夏の紫外線による日焼け後の秋におすすめ!スキンケアのポイント

夏は肌にとってかなり過酷な季節でした。外に出れば紫外線をたっぷり浴び、室内では空調がガンガンに効いています。日焼けだけでなく夏なのに室内外の気温差による肌荒れや、エアコンによる乾燥と肌に大敵なことが目白押しでした。

そこで体の不調だけでなく肌にも不調が出やすいのが、これからの季節です。ただでさえ季節の変わり目は肌が敏感になります。それに加え、夏のダメージが蓄積され肌荒れがとてもあらわれやすくなります。

なので、ダメージを受けてしまった肌に少しのスペシャルケアをしてあげ、乾燥が本格化する前の今、肌をいい状態にリセットしましょう。

「秋の肌トラブル」を解消して美肌を手に入れる

暑い夏が終わり、ホッとしているのもつかの間、お肌の調子がなんだか悪いなと感じている方はいないでしょうか?せっかく涼しくなって、お肌のケアも順調と思いきや、朝晩の冷え込みや気温の変化によって、肌トラブルが起きてお困りの方も多いと思います。

今回は、なぜ季節の変わり目になるとこのような肌トラブルが起きるのか?原因や対策法をご紹介したいと思います。季節の変わり目だからこそ、秋の肌トラブルを解消して美肌を手に入れましょう。

まずは、秋に肌トラブルが起きやすい原因についてみていきたいと思います。お肌の生まれ変わるサイクルは、基本的に28日周期だと言われています。古いお肌と新しいお肌が生まれ変わることを、お肌のターンオーバーと言います。秋にお肌のトラブルが起こるのは、夏に紫外線などのダメージを受けた肌がこのターンオーバーのずれにより、秋になって肌トラブルとして表れてくるのです。

主な原因としては、

  • 夏に浴びた紫外線によるもの
  • 朝晩の基本の低下
  • 暖房機器を使うことによって湿度が低下していること

が挙げられます。

寒くなってきたからといって、暖房機器を使いすぎていませんか?あまり使いすぎると、乾燥の原因になりお肌のトラブルを引き起こしてしまいます。特に、夏に日焼け対策をしっかりしていなかった方は、ターンオーバーの乱れによりお肌が炎症を起こしやすくなります。特に目尻やほうれい線、シミが気になる方は日焼けによるものが原因と考えられます。

それでは、ここで今のお肌の状態をチェックしてみたいと思います。鼻を触った時にザラザラした感じがある、肌全体がつっぱる、お肌に白い粉がふいているなんて症状はありませんか?

もし、一つでも当てはまるようなら秋特有の肌トラブルを抱えている可能性があります。まずは、焦らずに一つ一つ対策を考えましょう。

秋の肌トラブルを解消するためのポイントは、

  1. 洗うこと
  2. 補うこと
  3. 守ること

の基本的なスキンケアをしっかり行うことです。

①洗うでは、クレンジングをしっかり行いメイク汚れが残らないように、細かいところまで綺麗にしてあげましょう。

②そして補うは、化粧水だけでなく乳液やクリームでしっかり保湿してあげることが大切です。もしできれば、化粧水の前に導入液を使って化粧水の浸透力を高めてから美容液や乳液を塗ることで、より浸透力を高めることができます。

③そして最後に守るでは、夏にダメージを受けてしまったお肌がこれ以上傷つかないように、日焼け止めをしっかり塗ってあげましょう。

秋でも紫外線は常に降り注がれています。もう大丈夫、と安心せずに日焼け対策はしっかり行ってください。この基本をしっかり行うだけで、傷ついたお肌をキレイな状態に戻すことができます。まずは、秋の肌トラブルかなと思ったら、保湿をしっかりして油分を適度に加えてあげましょう。乾燥を防ぐことでシミやそばかすを防止するだけでなく、お肌のキメを整えたり、トーンが明るくなるなどの美肌効果も期待することができます。

是非、秋の肌トラブルでお悩みの方は参考にしてみてくださいね。

秋の肌状態をケアする

帽子や日傘、日焼け止めなどでどれだけ紫外線対策を行ってきた肌でも、やはり、夏の紫外線や暑さ。そして、エアコンによる冷えなどで夏の肌は疲れ切っています。そして、そのまま、肌を放置することで秋には街の木々のような枯れ肌になってしまいます。

そんな枯れ肌を防ぐためには、今こそ、十分なスキンケアが必要です。

夏の終わりにスキンケアを行うことで、枯れ肌を防ぐことが可能です。夏の紫外線のダメージが残ってしまった秋の枯れ肌。そのうえ、秋の肌は季節の変わり目の影響を受け、いつもよりも敏感でデリケートな肌になっています。

秋の空気は乾燥し、その乾燥は肌に大きなダメージを与えます。そのことを考えても、秋には夏の肌の疲れを癒すスキンケアと秋の乾燥に対するスキンケアが非常に大切になるのです。

では、秋にはどのようなスキンケアを心掛けると良いのでしょうか。

ポイントは、

  • 肌の保湿機能と
  • バリア機能を健全に保つこと

を第一に考えることになります。

そのためには、第一に肌の不純物をきれいに取り除くことから始めます。古い角質が残っていると肌の保湿機能やバリア機能は低下し、さらには新陳代謝にも悪影響を与えてしまいます。その結果、肌は厚く硬くくすんだ状態となってしまうのです。だからと言って、強く肌をこすって汚れを取り除こうとしてはいけません!丁寧に日々の洗顔で取り除くことを心掛けることが大切です。

蒸しタオルなどを活用し、毛穴を広げ洗顔するだけでも毛穴の汚れを十分に取り除くことが可能です。

そして何より、洗顔後の保湿対策が重要になる秋の肌ケア。夏とは違い空気が乾燥していることもあり、肌も常に乾燥状態と言っても過言ではありません。

保湿対策の基本は、

  1. 水分補給
  2. 油分塗布
  3. 水分保持

の3ステップです。化粧水で十分に保湿ケアを行い、その後、乳液やクリームなどで油分を与え、水分の蒸散を防ぎます。そして最後に潤いを保つため、美容液を肌に塗っておきます。

少し涼しくなり忘れがちになってしまうのが紫外線対策です。秋にも紫外線は降り注いでいます。もちろん、夏に比べその量は少なく、完璧な紫外線対策は必要ではないものの、長時間、太陽のもとで過ごす場合などは、まだまだ、紫外線対策は必要です。もっと言えば、紫外線対策は1年十必要であると言っても過言ではありません。

以上が夏に痛めた肌をケアする方法となります。どれも難しいケア方法はなく、毎日行っている肌ケアを何も変わらないという人が多いと思われます。ただ、一つ言っておきたいのが、この季節は、面倒だからと言って肌ケアの手を抜いてしまうことなのです。

肌は日々のケアが大切になります。少しでも手を抜いてしまうとすぐに肌の状態に表れるのです。特に秋へ季節が移る今はすぐに肌に現れてしまいます。そのため、いつものスキンケア方法であっても一切手を抜かず丁寧に続けることを心掛けるようにしてください。

秋にも欠かせない日焼け止め

夏の暑い季節には強い陽ざしから肌を守るため、日傘をさしたり日焼け止めを塗るなどばっちり日焼け対策をしていたという人も多いのではないでしょうか。

太陽の光に含まれる紫外線は、肌の老化の原因として知られています。紫外線を浴びることで肌にはダメージが加わり、それがシミやシワ、たるみ、肌荒れといった様々な肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

ところが、暑さが落ち着いて涼しくなってくると、ついつい日焼け対策も怠りがちになってしまいます。真夏程の量ではないものの紫外線は一年を通して地上に降り注いでいますから、秋や冬になっても日焼け対策は欠かせません。暑くも寒くもなく過ごしやすい季節の秋には、散歩やショッピング、レジャーなど屋外に出かける機会も増えます。この時期、肌は夏の間に大きなダメージを受けているので、とてもデリケートな状態です。夏の間に紫外線を沢山浴びたことで、免疫力も低下しています。ですから涼しくなってからも油断せずに、日焼け止めで肌を紫外線から守ることが大切です。

といっても、夏と全く同じ日焼け対策をすればいいというわけではありません。真夏に比べれば、浴びる紫外線の量は確実に少なくなっています。

選び方のポイント!

日焼け止めの効果を判断する指標として、SPA値やPA値があります。SPFやPA値が高いと紫外線を予防する効果は高いですが、それだけ肌に負担をかけることになるのです。秋や冬であれば、SPF値が低いものでも十分です。

真夏に使っているのがSPF50であれば、秋冬のデイリー使いにはSPF10~30程度でも十分効果が期待できます。PA値の場合には、真夏だとPA+++程度で、秋冬であればPA+かPA++程度で大丈夫になります。

ただし、スキーやスノーボード等ウィンタースポーツをする場合には、それよりも日焼け止め効果が高いものを選ぶ必要があります。真っ白な雪が広がる銀世界では、紫外線が反射するので通常の倍の量の紫外線を浴びてしまうからです。晴れている状態だと降り注ぐ紫外線の量も多くなりますから、SPF値が30か50のものが適しています。PA値もPA+++程度は必要になります。

それから日焼け止めを選ぶ時には、保湿成分が配合されているものを選ぶのがおすすめです。日焼け止めには色々な種類があり、ジェルやミルク、クリーム、スプレー等色々な種類があります。配合されている成分にも違いがあり、保湿作用のあるヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド等の成分が配合されているものもあります。真夏だと汗をかきやすいので、汗に強いウォータープルーフタイプが人気でした。秋冬になると気温が下がって寒くなり、湿度も低下します。空気が乾燥してしまい、肌も潤いが失われて乾燥しやすい状態になります。冬になると肌が乾燥してかゆみが出たり、肌荒れが起きやすいという人も多くいます。

そのため日焼け止めを利用する際には、保湿効果のあるものを選ぶと乾燥を防ぐことができます。肌が乾燥しているとバリア機能が低下するので、ちょっとした刺激でもダメージを受けやすくなります。スプレータイプだと吹きかけた時にひんやり感じるので、秋冬には向きません。

おすすめスキンケア

①余計な角質を取り除くスクラブやゴマージュ

まず、ダメージを受けた肌はうまく生まれ変わりが出来ずに角質が厚くなります。そうすると、せっかく毎日スキンケアをしても肌に浸透しづらくなり、効果が半減してしまいます。

なので、毎日ではなく週に1~2度スクラブやゴマージュ、泥パックなどで余計な角質を取り除いてあげます

そうすることで、スキンケアの効果をちゃんと実感できるようになるだけでなく、肌の生まれ変わりの乱れた周期を元に戻してあげる効果もあります。肌が生まれ変わるには約1ヶ月かかります。それを正常化してあげることで、トラブルの起きにくい肌に導いてあげることが出来ます。

関連記事:

夏のごわつき肌に本気でおすすめ!角質ケアコスメ(ゴマージュ,ピーリング,スクラブ)

鼻や顔の角質効果は?プチプラのおすすめピーリングジェルランキング

②肌ダメージと乾燥におすすめのスキンケア

まだまだ暑い日が続いていますが、季節はどんどんと秋に近づいています。夏の終わりである今が肌にとってはとても負担がかかる季節でることはご存知でしょうか?この時期の肌は、夏の紫外線のダメージを受けて弱っている状態です。

このダメージを受けて弱った状態の肌に、秋冬の乾燥が襲ってきたら、肌にとってはとても負担です。夏から秋にかけての時期に、肌の不調や乾燥を感じると言うアンケート結果も出ています。

今日は今のうちに夏のダメージを回復させ、秋冬の乾燥に備える方法についてお話しようと思います。

まず、紫外線を受けた肌はターンオーバーが乱れていて、放っておくと乾燥したり、メラニンが生成されてシミが出来たりしてしまいます。なので、今のうちに夏に受けた紫外線によるダメージを回復させておかないといけません。

そこでおすすめなのが、まずシミに対してのビタミンC誘導体が入ったスキンケアです。

ビタミンC誘導体スキンケア

近年、ビタミンC誘導体が美白に有効な成分として再注目されています。なぜ再注目されているかというと、紫外線を浴びる前にビタミンC誘導体を肌に塗ると紫外線により細胞が傷つけられるのを防いでくれると言う研究結果が出たからです。

今まで散々紫外線を浴びたから意味がないと思うかもしれませんが、まだまだ油断は出来ません。今からでも紫外線によるダメージを防いでも決して意味がないことはありません。

それから、ビタミンC誘導体は、紫外線を浴びる前だけでなく、浴びたあとでも既に蓄積されたメラニンに直接働きかけて還元する作用もあるので、今からスキンケアに取り入れてもこの夏の紫外線によるダメージに対して効果があります。

HABAの高濃度ビタミンC誘導体美容液「薬用ホワイトレディ」

ビタミンC誘導体にはシミやそばかすを防ぐ働きがあります。しかし、乾燥肌の方が使用をすると肌の乾燥を強く感じることがあります。

ビタミンC誘導体を配合、保湿力も兼ね備えた美容液が、「HABA 薬用ホワイトレディ」です。HABA人気NO1の美容液です。

シミやそばかすを予防、乾燥肌のトラブルもサポートします。

2つの美容成分

薬用ホワイトレディに配合されている主な美容成分は2つです。

①1つめは、ビタミンC誘導体です。

ビタミンCは不安定で浸透しにくい成分なので、化粧品には配合しにくい性質があります。ビタミンCの欠点を改良した成分がビタミンC誘導体です。比較的安定をしていて肌に浸透しやすい性質があります。

ビタミンC誘導体にはメラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐ働きがあります。薬用ホワイトレディには6%の濃度で配合されています。

②もう一つの成分は、クマ笹水です。

クマ笹とは、イネ科ササ属の植物のことです。栽培されていたり、野生に生えていることもあります。日本では屋久島から北海道の原野まで幅広く生育しています。

薬用ホワイトレディには、青森県八甲田山のミネラルに富んだ水で育った原生林に自生するクマ笹を新緑のころに採取し、抽出したクマ笹水を使用しています

100%無添加で抽出をしたクマ笹水を8%配合し、マイルドな保湿力を発揮します。

保湿をしてふっくら肌に、そして肌本来の透明感へと導きます。

使い方

洗顔後の肌に最初に使用をしています。薬用ホワイトレディは、10ml、30ml、60mlのサイズがあります。10mlの場合は6プッシュ、それ以外は4~5プッシュが1回の使用目安量です。

手のひらに取りだし、顔全体になじませます。すりこむようにすると肌の負担が増えてシミやシワの原因となります。肌の上を手を滑らせるようにすると、肌の負担が軽減します。

美容液でケアをしたら、化粧水で潤いを与え、乳液やクリームで肌を保護します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • もう何年も使っています。おかげで肌のコンディションがよくなりました。肌トラブルが起きたときには少し多めに使うと、肌の回復が早いです。
  • 同じようにビタミンC誘導体を6%配合している化粧品を使ったら、肌が赤くなったことがありました。でも、HABAの製品は肌が赤くなることがありません。60mlの半分くらい使って肌の変化を実感しました。
  • 毎日使って肌の変化を実感しています。少しずつ肌がもっちりして、調子がよくなってきています。

シミやそばかすにおすすめの美容成分がビタミンC誘導体です。

HABAの薬用ホワイトレディには、ビタミンC誘導体が6%も配合されています。ビタミンC誘導体は安定性があり浸透力のある成分です。ビタミンC誘導体だけだと肌の乾燥が気になることがありますが、薬用ホワイトレディには保湿成分のクマ笹水が配合されています。

ふっくら肌に潤いを与えながら透明感のある肌へと導きます。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

アルガンオイル

そしてもう1つ。

夏の紫外線のダメージを受けた肌はターンオーバーも乱れているし、紫外線により乾燥しています。そこで、保湿を十分にし肌のターンオーバーを正常化することも大切です。

その保湿におすすめなのは、アルガンオイルによるスキンケアです。

アルガンオイルには、他のオイルに比べても圧倒的にビタミンEの含有率が高いです。ビタミンEには抗酸化作用と血流促進作用があります。肌は酸化してしまうと、角質の水分保持機能が弱まって肌が乾燥してしまいます。そこでビタミンEの抗酸化作用によって酸化を抑えることによって、角質の水分保持機能を正常に保つことができます。

また、血流促進効果によって、肌に酸素や栄養が供給されるので、肌の新陳代謝がよくなってターンオーバーが正常化されます。

これらのビタミンEの効果によって、肌は保湿されターンオーバーも正常化されるので秋の乾燥の時期の前に夏の紫外線で乱れた肌の状態を整えることが出来ます。

また、アルガンオイル自体が皮脂と似た成分であるため、皮脂と同じように皮膚から水分が失われるのを防いでくれます。アルガンオイルは、洗顔後すぐに使うことでその後使うスキンケアの浸透を良くするので、アルガンオイルをブースターとして使いうのがおすすめです。

その後ビタミンC誘導体を含んだスキンケア、その他保湿に効果的なセラミドやヒアルロン酸などが入ったスキンケアをすることで、夏に溜め込んでしまったメラニンと、乾燥対策、乱れたターンオーバーの対策が一気にできます。

秋冬になって乾燥してから対策するよりも、まだ乾燥が本格化する今のうちから夏のお疲れ肌を回復させてあげて、これから乾燥する秋冬に備えることで、この冬は乾燥知らずの肌で過ごしましょう。

メルヴィータのアルガンオイルが人気でおすすめ!

メルヴィータのアルガンオイルは、フランスで発売以来20年も愛され続けています。愛され続ける理由は4つあります。

①1つめは、化粧水をゴクゴク飲み込む肌へと導くことです。

アルガンオイルは人の肌との清和性が高く、角質層の隅々に浸透をします。洗顔後にブースターとして使用すると、その後に使用する化粧水の浸透がよくなります。

②2つめは、手軽にケアができることです。

洗顔後に使用をするだけ、いつものケアに加えるだけなので簡単です。洗顔後にプラスをすることで、潤いを抱え込む肌の土台を整えます。

③3つめは、貯水力です。

サハラ砂漠の西部モロッコに自生するアルガンツリーは、神の恵みの木とも呼ばれ、数年雨が降らなくても枯れないといわれるほど、貯水力と生命力を備えています。そんなアルガンツリーから得られるオイルは、潤いを抱え込む肌へと導いてくれます

④4つめは、美肌成分が豊富なことです。

アルガンオイルは保水力があるだけでなく、オレイン酸、ステロール、リノール酸などの美容液も含有しています。豊富な美容成分がキメが整った肌へと導きます。

使い方

洗顔後の肌に使用をし、その後には化粧水やクリームなどで普段通りのケアをしてください。

オイルを化粧水の前に使用すると、水分をはじいて化粧水の浸透が悪くなりそうですが、アルガンオイルは人の肌の皮脂成分と似ているのでなじみがよい特徴があります。洗顔後に使用をすることで、化粧水がぐんぐん浸透するような肌に近づきます。

髪や手など乾燥が気になる部位にも使用できます。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 花粉症の季節は肌がザラザラになるのですが、こちらのオイルを使用するようになって、花粉症の季節でも肌がザラザラしなくなりました。とにかく保湿力がいいです。化粧水がぐんぐんと浸透します。
  • オイルなのでつけた直後はべたつきますが、しばらくするとさらっとします。冬場は肌の乾燥がひどかったのですが、このオイルを使うと冬場の肌の乾燥が気になりません。
  • アルガンオイルを使用してから化粧水を使うと、肌への浸透が全然違います。こんなに浸透するんだ、と驚きました。

豊富な美容成分と水分を抱え込む力を持つオイルがアルガンオイルです。別名・神の恵みの木とも呼ばれています。

そんなアルガンオイルを利用した化粧品が、メルヴィータのビオオイル アルガンオイルです。洗顔後に使用をすれば化粧水をゴクゴク飲み込むような肌に、キメが整ったふっくら肌へと導きます。

注意点!

アルガンオイルは基本的に誰でも使用することができますが、重度な脂性肌の方は少し様子を見られた方が良い場合もあります。

脂性肌にも種類があり、皮膚の内部が乾燥していることによって肌が過剰な皮脂を出してしまうことによって起こる、いわゆる「インナードライ型」の脂性肌の方は、ぜひアルガンオイルを使って保湿に励んで下さい。保湿をすることによって、脂性肌が改善されることが期待できます。しかし、純粋に皮脂が過剰な方である場合、オイルをつけることによって更に肌の油脂を増やし、毛穴を塞いでしまうことによって、べたつきやニキビなどができてしまう恐れもあります。

自分の肌質をきちんと見極めて、オイルを利用するようにしましょう。

アルガンオイルに含まれているビタミンEは、肌や髪に潤いや艶を与えてくれます。同じく美肌&美髪成分として有名な、オリーブオイルの3倍のパワーがあるのです。もし単体で使うのであれば、オリーブオイルよりもテクスチャが軽く、肌によく馴染みますから、夏場はアルガンオイルのほうが向いています。

日焼け対策を徹底しておきたい今の時期は、アルガンオイルの優れた修復パワーに注目してみましょう。

日焼け予防効果もありますし、ダメージを細胞レベルから修復してくれる効果に期待できます。

夏場のダメージを放置すると、秋にはシミやくすみが酷くなることも多いので、今から未然に防いでおく必要があります。

既にアルガンオイルの効果を知っている人、また、今回初めて知った人も、真夏の肌疲れを予防するために使ってみてください。

<<楽天>>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メルヴィータ Melvita ビオオイル アルガンオイル 50mL
価格:2480円(税込、送料別) (2019/9/19時点)

楽天で購入

 

 

<<Amazon>>

③スペシャルケア

また、スクラブなどで無駄な角質を取り除いた後は肌が乾燥しやすくなります。なので、しっかりと保湿をしてあげることがとても大切です。普段と違って少しスキンケアの工程が増えるので、ゆっくりお風呂に入られる日や時間がある時にお肌と向き合ってあげるのがいいですね。

保湿のスペシャルケアでオススメなのはパックです。シートマスクを時間を守ってし、はがした後もハンドプレスでしっかり保湿成分を入れ込んであげます。

シートパックするのはちょっと面倒・・・という方には、スリーピングマスクがオススメです。いつものスキンケアをした後にパックを顔全体になじませ、浸透するまで待ちます。ベタベタしなくなったら、そのまま寝てしまって大丈夫です。

シートマスクもスリーピングマスクも、今はいろんなメーカーやブランドから出ていますので、自分が気になる効果などでぜひ選んでみてください。

そして、スペシャルケアをした翌朝はちゃんと洗顔をしてあげてくださいね。たっぷり保湿をし、肌に吸収しきれなかった成分は寝ている間に酸化してしまいます。酸化してしまった保湿成分を肌に残しておいてしまうと、本末転倒で肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。毎日の積み重ねですが、余計なものはちゃんと落としてあげる、これも美肌への近道です。

でも、現代の女性は忙しく”そんな時間をたくさん確保できない!”という方も多いでしょう。

そういう時はスペシャルケアを一気にせず、

  • 今日は余分な角質を落とす日
  • 今日は保湿をしっかりしてみる日

と分けてみてください。

そうすることで、少し時間の短縮になりハードルも下がりますよね。ただ、スクラブなどを使い余計な角質を落とした日は、いつものスキンケアで構わないのでしっかりめに保湿をしてあげてください。そこだけが、気を付けるポイントです。

これらを今の時期にしてあげることで、本格的に空気が乾燥してくる前に夏のダメージをリセットすることができます。夏のダメージを肌に溜め込んだまま冬を迎えてしまうと、思いがけないトラブルがあらわれることがあります。そうならないためにも、気持ちのいい秋の夜長にしっかりお肌と対話してケアをしてあげてくださいね。

関連記事:

日焼け後の肌にシートマスクケアが良い!おすすめフェイスパックランキング

肌に潤いを!乾燥肌におすすめ!シートマスク・フェイスパックランキング

翌朝つるつるもちもち綺麗肌になる!夜におすすめのパックランキング

※最後に、シミケアも忘れず!

まだ暑い日もありますが彼岸花が咲き始め、時折吹く秋の香りの風が気持ち良い季節になりました。そろそろお肌にも夏の疲れが出るころです。

今年の暑さは格別でじりじりと刺すような太陽が容赦なく降り注ぎました。そこで心配なのが憎き「シミ」です。

シミの種類によっては注意が必要なものもあります。

それが赤いシミです。

赤いものは後にがんになる可能性やアレルギーで赤くなることもあるので心配な方は皮膚科に相談してみましょう。

他にできるのが茶色いシミです。

この茶色いシミ、ある生活習慣に注意すれば劇的変化を期待できます。もちろん一瞬で消えるわけではなく目に見えて効果が出るまで数か月という時間が必要ですが、やるのとやらないのでは大きな違いが出ます。

では解決方法、まず原因から考察します。

この茶色いシミの原因の一つは摩擦にあります。汗が出るとついあせってハンカチで抑えるのではなく擦ってしまいがちです。化粧やお顔を触る癖にも注意です。人は何気に顔を触ることが多いです。一度、人に見てもらって数えてもらうのもいいですね。お化粧も柔らかい筆などを上手に使い分け、極力摩擦を避けます。

また洗顔による摩擦にも注意が必要です。急いでいるとついゴシゴシしがちです。洗顔は、泡でやさしく洗うようにしましょう。泡は、ホイップのような弾力ある細やかなもの、逆さにしても落ちないくらいの泡を作ります。細かい泡により洗浄力も高まります。泡がクッションの役割を果たし摩擦をやわらげてくれます。ホイップ状のあわが出る洗顔フォームもありますが、細かな泡が作れる網も売っています。

また泡を作ってくれる美容器具が大手家電メーカーからも発売されています。泡を作っている時間がない時もあるでしょうから上手に機械にも頼りましょう。泡でお顔を優しく包み込み撫でるようにやさしくスライドします。もちろん、あわを流す時も注意です。たっぷりのお水で肌をこすらないように流します。

タオルも肌触りのよい吸水性の良いものを使います。こすらないように軽く抑えるだけにとどめます。

やさしく泡洗顔すると洗顔後の化粧水の入りも違うはずです。自分のお肌を労わってあげましょう。実はこの茶色いシミ、ケアに最適なのが今の時期です。

秋から冬にかけて紫外線が弱くなるのでお肌ケアさぼりがちですが、この時期こそお肌ケアが必要な時なんです。

この季節のケア次第で今後の肌生活に影響が出てきます。冬でも紫外線は降り注ぎます。夏に浴びた紫外線によりお肌の奥にはメラニンは控えています。

メラニン、つまりシミの予備軍が表に出てくるのを今か今かと待ち受けているのです。今のうちにお肌、奥のメラニンを排出してしまいましょう。

また乾燥する冬、お肌はデリケートです。乾燥したお肌はバリア機能を失い、さらにセンシティブ敏感肌になってしまいがち。ちょっとしたことで炎症を起こしシミの原因になり悪循環に陥ってしまいます。

シミケアに最適なこの時期ちょっと頑張ってやってみましょう。シミがないお肌になると自信も出てきます。きちんとケアできている自分のことがもっと好きになります。今更なんてことはありません、正しいシミケアでもっと素敵になりましょう。

関連記事:

秋冬も日焼け止め・紫外線対策を!おすすめのデパコスUV化粧下地

乾燥しやすい秋のスキンケアは保湿がポイント!一番おすすめブランドも

乾燥する季節の変わり目は秋冬のスキンケアがポイント!肌荒れや肌トラブルを防ぐ

★本気で綺麗になりたい女性へ☆
・美容家による今年一番のおすすめスキンケアです。
SK-Ⅱや資生堂ホワイトルーセントを使っている女性たちも絶賛!今年一番おすすめしたいオルビスユーのスキンケアの特徴・比較・口コミ←クリック
・ファッショニスタによる今月一番おすすめしたい服装です。
【今月の女性の服装】大人レディースファッションコーデ2019←クリック