乾燥肌の女性におすすめ!潤いが人気のプチプラ美容オイルランキング2020

顔にも髪にも体にも使える万能な美容オイル。

皮脂に近い美容オイルは肌の乾燥を防ぎ、肌のバリア機能を高めてくれます。

ここでは乾燥肌の女性におすすめの潤い効果抜群で人気の美容オイルをランキング形式で紹介します。

今の肌状態に不満がある人に、本気で試してほしいです!

スキンケアに美容オイルがおすすめの理由

肌に使用するものの中には、化粧水をはじめ、乳液や美容クリームなど様々なものがあります。その中の一つであるオイル。

実際、オイルは、オイリー肌の人の場合、使用後のべとつきが気になり、使用しない人も少なくありません。しかし、それはとても、もったいない事なのです。オイルで肌をケアすると言う事には、様々な効果を期待する事ができるため、オイリー肌の人でも、是非利用して欲しいスキンケア用品になっています。

オイルをスキンケアに利用する事で得られる効果は、まず、乾燥肌予防やニキビ予防と言った肌トラブルの予防です。

その他、肌への栄養補給や肌のたるみなどの予防効果も期待する事ができるようになっています。オイルを使ってスキンケアする事で、肌にハリを出す事ができ、また、ツヤのある肌にする事も可能になっています。

オイルを使ったスキンケア方法

オイルを使ったスキンケア方法は、忙しい人にもピッタリのスキンケア方法です。

オイルの場合、初めに付ける事で、その後の化粧水や乳液などの肌への浸透性を高める効果があります。その為、初めにオイルを手に取り、顔全体に塗ってから、いつもの化粧水などを付ける方法がベストです。

とは言っても、毎日、忙しい女性にとって、スキンケアに時間をかける事ができない人も多いかと思います。そんな忙しい日には、オイルだけでも十分です。オイルだけでも、十分な効果を得る事が可能です。

また、顔のスキンケア以外にも使用する事ができるオイル。例えば、体全体に使用する事でボディーケアも完璧です。これからの季節、乾燥が気になる人も少なくありません。そういった人にも、肌の乾燥を防ぐためにオイルがお勧めだと言えるのです。

その他にも、頭皮や髪の毛にも使用する事ができるオイル。傷んだ髪のケアなどの為、オイルを髪に付ける事でツヤのある髪にすることが可能です。ただし、オイルを付けた髪は、その後、十分に洗い流す事が大切になります。

オイルを使ってスキンケアする際のポイント

オイル1つで体全体のケアをする事が可能と言えます。

もちろん、付けすぎには注意が必要です。特にオイリー肌の人の場合、薄く延ばす感じで使用する事をお勧めします。また、リラックス効果も得る事ができるオイルケア。その為、自分好みの香りのオイルを選ぶ事で、肌ケアと一緒にリラックスタイムを楽しむ事が可能になります。

以上が、オイルを使ったスキンケア方法です。

べたつきなどが気になり、オイルの使用を避けている人も少なくありませんが、実際、使用してみると、さほど、べたつきなど気にならないと言う人が多くいます。

また、オイルによっても、付け心地が違う為、まずは、自分に合ったオイル選びから始めてみると良いでしょう。そうする事で、手軽にオイルを使ったスキンケアを続ける事が可能になります。

口コミ

乾燥肌の方は季節問わずカサつきがちですが、特に寒い冬は乾燥がきつくなり、エアコンの風などの空気乾燥によっても悪化します。

朝に保湿したはずなのに昼にはもうカサカサで粉が吹いているということも珍しくはありません。そのたびに美容液などで保湿するのはハッキリ言って面倒ですし大変ですよね。

そんな酷い乾燥肌にピッタリの特別な美容方法があるのです。

この美容法を取り入れるだけで、夕方までしっとりした肌が続きます。日中に仕方なくメイク直しと共に行っていた保湿もする必要はありません。朝から夕方まで潤いのある肌をキープすることができるのです。しかも、普段より濃厚なお手入れなので、寒い風やチリや埃などの外的ダメージをもガードできるので、乾燥肌の方には救世主ともいえる美容方法といえます。

特別…とは言いましたが、実は物凄く簡単なスキンケアなのです。

必要な物は、「美容オイル」と「化粧水」のたった二つです。

どちらも普段使っている物で十分なので、新たに購入する必要はありません。

では特別美容の方法ですが、

  1. まずは朝起きて普段通りに洗顔します。
  2. 次に薄く美容オイルを顔全体に伸ばします。
  3. その上に化粧水を重ねていくのです。

基本的にはコレだけなのですが、どこが特別か?というと、肌が満足するまでエンドレスで美容オイルと化粧水を重ねて塗り続けます。手のひらでぎゅう~っと肌を抑えながら肌の内側にまで浸透させていくのがポイントです。

美容オイルをつけて化粧水を馴染ませると、一瞬は顔がべたつくような感じがしますが、少し経つと表面がベタベタからしっとりに変わります。これを繰り返し行い、もうベタつきの方が勝っている!という状態でストップすると、夕方までのしっとり肌が完成です。

普段は洗顔の後にオイルではなく先に化粧水をつけるという方も多いのですが、肌が非常に乾燥している時は肌の表面が荒れて硬くなっているので、化粧水をいきなりつけてもなかなか浸透しません。

先にオイルをつけることで肌を柔らかくすることができますので、その後に付ける化粧水がしっかりと浸透するのです。

普段から乾燥肌な私ですが、冬場の乾燥は本当に酷く、メイク直しよりも保湿ばかりが気になっていました。

途中で保湿をすると肌馴染みも悪く、いちいちメイク直しもしなければならないので正直面倒だったのですが、この特別美容法を行うようになってからは夕方まで肌のしっとりさがキープできるようになったのです。

私の場合は特に乾燥する冬オンリーで行っています。いちど夏場に試したことがあるのですが、皮脂のバランスが乱れてしまったので、一度自分の肌に合うか試して欲しいと思います。

とにかく冬の乾燥肌に困っているという方、朝は潤っていたはずなのに昼過ぎにはもうカサカサ…という手ごわい乾燥肌の方は、美容オイルと化粧水だけでできる特別美容法を試してほしいと思います。

これでもか!というくらいに化粧水とオイルを肌に吸収させることが大きなポイントで、自宅にある手持ちのアイテムでスタートできるのもお手軽です。

方法も簡単で難しくないので、特に乾燥からくる小じわで悩み始めた場合には、カサつきの目安にもなるので、一度トライしてみてくださいね。

オイルの選び方と種類

オイルが配合した化粧水や美容液、クリームなど、スキンケアにオイルが配合されているスキンケ用品が増えています。しかし、ここでのオイルは配合されているスキンケアを選ぶのではなく、オイルそのものを塗る美容法です。

オイルは名前の通り油分で、皮膚を守る皮脂膜と同じ性質です。そのため、非常に肌馴染みが良く、しかも水分の蒸発を守る働きをします。

スキンケアの最初に使えば、ブースターとしての役割、最後に使えば、クリームや乳液と同じフタの役割をします。化粧水などで与えた水分を保持する保水性にも優れ、長時間潤いが続きます。また、オイルによっては他の美容効果も期待できます。

オイルの種類

オイルと一口に言っても、その種類は様々です。オイルと具体的な効能を挙げましたので、ご自分の肌悩みに合ったものを選びましょう。

①ホホバオイル

主成分のワックスエステルが皮脂代わりとなり、肌表面をベールのようにして包みこみ、乾燥から肌を守ります。アミノ酸が豊富に含まれているので、肌に潤いを与える効果も期待できます。サラッとしていてクセがなく、初心者でも使いやすいオイルです。

②アルガンオイル

「若返りビタミン」と呼ばれるビタミンEが豊富なオイルです。抗酸化力、活性酸素除去の力に優れています。その理由に、アルガンオイルにはビタミンEを構成する4つの構造を全て含んでいるからです。

また保水性にも優れているので乾燥対策にも適しています。エイジングケアをしたい方にオススメです。

③スクワランオイル

人体にも存在する成分であるので、皮脂に近いことで、オイルの中でも肌なじみが格段に良いです。酸素を供給する働きがあるので、皮膚呼吸を促進し、代謝を高めます。角解作用があるので、マッサージに使えば、古い角質を落とすことができます。

また殺菌作用があるので、乾燥しているのにできる大人ニキビで悩む人でも使えます。

④馬油

昔から使われている馬油。ヤケドや肌荒れ、アカギレなどの皮膚疾患の民間治療薬として使用されてきました。授乳の際に傷ついた乳首にも使えるほど、安全性の高いオイルです。非常にこってりとしていますが、塗り広げると浸透力の高さから、すぐにサラサラした状態になります。

殺菌作用、抗炎症作用に優れているので、ニキビやアトピー肌にも使えます。傷や炎症を起こしている、何を塗ってもピリピリする敏感肌の人でも安心して使えます。

オイルの選び方

オイルを選ぶ際は、不純物の少ない100%ピュアオイルを選びましょう。

石油系界面活性剤などの混ぜ物があると、豊富なビタミンなどの栄養分が損なわれる可能性があります。その分、少し値段が張りますが、せっかく使うのであれば、丁寧に抽出されたオイルの方が、肌には優しく、効果がより期待できます。ただし、その分、独特のニオイのクセはあります。

またオイルは酸化しやすいので、保存する際は、冷暗所など販売元の注意に従いましょう。

オイルの使い方

①肌が塗れた状態で使う

すべりが良くなり塗りやすいです。ふき取ると、もっちりとした肌になります。

②ブースターとして使う

乾いた肌に使います。スキンケアの一番初めに使うことで、その後の化粧水の浸透性を高めます。ちょっとさっぱりしていると感じる化粧水をしっとりに変えてくれます。

③フタとして使う

化粧水や美容液の後に使う方法です。ゆっくりとハンドプレスをして浸透させます。

オイルの良いところは、使い方を自由に選べることです。自分のライフスタイルや感触の好みに合わせて選んで下さいね。

乾燥が気になる季節にぴったりのオイル美容。髪から爪の先まで使えます。肌に合う合わないについては、オイルに限らず相性がありますが、合わないな・・・と思っても、ボディケアやヘアケアにも流用できるので便利です。

オイルで全身スベスベを目指しましょう!

アルガンオイルがおすすめの人の口コミ

お肌の乾燥に悩んでいる女性は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

お肌の乾燥は、ツッパリ感や粉吹きだけでなく、吹き出物や、シミやシワなどの肌の老化を早めるなど、様々な肌トラブルの原因となってしまいます。

一刻も早くお肌の乾燥を解消したいところですが、「どんな化粧品を使っても乾燥が解消されない!」という方や、「忙しくてお肌のケアに時間をかけることができない!」という方も多くいらっしゃいます。

そのような方に是非おすすめしたい美容法があります。

それは、「オイル美容法」です。

毎日の洗顔後のスキンケアに、化粧水や美容液、乳液やクリームなどを使用している方が多くいらっしゃいます。あるいは、時短のためにオールインワン化粧品を愛用している方も多くいらっしゃいます。

オイル美容法とは、ずばり、みなさんが毎日行っているスキンケアにオイルをプラスするという美容法です。日常のスキンケアにオイルを加えるだけですから、誰でも手軽に挑戦することができます。

オイル美容を始めるにあたって、まず大切になってくるのがオイル選びです。

スキンケアに用いることができるオイルの種類はたくさんありますが、オイルによって含まれている成分やお肌への作用が異なってくるため、自分に合うオイルを選ぶことが重要です。

初めてオイル美容に挑戦される方にまずおすすめしたいのが、近年注目されている「アルガンオイル」です。

アルガンオイルはビタミンEやリノール酸・リノレン酸をたくさん含み、肌を乾燥から守るだけでなく、肌の老化を防いだり、ハリ感をアップさせたり、キメを整える作用があります。さらに他のオイルに比べて、非常に軽い感触で伸びが良く、肌への浸透が早いです。

そのため、オイル美容初心者の方や、オイル特有のベタつきが苦手だという方であっても取り入れやすい万能オイルであるといえます。

その他にオイル美容に取り入れやすいオイルとして挙げられるのが、ニキビや美白に効果があるローズヒップオイルや、アルガンオイルよりもアンチエイジング効果が高いとされているマルラオイルやウチワサボテンオイルなどです。

それぞれ効果やオイルの使用感、価格も異なるため、ぜひ自分に合ったオイルを使用して頂きたいです。

オイルの取り入れ方にもいくつか方法があります。

①まずは洗顔後、化粧水の前にオイルを塗るという方法です。これはオイルの「ブースター機能」と言われ、化粧水の浸透がとても良くなります。保湿力が物足りない化粧品に直接混ぜて保湿力を強化したり、乳液やクリームの後に使用することにより、水分が蒸発するのを防ぐ「蓋」の役割を強化することもできます。

②さらに、ファンデーションに混ぜて使用することでツヤ肌を演出することもできます。

使用するオイルや使用方法の組み合わせによって自分好みにカスタマイズできるのもオイル美容の楽しいところです。

ただし、劣化したオイルを使用するとかえって肌が荒れてしまうこともあるので注意が必要です。直射日光や高温を避けて保管し、においや色が変化しているようなら使用には注意してくださいね。

以上、毎日のお手入れにオイルを加えるだけで乾燥を防ぎ、アンチエイジングにも効果があるオイル美容。とても簡単なので、ぜひ試してみて下さいね。

乾燥肌の女性におすすめ!潤いが人気のプチプラ美容オイルランキング

第17位 トリートトリートのピュアスキンセラミドオイル

肌に元気がない、刺激に敏感、乾燥気味、こんな悩みがありませんか。肌に元気がないなと思ったときには、セラミドでケアをしてあげましょう。

「Treat Treat(トリートトリート)のピュアスキンセラミドオイル」は、天然ヒト型フリーセラミドを配合した、合成界面活性剤不使用のオイルです。バリア機能の整った、ふっくら肌に導きます。

特徴

これまでは界面活性剤なしにセラミドを配合しようと思っても、わずかな量しか配合することができませんでした。安定化のために石油由来合成ポリマーなどを加えることもあり、肌への刺激が気になります。しかし、技術の進歩によってピュアスキンセラミドオイルが完成しました。

ピュアスキンセラミドオイルは合成界面活性剤不使用です。ホホバオイル、アボカドオイル、マカダミアナッツオイルをベースに天然ヒト型フリーセラミドを配合しています。使用しているオイルは認証オーガニック原料で、溶剤不使用のコールドプレス製法で抽出をしています。

セラミドは肌の潤いに欠かせない成分です。肌の潤いは、細胞間脂質、天然保湿因子、皮脂によって守られています。このうち細胞間脂質が80%ほどを占めていて、細胞間脂質の50%以上がセラミドで構成されています。紫外線や花粉などの外部刺激から守り、肌内部の水分蒸発を防ぐバリア機能は、肌の潤いが保たれていることによってきちんと働きます。

短鎖脂肪酸を含む合成のセラミドでは肌のバリア機能を低下させてしまいますが、長鎖脂肪酸型の天然ヒト型フリーセラミドは肌のバリア機能を高めるという報告があります。長鎖脂肪酸を含む「天然」ということが大切です。植物オイルとセラミドの力が凝縮されたオイルが角質層に届き、ふっくら健やかな肌をサポートします。

使い方

洗顔後に化粧水や美容液で肌を整えた後、1から4滴を手のひらに取り出して顔全体になじませます。クリームを使用する場合は、クリームの前に使ってください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • さらりとしたテクスチャーのオイルです。手のひらからこぼれてしまいそうなくらいさらっとしています。肌にのせるとすぐになじんで、肌表面はさらっと、でもしっとり感があります。これまでのオイルのようなべたつきがありません。朝メイクの前に使うとファンデーションのノリが各段に変わり、感動しました。
  • 朝のオイル美容には抵抗があったのですが、肌がさらっとしっとりするし、メイクのノリが違って、今では朝のケアに使っています。顔全体がもっちもちになります。夜は普段のスキンケアにプラスするだけでもよいし、スペシャルケアとしてマッサージしながら使うのもよいと思います。
  • スポイトタイプ、瓶は茶色の遮光性になっています。オイルはべたつきそうなイメージがあったのですが、思っていた以上に伸びがよくてなじみが早いです。夜はオイルパックとして使うと、翌朝の肌の調子がとてもよいです。朝は化粧水に混ぜて使っていて、メイクノリがよくなって気に入っています。

肌に元気がない、乾燥する、こんなときに使って欲しいものがセラミドです。セラミドは肌の潤いを守る大切な成分です。ピュアスキンセラミドオイルは、天然ヒト型フリーセラミドを配合。植物オイルとセラミドの凝縮されたオイルでふっくら元気な肌を目指しませんか。

第16位 ララヴィのオイルインローション

乾燥、くすみ、ごわつきなど、年齢を重ねるとともに肌不調を感じていませんか。年齢肌の悩みには、水分だけでなく油分も与えるケアがおすすめです。

「ララヴィのオイルイン ローション」は、オイルが持つ力を引き出した化粧水です。オイルイン ローションでオイル美容をはじめてみませんか。

オイル美容がおすすめの理由

オイル美容がおすすめの理由は2つあります。

①1つめは、肌が固くなるからです。

年齢を重ねると肌の角質層が厚く固くなってきて、美容成分の浸透が悪くなってきます。そのため、オイルで角質を柔らかくして美容成分が角質層の奥まで届くように助けてあげます。

②2つめは、皮脂量が少なくなるからです。

皮脂には天然のバリアの働きがあり、肌の水分蒸発を抑えてくれています。ところが、年齢を重ねると皮脂分泌量が低下をして、肌の水分量が少なくなります。そのため、オイルで水分蒸発を抑えてあげましょう。

ララヴィのオイルイン ローションは、幻のオイルともいわれるウチワサボテンオイルを配合しています。1トンの果実からわずか1~2kgしか採れない貴重なオイルです。その他にもハス花エキス、フェンネルエキス、コエンザイムQ10なども配合をしています。油分と水分を同時に肌の奥に届けます。

オイルは独自技術で化粧水の中に分散させていて、ベストなオイル粒サイズとなっているので、べたつかず肌なじみがよい使用感です。ぐんぐん浸透、滑らか肌に導きます。

使い方

洗顔後、適量を手に取りだして顔全体になじませます。コットンよりも手でつけることがおすすめです。手のひらに取り出したら、手で顔を包み込むようになじませてください。

化粧水、美容液、乳液の働きをこなします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • オイルが入っている化粧水で、化粧水、美容液、乳液の3ステップをこれだけで行えるのでケアが楽チンです。みずみずしいテクスチャーでべたつきはまったくなく、肌表面はさらさらになるけれど、保湿力を感じます。これだけでもしっとり潤いました。乾燥肌対策だけでなく、エイジングケアもできそうです。
  • オイルが粒子状になって化粧水の中に漂っているので使いやすいです。つけた後は肌がしっとりとします。べたべたすることはなく絶妙な使い心地です。肌にぐんぐんしみ込んで、水分をキープしてくれているように感じます。好きな柑橘系の香りがするので、毎日のケアが楽しくなりました。
  • 化粧水、美容液、乳液の3役をこなしてくれるので時短ケアになります。しっとり潤うのにべたつくことがなく、快適に使用できます。肌に密着をしてベールをかけたように包み込む優しい使い心地です。翌朝も肌のしっとり感が続いています。すべすべで気持ちがよい手ざわりです。オイル美容にはまりました。

オイルはべたつきそうだと思っていませんか。でも、ララヴィのオイルインローションならべたつかない使い心地です。オイルがぐんぐん浸透、水分と油分をチャージします。

乾燥やくすみなど年齢とともに増える肌悩みは、肌の水分量や皮脂量の低下が関係をしているので、年齢肌には油分が必要です。ララヴィ オイルインローションでオイル美容をはじめてみませんか。

第15位 エッフェのオーガニックリッチバランシングオイル

オイル美容は冬に特に人気が出る美容法ですね。でも1年中オイルを使ってスキンケアすればさらにお肌をもっちりふっくらとさせることができます。オイルはお肌になじみやすいものが多いので、お肌に浸透してお肌を柔らかくしてくれます。

お肌にハリやツヤも与えてくれますし、オイリー肌の人でもオイル美容を始めたことで肌の皮脂バランスが整ったりします。1本オイルがあると顔だけでなくボディにも使えますし、髪にも使えます。

ぜひマルチな万能オイルで毎日スキンケアしてみてください。

カサカサが気になる・・くすみが気になる・・ざらつきやごわつきが気になる・・小じわが気になる・・というような人におすすめの美容オイルをご紹介します。

エッフェのオーガニックリッチバランシングオイル

美容オイルを購入するならエッフェオーガニックのリッチバランシングオイルがおすすめです。オーガニックのオイルはとても厳選されたものを使用していますので、高品質で安心して使用できます。

こちらのオイルに配合されているのは、ホホバオイル、スィートアーモンドオイル、レッドラズベリーオイル、アルガンオイル、ローズヒップオイルです。

バランスよく様々なオイルが配合されているので、お肌の悩みに働きかけてくれます。肌荒れを予防してくれるオイルも配合されていますし、エイジングケアできる紫根オイルなども配合されています。

使い続けるとお肌にハリが出てくるのが分かります。べたつきが少なくて肌にすっと浸透してくれる肌なじみの良いオイルとなっています。気になる部分には重ねてぬることでより効果を実感できます。

使い方

スポイト式のボトルになっています。手のひらにスポイトでオイルを取り出して顔の下から上に向かって丁寧に馴染ませていきましょう。軽くマッサージするようにしてお肌に浸透させてください。

気になる部分は重ねて塗り、最後に両手でハンドプレスしてオイルをしっかりと浸透させます。

お風呂でのオイルパックをしても良いです。たっぷりオイルを顔に塗ってお風呂の蒸気でオイルを浸透させましょう。軽くオイルを洗い流してからスキンケアします。後から使う化粧品の浸透を高めてくれます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 乾燥肌がひどかったのですが、オイルを使用してからお肌が潤いました。化粧水とオイルの簡単ケアですが肌の調子がとても良いです。オイルを取り入れてから肌の調子が良くなりました。肌荒れにとても良いです。
  • 化粧水が使えないくらい肌がしみたのですが、オイルは大丈夫でした。1年中使えるオイルを探していてこちらはとても使いやすいです。1本でかなりもつのでコスパも良いです。デコルテなどのマッサージにも使っています。
  • 口元や目元の小じわが悩みだったのですが、オイルを使い始めてだんだんと小じわが気にならなくなってきました。お肌の調子も良くなりお化粧ノリが良いです。

秋から冬にかけてお肌の乾燥が止まらない・・という人はぜひオイルを取り入れてお肌の調子を整えてみてくださいね。ニキビがある人もオイルを適度に取り入れることでお肌の調子が良くなることがあります。ぜひお試しください。

第14位 トゥヴェールのディープトリートメントオイル

肌の潤いを保つ大切な成分がセラミドです。乾燥しやすいと悩んでいるなら、セラミドが不足している可能性があります。「トゥヴェールのディープトリートメントオイル」は、浸透湿潤性セラミド70%の美容オイルです。乾燥肌に潤いを届けて守ります。

特徴

セラミドは角質層のすき間に存在する成分です。セラミドが十分な量保たれていることで、肌の潤いが守られたり、紫外線や大気汚染など外部の刺激から守られたりしています。

乾燥しやすい肌は肌のセラミドが不足傾向です。セラミドが不足をすると肌のバリアが弱まってしまい、本来入れたくない外部刺激が肌に入って敏感になってしまいます。また、肌内部の水分が逃げやすくなって、ますます乾燥肌が進行をします。

セラミドを配合している化粧品はいくつもありますが、その配合量はどうでしょうか。セラミドを高配合している化粧品を使うことで乾燥が軽減されるといわれていますが、手ごろな価格で利用できるものは多くありません。

そういった点を考慮してトゥヴェールのディープトリートメントオイルは誕生しました。椰子油とアミノ酸から作られる植物性の浸透湿潤セラミドを70%配合。角質層に浸透をして、すみずみを満たしていきます。

さらに、サトウキビ由来のスクワランを30%配合。スクワランを加えることで軽やかな使い心地になっています。顔だけでなく、唇や髪のケアにも使えます。

使い方

手のひらに1から5滴を取り出し、顔の内側から外側に向かって広げます。全体に広がったら両手で顔を包み込んでなじませます。単体で使って重さを感じるようなら、植物オイルで10%以下に薄めたり、手持ちの化粧水、美容液、乳液などと混ぜて使用してみてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • セラミド配合の化粧品を探していていろいろ他社のものを使っていたとき、トゥヴェールのこのオイルを見つけました。素晴らしいの一言です。肌がふっくら、つやつやになって、毛穴が目立たなくなりました。べたつきにくく、スキンケアの最後に化粧水に混ぜて使っています。4か月くらいもつのでコスパがよいです。
  • 乾燥がひどくて、セラミドが必要だと思って使ってみました。化粧水に混ぜて使っています。肌になじんだ後は、ふっくら柔らかくなって赤ちゃんのような肌です。こんなふわふわすべすべの肌を触るのは久しぶりです。化粧水に混ぜたものを体にも使っていますが、体の皮膚も柔らかくふわふわになりました。
  • 肌に与え過ぎなのか、乾燥しているのか、ぽつぽつができる悩みを抱えていて、試行錯誤した結果バリア機能を高めることが大切だとわかり、このオイルを使ってみました。とろーっとしたテクスチャーです。私はクリームに混ぜて使っています。肌の状態が改善してくて、2週間くらいでぽつぽつが減りました。自分にあう化粧品を見つけるのは難しいですが、やっと見つかったうれしさがあります。

セラミドは肌の潤いを守り、外部刺激の侵入を防ぐために大切な成分です。トゥヴェールのディープトリートメントオイルは、浸透湿潤性セラミドを70%配合した濃密なオイルです。乾燥している肌はセラミドが不足傾向です。濃厚なオイルでセラミドを与えて、潤いの続く肌を目指しませんか。

第13位 フルーティアザセラム

毛穴の悩みに抱える方からたくさんの喜びの声をもらっている美容オイルが、フルーティア ザ・セラムです。

「ほっぺの毛穴が完全に消えています」

「みかんのようなデコボコ肌が卵みたいにつるつる」

このような声が寄せられています。

毛穴に悩んでいる肌にはオイルが必要です。クランベリーとブドウから抽出されるオイルが肌に働きかけて、つるんと毛穴の目立たない肌へと導きます。

オイルが必要な理由

毛穴にはオイルが必要です。その理由は吸収されやすいことです。

肌のタンパク質には水をはじいて油を通す性質があります。また、分子が小さなものも肌に浸透をします。ヒアルロン酸やセラミドは分子が大きい美容成分なので、肌の表面にとどまってしまうけれど、オイルは分子が小さいので肌の奥にまで浸透をします。

しかし、どんなオイルでもよいのではなく脂肪酸の種類が大切です。

毛穴に必要なのは、オメガ3系脂肪酸です。オメガ3系脂肪酸は、肌の潤いを保持するセラミドを作るために欠かせません。

セラミドには水分を挟み込んで潤いを保つ働きがあって、セラミドがたっぷりなら潤いのある肌となり、肌がふっくらとして毛穴が目立ちにくくなります。

フルーティ ザ・セラムが使用しているのはクランベリー種子油とブドウ種子油です。

オメガ3系脂肪酸は酸化しやすい性質があって、酸化したものを肌につけると肌も酸化をしてしまいます。ところが、クランベリーオイルには抗酸化作用があるスーパービタミンEが含まれていて、酸化しにくいのです。スーパービタミンEの抗酸化力は、通常のビタミンEの40~60倍にもなります。

フルーティア ザ・セラムに使用しているクランベリーオイルは、エコサートのオーガニック認定を受けています。3年以上農薬や化学肥料を使っていない土壌で栽培、周囲50km以内の農場でも農薬や化学肥料が使われていないなどの条件をクリアしています。2トンから1kgしか得られない貴重成分です。

サラサラな使い心地でぐんぐん浸透をします。毛穴の悩みに働きかけます。

使い方は、化粧水で肌を整えた後に、3~5滴を肌になじませます。手のひらで温めてからなじませてください。化粧水に1~2滴まぜて使うと化粧水の浸透がよくなります。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • オイルとは思えないほどのサラサラ感です。乾燥に悩んでいたけれど、肌がもちもちになりました。
  • オイルには抵抗があったけれど、使ってみるとぐんぐん浸透をしました。友達からは、毛穴がきれいになったねといわれます。

毛穴に必要なのは、オメガ3系のオイルです。

オメガ3系脂肪酸を含むクランベリー種子油を使用した美容オイルが、フルーティア ザ・セラムです。

オイルとは思えないようなサラサラな使用感、肌につけるとぐんぐんと浸透をします。酸化したオイルを肌につけるとオイル焼けをしますが、クランベリー種子油には酸化から守るスーパービタミンEが含まれています。オイルに抵抗がある方にもおすすめです。

<<楽天公式ショップ>>

 

第12位 幸運の美容オイル「オーラグロウ」でお肌もオーラもキラキラに

乾燥が気になる季節になってきましたね。乾燥からお肌を守るために、保湿ケアに励んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そのような方にぜひおすすめしたいのが、Heritage Storeの「オーラグロウ(Aura Glow)」です。

オーラグロウは、全身に使うことができる美容オイルです。

しかし、ただの美容オイルではなく、その名の通り、オーラを輝かせて運気をアップさせてくれるということで世界中の女性から愛用されているオイルなのです。お肌をツヤツヤにしてくれるだけでなく、運気までアップさせてくれるなんて言われると、ちょっと気になってしまいますよね。

今回は、この不思議な美容オイル、オーラグロウについてご紹介したいと思います。

オーラグロウとは、民間療法の識者であることで有名なエドガー・ケーシーが指南した製法で作られた美容オイルです。

原材料は、落花生油、オリーブ果実油、ラノリン油、パフュームと記載されているのみで、とてもシンプルであり、さらに全天然処方であり、添加剤や合成防腐剤が使用されていないため、安心して使うことができます。

無香料、ローズ、ラベンダー、アーモンド、ココナッツムスクの5種類が展開されており、中でもローズの香りが一番人気で、世界中のたくさんの方に愛用されている名品です。

「皮膚への食事」と称されているほど、質の良い複数のオイルと、その組み合わせで作られており、乾燥からお肌を守り、皮膚のトラブルを解消してくれます。さらに、この香りを嗅ぎながら全身をマッサージすることによって、オーラが磨かれ、幸運が舞い込んでくると言われています。

使い方

お肌のケアをしながら運気もアップするなんて、女性としては見逃せないアイテムですよね。

では、このオーラグロウはどのように使用すれば良いのでしょうか?

オーラグロウは、髪の毛からつま先まで、全身に使用することが可能です。

髪の毛に使う場合は、髪の毛を洗ってタオルドライした後や、ドライヤーの前に塗ることで、アウトバスヘアトリートメントとして使用することができます。

また、シャンプー前の頭皮マッサージにも使用することができ、頭皮を柔らかくほぐし、地肌を整えてくれる効果があります。

顔に使用する際には、化粧水前のブースターとして使用したり、スキンケアの最後に使うことで水分が蒸発するのを防ぐ蓋の役割を果たしてくれます。

そして、お風呂上がりに全身にボディオイルとして使用したり、マッサージオイルとして使用することができます。

エドガー・ケーシーによると、香りを感じながら、リラックスして全身をマッサージすることでオーラが育ち、磨かれるそうです。オーラというものは直接目に見えるものではありませんが、ケアをしているだけで知らず知らずのうちに幸運体質になっているなんて、嬉しいお話ですよね。

オーラグロウを使っている方の口コミを読んでいるとよく目にするのが、「オーラグロウを使い始めてからいいことがあった!」というものです。

皆さん、周りから綺麗になったと褒められることが多くなったり、恋愛運がアップしたりと、オーラグロウの効果を実感しているようです。

お肌への効果だけでも十分に良い働きをしてくれるオーラグロウですが、「なにかいいことあるかも!」というワクワク感が、毎日をより楽しくしてくれますよね。

香りも良く、お肌への効果もお墨付きで、さらに幸運体質にしてくれるなんて、良いことづくめですね。ぜひ、みなさんにもお試しして頂きたいです。

以上、Heritage Storeのオーラグロウについてご紹介しました。

美容オイルとしてとても優秀で、これだけでも使う価値は十分にありますが、毎日のケアが幸運を引き寄せてくれているなんて、とても素晴らしいですよね。

オーラグロウでお肌もオーラも輝かせて、素敵な毎日を過ごして頂ければ幸いです。

<<Amazon>>

第11位 Larネオナチュラルのボタニックオイル

皮脂には肌表面を覆って保護する役割があります。皮脂は、オレイン酸、リノール酸、パルミチン酸、パルミトレイン酸などの脂肪酸で構成されています。スキンケアに適したオイルとは、この脂肪酸構成が人の皮脂に近いもののことです。

独自のノウハウでオイルをブレンドしている美容オイルが、「Larネオナチュラルのボタニックオイル」です。自然素材に極力手を加えず、自然の力を活かすスキンケアという考えから作られています。

オイルには潤いを保つ働きがあるので、乾燥が気になる方におすすめです。また、サラッとした使い心地なので、オイルが苦手な方でも使用しやすいと思います。

独自のプレミアムブレンド

Larネオナチュラルのボタニックオイルは、独自のノウハウでオイルをブレンドしています。

使用しているオイルは、椿油、アルガンオイル、EXオリーブオイル、マカダミアナッツオイルです。これらのオイルには、人の皮脂にも含まれるオレイン酸やパルミトレイン産が含まれています。

皮脂には肌のバリア機能の役割がありますが、皮脂が不足をするとバリア機能が弱くなり、外部刺激のダメージを受けやすい状態になります。皮脂成分を補って健やかな肌を目指しましょう。

このオイルに月桃、ローズマリー、ローズ、ゼラニウム、ヘチマ葉エキスなどの美容成分を加えました。柔軟性を高めたり保湿性に優れた成分です。

Larネオナチュラルは、自然の力を損ねる化学合成された成分を一切加えていません。ボタニックオイルは、合成界面活性剤、BG、パラベン、香料、保存料無添加です。

使い方

洗顔後、1~2プッシュを手にとり、手のひらに広げて顔を覆います。10秒ほど手を押し当てて肌になじませましょう。

美容液に混ぜて使用をすることもできます。普段使用している美容液とボタニックオイルを手に取りだして混ぜ合わせ、顔全体になじませます。美容液に混ぜて使用することで保湿力がアップします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 美容液に1~2プッシュ混ぜて使用をしています。べたつきがなく使い心地がよいです。化粧ノリがよくて鏡を見るのが楽しみになります。
  • 乾燥肌でつっぱり気味の肌なのですが、ボタニックオイルのおかげでつっぱりがなくなりました。よく浸透してくれて使いやすいです。
  • 肌にすっとなじみます。乾燥肌で化粧品をつけてもすぐに乾燥するのですが、このオイルを使うと1日中乾燥しません。肌のバリバリがなくなりました。

スキンケアに適したオイルとは、人の皮脂の構造に似たオイルのことです。

Larネオナチュラルは乾燥肌でも使用できるように、マカダミアナッツ、椿油、EXバージンオリーブオイルなどを、独自のノウハウでブレンドしています。べたつきがなくスッと浸透をして肌を保湿します。月桃やローズマリーなどの美容成分は、肌を柔らかくしたり、保湿をサポートします。

そして、肌が弱い方にうれしい無添加です。さまざまな肌質の方が使用できます。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

第10位 アルジェランのモイストディープ スキンケアオイル

「アルジェランのモイストディープ スキンケアオイル」は、オーガニック原料を配合した美容オイルです。化粧水や乳液では潤いが足りないと感じることがありませんか。そんなときにおすすめです。黄金比でブレンドしたオイルが、キメの整った健やかな肌に導きます。

3つのこだわり原料

①オーガニックセントジョンズワートオイル

セントジョンズワートは、日本ではセイヨウオトギリソウと呼ばれる黄色い花を咲かせる花です。明るい気分でいたいときのための「ハッピーハーブ」「サンシャインハーブ」などと呼ばれ、アメリカでは親しまれています。ヨーロッパでは、昔からやけどや切り傷の治療、内服などに用いられてきました。

その花をヒマワリ種子油に浸け込んでじっくりと成分を抽出しています。

②オーガニックアプリコットオイル

甘酸っぱい実のアプリコット。果実は干しあんずやジャムにして食べられていて、種子は杏仁といわれ杏仁豆腐などの菓子に使用されています。

アプリコットオイルは、種子から得られるオイルです。成分を損ねないように熱をかけずにじっくり絞る低温圧搾法を採用しています。オイルには皮膚を構成する成分であるパルミトレイン酸が含まれています。

③植物性セラミド

セラミドは肌のバリア機能を保つために大切な成分です。バリア機能がしっかり働くことで、肌内部の潤いが保たれて、紫外線や花粉などのホコリから守ってくれます。植物性セラミドは、肌の潤いバリアをサポートします。

植物由来原料100%使用、原料の10%以上がオーガニックです。フランキンセンス精油とマンダリンオレンジ精油をブレンドしたシトラス系の香りが漂います。精油を100%の香りです。肌に直接触れるものだから優しさを考えて、シリコン、パラベン、合成香料、合成着色料、鉱物油、パラフィン、石油系界面活性剤、PEG、PG、動物由来原料は不使用です。

使い方

スポイトを使って手のひらに2から3滴を取り出し、乾燥が気になる部分を中心に肌に入れ込むようになじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 顔が他の部分と比べて乾燥しやすいので、しっかり保湿したいと思って使ってみました。肌が弱い方なのですが、このオイルは大丈夫でした。今まで使ったオイルは、油っぽくてどろどろしていて、かゆくなってしまったのです。でも、このオイルならさらさらしていて、刺激は感じません。肌につけて気持ちいいです。
  • オイルが合わないとすぐにぶつぶつができるのですが、冬はこのオイルで乗り切ることができました。べたつかずにすーっと浸透をします。柑橘系の香りもよいです。乾燥肌でオイルを使わないと朝起きたときに肌が砂漠状態になってしまうのですが、オイルをプラスするだけで肌の調子がよくなってきました。
  • オイルが好きでいろいろ使っています。テスターを使ったら手の皮膚が柔らかくなったように感じたので購入しました。朝晩使っていると乾燥が和らぎます。オイルはさらっとしていて浸透がよく、べたつきません。たっぷり使える値段もうれしいです。

アルジェランのモイストディープスキンケアオイルは、植物由来原料100%、オーガニック原料10%以上の美容オイルです。こだわりのオイルがキメの整った肌に導きます。乾燥がひどいとき、いつものスキンケアにプラスしてみませんか。

<<Amazon>>

第9位 マカダミ屋のマカダミアナッツオイル

年齢とともに肌の乾燥が深刻化していませんか。乾燥肌は皮脂が不足しています。皮脂の働きを補うものとしておすすめが「マカダミ屋のマカダミアナッツオイル」です。高品質・無添加のオイルが潤い肌へと導きます。

3つのおすすめポイント

化粧水で潤いを与えただけでは肌がすぐに乾燥してしまいますよね。乾燥を防ぐために、乳液やクリームなどオイルを含む化粧品でケアをしているはずです。

皮脂は天然のオイルで肌からの水分蒸発を防ぐ働きがあります。ところが、30代ころから皮脂分泌量は低下。肌内部の水分が逃げやすくなり、それによって肌のバリアが落ちて外的刺激を受けやすい状態になります。放っておけば年齢肌サインの原因に。そのため、皮脂を補うケアが大切です。マカダミ屋のマカダミアナッツオイルには3つのおすすめポイントがあります。

①べたつきにくい

皮脂の代わりとなるオイルを補うことが大切だとはいっても、オイルはべたつきが気になります。しかし、マカダミアナッツオイルならべたつかない使い心地です。ヴァニシングオイル(消えるオイル)といわれていて、肌にすーっとなじみます。伸びがよいのでマッサージに適していたり、化粧水の浸透を手助けしたりする働きもあります。

②パルミトレイン酸20%以上

マカダミアナッツオイルを構成する脂肪酸の大部分を占めるものが、オレイン酸とパルミトレイン酸です。

酸化したオイルを塗ると肌へのダメージが気になりますが、オレイン酸は酸化しにくい脂肪酸です。パルミトレイン酸はもともと人間の体内に存在しています。年齢とともに減少するパルミトレイン酸ですが、マカダミアナッツオイルには20%以上も含まれています。

③高品質、無添加

ケニアの小規模農家が無農薬有機栽培で育てたマカダミアナッツを使用しています。マカダミアナッツが最大収穫量を迎えるには15年ほどもかかるといわれています。採油を行ったものは日本で精製されて、添加物を含まない100%ピュアなマカダミアナッツオイルが完成します。

使い方

化粧水の後に1から2滴を顔全体に広げます。顔のマッサージに使用する場合は3~4敵が使用目安量です。ヘアケアやネイルケアにも使用できます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 洗顔後にブースターとして使用し、その後に化粧水、オイルと使っています。肌が弱いので、なるべく刺激が少ない物を、なるべく肌に触れる回数を減らしてケアしたいので、シンプルにケアをしています。塗って少しするとオイルが消えてしまいます。それなのに数的で保湿力を感じられます。アルガンオイルや馬油などいろいろ使ってきましたが、やっとこれだ!と思えるものに出会えました。
  • ボトルに猫がデザインされていてかわいいです。小さいサイズは持ち運びに便利です。浸透をしてさらっとするし、肌が柔らかくなります。お風呂上りにボディオイルとして使ったり、ヘアケアにも使ったりしています。髪も柔らかくなって、朝にまとまりやすくなりました。

乾燥が気になるなら皮脂不足の可能性が。足りない皮脂はマカダミアナッツオイルで補ってあげましょう。さらっとした使用感なので、オイルのべたつきが苦手な方にもおすすめです。

<<Amazon>>

第8位 Koh Gen DoのマクロヴィンテージT3プレミアムオイル

毎日のスキンケアに加えるだけ、柔らかく艶やかな肌へと導くコスメが「Koh Gen Doのマクロヴィンテージ T3 プレミアムオイル」です。顔、かかと、膝、デコルテなどにマルチに使えるオイルです。

潤い、ツヤ、しなやかさを手に入れたい、そんな方におすすめです。

特徴

マクロヴィンテージ T3 プレミアムオイルは、Keyとなる3つのオイルをベースにスキンコンディショニングオイルを組み合わせたマルチに使えるオイルです。

Keyとなるオイルは、ホホバ種子油、オリーブスクワラン、シア脂です。

  • ホホバ種子油は、ホホバの種子から抽出したオイルで、肌なじみがよい特徴があります。べたつかずスルッと伸び広がります。
  • スクワランは、皮脂にも含まれる成分です。オリーブスクワランはオリーブから得られるスクワランで、角質層にまで届いて肌を守ります。
  • シア脂は、優れた保水力を持つことが特徴です。ステアリン酸やオレイン酸を豊富に含み、肌なじみがよく長時間保湿をします。

この3つのオイルをベースにヘンプオイル、ククイナッツ油、シソ種子油のスキンコンディショニングオイルを配合。

  • ヘンプオイルは、必須脂肪酸を80%も含有しており、肌になじみやすい特徴があります。
  • ククイナッツ油は、原産地のハワイでは赤ちゃんにも使われているほど低刺激なオイルです。紫外線から守りながら、潤ってしなやかな肌に導きます。
  • シソ種子油は、オメガ3系必須脂肪酸を含むオイルで、デリケートな肌にも優しくなじみます。

角質層にまで潤いが浸透。柔らかく艶やかな肌に導くオイルです。

使い方

顔全体または肘、膝、かかとなどに使用する場合は1~2滴が使用目安量です。

顔全体から首、デコルテまで使用する場合は2~3滴が使用目安量です。適量を取り出し、気になる部分になじませます。

ローションパックの前のスペシャルケアとして使用をすれば、ローションの浸透が高まることが期待できます。ヘアケアにも使用できます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • サラサラしていて浸透力のよいオイルです。保湿力が続き、夜に使うと朝まで潤っています。べたつかないので朝のメイク前のケアにも使いやすいです。むしろオイルを使うとメイクのノリがよくなり、高級ファンデを使用したような仕上がりになります。ローションパックの前に薄く塗っておくとその後のスキンケアの実感が違います。髪にも使えるようですが、もったいないので顔だけに使っています。
  • オイルなのにサラッとしていてなじみやすいです。スーッとしみ込んで重い感じはなく、べたつくこともなくもっちりとしました。スポイト式なので適量を取り出しやすいです。保湿効果が素晴らしく、オールインワンに2滴ほど混ぜて使ったら目元と首の乾燥に変化を感じました。乾燥を感じなくなったことから、朝メイクをして夕方に目元のシワが目立つということがなくなりました。

マクロヴィンテージT3プレミアムオイルは、Keyとなる3つのオイルとスキンコンディショニングオイルを組み合わせたオイルです。オイルはべたつきそうですが、さらっとした使用感でスッと浸透。普段のスキンケアに加えることで柔らかく艶やかな肌に。潤い、ツヤ、しなやかさのある肌に導きます。

<<Amazon>>

第7位 ヴァーチェの美容オイル「マルラオイル」

マルラオイルというオイルの名前を聞いたことがありますか?

南アフリカに育つマルラの木の実から得られるオイルのことです。

エイジングケア成分を含んでいて、口元や目元の年齢サインが気になる方をサポートします。日本ではまだまだ認知度は低いのですが、南アフリカでは多機能オイルとして古来から親しまれていました。ベビーオイルやマッサージオイルとしても日常的に使用されています。

日本ではまだあまり知られてないマルラオイルを化粧品にしたものが、「VIRCHE マルラオイル」です。驚きのツヤとハリ、触りたくなるような潤い肌へと導きます。

2つの特徴

マルラオイルには2つの特徴があります。

①1つめは、エイジングケアです。

マルラオイルには、抗酸化作用を発揮するビタミンCとビタミンEが含まれています。抗酸化作用はオリーブオイルの10倍にもなります。さらに、エイジングケアに働きかけるαリノレン酸やオメガ6、オメガ9も含有しています。目元や口元の年齢サインに働きかけます。

②もう一つの特徴は、保湿作用です。

若々しい肌を保つためには、油分と水分の両方が必要です。水分だけ与えたも潤いは逃げてしまうし、油分だけでは水分が不足してべたついてしまいます。

マルラオイルには油分だけでなく、美容成分も含まれています。紫外線や乾燥の厳しい環境で育ったマルラからとれるオイルには、高い保湿作用があります。

オイルには独特な匂いがあり苦手な方もいると思いますが、VIRCHEのマルラオイルは匂いがありません。純度100%で、香料、着色料、防腐剤などは一切不使用です。そして、べたつかず浸透力が高いことも特徴です。オイルが苦手な方はべたつきが苦手なのだと思います。しかし、マルラオイルはサラッとした使い心地です。スッと浸透してべたつきが気になりません。

使い方

化粧水で肌を整えた後に、マルラオイルを1,2滴手に取り、顔全体になじませます。化粧水や乳液と混ぜて使用しても構いません。オイルを使用する前には、たっぷりの水分でケアをすることがポイントです。年齢サインが気になる部位には、あと1滴重ねづけをすることがおすすめです。

髪や頭皮、爪などにも使用できます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • オイルにべたつき感はなく、匂いも気になりません。乾燥肌ですが、これで冬も大丈夫です。エステで勧められる化粧品よりも安くてずっといいです。
  • 乾燥肌に悩んでいて、いろいろなものを試してきたけれど、どれも大きな変化は感じられませんでした。やっと満足できたものがマルラオイルです。のびがよくて、1,2滴使用するだけで肌の乾燥が治まります。

南アフリカに育つマルラの木の実から摂れる希少なオイルがマルラオイルです。

マルラオイルの抗酸化作用はオリーブオイルの10倍、エイジングサインに働きかけるαリノレン酸、オメガ6、オメガ9、ビタミンC、ビタミンEなども含有しています。美容成分と油分が肌を保湿してエイジングサインに働きかけます。

公式ホームページでは1000円引き+送料無料キャンペーンを行っています!

⇒公式ホームページ:目元、ほうれい線に!マルラオイル



第6位 トリロジーのローズヒップオイル

ローズヒップオイルとは、ローズヒップの種子からとれるオイルのことです。必死脂肪酸を含有していて、毛穴やシワの悩みを抱えている方、ツヤが欲しい方におすすめです。

オイルは酸化しやすく、酸化したオイルを肌につけると肌がダメージを受けます。そのため、きちんとした製品を選ばないと肌トラブルを招く恐れがあります

100%ピュアなオイルでできている美容オイルが「トリロジーのローズヒップオイル」です。

ベストコスメアワードオイル部門で第3位を受賞しています。弾力とハリのある肌、きめの整った肌、ツヤと潤いのアップ、目立たない毛穴、こんな働きが期待できます。

肌にオイルが必要な理由

肌表面を覆う皮脂には、肌の潤いを保つ働きがあります。ところが、加齢に伴い皮脂の分泌量が低下をします。肌の潤いを守る皮脂が少なくなると、肌の乾燥が進行をして、乾燥によるシワやくすみなどの肌トラブルを招きます。

そこで、不足する皮脂の成分を補うことがおすすめです。

オイルといっても、オリーブオイル、ホホバオイル、アルガンオイルなどさまざまな種類があり、含まれている脂肪酸の構成が違い、肌に与える影響も違います。

ローズヒップオイルには、必須脂肪酸が70%ほど含まれています。必須脂肪酸が肌の状態を整え、キメが整った健康な肌へと導きます。また、高い抗酸化作用があるので、エイジングケアにも向いています。

なじみやすい性質があり、サラッとした使い心地です。

オイルは独自の低温抽出法でアルコールなどの溶剤を一切使用せずに抽出されています。100%ピュアなオイルです。

ロースヒップオイル

「どんなにキレイに化粧をしても、肌のトラブルは隠し切れない」、「シミ、くすみ、しわ等のトラブルを治すことができたら」等と悩んでいる女性は多いです。

ローズヒップはチリあたりに生えており、バラの種子から抽出したオイルです。沢山のビタミンCが含まれているのでエイジングケアとしても使用できるキャリアオイルとして人気です。ビタミンCの含有量はレモンの数十倍以上もあります。

ローズヒップは必須脂肪酸のリノール酸やリノレン酸が含まれています。それにより、皮膚の弾力やバリア機能の低下も阻止します。

またローズヒップはキャリアオイルの中でも美容に優れている為、キャサリン妃、ミランダーガ・カ―さんやセレブ達の間でも愛用され続けています。

効果

老化の肌の代表としては、肌の乾燥、シミ、ニキビ、湿疹、美白効果、肌の衰え等などがあります。ローズヒップはシミを薄くする効果があります。

小さい火傷にも効果を表すので、ニキビ跡や、湿疹、くすみ、色素沈着にも対応してくれます。美白効果、保湿効果もすぐに発揮するので、手放せなくなります。

普段使う化粧水にローズヒップをプラスするだけで、肌の悩みが改善されます。

「ニキビ跡を薄くなる」「シミが目立たなくなる」「肌に透明感が出た」「色素沈着がなくなった」等と肌のトラブルが嘘のようになくなります。

使い方

ローズヒップの使い方はいろいろあります。髪の毛にもつけることもできますが、ここでは一般的に使われている使い方を下記に説明します。

クレンジング代わりとして使う場合、まず手のひらに3、4滴(適量)をつけ、指先で優しく顔全体にローズヒップをつけてから、ぬるま湯で洗い流します。洗い流した後、少しベトベト感が残っていますが、問題はありません。

化粧水の後につける場合、化粧水をつけた後に、ローズヒップを優しく3、4滴(適量)を薄く顔につけます。オイルなので少量でも顔全体にのびるので、たくさん使う必要はありません。

体や手、フェイシャル、足のマッサージにも使用できます。少し臭いがあるので、気になる人は顔だけにしましょう。

必須脂肪酸を含むオイルは酸化しやすいので、冷暗所で保管をすることをおすすめします。

注意点

日中はローズヒップを使用しないようにしましょう。

ローズヒップはブランドによって、「光毒性がある」や「光毒性がない」と言われています。ブランドによって使い方が違い「朝と夜使用できる」と書かれているものがあります。

キャリアオイルの中には、光毒性という作用を持つものもあるので、使い方を間違えるとシミになってしまう事があります。専門家の様に調査をしたわけではないので、ローズヒップに光毒性があるとかないとかは断定できません。

ローズヒップは一応オイルなので、肌をしっかり守るに夜の使用だけにしましょう。

ローズヒップの正しい保存方法は、直接日光を避けて棚の下などに保管する事です。冷蔵庫に入れるという説明もありますが、常温で保存しましょう。「ビタミンCの爆弾」と言われるローズヒップでも、保存方法を間違えると美肌効果を失ってしまいます。また、酸化が早いので、蓋をあけたら1か月以内に使いきって下さい。

セレブ達が使うローズヒップなので、美肌の効果は抜群です。私達一般人も、キレイな人達が使う美容オイルを使って素敵な女性を目指しましょう。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • サラサラなテクスチャーなので、オイルが苦手な人でも使いやすいと思います。なじみやすく、べたつきが気になりません。
  • ローズヒップオイルを使うと肌の状態が全然違います。2~3滴使用と製品に書いてあるけれど、乾燥がひどくてぐんぐん浸透するから4滴くらい使っています。それでもべたつきません。
  • このオイルはお気に入りでストックしています。もう5本くらいリピートしました。気になっていた毛穴が小さくなって、ハリも出てきました。

ローズヒップオイルは必須脂肪酸を70%ほど含むオイルです。ハリ、ツヤ、キメ、毛穴などをサポートします。

トリロジーのローズヒップオイルは、ベストコスメアワードを受賞した実績があるオイルです。独自の抽出方法を採用、100%ピュアなこだわりがあります。べたつかずサラッとした使い心地のオイルなので、オイルが苦手、べたつきが心配といった方にもおすすめです。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

第5位 ドクターケイのケイコンセントレートオイルプラス

季節の変わり目やストレスによってゆらぎやすい肌。そんな肌のことを考えて作られたオイルが「ドクターケイのケイコンセントレートオイルプラス」です。肌ストレスに負けない健やかな肌に導きます。

3つのおすすめポイント

①5種の天然由来エキス配合

乾燥、紫外線、花粉などの外部刺激や生活環境の変化など、ちょっとした刺激に敏感で不調を起こしやすいゆらぎ肌。ゆらぎ肌に着目して、5種の天然由来エキスを配合。植物の新芽には新しく成長していく生命力があります。この新芽のエネルギーを取り入れる民間療法をジェモセラピーといいます。5種の天然由来エキスの1つケーパー果実エキスは、そんなジェモセラピーをヒントにした成分です。

②カクテルビタミンリペア配合

カクテルビタミンリペアは、独自に処方をしたビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを組み合わせた成分です。バランスよく配合したビタミンが、天然由来エキスの働きをサポートして、ゆらぎ肌に働きかけます。

③ボタニカルオイルで心安らぐ時間

毎日忙しくしてストレスがたまっていませんか。ストレスもゆらぎ肌の原因に。ケイコンセントレートオイルは、3種の精油と7種の植物オイルを配合。オイルはさらりとしていて、すっと肌になじんでいきます。ラベンダー・ローズマリー・ゼラニウムをブレンドした香りで心地よいスキンケアタイムに。

使い方

スポイトタイプの容器です。化粧水や美容液で肌を整えた後、5円硬貨大を手に取り出して顔全体になじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • スポイトタイプで適量を出しやすいです。容器がオレンジ色なのでオレンジ色のオイルを想像していたのですが、透明でさらさらなオイルでした。アロマの香りが優しくて癒されます。べたつかずすーっと浸透をする軽い使い心地なので、オイルが苦手な人でも使いやすいと思います。肌が不安定でニキビができやすく、オイルを使ってニキビが悪化しないか心配でしたが、肌の回復が早くてビックリしました。生理前やニキビができそうなときに重宝します。
  • アロマの香りが大好きです。さらさらしていて伸びがよく、肌に吸い込まれるように浸透をします。さらっとしていながらも保湿されて、翌朝はしっとりします。オイルの皮膜感が苦手ですが、これはべたつきがないので使いやすいです。きちんと保湿できているからか化粧のノリがよいです。
  • オイル独特のべたっとした感じがなくて使いやすいです。さらさらしていて、肌になじんでくれます。内側から強い肌に整えてくれているように感じます。乾燥肌が気になっていたのですが、次の日はすべすべした肌に変わっていました。油分不足を補ってくれたのでしょう。ラベンダーのアロマの香りに癒されます。

季節の変わり目や体調によって大人の肌は変わりやすいですよね。昨日は調子が良かったのに、次の日は肌不調ということも。ケイコンセントレーとオイルは、ゆらぎやすい肌におすすめのオイルです。ゆらぎ肌に着目して作られていて、肌ストレスに負けない肌に導いていきます。オイルなのにさらっとしているので、オイルは苦手な人でも使いやすくなっています。オイルの力でゆらぎに負けない肌を目指しませんか。

<<Amazon>>

第4位 ビタミンEオイル

美容に気を使っている方たちの間で最近話題となっている、「ビタミンEオイル」というものがあります。毎日のスキンケアにたった1滴プラスするだけで、素晴らしい美肌効果をもたらしてくれるビタミンEオイル。

今回は、そんなのビタミンEオイルの魅力をお伝えします。

ビタミンEは別名「トコフェロール」と呼ばれたりすることもあります。

化粧品にも多く用いられているため、化粧品のパッケージに記載されている成分表記リストなどで目にしたことがあるかたも多いことでしょう。

ビタミンEには様々な効果があり、私たちの健康や美容に大変役立ってくれます。

ビタミンEの最大の特徴は、とても優れた抗酸化作用を持っていることです。

私たちの体に老化現象を引き起こす原因は、活性酸素です。

活性酸素は、紫外線や大気汚染、さらにストレスなどによって発生し、健康面においては生活習慣病やガン、美容面ではシミやシワの原因となります。

抗酸化作用とは、この活性酸素を私たちの体から取り除いてくれる働きを言います。

つまり、抗酸化作用をもつビタミンEは、私たちの健康や美しさを守ってくれる、素晴らしい働きをしてくれるのです。

さらに、ビタミンEには、素晴らしい保湿効果や皮膚代謝を高める効果、また、血流促進効果など、たくさんのはたらきがあります。

はじめにご紹介した「ビタミンEオイル」とは、ビタミンEの原液オイルです。

このように、たくさんの素晴らしい効果を持つビラミンEをオイルという形で毎日のスキンケアに取り入れることによって、様々な美容効果が期待できます。

ビタミンEオイルは、簡単に毎日のスキンケアに取り入れることができます。

使い方①

まず、お肌の気になっている部分に直接乗せるという方法があります。

しかし、ビタミンEオイルは、それはそれは固く、重いテクスチャーのオイルです。ビンを逆さにしてもなかなか落ちてこず、まるで水あめのようなベタベタした感触をしています。

そのため、顔中に伸ばすのは非常に難しく、ベタつきが強いので人によっては不快感を感じることもあります。

ですから、ビタミンEオイルを直接塗布する場合は、伸ばすように塗り広げて塗るのではなく、指に1滴ずつ取って、ポンポンと置くようにつける方法が良いでしょう。

シワの出やすい目元や口元、ほうれい線などにピンポイントで塗ることで、すでにできてしまったシワが改善されたり、将来シワができるのを予防したりしてくれます。

使い方②

次に、一番主流の使い方として挙げられるのが、化粧品に混ぜて使用するという方法です。

化粧水や美容液、そして乳液やクリームに1滴混ぜることによって、十分なビタミンEオイルの効果を得ることができます。

また、テクスチャーの軽いオイルに混ぜて、顔や全身に使用される方もいらっしゃいます。

例えば、ホホバオイルやスクワランオイル、アルガンオイルなどといったオイルは、とても軽く伸びが良いため、ビタミンEオイルとブレンドするのに適しています。

このような使い方でビタミンEオイルを使用していると、お肌のキメが細かくなったり、毛穴が小さくなったり、肌の乾燥が改善したりと、たくさんの嬉しい効果を感じることができます。

ビタミンEオイルを使う際は、質が良く、新鮮なものを使用する必要があります。オイルというものは酸化しやすいため、高温や直射日光を避けて保管する必要があります。劣化したビタミンEオイルを肌に塗り続けることは肌にとって良くありません。

元々、ビタミンEオイルは良い香りがするものではありませんが、明らかに異臭がするものや、開封時と香りが違うもの、色が変化したものは使わないようにしましょう。

ビタミンEオイルは、いつものスキンケアに1滴加えるだけで十分な効果を得ることができ、非常にコストパフォーマンスがよいのも魅力のひとつです。

購入する際に、お得だからと大容量すぎるものを選ぶと、使い切れず、いつの間にか劣化したオイルを使用してしまう危険があります。購入するときは、その点もよく考慮して選んで下さいね。

ビタミンEオイルの魅力についてお伝えしました。

ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれているほどで、アンチエイジング効果や美肌効果が高いです。ぜひ、ビタミンEオイルを活用して、若々しく美しいお肌を手に入れて下さいね。

<<Amazonで一番人気のビタミンEオイル>>

<<楽天で一番人気のビタミンEオイル>>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★最安値挑戦  ビタミンE 5000IU スキンオイル 118ml _oil
価格:858円(税込、送料別) (2018/11/18時点)

 

第3位 オイルクナイプのビオオイル

にきび跡の治療や妊婦さんの妊娠線ケアで有名なビオオイルですが、全身のケアにも使ってOKです。少量でしっとり潤うから、両手になじませて少しずつつけるようにして下さい。さわやかなグレープフルーツの香りと優雅なローズの香りの2種類。気分で使い分けるのもいいですね。

私はアトピーで、筋金入りの乾燥肌です。冬場はもちろん、夏場でもお風呂上がりにはこってりしたボディークリームを使わないと、後でカサカサし始めて肌がかゆくなってきてしまいます。かゆくなったところを案の定掻いてしまって、また悪くなって…の悪循環を繰り返す、ちょっと大変な身体です。

ある時部屋を掃除していると、何かを買った時についてきた試供品を見つけました。顔・身体用のオイルだったのですが、まだ使えそうなのでせっかくだから試すことに。そのオイルは、「クナイプ」という会社から出されている「クナイプビオ オイルローズ」というものでした。

いつものようにお風呂上がりに試供品の袋を開けて、顔につけてみたらビックリ。数滴でかなり伸びて、潤いすぎじゃないかと思うほど顔が照っていました。試供品の量だと、せいぜい顔と上半身くらいしか塗れないだろうと思っていたのですが、全身に塗ってもまだ余っていて更に驚きました。

「ローズ」という名前だけあって、花屋で嗅いだことのある生花のようなバラの香りが全身につきました。このオイルは髪にも使えるらしく、パーマをかけていて常にパサパサ気味の私の髪も、オイルをつけてみたら潤っていい香りが。「このオイルで本当に全身に使えるのはいいな」と、試供品を試した翌日に近所の薬局へ行って、すぐに同じものを買いました。

公式サイトでは、いわゆるブースターとして、化粧水と一緒に使ってもよいと書いてあるのですが、乾燥肌の私でも、これ一本で十分にお肌が潤いました。べたつくということはなく、膜が張っていて潤いを閉じ込めているような感じでした。

その他の口コミ①

美容オイルを使ったことがある女性もいるかもしれません。美容オイルはベタつきそうだからと避けている人でも、一度は使ってみてはいかがでしょうか。

美容オイルでもベタつかないアイテムもあります。角質層にスピーディーに浸透して、肌の内側からふっくらと潤い、表面をサラリとさせる美容オイルもあります。

美容オイルの商品のなかには、ニキビ跡に効果のあるアイテムがあります。ニキビ化粧水や美容液、美白化粧品など色々な化粧品を試してもニキビ跡が薄くならなかった時は、この美容オイルを試してみてください。

私がニキビ跡に効果のあった美容オイルは、「クナイプのビオオイル」です。

このオイルは、フェイスにもボディにも使うことができて便利です。肌につけると肌をなめらかに整えてくれて、キズ跡やニキビ跡にも効果があるオイルです。

100%天然由来成分で安心できますし、ベタつかないと知り使ってみたいと思いました。植物の恵みで優しく肌を潤してくれるなんて素敵だなと思いますね。妊婦さんのお腹の保湿ケアにも使うことができるんですよね。

美容オイルの使い方は様々です。洗顔後に使うと化粧水がすごくしみこんでいきやすくなりますし、お風呂場でパックとして使ってリラックスしても良いでしょう。クナイプビオオイルの使い方は、普段使っている化粧水のあとに1~2滴を肌になじませます。基本的には乳液や保湿クリームなどの必要はありませんが、乾燥肌の人で保湿が物足りないなと感じる人は、乳液やクリームに混ぜて使うと良いですね。

使ってみるとほのかにグレープフルーツの爽やかな香りがします。こういう香りはとてもリラックス効果があり好きですね。化粧水で肌を整えた後にクナイプビオオイルを肌につけると、スっとスピーディーに浸透していきベタツキは気になりませんでした。サラリとした肌になって、ふかふかの柔らかい肌になったと思いました。

すごく気になっているニキビ跡は二つあるので、そこには重ね付けをするようにしました。美白化粧品やニキビ化粧品などをあれこれ使ってみたのですが、全然ニキビ跡が薄くなることがないので諦めていたんですよね。

でもクナイプビオオイルを使うようになり三ヶ月ぐらい経った頃に、ニキビ跡が薄くなってきていると感じたんです。気のせいではないと思いました。メイクをした時にニキビ跡がわからなくなったので、すごく嬉しかったです。即効性はないけれど、確実にニキビ跡に効果があると思ったのでリピートすることにしました。

朝と晩に使うようにしました。肌によくなじむので気持ちが良いんですよね。肌のカサつきが気にならなくなり、保湿効果もあるなと感じました。私は乳液や保湿クリームを使わなくても十分潤いを感じましたし、化粧水のあとはこれ一つでいいなと思いました。

美白化粧品、ニキビ化粧品など色々と使ってもニキビ跡がなかなか薄くならないことに悩んでいる女性に、クナイプのビオオイルをおすすめしたいです。

オイルですがベタツキが気にならないと私は思いましたし、化粧水のあとはこれ一本使えば良いので楽ですよ。気になるキズ跡やニキビ跡に重ね付けをすれば、スっとオイルが浸透していきニキビ跡を目立たなくさせてくれると思うので、ぜひ使ってみてください。

その他の口コミ②

お風呂上がりにつければ、潤いは翌日の朝までずっと続いています。

私は極度の乾燥肌なので、特に乾燥しやすい肌のところに朝またオイルをつけてあげて、日中は快適に過ごしています。普通の肌の人であれば、朝はつける必要はないのかもしれません。また、肌にハリと弾力が出てくるような感じがあります。エイジングケアの効果もあるそうで、幅広い年代の人が使うことができるオイルなのだと感じました。

私は冬場は特に乾燥しないために気を遣っていて、今までお風呂上がりには毎回ボディークリームをたっぷり使っていました。なので、すぐクリームが無くなってしまい、買い足しにいかなければならないのとお金が減っていくのとで、かなり面倒に思っていました。しかし、このオイルは本当によく伸びるので、一回の使用で数滴垂らすだけで十分です。最初は「すぐ無くなってしまうかな?」と思っていたのですが、想像以上に一本を長く使えていて、得したような気分にもなれました。

またニキビ跡や傷跡のケアにも使えるビオオイルは、100%天然由来の成分だから肌馴染みが良く、全身に使ってOK。無香料なのにさわやかなグレープフルーツの香りで、憂鬱な気分を癒してくれます。

今までオイル系の保湿剤は使ったことがありませんでしたが、運良くこのオイルの試供品を使ってみたことで、自分の肌にピッタリ合うオイルを見つけることができました。私と同じようにアトピーや乾燥肌で悩んでいる人は、一度このオイルを試してみる価値はあるはずです。

<<クナイプAmazon公式ショップ>>

第2位 アルビオンのハーバルオイルゴールド

@コスメベストアワード殿堂入りをしている美容オイルが、「アルビオン ハーバルオイル ゴールド」です。

厳選された美容成分を絶妙なハーモニーで配合。さらっとしていてべたつかない、顔はもちろん全身に使用ができます。乾燥した肌をふっくら柔らか肌へと導きます。

アルビオンの美容オイルが愛される理由

アルビオンのハーバルオイルゴールドが愛される理由は3つあります。

①1つめは、オイルなのにサラサラしていることです。

美容オイルが苦手な方は、べたつきが気になるのではないでしょうか。ハーバルオイルゴールドは、オイルなのにサラッとしたテクスチャーです。オイルが苦手な方も、そのサラサラ感に驚くことでしょう。

②2つめは、しっとりツヤツヤなことです。

オイルの特徴は、すぐにしっとりを感じられることです。乾燥しがちな肌にツヤを与えます。

③3つめは、全身どこでも使えることです。

顔、髪、爪やカサカサしやすいひじやかかとなどのケアに。全身どこでも、気になるところに使用できます。マッサージオイル、パックなど、自分好みに使用できます。

使用しているオイルは、インカオメガオイル、ゴールデンホホバオイル、ボラージオイルです。

  • インカオメガオイルはジャングルで育まれた自然の恵みです。肌荒れを防ぐ働きがあります。
  • ゴールデンホホバオイルは、ホホバの種子の一番搾りオイルのことです。肌なじみがよい特徴があります。
  • ボラージオイルは、ボラジの種子を低温圧搾して得られるオイルです。ヨーロッパでは古くから親しまれていて、肌を健やかな状態に保ちます。

使い方

普段使いをするなら、洗顔後の化粧水をつける前に使用することがおすすめです。2、3滴手にとり、顔全体になじませてください。

特別なケアとしても使用できます。スプーン1杯程度を顔に広げて、くるくるとマッサージをします。最後に手のひらで顔を包み込んでなじませます。

ボディオイルとしても活躍をします。お風呂上りのまだ水分が残っている状態に時に、適量を気になる部位になじませてください。

少量を毛先になじませれば、潤いとツヤあふれる髪に。洗い流さないトリートメントとしても使用できます。

口コミ

乾燥による肌荒れにお悩みの方に、ぜひおすすめしたい美容アイテムは美容オイルです。

私自身、乾燥肌で乾燥によるニキビや肌荒れに長年悩まされていました。乾燥肌には保湿が重要だと思い、とにかく保湿力の高い化粧水や美容パックなどを買いあさり色々と試してきました。使用感や直後のしっとり感には満足するものもありましたが、抜本的な改善には至らなくこれがいい!というアイテムになかなか出会う事がなく途方に暮れる日々でした。が、某美容メーカーで肌バランスをチェックしてもらったところ、年齢平均でみると水分量は平均以上を満たしていたのですが油分が平均以下という結果でした。ツヤのある良いお肌の条件は水分だけではなく油分とのバランスが大事との事です。

私の場合、乾燥を防ごうとするばかりに余分な皮脂を出しすぎていたのが肌荒れの原因だったようです。その原因を改善するためにそれまでに使った事がなかった美容オイルをいつものスキンケアに取り入れる事にしました。はじめはベタつきやテカリに抵抗があったのですが、スキンケアの最後ではなく洗顔後すぐに手のひらで温めてブースターとして使う方法がおすすめです。その後の化粧水や美容液の浸透が断然よくなります。

そのスキンケア方法で朝と夜に1週間試したところ肌質が変わったのを実感できました。

ある時から洗顔時に指が肌に触れる感覚がふっくらと柔らかいお肌になっていました。また、化粧のノリがよくなり肌トラブルがなくなってきたのも事実です。1か月後、某美容メーカーの肌バランスチェックを行ったところ油分量が平均レベルに上がっておりBAさんにも理想的なバランスですねとお褒めのお言葉をいただきました。日々のスキンケアの努力が身になって実感できた事が非常に嬉しい結果でした。

あとハリ感、毛穴、くすみが平均よりやや下なので改善点はまだまだありますが、いかにバランスが大事かという事が身にしみた経験でした。

今まで美容オイルは特に必要のないアイテムと思い、全くのスルーでしたが、侮れない美容アイテムです。面倒な工程がひとつ増えますが、高価な化粧水やクリームを使っても大して実感を感じられなかったのに、オイルだけでこんなにも肌質が変わるのは驚きました。乾燥による肌のごわつきが、嘘のようにふっくらした自然なツヤ感のある肌になりました。お肌のきれいな美容家は必ずと言っていいほど美容オイルを日頃のスキンケアに取り入れているようです。

また、意外と美容オイルはプチプラからデパコスまで種類豊富にあるので、ベタベタしないサラサラした使用感やリラックス効果のある香りなど自分のお気に入りの一品が見つかると思いますのでサンプルがあればサンプルから試して欲しいです。

私のお気に入りは口コミ評価も高い「アルビオンのハーバルオイルゴールド」です。

サラサラしたテクスチャーで油っぽさがなくお肌の浸透もよい点が気に入っています。高級感のある香りがとても癒されます。また敏感肌な方ですが、こちらで肌トラブルを起こした事は一度もありません。油分のある若い方には必要ないかもしれませんが、30代オーバーで乾燥肌の方は一度肌バランスをチェックしてみて美容オイルを投入してみる事をおすすめ致します。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 今まで使っていたオイルとは違います。サラサラしていてなじみがよいです。翌朝は肌がもっちりになりました。
  • 使ってきたオイルの中でこれが一番のお気に入りです。程よい保湿感で、化粧品の浸透がよくなります。
  • べたつかず、さっぱりしすぎず、ちょうどよい使い心地です。洗顔後、化粧水後、マスクとしてなど、いろいろな使い方をしています。

口コミでも好評、ベストアワード殿堂入りしたオイルは、アルビオンのハーバルオイルゴールドです。

厳選したオイルを絶妙なバランスで配合、ふっくら柔らかな肌へと導きます。オイルなのにサラッとした使い心地、何にきちんと保湿をしてくれます。乾燥が気になる季節にも最適です。顔、体、爪など全身に使用できます。

気になる部位に使用をして、ふっくら潤い肌を目指しませんか。

<<Amazon>>

第1位 ハーバーのスクワランオイル

ブツブツいちご鼻、カサカサ乾燥肌、目元や口元の小ジワ、こんな悩みを抱えていませんか。これらの肌をケアするためのカギを握るのはスクワランです。

おすすめのスクワランが「ハーバー スクワラン」です。ハーバーのスクワランは高品位。たった1滴で毛穴ふっくらな潤い肌に。

スクワランがトラブル肌対策のカギ

ブツブツいちご鼻の原因は乾燥と過剰な皮脂分泌です。乾燥によって毛穴はぱっくり開いてしまったり、過剰な皮脂によって毛穴にたまった汚れが毛穴を押し広げ、汚れが酸化をすると黒ずんでしまいます。

目元や口元の悩みの原因は紫外線による乾燥です。紫外線によって肌はダメージを受け、弾力を支えるコラーゲンやエラスチンが変性をして小ジワができてしまうことが。

これらの肌トラブル対策のカギとなる成分が「スクワラン」です。

スクワランは人間の肌にもともと存在している成分で、肌表面の汗や水分と混ざりあって皮脂膜と形成します。皮脂膜は肌を保護してくれる天然のクリームともいわれています。乾燥や紫外線から守る重要な役割を果たしているのです。スクワランでケアすることは皮脂膜の形成を助けることにつながります。

しかし、20代や30代になるとスクワランは減少してしまうことに。そして、いちご鼻や小ジワなどのトラブルを招くことになります。

ハーバーのスクワランは1800万本売上突破。選ばれるのには理由があります。

スクワランは美容オイルの一種ですが、オイルでケアをすると油焼けが気になります。しかし、ハーバーのスクワランは不純物を徹底的に取り除き純度99.9%を実現しているので、品質が安定していて油焼けをしにくい特徴があります。紫外線を浴びる前の朝のケアにも使用できます。

オイルはべたつくイメージもあるのではないでしょうか。しかし、ハーバーのスクワランは驚きの浸透力。あっという間に伸び広がりなじみがよく、サラサラな使い心地です。高純度だからこそサラサラな使い心地を実感できます。

ハーバーは無添加主義です。パラベン、合成香料、タール系色素、鉱物油、石油系界面活性剤は使用していません。1本15mlで約3か月使用できます。

使い方

洗顔後に化粧水でケアをして、化粧水の水分がやや残る状態で1滴を肌になじませます。

手のひらに1滴を取り出し、手のひらにしっかりと伸ばしたら、その手で顔を包み込みハンドプレスをします。コットンに吸収されてしまうので手でつけてください。

口コミ

「毛穴レスのすっぴん美肌になりたい!」と思ったことはありませんか。毛穴と同時に、乾燥や小じわにも悩んでいる女性はいますよね。そんな女性にオススメの美容オイルがあります。

たくさんある美容オイルのなかでもオススメなのが、スクラワン配合の美容オイルです。

スクラワンはもともと肌にある潤い成分であり、刺激や乾燥などから肌を守ってくれるバリア機能に関係しています。スクラワン配合の美容液を使うことで、ぷるぷるの潤い肌をキープしたり、毛穴レスの肌になれたり、キメの整った肌になり、乾燥による小じわを目立たなくさせることができます。

オイルはベタつくと想像する人も多いでしょう。でも、全ての美容オイルがベタつくわけではありません。今回オススメする美容オイルは、オイルとは思えないサラリとしたテクスチャーなので安心してください。

「ハーバーのスクワラン」という美容オイルがあります。

この美容オイルは、これ1つで乳液とクリーム代わりになるので時短ケアができます。純度99.9%を実現したスクワラン100%の優れた美容オイルなんですよ。酸化、変質などしにくく油やけの心配もありません。

使い方は、たっぷりと化粧水を肌につけて肌を整えた後、スクワランを1滴だけ手のひらに取ります。そして顔全体に手のひらで丁寧に優しく伸ばしていきます。最後はしっかりとハンドプレスをしてくださいね。

オイルなので最初はベタつきそうだという気持ちがありました。でも肌に伸ばしてみるとスっと気持ち良く浸透していき、すぐにサラサラした肌になり、すごいなと思いました。美容オイルのなかでも、ハーバーのスクワランはかなり浸透力が素晴らしいと思います。数回使ってみると、朝から晩までカサつきが気にならなくなってきました。私はひどい乾燥肌なので一日に数回「乾燥しているな」と気になっていたのですが、スクワランのおかげで乾燥が気にならなくなりました。

肌が乾燥しているせいで、小じわがクッキリ目立ち始めてきていたのですが、薄くなってきたと感じています。オイルがしっかりと小じわにしみこんでいき、ふっくらとハリを与えてくれるハーバーのスクワランをすごく気に入っています。

これまではメイクをしても目視できる毛穴に悩んでいましたが、スクワランのおかげで徐々に目立たなくなってきました。最初はわからなかったのですが、確実に毛穴レスの肌になってきていると実感しています。

すっぴん美人になりたいと思っていた私ですが、自分の肌に自信が持てるようになり、鏡ですっぴんを見るたびに笑顔になれるようになりました。毛穴レスの素肌美人に憧れている、乾燥肌に悩んでいる女性には、ハーバーのスクワランがすごくオススメです。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • いろいろつけるのが嫌なので、ローションとスクワランオイルだけでケアできるのは楽でうれしいです。まだ1か月くらしいしか使用していませんが、毛穴が目立たなくなってきました。使用感はべたつかずスッとなじんでくれます。こんなものが欲しかったんです。
  • ハーバーに出会う前は、化粧水、乳液、クリームといくつも重ねて冬を過ごしていました。でも、今では化粧水とスクワラン1滴だけ。あの重ねづけは何だったのでしょう。肌がもっちり、ふっくら。肌が喜んでいるように感じます。

トラブル肌のケアのカギはスクワランです。ハーバーのスクワランは高純度です。化粧水の後にたった1滴。それだけでふっくら毛穴の目立たない潤った肌に。

公式ホームページでは、お得なキャンペーンを実施中!

通常のスクワランオイルの他に、ホワイトレディ美容液・洗顔サンプル・クレンジングサンプル・化粧水サンプルが付いてきます。気になった方は是非公式ホームページをチェックしてみてください。

⇒公式ホームページ:ハーバー研究所 高品位スクワラン



美容オイル関連記事

いい匂いで人気!体と髪におすすめボディオイルランキング

おすすめのスクワランオイルはハーバーと無印!効果と口コミ