冬の乾燥も怖くない!おすすめアウトバスヘアオイルでうるツヤ髪2020

冬は顔や体だけではなく髪も乾燥するのでいつにも増して髪の扱いが難しくなりスタイリングも決まりにくい季節です。外の湿度が低いことももちろんですが、なんといっても室内の暖房がクセ者です。加湿器では補えないほど髪への乾燥ダメージはかなりのもの・・・。

そこでおすすめなのがヘアオイルです。

また、毎日のヘアアイロンで髪が硬くなり毛先がまとまらない人、癖毛やボリュームが気になる人、ツヤがない人などあらゆる悩みの救世主にもなってくれます。髪の毛が広がったり毛先が落ち着かずあちこち向いていると清潔感がなくファッションも決まらずなにより老けて見えてしまいます。

朝のスタイリングで流行りの毛束感を出したはずがお昼前にはもう影も形もない事ってありますよね。ワックスやスプレーでは出せない雑誌のモデルさんや外国人の柔らかな髪のようなナチュラルな毛束感がオイルを使えばその保湿力で一日中キープ出来るのでヘアケアのためだけではなく、おしゃれなスタイリングにも使える優れものなんです。

冬の乾燥に負けないツヤサラしっとりな髪をヘアオイルを使って体感してみませんか?

頭皮ケア

30代になったころから以前は感じなかった顔のくすみやお肌のたるみ、うっすらとできたシワなどが気になり始めるという人は多いですよね。お肌の衰えは20代半ばには始まっているといわれ、30代を過ぎすとだんだんと目に見えて変化を感じてくるものです。とはいえ、ちょっとした変化でも顔の印象がとても変わってしまうので女性にとっては悩ましいですよね。

そこでスキンケアアイテムを変えてみたり、マッサージやエステを試してみたり、お肌のお手入れに力を入れてはいるものの、どうも効果を感じない・・・。そんな時に試して欲しいのが頭皮のケアです。

え?顔のお肌の悩みなのに頭皮ケア?と思う人もいるかもしれません。でも、頭皮ケアと顔のお肌の悩みは実はものすごくつながっているんですよ。というのも、顔のお肌と頭皮はつながっているからです。顔の皮膚と頭皮は一枚のつながった皮なので頭皮の状態がよくなければ当然、顔のお肌にも影響が出てきてしまいます。頭皮が凝り固まって血行が悪くなればそれが顔のお肌にも伝わり肌をくすませる原因になってしまいます。

また、頭皮がたるんでくるとそのまま皮が顔に向かって下に垂れてしまうので顔のお肉がたるんだり、おでこなどにはシワができやすくなってしまいます。そう考えていくと実は頭皮ケアは顔のお肌をきれいに保つのに欠かせないんですね。

そこでまずとりれたいのが自宅で簡単にできる「頭皮マッサージ」。

定期的にヘッドスパなどに通えれば最高ですが、忙しくてなかなか時間がとれないなんてこともありますよね。でも、頭皮マッサージは自分でも簡単にできるのですぐに始められます。

私はお風呂に入る時に頭皮マッサージをするようにしています。髪を洗う前にヘアオイルを地肌に数的たらし、固くなった頭皮を揉みほぐしていきます。頭皮に指をあてて小さく円を描くように揉みほぐしたり、額やこめかみあたりに両手の指をあてそこからギュッと力を入れながら頭のてっぺんまで頭皮をもちあげるようにしてみたり。

あと、仕事でパソコンを使うなど目を酷使している人は頭の後ろの下の方、首との境目あたりがものすごく凝ります。ここを揉みほぐしてあげると目の疲れの解消にもなるし、すごく気持ちがいいのでリラックスもできますよ。マッサージに使うオイルは香りのあるものだとリラックス効果がより高まります。

もし時間がなければシャンプーをする時についでに地肌をマッサージするだけでも違いますよ。地肌って意識してないとふだんはあまり触る機会がないですが、凝りなどがなければ本当は地肌はつまめるくらい柔らかいといわれています。

一方、地肌が硬くなってしまっているとちょっとマッサージしても地肌が全然動かず、一度や二度のマッサージではなかなかほぐれないことも。それでも毎日少しずつ、コツコツとほぐし続けていくとだんだんと柔らかくなっていくので頭皮ケアは積み重ねが大切です。

また、お顔のシワやたるみの改善には時間がかかります。でも、地肌の調子がよくなると顔のくすみがとれて血色がよくなるなどお肌の見え方が違ってくるのでお化粧のノリなんかも変わってきますよ。頭皮ケアをしていくと顔の印象が変わっていきますが、それに加えてもちろん、髪もきれいになっていくのが女性としては嬉しいところ。まずはバスタイムに数分の頭皮マッサージから試してみてくださいね。

ヘアオイルの効果

ヘアオイルとは、最近売られているもののほとんどがアウトバス(お風呂上がりに使うもの)で使うものでヘアミルクなどのヘアケアアイテムと同様にドライヤーの前後やスタイリング前に使うオイルの事です。

最近では様々な種類のオイルが出ており成分もテクスチャーもメーカーごとに特徴が違います。

例えば、一番メジャーな成分はアルガンオイル。様々なメーカーがヘアオイルに使用しているオイルの一つです。モロッコの黄金と呼ばれ数年間雨が降らなくても枯れないといわれている奇跡の樹木アルガンの種の中身から少量しか取れない貴重なオイルです。

このオイルはかなり万能で抗酸化作用のあるビタミンEを含み人の皮脂成分と似ているため浸透性もかなりよく髪のダメージを修復してくれて酸化もしにくくSPFが5~9あると言われているため紫外線からも守ってくれる万能オイルです。この様にヘアオイルに入っているオイルは酸化しにくく人の肌の成分に近いオイルを使い足りない栄養を補う役割を果たしてくれます。

また、髪のキューティクルは鱗の様になっています。ヘアアイロンやドライヤーの熱で髪の内部のタンパク質が固まる「タンパク質変性」という状態になってしまうとキューティクルの隙間から水分が蒸発していきます。濡れるとキューティクルは開き、乾くと閉じる性質を持つためお風呂あがりや雨の日などの濡れた髪では開いたキューティクルから水分や髪内部の栄養までが出てしまうという事になります。

毎日のお風呂上がりの濡れた状態の時にヘアオイルを塗っておけばキューティクルをコーティングし髪同士の摩擦を防ぎ、オメガ酸などのオイルの栄養で髪の毛のダメージを修復して美髪を保つ事が出来ます。

オイルは保湿力が強く冬の強い乾燥から髪の水分を奪われるのを防いでくれるので広がりやパサつきを長時間保つ事が出来るため毛束感を出したい毛先や濡れた様なツヤ感を出したい時などにスタイリング剤代わりに付けるのもおすすめです。

またオイル特有のツヤを与えてくれるため子供の頃のようなツヤやかで健康的な髪を演出する事ができ、若々しく見せてくれる効果もあります。

使い方

髪を洗ったら優しくしっかりとタオルドライしましょう。髪はタオルで擦らずおさえる様にして水分を吸い取ります。粗めのコームで髪をとかしたら、さぁオイルを使っていきましょう。

ステップ①:オイルを1〜2滴ほど手のひらに取ります。ムラに付くのを防ぐため、手のひら全体で温めるながらオイルを広げます。オイルはつけ過ぎるとベタベタになったり髪がペタンコになったりしますので少量づつつけることを心がけましょう。

ステップ②:髪の中間から下、毛先にオイルを揉み込んでいきます。ここで髪の中間から上や頭皮に付けるとベタベタの原因になりますから必ず髪の中間から下のみに付けましょう。

ステップ③:足りなければまた1滴ほど追加して揉み込むを繰り返します。

ステップ④:手に残ったオイルを使って中心から上のパサつきや広がりの気になる部分に揉み込んでいきます。出来るだけ根元や前髪には付けないこと。

ステップ⑤:再度粗めのコームで髪をとかして髪にオイルが行き渡るようにします。細かいコームは髪を傷つけるため必ず粗めのコームで。

ステップ⑥:ドライヤーで乾かします。

ステップ⑦:広がりやボリュームを抑えたい人はここでまた1滴ほど中間から毛先のみオイルを揉み込みましょう。

使う時の6つのポイント

ポイント①:ドライヤーの熱から髪を守り水分の蒸発も防いでくれるのがヘアオイルです。顔に化粧水を付けるのと同じくお風呂上がりすぐに使うのがおすすめ。特に癖毛の人は髪の水分量が少なく広がりやすいので髪を洗った後はすぐにオイルをつけましょう。

ポイント②:しっかりタオルドライしたらすぐ、乾燥しやすい毛先を中心にオイルを馴染ませるのがまとまりのいい髪の毛にするコツです。

ポイント③:また、お風呂上がりに髪を自然乾燥することは地肌にも髪にもよくありません。オイルを使うと保湿力で髪が乾きにくくなるので尚更ドライヤーで乾かすことが重要になってきます。地肌が濡れていると雑菌が繁殖しやすく地肌のターンオーバーが乱れてしまうため地肌まで乾燥してしまい次に髪が生える髪の毛に影響します。

ポイント④:お湯の温度は40度以下で洗いましょう。肌と同じく熱いお湯で洗い流すと皮脂を洗い流しすぎてしまい乾燥してしまいますからオイルでもケアしきれません。

ポイント⑤:ドライヤーは低温のものを選ぶか強い温風になるターボ機能を使用しない、または10センチ離してかけるのがコツです。髪のタンパク質はヘアアイロンやドライヤーの熱に当たるとゴワゴワした状態に硬くなります。

お肉をフライパンで焼くと硬くなり、卵を茹でたり焼いたりすると固まりますよね、それと同じです。ですから、ヘアオイルを使って熱ダメージから守る事ももちろん大切ですが、日頃の習慣も合わせて変えていきましょう。

ポイント⑥:猫っ毛や柔らかい髪、毛量の少ない人はサラサラ系の軽めのオイルを選ぶことでボリュームを抑えすぎない仕上がりになります。硬い人、多毛の人、癖毛で広がりやすい人は重ためのオイルを使うとしっとりボリューム感が抑えられます。

おすすめヘアオイル

①ナプラ N.ポリッシュオイル

天然由来成分のみでできたオイルで体にも使えます。ほんの少しの量でまとまりが良くなります。

癖毛で乾燥で広がりやすく固くて多めの髪でもおさまりがよくなりました。翌朝はサラサラです。重ためのオイルでつけ過ぎるとウェット感が出過ぎるのでかなり少量づつを前髪は避けて毛先から馴染ませる感じで使うのがコツです。

香りは柑橘系で癒されます。なかなか減らないのでコスパも抜群です。

夜はお風呂上がりにタオルドライした後にすぐ付けてドライヤーで乾せばしっとりおさまり、朝スタイリングの時に少量つけるとスタイリングしやすくなると感じました。トレンドのウェット感を出したい時にもおすすめです。

パッケージもシンプルでおしゃれなので生活感が出ないのもポイントです。別売で専用ポンプが売っているので付け替えると格段に使いやすくなりますのでおすすめです!

<<Amazon>>

②ムコタ プロミルオイル

16種類の天然由来オイルを配合、体にも使えます。

N.のポリッシュオイルにパッケージ、オイル自体の見た目、香りや質感はかなり似ていますが、ポリッシュオイルよりもっと液体がサラサラしていてつけ心地も軽目だと感じました。香りはとても爽やかでいい香りです。

ほんの少しの量でしっとりサラサラになるのでコスパはいいと感じました。かなりひどい毛先のパサつきで広がっていてもこれを使うと軽減されてスッとおさまって一日中しっとりサラサラを保ってくれます。つけ過ぎるとウェット感がかなり出てしまうので要注意です。

メーカーが違うのにナプラの別売ポンプがピッタリはまりました。ポンプ式にすると出過ぎと液ダレが防げてとても使いやすいですよ。

<<Amazon>>

③ミルボンディーゼス エルジューダMO

毛髪補修成分オリーブスクラワンやバオバブオイルなどが髪の内部を柔らかくしてくれるヘアオイルです。髪が硬くて困っている人におすすめです。

お風呂上がりにタオルドライ後馴染ませて乾かすだけでサラッサラにらなり広がりがおさまります。サラサラになるだけでなくツヤも出るので若々しい髪質に見せてくれます。

香りは嫌味のない甘さのある香りです。オイル特有の重たさもなく使いやすいと感じました。見た目もコロンと可愛い形なのでちょっとしたプレゼントにもおすすめです。

<<Amazon>>

④ロクシタン ファイブハーブス リペアリングインテンシヴオイル

ロクシタンの新作です。5つのエッセンシャルオイルを配合、ボトルの中に本物のひまわりの花が入っていてSNS映えする飾っておきたくなるような可愛らしさです。タオルドライ後、ドライヤー前に使うだけでしっとりが続くと感じました。

見た目もロクシタンのロゴ入りでシンプルなパッケージなのでテンションが上がるアイテムです。かなりサラサラとしたオイルなのでオイルが苦手な人でもつけやすくかなり少量でまとまりが良くなるのでコスパもいいと感じました。

毛先の広がりがかなり気になっていたので使ってみたところ硬めの髪が柔らかくなり翌朝のスタイリングがかなり楽でした。

<<Amazon>>

なし。

⑤sign サインシステミックオイル

シアバター、米ぬかを配合、お肌や髪をしっとり保湿します。売っているところが多いので手に入りやすいことと、リーズナブルなこと、N.ポリッシュオイルととても使い心地が似ていることで、SNSなどでも人気のオイルです。

パッケージもシンプルで大人っぽくおしゃれです。香りは柑橘系で爽やかだと感じました。

重ためのオイルなので冬の乾燥がひどい時期にはとてもおすすめです。お風呂上がりのアウトバスオイルとして使うとしっとりサラサラに、毛束感やツヤを出すときのオイルとしても万能です。肩までの長さのワンレン外ハネのヘアスタイルなどに使うと毛先がまとまり束感が出ておしゃれに決まります。

<<Amazon>>

⑥モロッカンオイル モロッカンオイルトリートメント

こちらはもう定番中の定番ですね。アルガンオイルの火付け役的存在です。補修成分のプロテイン、オメガ3オイル、ビタミン類を配合しているオイルトリートです。

タオルドライした後とドライヤー後に馴染ませて使ってみたところかなり毛先が落ち着きました。しっとりするので乾燥して広がりやすい髪が落ち着きます。

ヘアアイロンで毛先が痛んで見た目がボサボサしていたのですが、これを使うとまとまりが良くなってスタイリングしやすくなると感じました。重ためのオイルなのでつけ過ぎるとペタンコになってしまうので1回の使用量はほんの少量で済みます。

ココナツの甘い香りがいい香りで使うたびに癒されています。ボトルの見た目もシンプルなのでおしゃれです。

<<Amazon>>

⑦ルシード エル オイルトリートメント #EXヘアオイル

美容成分を豊富に含み、保湿力が高く深海1万mの圧力と同等の圧力をかけて処理した超高圧処理アルガンオイル、高いツヤを与えるアビシニアンオイルを配合しています。

ヒートプロテクト処方とUVカット処方。サラサラの水っぽいオイルで軽いつけ心地なのでオイル初心者さんや柔らかい猫っ毛の人でも使いやすいと感じました。甘い香りですが嫌味な感じはなくいい香りです。

タオルドライ後に付けてドライヤーした後の仕上がりはサラッサラです。ドラッグストアで売っているので手にしやすくお値段もプチプラなのに使い心地はお値段以上だと感じました。

<<Amazon>>

⑧アヴェダ ブリリアント エモリエント セラム

米ぬかオイルが太く硬い、パサついたダメージ毛に潤いを与え、髪の広がりを抑えながら輝きを出してくれるオイルです。ボリュームダウンさせたい人にはとてもおすすめだと感じました。

少量で伸びがいいので内容量は少ないですが減りはそこまで早くありません。乾燥しやすい髪でパサつきが気になっていたので使ってみたところかなりサラサラになりボリュームもダウンしました。

しっとりサラサラになりますがオイル特有のベタつきがあまりないので季節問わずとても使いやすいと感じました。ブルーのボトルにホワイトの文字は海外のブランドらしい落ち着いた色でおしゃれです。

<<Amazon>>

以上、いかがでしたか?

ヘアオイルは髪に栄養を与えるだけではなくヘアアイロンなどの熱ダメージや乾燥、紫外線、冬の静電気などから守ってくれる効果もあります。ツヤがあってまとまりのいい髪は若々しく見える条件の一つです。ヘアオイルで手軽に冬の乾燥時期もしっとりサラサラツヤ髪を保ちましょう。

関連記事:

アンチエイジングは頭皮から!最新おすすめスカルプケアアイテム

プチプラなのに良い!40代50代におすすめ美容オイルランキング

髪がキシキシ!サラサラになるおすすめシャンプーランキング(コンディショナーやトリートメントも)

乾燥肌の女性におすすめ!潤いが人気のプチプラ美容オイルランキング