メイク崩れ防止に!休日メイクはファンデーションにベビーパウダーがおすすめ

美容におすすめ♪

「ベビーパウダーはファンデーション変わりになるって聞いたけど、実際どうなの?」

「肌に負担をかけず、さらさらでナチュラルメイクができるって噂のベビーパウダーってどんな感じ?」

等とメイクにベイビーパウダーを用いることに疑問を抱いている女性に向けて、ここではベビーパウダーの効果と口コミ、プチプラで人気のメーカーを紹介します。

ベビーパウダーとは

ベビーパウダーとは本来、その名の通り赤ちゃんに使用するためのものです。お風呂上がりの赤ちゃんにポンポンと軽く付けてあげる事で、あせもの予防を行うために使われています。

そんな、ベビーパウダーですが、実は大人でも使う事ができるのです!

赤ちゃんの肌でも安心して使用する事ができるため、基本的には大人が使っても安心と言えるベビーパウダー。そんなベビーパウダーを大人が使う場合は、赤ちゃんとは、ちょっと違った使い方をする事も可能なのです。

大人がベビーパウダーを使う場合は、主にメイク関係や制汗関係です。メイク関係で使用する場合、ファンデーションと併用もしくはベビーパウダーのみで使用する方法があります。

また、制汗剤代わりとして使用する際も、特に難しい使用方法は一切なく、汗をかきやすい脇や背中などに付けるだけ!手軽に使用する事が可能です。

私がベビーパウダーをファンデーション代わりに使えると知ったきっかけは、タイです。

私がタイで知った以前から日本でも夏にはベビーパウダーを活用している女性たちがいたようですが、まだあまり知られていませんよね。

一年中、蒸し暑いタイ。

そこに1年前まで住んでいた私は、知り合いのタイ人女性の多くが、化粧時にベビーパウダーを顔に塗っている光景をよく見かけていました。

「なぜベビーパウダーを顔につけているの?」

と私が聞くと、彼女たちは、

「暑いから、これで汗のベトベト防止・脂顔防止するの!サバーイ♪(←タイ語で心地良いor気持ち良い)」

と教えてくれました。

これがその当時、私も使っていた「ジョンソンエンドジョンソンのベビーパウダー」です。

dfjeh

ベビーパウダーとは?

ベビーパウダーとは、あせもやオムツかぶれの防止の為に使用する粉末の総称で、主に赤ちゃんに使用するためにそう呼ばれるようになりました。

ベビーパウダーは、非常に細かい粒子による毛細管現象で肌の余分な水分を吸い取ります。

乾燥してくるとデンプンから水分を補給されるため、適度に保湿でき、タルクによって滑らかな肌にになります。

また、皮膚同士の摩擦を少なくすることであせもを予防します。

ベビーパウダーの良いところは?

  1. 暑い日でもメイクがよれにくい
  2. すっぴん風なナチュラルな美肌に
  3. さらっとしており付け心地が良い
  4. 肌に優しい
  5. コスパが良い

ファンデーションが皮膚に与える負担は、自分の鼻と口をラップで覆うと同じくらいの負担・・・ほとんど皮膚呼吸できない状態になります。しかし、ベビーパウダーなら鼻にティッシュ1枚を被せた程度で済みます♪

使用方法

まず、メイクの際にベビーパウダーを使用する場合、例えば、今日はノーメイクデーと決めていたのに急な来客が!なんてこともあるかと思います。その他、ゴミ捨てやちょっとコンビニまで!と言った時は、ベビーパウダーをポンポンと軽く付けるとナチュラルメイクの完成です。これなら、ファンデーションほど肌に負担をかけることなく、尚且つ、完全ノーメイクと言った感じになりません。

そんなベビーパウダーは、メイクをする際にも大活躍!BBパウダーを塗った上から使用する事で落ち着いた感じに仕上げる事が可能になります。

さらに制汗剤の役割もしてくれるベビーパウダー。臭いが気になる部分にポンポンと軽く付けておく事で、汗のにおいをベビーパウダーが吸収してくれます。もちろん、汗をかいた後でも使用は可能です。汗をかいた後に使えば、嫌な臭いを取るだけではなく、べたついた体をサラッとさせる事も可能になってきます。その為、汗をかく前、かいた後の2回に分けて使うと安心です。

ベビーパウダーはメイク崩れを防ぐアイテムとしても人気!

メイクをするとき、多くの女性が悩むのが「メイク崩れ」だと思います。特に夏場や汗をかいたときは崩れやすいですよね。

しかし、そのメイク崩れを防ぐ意外なアイテムがあるんです。今回は、そのアイテムと使い方をご紹介させていただきます!

メイク崩れを防ぐ意外なアイテムとは・・・

“ベビーパウダー”

なんです!

数百円程度で手に入れられ、主に赤ちゃん用品売り場で売っています。赤ちゃんにも使えるので、肌への負担が非常に少ないのが嬉しいですね。

メイクに使うなら、パウダータイプより固形タイプの方が持ち運びしやすいのでおすすめです。

ベビーパウダーそのものには、肌の水分バランスをキープしてくれるという効果があります。またメイクとしてベビーパウダーを使うと、上記以外にも肌のテカりを抑えてくれるという効果もあります。

ちなみに、メイク崩れ防止の他にもチークの色味調整や、目のきわに綿棒でベビーパウダーをのせてからアイラインをひくと、アイラインがにじみにくくなるという効果もあります。

肌に優しいベビーパウダーを使うことで、ファンデーションを使わなくても肌が綺麗に見えるので非常におすすめです。

ベビーパウダーを使ったメイクは2通りの方法をご紹介します。

<下地か日焼け止め+ベビーパウダー>

薄いメイクが好きという方や、すぐそこまでの外出にはこの方法で良いでしょう。下地を使う場合は、コントロールカラーかUVカット機能付きのものをおすすめします。

<ファンデーション+ベビーパウダー>
  • リキッドファンデーションの場合:下地→リキッドファンデーション→ベビーパウダー→ポイントメイク→お粉又はベビーパウダー
  • パウダーファンデーションの場合:下地→ベビーパウダー→パウダーファンデーション→ポイントメイク→お粉又はベビーパウダー

1つめの方法の方が塗るものが少ないので、メイク崩れしにくいです。チークなどもする場合は、ベビーパウダーの前にしてください。

2つめの方法は、ファンデーションを使う分崩れやすくはありますが、ベビーパウダーを併用することで防げます。ベビーパウダーをお粉代わりに使っても構いません。

私が上記のパウダーファンデーションを使った方法で、ベビーパウダーの効果を検証してみました!

普段のメイクにベビーパウダーを足して、それ以外は変えません。

結果、以前より綺麗なメイクをキープできた時間が長くなったと感じました。

朝メイクして、夕方頃1度ファンデーションとベビーパウダーでお直ししましたが、短時間で楽に済みました。

ただ、ベビーパウダーは薄づきなので何回か塗り重ねた方がいいです。その際は塗りすぎて白浮きしないように注意してください。

今回はベビーパウダーをご紹介しました。中にはメイクだけでなく、夜のスキンケアの仕上げに使う方もいます。

コスパも非常に良いですし、メイクに1アイテム追加するだけで長時間綺麗な肌を手に入れられるので、ぜひ試してみてください!

おすすめのベビーパウダー 3選

①ジョンソンエンドジョンソンのベビーパウダー

gu;n

日本で売られているベビーパウダーの使用感を実際に試してみようと思い入手しました。

私が購入したのは使いやすく、付け心地も良いという口コミの多かった「ジョンソエンドジョンソンのベビーパウダー」です。タイでも日本でもジョンソエンドジョンソンが人気なんですね♪しかし近所のドラッグストアを探しても見つからなかったため、Amazonで購入しました。

楽天からも↓

 

白いコロンとしたシンプルなデザインのコンパクトケースの中に、白いパウダーが入っています。パフは付属していません。付け心地はサラリとしていて、肌への負担はまったく感じません。粉が飛び散ることがあるため、ご注意を。もし付着した場合は、水をしみ込ませたタオルで拭けばすぐに取れます。

化粧時に、BBクリームを塗った後にファンデーション代わりに付けてみました。

使用方法は、2つあります。

①パウダーを手に取り→少し手のひらに馴染ませてから→顔に付ける。

②パフを使う。パウダーを取る量によって、白さを調整できます。

たっぷり付けても顔表面はサラサラとしています。油分が含まれていないためか、ファンデーションをベッタリ付けた時のような重さはまったくありません。ファンデーションがあまり好きでない私にはすごく合うアイテムです。また下地の後にベイビーパウダーをはたき、ファンデをぬった後に仕上げのお粉として使う方法もあります!

メイクの仕上がりは?

仕上がりは、「すっぴん風のナチュラルメイク」です。かなり自然です!しっかりとメイクしたい人は下地の後に使うと綺麗な仕上がりになります♪またアイメイクやチークを応用すれば、メリハリのきいたメイクにもできると思います!すっぴん風の薄いメイクが好きな方は、少し足すだけでナチュラルな仕上がりになります。

キープ力は?

暑い日に外に出かけてみました。汗もじわじわとかきましたが、見た目はさほど変わらず、

『崩れていません!テカリもありません!』

ファンデーションのように油分が含まれていないため、崩れにくいということでしょう。元々汗を押さえる効果があるベビーパウダーなので、その効果が効いたということもありますね。

*注意*

ベビーパウダーの場合、安く購入する事ができる点も嬉しいポイントになっています。しかし、雑に使用するとこぼしてしまう為、要注意です。また、ベビーパウダーを使用する際のパフは、こまめに洗い清潔に保つ事も大切なポイントとなります。

また濡れた肌に塗ってしまったり、サラサラさせたいため厚く塗ってしまうと、毛細管現象が働くことができなくなり、その結果、汗腺の上でダマになり、汗腺を塞いでしまい、逆にあせもなどの原因となってしまう可能性もあります

ちなみに、固形式で服に付着する心配のないパフ付きのこちらも口コミが多く、人気でした↓

②ピジョンのベビーパウダー

仕上がりは、「すっぴん風のナチュラルメイク」です。かなり自然です!しっかりとメイクしたい人は下地の後に使うと綺麗な仕上がりになります♪またアイメイクやチークを応用すれば、メリハリのきいたメイクにもできると思います!すっぴん風の薄いメイクが好きな方は、少し足すだけでナチュラルな仕上がりになります。

●Amazonから

●楽天から

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン 薬用固形パウダー(45g)[ベビーパウダー]
価格:366円(税込、送料別) (2017/9/23時点)

 

③夜のスキンケアにも使える!?シッカロールのベビーパウダー

夜のスキンケアといえば洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリームの順番が一般的でしょうか?

でも、私の場合こんなにたくさんのものをつけてしまうと逆に顔におできができてしまいます。

→アトピー性で肌が弱いためです。

そこで研究を重ねた末、行き着いたのが『洗顔→美容液→ベビーパウダー』でした!たまに洗顔の前にピーリングシェルを使ったりするのですが、これは賛否両論あるので、あまりオススメはしないです。

また、肌に手で触れないことは極力避けるべきです。なので、私は極力、コットンを使用することにしています。

私のようにアトピーで乾燥肌の方には効果が期待できます。

肌に手を触れないだけでもアトピーが緩和されました。ただ、コットンは肌のざらつきで毛羽立ちやすいです。このコットンがお肌に残ってしまうと炎症を起こしてしまったりしてやはり肌によろしくないです。そういうときは毛羽立たないコットンに替えるか、コットンの使用を控えて清潔な手で化粧品を肌に塗るよう対策しましょう。お肌はデリケートで難しいですね。

やり方

洗顔は特にこれといったものは使用していません。ただ、スクラブ効果があると謳っているものは肌への刺激が強すぎるため使用していないです。

美容液もその都度変えていますが、クリームに近いジェル状のものより、さらっとしたタイプのジェルのものが使いやすいです。容器がプッシュタイプだと尚良いです。つけすぎも防げます。

一番重要視しているのが「ベビーパウダー」です!私はこれが手放せません。

お化粧後の仕上げに塗布するのが使い方としては正しいようなんですが、私は夜のお手入れでも使っちゃってます。色々試した中でもシッカロールのさらっと感が私の肌にはしっくりきました。

口コミ

シッカロールの口コミを見ると、”肌が弱いのでファンデーション代わりに塗ってます”というものや、”あせも対策に使ってます”というものもありました。

夏場は重宝するかもしれませんね。逆に冬場は乾燥するので美容液を塗った後、乳液とクリームを心持ち多めに塗った後にシッカロール(ベビーパウダー)を塗布した方が良いです。

スキンケアについてということでしたが、これは一概にこうだと決めつけることは出来ません。私が試してみて良かったものが人によっては合わないこともザラにあります。もちろん、使っているときの環境によっても変化しますし、体調でも変わってくるかもしれません。

その都度自分に合うものを模索していくのが一番です。私がオススメする方法はほんの一例として受け止めて頂きたいです。へー、こんなことしてるんだーってそのくらいの気持ちで受け止めておいてください。

最初に紹介した、ここの筆者のやり方の方が合っているかもしれません。

わがままなお肌に時には愛想を尽かしてしまうかもしれませんが、めげずにスキンケアライフを楽しみましょう!

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

余談:肌荒れが気になってきた方は、ノーファンデーション!ベビーパウダー生活の勧め!

毎日メイクを欠かさず行い、クレンジングや保湿といったスキンケアも余念がないのに、肌がごわついたり疲れていませんか?

肌疲れとも言われるこの現象は、実は、メイクのやり過ぎや過剰なスキンケアが原因なのです。やればやるほど肌が疲れて、毛穴が開いたり、乾燥してパサつくなど、肌にとってプラスになる事が少なくなります。疲れが蓄積されて免役低下がでやすい30代以降の肌は、特に疲れやすくなっています。

こういう時期は、今のスキンケアやメイクの方法、頻度について見直したほうが良いサインなのです。

肌がキレイな女優やモデルは、撮影の時以外、プライベートではほとんどすっぴんで過ごしてしまいます。仕事では厚塗りばっちりメイクをしているからこそ、オフの日はすっぴんで肌休めをしているわけです。

毎日豪華な食事ばかり食べていたら、誰でも胃もたれを起こしますよね?それと同じで、時々、肌も最低限のシンプルケアだけで過ごす日をつくると、健康的になります。

自宅では完全にすっぴんで、出かける時には日焼け止めを薄く塗って、サングラスとか、マスクを付けるようにすれば十分です。こうして肌疲れを癒すと、すっぴんに自信がもてるようになり、普段のメイクもシンプルなもので済むようになっていきます。

ベースメイクをシンプルにする!

メイクをする時は下地やファンデーションを塗るところからスタートしますよね?でもやり過ぎるとムラができたり、乾燥して粉っぽくなってしまいます。

すっぴんに自信がない人ほど厚塗りベースになるので、使うコスメは1種類だけに留めましょう。

毎日、あれこれ多くのコスメを使うと、そのぶん肌ダメージを与えて疲れやすくなるのです。今は美容液ファンデーションなどが多く、ひと塗りで保湿効果のあるコスメがたくさんあります。下地や日焼け止めなどを厚く塗るのではなく、毛穴レスと紫外線カットもできるようなファンデーションだけを使ってください。

<<シンプルメイクを続けると肌に活力が戻る!>>

肌の大敵であるニキビや吹き出物、乾燥や毛穴詰まりの症状は、大抵の場合、過剰メイクが原因です。メイクに使うコスメやケアは、必要最低限に抑えたほうが、肌疲れも早く治ります。

オフの日はすっぴんを心がけ、それ以外の日もシンプルメイクに変えることで、肌に活力が戻るようになるのです。肌疲れの症状は、人によって違いがありますが、ネットでは肌を労わる大切さや、症状を治める方法についての情報もたくさんあります。睡眠不足や食生活の乱れを正すことも大事ですが、直接肌にダメージを与えているのはメイクだということを覚えておいてください。

美肌効果のあるスキンケア商品やコスメは、使い始めるとやめられない中毒性があります。コレなしでは外に出られないと考えやすく、美を追求するあまり、複数のアイテムを使う癖がつくのです。

でも、すっぴんが健康でなければ美肌成分の吸収率も弱まります。今使っているコスメを見直して、成分や効果が被っているものを排除し、お肌のダイエットを行うようにしましょう。

ノーファンデーションを心がける♪

毎日、朝にファンデーションを塗って、夜クレンジングで落とす生活をしている女性が多いですよね。お休みの日にも、出かけるときにはファンデーションが欠かせないという人もいます。

でも、考えてみてください。ファンデーションは確かにお肌のあらを隠してくれますが、同時にお肌にダメージも与えています。

さらに、強くお肌をカバーしてくれるファンデーションを落とすクレンジングも、決してお肌に優しいとは言えません。

ノーファンデーション生活とは、毎日のお化粧によってお肌が荒れてきてしまった女性におすすめの、美容法です。お肌をうまくお休みさせてあげることで、美肌が復活します。

ノーファンデーション生活による効果

毎日のファンデーションとクレンジングでお肌は疲れています。ファンデーションもクレンジングも、効果が高ければ高いほど刺激も強いものが多く、お肌にダメージを与えてしまいます。

そこで、ファンデーションを使わず、洗顔で落とせるメイク法に変えることでお肌へのダメージを減らし、素肌そのものをきれいにする効果があります。

また、毎日ファンデーションやクレンジングを使用しなくなるので、お財布にも優しい美容法といえます。

ノーファンデーション生活といっても、全くのすっぴんでいるわけではありません。

実践方法は以下の通りです。

  1. まずは普通に洗顔と肌の手入れ。
  2. 整えた後の肌に、石鹸で落とせる日焼け止めを塗る。
  3. ある程度なじんだら、お肌にベビーパウダーをブラシで塗る。
  4. ポイントメイクも石鹸で落とせるものにする。

最初は毛穴などのお肌のあらが気になるかもしれませんが、ベビーパウダーで毛穴はある程度カバーできますし、シミが目立つところにはポイント使いでコンシーラーを使用できます。

スポット使いくらいであれば、石鹸で十分に落とせるので安心です。

いきなりこのメイクで出社する自信がないという人には、お休みの日のメイクをこの方法に変えるだけでもかなりの美肌効果が望めます。

ノーファンデーション生活の体験談。

実はこのノーファンデーション生活は最近じわじわと人気になっています。私も実践している人間の一人ですが一週間でかなり素肌が綺麗になりました。

メイクの時間も短縮できますし、お風呂でも普通に洗顔するだけでメイクが落ちるので、お肌にいいだけでなくお手入れがかなり楽で気に入っています。

また、汗をかく時期ですが、もともとファンデーションを塗っていないので皮脂崩れなどを気にしなくていいのも楽です。

さらに、お肌が綺麗になっているので、デートの時など、きちんとメイクをするときにもメイクノリがかなり良く、感動しました。


様々な使用用途があるベビーパウダー。これら以外にもできてしまったニキビに薬を塗った後、軽くベビーパウダーを付ける方法や洗顔フォームにベビーパウダーを混ぜて使用する方法など様々な方法を実践している人が多くなっています。中には、ドライシャンプーとして使用する人もいたりと、大人女子が様々なベビーパウダーの使い方を実践していると言えるのです。

簡単にお肌が回復するノーファンデーション生活もおすすめです。落としやすい洗顔料や、日焼け止めなど自分に合ったものが見つかるとかなり楽で、しかもお肌も綺麗になるのでおすすめです。

各家庭に一つある事で、様々な使い道ができるベビーパウダー。是非、ご家族みんなで自分にあった使い方で、ベビーパウダーを使って欲しいと思います。

関連記事:30代,40代におすすめ!肌荒れしない人気のファンデーションランキング2018

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2018年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2018年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック