足しています。
  • 休日はメイクをしたくないのですが、すごそこまで買い物に行くときに日焼け止め効果と他にも効果があるものがないかなと探していました。安くて手に取りやすかった商品がこちらです。保湿をしてくれるし、それなりに肌をきれいに見せてくれるし、クレンジング要らずで落とせるので気に入っています。

休日はスキンケアもメイクも楽をしたい、そんなときにおすすめがズボラボ 休日用乳液です。これ1つに保湿・UVカット・肌色補正が完成します。室内の紫外線が気になるときやちょっとお出かけするときに便利です。

<<Amazon>>

第10位 セザンヌのモイスチュアリッチエッセンスミルク

潤いを与えるには高価な化粧品が必要だと思っていませんか。でも、高価な化粧品を使い続けているとお財布の負担が気になります。

プチプラで潤いケアをしたい方におすすめが「セザンヌのモイスチュアリッチエッセンスミルク」です。2種類の酵母エキスと4種類の保湿成分を配合した乳液が、べたつかない潤いのある肌に導きます。

3つのおすすめポイント

①2種類の酵母エキス配合

酵母はビール、パン、ワインなどの製造に使われる微生物です。発酵する過程でさまざまな成分が生まれて、酵母エキスにはビタミンやアミノ酸などが含まれています。モイスチュアエッセンスは、パン酵母とビール酵母の2種類を配合しています。くすみを防ぎ、肌を引き締め、ハリのある肌に整えます。

②4種類の保湿成分配合

ニキビ、シワ、くすみなど、さまざまな肌のトラブルは潤い不足が原因です。健やかな肌を保つためには、潤いを与えることが重要です。モイスチュアエッセンスは4種類の保湿成分、コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・真珠エキスを配合しています。潤いを与えるのにべたつかない使用感です。

③無添加&プチプラ

香料・着色料・アルコールは不使用です。セザンヌのうれしいところはプチプラなことです。160ml入りで700円ほどの価格です。お財布にうれしい価格なら毎日のケアに惜しみなく使いやすいことでしょう。

使い方

化粧水で肌を整えた後に、手のひらまたはコットンに500円大を取り出して、優しく顔全体になじませます。コットンを使用する場合はコットンの毛羽立ちによって肌に刺激を与えないように、たっぷりの乳液を使うことをおすすめします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ジェルのようだけれどとろみのある乳液で、するすると伸びていきます。酒粕のような香りがしますが、酵母なのでしょうか。プチプラで惜しみなく使えるので手にも使っています。この乳液を使っていると化粧のノリがよいです。
  • とっても気に入って2本目を使っています。片手で開けられるキャップなので、時間がなくて急いでいるときに助かります。肌荒れしているときでも刺激にならない使用感です。浸透がよくてさらっとするので、夜に使っても枕につくことが気になりません。安いので量を気にせずに使っていて、肌の調子がよいです。
  • コメヌカ配合の化粧品が好きでいろいろ使っているのですが、ヒリヒリする製品があります。この乳液はコメヌカを配合していて、保湿力はどうなのかなと思ったのですが使ってみました。さらっとした使い心地で、使用後は肌がふっくら。普段は午後になると肌がカピカピになるのですが、使っていると夜まで潤いが続いています。肌が水分を抱えていると明るい見た目になるような気がします。

モイスチュアリッチエッセンスミルクは、プチプラで潤いをサポートする乳液です。プチプラなので惜しみなく使えるところがうれしいです。

さらっとしているという口コミが多くみられて、乳液のべたつきが気になる人でも使いやすくなっています。2種類の酵母エキスと4種類の保湿成分配合で、潤いを届けてふっくらもっちり肌に。たっぷり使ってふっくら潤う肌を目指しませんか。

<<Amazon>>

第9位 コーセーの薬用雪肌精乳液

気温が高くなってくるとクリームを使ったケアでは重たく感じてきます。でも、さっぱりしすぎる化粧品では、エアコンの使用などによって肌が乾燥してしまうことが。

べたつきは苦手だけどしっとり潤いケアをしたい、そんな方におすすめが「コーセーの薬用雪肌精乳液」です。べたつきの気にならない乳液がしっとり潤いを与えて、透明感のあるふっくら肌に導きます。

特徴

汗をかく機会が増える夏は、さっぱりした使用感の化粧品を選びがちです。しかし、エアコンの使用や紫外線の影響で肌は意外と乾燥をしています。乾燥はニキビ、くすみ、シワなどさまざまな肌トラブルの原因です。だからこそ保湿ケアが必要です。

そうはいってもクリームでは油分が多くて重たく感じてしまいます。美肌のためには季節に合ったケアをすることが大切で、重たすぎるものを使うとニキビができてしまう心配があります。

薬用雪肌精乳液はさらりとしてべたつきの気にならない使用感です。肌表面はさらっとするのに、肌の内側に美容成分が届いてふっくら潤いのある肌に導きます。。配合している主な美容成分はセンンプクカ、トウキ、ハトムギ、ボタンピ、メロスリアといった和漢植物です。保湿をサポートする和漢植物が潤いを与えることにより、キメが整って透明感のある肌に近づくことが期待できます。

さらに、有効成分のL-アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体の一種)を配合。メラニンの生成を抑制して、シミやそばかすを防ぎます。用意はポンプ式なので最後まで清潔に使うことができ、適量を取り出しやすいです。

使い方

洗顔後に化粧水で肌を整えてから使用をします。適量を手に取り出し、顔全体に優しくなじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 雪肌精の化粧水と一緒に使っています。雪肌精の中では一番好きです。べたつかずサラッとした使い心地なのに、肌がもちもちです。肌にスーッと入っていく感じがして、化粧水で与えた潤いにフタをしてくれます。ケアは化粧水で終わらせてしまう人でも、さっぱりしているこの乳液なら使いやすいと思います。
  • 浸透がよいので夏に使ってもべたつきが気になりません。肌になじんで潤いを閉じ込めてくれます。美白乳液というだけあって日焼けをしにくくなりました。デコルテにも塗っておけば、デコルテのうっかり日焼けの防止になります。ニキビもできにくくなって、肌の調子が整ってきたように感じます。
  • 夏になると雪肌精を使いたくなります。すごいところは肌に透明感がでることです。さっぱり系の化粧水を使っているので、潤いを与えてくれるこちらが必須になっています。べたつかず、程よいしっとり感があり、心地よい使用感です。値段はお手頃なこともうれしいです。

汗をかいて肌表面は潤っている気がしても、実は肌は乾燥気味です。クリームは重たいから使いたくないけど潤いは欲しいときには、雪肌精 薬用 乳液がおすすめです。さらっとしてべたつきにくい使用感なので夏でも使いやすくなっています。さらさらした使用感なのに、潤いを与えてふっくらしっとりした肌に導きます。そして、美白ケアも。潤って透明感のある肌を目指しませんか。

<<Amazon>>

第8位 イオナのトリートメントエマルジョンブリリアント

夏場や冬場、エアコンが効いた室内で長時間過ごしていると肌がカサカサしてきませんか。紫外線に当たった後にカサツキが気になったことがありませんか。

肌がカサカサ乾燥してしまうと粉が吹いたようになったり、メイクが崩れやすくなってしまうことが。カサカサ肌をサポートする乳液が「イオナのトリートメントエマルジョンブリリアント」です。

エアコンや紫外線による乾燥におすすめです。

保湿をして透明肌に

肌表面は皮溝という溝とそれに囲まれた皮丘という盛り上がりが形成されています。皮溝と皮丘の構造が整った状態をキメが整っているといいます。

ところが、肌が乾燥してしまうと皮溝と皮丘の構造が乱れてキメが乱れてしまい、光を均一に反射できないので肌がくすんだ状態になります。そして、水分不足によってカサカサと粉を吹いたり、メイクが崩れやすくなってしまうこともあります。

カサカサ肌とくすみは潤いを与えてケアをします。

トリートメントエマルジョンブリリアントは、4つの植物成分、マグワ根皮エキス、甘草フラボノイド、オリザノール、トコフェロールを配合しています。肌表面と肌の内側に潤いを届けて、透明感のある明るい肌へと導きます。

さらに、イオンとヒアルロン酸Naも配合。イオンとは岩石抽出物で保湿作用があり、ヒアルロン酸Naは保湿作用の高い成分です。優れた保湿力によって肌のキメを整えます。

毎日使いやすいさらっとしたテクスチャーです。乳液のべたつきが気になる方にもおすすめです。

使い方

100円硬貨大が使用目安量です。洗顔後に化粧水で肌を整えてから、顔全体になじませます。

化粧下地としても使用でき、下地として使用する場合は乳液がよく乾いてからファンデーションを塗ります。体にも使用でき、カサカサする部位に使うことがおすすめです。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 毎日暑くてスキンケアをする意欲もなく、お手入れをさぼりがちでした。汗をたくさんかいていても肌の内側は乾いているはず。そう思ってこの乳液を使ってみました。べたべたぬるぬるしないので、乳液が苦手な人にも使って欲しいです。肌が元気になるように感じます。体にもときどき塗っていて肌がふかふかとします。
  • さらっとしていて伸びがよいです。思った以上に伸びてくれました。べたつかないから使いやすいです。普段肌が脂っぽくなりやすいのですが、少量なら大丈夫です。ニキビができることもありません。ニキビが心配、テカリも気になる、でも保湿したいというときによいと思います。
  • 刺激がなく使えています。いつまでも肌に残る感じがなくて、べたべたせずにしばらくするとさらっとします。乳液が苦手なのですがべたっとせず、油膜感がありません。よく伸びるので使用量はほんの少しでも大丈夫です。肌が荒れないのでしばらく使い続けたいです。

エアコンや紫外線の影響で肌内部はカサカサになっている可能性があります。肌の乾燥はメイク崩れやくすみなど、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

乾燥した肌におすすめが、イオナのトリートメントエマルジョンブリリアントです。4種類の植物成分、イオン、ヒアルロン酸Naが肌の内側と外側に潤いを与えて、透明感のある肌に近づきます。

<<Amazon>>

第7位 アルビオンのエクサージュモイストアドバンスミルクII

化粧水や美容液、クリームなどにこだわっても、乳液にこだわっている女性は少ないのではないでしょうか。それどころか、乳液はベタベタするから使いたくない、化粧水を使ったから乳液は使わなくてもいいかと思っている女性もいるかもしれません。

乳液は、一般的に化粧水をつけたあと乳液をつけることになりますよね。乳液には潤いをキープし肌を保護する役割があります。

化粧水は水分が多いのですが、乳液は油分も含まれています。乳液を肌につけることで油分で膜を作ってあげ、肌の内側に化粧水の水分、そして美容成分などをしっかりと閉じ込めてくれるんですよね。そうは理解していても、やはり乳液が苦手だと思う女性もいますよね。化粧水や美容液などに比べると、乳液の効果は実感しにくいと感じることがあるでしょう。そういう女性にオススメの乳液があるんです。

私も乳液を使うことが苦手だったのですが、ある乳液を使うようになり、肌がとてもキレイになったなと感じることができ、乳液が好きになりました。その乳液とは、アルビオンの乳液です。

アルビオンの乳液は有名で色々な種類が販売されているんです。私が買って使ってみたのは、「エクサージュモイストアドバンスミルクII」です。

アルビオンの乳液は、普通の乳液と使う順番が違います。これが大きな特徴です。一般的に化粧水のあとに乳液をつけるものですが、アルビオンの乳液は洗顔後すぐに乳液を使い、その後化粧水を使うんです。洗顔することで肌の水分や油分まで奪われてしまうんですよね。だから洗顔後にアルビオンの乳液を使うことで、肌のバランスを整えることができるんです。

そうはわかっていても、今まで化粧水の次に乳液を使ってきたのでこのやり方で本当に美肌になるのかなと疑問に思いました。まずは使ってみようと思い洗顔後に、乳液をつけてみたんです。スーっとすぐに肌になじみ肌がいつも以上にふわふわと柔らかく感じたので、これは今まで使ってきたベタベタする乳液とは違うなって驚きましたね。いつもはクリームをつけたあとに肌のもちもちを感じるのですが、今回は乳液後に同じような感じになり驚きを隠せませんでした。

この乳液は、化粧品独特の嫌な香りがせず爽やかな香りがするなぁと感じました。乳液で良い香りの物を使ったことがなかったのですが、アルビオンの乳液はとても良い香りがするのでハマりました。

私はたるみ毛穴に悩んでいました。頬がブツブツと目立っているんです。ですが、エクサージュモイストアドバンスミルクIIを使うようになってからは、徐々にたるみ毛穴が目立たなくなってきたんです。肌がふっくらとハリが戻り柔らかくなったおかげで、毛穴が目立たなくなってきたと感じたのかなと思いましたね。今まで乳液で美肌になったと思ったことがなかったので、乳液の良さを知ることがなかったのですが、エクサージュモイストアドバンスミルクIIを使って良かったです。

乳液の良さがわからない人には、ぜひアルビオンの乳液を使ってほしいです。ふっくらと柔らかくキメの整った肌になれたと実感することができると思いますよ。私はたるみ毛穴に効果があったと感じたので、たるみ毛穴に悩んでいる女性にはすごく良いかもしれません。

<<Amazon>>

第6位 ナチュラルサイエンスのママ&キッズオリゴミルク

潤い不足を感じる、肌が敏感、肌が弱い子供と一緒に使いたい、そんな方におすすめの乳液が「ナチュラルサイエンスのママ&キッズオリゴミルク」です。乾燥肌や敏感肌を優しく立て直して、もちもちな潤い肌に導きます。

4つのおすすめポイント

①バリア力アップ

乾燥肌や敏感肌で悩んでいる方は肌のバリア力が低下をしています。バリア力には、肌内部の水分が逃げないようにしたり、外部の刺激から守る働きがあります。

ママ&キッズオリゴミルクは、バリア機能をサポートする4つのセラミドを配合。バリア力がアップすることで水分が逃げにくく、潤いが続く肌に近づきます。

②うるおいベールで肌を守る

うるおいベールを作るリピジュアを配合。肌表面に潤いの膜を作って、乾燥や刺激から守ります。さらに、肌をガードするエモリエントアミノ酸も配合。リピジュアとともに肌を守って、長時間潤いの続く状態へと導きます。

③内側から潤う肌に

肌の水分保持を担っている天然保湿因子の構成成分がアミノ酸です。ママ&キッズ オリゴミルクは美肌に必要なアミノ酸を6種類厳選して配合。肌の内側から潤った状態に整えていきます。内側から潤すことでしっとり肌が長時間持続することが期待できます。

④肌本来の健やかな力を引き出す

肌にはもともと健やかになろうとする力が備わっています。肌本来の力を助ける成分が、独自成分のスーパーオリゴとビフィズス菌です。肌を元気に整えていきます。

香料、着色料、パラベン、アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤は無添加、弱酸性です。荒れた肌にもスーッとなじみ、べたつかない使い心地です。

使い方

手のひらに取り出して両手で温めます。顔の内側から外側、下から上に向かって優しく広げます。肌をこすらないように気をつけてください。

両手で顔を包み込んでなじませます。乾燥が気になる部分には重ねづけをすることがおすすめです。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 普段はクリームでケアをしていたのですが、このところオリゴミルクでケアをしています。さらっとした使用感だけれど潤って、べたつきが気になりません。しっかり保湿してくれるように感じます。肌がゆらぎがちなときでも刺激を感じずに毎日使えています。真空容器で衛生的に使えるので安心できます。
  • まずとっても伸びがよいことに驚きました。使っていて刺激は全く感じません。しっかり保湿されるし、ベールを作ってくれているようです。産後は子供の世話に追われて保湿ケアが後回しになりがちですが、こちらを使えばよかったなと思いました。妊娠中や産後のデリケートな肌でも使えそうです。
  • アルコールに弱いアレルギー体質の肌ですが、ピリピリすることがありません。とろーりとしてテクスチャーで保湿されている感じがするけれど、べたつくことがないです。2本目を使っていますがキメが整ってきました。

乾燥肌、敏感肌、肌が弱い子供でも使えるような乳液が、ナチュラルサイエンスのママ&キッズオリゴミルクです。スーッと伸びるテクスチャーの乳液が、肌のバリアをサポートして、長時間潤う肌へと導きます。

肌がデリケートになりがち、妊娠中や産後のお手入れに、子供と一緒にケア、こんなときにおすすめです。

<<Amazon>>

第5位 dプログラムのバランスケアエマルジョンR

乾燥してかさつくけれどべたつきも気になる、ニキビができやすい、メイクがテカる、このような乾燥やべたつきの悩みを抱える方をサポートする乳液が「dプログラム バランスケアエマルジョンR」です。

乳液だけれどべたつかないテクスチャーで、水分と油分のバランスを整えて、乾燥・べたつきの気にならない肌へと導きます。

かさつくのにべたつく原因とは?

乾燥している部分とべたつく部分が混在してしまうのはどうしてでしょう。それは、肌のバリアが低下をしているからです。

肌表面には、ホコリ・花粉・大気汚染などの外部刺激から守り、肌内部の水分蒸発を防ぐバリア機能の役割を果たす角質層が存在します。皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質の量が十分でバランスが保たれていると肌のバリアがきちんと働きます。

ところが、紫外線、空気の乾燥、摩擦、睡眠不足などさまざまな要因で肌のバリアは低下。バリア機能が低下をしてしまうと、肌内部の水分を保つことができず、乾燥する部分と毛穴がつまる部分とが混在するように。毛穴がつまった部分はニキビができやすくなります。

このような状態の肌に必要なお手入れは、潤いを与えて水分と油分のバランスを整えることです。

dプログラム バランスエマルジョンRは、潤いが長時間続く肌へと導く乳液です。乳液ですがべたつきが気にならずスッとなじみます。

べたつきが気にならないのは、なめらかエアリーミルク処方を採用しているからです。

潤いを与えるための水分と油分を含む乳液の中には、ジェルボールが配合されています。この3つの組み合わせによって滑らかな使用感となります。肌の上に伸ばすとジェルボールがほぐれて、水分と油分が肌になじみ、長時間潤いを持続させます。べたっとした厚ぼったさのない使用感です。

水分と油分のバランスを整え、かさつき、べたつき、毛穴の気にならない肌へと導く乳液です。

使い方

化粧水の後に使用をします。

手のひらに1プッシュ分を取り出し、両手に広げます。手のひらを顔に押し当て、手の位置を少しずつ変えながら顔全体になじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • クリームのような潤いを感じられる乳液です。乳液は油分が多くてニキビができそうなイメージがありましたが、こちらはニキビ予防になります。ポンプ式なので取り過ぎることがありません。べたつかずスーッと浸透し、重すぎず軽すぎない使い心地です。
  • ポンプ式は取り過ぎないので好きです。肌なじみがよく、つけた後にはしっとりとします。翌朝までしっとりは続くことがうれしいです。花粉症の季節は肌がガサガサになるのですが、これを使っているとガサガサが気になりませんでした。化粧のノリもよいです。
  • 敏感肌で乾燥とべたつきが気になり、よい乳液がないか探していたこちらにたどり着きました。刺激を感じず敏感肌でも使えています。保湿感があるけれどべたつかない快適な使用感です。私の肌にあっていました。

かさつきとべたつきが混在する肌には、潤いを与えて水分と油分のバランスを整えるケアが必要です。

dプログラムのバランスケアエマルジョンRは、カサツキやべたつきの気になる肌を整える乳液です。乾燥、べたつき、毛穴が気になる方をサポートしてくれます。

<<Amazon>>

第4位 ソフィーナボーテの高保湿乳液しっとり

保湿ケアを行ってもすぐに肌が乾燥することがありませんか。それは、肌の貯水力が低下している可能性があります。

乾燥が気になる方におすすめの乳液が「ソフィーナボーテの高保湿乳液しっとり」です。潤いを抱え込んだようなみずみずしい肌に導きます。

持続型セラミドケア処方

肌の表面の角質層には何層もの角質細胞が並んでいます。角質細胞のすき間を埋めている成分が細胞間脂質で、この細胞間脂質を構成する成分がセラミドです。

肌にはホコリ、花粉、紫外線、大気汚染などの外部刺激から守る機能が備わっています。この機能を肌のバリア機能といいます。セラミドは、肌のバリア機能の主役を担う成分です。角質層のすき間がセラミドで満たされることでバリア機能が本来の力を十分に発揮することができ、キメが整い、潤って、肌荒れをしにくい肌に近づきます。

セラミドが不足をしてしまうと、角質層はすき間だらけになり外部刺激が侵入しやすい状態に。外部の刺激によって肌荒れを起こしてしまいます。また、すき間からは肌内部の水分が逃げてしまい、保湿ケアをしてもすぐに乾燥をするような状態に。

ソフィーナボーテ 高保湿液は、持続型セラミドケア処方を採用。乾燥して乱れがちな角質層を整えて、潤いが長時間続く肌へと導きます。

さらに、月下香培養エッセンスαを配合。過酷な環境で3年間培養した月下香の花びらを、質のよいものだけ0.5%まで厳選をして得られた成分です。月下香は夜になると人を引き付けるような香りを放つことからその名がつけられました。肌を包み込んで潤いを守ります。

使い方

夜のスキンケアに使用をしてください。洗顔後に化粧水で肌を整えた後に乳液を使用します。手のひらに3プッシュ取り出し、顔全体になじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 少量でもよく伸びるテクスチャーです。軽めの乳液ですがしっかり保湿をしてくれます。大量にニキビができて困っていたのですが、ソフィーナボーテでケアをするようになってニキビが落ち着いてきました。しっかり保湿されているからだと思います。先日肌診断をしてもらったら、セラミドの数値が上がっていました。化粧品のおかげかなと思います。
  • カバンに入れて持ち運ぶようと自宅用の2本を気になったときに使っています。潤いのフタをしてくれるような使用感で、乾燥知らずの肌になりました。保湿されてもちもち肌です。それなのにべたつきはありません。肌が荒れることなく使えることもうれしいです。
  • いろいろな乳液を使ってきたけれど、べたべたしたり、肌荒れを起こしてしまって、私には乳液があわないのかなと思っていました。そんなときソフィーナボーテの高保湿乳液を使ったら肌が荒れず、むしろ肌が落ち着くように感じました。もちもちの潤った肌になりました。肌にあったものが見つかってよかったです。

潤いが続かないという方は肌の貯水力が低下をしているのかもしれません。

潤いが続く肌のポイントはセラミドです。ソフィーナボーテ 高保湿乳液しっとりは、持続型セラミドケア処方で潤いが続く肌へと導く乳液です。潤っているのにべたつかないという口コミをもらっています。

夜のケアに取り入れて潤い続く肌を目指しませんか。

<<Amazon>>

第3位 ソフィーナジェンヌの混合肌のための高保湿ジェル乳液

べたついたり、カサついたり、混合肌は保湿ケアをしたらいいのか、皮脂対策をしたらいいのか、ケアに困ってしまいませんか。

混合肌のために開発された化粧品が「ソフィーナ ジェンヌ 混合肌のための高保湿ジェル乳液」です。べたつきにくい使用感なのに潤い実感で混合肌でも使いやすい乳液です。

3つのおすすめポイント

①高保湿成分配合

混合肌とは、Tゾーンはべたつくけれど頬はカサつくといったように、べたつく部分とカサつく部分が混在する肌のことです。

べたつきが気になるためさっぱりしたケアを好みがちですが、必要なのは潤いを与えることです。過剰に皮脂が分泌されてしまうのは、水分と油分のバランスが崩れているからです。乾燥が進行をしていて、これ以上乾燥が進まないように皮脂を分泌して守っているのです。

ソフィーナジェンヌの混合肌のための高保湿ジェル乳液は、独自の高保湿成分のノンオイリーSCを配合。カサつきにアプローチをするのにべたつきません。

②さっぱりなのにみずみずしい

混合肌の悩みの一つに、保湿をしたいけれどべたつくのは嫌ということがあるはずです。肌にはどんなケアがあうのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

ソフィーナジュンヌはジェルでもなく乳液でもない、ジェル乳液という剤型です。みずみずしいジェルがするすると伸びが肌がぷるんと。なのにべたつきが気にならず、さっぱりとした使用感です。

③混合肌のことを考えた処方

カサつくけれどべたつく混合肌は、ニキビができやすくなっています。混合肌のことを考えて、アルコール、オイル、着色料は無添加、ノンコメドジェニックテスト済みです。ノンコメドジェニックとは、ニキビができにくい処方のことです。

使い方

化粧水で肌を整えた後に使用をします。手にひらに大豆粒大を取り出し、両頬、額、鼻、あごの5か所にのせます。顔の内側から外側に向かってなじませます。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 頬は乾燥するけれど、Tゾーンは一年中油田状態です。べたつくケアは嫌いなので、乳液は冬場だけ少し使う程度でした。この乳液は塗るともちもちになるのにべたつきません。ぷるぷるとしたジェルです。べたつくのが嫌という方でも使いやすいと思います。
  • 乳液はべたつきが残るので嫌でしたが、この乳液は潤うのにべたつきません。この使用感が私は好きです。毛穴が目立たなくなったようにも感じます。そのおかげで、毛穴用の下地が不要になりました。
  • ゆるめのテクスチャーのジェルです。ジェルのみずみずしさを感じられます。ベタベタが一切なく、肌がみずみずしくなります。べたつかないのに保湿力が物足りないということはありません。時間が経ってもカサつくことがありませんでした。混合肌の私にあっている乳液です。

ソフィーナジュンヌの混合肌のための高保湿ジェル乳液は、べたつくけれどカサつきも気になる混合肌のことを考えて開発された乳液です。ぷるんとみずみずしいジェルが肌に素早くなじみ、潤うのにべたつかない使用感です。べたつきが苦手な混合肌でも使いやすくなっています。

混合肌のための乳液でケアをして、べたつきもカサつきも気にならない肌を目指しませんか。

<<Amazon>>

第2位 キュレルの乳液

スキンケアをする時に、乳液って必要あるのだろうかと疑問に思ったことがある女性もいるかもしれません。

高保湿化粧水を使うと肌がしっとり潤っているので、乳液を使わなくても良いんじゃないかなと思う人もいると思います。化粧水や美容液、クリームにこだわる人は多くても、乳液にはこだわらない人は意外と多いのではないでしょうか。

また、乳液はベタベタするから苦手な人も多いですよね。しかし、乳液には乳液の良さがしっかりとあるんです。乳液には適度に油分があります。

乳液を使うことで、化粧水によって肌にしみこんだ水分を角質層にしっかりと閉じ込めることができるのです。化粧水に比べると乳液はベタつきやすいのですが、上記のような効果が期待できるのでスキンケアをする時にはかかせないアイテムなのです。

ベタベタするのが嫌だと思い乳液を使わないのは、とても危険です。化粧水だけで乳液を使ってスキンケアをするのをやめてしまうと、肌が非常にカサカサと乾燥してしまう可能性が高いのです。

私もベタベタする乳液が苦手なのでできれば使いたくないと思っていました。一時期乳液なしでも良いんじゃないかと思って使っていなかったんです。すると、朝起きた時に肌がカサつくようになり、ニキビまでできるようになりました。

みなさんには乳液を使わず失敗してほしくありません。しかし、ベタつきがどうしても気になるという気持ちはよく理解できます。もしベタベタしない乳液があったら嬉しいですよね。

私は、サラリとした使い心地の乳液を見つけたのでご紹介したいと思います。

その乳液は、キュレルの乳液です。

このキュレルの乳液は、肌荒れや肌のカサつきをくり返しがちな乾燥性敏感肌の方におすすめの乳液です。私は敏感肌だったのでとてもいいなと思い使うことにしました。使ってみるととても肌になじみやすくて、すぐにスっと肌に浸透していくのでベタベタがほとんど気にならなかったんです。非常に良かったです。こんな乳液があるんだなと驚きを隠せませんでした。

ベタベタしないのに肌のしっとり状態が素晴らしく、その後に使うクリームもよく浸透するようになりました。使い始めた頃は肌がカサカサ乾燥して肌が荒れていたのですが、肌にとても優しいので使っていて刺激を感じることはありませんでしたし、ほっとしました。徐々になめらかな肌になり柔らかくなったなと実感。

初めて乳液っていいなと思えました。それまではベタベタして一番苦手なアイテムだったのですが、乳液の大切さが初めてわかったんですよね。この乳液を使うようになったら丁寧に乳液を使うようになり、美肌になれたんです。乳液は毎日スキンケアをする時に使うものなので、ベタベタしない乳液を使って不快な気持ちにならずにスキンケアをしたいものです。

このようにベタつかない乳液もあります。ベタベタするから化粧水だけでいいやと思わずに、キュレルの乳液を試してみませんか。低刺激で乾燥しがちな肌が潤うようになりとても良かったですよ。乳液はスキンケアのなかでもしっかりと役割があるので、使わないという選択はなしです。

化粧水の次に美容液、そして乳液を使います。乳液は水分と油分がとてもバランスよく配合されていて、肌に油で綺麗に膜を作ってその前に使った化粧水や美容液などの水分が失われないようにしてくれるのでとても大切なんです。

<<Amazon>>

第1位 トゥヴェールのナノエマルジョン

肌が敏感、すぐに乾燥する、べたつく部分とかさつく部分がある、このような悩みを抱える方におすすめの乳液が「トゥヴェールのナノエマルジョン」です。

肌の潤いを担う重要な成分ヒト型セラミドなどを配合した乳液です。内側から潤いで満ちた肌に導きます。

浸透湿潤セラミド10%配合

肌にはもともとホコリ、紫外線、花粉、大気汚染などから守るバリア機能が備わっています。バリア機能の役割を果たしているのが、肌表面の角質層です。角質層は角質細胞が規則正しく並び、そのすき間を細胞間脂質が埋める構造になっています。

セラミドはバリア機能の重要な役割を果たす成分です。細胞間脂質の大部分はセラミドでできていて、セラミドがたっぷりな肌はバリア機能がしっかりと働き、外部刺激に強く、潤いで満ちた状態となります。

敏感で乾燥しがちな肌はセラミドが不足をしています。セラミドが減少をするとバリア機能が落ちてしまい、外部の刺激に敏感に反応をしやすく、潤いが逃げやすい肌となってしまいます。

トゥヴェールのナノエマルジョンは、浸透湿潤セラミドを10%配合をしています。超高圧乳化法によってナノ化しています。ナノ化することで軽いテクスチャーとなり、肌のすみずみに行きわたりやすくもなります。

さらに、ヒト型セラミドとアミノ酸も配合。ヒト型セラミドは人の肌に存在するセラミドと構造が同じでなじみやすい性質があります。アミノ酸は肌の潤いを保持している天然保湿因子を構成する潤いを守る成分です。これらの成分もナノエマルジョン化しています。内側から潤った肌に導く乳液です。

使い方

洗顔後に化粧水で肌を整えた後に使用をします。10円玉大を手のひらに取り出し、顔全体を手のひらで包み込むようになじませます。乾燥が気になる部分には、重ねづけをしてください。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • セラミド配合化粧品を探していたのですがなかなかよいものが見つかりませんでした。そんなとき、トゥヴェールさんにセラミド化粧品があることを知りました。さらさらなテクスチャーで使いやすく、浸透していくことがわかります。べたつかないので朝のケアに使いやすいです。肌が柔らかくなったように感じます。
  • さらさらとした化粧水のような使用感です。私の肌は潤いが保持されにくいのですが、この乳液を使って2回目には乾燥が気にならなくなっていました。普段は午後になると肌がピキピキして、ファンデーションが浮くのですが、そういったことがないです。乾燥からくるかゆみにも悩んでいたのですが、かゆみも治まりつつあります。手放せなくなりそうです。
  • 夜にローションパックをしてクリームを塗っても、翌朝には粉吹きをしているひどい肌でした。セラミドを補うとよいということを知ってこちらの商品を使いました。水みたいな使用感なのに、美容液を塗った後のような潤い感です。しっとり、もっちりな手触りな肌で驚きました。ファンデーションがピッタリのるようになったのでメイクが楽しくなりました。

敏感で乾燥しがちな肌はセラミドでケアをすることがおすすめです。

トゥヴェールのナノエマルジョンは、浸透湿潤セラミド、ヒト型セラミド、アミノ酸などのナノ化した成分を配合した乳液です。肌のすみずみに潤いを行きわたらせてみずみずしい肌へと導きます。

<<Amazon>>

関連記事:

20代30代の美肌美白におすすめ!プチプラ乳液・ミルクランキング

美白になる!無印良品の敏感肌用高保湿化粧水と乳液と導入液の口コミや使い方

メイク下地・化粧下地は化粧水(ローション)と乳液だけ!肌に優しい負担を減らす

安いしおすすめ!今年一番人気の化粧水、乳液、美容液はこれです

乾燥肌用のいい香りでおすすめ!ボディミルク(ボディ乳液)ランキング

【ヒト型セラミド化粧品だけ!】おすすめ化粧水,乳液クリームランキング

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック