保湿効果抜群でおすすめ!乾燥肌や敏感肌に人気の安いセラミド化粧品と選び方

肌表面の角質層は、角質細胞と細胞間脂質が層状に交互に重なってできています。細胞間脂質を構成する成分がセラミドです。セラミドには水分を挟み込んで保湿をする働きがあります。セラミドが不足をすると、肌が乾燥をしたり敏感になります。

乾燥肌や敏感肌には、セラミド配合の化粧品がおすすめです。セラミドといってもいくつか種類があるので、選び方にポイントがあります。では、セラミド配合化粧品はどのように選んだらいいのでしょうか。

セラミドの役割と効果

肌表面の角質層にはバリア機能の役割があります。角質層の角質細胞と角質細胞の間を埋めるように細胞間脂質が存在をしていて、潤いを保っています。細胞間脂質の約50%を占める成分がセラミドです。セラミドが肌の潤いやバリア機能に大きな役割をはたしているのです。

セラミドは年齢とともに減少をしたり、誤ったスキンケアによっても失われてしまいます。乾燥肌や敏感肌はセラミドが不足をしていて、バリア機能が低下をしているので、肌トラブルが起こりやすい状態になっています。不足しがちな成分を補って、肌トラブルが少ない状態を目指しましょう。セラミド化粧品を使用することで、潤いのある肌に近づいたり、バリア機能の回復が期待できます。

セラミド化粧品の選び方

セラミドには、

  • 植物セラミド
  • 動物セラミド
  • 疑似セラミド
  • ヒト型セラミド

などがあります。

ヒト型セラミドは人の肌に存在しているセラミドと構造が似ていて、高い浸透力と低刺激性があります。

ヒト型セラミドには、セラミド1、セラミド2、セラミド3などがあります。そのなかでも人の肌に多く存在しているのはセラミド2です。人の肌に多く存在しているので、保湿作用に大きな影響を与えます。また、セラミド1.3.6が不足をすると、乾燥肌や敏感肌になることもあります。

この4つのセラミドを含む化粧品を選びことがおすすめです。化粧品には、セラミド1、セラミドEOP、セラミドAPなどと記載されています。

配合されているセラミドの種類だけでなく、配合量も確認をしましょう。

セラミド配合量が記載されていない化粧品もありますが、原料は多い順に記載されるので、原材料名のはじめの方にセラミドが記載されていれば、配合量が多い可能性があります。

セラミドはとろっとしたテクスチャーが特徴なので、サラッとしているものは配合量が少ないか、合成界面活性剤を大量に使用している可能性があります。テクスチャーも参考に選ぶと良いでしょう。

化粧水、美容液、クリームなど、さまざまなセラミド配合化粧品があります。製品によって保湿力が違うので、肌にあったものを選んでください。化粧品を使用するときには、肌をこすらないようにしましょう。肌をこするとバリア機能が低下をしてしまいます。

乾燥肌や敏感肌におすすめの美容成分がセラミドです。セラミドにはいくつか種類があるので、化粧品を選ぶときにはポイントがあります。ポイントを押さえて上手に選んで、肌トラブルの少ない状態を目指しましょう。

続いて、効果をすぐに実感しやすい「ヒト型セラミド」の化粧品を2つ紹介します。

①ヒフミドのエッセンスローション

ヒフミド エッシェンスローションもおすすめです!この化粧品はしっかりと保湿、潤いを保ってくれるので弾力とハリのあるお肌へ導いてくれます。また、サエル ホワイトニングローション クリアも乾燥肌の人にオススメです。「肌に優しく美肌を実感したい」という敏感肌女性のために作られた薬用美白化粧水です。セラミドという乾燥を改善する成分が配合されているのでお肌を潤しながらさらにシミの原因であるメラニンの生成を抑えます。そして、アルコール、香料、紫外線吸収剤が無添加なので敏感肌の人も安心して使えます。

<<プチプラコスメの入っているセラミドとは違う!保湿力3倍!>>

ヒフミドのエッセンローションには「ヒト型セラミド」という人間の肌に存在しているセラミドと同じ構造をしたものしか使っていません。そのため、肌の潤いを長時間キープしてくれます。肌の水分を逃さず、長時間キャッチするのです!

口コミ

敏感肌、乾燥肌、オイリー肌の私が使ってみた感想を紹介します。27歳になった頃から、

  • 肌の回復力が弱くなってきて、ガサガサ肌に衰えてきたこと、
  • インナードライがむごくなってきたこと

が悩みで、ずっと自分に合うスキンケアはないか探していました。

ネット上で、ヒフミドのスキンケアが良いと紹介されていたので試してみることに。

これまでセラミド系の化粧品はキュレルや、その他ブランドのものをいくつか試してきましたが、肌が覆われて呼吸できないようなベタつき感が苦手で止めていました。吹き出物ができたこともありました。けれど口コミも良いし安いし、製薬会社のセラミドなら大丈夫かなと、ヒフミドのトライアルセットを使ってみたら・・・本当に良かった!

私は敏感肌なので、添加物やベタツキのある化粧品を使うと吹出物が出てしまうのですが、ヒフミドの化粧品は大丈夫でした。全く刺激がなくて、安心して使えています。

テクスチャーは少しとろみがあり、2回に分けてプレスしながら付けていく肌の内側にしっかり浸透し、しっかり潤います。

1度の使用量は3滴 (10円玉サイズ) で十分です。伸びが良く、少量で潤うところが経済的です♪夜つけると、翌朝のテカリが激減しており、その分インナードライが解消されていると実感しています。香りは無く、薬品のツンとする臭いも全く感じません。

肌の内側はローションが潤いを保ち、外側のクリームがハリのあるもっちりな肌にしてくれます。その後使い続けても、肌荒れのない綺麗な肌になり、セラミドによる保湿ケアの効果を感じています。

ニキビや不安定肌の女性におすすめしたいスキンケアです!

その他の口コミ

980円のトライアルセットのバッグが可愛い♪

以下の公式ホームページからネット注文すると、以下の5つの化粧品が可愛いバッグに入ってやってきます♪

【小林製薬】ヒフミドトライアルセット


②ライスパワーの保湿力に驚く「米肌」

「あの高級化粧品コーセー”米肌”を安くお試しできます!」

%e7%b1%b3%e8%82%8c%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

高いものが安く手に入ると聞けば、

「気分転換に使ってみよう~」

とお肌のご褒美として試してみる私。

そして肌が劇的に変われば購入し、まぁまぁであればそのまま使い切るだけ!(←スキンケアは自分にすごく合う、まぁまぁ合う、合わないの段階で個々の肌によって違いますが、私はすごく合うときにだけリピートしています)

今回はあの高級化粧品メーカー”コーセーの化粧水”です!

やった~~♪

米肌(MAIHADA)とは?

%e7%b1%b3%e8%82%8c%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc

肌の水分の保持能力を高める目的で作られたのが米肌です。

毛穴が目立つ原因は、年齢による、

“潤い不足(乾燥)が原因です”

肌の潤い不足が進行する一番の原因は、歳を重ねるとともに”セラミド”が減少するためです。

*セラミドとは、各層の細胞と細胞とのあいだでスポンジのように水分を抱え込む「超保湿成分」です↓↓

セラミド

だ・か・ら・こ・そ、

“セラミド”をつくりだし、”水分保湿能”を改善する必要があるのです!

コーセーの米肌は名前のとおり、ライスパワーNo11を配合したスキンケアです。

ライスパワーNo11がセラミドを作り出し、肌のバリア機能を向上させることで、肌の水分保持能力を飛躍的に向上させることができるのです!

原料は私たちが食べている米100%。米を蒸した後、何日もかけて独自の方法でエキスを抽出。このエキスに酵母や乳酸菌などを加えて長期間発酵、熟成して有効成分ライスパワー®No.11が生まれます。発酵から熟成にかかる期間は約90日間。数十種類のアミノ酸や豊富なペプチド・糖類をバランスよく含有しており、同じものを人工的に合成してつくることはまず不可能です。ライスパワーエキスは、異なる機能のものが幾種類もありますが、『水分保持能の改善』が認可されたのはNo.11だけです

米肌のライスパワーって本当にすごいの?他社と比較してみました

ライスパワーの効力で肌の保湿力を向上させる人気のスキンケアが3つあります。

  1. 米肌(まいはだ)
  2. 肌極(はだきわ)
  3. ライスフォース

どれも安く試せるキャンペーンをやっていたので、試してみました。

まず、3つとも化粧水自体の質感は、最高です!テクスチャーは柔らかく、とろみがあります。お肌にのせると、伸びがいいです。

そして、気になるのは、伸ばした後の「浸透感」。

米肌とライスフォースは、すぐに馴染み、お肌への奥へずんずん浸透していき、浸透力が抜群です!本当に肌の奥まで潤いが届いているのを実感できます。

一方、肌極は伸ばした後、少しベタつきがあります。なのに肌の内側までは保湿されていない感じがしました。私の肌では浸透力がイマイチな印象でした。

化粧液だからこれで化粧水+乳液が完了!ってタイプなんだけど、これではかなり物足りないし、任せられないかな。

伸ばして数時間経っても、やはりしっとり感、ハリ感、弾力が不満足でした。個人的に、人工的な花の香りと、アルコール感が少し感じられ、敏感肌には向かないかなとも感じました。

コーセーの米肌は、私が想像していた「アルコール感が強く、また香りが強そう=普通肌の人向けスキンケア」とは全然違って、とても優しく肌にすーっと浸透していき、季節変わりで乾燥気味になりやすい時期でも、しっかり馴染み、潤いが持続します。しっとり感、ハリ感、弾力感もすぐに実感でき、コスパ的にも優れた逸品です!

ライスフォースは、付け心地が濃厚で濃密という印象。その後の肌の感じは「まぁまぁ合う」。良いけどそこまで…という感じでした。

<<結論>>

同じお米系スキンケアで「ライスパワーNo11」を主としたブランドでも、その配合量や他の成分、処方のこだわり(無香料・無着色)によって、その使用感や効果は全然違いました!お値段が手頃なのは、肌極。濃厚で濃密感があり「付けてる」と実感できるのはライスフォース!処方や効果、保湿感の高さを求めるなら、米肌が断然おすすめです!

その他の口コミ

<<@コスメの口コミ>>
<<Twitterの口コミ>>

他サイトの口コミやブログをチェックしたところ、

まず、”高い!”という声を発見。

通常米肌の化粧水は1本120mlで、

5000円。

「え!∑(゚□゚;)」

「私が使っているのとほぼ変わらない」

これ以下の価格の化粧水を使っている方は、この機会に少し高めの化粧水を使ってみることをおすすめします!良いですよ♪

次に、”やや重い”という声も発見。

A子「美容液に近い質感でなかなか肌に浸透しません。あとはどうしても重く感じてしまうのでちょっと苦手な化粧水でした。そこそこ高価だったので期待値からするとガッカリでした」

しかしB子さんみたいな方もいますね!

B子「やや重めかな、と思ったけど馴染んだ後は気になりません。むしろ肌がふっくらしてきて厚みが増すような感覚。しっかり肌に入ってるのがわかる化粧水です」

私「浸透しやすい人とそうではない人と別れるみたいです。そのため初めての方はトライアルセットで確かめてみた方が良いですね!」

とにかくトライアルセットは非常にお得なので、是非試してみてださい↓

%e7%b1%b3%e8%82%8c%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

『5点セットで14日間試せます!』

「化粧水だけじゃないんですね!石鹸、クリーム、パックも付いて、1,389円(税抜き)!?」

「化粧水は30mlと少ないですが、この価格なら良しです」

「送料無料もありがたい!」

⇒公式ホームぺージ:米肌で理想的な素肌を

③敏感肌におすすめセラミド「アルージェのミスト」

ちょっとした刺激で肌荒れが、すぐに乾燥、こんな女性が少なくありません。肌に合う化粧品がなかなか見つからなくて大変な方もいるのではないでしょうか。
そんな女性のことを考えた化粧品が「アルージェ」です。

ヒリヒリしない、つけた後しっとりする、こんな声をもらっているのが、モイスチャーミストしっとりです。さまざまなラインアップがありライン使いすることがおすすめですが、どれか一つを使うならまずはミストをおすすめします。

アルージェミストは低刺激をこだわりました。

ちょっとしたことに刺激を感じる肌は、セラミドが不足をしている可能性があります。セラミドは肌に存在する、水分を挟み込んで潤いを保持する成分です。皮膚のバリア機能を整えて、健やかな肌を作ります。

セラミドにはバイオ、植物、合成などさまざまな種類がありますが、アルージェが配合しているのは天然型です。天然型は人の肌に存在するセラミドと構造が似ていて、肌になじみやすいといわれています。

そのセラミドはナノ化しています。ナノ化した成分がスーッと肌に浸透をして潤いを持続させます。

そして、敏感肌にも使用できるようなセンシティブ処方です。パラベン、エチルアルコール、界面活性剤、表示指定成分、鉱物油、香料、着色料は配合していません。パッチテスト、アレルギーテスト、コメドテスト済みです。

不安定な状態から潤いで満ちた状態に、健やかな肌へと導きます。

使い方

洗顔後、適量をスプレーするか、手に取ってなじませます。

スプレーをする場合、顔の左右両側から行ってください。手でつける場合は、適量をの手のひらにとって両手に広げ、手を顔に押し当ててください。少しずつ手の位置を変えて、顔全体になじませましょう。コットンでつける場合、コットンが毛羽立たないようにたっぷりの化粧水をコットンに含ませることで、肌の負担が減ります。

メイクの上から使用することもできます。バッグに入れて持ち運び、乾燥が気になるときにスプレーしてください。

口コミ

その他の口コミには、

  • 化粧水だけでは物足りませんが、クリームも使うと肌が潤います。劇的な変化はないのですが、肌トラブルがなくなりました。
  • 肌が敏感で化粧品で肌トラブルを起こしたり、衣服が触れてチクチクすることがありました。肌に優しい化粧品がないかと思っていたときに見つけたのがアルージェです。肌の不安定さが解消しました。
  • べたつずしっとりとします。パラベンなど使用していないので安心して使えます。
  • 低刺激なのがうれしいです。化粧水をつけてもヒリヒリすることがありません。

等の声がありました。

ちょっとしたことにも敏感に反応をする、優しい化粧品を使いたい、こんな方をサポートする化粧品がアルージェです。パッチテスト済み、パラベンやエチルアルコールはフリー、肌への優しさを考えています。

敏感な肌はセラミドが不足しがちです。アルージェは天然型のセラミドを配合しています。ナノ化した天然型セラミドがスーッと浸透をして健やかな肌作りをサポートします。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

余談:セラミドを減少させない生活習慣も身に付けましょう。

肌の水分保持力の80%を占めているものが細胞間脂質です。この細胞間脂質の大部分を構成している成分がセラミドです。セラミドには水分を抱え込んで潤いを保つ働きがあり、潤いのある肌を保つために重要な役割をしています。

ところが、誤ったスキンケアや生活習慣でセラミドが減少をします。その結果、乾燥肌や敏感肌になることも。

潤いがあり肌トラブルが少ない肌を目指すには、セラミドを守ることが大切です。では、セラミドを減らさないためには、どういった生活をすればよいのでしょうか

前述したように、肌は表面から表皮、真皮、皮下組織で構成されています。表皮の一番上は、わずか0.02mmほどの角質層です。角質層の中には細胞間脂質が存在をしていて、その細胞間脂質を構成する成分がセラミドです。

細胞間脂質は、油分の層と水分の層が交互に重なってできています。これをラメラ構造といいます。ラメラ構造が整っていることで、肌の水分が保たれたり、バリア機能がしっかりと働いてくれます。

セラミドは細胞間脂質の約50%を占めていて、潤いの保持やバリア機能に重要な役割をしています。セラミドがしっかり肌に存在することで、肌トラブルの少ない状態に近づくことが期待できます。

セラミドを減らさないためには、どうすれば良い?

セラミドは洗顔や入浴で流されてしまうので注意をしましょう。

ゴシゴシこすったり1日に何度も洗顔をすると、セラミドが洗い流されてしまいます。24時間ほどでセラミドが回復するといわれているので、乾燥が気になるようなら、洗顔料を使った洗顔は夜だけにして、朝はぬるま湯洗顔にしましょう。

長時間の入浴や熱いお湯もセラミドを減少させます。お湯の温度は38~40℃程度、入浴時間は20分程度までにしましょう。

洗顔と同じように、ゴシゴシこすって体を洗うとセラミドを洗い流してしまいます。ナイロンタオルは肌を傷つけやすいので、綿など柔らかい天然素材を使用して洗うことがおすすめです。肌が敏感ならボディーソープをよく泡立てて手で洗うとよいでしょう。

セラミドはターンオーバーの過程で生成されます。夜寝ている間にターンオーバーが促進するので、早めに布団に入って十分な睡眠時間を確保しましょう。

食事のバランスも大切です。ファストフード、加工食品、コンビニのお弁当などは栄養が不足しているので、こういったものばかり食べているとセラミドが不足する可能性があります。3食バランスよく食べましょう。大豆、米、生芋こんにゃくはセラミドを含んでいるのでおすすめです。

また十分な睡眠時間を確保していても、ターンオーバーのための栄養素が不足をしていると、ターンオーバーが滞ってしまいます。栄養を摂っていても、ゴシゴシこすって洗顔をしていればセラミドが不足をします。睡眠をとるだけ、栄養をとるだけなどではセラミドの生成は難しいと考えられるので、生活習慣全体を見直してみてください。

肌の潤い保持に重要な役割をしている成分がセラミドです。普段行っていることがセラミドを減少させている可能性があるので、生活習慣を見直してセラミドの減少を抑えましょう。セラミドを守ることで、潤いのある肌に近づくことが期待できます。

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
芸能人も愛用!2017年大人気の化粧品をまとめています
失敗しない!2017年の新感覚ベストコスメはこれ!←クリック