夏の毛穴汚れに本気でおすすめ!市販でも買えるプチプラ洗顔料8選

夏になると気になるのが毛穴の汚れ。触るとザラザラ、黒ずんでファンデーションも映えない。肌全体のトーンが暗く見える。

肌の毛穴の黒ずみや角栓などの汚れの原因は、皮脂や残ったファンデーションなどの汚れが固まった「タンパク質」です。

夏は汗や皮脂が多くなるので落としきれなかったものが日々蓄積されて肌のザラツキや目に見えて詰まった状態へと導いてしまいます。四季の中で日焼け止めや落ちにくい下地をプラスする夏はメイクの汚れもなかなか落ちきらないものです。

優しく洗いながらもしっかりと汚れは落としたいですよね。ファンデーションや下地を季節によって変えるように洗顔料も変えてみるのがおすすめです。

しかし、ただ単に洗浄力が強ければいいというわけでもありません。さっぱりしたいからと男性用の洗顔料を使う人もいますが、洗いすぎは乾燥が進みバリア機能を壊して余計に毛穴を開かせてしまいます。

毛穴の汚れにはクレイ成分や、毛穴に特化した洗顔料を使うのが美肌への近道です。潤いを残しながらしっかり毛穴の汚れは吸着して洗い流してくれる毛穴に効く洗顔料を使い方とともに見ていきましょう。メイクのノリ、肌の硬さやざらつき、くすみなどに変化が出ます。

毛穴の汚れは負のスパイラルへの入り口

肌に残った汚れと皮脂は、空気に触れてどんどん活性酸素が発生して酸化していきます。

それは肌への刺激となりシミやニキビ、毛穴の開きや黒ずみなどあらゆる肌トラブルの原因となります。

それに加えて乾燥がすすむと「皮脂をどんどん出しなさい」と肌に指令が行き、毛穴はさらに開きます。

また、この時期は紫外線によってメラニンが増えるため詰まりがなくても毛穴が黒く見える場合があります。毎日きちんと洗顔をして、肌が正常にターンオーバーしやすい状況にしてあげる事で余分なメラニンも排出しやすくなります。

時には毛穴の黒ずみや詰まりだけではなく、酸化した皮脂による刺激で毛穴の周りが赤くなってコンシーラーでも隠れないという状態になることもあります。そうなると悪循環のはじまりです。

10代20代は皮脂が活発に出ます、代謝もいいので夏は汗も沢山かきます。しかし活性酸素を分解する力が強いのでその時の回復は早いですが、数年先にはその代償が出やすくなります。

一方30代40代は乾燥による皮脂の増加、そこに毛穴のたるみもプラスされて毛穴が詰まりやすい状態になります。代謝も20代に比べて悪くなるので、活性酸素を分解する力が弱まって悩みがどんどん深刻になっていきます。

このことからどの年代も、肌の汚れや余分な皮脂をきれいに洗ってあげることは美肌への近道と言うことがわかりますね。

『まずは1ヶ月頑張ってみましょう!』

適切な洗顔をしてしっかり保湿することで毛穴の汚れがきれいになり保湿された肌で毛穴がふっくら持ち上がりキメの整った肌へと導くことができます。

洗顔料の使い方

あまりにも黒ずみや角栓が気になる場合は洗顔前にホットタオルで顔を覆い、汚れ自体を柔らかくしてから洗顔すると汚れが落ちやすくなります。

STEP①:はじめに手をハンドソープで洗って汚れを落としておきます。

ハンドクリームなどの油分で泡立ちにくいばかりか、洗顔料が手の汚れを先に吸着してしまうため効果が半減してしまいます。

STEP②:適量を手にとります。

泡立てるタイプは水を含ませてしっかりと泡立てていきましょう。

泡立てないタイプは肌の摩擦を起こさないためにもケチらず規定の容量はしっかりと使うようにしましょう。

STEP③:皮脂の多いTゾーンから洗顔料を乗せていきます。

くるくると円を描くように、力が入りすぎてしまう人は力が入りにくい中指と薬指を使うと優しく洗うことができます。

STEP④:小鼻の周りや眉間は念入りに。

鼻の下、口の周り、下唇の下のくぼみは皮脂や汚れが溜まりやすいのに洗い忘れしやすい場所ですからしっかりと洗っていきましょう。

STEP⑤:小刻みに動かして泡でかき出すイメージで。

頬やおでこ全体は乾燥しやすい場所ですから洗いすぎに注意が必要です。

ピンポン球を転がすようなイメージでサッと撫で洗いするだけでOKです。こめかみも忘れずに!

STEP⑥:最後に最も忘れやすいフェイスライン。

首と顎の境目の骨の部分をなぞるように耳の後ろ、エラ、顎の下までくまなく撫で洗いしましょう。

STEP7.36度程度の人肌程度のぬるま湯でしっかり洗い流します。

シャワーを直接あてることは絶対にやめましょう。たるみ毛穴の原因になります。

STEP⑧:洗い終わり。

洗い終わったらタオルで優しくポンポンとおさえるように水分を拭き取ります。

すぐに化粧水や美容液を付けることで乾燥を防ぎふっくらと毛穴も持ち上がって目立ちにくくなります。

最後に4つのポイント

①洗いすぎはNG!

洗いすぎは余計な皮脂を取りすぎてしまい肌が過剰に皮脂を出してしまいます。

余計に毛穴が開いてしまう原因となるので気を付けましょう。

②泡立てはしっかり、泡立てないタイプはケチらず容量を守りましょう。

泡によって洗顔時の摩擦を減らし、汚れも浮かせて落とすことができます。優しい泡を転がして汚れを巻き込んでいくイメージで洗うのが正解です。

トレンドの泡立てないタイプの場合は、肌への摩擦を避けるため使う量をケチらないことが大切です。指がスルスルとすべるように適量を使いましょう。

③お湯はぬるま湯で。

人肌程度の36度くらいのお湯で洗い流すのがおすすめです。

水では皮脂が落ちきらず、暑すぎるお湯では皮脂を流しすぎてしまいます。

④顎の下までしっかりすすいで。

顎の下や耳の横、おでこの生え際などはすすぎ残しが多くニキビなどのトラブルを招く原因になりますからしっかりとフェイスラインや顎の下まですすいでください。

毛穴汚れにおすすめ洗顔料8選

①ビーグレンのクレイウォッシュ

天然クレイで汚れだけを吸着する力を持つモンモリロナイトを配合した泡立てない洗顔料です。

洗顔料に4000円かぁと悩みましたが、最近使っている人が多いので気になって買ってみました。

泡立てなくていいのがとにかく楽!テクスチャーはジェルっぽくて肌に乗せると気持ちがいいです。乾燥肌なので心配でしたが、洗い上がりに乾燥する事もなく刺激もありません。

気になる鼻の毛穴汚れが一度で結構スッキリしたので汚れ吸着の効果が実感できました。洗い上がりはツルツルスベスベになるので病みつきになります。

敏感肌だけれどニキビや汚れをしっかり落としたい人にも使いやすいと感じました。

⇒ホームページ:クレイウォッシュ

<<Amazon>>

②ビオレのおうちdeエステ肌をなめらかにするマッサージ洗顔ジェル

泡立たないジェル状の洗顔料です。

毛穴の黒ずみの原因である角栓を分解して落とす角栓クリア処方。ドラッグストアで気軽に買えて効果が高いと人気のビオレの洗顔料です。

肌がザラつくなぁと感じた時に使うとツルツルになります。かなりスッキリした感覚がありますが、乾燥しないのは驚きでした。

乾燥性敏感肌なので恐る恐る使ったのですが、全く刺激もなくトラブルも出ませんでした。高いものだとなかなか続けられないので、肌がザラついた時や、メイクのノリが悪いなと言う時にはこちらをよく使っていますがメイクのノリも良くなると感じました。

⇒ホームページ:肌をなめらかにするマッサージ洗顔ジェル

<<Amazon>>

③ファンケルのディープクリア洗顔パウダー

酵素の力で汚れのもととなるタンパク質を分解する洗顔料です。

お値段もそこまで高くなく手にしやすい価格なので、週末のケアに使っています。1個づつ個包装されているので衛生的ですし量なども考えなくていいので楽です。

泡立てるとモコモコ濃密な泡が簡単にできました。泡がすぐにヘタれることもなく気持ちよく洗顔できます。

クレイや炭が配合されているのでグレーがかった色をしています。酵素洗顔は乾燥しそうな気がしていたので躊躇していましたが、使ってびっくり、綺麗に落ちるのに乾燥しません。

一度の使用で肌のゴワゴワ、毛穴のザラザラが綺麗に取れてツルツルになりました。

洗い流す時にもヌルヌルせずにサッと泡切れがよくスッキリします。汚れが綺麗に取れているので、化粧水の浸透も良くなると感じました。肌トーンも上がってファンデーションのフィット感もよくなります。

⇒ホームページ:ディープクリア洗顔パウダー

<<Amazon>>

④ナイアードのガスール

水に溶いてパックするだけで簡単に汚れが落ちる石鹸のように使える天然の泥です。

もうかれこれ10年以上はお世話になっているガスール、ニキビや毛穴汚れが気になった時には必ず使いますが期待を裏切りません。

顔だけではなく身体や髪の毛にも使えます。

泥100%なので、チョコレートのような茶色に戸惑いますが、ニキビがある時にはちょっと固めに溶かしてパックしてみたり、毛穴汚れやゴワツキが気になる時にはとろとろに緩くして洗顔料のようにして顔を洗ってみたりと気分によって使い方を変えたりすると飽きずに使えるのもいいところです。

とにかく乾燥しないのに毛穴スベスベツルツル!ニキビが出来た時にこんもり覆ってパックすると治りが早くなると感じました。

少しの量で水に溶かしてシャバシャバにして使ってもかなり毛穴が綺麗になるのでコスパも最高です。乾燥肌ですが、トラブルも無し、突っ張りも無しです。

⇒ホームページ:ガスール

<<Amazon>>

⑤スイサイのスイサイビューティクリアパウダーウォッシュN

リニューアルして発売されたばかりの新製品です。

角栓のもととなる古いタンパク質と過剰な皮脂を取り除く成分や保湿成分をリニューアルしてパワーアップした酵素洗顔料です。

小包装なので清潔に使えます。みっちりと密度のある泡ではなくフワフワした軽~い泡ができると感じました。

乾燥肌なので、酵素洗顔だと乾燥することが多いのですが、そんなことはなく洗い上がりはツルツルですが突っ張りはありません。

アミノ酸配合の優しい酵素洗顔料なので、敏感肌の人にも使いやすいマイルドさだと感じました。

⇒ホームページ:スイサイビューティクリアパウダーウォッシュN

<<Amazon>>

⑥ペリカン石鹸の泥炭石洗顔石鹸

多孔質の粘土成分と炭を配合した洗顔石鹸です。非常にコスパが良い石鹸です。

大人のニキビに悩んだ時期にはかなり助けられたので、いざと言う時には必ず使いたくなる石鹸です。

大きくて真っ黒なバータイプの固形石鹸なのですが、泡立ちがとてもよくモチモチの泡ができます。泡の中にも粒々と黒い物が見えるのでいかにも効きそうな見た目です。

洗い上がりはかなりさっぱりで、オイリー肌の人にもおすすめです。化粧水の吸い込みが良くなると感じました。洗い上がりはトーンアップして顔が白くなりくすみが抜けます。

ヒノキ風呂に入っているかのような香りが私は好きです。

⇒ホームページ:泥炭石洗顔石鹸

<<Amazon>>

⑦エリクシールのエリクシールルフレバランシングバブル

ジェルが泡に変化して毛穴の汚れに密着する密着クレンジング処方の洗顔料です。

まつエク対応、メイク落としとしても使える便利なタイプ。ジェルを肌に滑らせるとモコモコと勝手に泡立つので疲れている日も、忙しい朝も時短になるのでとても便利です。洗い上がりはさっぱりしますが、乾燥肌に使っても突っ張りなく使えました。

硬めでヘタらない泡だと感じました。使い終わった後はスベスベなので毛穴の汚れが取れている感覚があります。

トーンアップ効果も感じられたので、これで朝洗顔してからメイクをするのもおすすめです。

⇒ホームページ:エリクシールルフレバランシングバブル

<<Amazon>>

⑧ルナソルのスムージングジェルウォッシュ

肌を暗く見せる毛穴汚れや古い角質によるくすみに積極的にアプローチするジェルタイプの洗顔料です。

泡立て不要なのがとても楽です。毛穴詰まりを感じて肌がザラついているなぁと感じた時に使うとツルツルになります。

敏感肌の為、こちらは洗浄力が強いので毎日ではなく肌がゴワゴワしてきたなと感じた時に使ったり、鼻周りや顎だけ使ったりと念のために臨機応変に使っていますが肌の調子がかなりよくなると感じました。

肌のくすみも抜けて、ワントーン明るくなり化粧水の染み込み方も違ってきます。

⇒ホームページ:スムージングジェルウォッシュ

<<Amazon>>

以上、いかがでしたか?

いくら高いファンデーションを使っても土台を整えておかないとメイクは綺麗に乗ってはくれません。日々の洗顔が美肌への一歩です。毛穴に特化した洗顔料でスベスベつるんとクリアな肌を目指しましょう。

関連記事:

毛穴汚れを落とす!つるつる肌の顔におすすめ洗顔料とクレンジング7選

【20代の毛穴の悩みに本気でおすすめ】人気の洗顔パウダー5選

朝の顔のむくみ、小鼻の毛穴、くすみを抑える方法とおすすめ洗顔料,化粧水,美容液

30代後半40代の夏の毛穴に一番おすすめ!スキンケア(洗顔,化粧水,保湿ジェル)

毛穴の角質におすすめ!プチプラの泡立ち洗顔・泡洗顔料ランキング

毛穴の黒ずみは洗顔からケアしよう!プチプラおすすめ洗顔ランキング

夏に目立つ毛穴の開きザラつき対策におすすめ!プチプラ洗顔料8選

毛穴の黒ずみや角質に効果抜群!人気でおすすめのスクラブ洗顔ランキング