夏の日焼け後の顔には肌ダメージが!沈静ケア用化粧水がおすすめ7選

真夏に向けて気温もどんどん高くなり、紫外線も強烈になってきましたね。

海や山へ出かけたり、外でスポーツをする方はもちろんですが、普段の生活で外を数分歩くだけでも、すぐに日焼けをしてしまう方も多いのではないでしょうか。

日焼け止めを塗ったり、紫外線対策のできる帽子や服を着たりと、日焼けを防ぐための対策も大切です。しかしそれと同じくらい、紫外線を浴びた後のお肌のケアも、とても大切です。

今回は日焼け後の肌のケアや注意点、日焼けをした肌におすすめの化粧水についても紹介していきます。正しい肌のケアをマスターして、夏の肌ダメージを最小限に抑えましょう!

日焼けをすると肌はどうなる?

「紫外線は肌に良くない」と、ご存じの方は多いかと思います。では実際に、どんな影響をもたらすのでしょうか。

紫外線を浴び続けると、肌は間違いなく老化が進みます。

紫外線が肌に当たると、肌は紫外線から守るためにメラニンをつくり出します。それが日焼けとなり、通常は皮がむけたり、数か月するとターンオーバーと共に元の肌色に戻ります。

しかしメラニンがうまく排出されなかった部分は、シミとしてそこに残ったままとなってしまいます。メラニンを作り続けるという信号が出たままになるので、ターンオーバーをしても同じ場所にシミを作り続けるのです。

また、日焼けだけではなく、紫外線は肌の内側の真皮まで行き届き、コラーゲンを傷つけてしまいます。肌のハリや弾力を保つ働きをするコラーゲンが傷つくことで、たるみやシワの原因になってしまいます。

日焼け後の肌に必要なケア

日焼けをしたとき、肌が赤くなってヒリヒリする方も多いですよね。そのとき肌は軽いやけどのような状態になっています。

その状態で間違ったケアをしてしまうと、肌への負担をさらに大きくしてしまい、赤みやほてり、シミやシワなどの肌トラブルにもつながってしまいます。日焼け直後からのケアが、とても重要になります。

ここでは、日焼け後に必要な肌のケアを紹介していきます。

ほてりを鎮めることを最優先に

日焼けをして肌に赤みやほてりが出ている場合は、まずは鎮めるケアが必要です。

濡れタオルや、タオルに包んだ保冷剤で冷やして、ほてりをおさえてください。

タオルがぬるくなったり、乾いてきたらこまめに取り替えて冷ますことが大切です。ここできちんと肌を冷やすことができたら、日焼けの状態もずいぶん変わってくるはずです。

洗顔はとにかく優しく

洗顔をする際には、洗顔フォームをしっかりと泡立てて、たっぷりの泡で洗うようにしてください。

泡で顔を包むくらいで十分汚れは取れています。手でゴシゴシと擦ったり、熱いお湯で流すのはNGです。35~38度程のぬるま湯でやさしく洗い流すようにしましょう。

水分不足をケア

日焼けをした後は、とても乾燥をしやすい肌になっています。カサカサしたり、肌がいつもより硬く感じる方も多いのではないでしょうか。

ほてりを鎮めた後は、水分が不足した肌にたっぷりと水分を与えてください。化粧水を何度も繰り返しつける事や、精製水と化粧水を浸したコットンを使って、コットンパックなどもおすすめです。

このときつかう化粧水は、なるべく刺激の少ないものがおすすめです。

ハリや弾力を与えるようなエイジング用の化粧水などよりも、植物性の美容成分が入った、お肌を鎮めるような化粧水の方がおすすめです。

沈静用の化粧水でもピリつきを感じる場合は、その日はスキンケアを控えて、何も塗らなくてもいいでしょう。それでも肌がつっぱる場合は、化粧水を精製水や水道水で薄めてつかうと、ピリつきがマシになるはずです。

ほてりがある間は、乳液やクリームを控える

日焼けをした日は肌に熱がこもっている状態です。ほてりが完全に治まっていない間は、その上に乳液やクリームを塗ってしまうと、かえって熱を閉じ込めてしまう事になります。

日焼けをした当日や翌日は、化粧水のみのスキンケアでもいいでしょう。お風呂で湯船につかるのも、しばらくは控える方がおすすめです。

日焼け後のアイテム選びのワンポイント

では、日焼けの後はどのようなアイテムを使えばいいのでしょうか。

アイテムごとにポイントを紹介していきます。

クレンジング

なるべく摩擦の少ない、厚みのあるジェルタイプやミルクタイプなどがおすすめです。

フルーツ酸や乳酸などの、角質除去成分が配合されていないものの方が、肌への負担が少ないです。

洗顔

日焼けの後の洗顔フォームは、摩擦を軽減するために泡立つタイプがおすすめです。酵素洗顔などは角質を除去する働きもあるので、肌の保護をしたい日焼け後はしばらくは控えた方がいいです。

角質ケア

日焼け直後は、しばらくは控える方がおすすめです。

1週間程経ってから、赤みやほてりがおさまっていればまた使い始めても大丈夫です。

化粧水

エイジングタイプや美白タイプは、肌の活性化を手伝ってターンオーバーを促進するような働きがあるので、日焼けの直後は控える方がいいでしょう。

なるべくシンプル設計で、アロエベラやハトムギエキス、アラントインなど植物性エキスや沈静ができるような成分が配合されているものがおすすめです。

乳液、クリーム

肌に密着する乳液やクリームは、しばらくは控えた方がいいでしょう。その代わりに、オールインワンジェルなど、水溶性のものに切り替えるのがおすすめです。

おすすめの沈静ケア用化粧水7選

日焼け後の化粧水に大切なことは、

  • なるべく最小限の成分しか配合されていないことや
  • 低刺激である

ことです。

エイジングタイプや美白タイプの化粧水は、日焼けの直後は控えた方がいいでしょう。ここでは、なるべくシンプル設計の化粧水を、紹介していきます。

①nesnoのバランスセラム

  • 210mL

デリケートな肌にやさしく、うるおいを与えます。温泉に含まれる成分であるメタケイ酸・カルシウム・マグネシウムを独自のバランスで配合。さらっと水のような使い心地で肌を健やかに保ちます。

シンプルなデザインながら、かわいらしいですよね。

口コミ

「シンプルなボトルが気に入ってます!肌荒れがしやすい肌で、化粧水によっては合わないものもあります。。この化粧水は刺激が少なくて、肌にやさしく馴染みます。肌の奥まで浸透していく感じで、とても気に入っています。価格もリーズナブルなのに、安心して使えるので、常に置いておきたい化粧水です。」

<<Amazon>>

②無印良品の化粧水敏感肌用さっぱりタイプ

  • 400ml

とっても人気のシリーズなので、店舗やネットで見たことのある方も多いと思います。

しっとりタイプやエイジングタイプもありますが、おすすめはさっぱりタイプです。

スベリヒユエキス、グレープフルーツ種子エキスがデリケートな肌を保護。肌荒れの起こりやすい季節の変わり目にも、使いやすい化粧水です。普段のスキンケアに使うには、保湿力が少し物足りなく感じる方も多いと思いますが、日焼けの後には使いやすいでしょう。

リーズナブルで大容量なので、顔だけでなく手足などにもたっぷりと使えます。

口コミ

「周りにも使っている人が何人かいるので、気になって使い始めました!たくさん入っているので、たっぷり塗ったり何度も重ねて使えます。さっぱりタイプも使ったことがありますが、個人的にはしっとりタイプの方が気に入っています。

コットンにたっぷりひたして簡易的なパックにすると、すごく気持ちいいです。値段もリーズナブルだし、香りもあまりなくて使いやすいです。」

⇒ホームページ:化粧水敏感肌用さっぱりタイプ

<<Amazon>>

③ラロッシュポゼのトレリアンウルトラ8モイストバリアミスト

  • 100mL

皮膚科医でも広く取り扱われているラロッシュポゼ。敏感肌の方にも多く愛用されています。

ミスト状のスプレーボトルに入った、さっぱりと使える化粧水です。肌を沈静するアラントインを配合。気候や花粉などの影響を受けやすい肌にもおすすめです。

口コミ

「頻繁な手洗いやアルコール消毒で手が荒れてしまうので、手に塗るために購入しました。赤みやほてりがある肌にも使えて、治まるのが早いような気がします。薬だけだとパリパリに乾燥してしまうので、一緒に使うと調子が良いです。

スプレーで売っているので、広範囲にも使えます。背中や脚などにも、簡単に使えると思います。」

⇒ホームページ:トレリアンウルトラ8モイストバリアミスト

<<Amazon>>

④ラロッシュポゼのターマルウォーター

  • 150g

敏感肌用のミスト状化粧水です。先ほどのモイストバリアミストよりも、さらに刺激が少ないタイプです。

成分が水と窒素のみというシンプル設計で、フランスの湧き水を使用しています。身体のほてりをとりたいときや、他の化粧水を塗ってピリピリと感じるときにおすすめです。赤ちゃんにも使うことができますよ。

口コミ

「フランスの湧き水を使っていると知って、興味があって購入してみました。低刺激で、すごく細かい粒子のミストです。やさしく潤う感じがして、使っていてとても気持ちいいです。

ついつい何度も使っちゃいます。クリームだけを肌にたっぷり塗るとかえってムズムズしてしまう事があるので、このミストでしっかりと潤いを与えてからクリームを塗るようにしています。

仕事中に肌がパサパサに乾燥したときや、化粧直しにも使えます。日焼けした肌にも使えると思うので、私には手放せない万能化粧水です。」

⇒ホームページ:ターマルウォーター

<<Amazon>>

⑤アロエガーデンの化粧水

  • 100mL

しっとりタイプもありますが、こちらは比較的さっぱりとしたタイプです。

小林製薬がプロデュースの、水を一滴も使わない化粧水です。81%がアロエベラ液汁でできており、とろみはあるがべたつかないのが特徴です。ほんのり香るダマスクローズの香りも、心地いいですよ。

口コミ

「水を使わずに有効成分を使っているそうなので、少し価格が高くても納得しました。アロエベラの液を使っているからなのか、独特のとろみがあります。

肌の上に乗せると、じんわりと広がって馴染んでいきます。べたつきが嫌いな方でも使いやすいと思います!すっごくしっとりとしていて、肌を落ち着かせてくれるので、敏感肌の私でも安心して使えます。

同じシリーズでもっとしっとりしているタイプもあるようですが、こちらでも十分満足します。初めて使った商品ですが、これはリピートし続けたいと思います。」

⇒ホームページ:アロエガーデン

<<Amazon>>

⑥日本ゼトックのほまれ化粧水

  • 200mL

ほまれ酒造の日本酒をベースに60%配合した化粧水です。ボタンエキスや、マグワ根エキスが肌荒れを防ぎ、ダメージから肌を保護します。

ラベンダーの精油の香りがしっかりめについているので、リラックスを求める方にはおすすめです。さっぱりとしながら、繰り返し使うと肌にしっかりと水分を届けてくれる化粧水です。

口コミ

「他の方の口コミを参考にして購入。日本酒を使っていると知ったのもあり、少し気になったので試してみました。慣れない内は少し香りが気になりましたが、すぐに慣れました。

独特な香りなので苦手な方は少しだけ気になるかもしれません。さらっとしていて、成分もとてもシンプルなのに、肌が潤うのでとても信頼しています。」

⇒ホームページ:ほまれ化粧水

<<Amazon>>

⑦ETVOSのモイスチャライジングローション

  • 150ml

注目成分のホスホリルオリゴ糖CAやラベンダー花エキスを配合で、バリア機能を整え、水分を蓄えられる肌へ導きます。

乾燥によるトラブルや潤いのあるふっくらとした肌を求める方に。ヒアルロン酸やリピジュア、グリセリルグルコシドが肌表面の潤いをサポートします。

日焼け後の肌のほてりがおさまって、乾燥が気になりだした頃にたっぷりと使うのがおすすめです。

口コミ

「花粉の季節や、摩擦によってとても肌が敏感になりやすいです。普段から乾燥もしやすく、化粧品選びは自然と慎重になってしまいます。洗顔後は赤みが出る事が多いですが、これは素早く保湿してくれ、赤みやほてりの治まりがとてもはやいと感じました。

しばらく使い続けていると、少しずつ肌に水分が溜め込めるようになるのか、赤みが気にならなくなり、弾力が出てきます。赤みをメイクでカバーしなくても目立たなくなってきたので、とても驚きました。肌の触り心地もとても変わるので、引き続き使っていきたいと思っています。」

<<Amazon>>

ホームページでは以下のお試しセットを販売してお得です。

⇒ホームページ:モイスチャーライントライアルキット



以上、日焼け後のスキンケアについて紹介してきました。

日焼けをした後はとにかく保湿をしなきゃ!とクリームなどもたっぷり塗ってしまう方もいるかと思います。まずは肌をしっかりと冷やすことと、水分をこれでもか!とたっぷり与えることが大切です。

何より、日焼け後はスピード勝負なので、その日の内にしっかりとケアしてくださいね。

関連記事:

夏の汗や日焼け後の顔ケア対策が大事!おすすめアフターケアアイテム7選

子供や敏感肌にもおすすめ!人気の紫外線吸収剤不使用の日焼け止め9選

夏の荒れる唇や乾燥に日焼け止めUVカットリップクリームがおすすめ7選

Amazonで買える!初めての方に本気でおすすめの飲む日焼け止め6選

30代40代乾燥肌にもおすすめ!プチプラオーガニック日焼け止め7選

【プチプラ最高!デパコス最強】おすすめ日焼け止め

日焼け後のシミやくすみ対策におすすめ!美白美容液ランキング

日焼け後の肌にシートマスクケアが良い!おすすめフェイスパックランキング