夏の汗や日焼け後の顔ケア対策が大事!おすすめアフターケアアイテム7選

蒸し暑い夏、汗をかいて、いつの間にか日焼け止めが取れてしまったけど、忙しくて塗り直しができないことってありませんか?

紫外線対策をしていたのに、ついうっかり日焼けした時は、「すぐに正しいケア」をすることが大切です。

このひと手間を惜しむと、日焼けだけでは済まずに深刻な肌トラブルを引き起こすことになってしまいます。

また、日焼けと同様、夏の汗も、かいたら即ケアしないとベタつき・ニキビ・肌荒れ・乾燥などなど、メイク崩れだけに済まず、いろいろと悪影響を及ぼします。

特に紫外線は5~8月にピークを迎え、最も高温で、紫外線量も多いです。今回は、知っておきたい日焼け対策と汗の対処法、特にアフターケアについてご紹介していきます。

美肌で秋を迎えるためにも、夏の日焼け&汗のケアアイテムも要チェックですよ。

日焼けは、どうして美肌の敵なの?

◇日焼けはコラーゲンを破壊する

まず、紫外線にはコラーゲンやエラスチンを壊す働きがあります。

コラーゲンやエラスチンを失うと肌は弾力が低下してしまい、重力をはじき返すことができません。これが原因で、たるみやシワが増えてしまいます。

◇日焼けで新陳代謝が正常でなくなる

紫外線によってダメージを受けた肌は、新陳代謝が悪くなります。

それにより肌の回復を促すターンオーバーが正常に行われなくなるため、メラニン色素が肌の深くに残って、それがシミの原因となってしまいます。

◇日焼けすると肌はやけど状態に

紫外線を浴びて日焼けすると、肌の水分が奪われてしまいます。つまり肌は脱水状態のようになって、潤いはもちろん、弾力やハリが失われていきます。

そんな状態のまま、連日さらに紫外線を受ければ、ほとんどの水分は奪われ、肌は火傷状態に・・・。炎症の症状が出てくることもあります。

紫外線を浴びてしまった時の対策は、すぐ冷やす&保湿!

ではここから日焼けをしてしまったら、可能な限りすぐ行なってほしい対策についてご紹介します。

①まずは冷やすこと

日焼けした肌は熱を持ってほてっています。日焼けは、いってみれば、軽い火傷です。

そのためまずは、冷やす!

これがポイントです。清潔なハンカチやハンドタオルを余分に持っていき、外出先であっても、時間を置かずにすぐに濡らして、優しく汗を拭き取りましょう。

②ほてりが収まったら、たっぷり水分を

肌のほてりが収まってきたら次に重要なのが保湿です。やさしく肌に染みこませていくイメージで、化粧水をたっぷりつけましょう。強くこすらないように注意してください。

手のひらに化粧水を取り、肌を押さえていくようにすると良いですよ。日焼け後の肌はとても敏感になっていますので、丁寧に優しくが大切です。

③ダブル洗顔がおすすめ

家に帰ってきたら、日焼け止めやメイクをした肌のお手入れには、クレンジングと洗顔フォームのダブル洗顔がおすすめです。

クレンジングで日焼け止めやメイクを落とし、洗顔フォームで古い角質を取り除きます。汚れをしっかり落とすと、その後の化粧水や美容液がしっかり吸収されますよ。

④さらに美白ケアをプラス

日焼けしてしまった後のケアは、保湿をたっぷりした後で美白効果のある美容液をプラス!

せっかくの保湿を朝までキープできるよう、基本のお手入れに加えて、美白美容液をプラスするのがおすすめです。

汗は、どうして美肌の敵なの?

◇必要以上の汗は肌を傷つける

汗をかいて、そのままにしておくと、肌は水分を吸収してふやけた状態になります。

例えると、ちょうどお風呂に長湯した際の手の指のように、しわっぽい感じです。こうして柔らかくなりすぎてしまった肌の角質層は、デリケートで傷つきやすくなるのです。

手でこすったり、掻いたりすることでさえも、肌が傷つき肌荒れを起こりやすくなってきます。

◇汗と一緒に水分も蒸発

汗が蒸発するときには、肌の水分も一緒に奪っていきます。

水分が蒸発して肌の内側は、乾燥状態に・・・。こうなると肌は水分の蒸発をストップさせるために、皮脂分泌が活発になり、ベタつきやすい肌になります。大人ニキビや吹き出物、あせもができやすくなってしまうのです。

◇汗とメイクが混じった汚れが肌荒れに

汗をかいてそのままにしておくと、ファンデーションの保湿成分や油脂とくっついて、メイクが崩れやすくなってしまいます。

その汚れが、毛穴をふさいで肌のザラつき・毛穴の開き・黒ずみを引き起こし、肌荒れの原因にもつながります。

汗をかいてしまった時の対策は、すぐ拭いて洗い流し&保湿

①こまめにふき取る

汗に含まれる成分には、塩分やアンモニアがありますから、汗をかいたままにしておくと肌荒れが悪化してしまいます。

普段から吸水性にすぐれたハンドタオルやハンカチなどを持ち歩き、汗をかいたら、こまめに拭き取ることができるように。優しくそっと吸い取るようにしてください。

1日の最後には、必ず入浴やシャワーで汗を洗い流して、肌を清潔に保ちましょう。

②触らない、かかない

汗で荒れた肌は炎症を起こしているので、かゆみをともないます。つい我慢できずに掻いてしまいがちですが、皮膚はかくと、ますますかゆみが強くなってしまいます。

かゆみがあるときは触らずに、冷やしたり、あせも薬を塗ったりしてかゆみを抑えるようにしましょう。

③外出中でも保湿を

汗が蒸発した後は、肌の水分も一緒に蒸発しています。こうして乾燥した肌は紫外線があたると、一気に日焼けをし、しみの原因にも・・・。汗をかいたら肌への水分補給もこまめに行いたいですね。

外出中は、やわらかいティッシュで汗のかいた部分を押さえるだけで、肌に負担をかけず汗がとれます。そのため、その後で化粧水をコットンに染み込ませ、肌に与えてください。

④油分のベールで汗をバリア

健康な肌は天然の皮脂膜を持っていて、そのおかげで汗がたまらず、流れてくれます。

でも、汗をかいたままにすると、肌は天然の皮脂膜を作れなくなるので、汗がたまりやすくなってしまいます。

汗をかいたときは、失われた皮脂膜を補う必要があるので、クリームなどで油分を与えて汗から肌をガードしましょう。

夏の汗と日焼け後におすすめのアフターケアアイテム7選

日焼け対策は大丈夫!と思っていても、ついうっかり・・・はよくあること。

日焼けをしてしまったら、とにかく早めのアフターケアでしたね。そこでこれから日焼けした肌や汗をかいた肌をケアするお助けアフターケアアイテムをご紹介してみます。

気軽に買える保湿アイテムから、クールダウンに特化してほてりに対応してくれるもの、さらに昔からあるロングセラー商品まで、日焼け止めとあわせて持ち歩けば役に立ってくれますよ。

①コパトーンのジェル化粧水

  • 商品名:アフターサンオイルフリージェル
  • 容量:130ml
  • 価格:1,100円

日焼けによる肌のほてりを鎮めるジェル状の化粧水です。

メントールの清涼感が、肌をクールダウン。保湿成分としてアロエエキスを配合し、紫外線による乾燥しやすい肌をしっとりとうるおします。

塗るととにかく、ヒリヒリする感覚がなくなるので、汗をかいた時にも、これを使えばかかなくてすみますよ。

日焼けで乾燥している肌に水分がしっかり入っていき、べとつかないのでとても好評です。アロエとメントールは夏のアイテムにぴったり、野外レジャースポーツにも必須アイテムです。

⇒ホームページ:アフターサンオイルフリージェル

<<Amazon>>

②アベンヌの化粧水

  • 商品名:アベンヌウォーター
  • 内容量:300mL
  • 価格:1,395円

ドラッグストアでも大人気、定番の化粧水です。

南フランスのアベンヌ村で湧き出る温泉水100%を、直接ボトルに詰めたミネラルたっぷりのウォーターで、敏感肌や乾燥肌、オイリー肌にも使いやすいです。

カルシウムとマグネシウムが2:1という良好なバランスでお肌に負担はありません。

しかもスプレータイプですので、いつでもどこでも、メイクの上からでも使えて、日焼けで火照った肌をやさしく鎮静させます。

毛穴もキュッと引き締まり、夏の化粧直しにも重宝しますよ。日焼けや肌トラブルがひどかったときに大活躍なアイテムです。

⇒ホームページ:アベンヌウォーター

<<Amazon>>

③ラロッシュポゼの化粧水

  • 商品名:顔・全身用テカリ対策ミストセロザンク<ミスト状化粧水>
  • 容量:50g
  • 価格:1,320円

普通肌からオイリー肌にも広く使える、スプレータイプのミスト化粧水 です。

汗をかきやすい時期には、お化粧前にスプレーしてティッシュで押さえ、メイクした後でもう一度スプレーをすると、メイクが崩れにくくサラサラの肌を持続することが出来ますよ。

日中の化粧直しや、Tゾーンがテカってきた時など、シュッと一拭きすれば肌がマットに整います。アルコール分などが含まれていないため、何度も安心して使えます。

顔や体から20cmほど離し、円を描くようにスプレーしたら、手のひらで軽くなじませ、タオルかコットンで優しく余分な水分を拭き取ります。乾燥やシワが気になるところには、保湿クリームを塗ってください。

⇒ホームページ:顔・全身用テカリ対策ミストセロザンク

<<Amazon>>

④アロインスのクリーム

  • 商品名:オーデクリームWホワイト全身薬用美白クリーム
  • 容量:120g
  • 価格:1,420円

アロインスのオーデクリームは、広い世代に愛用されているクリームです。昔から変わらない薬用オーデクリームシリーズに、新型持続性高保湿タイプが出ました。

天然植物の保湿成分アロエエキスを増量し、さらにうるおい成分のビタミンC誘導体など、選ばれた美容成分を配合。夏肌にうれしい美白成分までプラスされた、薬用スキンケアクリームです。

たっぷりと配合されたアロエの成分は、日焼けや肌荒れを穏やかに沈め鎮め、肌を保護します。

浸透して角質層まで届いてメラニンの生成を抑え、日やけによるしみやそばかすを防ぐという優れた成分です。

伸びが良くサラッとした付け心地で、重すぎず軽すぎず、ちょうどいい潤いが夏にはうれしいですね。

⇒ホームページ:オーデクリームWホワイト

<<Amazon>>

⑤コーセーのシート

  • 商品名:ソフティモメイク落としシート(H)b(ヒアルロン酸)
  • 容量:172ml (52枚)
  • 価格:638円

きちんとしたメイク落としはダブル洗顔をしている方でも、夏はメイク落としシートを持っていると、とても便利。汗をかいて、すぐにサッパリさせたい時に気軽に使えますよ。

大容量なので耳の裏や首、デコルテまでも使えてコスパもよし!

さらには、汗をかいたアフターケアに必要なヒアルロン酸などの美容成分配合で、肌荒れもしないし、つっぱらないので人気です。

シートは3種構造だからクレンジング液をたっぷり含んで、それがジュワッと放出、肌のキメや毛穴に入りこみ、なじんでしっかり落とします。

こすらなくても、細かなアイメイクやウォータープルーフマスカラも落とせるので、化粧直し用にも持っていたいアイテムですね。

⇒ホームページ:ソフティモメイク落としシート

<<Amazon>>

⑥ナチュリエの保湿ジェル

  • 商品名:ハトムギ保湿ジェルスキンコンディショニングジェル
  • 容量:180g
  • 価格:990円

顔や全身に使う人も多い大ヒット保湿ジェルです。水分を限界まで含んだプルプルのジェルが、肌にのせた瞬間に素早く浸透していくのを実感。そして隅々まで水分を補給したら、長時間キープしてくれます。

うっかり日焼けして乾燥してしまった肌も、みずみずしく復活しますよ。

日焼けした肌の炎症を抑えたら、化粧水をたっぷりつけ、この保湿ジェルを塗ると、肌が冷やされてとても気持ち良いです。

まるで水に肌が触れているかのように、べたつきなしの、暑い季節にも使えるジェルクリームです。

化粧水後の美容液として、乳液やクリームの代わりはもちろん、パックとしても良いですよ。

⇒ホームページ:ハトムギ保湿ジェルスキンコンディショニングジェル

<<Amazon>>

⑦ソフィーナジェンヌのジェル乳液

  • 商品名:混合肌のための高保湿ジェル乳液
  • 容量:50g
  • 価格:2,640円

べたつかないのにうるおう、混合肌のための高保湿なジェル乳液です。

美白効果が期待できる成分のカモミラET配合で、日焼けした肌のメラニン生成を抑えて、シミやソバカスを防ぎます。

また、オウバクエキス・ユーカリエキス・チューベロース多糖体など、厳選された植物エキスと植物由来成分も豊富、汗をかいて敏感になっている肌におすすめです。

毎日のお手入れの最後に優しく塗ると、天然の花やフルーツのエッセンシャルオイルの香りで癒されます。さらにノンオイリーでニキビになりにくい処方になっているので、適量を安心して使えますよ。

⇒ホームページ:混合肌のための高保湿ジェル乳液

<<Amazon>>

関連記事:

子供や敏感肌にもおすすめ!人気の紫外線吸収剤不使用の日焼け止め9選

夏の荒れる唇や乾燥に日焼け止めUVカットリップクリームがおすすめ7選

Amazonで買える!初めての方に本気でおすすめの飲む日焼け止め6選

30代40代乾燥肌にもおすすめ!プチプラオーガニック日焼け止め7選

【プチプラ最高!デパコス最強】おすすめ日焼け止め

日焼け後のシミやくすみ対策におすすめ!美白美容液ランキング

日焼け後の肌にシートマスクケアが良い!おすすめフェイスパックランキング