乾燥肌,敏感肌, オイリー肌の夏の保湿クリームや乳液の選び方とおすすめブランド2020

夏こそ「保湿ケア」は、欠かせません。夏はベタつきが気になって、なかなか乳液やクリームを使うのに躊躇してしまう方も多いのですが、乾燥しやすい夏こそ保湿ケアは必須です。

でも乳液やクリーム選びは、どんなお肌の方にも必要というわけではありません。お肌の肌質に合わせて適切なものを選ぶ必要があります。

例えば、乾燥肌の方や敏感肌の方、オイリー肌の方はそれぞれ乳液やクリームの選び方が異なります。まずは、自分がどんな肌タイプなのか?お肌の状態に合わせて適切なものを選んでいきましょう。

ただし、乾燥肌の方も敏感肌やオイリー肌の方も基本のスキンケアは同じです。

まずは清潔な手で洗顔をして、お肌に付着した汚れを洗顔で綺麗に落としていきます。ここでのポイントは、洗顔フォームや洗顔石鹸を使う時にきちんと泡立ててから行うことです。しっかり泡立てをすることで、どんなお肌の方も毛穴の奥までしっかり泡が浸透し、汚れを吸着してとってくれるからです。

汚れを落としたら、すぐに化粧水をつけて乾燥を防ぎます。汚れを落としたお肌は、毛穴が開いている状態なので、しっかりと化粧水の成分を浸透させて潤いをたっぷり与えてあげましょう。潤いを与えたら、つぎは美容液でしっかり美容成分を浸透させ、乳液の油分で蓋をしていきます。ここまでは、どんなお肌の方でも同じ流れになります。

オイリー肌の方は、化粧水の乳液のスキンケアをしっかり行うことで日頃のケアは十分でしょう。クリームを使う場合は、冬などの空気が乾燥しやすい時期に使うと良いですね。敏感肌や乾燥肌の方は、季節を問わずこの基本のケアにクリームを塗ると良いでしょう。

自分のお肌に合ったクリームを見つけるというのは、なかなか難しいものです。もしどうしても自分に合ったクリームの選び方が分からないという場合には、いくつかクリームを試してみて、お肌がモチモチする感覚があればそれがおすすめです。メイクをしている時になんだかノリがよくなったな、と感じられればそれがお肌にあったクリームということになります。

もし使ってみて、ヒリヒリしたりかゆみや痛みを感じる場合には、お肌に合っていないということなのですぐに使用を中止してください。

クリームは、夏の保湿ケアに欠かせないアイテムの一つですが使い方を間違ってしまったり、適量を守らないと毛穴を詰まらせる原因になりかねません。

まずはお肌に合ったものを見つけること、お肌に合うクリームがわかったら、適量を守り丁寧に塗っていきましょう。夏は部屋の中にいるとクーラーの風にあたりすぎて乾燥したり、目に見えないところでお肌のダメージが大きくなっている可能性があります。夏こそ保湿ケアを念入りに行い、お肌のダメージを減らしましょう。

いつものスキンケアに加えて是非、保湿ケアを徹底してみてください。これだけで、紫外線を浴びてダメージを受けたお肌の回復にもつながりますし、保湿をしっかりすることで潤いのある美しいお肌になることができます。夏でもつるつるの美しいお肌を手に入れるために是非やってみてください。

クリームを使ったことがない方は、この機会に是非試してみてはいかがでしょうか?

乾燥肌敏感肌オイリー肌の夏の保湿クリームや乳液のおすすめランキング

第8位 明色シリーズのレモン乳液

脂っぽい肌なのに乾燥してしまう、乳液はベタベタするイメージが強くて避けている、乾燥してメイクのりが悪い・・・というお悩みをお持ちの女性もいるかと思います。そんな時にオススメなのが、明色シリーズのレモン乳液です。

肌に脂っぽさと乾燥が混ざった混合肌やインナードライ肌の人、ベタつかない乳液を探している人、メイクのりを改善したい人には見てみてください。

レモン乳液を使うと、肌全体をしっとりと覆ってくれるのに乳液特有のベタつきや重さがないライトな仕上がりになります。化粧水の上に重ねて使うことで化粧水の成分を肌から逃げにくくする働きがあり、肌の角層まで潤いを長時間留めます。

インナードライ肌を改善する働きもあり、ベタつきや酷いテカリを抑え化粧崩れのしない肌に整えます。

使い方

まずは洗顔して、肌を清潔にしましょう。その後導入美容液や化粧水を使って肌を十分に保湿してください。

次にレモン乳液を、肌に蓋をするイメージで薄く塗り拡げていきましょう。もし掌に乳液が残っているようでしたら、乾燥しやすい部分に追加で乳液を塗るといいですよ。使う量はまずは100円玉程度から始めて、肌の乾燥や伸び具合で加減をしてみてくださいね。乳液を使った後は必要に応じてクリームを塗ってスキンケアの仕上げをしてください。

口コミ

午後になると顔がベタつく油性肌のインナードライ肌で、ベタつきとテカリを改善したいと思いレモン乳液を購入してみました。テクスチャは最初はやや重めでヌルっとした感覚があります。香りはほんのりとしたレモンの香りで、清々しい気分にさせてくれます。

しかし塗ってから10分ほど経過すると段々とヌルヌルはなくなり、サラサラとした感じに変化しました。保湿用のスキンケアをするとすぐにサイドの髪の毛がペタペタ顔にくっついて不快でしたが、こちらの乳液はサラサラになってからはそうしたこともなく快適に使えています。

ただいかにも乳液を塗っているという重みがなかったので、本当に保湿されているのかどうか最初は不安でした。ですが様子を見てみたら日中に部分的に顔が乾燥することがなくなりましたし、インナードライ肌に効くのかテカリもかなり軽減されていました。

それまでティッシュで鼻の油を取ると明らかにティッシュが湿るくらい油が出ていたのですが、今出ている油はその半分以下のように見えます。日中に滲み出る油が減ったことで化粧崩れもしにくくなり、もし崩れても油を軽く取ってフェイスパウダーをはたくだけなのでお直しが簡単になりました。

夜のスキンケアに使ってみると、翌朝の肌がモチモチふっくらしているのでサラサラでもちゃんと保湿してくれているんだなと感じました。混合肌や混合肌でインナードライ肌向けで使用感のいい乳液が全くないのが悩みでしたが、プチプラなのに抜群の使用感のスキンケアに出会えてとても満足しています。続けやすい値段なのもいいですし、何よりも保湿してくれるのに仕上がりがサッパリする乳液は本当に他にないのでこれからもどんどん使い続けたいアイテムです。

レモン乳液は乾燥しているけど肌が脂っぽい人、インナードライ肌でテカリが酷い人、乾燥してメイクのりが悪くなることがある人にはうってつけのスキンケアです。プチプラで試しやすいことも魅力の1つなので、もし気になった人は気軽に試してみるといいですよ。

<<Amazon>>

第7位 アルジタルのバランシングRクリーム

Tゾーンはべたつくのに頬は乾燥するなど、顔のある部分はべたつき、ある部分は乾燥していることがありませんか。べたつきも乾燥も気になる肌は、どんなコスメを使ったらいいのか悩みますよね。

そんな方におすすめが「アルジタルのバランシングRクリーム」です。べたつき・乾燥の気になる肌のバランスを整えていきます。

特徴

べたつきも乾燥も同時に気になるなら、肌の水分と油分のバランスが崩れている可能性があります。キメが整いみずみずしい肌は、肌内部の水分を油分のバランスが整っています。

アルジタルのバランシングRクリームに配合されている注目の成分が、ローズ精油とローズエキスです。

ローズは香りの女王といわれていて、幸福感に満たしてくれるような優雅な香りが特徴です。ローマ神話では、愛の女神ヴィーナスの花とされています。肌にも心にも働きかけて、バランスをサポートしていきます。

製品に使用している水は、イタリア南部カラブリア州の国立自然公園に指定されている標高1200mの森林地にある天然水・マンジャトレッラです。ヨーロッパはミネラルウォーターの基準が厳しく、日本では当たり前に行われている加熱殺菌が許されていません。加熱殺菌をしなくても安心して飲めるように、採水地周囲の環境は徹底して守られています。

この水をベースにローズ精油などの成分を配合しています。植物の力を最大限に引き出せるよう独自の製法を採用し、化学製品は一切使用していません。動物由来成分、防腐剤、鉱物油、合成色素、合成香料、遺伝子組み換え作物は無添加です。

さらっとした軽い使用感で、女性の肌にみずみずしさを届けていきます。

使い方

化粧水で肌を整えた後に使用をします。パール1~2粒分を手に取り出して、両頬・額・鼻・あごの5か所にのせて顔全体になじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 成分も香りも大満足です。少量でもよく保湿をしてくれて、私の肌とは相性がよいようです。朝の洗顔後、化粧水をつけてから使っていますが、潤ってツヤっと整えてくれます。クリームなのに肌表面はさらさらです。バラの香りがして癒されます。
  • すぐに小さなぷつぷつができてしまい美容部員さんに相談をしたら、ローズがよいと教えてもらってこれを使うようになりました。早速使ってみたら、使ったその日に普段なら細かいことに気がつかない夫に「肌がつるつるだね」といわれました。自分でもつるつるしていることを実感していて、感激しています。
  • 肌に元気がないときに使っています。肌が柔らかくなって、乾燥が気になる部分をしっかり保湿してくれます。伸びがよいのでコスパがよいと感じます。天然のローズのような香りで気持ちがよいです。夜に使うとよく眠れるように感じます。

べたつきと乾燥が気になる方には、ローズの力がおすすめです。アルジタルのバランシングRクリームは、イタリアの天然水をベースにローズ精油やローズエッセンスを配合したクリームです。クリームなのに軽い使い心地で、べたつきの気になる肌でも使用しやすくなっています。乾燥が気になる部分はしっとり保湿。水分と油分のバランスが整った健やかな肌へと導きます。

<<Amazon>>

第6位 ディセンシアのつつむフェイスクリーム

夏になると汗をかいて肌がヒリヒリしたり、かゆくなったりすることがありませんか。ヒリヒリやかゆみの悩みを抱えているなら、肌のバリア機能が落ちて刺激に対して敏感になっている可能性があります。

敏感な肌におすすめのコスメが「ディセンシアのつつむフェイスクリーム」です。刺激をブロック&徹底保湿で敏感な肌をサポートします。

3つのおすすめポイント

①刺激から守る&水分蒸発を防ぐ

紫外線や外部刺激などから肌を守り、水分蒸発を防ぐバリア機能の役割をしているものが肌表面の角質層です。ところが、敏感な肌角質層の構造が乱れてバリア機能が低下をしています。そのため、紫外線や汗などさまざまな刺激によってヒリヒリしたりかゆみがでることが。

つつむフェイスクリームは、特許応用技術「ヴァイタサイクルヴェール」を採用。肌表面を覆ってバリア機能の代わりとなり、ハウスダスト・雑菌・黄砂・花粉といった外部刺激から肌を守ります。

②ヒト型ナノセラミド配合

細胞間脂質・天然保湿因子・皮脂の3つが十分な量皮膚に存在することで、肌のバリア機能は保たれています。セラミドは細胞間脂質を構成している成分で、バリア機能の回復をサポートする働きが期待できます。

つつむフェイスクリームは、ヒト型セラミドをナノサイズにして配合をしています。サイズを小さくすることで角質層のすみずみにまで届き、潤いで満たしていきます。

③敏感肌のことを考えた設計

敏感肌は化粧品でも刺激を感じてしまうことがあります。ディセンシアは敏感肌専門ブランドです。アルコール・香料・紫外線吸収剤は不使用、皮膚科医立ち合いテスト承認済です。

使い方

洗顔後、化粧水などで肌を整えて最後に使用をします。パール1粒分を手に取り出し、顔全体に広げます。その後に両手で顔を包み込んでなじませます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 肌に合うものがなかなか見つからず、肌が荒れた状態に悩んでいました。乾燥して顔がつっぱって笑えませんでした。ディセンシアを使っていると顔が乾燥しません。べたべたせず、使い心地が好きです。自分にあう化粧品が見つかってよかったです。
  • 手に取り出してみると水のようなテクスチャーなのですが、顔にのせるとこっくりとした使用感で、肌の奥に浸透をしていきます。つつんでくれているようにも感じ、守ってくれているようです。しっかりつつんでくれるのですが、べたべたはしません。自然と潤ってひどかった乾燥が気にならなくなりました。
  • こっくりしたクリームが包み込んでくれて、敏感肌な私にピッタリでした。使うごとに潤っていき、肌がつるつるです。エアコンが効いた室内で過ごしていると肌がパリパリになってしまっていたのですが、それがなくなりました。これまでは敏感肌でも使えるものならOKで潤いは二の次だったのですが、敏感肌でも使えて潤うものに出会えました。

敏感肌は汗にもヒリヒリしてしまうことがあり、夏は肌がつらい状態だと思います。ディセンシアのつつむフェイスクリームは、そんな敏感な肌を守ってくれるようなクリームです。守るだけでなく、潤いもサポートします。肌が荒れがち、乾燥する、そんなときにおすすめです。

<<Amazon>>

第5位 キールズのクリームUFC

夏場は汗によって肌がしっとりしているように感じて保湿ケアがおろそかになっていませんか。しかし、目元や口元などは水分が不足して乾燥をしています。乾燥対策におすすめのクリームが「キールズのクリームUFC」です。

特徴

目元や口元は皮脂分泌量が少なく乾燥をしやすい部位です。汗でしっとりしているように感じていても、空調が効いて乾燥している室内で過ごしたり、紫外線を浴びていると、肌の内側は乾燥した状態に。

保湿ケアにおすすめのアイテムがクリームですが、べたついてクリームは苦手な方もいると思います。

キールズのクリームUFCは乳液のようなさらっとしたテクスチャーです。クリームなのに重たくなりすぎず、さらっとなじんでいきます。なじみやすいので朝のメイク前に使用にもおすすめです。

主要成分は次のようなものです。

  1. スクワラン:スクワランは皮脂に似た成分構造をしている肌なじみがよい成分です。オリーブ由来のスクワランを使用しています。
  2. アンタークチシン:南極の氷河に生息する微生物から得られる成分です。過酷な環境でも潤いを保つ働きを持っているといわれます。

使用後には乾燥しやすい部位が2.5倍も水分チャージをするという結果も。角質層にまで水分を届けて、ふっくら潤った肌へと導いていきます。

使い方

洗顔後、化粧水で肌を整えてから使用をします。手のひらにパール粒大を取り出し、両頬・額・鼻・あごの5か所にのせて、顔全体に広げます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 乳液のような使用感でべたつかず、高い保湿力を感じられます。時間が経っても保湿されていました。なじみがよいので季節を問わず使いやすいし、メイク前に使ってもメイクがよれることがありません。しっとり気持ちよく使えて気に入っています。
  • クリームというより乳液のようで柔らかな使用感です。伸びがよいのでデコルテまで塗っています。塗った後にはすっとなじんで、水分チャージされているように感じます。べたつかないのでメイク前に使えて助かります。季節の変わり目は肌がゆらぎがちなのですが、このクリームのおかげで調子よく過ごせました。
  • 暑い季節でもべたつかずに快適な使用感です。すーっと驚くほどよく伸びてくれて、保湿されるのにべたべたしないクリームははじめてです。肌がしっとりとするし、水分を蓄えたみずみずしいような仕上がりになります。オイリー肌でクリームを使うと吹き出物が増えることがあるのですが、このクリームはオイリー肌でも使いやすいと思いました。
  • ずっとニキビに悩んでいて皮膚科で相談をしたら、とにかく保湿が重要だといわれました。落とすこともよりも保湿が重要だとは信じられなかったのですが、とにかく保湿をしたらニキビが治まってきました。洗顔後は化粧水をつけて、キールズのこのクリームで保湿をしています。伸びがよいのでコスパがいいと思います。

空調の効いたオフィスや紫外線など、肌は常に乾燥しやすい環境にさらされているため、肌表面はしっとりしていても内側は乾燥している可能性があります。キールズのクリームUFCは乾燥しがちな肌の水分チャージにおすすめのクリームです。べたつきにくい乳液のような使用感で潤いを届けていきます。

<<Amazon>>

第4位 アロベビーのミルクローション

赤ちゃんの肌は大人よりも薄く、乾燥しがち。「赤ちゃんに安心の保湿化粧品が欲しい」「ママも一緒に使いたい」こんな望みを叶えてくれるような乳液が「アロベビーのミルクローション」です。乾燥しやすい赤ちゃんの肌とママの肌を、うるうるもちもちに保湿します。

3つのおすすめポイント

①エコサート認証取得

世界的なオーガニック認証基準であるエコサートを取得しています。エコサートには2種類の認定があり、アロベビーはより厳しい「ORGANIC COSMETIC」の認証を受けています。「完成品の95%以上が天然由来原料であること」「植物原料の95%以上がオーガニック原料であること」など、厳しい基準をクリアしたものに与えられます。

開発から生産まではすべて日本で行われています。安心に徹底的に配慮した乳液です。

②天然の保湿成分配合

赤ちゃんの皮膚は大人よりも薄く皮脂分泌量が少ないので乾燥しがち。そんな赤ちゃんの肌もしっとり保湿をする天然の保湿成分・シアバター、ホホバ種子油、オリーブ果実油などを配合しています。天然由来成分99%以上で作られたリッチな保湿力。赤ちゃんの保湿ケアはもちろん、ママも顔から体まで全身のケアに使用できます。

③ラベンダー&ローズの香り

エコサート認定を取得するためには「化学原料は完成品の5%未満」であることを満たしている必要があります。アロベビーは無添加・無着色です。香りには天然オーガニックエキスを使用しています。ラベンダーとローズがほのかに香ります。

使い方

手のひらに適量を取り出し、乾燥が気になる部分になじませます。ポンプタイプで片手でも使いやすいです。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 息子が新生児のころから使っています。お風呂上りに使って香りに癒されます。伸びがよくて少量でもよく広がります。カサカサなほっぺだったのですが、つるつるになってきました。しっとり感が続くように思います。
  • 子供の乳児湿疹のケアに使っています。本当によくて何度もリピートしています。少ない量でもよく伸びるのでコスパはよいと思います。香りはハーブ系で心地よいです。子供も気に入っている香りです。友達の出産祝いにプレゼントしました。
  • 3本目を購入しました。カサカサだった肌も、もちもちな肌に整ってきて、褒められることが増えました。伸びがよく、ハーブ系の香りがする乳液です。心地よい香りに癒されます。子供にも使っていて、嫌がらずに塗らせてくれます。国内で作られていて安心できるし、肌トラブルも起こっていません。
  • 伸びがよいのでお風呂上りや朝起きたときに塗りやすいです。ポンプ式でさらりと使うことができます。もちもちとした仕上がりなのに、べたつきがないです。しっとり感は長く続きます。子供と一緒に使っていて、もちもち肌になりました。

乾燥しやすくデリケートな赤ちゃんの肌に触れるものには気をつけたいですね。アロベビーのミルクローションは、天然由来成分99%以上、世界的なオータニック認証のエコサートを取得している、赤ちゃんとママの肌を保湿する乳液です。カサカサしがちな赤ちゃんの肌とママの肌を、しっとりもちもち肌に導きます。

<<Amazon>>

第3位 アルージェの保湿ジェル

続いては、「アルージェ モイスチャーミストローション(化粧水)とモイスト トリートメントジェル(保湿ジェル)」です。こちらは先程の洗顔の項目で紹介した通り、信頼できる敏感肌用スキンケアです。

化粧水にはさっぱり、しっとり、とてもしっとりと3種類あり、テクスチャーも違ってくるので自分好みの使用感で選べるところが嬉しいです。そしてこちらも乳液は乳液ですがジェル状になっているのでベタつかず、薄めにつけると化粧下地としても使用できるのが特徴です。

アルージェシリーズは口コミでも高評価で、季節性の肌荒れにもきちんと効果があった、敏感肌だけどスキンケアはこれに落ち着いたなど、肌荒れへの即効性と敏感肌への優しさが定評の商品です。

スペシャルケアには「アルージェ エクストラモイストクリーム」がおすすめです。

アルージェのクリームはジェル乳液の後に使用するもので、クリームですが軽めのクリームで伸びがよく少量でもしっかり保湿できます。こちらも成分は化粧水等と同じく7つの無添加というのが敏感肌に嬉しいポイントです。

私はかなりの敏感肌と乾燥肌で、これを使う前は顔に出来物や赤み、ヒリヒリは当たり前、皮は乾燥して剥けてしまって自分で見るのも嫌でしたが、どちらを使っても一切肌荒れすることなく改善していき、大満足でした。

<<Amazon>>

第2位 オルビスのアクアフォース

まずは『オルビス アクアフォースローション(化粧水)、アクアフォースモイスチャー(保湿ジェル)』です。

こちらを使って驚くことは肌への浸透力です!ぐんぐん吸い込まれていくのが実感できます。そして、乳液でなく保湿ジェルというところがポイントです。化粧水の水分を、少しとろっとしたこのジェルでフタをしながら潤いをキープしつつ、乳液ほどベタつかない点がとても良いです!

使用感はさっぱり系ですが、アクアフォースは肌の中で潤いを貯水することをコンセプトに作られているので、翌朝もしっかり潤いを実感できますよ。

そして気になる成分ですが、香料や着色料は使用せず、100%オイルカットの油分不使用となっており、シンプルな成分が特徴なので敏感肌にも優しいのです。

スペシャツケアもアクアフォースのエキストラジェルがおすすめです。特に乾燥が気になる時に先程紹介した保湿ジェルの代わりに使用するもので、保湿ジェルよりもかなりとろみのあるテクスチャーになっており、化粧水の潤いをしっかり閉じ込めてくれて翌朝もっちり肌の完成です!成分も同じく無香料、無着色、油分不使用なので敏感肌の私も愛用の商品です。

公式ホームページではトライアルセットを販売しています。

⇒公式ホームページ:ごくごく浸透!新感覚の保湿スキンケア!【新アクアフォース】



第1位 オルビスユーがおすすめ!

「これまでのケアとは違うオルビスユー!」

何だか最近肌の調子が悪い、化粧品の効きが悪くなってきた気がする。これらの不調は、細胞脱水のサインかもしれません。

肌細胞に潤いを届ける化粧品が「オルビスユー」です。

普段SK-Ⅱを使っている方も、「洗顔料がすごく良い!」と絶賛したほどです。

<<オルビスユーは数々の美容メディアでベストコスメを受賞しており、現在人気急上昇中です>>

肌細胞のうるおい活性化

肌の調子がイマイチなのは、細胞脱水を起こしているからかもしれません。年齢とともに肌のすみずみに水分が行きわたらなくなり、肌細胞が脱水した状態に。その結果、ハリの低下、くすみ、乾燥などの不調が表れてきてしまうのです。

オルビスユーがたどり着いたのは、「肌細胞のうるおい活性化」です。これまでのエイジングケアは与えることが中心でしたが、オルビスユーは肌細胞のうるおいを活性化させることに着目しました。

化粧品の力を実感するためには、潤いの通り道を作ることが大切です。オルビスユーは潤いの通り道を作り、角質層への浸透力を高めます。そして、細胞が潤いで満たされることで、ハリや透明感のあるイキイキとした肌に近づくことが期待できます。

必要なケアは行いますが、不要なものは与えないシンプルな3ステップケアです。

ステップ1:オルビスユーウォッシュ

とにかく洗顔料がおすすめ!しっかり落とすのに、つっぱらず、使用感が高級ブランド並みにすごいです!

モロッコ溶岩クレイを配合。皮脂や毛穴の汚れをスッキリとさせ、明るい肌へと導きます。

ステップ2:オルビスユーローション

リッチなテクスチャーですが肌に触れた瞬間にスーッと浸透。内側からふっくらとした肌を叶える超浸透化粧水です。

ステップ3:オルビスユーモイスチャー

リッチなコクがあるの軽快な使い心地。みずみずしいヴェールで肌を包み込んで、もっちとした手触りの肌に。

3ステップすべて、オイル、香料、着色料は不使用、アレルギーテスト済みです。

使い方

洗顔料、化粧水、保湿液の順番で使用をします。

  1. 洗顔料は、よく泡立てて、泡を転がすように洗ったら、すすぎを丁寧に行います。
  2. 化粧水を手に取り、顔を包み込むようになじませます。
  3. 最後に、保湿液を適量手に取り、顔の内側から外側に向かってなじませます。

口コミ

細胞フットネス?アクアポリン?ちょっと聞きなれない言葉ですが、new ORBISのキーワードです。

普段はSK-Ⅱを使っていますが、やっぱり高価すぎるので変えてみようと思っていたところでした。

アクアポリン(AQP)は細胞の水の輸送を支配するたんぱく質で、年齢や肌ストレスで減少し、ハリの低下やたるみの原因になります。

New ORBISはこのAQPを増やす効果がある3つの成分「キーポリンブースター」を全ての商品に配合しました。

【3種のアクアポリンを発現させる成分】

AQPの活性化で肌が本来持っている力を最大限引き出すように細胞レベルで鍛えることこそが細胞フィットネスです。

ふと力がぬけた瞬間に感じる自然体で美しい肌への充実感「美しさのここち」を実感できますように。

現在使用しているのSK-Ⅱはこんな感じです。

「早速、NEW ORBISを使ってみました!」

シンプルな3STEPと新しいテクスチャーが魅力です。

STEP1:洗顔、泡はまるでメレンゲパック

  1. 顔と手を水かぬるま湯で洗う
  2. 洗顔料を1㎝程泡たてネットに出して少し水を足してキメ細かい泡を作る。
  3. 顔の中心から外側方向へ泡を転がしながら汚れを絡めとる。パックしたように包むので肌を直にこすることはない。
  4. 丁寧にしっかりとすすぐ。20回くらいがよい。

感想は、洗い上りがととにかくすっきりしている。なのにしっとりしていて突っ張りません。気持ちよくて思わずこのまま寝てしましいそうです。顔が明るくなった感じです。ハイドキャッチ成分が次の化粧水のなじみをUPさせているように感じました。

STEP2:化粧水、肌はまるでスポンジ吸収

  1. 手のひらに化粧水を5滴おとす。
  2. 下から上に包み込むようにつける。
  3. 最後に5秒間頬全体をおさえるようにハンドプレスする。

感想は、とろっとした感じが肌に触れると溶けて流れだしてくる”とろパシャ”!つけると、驚くほどスーッと浸透し手には何も残りません。ヴェールを作るのでいったん浸透した後に追加してもかえってべたつきます。なので5滴で十分す。

STEP3:保湿ジェル、まるでスフレケーキのよう

  1. てのひらにスパチュラに軽く1杯(小豆1個分)を取る。
  2. 顔全体にやさしくなじませる。
  3. 目元、口元など乾燥が気になる部分には重ねつけする。

感想は、モチっとした感じがスフレケーキのようだが、べたつくことなく、しっとりしてきます。保湿ヴェールを作るためなのでつけすぎには注意すること。

使用した後の肌効果

リッチな成分=べたつくの予想に反して、さっぱりしていて朝までしっとり感がキープされます。ピローの跡がつかなくなりました( ´∀` )頬を少しつねってみるとモチっとして、これがここち良いんです。

「あのピテラに変われるか?」

⇒正直やっぱりNOです。

確かに保湿力は負けていません。かさつき感は全くなくて、あのアクアポリンが働いたんだなと思いました。念のため使用前後でSK-Ⅱマジックリンクで肌年齢をチェックしました。やっぱり数値は説得力がありますよね。

まあ、数値の出し方にいろんな要素が入るとの批判もありますが、はっきり言って驚きました。野菜中心の食生活に改善したので肌チェックさせてくださいとお願いした3週間後のデータです。

でも鏡の前に立った感想はちょっと違いますほうれい線のあたりが、ちょっと下がった感じがあります。それと毛穴が目立ってきました。

どうしてなの?繊維芽細胞がつくるももの「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」

New ORBISは繊維芽細胞の増殖に必要なアクアポリンを活性化するブースターを配合していましたね。つまり繊維芽細胞の活性化です。でもその線維芽細胞が加齢で弱っていればどうでしょうか。

New ORBISは肌が本来持っている力を前提として働きかけるので、エラスチンが急激に減少してくる30代にとっては、とても効果的な方法です。

でも私と同世代であれば、コラーゲンやエラスチンをある程度補ってやる必要があると思います。なので、食事でコラーゲンを取るように意識するとか、オルビスのコラーゲンザビューティーを試してみようと思っています。

最後になりますが、New ORBISは「ちょっと使い続けてみよう!」と思いたくなるスキンケアでした。

いちばん気に入ったのは洗顔です。洗い上りがすっきり明るくなった感じでしかもしっとりしていて、これまでの使用経験から最高ランクです。

New ORBISはSK-Ⅱに負けない保湿力があって、リーズナブルな価格なのでコスパは抜群です。今までちょと我慢していたおしゃれや素敵なランチも楽しめるので、もう少し使い続けてみようと思います。

その他の口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 肌につけた瞬間にスーッとなじんで、しっとりとして手ざわりになります。べたつきは気になりません。朝起きたときに肌のしっとり感が持続していてうれしくなりました。これからも使い続けたいです。
  • 夜に3ステップでケアをして、翌朝驚きました。脂性肌なのでいつもなら皮脂が結構出ているのですが、オルビスユーでケアした翌日はテカることがなく、肌がしっとりしていました。水分で潤うということを始めて体感しました。肌の調子がよくなってきています。
  • さらっとしていて浸透しやすいところが気に入っています。丁寧にケアをして翌日肌のハリを実感できました。洗顔料は泡がもっちり、化粧水はべたつかない使い心地、保湿液もべたつかずしっとりしました。

オルビスユーは与えるだけのエイジングケアではなく、肌細胞のうるおい活性化に着目しています。肌細胞に潤いが生まれることで、ハリのあるイキイキとした肌に。年齢を重ねるとともに肌細胞は脱水してきます。

潤いを与えてぷりっとしたハリとしっとり感のある肌に近づいてみませんか。

公式ホームページではお得なトライアルセットのキャンペーンを実施中!

7日分のトライアルセットと、ふわふわで抗菌・防臭加工をほどこしたフェイスタオルが付いて「1,000円(税込み、送料無料、翌日発送)」です。新しくなったオルビスユーを是非試してみてください。

⇒公式ホームぺージ:“見た目を変える”化粧水があなたの肌運命を変える



関連記事:

夏の毛穴,皮脂,ざらつきにおすすめの美容液、保湿クリーム、ジェルランキング

【乾燥肌や敏感肌に人気】おすすめのセラミド保湿クリーム、化粧水、美容液

【乾燥肌にも効果抜群の保湿クリーム】おすすめプチプラコスメ

30代,40代女性の乾燥肌に人気の保湿クリーム&化粧水ランキング

夏の日焼け止めに本気でおすすめ!UVデイクリームや乳液ランキング

無印良品のスキンケアは乾燥肌敏感肌にマジでおすすめ!化粧水や乳液の口コミ

30代40代女性におすすめの乳液・美容クリームと順番,役割,使い方について

乾燥肌だからこそ乳液は必須!おすすめプチプラ乳液ランキング

20代30代の美肌美白におすすめ!プチプラ乳液・ミルクランキング

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック