夏の日焼け止めに本気でおすすめ!UVデイクリームや乳液ランキング2019

美容におすすめ♪

今は10年や20年前と違い、安い日焼け止めでも質が良く、塗り心地も効果も優れたものが多いです。日焼け止めに関しては結構恵まれていると言える時代です。そして結構どの日焼け止めも石鹸で落とせるものばかりです。大昔のようにベッタリ感がある白みがかるような、存在感たっぷりの落としにくい日焼け止めはあまり存在しないここ最近です。

しかしながら、千円以内で購入できるプチプラ日焼け止めに比べたら値段は高めではありながらも、使ってみたら値段関係なくリピートしたいと思う、いわば日焼け止めの中の「シャネル」のような日焼け止めを紹介します。

夏のスキンケアは乳液選びが大事!

朝起きたらまず、「洗顔」をして綺麗に洗っていると思います。夏は特に寝ている間に汗をかきやすく、起きたら顔全体がベタついて気持ち悪いなという経験をされた方も多いと思います。

暑い夏は、スキンケアをしっかりしないとすぐに肌トラブルの原因になります。紫外線対策はもちろんですが、洗顔をして汚れを落とし、化粧水や乳液でしっかり保湿してあげることがとても大切です。

今回は、そんな保湿ケアの中でも夏だからこそ取り入れたい「乳液な」の選び方についてご紹介したいと思います。

夏は、ベタが気になるからといって乳液を使わない方もいます。でも、夏こそ保湿ケアをしっかりしないとお肌は乾燥し、トラブルの原因になり兼ねません。日焼け止めクリームをしっかり塗るのと同じくらい大切な保湿ケア、是非マスターして夏でも綺麗なみずみずしいお肌を手に入れましょう。

乳液にも「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」の二つがあるのをご存知でしょうか。

今、お使いの乳液がどちらのタイプになるか確認してみてください。もしかしたら、お肌に合っていない乳液を使っているとどんなに保湿ケアをしても肌トラブルを招きやすくなります。ちなみに乾燥肌の方には、しっとりタイプがおすすめですし、ベタつきが気になる方にはさっぱりタイプの乳液がおすすめです。

お肌の状態に合わせて乳液選びにも気を遣いましょう。どちらがお肌に合っているかわかったら、後は洗顔をした後に化粧水→美容液→乳液の順番に塗っていきます。

夏でも保湿ケアが大切な理由は、夏は日差しが強くお肌が乾燥しやすいためです。特に汗をかいて皮脂分泌も過剰に行われやすいこの時期は、保湿ケアを行わないと大変なことになってしまいます。

洗顔では、お肌に必要な皮脂膜まで洗い流してしまうことがあるので、化粧水と美容液でお肌に潤いを与えたら、乳液の油膜でしっかり蓋をしてあげます。こうすることで、お肌の水分が逃げないようになるので肌の潤いが持続しやすくなります。汗をかいたらタオルで小まめにふき取ることも、毛穴を綺麗に保つためには欠かせません。皮脂汚れが溜ってしまうと、毛穴をふさいでしまうのでできるだけ小まめにケアすることが大切です。

ベタつきが気になる方は、乳液選びを少し変えるだけでさっぱりとしたお肌を保つことができます。汗をかきやすくベタつきやすい夏だからこそ、さっぱりタイプやお肌に合ったスキンケア用品を選んでケアしてあげましょう。これで、暑い夏でもみずみずしく美しいお肌を手に入れることができます。

また、どうしてもベタつく場合は、化粧水や美容液がしっかりお肌の奥深くまで浸透するように少し時間をおいてあげるといいですね。もしかしたら、乳液を付けるタイミングが早すぎるのかもしれません。化粧水と美容液を塗ったら、数分おくことが大切です。そうすることで、お肌の奥までしっかり浸透し、乳液の油分でまくを張ることができるのでおすすめです。

乾燥しやすい夏こそ保湿ケアをしっかりして、美しいお肌を保てるように工夫していきましょう。また紫外線対策をすることで、シミやくすみを防ぐことができます。まずは焼かない工夫をしっかりして美しく健やかなお肌を手に入れましょう。

おすすめUVクリームとクリームランキング

第3位 ソフィーナボーテの高保湿UV乳液しっとり

紫外線を浴び続けていると、シミ、シワ、たるみなど肌老化を加速させてしまうので、美肌を維持するためには毎日の紫外線対策が大切です。でも、日焼け止めを塗ると肌がカサカサしたり、キシキシすることがありませんか。

潤いを保ちながら紫外線カットしたい方におすすめが「ソフィーナボーテの高保湿UV乳液しっとり(SPF50+/PA++++)」です。紫外線をカットしながら、エアコンなどによる日中の乾燥を防いで、しっとり潤い肌を保ちます。

3つのおすすめポイント

①セラミドケアで潤い続く肌に

肌の潤いを保っている成分がセラミドです。セラミドがたっぷりと存在している肌は、乾燥にも負けにくくなります。高保湿UV乳液は、保湿成分のセラミドを配合。セラミドの働きをサポートして、エアコンや紫外線による乾燥から肌を守ります。セラミドがきちんと働いていれば、日中はしっとり潤った肌に。

②月下香培養エッセンスα

月下香はチューベローズ、オランダ水仙とも呼ばれる、純白の花を咲かせる植物です。インドの伝統医学アーユルヴェーダで用いられるだけでなく、現在では薬効が研究されています。

高保湿UV乳液は、月下香の花びらを過酷な環境で3年間培養したエッセンスを配合。月下香を培養したエッセンスには、肌のカサツキを抑えたり、乾燥や摩擦などの外部刺激から肌を守る力が期待されています。

③紫外線をカット

シミの原因になるUV-B、シミやたるみを作る原因になるUV-Aをカット。SPF50+・PA++++と国内最高基準です。

使い方

朝のスキンケアで、スキンケアの最後に使用をします。手のひらに直径1.3cmほどを取り出し、顔全体に広げます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 3本目を使っています。これを塗っているからなのか夏でも日焼けしません。冬でも使えます。SPF50+でありながらも白浮きすることがなく、メイクの邪魔をしません。日焼け止めのように乾燥することがなく、うるうるが続きます。
  • 超敏感肌で肌が赤くなることがあり、肌の調子が悪くて気分が沈んでいました。よさそうと思う成分はいろいろ試したのですがダメです。そんなとき、ソフィーナボーテに出会いました。1か月ほど使っていたら肌の状態がだいぶ落ち着いてきました。他のものに変えると肌不調がでるのでストックしています。
  • 最初使ったときには化粧崩れしてしまったのですが、化粧水を変えたら化粧崩れしにくくなりました。メイクのもちがよいし、ほどよくしっとりします。べたつくことはないし、臭いも気にならないので、一日中快適です。メイクオフしてから肌疲れを感じることはありません。使い心地はよく、紫外線が気になる季節には頼もしいです。

シミやシワなどの肌老化を防ぐためには、紫外線対策をしっかりする必要があります。でも、日焼け止めを塗ると肌の乾燥が気になります。

ソフィーナボーテの高保湿UV乳液しっとりは、紫外線をカットしながらも潤いを保つ朝用乳液です。セラミドケア成分と月下香培養エッセンスαが潤いの続く肌をサポートします。潤いを保ちながらしっかりと紫外線対策をして、シミ、シワ、たるみなどの肌老化を防ぎたいですね。

<<Amazon>>

第2位 アネッサのパーフェクトUVスキンケアミルク

素肌感覚で過ごしたいけど絶対焼きたくない女性におすすめです。

付け心地がサラサラで石鹸で落とすことができる上、SPFもPAも最高のもので汗や水に強くウォータープルーフ、とにかく焼きたくない人のための理想的な日焼け止めがアネッサのパーフェクトUVスキンケアミルクです。

資生堂から出ている「アネッサのパーフェクトUVスキンケアミルクSPF50+/PA++++ 」には普段の外出や炎天下の下での活動、また海やプールなどのレジャー用にも適しており、強い日差しからしっかりと肌をガードしてくれる日焼け止めです。

まず、日焼け止めが原因となりがちな肌の乾燥を防ぐために保湿成分は数多く配合されています。スーパーヒアルロン酸、マリンコラーゲン、アロエエキス、グリセリンの他、緑茶エキスなどを含む多数の美容成分が入っています。スキンケアの役割も果たしてくれるわけです。

そしてアネッサ特有の「アクアブースターEX技術」で、汗や水が肌に触れると日焼け止めのUVブロック膜が強くなるといった性質がこの日焼け止めにはあるのです。砂が付きにくい性質のものなのでビーチなどには持って来いの日焼け止めですし、香りに関してはシトラスソープの香りが少しするぐらいで、日焼け止め臭さがありません。

そしてもちろんSPF50+/PA++++といった最高のプロテクションです。アネッサを顔や身体に使うことにより、肌の保湿を行いながらも紫外線による肌へのダメージを防ぐことができ、塗った後には塗っていることを忘れることができるぐらいのサラサラ感覚を堪能できます。そして石鹸やボディソープで落とすことができるので、落とすときにも肌に負担はかかりません。贅沢な要素ばかりが揃っている最高の日焼け止めです。

資生堂から出ているこの「アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+/PA++++」はとても人気で有名であるため、どのドラッグストアやスーパーでも店頭に並んでいます。また、アマゾンなどの通販サイトで購入することもできます。基本的にはあまりセールの対象にならない商品なのでどこで買っても値段は同じである場合がほとんどです。参考のため現在アマゾンで購入した場合、値段は送料と税金込みで2678円です。60ML入りのものの値段です。千円以内の優秀な日焼け止めが目立つ今の時代でも、値段関係なくリピートしたくなるぐらいの性質のものです。

使い方は至って簡単で、一般的な日焼け止めと同じです。顔に塗る場合はスキンケアが全て終わった後の最後のステップとして塗ります。二層タイプなので使用前にはしっかりと振ってから手に取ります。両手に適量日焼け止めをとり顔に丁寧に塗り込みます。身体の広い範囲に塗る場合は直接肌に絞り出してOKです。

落とすときは石鹸やボディソープをしっかり泡立てて、何も付けていないよりは気分的にやや丁寧めに洗うと良いです。

アラサー筆者である私ですが、元々化粧品や日焼け止めに関してはプチプラ派なので日焼け止めも千円以内のものを使う場合が多いです。しかしながら毎年アネッサにもお世話になっています。やはり塗り心地が違うので夏には必ず買います。私の場合はアネッサを使う日を選んで使っているのですが、最も多いパターンが夏の暑い日に薄い上着を羽織るとき、そういったときに腕に塗ります。薄い上着で日差しを通すようなものだと日焼けが不安なので日焼け止めを塗るのですが、服と肌が触れたときのぺったりした感じを避けるためにアネッサのサラサラ感に頼っています。一方、短パンなどを履いていて膝下を全部露出している場合、膝下にはプチプラの日焼け止めを塗る場合が多いです。こういった使い分けをしているのです。お蔭様でアネッサを塗った部分は焼けることなく、また塗っている間も塗ったことを意識することなく快適に過ごすことができています。

一年中毎日普段使い用に買うのには少し勿体なかったり高かったりするかもしれませんが、限られた季節や限られた状況や限られた部位を選んで塗ったりする分には、一本買うだけでも大分使えるものです。是非快適で贅沢な塗り心地の強力な日焼け止めを堪能したい方は一度で良いのでアネッサを試してみることが非常にお勧めです。

<<Amazon>>

第1位 アルビオンのインテンシブデイクリーム

私は独身で社会人だったころ百貨店カウンターでのお買い物が大好きでした。欲しいものがあるわけでもないのに通い「何かいいもの」「新作はないか」とウロウロしていました。

自分のお給料の中から好きにお金が使え、職場の同僚や同世代の友達から「その色いいね」と変化を気づいてもらえるのでメイク用品にお金をかけていました。

いまは30代後半にさしかかり、カラーメイクを盛るのも流行りではなくなり、子供が産まれると必要最低限の化粧しかしなくなりました。

勝負にでることができるとすれば「肌」だと感じました。きちんと保湿をして油分で蓋をする、UV対策をして美白する、本来の基礎である部分の差が出てくるのが30代、40代だと思います。

子育て世代は特に、毎日公園に通ったり日中に外出することが多くなります。公園は日陰が少なく日光を遮るものが少ないので、きちんとUV対策をしなければすぐに日焼けしてしまいます。

昨年夏はUV対策を怠り日焼けしてしまい、ファンデーションの色をワントーン落としました。

UVケアというとまず頭に浮かぶのが「日焼け止め」だと思います。

私は日焼け止めが大嫌いで、白くなる、ムラになる、塗り直しが面倒、落とすのが面倒、肌が荒れる、と10年ほど前の日焼け止めで痛い目を見てから積極的にはつけていませんでした。

昨今の日焼け止めはドラッグストアで売っている1000円ほどの日焼け止めでも高品質になり、機能も使いやすさも格段にあがりました。白くならず、ジェル状、スプレー状と使い勝手が良くなっています。そしてデパコス系化粧品ブランドでもたくさんの日焼け止めが販売されるようになりました。

今回私がオススメしたいのが2月に発売された「アルビオンのインテンシブデイクリーム」です。

アルビオンは乳液で有名なブランドですが、化粧水、クリームと銘品がたくさん発売されています。そんなアルビオンのクリーム兼、日焼け止め兼、メイクアップベース機能があると聞けば、多機能なのに肌に優しそうと飛びついてしまいました。

朝の洗顔後に保湿をしてこちらで「クリーム、メイク下地」を使います。とても濃密ですが伸びがいいので首元まで使います。

「SPF50+ PA ++++」ある最強クラスの日焼け止めですが、トリートメントクリームとしての機能もあるのでもっちりお肌をカバーしてくれます。

日焼け止めを使うと肌が乾燥しがちですがこちらのインテンシブデイクリームは内側からふっくらとハリがでます。朝からクリームとしても重すぎず、毛穴落ちもしないのでメイクのりがとても良いです。

お値段は1万円とお高めですが、アルビオンのクリームと日焼け止めとメイクアップ下地を兼ねているので一本一本を買うよりもお得感が強いです。

私は基礎化粧品がアルビオンなのでこちらの一本をオススメしましたが、他の化粧品メーカーからも多機能日焼け止めが多数発売されています。日焼け止めが苦手という声はよく聞きますが、化粧品メーカーのものであれば肌に合いやすく取り入れやすいのではないのでしょうか。

日焼け止めは夏だけでなく、一年中塗るべきです。3月ごろから強くなる紫外線にむけて各社からたくさん日焼け止めが出ていますので一度タッチアップされてみてはいかがでしょうか。

<<Amazon>>

関連記事:

日焼けによるシミやニキビにも効果ある!?メラノCC美容液の口コミ

肌の老化に影響が!ブルーライトカット効果のあるコスメ特集(ファンデーション,化粧下地,日焼け止め,パウダー)

敏感肌,乾燥肌,オイリー肌にもおすすめ!ジェル状日焼け止めの効果とブランド

【日焼け止め効果のあるUVカット化粧下地】今年おすすめプチプラランキング

今年人気でおすすめ新作夏コスメはこれ!デパコスもプチプラも

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック